1iSNSp1KRTLmWLE1460863555_1460863592

2015年春、携帯大手キャリアへのSIMロック解除の義務化がスタートして話題となりました。ニュースでは耳にするものの、あなたは「SIMロック」について理解できていますか?

自分の端末がSIMロックを解除できるかご存知でしょうか?正直知らないですよね・・。そこで今回はSIMロック解除の基礎知識と各キャリアのSIMロック解除条件などをまとめてみました。 

 

そもそも「SIMロック」って何?

清純女子 のコピー 2

まずはSIMカードについて確認しましょう。

SIMカードとは、携帯電話やスマートフォンなどに挿入する小さなICカードのことです。このカードには電話番号などの情報が書き込まれていて、通話やデータ通信をするために絶対に必要なものです。

*Wi-Fi(無線LAN)環境下であればSIMカードが無くても通信は可能です*

 

それではSIMロックとは何でしょうか。

大手携帯キャリア(NTTドコモ・au・ソフトバンク)で販売されている携帯やスマートフォンには、自社キャリアのSIMカードしか使えないようなロック(縛り)が設定されていて、その端末では他社の回線が利用できないようになっています。

このことを「SIMロック」と言うのです。

 

つまり同じキャリアの端末 × SIMカードの組み合わせでしか利用できないということです。

例えば、使わなくなったauのスマホをソフトバンクに持って行ってもauのロックがかかっているので、ソフトバンクの契約では使うことができません。

 

 [SIMロックのイメージ]

  • ドコモ端末→ドコモ SIM のみ
  • au端末→au SIM のみ
  • ソフトバンク端末→ソフトバンク SIM のみ

 

SIMロック解除によって出来るようになること

清純女子 のコピー 2

総務省より「SIMロック解除の義務化」が2015年5月1日から施行されました。これは端末のSIMロックをユーザーの意向により解除することを原則義務付けるものです。 

SIMロック解除ができるようになれば、手持ちの端末がSIMフリー端末となるので、キャリアに縛られることなく自由に回線サービスを利用することが可能となります。

 

0619-1

 

今まではキャリアを乗り換える時には当然の機種も買い換える必要がありましたが、今後はそれまで使っていた同じ端末を別のキャリア回線で利用することが可能となり、これは大きなメリットです。

また、大手キャリア以外にも、格安SIMと呼ばれるMVNO事業者のSIMを利用するという選択肢も増え、通信料の軽減につながると期待されています。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMのメリット・デメリット

 

各社のSIMロック解除条件

清純女子 のコピー 2

「SIMロック解除の義務化」により、2015年5月以降に発売された新機種については、基本的にSIMロックの解除が可能となります。

 

「わーい、早速SIMロックの解除をして格安SIMに乗り換えるぞー!」っと張り切っているそこのあなた、お気づきでしょうか。2015年5月よりも前に発売された機種については、義務化の対象外となっています。

つまり、2015年の5月よりも前に大手キャリア(ソフトバンクやauなど)で契約したスマホをもって格安SIMを使おうと思っても使えない、ということです。

 

また、購入後180日経たなければ解除ができず、すぐに乗り換え…というわけにはいきません。SIMロック解除の対象機種・詳細条件は各キャリアによって異なる点があるので確認していきましょう。

 

NTTドコモ

ドコモは義務化以前から、iPhoneを除いた多くのAndroidスマホではSIMロック解除が可能でした。よって、解除できる機種が他のキャリアより多いことが特徴です。

機種の発売時期によりSIMロック解除の条件は2パターンに別れます。

 

その1 / 2011年4月~2015年4月に発売された機種(iPhoneを除く)

  • 購入後、即時SIMロック解除が可能
  • 店頭での手続きのみ
  • 手数料:3,000円(税抜)
  • 対応機種については、ドコモ WEBページを参照してください

ドコモユーザーの方は上記のように比較的楽にSIMロック解除をすることができます。手数料の3000円を出すだけで、その端末により格安SIMや他のキャリアで契約することが可能なのです。

 

その2 / 2015年5月以降に発売された機種(iPhoneを含む)

  • 購入後6ヶ月経過していること
  • オンライン / 電話 / 店頭にて手続き可能
  • 手数料:オンラインは無料、電話・店頭は3,000円(税抜)
  • 契約者本人の購入履歴が確認出来る端末が対象(オークションや中古端末はNG)

*同じ回線契約にて過去にSIMロック解除経験があり、その解除から6ヶ月経過していれば、新機種の購入日より6ヶ月以内でも解除可能*

 

au

au では、2015年5月以降に発売された機種のみSIMロック解除の対象です。ドコモとは異なり、店頭に出向いて手数料を支払えば本人が購入した端末でなくても解除出来るところがポイントです。

  • 購入後180日経過していること
  • オンライン / 店頭にて手続き可能
  • 手数料:オンラインは無料、店頭は3,000円(税抜)
  • 店頭での手続きのみ、本人の購入履歴の有無に関わらず解除が可能(オークションや中古端末でもOK)

2015年5月以降、つまり法により義務化された以降に購入した端末においてはSIMロックを解除できます。またオンラインでは手数料の3000円すら掛かりません。

 

ソフトバンク

ソフトバンクでは、一部の機種について以前よりSIMロック解除を実施していました。それらの対象機種であれば、2015年5月以前に発売された端末でも解除が可能です。

またau同様、店頭手続き(手数料が必要)であればオークションで購入した端末などでも解除できるのもポイントです。

 

その1 / 一部の2015年4月迄に発売された機種

  • 購入後、即時SIMロック解除が可能
  • 店頭での手続きのみ
  • 手数料:3,000円(税抜)
  • 対応機種については、ソフトバンク WEBページを参照してください

 

その2 / 2015年5月以降に発売された機種

  • 購入後180日経過していること
  • オンライン / 店頭にて手続き可能
  • 手数料:オンラインは無料、店頭は3,000円(税抜)
  • 店頭での手続きのみ、本人の購入履歴の有無に関わらず解除が可能(オークションや中古端末でもOK)

ソフトバンクもオンラインによるSIMロックの解除は手数料がかかりません。

 

焦らないで!本当にSIMロック解除、必要ですか?

清純女子 のコピー 2

どのキャリアも多少の違いはあるものの、対応機種で半年待てばSIMロックの解除が可能です。

しかし、本当に解除する必要がありますか?

 

解除の理由が格安SIMを利用したいという人

格安SIMを利用するために、手持ちの端末のSIMロックを解除したいという人は多いと思います。しかし、もしも現在ドコモのスマホを利用しているのであれば、解除の必要は無い可能性が高いです。

ほとんどの格安SIMはドコモ回線を利用しています。なのでドコモ回線を利用しているSIMであれば、SIMロックの解除をしなくてもそのままの状態で利用できるのです。

au 回線を利用している格安SIMも数は少ないものの存在するので、SIMロック解除無しで利用することができます。ソフトバンクの場合は、そのまま使える格安SIMは無いため、解除が必要となります。

 

逆にSIMロック解除が必要となる人

別の大手キャリアに乗り換えたい場合

  • ドコモ→ソフトバンク
  • ソフトバンク→au
  • au→ドコモ など

2年の縛りが無くなった後に、同じ端末で別のキャリアに乗り換える場合がコレに該当します。これだと端末の料金が全くかからないので、比較的安くで乗り換えが可能です。

 

海外で現地のSIMカードを挿入して使いたい場合

そもそもSIMロックが行われているのは日本くらいのもので、海外の標準はSIMフリーです。そして海外でスマホを使いたいという場合は現地のSIMカードを使う必要があります。

この時にその端末にSIMロックが掛かっていると、現地のSIMカードを利用できません・・・。

 

SIMロック解除によって出来なくなることも

SIMロック解除後も引き続き同じ契約のまま利用することは可能です。解除後、他の大手キャリアや格安SIMに乗り換える場合は注意が必要です。

今まで使っていた携帯アドレス(@docomo.ne.jpなどのキャリアメール)が利用出来なくなったり、キャリア独自のアプリやサービスなども当然使えなくなります。

また、他社SIMではテザリング(Wi-Fi発信)が出来ないこともあります。現在の自分の利用状況や通信料などをしっかりと把握してトータルで判断しましょう。

▶︎▶︎参考記事:自分がどれくらいデータを使っているのか確認する方法

 

まとめ:SIMロック解除により端末を買わなくてオッケーに

清純女子 のコピー 2

これまで他社に乗り換えるときには端末も新しくするということが当然だったので、SIMロック解除の義務化は日本の携帯(スマホ)業界にとって大きな変化ですよね。

今まで「出来ない、仕方ない」と思っていた他社への乗り換えや、通信料の軽減が可能になるかもしれません!

 

またSIMロックの解除により相性が良くなるのは、もちろんMVNO(格安SIM)の方です。あのね、今の時代スマホ代に毎月1万円とか払ってたらヤバいよ?高過ぎる!

時代は月々1000円でスマホを使うんですよ。とりあえず下記をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:月1000円代でスマホを持つ方法とおすすめSIM一覧

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

楽天モバイルは、楽天グループを構成している「フュージョン・コミュニケーションズ」による格安SIM、格安スマホのサービスです。2000年に電気通信事業を開始し、その後MVNO事業者としてサービスをスタートさせました。

MVNOというのは大手携帯会社の無線通信インフラを借りてサービスを提供している事業のことですが、現在、楽天モバイルの格安SIM・スマホが絶大なる支持を得ているのです。

 

楽天モバイルをチェック

 

その理由は・・・

楽天モバイルの特徴と人気の秘密

ギャル女子 のコピー 2

ドコモのネットワークを利用している

楽天モバイルはドコモのネットワークを使用しているので、ドコモのスマホと同じ品質で通信をする事が出来ます。また通信速度の最大は下りが150Mbps、上りが50Mbpsと安定。

 

[通信速度の見方・基準]

  • 1Mbps以下・・正直重い。YouTubeがすぐ止まる
  • 2Mbps  ・・サイトを開くことはできる
  • 5Mbps  ・・遅いとは感じない
  • 8〜10Mbps・・全くストレスを感じない

上り=アップロード/下り=ダウンロード

 

上記を見れば一目瞭然ですが、下り150Mbpsで上り50Mbpsは何のストレスなく、ネットを利用できることを意味しています。YouTubeなどの動画もサクサクです。

またドコモのネットワークはauやソフトバンクに比べるとエリアが広いので、どこでも安心して使う事ができます。

 

10/9追記:楽天モバイルの速度通信において表面上の数値と体感上の数値があまりにも違い過ぎたことを後々記事にしていますので、後半部分に追記として記事も載せています

楽天モバイルはポイントが付いたり、確かにおすすめできる点は多いのですが、利用者が増え過ぎたことによる弊害が割と多いので、そこら辺も慎重に見てくださいね。

 

楽天モバイルSIMアプリで通信量が管理できる

楽天モバイルSIMアプリというアプリをダウンロードすると、現在使用しているデータ通信量を把握することが出来ます。円グラフによる表示で、どなたでも見やすい仕様になっているのが嬉しいですね。

また、そのアプリで高速通信のON/OFFの切り替えができ、必要な時だけ高速通信にすることでデータ通信量の節約ができます。

 

データ容量が追加できる&余った分を繰り越しできる

契約プランのデータ通信量を使い切ってしまった場合は、100MBあたり300円でデータ量を購入できます。

少なめのデータ通信量のプランにしておいても足りなくなれば追加できるので、契約時にデータ容量を少なく見積もっていても安心す。

▶︎▶︎参考記事:自分がいつも使っているデータ量を知る方法

 

その月のデータ容量が余った場合、翌月にその分のデータ容量を追加することができます。

つまり5GBのプランで契約したけど、その月の使用データ容量が5GBもいかない3GBだったとしますよね、その場合、残りの2GBが翌月に繰り越しされ、翌月は7GBまで使用できるようになるのです。なんてお得!!

 

また下記の記事にて自分がどれほどのデータ容量を使っていて、楽天モバイルのどのプランで契約するのが一番お得になるのかをシミュレーションできちゃいます。購入前に一度やってみてはいかがですか?

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルは超お得!楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!

 

楽天でんわアプリでさらにお得

楽天モバイルには、電話のかけ放題プランがあります。「楽天でんわ」というアプリをダウンロードして使うことが条件ですが、月額850円で5分以内の国内電話がかけ放題となります。

もし5分を超えても、通常なら30秒ごとに20円ですが、このプランなら30秒ごとに10円の料金となります。

 

[通常の通話料]

  • 30秒/20円

[楽天でんわ]

  • 月額850円/何度でも5分間無料

 

この5分というのは、トータルの通話時間ではなく、1回の通話につきです。なので極端に言えば4分59秒で電話を一旦切って、また掛け直せば無料でかけ続けることが可能となります。

またLINEとは違い、片一方のみが「楽天でんわ」アプリをダウンロードしておくだけで、電話を掛けることができるので相手が楽天でんわアプリをインストールしていなくても使えます。

*相手方には通常電話番号(090、080)が表示されます*

 

10/9追記:5分以内のかけ放題というのは格安SIMの通話料が高いという弱点を上手くカバーしているのですが、10月9日である現在は格安SIMの中でも「かけ放題」が出るなどしているので、そちらも要チェックです。

▶︎▶︎参考記事:かけ放題がある格安SIM『もしもシークス』のレビュー

 

楽天スーパーポイントが貯まる

楽天モバイルは月々の支払100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。ただし、ポイント対象は事務手数料は含まれず、通信プラン料金と通話料金が対象です。

貯めたポイントは楽天市場でのお買い物に使えますよ。節約大好きの主婦にピッタリです。

 

スマホサポートで初心者におすすめ

初めてスマホを購入した時や乗り換えた時は初期設定やデータ移行など、やらなくてはならない事がたくさんあります。

スマホに詳しい方なら問題はありませんが、必ずしも皆が詳しいわけではなく、スマホの初期設定などがハードルになって買い替えない方も多いのです。

 

楽天モバイルは、そういった方のために「スマホサポート」(月額500円)というオプションサービスを用意しています。

プラスで月額500円必要になりますが、初期設定はもちろんのこと、使っていて分からないことなど、いつでも電話で相談することができます。

 

楽天モバイルの購入前の注意点

ギャル女子 のコピー 2

お得だ〜!今すぐ乗り換えよう!!と思った方、少しお待ちください。

ここからは購入前の注意点を挙げていきます。楽天モバイル特有の注意点と格安SIM全般に言える注意点となります。

 

[楽天モバイル特有の注意点]

  • 口座引き落としが出来ないので、クレジットカードかデビットカードが必要。(楽天カードがおすすめ)
  • 音声通話SIMは最低利用期間12か月が条件。(サービス開始月の翌月を1か月目とする)この期間に解約または音声通話SIMのサービスをやめると9800円の解約金(契約解除料)が必要となる。(データSIMのみの契約の場合、最低利用期間は無し)

[格安SIM全般の注意点]

  • ネットワークの混み合う場所、混み合う時間帯は通信速度が落ちてしまう。
  • キャリアメール(@docomo.ne.jp・@ezeweb.ne.jp・@i.softbank.jp・@softbank.ne.jp)を使う事が出来ない。Gmailやyahoo!メールなどのフリーメールアドレスを取得して使わなければいけない。

 

楽天モバイルだけではなく、格安SIMに乗り換えるとどこでもそうですが、キャリアメールは使えなくなります。つまり、キャリアメールを主にしている方には格安SIMへの乗り換えをおすすめできません。

 

10/9追記:またまた追記になります。まず格安SIMが一般的にキャリアメールが使えない分、LINEや楽天銀行の認証に手間を取るのは今でも変わっていません。

しかし、CMで有名になりつつあるY!mobileがキャリアメールに対応しました。Y!mobileは厳密にいうとMVNOではありませんが、キャリアよりも半額近い料金であることから格安SIMとしています。

なので格安SIMを使いたい!プラスでキャリアメールも使いたいという方は一度Y!mobileを検討してみてはいかがでしょうか?

▶︎▶︎参考記事:Y!mobileを使ってみたのでレビュー体験談を書こう

 

しかし最近ではLINEなどの通話・メッセージアプリを通じてメールをやり取りする方が増えており、今後を考えるなら今のうちに対応しておくべきだと考えます。

また、ここらへん詳しいことは下記の格安SIMのメリット・デメリットにて十分に説明しているので悩んでいる方は参考にしてください。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMのメリット・デメリット

 

楽天モバイルのおすすめポイント

ギャル女子 のコピー 2

  • 余ったデータは翌日に繰り越して使う事ができる
  • 月額料金が初月無料
  • MNPで乗り換えが出来る
  • スマホセットの機種が豊富
  • 実店舗があり、購入後のサポートも安心

 

MNPで乗り換えが出来るので、今までと同じ電話番号でスマホを使えるのはありがたいです。ただし先ほども言ったように、キャリアメールは引き継ぐことができないので注意してくださいね!

*携帯番号でメールが送れるSMSは利用可能*

 

実店舗も大手キャリアに比べると少ないですが、全国各地(九州沖縄地方を除く)にあるため、電話だけでなく店舗に行ってサービスを受ける事が出来ます。

実際に店舗に行って、サービスを受けられるのは安心ですよね。また楽天モバイル以外にも実際の店舗で契約できるMVNOが存在するので、やはりネット簡潔は・・と抵抗がある方は一度見てみましょう。

▶︎▶︎参考記事:ネット以外で契約でき、実際のサポートも受けれるMVNO

 

楽天モバイルの料金プラン

ギャル女子 のコピー 2

 データSIM 音声通話SIM
SMSなしSMSあり
ベーシックプラン525円645円1250円
3.1GBプラン900円1020円1600円
5GBプラン1450円1570円2150円
10GBプラン 2260円 2380円2960円

楽天モバイルの料金プランは上記の通りです。ベーシックプランには高速通信容量がないので、通信速度がかなり遅く(200Kbps)なりますが、その分月額料金も安くなっています。

*200Kbpsは動画閲覧やネットサーフィンにストレスを感じるレベル*

 

Wi-Fiや無線LANを利用すれば問題なくインターネットに繋ぐことが出来るので、普段からそのような場所でしかインターネットを繋がないという方はベーシックプランで大丈夫だと考えます。

しかしネット環境がない場合は、いくら安いといってもおすすめできません。

200Kbpsは動画がすぐに止まり、サイトを開くのに数秒かかるレベルです。考えただけで大分不便ですよね、なのでそういった方はベーシックプランを選ばないように注意してください。

▶︎▶︎参考記事:200kbpsがどれくらい不快か分からない人はコチラの記事へ

 

楽天モバイルの様々なキャンペーン

スクリーンショット 2016-04-24 15.15.54

2016年4月1日〜5月9日(WEBからの申込みを対象)

キャンペーン内容をチェック 

 

楽天モバイルは上記のようなキャンペーンを度々行っているので、価格を抑えて契約できる時を狙うのが一つの手です。ちなみに今回は通話SIMを契約の方を対象にスマホ端末の割引をしています。

それも16000円引き5000円引きなど、正直、価格崩壊レベルです。期間が決まっているので今すぐにでも申し込みましょう。

*ほとんどが「WEB申込みの方」限定となっているので、必ずWEBから申し込むようにしてください*

 

まとめ:最後まで見て!体感速度は正直微妙

ギャル女子 のコピー 2

楽天モバイルの魅力は何といっても「料金の安さ」「使い勝手」です。

他ではあまり見かけない高速通信無しの格安プランはWi-Fiをメインに使っている方にはかなり嬉しいはず。スマホを2台持ちしたい、少しでも安く使いたい!という方におすすめですね。

 

楽天モバイル

 

さらに使用しているだけで楽天スーパーポイントが貯まる点は、ポイント好きの私のような人には非常にありがたいはず。

すでに楽天会員の方はもちろん、これを機に楽天会員になるという方も、毎月のスマホ代を支払うだけでポイントが貯まるのでとってもお得ですよ。

 

上記から見るに楽天モバイルが格安SIM初心者の方におすすめかどうかは一目瞭然です。安さ、使い勝手、どこをとってもおすすめできます。

しかし「安さ」という一点からベーシックプランで契約することは絶対にやめてください。Wi-Fi環境が整っていない場所で多用する場合は3.1GB以上のプランを選ぶようにしましょう!

楽天モバイルをチェック

 

追記1:法人には楽天モバイル for Businessも

実は楽天モバイルには個人向け以外に会社、法人に向けたプランも存在します。主に通話がメインになるので、事業を行う上で通話をよく多用する方は一度ご覧下さい。

 

スクリーンショット 2016-04-24 15.36.48

参考記事:公式ページ

 

[楽天モバイル for Business の料金]

  • 基本使用料      ・・月額2200円
  • 通話料(固定電話へ) ・・8円/3分
  • 通話料(携帯電話へ) ・・15.9円/1分
  • 国際電話(アメリカへ)・・8円/1分

 

通話料がここまで安くなるのか!と驚いてしまうほどの安さ、です。特に固定電話への通話料は他者を圧倒しています。

格安SIMは通話をする人には少し不向きな部分があるので、法人でありながら格安SIMを検討している方は同時に上記の楽天モバイル for Businessを活用してみてはいかがでしょうか。

 

追記2:楽天モバイルにするなら楽天カードも

最後に楽天モバイルをもっともっとお得に利用する方法をお教えします。それが下記の楽天カードを利用することです。 

 

楽天カード

公式ページ:楽天カード

 

CMでおなじみの楽天カードはポイントの還元率が高くて有名です。具体的に書くと、通常の買い物だと1%の還元率。つまり100円の買い物をすると1ポイント貯まります。

また入会&利用で5000ポイントの付与や下記のような毎日ポイント7倍のポイント付与のキャンペーンを定期的行っています。1ポイント=1円なので楽天モバイルと合わせて利用するだけで大分お得なりますよね。

楽天モバイルを使うなら楽天カードは必須ということです。ぜひ参考にしてみてください。

 

スクリーンショット 2016-04-24 15.57.46

楽天カードをチェック

追記10/9:楽天モバイルの体感速度は確実に遅い!

さて、10月9日からの追記はこれで最後としましょう。まず当記事は楽天モバイルがリリースされてすぐに契約した際に感じたことを「主」に書いています。

なのでポイントが付き安くて通信速度も安定しているという神的な格安SIMであってことは間違いありません。

 

しかーし!時は2016年の10月です。

格安SIMが大々的に世に知られるようになってから、もう数ヶ月も経っています。その間に、この神がかっている楽天モバイルのユーザーは急激に増えました。これはコレで良かったのですが・・。

ただ格安SIMというのはユーザーが増え過ぎると回線がパンクしてしまい、急に通信速度が遅く、不安定になってしまうんですね。

 

まぁ、ここで回線の補強などを行う格安SIM(例:mineo)もあるのですが、残念ながら楽天モバイルではそのような事は行われていないクサいのです。

っというのも下記記事の通り、最近楽天モバイルを使用した時の体感速度はあまりにもお粗末でした・・。これは残念ながら事実です。

格安SIMアドバイザーとして嘘は付けないので、どうぞ下記のレビュー記事をご覧下さい。では。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルを使ってみたけど遅くて使えねぇぞ?これ。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

格安SIMの特徴と言えば、通信データの容量を「自分で」選べるという点です。さらにそのデータ容量の『プラン』も事細かく設定されており、より自分に合ったデータ容量を選ぶことが出来ます。

ただ、スマホを使っている人の多くが、今自分が月にどれくらいのデータ容量を使用しているかを把握していません。ですよね?あなたは把握してますか?

 

このまま何も把握せずにいると、格安SIMを契約時に自分はどのプランで契約すべきなのかに悩み、結果的に損をすることになりかねません。

今回は自分にはどのくらいのデータ容量が必要なのか?を調べる方法を解説します。

 

格安SIMのデータ容量は何GBが丁度いい?

ギャル女子 のコピー 2

契約をする時に余裕を持ちすぎて大きいデータ容量のプランにしてしまうと容量が余ってしまう上に、毎月の料金も高くなります。

反対に料金を安くしようとして少ないデータ容量のプランにしてしまうと、使い過ぎた時に速度制限がかかり、通信がかなり遅くなってしまいます。

 

でも実際にどれくらいの容量が最適か分からないですよね。

そういう人は下記の調査データを参考にしてください。MMD研究所がスマホ利用者1343名に、1か月のデータ容量がいくらあれば足りるかをアンケートした結果です。

 

[データ量 アンケート調査]

  • 1GB未満・・・18.8%
  • 2GB未満・・・ 18.2%
  • 3GB未満・・・17.7%
  • 4GB未満・・・9.3%
  • 5GB未満・・・9.9%
  • 6GB未満・・・4.3%
  • 7GB未満・・・10.6%
  • 8GB未満・・・3.4%
  • 9GB未満・・・0.3%                            
  • 10GB未満・・・1.8%
  • 10GB以上・・・5.6%

となっています。(2014年8月調べ)

 

このデータを見る限りでは、1か月のデータ容量は3GB未満で良いと感じている人が約57%を占めています。

最近では自宅や職場、街中でもWi-Fiやパソコンの無線LANによって、データ容量を使わずに通信できるので、データ容量は比較的少なくで足りるようです。

 

この事から大体の人が『1か月3GB未満のプラン』で大丈夫だとわかります。

とは言っても、これは平均的な数字なので実際に自分がどれくらいデータ容量を使うのかわかりませんよね。それぞれの用途によって使用データ容量は変わってきます。

 

何にどれくらいのデータ容量が使われているか知りたい!

ギャル女子 のコピー 2

どのようなものにどれくらいデータ容量が使われているのかがわかれば、自ずとどれくらいのデータ容量が必要かわかりますよね。

そこで、普段良く使うもののデータ容量を調べてみました。

 

0529-3

 

メール

メールのデータ容量はほぼゼロと言っても良いでしょう。

1通10KBなので、1000通送っても1MBにしかなりません。写真付きのものを送ったとしても、1通5MBほどなので、メール使用量に関しては気にしなくていいです。

 

インターネット接続

スマホでウェブサイトを見る場合、サイト1ページにつき200KB、多くて2MB以上を必要とします。一見少ないように思えますが、ネットを見ていると知らぬ間に数時間経ってしまうはずです。

そうなるとデータ通信量もかなりの量になります。毎日ネットサーフィンをするという人は、多めの容量を設定しておくと良いでしょう。

 

アプリダウンロード

毎日アプリをダウンロードするという人は少ないかもしれませんが、月に1回くらいならダウンロードすることはありますよね。そして、アプリのダウンロードにかかる通信量は約50MBです。

50MBならあまり気にすることなく、ダウンロードすることが出来ます。

 

しかし気を付けなければいけないのが、アプリのアップロードです。アップロードは現在あるアプリのデータの不足分を、起動する際に更新するのですが、これはかなりの通信量を消費します。

アプリによってその通信量が変わってくるのですが、300~900MBくらいです。物によってはデータのアップロードだけで1GB近くかかります。

アプリの量が多い人は、通信データ容量も多めにしておくと安心です。

 

動画視聴

毎日スマホで動画を見るという人は「特に」注意が必要です。通信量は動画サイトや画質によって、1時間で120~1300MBと大きな差があります。

画質の設定は選ぶ事が出来るので、高画質になっている場合は中画質くらいに設定しておくと、画質も悪くなく通信量も少なくて済みます。中画質に設定しておくと200〜300MBくらいの通信量になります。

1日に何時間くらいWi-Fi無しで動画を見るかで、必要なデータ通信量がわかりますよ。

 

正確なデータ容量を調べる

ギャル女子 のコピー 2

頻繁に使うもののデータ容量はわかりましたが、やっぱりどの位のデータ容量が自分に必要なのかがわからなくて不安・・・と言う方は、今使っているスマホで『正確に』使用しているデータ容量を確認してください。

それを確認することで格安SIMで必要なデータ容量がわかるので、契約の際に役立ちます。キャリアによって見方が違うので、それぞれご紹介しておきますね。

 

ソフトバンク

  1. My SoftBank
  2. データ通信量の管理
  3. ご利用状況の確認

まずはMy SoftBankへログインしてください。ログインは下記のピンクで囲った場所をクリックすることでできます。その際、ユーザーIDまたは電話番号とパスワードを記入しなくてはなりません。

 

スクリーンショット 2016-04-22 19.39.04

 

すると下記のようなページに飛ぶので、下へ下へスクロールしましょう。

 

スクリーンショット 2016-04-22 19.39.50

 

次に「データ通信料の管理」の中のご利用状況の確認をクリックしてください。

 

スクリーンショット 2016-04-22 19.40.17

 

下記のような画面が表示されたところで基本データ量とくりこしデータ量をチェック。基本データ量とは契約の際に何データで契約したか、です。

そして、くりこしデータ量は基本データ量まで届いていない際に何データ余っているか、を指します。この場合、5GB-2.64GBをした2.36GBを使っていることがわかるのです。

 

スクリーンショット 2016-04-22 19.40.59

 

やはり月に3GBも使っていないみたいですね。一般的な使い方をしている方はデータ量3GB程度で大丈夫そうです。

 

au

  1. auお客さまサポート
  2. 今月の通話料・通信量照会ページ

 

ドコモ

  • スマホから見る場合
  1. dメニュー
  2. お客様サポート
  3. ご利用データ通信量確認(当月分)
  • パソコンから見る場合
  1. My docomo
  2. 料金の確認・お支払い
  3. 利用明細履歴の確認
  4. Xiデータ通信量確認(当月利用分)

 

my_docomo_01

 

まずはMy docomoへログインします。

 

my_docomo_02

 

ログイン後、下部へスクロール。

 

my_docomo_03

 

すると「ご利用状況」の部分に当月のデータ通信量が表示されています。「通常速度で通信中です」と表示されていれば、通信制限がされていない高速データ通信が可能な状態です。

通信量の下部にある「詳細を見る」をクリックすると、通信量の詳細なデータが閲覧できます。

 

my_docomo_04

 

当月分と前月分のデータ通信量が確認でき、見やすいグラフで、当月の利用可能なデータ量(契約しているパケットパックやボーナスパケットを合計したもの)と当月の利用済みデータ量を確認することができます。

 

それぞれ、このような方法で確認することが出来ます。その通信量を目安にプランを選ぶと良いですね。

 

まとめ:格安SIMを契約するなら事前把握は必須

ギャル女子 のコピー 2

格安SIMの契約はデータ通信量を基準にプランが設定されています。そのため毎月どのくらいのデータ容量が必要なのかを把握しておく必要があるのです。

Wi-Fi環境で接続する場合、データ通信量は発生しませんが、それ以外の場所では通信量が発生します。

 

自宅や会社のWi-Fi環境が整っていて、外でネット繋ぐことが少ない場合は1~3GBで十分足りるでしょう。

Wi-Fi環境が整っていない所でネットに繋ぐことが多い場合は、今回ご紹介した「良く使うもののデータ通信量の目安」を参考にしてプラン検討してみてくださいね。

 

10/9追記:少し心配な方はmineoで良いと思う

10/9現在、mineoはCM等で大分有名になっているので、既に知っていると思いますが、数ある格安SIMの一つです。また当サイトNo.1おすすめSIMでもあります。

理由は料金が安い!通信速度が安定している!2回線用意されている!など。様々ですが、中でも一番のおすすめポイントが通信量をシェアできる点です。

 

mineoには

  • フリータンク
  • パケットシェア
  • パケットを送る・もらう

などの様々な通信量の共有方法が存在します。上記、全てを一から説明はしませんが、簡単にいえば3GBで契約したとしても、その+1GB分くらいはタダで使える可能性が高いということです。

こんな格安SIMはなかなか無いですし、非常にお得だと言えます。なのでデータ通信量を気にしている人は絶対にmineoはチェックしておくべきですね。

▶︎▶︎参考記事:mineoを9ヵ月使ってみたので、その感想を述べようと思う

▶︎▶︎参考記事:mineoの通信速度に関して知りたい方はコチラ!

 

1iSNSp1KRTLmWLE1460863555_1460863592

大手携帯キャリアの契約と比べて月々の携帯通信費用を安く済ませることができると話題の格安SIM。

最近格安SIMって良く聞くし、出費を減らせるなら試してみたいけど、提供している会社が多いし、ひとつの会社でも複数のプランがあって選択するのが難しそう…。しかもインターネットで契約なんて無理!

 

そう思っている人(格安SIM初心者)、割と多いのではないでしょうか。

しかし安心してください。実は店舗でスタッフの説明を聞きながら契約できる格安SIMもあるんです。そこで今回は格安SIMの店舗契約について調べてみました。

 

インターネットでの契約

清純女子 のコピー 2

っと、その前に。

一部店舗を構え対面形式での契約が出来るサービスもありますが、格安SIMの契約はまだまだインターネットでの契約が主流で、一般的にはWEBサイトから自分に適したMVNO事業者・プランを選択して契約します。

その主流である方法のメリット・デメリットを解説します。

 

インターネット契約のメリット

  • 大都市でなくとも、場所や時間を選ばすに好きな格安SIMの契約が可能
  • じっくりと自分のペースで選ぶことができる
  • キャッシュバックや割引などのキャンペーンが多い

 

 インターネット契約のデメリット

  • 不明な点がクリアにならないことがあり、心配
  • 情報が多すぎて、逆にわかりにくい

 

インターネットでの契約はどこで出来る?

  • 各MVNO事業者のサイト
  • Amazon
  • 楽天 など

 

インターネットでの契約は、格安SIMを提供しているMVNO事業者のサイトはもちろん、インターネットショッピングサイトのAmazonや楽天などでも販売されています。

サイトによって価格が異なることがあるので、比較して購入するのがお得に契約をするポイントとなります。

 

清純女子 のコピー 2

インターネットでの契約は難しそう…と苦手意識を持っている方は多いです。格安SIMの現状は種類もプランも多く、自分に合ったものを契約できるか不安ですよね。

しかし、ここ最近の格安SIMの盛り上がりを受け、どのMVNOサービスもWEBページに力をいれており、初心者でもわかりやすい説明となっています。

「自分には無理」と決めつけず、まずは各社のページを閲覧してみてください!また当サイトでも各SIMの詳細情報をまとめています。

 

店頭での契約

清純女子 のコピー 2

格安SIMの種類によっては、店頭で契約できるものもあります。直接スタッフの人と話をして説明を受けたりプランを決めたり出来るので、格安SIM初心者にも安心です。

またインターネット契約とは異なり、その場で使えるようになるというのが大きなメリットです。

 

店頭契約のメリット

  • 不明な点を直接質問出来る
  • 即日利用可能となる

 

店頭契約のデメリット

  • 対応している格安SIMが限られている
  • 店舗が都市部に限られている場合がある

 

店頭契約はどこでできる?

MVNO事業者の独自店舗

量販店

 

全国のイオンで格安SIMを契約できる

清純女子 のコピー 2

全国に店舗を展開する大手ショッピングセンターのイオンでも格安SIMが契約できます!

以前までは IIJmio やSo-net などの代理店として窓口が設置されていましたが、2016年2月末より「イオンモバイル」として独自のSIMカードの販売を開始しました。

プラン内容・価格・アフターサービスなどどれも評価が高く、好スタートを切っています。

 

なんといっても、北は北海道・南は沖縄まで店舗があるのが魅力ですよね。

イオンのMVNOへの参入は、今までサービスに対する理解が浅く、不明瞭なものとして警戒していた顧客層への格安SIMの浸透を一気に加速させることになるでしょう。

 

[イオンモバイルの料金を参考までに]

プラン名高速データ通信容量料金YahooトップページYouTub動画Google Maps
データ1GBプラン1GB480円/月約3200回約300分約1000回
データ2GBプラン2GB780円/月約6400回約600分約2000回
データ4GBプラン4GB980円/月約12800回約1200分約4000回
データ6GBプラン6GB1480円/月約19200回約1800分約6000回
データ8GBプラン8GB1980円/月約25600回約2400分約8000回

*データプランの場合*

 

参考までにイオンモバイルデータプランの月々の費用を書いておきましたが、大分お得であることがわかります。私的には初めて格安SIMにチャレンジする方におすすめです。

また購入時の『注意』ですが、必ずイオンカードで購入するようにしてください。

既に使用している方はイオンカードの便利さと利点を熟知していると思いますが、ポイントの付与や割引などが多く節約するのにピッタリのカードです。

 

[イオンカードのメリットを書きます!]

  • 年会費無料
  • 毎月20・30日はお買い物代金5%OFF
  • 毎月5・15・25日はポイント2倍
  • さらに毎月10日はポイント2倍
  • 毎月15日は5%OFF などなど・・・

 

このように少し恐いくらいお得になります。主婦には必見のアイテムですよ!!

ちなみに・・・私も持っています。

2016-04-21 15.07.02

イオンカードをチェック

まとめ:WEBでの申込みが得だが、不安なら実店舗!

清純女子 のコピー 2

プランの内容や契約方法が複雑そう…と敬遠されがちの格安SIMですが、ここ半年程で一気に対面契約可能の実店舗が増えています。スタッフに直接質問できるのは大きなメリットですよね。

 

0524-2

 

すぐに契約をするということでなくとも、まずは説明を聞きに行ってみるのもおすすめです。自分に合った契約方法で安心して格安SIM生活をスタートできるといいですね!

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

最近、格安SIMを使ってスマホ代を節約する人が増えてきています。

それもそのはず。中には大手キャリアの料金と比べて半額や3分の1程度の料金に抑えれる格安SIMも出ているので、間違いなくこれからも増えていくでしょう。

 

そして、この事は一人で契約する場合だけではありません。

大手キャリアで言う「家族割り」といったプランがあり、それを利用することで、毎月のデータ容量をシェアできたり、家族同士の通話が安くなるなど、さらにお得にスマホを利用できるです。

 

家族 コピー

 

家族みんながスマホを使っている場合は、間違いなく皆んなで格安SIMに乗り換えた方がお得ということですね。

 

今回はそれを証明すべく、実際にどういった会社と格安SIMを契約するのがお得なのかを紹介していきます。何個か紹介するので、自分に合った格安SIMを選びましょう。

 

家族でお得になる格安SIM一覧

ギャル女子 のコピー 2

OCNモバイルONE

スクリーンショット 2016-04-17 17.02.02

OCN モバイル ONEの公式サイトをチェック!

 

  • 会社・・・NTTコミュニケーションズ株式会社
  • 初期費用・・・3000円
  • SIM最大提供枚数・・・5枚
  • SIM変更手数料・・・データ通信1800円/音声simカード3000円
  • 最大受信速度・・・150Mpbs

▶︎▶︎参考記事:OCN モバイル ONEのレビュー体験記事はコチラ

 

OCNモバイルONEは、全ての回線のMNP(ナンバーポータビリティ:番号はそのままで違う携帯会社に乗り換えられるシステム)が可能となっています。

ただしOCNモバイルONEにMNPする時点で、同じ名義人でなければいけません。もし変更する前の携帯会社で別々の名義人だった場合は、先に同一名義人に変更しておく必要がありますよ。

OCNの光サービスを契約されている場合、セット割引が適用され、OCNモバイルONEの月額利用料が200円割引されるというサービスもあります。なんてお得なのか!!

 

そして、OCNモバイルONEの特徴は何といってもその料金プランの豊富さです。月単位の料金プランはもちろん、日単位の料金プランもあり、自分のライフスタイルに合った料金プランを選ぶ事が出来ます。

さらに毎月料金プランを変更できるので、ニーズに合った使い方が出来るのです。余ったデータ容量を翌月に持ち越せるのもありがたいですね。

 

OCNモバイルONEの料金

 データ専用SIM音声対応SIMSMS対応SIM
1日あたり110MB900円1600円1020円
1日あたり170MB1380円2080円1500円
1か月あたり3GB1100円1800円1220円
1か月あたり5GB1450円2150円1570円
1か月あたり10GB2300円3000円2420円
1か月あたり15GB1800円2500円1920円

*ただし利用開始月は無料になります*

OCN モバイル ONEの公式サイトをチェック! 

 

DMM mobile シェアプラン

スクリーンショット 2016-04-17 17.09.38

DMM mobileの公式サイトをチェック!

 

  • 会社・・・株式会社DMM.com
  • 初期費用・・・3000円
  • SIM最大提供枚数・・・3枚
  • SIM変更手数料・・・2000円(1枚につき)
  • SIMカード追加手数料・・・3000円(1枚につき)
  • 最大受信速度・・・150Mbps

▶︎▶︎参考記事:DMM mobileのレビュー体験記事はコチラ

 

DMM mobileは高品質な回線を売りとするIIJ(IIJmio)から通信回線を借りているのですが、このIIJというのは大手キャリアであるドコモから回線を借りています。

詳しくは『MVNEってなに?MVNOとの関係』コチラの記事で紹介していますが、つまりは大手からIIJが借り、それをDMM mobileが借りている状態なのです。

▶︎▶︎参考記事:DMM mobileに回線を貸す『IIJmio』とはどういった格安SIMなのか

 

それってどうなの?通信品質はいいの?と思われるかもしれませんが、DMM mobileにも同様に高品質で安定した高速通信が提供されており、安定した通信とその速さで有名となっています。

ちなみにIIJとDMM mobileの料金や通信速度を比較した記事もあるので気になる方はご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:同系列のIIJとDMM mobileを徹底比較してみた

 

また、DMMには業界一のプラン数が用意されており、家族で使う場合の「大容量のプラン」もあるので、データ使用量を気にせず安心して使うことが可能でしょう。

 

っで!もちろんMNP(乗り換え)も可能となっています。乗り換え急げー!

ただし、MNP出来るのは1回線のみで、後の家族はMNP出来ません。つまり、新規での契約になってしまうため、携帯番号が変わってしまいます。

名義人も代表者1名になるので、その点は注意が必要ですね。

 

そして重大なSIMの最大提供枚数ですが、コチラは3枚までとなります。また通話SIMを追加する場合は一枚につき追加手数料3000円と基本料金に毎月700円の追加が必要です。

*データ専用SIMのみの追加の場合は、追加手数料のみで月額の増加はありません。

 

DMM mobileの料金

 データSIMプラン通話SIM 1枚プラン通話SIM 2枚プラン
通話SIM 3枚プラン
8GB1980円2680円3380円4080円
10GB2190円2890円3590円4290円
15GB3600円4300円5000円5700円
20GB4980円5980円6680円7380円

DMM mobileの公式サイトをチェック!

 

IIJmio ファミリーシェアプラン

スクリーンショット 2016-04-17 17.10.44

IIJmioの公式サイトをチェック! 

 

  • 会社・・・株式会社インターネットイニシアティブ
  • 初期費用・・・3000円
  • SIM最大提供枚数・・・10枚(初回に申し込めるのは3枚)
  • SIM変更手数料・・・2000円(1枚につき)
  • 最大受信速度・・・150Mbps

▶︎▶︎参考記事:IIJmioのレビュー体験記事はコチラ

 

DMM mobileの親玉であるIIJmioの特徴はsimカードが最大10枚まで申し込めるということです。最初に申し込めるのは3枚までですが、その後最大10枚まで増やすことが出来ます。

▶︎▶︎参考記事:IIJmioモバイルサービス 音声通話機能付きSIM ファミリーシェアプラン

 

ただし、4枚目以降(3枚まで無料)は1枚につき毎月400円が基本料金に上乗せされます。

そしてMNPは5枚まで転入が可能となりますが、名義人は代表者1名です。乗り換え前の携帯の名義人も、代表者のものに変えておかなければいけません。

 

IIJmioの料金 (10GB)

 データ通信量データ通信専用SIM音声通話付きSIMSMS機能付き
ミニマムスタートプラン3GB900円1600円1040円
ライトスタートプラン5GB1520円2220円1660円
ファミリーシェアプラン10GB2560円〜3260円2700円〜

*4枚目以降は1枚につき毎月400円がプラスされます* 

IIJmioの公式サイトをチェック!

 

mineo

スクリーンショット 2016-04-17 17.28.20

mineoの公式サイトをチェック!

 

  • 会社・・・ケイ・オプティコム
  • 初期費用・・・3000円
  • SIM最大契約数・・・5契約
  • SIM変更手数料・・・2000円(1枚につき)
  • 最大受信速度・・・150Mbps

▶︎▶︎参考記事:mineoのレビュー体験記事はコチラ

 

mineoは他の会社と違って1つの契約で複数のSIMカードを持つことが出来ません。

しかし、名義人は別でも住所が同じであれば、グループを組んでデータ容量をシェアすることが出来るシステムとなっているのです。(個人的にはコッチ方が気楽)

▶︎▶︎参考記事:今なら864円(税込)×6ヵ月割引!mineoでスマホ代を更におトクに!

 

またグループが組めるのは最大5契約まで。MNPもあり契約者を変更することなく、乗り換えが可能です。

このシステムを「パケットシェア」と呼び、それぞれの前月分で余ったデータ容量をみんなでシェアすることができます

 

前月分のデータ容量が使い切られるまでは、当月分の容量を消費することがないので、圧倒的に通信量を節約できるのがmineoの特徴となります。

またグループ内の契約プランは別々でも構わないので、それぞれに合ったプランを選べますよね。

 

ちなみに、mineoにはauとdocomoの2回線があり、それぞれ料金プランがありますよ。

 

mineoの料金

auプラン
 データ通信専用SIM(シングルタイプ)音声通話付きSIM(デュアルタイプ)
500MB700円1310円
1GB800円1410円
3GB900円1510円
5GB1580円2190円
10GB2520円3130円

*料金プランは毎月変更可能* ただし毎月25日までに変更の申請をする必要があります。

 

docomoプラン
 データ通信専用SIM(シングルタイプ)音声通話付きSIM(デュアルタイプ)
500MB700円1400円
1GB800円1500円
3GB900円1600円
5GB900円2280円
10GB2520円3220円

*料金プランは毎月変更可能* ただし毎月25日までに変更の申請をする必要があります。

mineoの公式サイトをチェック!

 

まとめ:シェアプランにも様々な特徴がある

ギャル女子 のコピー 2

格安SIMを家族で使う場合にはそれぞれで契約するのではなく、同じ名義で契約してシェアプランを利用した方が断然お得です。(mineoの場合、名義人は別でもOK)

シェアプランにもそれぞれ特徴があり、

  • 容量が大きいものが良いなら「DMM mobileのシェアプラン」
  • 大人数でシェアしたいなら「II Jmioのファミリーシェアプラン」
  • 名義変更無くMNPしたいなら「mineo
  • 自宅のインターネットがOCNなら「OCNモバイルONE

以上が、私明美のおすすめプランとなります。ご自身やご家族の利用形態に合ったプランのある会社を選ぶようにしましょうね。

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

FREETEL(フリーテル)SIMはプラスワン・マーケティングという日本の企業が運営するMVNO事業です。もともとは自社開発の携帯電話のブランドとして「freetel」という全て小文字のブランド名が使用されていました。

2014年11月に「freetel mobile(フリモバ)」という名前でMVNO事業に参入し、自社開発の格安スマホと格安料金のSIMというコンセプトのもとサービスを開始しましたが、他社の最安値の格安SIMに劣り、通信速度も遅く評判はあまりよくありませんでした

 

FREETEL SIMの公式サイトをチェック!

 

FREETEL SIMの評判とおすすめポイント・注意点

若い新米男子 のコピー 2

2015年6月に「freetel」から今の「FREETEL」へと変更し、同年7月15日からフリモバに代わる新しい格安SIMとして「FREETEL SIM」のサービスを開始。

フリモバの時代から大きく変わり、料金プランは段階制定額に変更されると、月額料金が非常に安く、通信速度も大きく改善され安定するようになり一躍人気の格安SIMとなりました

従来は段階制定額プランである「使った分だけ安心プラン」のみでしたが、2016年5月に自社端末とセットの「プレミアムバリュープラン」と、フリモバにあった「定額プラン」も加わり、自分にあったプランを選べるようになりました。

 

0610-5

 

FREETEL SIMのおすすめポイント

  • 段階制定額で定額プラン並の低価格
  • App Storeの通信無料
  • 一部メッセンジャーアプリの通信無料
  • 音声通話機能付SIMでも最低利用期間・解約手数料がない

 

FREETEL SIMの注意点

  • MNP転出手数料が高い
  • 段階制定額プランは10GB以上の高速通信が使用できず、容量追加オプションもない
  • 使いすぎる可能性がある

 

iPhone専用SIMカード

FREETEL SIMにはiPhone専用のSIMカードが存在します。

なかなか聞き慣れない言葉なので一体なんなのか、と思われると思いますが、特に変わったものではなく、iPhoneユーザーにとってちょっぴりお得なものとなっています。

 

そのお得内容は『AppleStoreでのアプリダウンロード時のパケット料が無料になる』といったものです。アプリダウンロードにかかる通信量はバカにならないので助かりますよね。

またiPhone専用SIMだからといって他のFREETEL SIMと比べて高くなるなどは一切ありません。なのでiPhoneを使ってFREETELに乗り換えを考えている方は、ぜひ使ってみてください。

 

10/9追記:今ではLINEやTwitter、またポケモンGOなどのゲームアプリなど。様々な通信を無料とする動きがあります。中でも最近、格安SIM市場に入ったLINEは有名なので気になる方は下記をチェックしてください。

▶︎▶︎参考記事:LINEモバイルが有名なので使ってみた!要チェックです

 

 FREETEL SIMの料金

若い新米男子 のコピー 2

月額料金を紹介

では、次にFREETEL SIMの月額料金を見ていきましょう。FREETELの料金プランは「使った分だけ安心(段階制定額)プラン」と「定額プラン」の2つのプランがあります。

どちらのプランも他の格安SIMに比べ比較的安くなっているので値段重視の方は注目ですよ!

 

使った分だけ安心プラン

通信量データ専用SIMデータ専用+SMS音声通話付きSIM
0~100MB299円439円999円
~1GB499円639円1,199円
~3GB900円1,040円1,600円
~5GB1,520円1,660円2,200円
~8GB2,140円2,280円2,840円
~10GB2,470円2,610円3,170円

月額料金(税抜価格)

 

段階制定額プランは、使用しなかった月はもちろん使用した月であっても安く、すべての容量において業界内で低価格な料金設定となっています。

例えばデータ専用SIMで、一切使用しない場合は299円、10GBまで使用しても2,470円と、他社の定額プランと比較しても断然安いです。

一定の金額と容量が決められている他社の定額プランに比べ、あまり使わなかった月は料金が節約できる場合があるので、日常的に使用している端末におすすめですね。

 

ただし定額プランと比較して安いとはいえ、特に設定の必要がなく10GBまで高速通信が可能になっているため、意図せず使いすぎてしまい、予想よりも多くの金額を支払う可能性がありますよ!

なので月々の通信料金を一定額に留めたい場合は、こまめに通信量をチェックするか、「定額プラン」を選択することをおすすめします。

また10GB使いきってしまった場合、容量追加のオプションがないため当月中は高速通信ができません。

 

定額プラン

通信量データ専用データ専用+SMS音声通話機能付
1GB499円639円1,199円
3GB900円1,040円1,600円
5GB1,520円1,660円2,200円
8GB2,140円2,280円2,840円
10GB2,470円2,610円3,170円
20GB4,870円5,010円5,570円

月額料金(税抜価格)

 

FREETELの「定額プラン」は2016年5月27日から追加され、容量ごとの料金は使った分だけ安心プランと同額となっています。また新たに20GBの容量が追加されました。

メリットとしては、定額のため使いすぎる心配がなく、月々の料金管理が簡単な点です。

「使った分だけ安心プラン」とは違い、使わなかった月であっても499円はかかり、契約している容量によってはさらに高くなります。

なので月ごとにあまり通信量の変動のない方や、10GB以上の通信量が必要な方におすすめですね。

 

通話料金

通常通話料

プラン名通話料
全プラン共通20円/30秒

 

FREETELでんわ 

サービス名月額料金通話料
1分間かけ放題399円1分間0円 以降10円/30秒
5分間かけ放題840円5分間0円 以降10円/30秒
たっぷり半額通話0円10円/30秒

 

通話料金は特に目立った要素のない一般的な20円/30秒で、割引プランもありません。

「FREETEL でんわ」というアプリを経由して通話した場合に限り、5分以内のかけ放題や通話料金が半額になるプランが適用されます。

 

「FREETEL でんわ」を使用し割引を適用するには、別途パッケージを購入する必要があります。iPhone、Androidともにパッケージ料金は910円で、FREETEL eSHOPや家電量販店などで購入できます。

 

そして一番のおすすめは「5分間かけ放題」です。5分間あれば大半の内容を相手に伝えることができますよね。

ただし合計で通話時間が42分以下になる場合には、「たっぷり半額通話」、超過分が22分以下の場合は「1分間かけ放題」の方が安いのでよく考えて契約してくださいね。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルにも同じような5分かけ放題オプションがあるのでチェック

 

最低利用期間・解約手数料

プラン名最低利用期間解約手数料
使った分だけ安心プランなし0円
使った分だけ安心プラン for iPhoneなし0円

 

MVNO事業者はデータ専用SIMプランに最低利用期間を設けていないところは多いですが、音声通話機能付きSIMプランの場合は、大手キャリアと同じく最低利用期間を設けており、その期間内に解約した場合には、解約手数料が請求されます

大手キャリアほどの解約手数料を請求するMVNO事業者は少ないですが、それでも約3,000円から8,000円ほどの解約手数料を請求されるのです。

 

格安SIMの場合は、一時的なキャンペーンや、急激な契約者の増加により、回線が混雑すれば通信速度が大幅に遅くなります。

つまり、大手キャリアよりも、通信速度の変化が多く、いつまでも快適な速度のまま利用できるとは限りません

 

このような通信速度の低下や他社のキャンペーンなどを期に変更したいと思っても、最低利用期間が残っている場合は解約手数料を払う必要があり、気軽に格安SIMを変更することができませんよね・・。

 

でも大丈夫!FREETELにはデータ専用SIMプランだけでなく、音声通話機能付きSIMプランでも最低利用期間がないため解約手数料がかかりません

音声通話機能付きSIMプランであっても、いつでも気軽に契約でき、解約のタイミングを計算する必要がないので、非常に自由度の高いMVNO事業者です。

 

ただし、解約手数料がない代わりにFREETELはMNP転出手数料が高めに設定されています

契約した当月である1ヶ月目は15,000円、2ヶ月目は14,000円、3ヶ月目は13,000円と毎月1,000円ごと安くなっていき、12ヶ月目には4,000円となり、13ヶ月目以降は2,000円になります。

契約して間もない場合はMNP転出手数料が非常に高額になるため、MNP転出を利用する場合には、他の解約手数料がかかるMVNO事業者と同等の費用がかかる点は注意が必要ですね。

 

FREETEL SIMの通信速度をチェック

若い新米男子 のコピー 2

冒頭で述べた通り、FREETEL SIMはドコモの回線を借りて通信サービス事業を行っているために『繋がりやすさ』と、その『エリアの広さ』は文句なしです。

また通信速度も公式発表で下り最大225Mbpsとある程度早いことがわかりますし、口コミでも速度に関して悪い噂はなく、自社調べでも常時10Mbpsの速度(非常に安定)が出ていました。

 

10Mbpsという早さは動画視聴を行ってもストレスなく見続けることができるレベルであり、もちろんネットサーフォンやメール、LINEなども余裕の早さです。

▶︎▶︎参考記事:何Mbps出ていれば快適にスマホを使えるの?

 

このことからFREETEL SIMの速度は今のところ(6/2)全く問題がない!と言い切れますね。

 

*はい、ここからは10/9の追記となります。通信速度に関して一言。やはりFREETELは人気になり過ぎて、通信速度が少し遅くなったという声をよく聞きます。

スマホに関しては相変わらず人気ですが、格安SIMに関しては今一度考え直した方がいいかもしれません。現場からは以上です。

 

まとめ:FREETEL SIMは使えるが今後の速度が恐い

若い新米男子 のコピー 2

FREETELの一番のポイントは「使った分だけ安心プラン」です。段階制定額プランながら、容量ごとの月額料金は他社の定額プラン並に安く設定されています。

段階制定額プランでありがちな、一定量使った場合に定額プランよりも高額になる、ということもありません。

 

もう一つのポイントは、App Storeの通信量が無料、つまり月々の通信量に加算されない点です。

iPhoneやiPadなどのiOS端末を使用している場合は、App Storeから容量を気にすることなくアプリのダウンロードやアップデートをすることができ、わざわざ外出先でWi-Fiスポットなどを探して通信量を節約する必要がありません。

 

また、LINEトーク、WhatsApp、WeChatなどのメッセンジャーアプリのテキストメッセージ、画像、スタンプ、絵文字などが通信量無料で使用することができます。

日常的に使用シーンの多い、App Storeやメッセンジャーアプリの通信量を気にすることなく便利に使用できるので利便性のよいサービスです。

 

定額プランの場合は、価格だけを見た場合には他に安い格安SIMも選択肢に入ってきますが、これらのサービスにより、他社より全体の通信量を減らすことができます

月額料金だけで判断せず、利便性なども考慮に入れた場合には非常に魅力的なプランではないでしょうか。音声通話機能付きSIMプランでもいつでも解約手数料なしに解約できる点も嬉しいですね。

 

さらに2016年5月から、自社開発の端末とセットのプランである「FREETELプレミアムバリュープラン」が追加されました

低価格ながらハイスペックで人気のKIWAMIや MIYAVI、二つ折りスマートフォンのMUSASHI、薄型軽量のREIから選ぶことができ、購入時の支払いは0円と負担が少なく、スマホデビューの方にもおすすめのプランです。

▶︎▶︎参考記事:10/7にFREETEL World 2016が開催されましたよ!新スマホが見たい人はコチラ

 

FREETEL SIMのデメリットも忘れずに!

ユーザーにとって嬉しいサービスや低価格の料金体系で魅力的なFREETELですが、デメリットもあります。

音声通話機能付きSIMプランでも解約手数料がないとはいえ、高額のMNP転出手数料を考慮した場合には、電話番号を契約する都度変更しても問題ない方以外は実質的に解約手数料があるのと変わりません

また、使った分だけ安心プランで最大10GBまで、定額プランで最大20GBまでとなっており、容量追加オプションがないので、使いきってしまった場合は翌月まで通信制限がかかったままになってしまいます。

 

これらのデメリットを考えたとしても、「使った分だけ安心プラン」の細かい段階制定額料金と、一部のアプリなどの通信量が無料という独自のサービスは多くのユーザーにとって非常に魅力的です。

iPhoneやiPadなどのiOS端末を使用している方には特におすすめですが、Android端末を使用されている方はもちろん、初めて格安SIMを契約される方にも、二枚目の格安SIMとしてもおすすめの格安SIMですよ。では。

 

10/9追記:先ほども書きましたが、人気の格安SIMは利用者が増え過ぎて回線がパンクし、一気に通信速度が遅く・不安定になることがあります。

例を出すと10/9現在の楽天モバイルとかがそうでしょう。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルは使えない格安SIMになりつつある!?

 

それに似た動きがFREETEL SIMです。まだ楽天モバイル程の不満は出ていませんが、もしかすると、このまま使えない格安SIMになるかもしれないので要注意でお願いします。では。

 

FREETEL SIMの公式サイトをチェック!

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

大手携帯電話キャリア3社(ドコモ・au・ソフトバンク)でスマホを契約すると、機種代・基本料金と合わせて毎月数千円から1万円台の金額がかかるのが当たり前です。

しかし、格安SIMならば、月1,000円台でスマホを使用することもできます。(ちなみに10/9現在だと、月額0円で使える0simなんかも出ているので要チェック)

 

格安SIMとは、MVNO(仮想移動体通信事業者)が販売する、大手携帯電話キャリアよりも安価なSIMカードのことです。

MVMOは大手キャリアの通信回線を間借りし、それを更に細分化して顧客に提供します。顧客側は使うデータ通信量の分だけ支払えばよいので、回線一つを契約するよりも必然的に安くなります。

これが格安SIMの仕組みですね。いわば今までは私たちユーザー個人が大手からたくさんの通信回線を借りる必要があったけど、それが不要になったという話です。

 

そして、格安SIMと一緒に使用するのは、主にSIMフリースマホと呼ばれる端末です。

大手携帯電話キャリアが販売するスマホにはSIMロックという制限がかかっておりSIMを入れ替えても使用することが出来ませんでしたが、2015年5月1日より大手3社はSIMロック解除を法律で義務付けられました。

 

これにより、大手3社で購入したスマホでも、SIMロック解除を申請することでSIMフリー状態にすることが可能となりました。格安SIMとSIMフリー(状態の)スマホ。

この2つを組み合わせることで、月1,000円台が実現するのです。

 

月1000円代でスマホを利用する基準と条件

仕事ができる男子 のコピー 2

本記事では月1,000円台でスマホの利用が出来る契約について、おすすめのサービスを紹介していきます。

っと、その前に紹介するサービスの基準と、月1,000円台での利用をするための条件について説明します。

 

紹介する基準

0508-6

  1. 音声通話が可能なサービスであること
  2. 高速データ通信容量が3GB以上であること

 

この基準を満たしながら月1000円台で利用できるお得なプランを紹介していきます

 

①について、音声通話が無い格安SIMは、なんと月額1,000円以下で使用することが出来ちゃいます。例えば『UQ mobile』では3GBプランが月額980円です。

▶︎▶︎参考記事:UQ mobileがどんな格安SIMかチェックしてみる

 

また『楽天モバイル』では3GBプランが900円、一番安いもので525円しかかかりません。音声通話機能が無いと、ここまで安くなるのですが、結局、通話用にもう1台確保しておく必要がありますよね。

これだと総合的に高くなってしまいます!

▶︎▶︎参考記事:ちなみに楽天モバイルの詳細もチェックだ

 

やはり1台で通話も込みで済ませた方が管理が楽ですし、何より月額料金を抑えることができます。なので今回は音声通話が可能な格安SIMを紹介しますね

 

②について、各サービスで一番安いプランは1GB以下のプランなのですが、1GB以下だと容量が少なすぎて、後々追加料金を払う…といったケースが多くあります。

▶︎▶︎参考記事:一応、1GB程度で十分!という人におすすめ格安SIMを一覧で紹介

 

幸いにして1GBプランと3GB以上のプランは数百円しか違いません。

3GB以上のプランでもしっかり1,000円台に収まります。そこで金額と快適さのバランスを考えて、お得な3GB以上のプランを中心に紹介していきますね。

 

紹介する条件

0508-5

誰もが月1,000円台でスマホを利用出来る訳ではありません。スマホの使い方によっては、月1,000円台での利用では逆に不便な場合があるからです。不自由をする可能性があるのは、以下のような方の場合です

  1. 毎月長時間の通話をする方
  2. 大容量・高速のデータ通信で、毎月上限一杯まで使用する方

 

①について、通話機能はあるとはいえ、格安SIMには基本的に通話無料サービスやかけ放題プランがありません。(10/9追記:もしもシークスにかけ放題プランが存在しました

このため長時間通話をすると一気に金額が跳ね上がります。LINEなどの無料通話アプリを使うことで軽減は出来ますが、音質は良くないので注意が必要です。

 

②について、上述の仕組みでわかる通り、格安SIMのデータ通信量・速度は大手3社と比べ小さいです。

特にスマホで頻繁に動画のストリーミング再生を行う方、オンラインゲームをするという方は、月額1,000円台程度の通信量では到底追いつかないでしょう

以上の条件と自分の利用状況をまずは照らし合わせ、実際に不自由しないのかを判断しましょう。

 

月1,000円台のおすすめプラン

仕事ができる男子 のコピー 2

DMM mobile

スクリーンショット 2016-04-17 17.09.38

DMM mobileの公式サイトをチェック!

 

[1000円代のプラン]

  • 1GBプラン…1,260円/月 
  • 3GBプラン…1,500円/ 
  • 5GBプラン…1910円/月

 

DMM mobileはMVMOとしては新規の業者ですが、ブラウザゲームなどネットコンテンツを中心に幅広い事業に携わってきましたので、運営体制は安定しています。用意しているプランは業界最安水準です。

 

キャンペーンこそ他社より少ないものの、プランの種類は豊富で、1GB~20GBまでを選ぶことが出来ます。一度プランを選択した後も簡単に切り替えが出来るので、まずは低GBから使用感を試すことが出来ます

また、既定のデータ通信量を使い切ってしまった後も一時的に高速通信が可能な「バースト転送機能」も備えていますので、軽めのサイトであればストレスなく見ることが出来ます。

 

mineo(マイネオ)

スクリーンショット 2016-04-17 17.28.20

mineoの公式サイトをチェック! 

 

[1000円代のプラン]

auプラン(Aプラン)

  • 500MBプラン…1,310円/月 
  • 1GBプラン…1,410円/月 
  • 3GBプラン…1,510円/

docomoプラン(Dプラン)

  • 500MBプラン…1,400円/月 
  • 1GBプラン…1,500円/月 
  • 3GBプラン…1,600円/

 

プランの特徴は上記の通りauプランとドコモプランの2種類が存在することです。auプランであればauのスマホが、ドコモプランであればドコモのスマホを使うことが出来ます。

それぞれ自分に合った方を選ぶことが出来ますので、乗り換えが便利です。他社はおおよそ1年間以内の解約には違約金が発生しますが、mineoは全く発生しませんので、気軽に契約することが出来ます

▶︎▶︎参考記事:今なら864円(税込)×6ヵ月割引!mineoでスマホ代を更におトクに!

 

最大の利点は家族割の存在です。SIMカードが最大5枚まで使うことができる契約で、月額料金が1枚当たり50円安くなります。

また、パケットシェアという仕組みがあり、前月分から繰り越したデータを家族の中でシェアすることが出来るので、無駄なくデータ通信量の運用が出来ます。

速度こそUQ mobileなどと比べ早くはありませんが、複数人で同時に契約する場合は特におすすめすることが出来ます。

 

UQ mobile

スクリーンショット 2016-04-23 18.17.43

UQ mobileの公式サイトをチェック!

 

[1000円代のプラン]

  • 3GBプラン…1,680円/

 

UQ mobileの強みは何といっても全格安SIMの中でダントツの通信速度です。

大手通信キャリアと比べても遜色ないか、それらを凌ぐほどの速さです。他社のように時間帯によって遅くなるということも無く、いつでも安定しています。

月1,000円台で収まる通話可能プランが3GBプランのみなのはネックですが、逆に言えば3GB以下であれば最も快適に利用することが出来ます。

▶︎▶︎参考記事:2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQ mobile】

 

また、MNP(他社からの番号移行)を行う場合もメリットがあります。

他社でMNPを行うと、申し込みをした時点で今まで使っていたスマホは一時使用できなくなり、2~3日後に届くSIMカードを挿入するまでは再開できません。

UQ mobileはこのタイムラグが存在しません。ストレスフリーなことがUQ mobileの特徴と言えるでしょう。

 

楽天モバイル

スクリーンショット 2016-04-23 18.16.37

楽天モバイルの公式サイトをチェック!

 

[1000円代のプラン]

  • 200kbpsプラン…1,250円/月 
  • 3.1GBプラン…1,600円/ 

 

楽天モバイルの強みはキャンペーンやその他サービスが充実していることです。契約初月はどのプランを選んでも無料です。

無料期間はSIMカードを受け取った時点から始まるので、配送日を調整することで最大限活用することが出来ます(例えば5/20に申し込みを行った場合、配送希望日を6/1にすることで、6月はまるまる無料で使うことが出来るのです)。

 

通話SIMの契約には、以降付与される楽天ポイントがずっと2倍になるという特典があります。また、格安スマホの割引キャンペーンを常時行っており、格安SIMとセット購入することでも楽天ポイントがもらえます。

総じて、楽天市場をよく使うという方は特にメリットが大きなものになります。

格安SIMの中では一番宣伝に力を入れており、ユーザー数が倍増したためか以前ほどの通信速度は出なくなっているようですが、それを差し引いても特典が充実しているサービスと言うことが出来ます。

 

*10/9の追記となりますが、今現在楽天モバイルは通信速度が引くほど遅くなっています。

なぜか表面上の数値は相変わらず速く、問題ないように思えるのですが、私たち格安SIMアドバイザーが試した時は酷かったです。なのでそういった点を考慮した上で契約してください。

▶︎▶︎参考記事:実際に格安SIMアドバイザーが楽天モバイルを試した記事はコチラ

 

まとめ:今の時代、月1000円でスマホは使える

仕事ができる男子 のコピー 2

以上のように、格安SIM各社が速度・金額以外の特典でも差別化を図っています。また、どのキャリアから乗り換えるのか、どの機種を使いたいのかということで選択は変わってくるでしょう。

自分がどのような特典に魅力を感じるか、自分が今使っているスマホと使用状況はどんなものかを把握した上で、最もふさわしいものを選択しましょう。

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

大手携帯電話キャリアの競争が激化する昨今、格安SIMへの関心は年々高まっています。大手各社で契約するよりも安く、手軽に利用出来ることがその要因ですが、そもそも格安SIMとは何なのでしょうか?

 

まず、SIMカードとはICカードの一種で、携帯電話には必ず内蔵されています(機種変更の際に店員さんが入れ替えているあのカードです)。

これに電話番号などの端末情報が記録されているので、挿入することで初めて通話・通信が出来るのです。

 

本来、SIMカードは入れ替えが自由で、入れ替えるだけで簡単に別の端末を自分のスマホとして使うことが出来ます。

しかし日本においては大手携帯電話キャリアが設けている「SIMロック」という制限によって、同スマホもしくは同キャリアの端末でしか使用できず、自由に入れ替えが出来ないという状況が続いていました。

 

これに対して海外では、元々SIMロックの制限が無いSIMフリースマホが主流です。

日本でも海外からSIMフリースマホを個人輸入するユーザーは一部存在しましたが、日本では大々的に販売されない状況が続いていました。

 

そして、2014年頃からSIMフリースマホの需要が高まったことを受け、やっと本格的に販売が始まったんですね。

 

またSIMフリースマホの流通と同時に、MVNOと呼ばれる業者群が、大手携帯電話キャリアが提供するものより機能が限定的な分、SIMロックが無く安価に利用出来るSIMカードの販売を始めました。

このSIMカードがいわゆる「格安SIM」と呼ばれるものとなります。

 

格安SIMのメリットとは?

仕事ができる男子 のコピー 2

それでは、格安SIMのメリットとは何でしょうか?

  1. 安くスマホを利用出来る
  2. 同じ機種を長く使える

 

安くスマホを利用出来る

0429-3

 

何といっても大きなメリットは利用料金です。大手携帯電話キャリアでスマホを契約すると、どうしても月額数千円はかかってしまいます。

これに比べて、格安SIMでは最も安い価格帯で500円以下のものから用意されています。(10/9に追記をしますが、今では0simと呼ばれる月額0円のSIMが存在します)

▶︎▶︎参考記事:0simと呼ばれる価格崩壊した格安SIMが存在します

 

そもそも、何故ここまで安く提供することが出来るのでしょうか?

その秘密は販売方式にあります。まずMVMOは大手通信キャリアとまとめて回線契約をします。それを回線単位ではなく、データ通信量単位で顧客に切り売りします。

 

顧客は回線をまるごと契約するのではなく、必要な分だけを購入することが出来るため、当然払う金額も小さくすることが出来るのです。

例えるならば、大手通信キャリアが販売するのは「一軒家」で、MVMOはそれを「シェアハウス」として売り出す賃貸業者とするとわかりやすいでしょう。大きなものを人と分け合って購入する、ということです。

 

また、MVMOは大手携帯電話キャリアのように専用の店舗を構えていないので、人件費その他の費用がかかっていません。ここでのコスト削減も、安価での提供に繋がっています。 

 

同じ機種を長く使える

大手携帯電話キャリアでも、同じ機種を使い続けること自体は可能です。しかし大手携帯電話キャリアにはいわゆる「2年縛り」が存在します。

 

「2年縛り」とは、機種代を月賦で払う2年間は毎月割が適用される代わりに、2年以内の解約には違約金が発生する、というものです。

2年間は「毎月の基本料金+機種代-毎月割」の金額を払う訳です。こう書くと、2年経過後には月々の料金は安くなると思われがちですがそうではありません。

そもそも基本料金が高く設定されている上、機種代の支払いが終わると同時に毎月割も終了します。毎月割で割り引かれていたのは機種代なので、高い基本料金だけが残る形となり、払う金額は1円も安くなりません。

 

つまり、同じ機種を使い続けたくても損をしてしまうので、2年ごとに機種変更せざるを得ないということなのです。

格安SIMにはそういった縛りは一切ありませんので、自分の気に入った端末を好きなだけ使うことが出来ますし、好きな時に機種変更が可能です。

 

格安SIMのデメリットとは、そして対策は?

仕事ができる男子 のコピー 2

反対に、格安SIMのデメリットとはどんなものでしょうか?そして、それに対してどのような対策ができるのか。

  1. 通話料金が高い
  2. 通信速度が遅い
  3. キャリアメールを使用できない

 

通話料金が高い

0429-4

 

通話料金自体は21円/30秒ほどで大手携帯電話キャリアと大差無いものの、無料通話やかけ放題のいったプランがほとんどありません従って、大手携帯電話キャリアのような感覚で通話をしてしまうとあっという間にとんでもない金額になってしまいます。

▶︎▶︎参考記事:大手キャリアのようにかけ放題がある「もしもシークス」とは

 

代わりにLINEなどの無料通話アプリを使えば音声通話料金はかかりません。音質が良くないのが弱点ですが、金額自体はかなり抑えることが出来ます。

対策案:LINEなどの通話アプリを使う

 

通信速度が遅い

前述のような回線契約の仕組みなので仕方のないことですが、通信速度は大手携帯電話キャリアのプランよりも遅いです。時間帯(平日の昼など)によってはアプリなどの大きめのデータのダウンロードが難しい場合もあります。

▶︎▶︎参考記事:大手キャリア並みの通信速度を誇る「UQ mobile」で解決

 

データ通信量も小刻みに設定できる分、基本的なプランは最大量が少ないのです。従って、時間帯など細かいことを気にせずに高速通信を利用したい場合、Wi-Fi環境で利用することをお勧めします。

対策案:高速通信の利用時はWi-Fi環境で

 

キャリアメールの使用をできない

大手携帯電話キャリアでの契約では無い分、各社が提供するキャリアメールの使用が出来ません。メールのやり取りはGmailなどのフリーメールサービスを使用する必要があります。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMなのにキャリアメールが使える「Y!mobile」とは

 

すでにフリーメールやLINEなどの使用が中心という方は特に問題ありませんが、キャリアメールを主として使っていた方は注意が必要です。乗り換える前にあらかじめ電話帳のバックアップを取りましょう。

また、キャリアメール中心でやり取りしていた連絡先にも一言お知らせをしておきましょう(そうしないと受信拒否設定をしている人にブロックされてしまいます)。 

対策案:フリーメールやLINEを使う

 

今すぐ乗り換えた方がいい人・そうでない人

仕事ができる男子 のコピー 2

格安SIMのメリットとデメリットを踏まえた上で、乗り換えをおすすめ出来る場合と、そうでない場合を挙げていきます。

 

今すぐ乗り換えした方がいい人

  • 大手キャリアで契約した機種を使い続けて、2年以上経過している人
  • 同じ機種を出来るだけ長く使いたい人
  • 通話をほとんどしない人
  • Wi-Fi環境が整っており、スマホの回線自体に高速・高容量を必要としない人

 

今乗り換えるべきではない人

  • 頻繁に機種変更をしたい人(常に最新機種を追い掛けたい人)
  • 長時間通話をする人
  • キャリアメールをメインで使用している人
  • 高速・高容量の通信を気兼ねなく使用したい人(外出先や移動中でも)

 

おおよそ以上のように分類することが出来ます。「格安SIMに乗り換えたいが条件が合わない」という場合は、上記の分類を参考にまず問題点を洗い出しましょう

例えば問題点が通話時間であれば、上記のように無料通話アプリで対策できます。まずは現状を把握し問題に対処することで、より快適で割安な通話・通信を追求できるでしょう。

 

まとめ:乗り換えないと勿体ない確立80%以上

仕事ができる男子 のコピー 2

格安SIMに『今』乗り換えるべきでない、と思っていてもその準備はしておいた方がいいでしょう。

理由は一つ、ガラケーからスマホに移ったように時代がそうなっていくからです。格安SIMの時代は必ず来ます。その時になったらでは損をする場合が多く、早め早めの移行が求められるのです。

大手キャリア(au・docomo・ソフトバンク)を使っている方はをしている可能性大!ですからね。あなたも格安SIMで安くスマホを使いませんか?

 

1iSNSp1KRTLmWLE1460863555_1460863592

スマホの月額料金を安く抑えることができると話題の格安SIM。

格安SIMが利用できる「SIMフリースマホ」「格安スマホ」などが多数出回っていますが、現在iPhoneを利用している人は、そのまま利用したいといのが本音ですよね。

また今後iPhoneの購入を検討していて、iPhoneで格安SIMを利用出来るの?という疑問を持っている人もいると思います。そこで今回はiPhoneで格安SIMを使用する方法についてご紹介します!

 

iPhoneで格安SIMを使う

清純女子 のコピー 2

iPhoneで格安SIMを利用するには大きく分けて以下の2つの方法があります。

  1. 今使っているiPhoneで格安SIMを使用
  2. 新しくiPhoneを購入

それでは詳しく見ていきましょう!

 

現在使っているiPhoneで格安SIMを利用する

0427-1

  • ドコモの場合
  • auの場合
  • ソフトバンクの場合

格安SIMを提供しているMVNOサービスには2種類あり、NTTドコモの回線を使用しているタイプとauの回線を使用しているタイプが存在します。

特筆すべき点は、この2種類の比率をみると圧倒的にNTTドコモ回線を使用しているタイプの方が多いということです。どのキャリアのiPhoneを現在持っているかで対応は大きく異なります。

 

NTTドコモのiPhone

ほとんどの格安SIMがSIMロック解除不要でそのまま利用可能です。

※対応機種型番・iOSについては、各MVNO事業者のサイトにて確認をしてください。

 

auのiPhone

auの回線を利用している格安SIM事業者は現在下記の2社のみです。(*10/9に追記、今現在au回線を利用しているMVNOは4社となりました)

以下の格安SIMであれば、SIMロック解除をせずにそのまま使用することができます。

 

*iPhone 6s、6s Plus、SEの場合はSIMロック解除が可能*

「SIMロックの解除」が義務化された2015年春以降に発売された機種である、iPhone 6s、6s Plus、SEの場合は、購入から180日経過すればSIMロックの解除が可能となります。

 

これによってauの縛りがなくなり、ドコモ回線を使用した格安SIMも利用することができます!

※対応機種型番・iOSについては、各MVNO事業者のサイトにて確認をしてください。

 

ソフトバンクのiPhone

ソフトバンク回線を利用した格安SIM事業者は存在しません。

よって何もせずに現在持っているiPhoneで格安SIMを利用することは不可能です。

 

*iPhone 6s、6s Plus、SEの場合はSIMロック解除が可能*

「SIMロックの解除」が義務化された2015年春以降に発売された機種である、iPhone 6s、6s Plus、SEの場合は、購入から180日経過すればSIMロックの解除が可能となります。

 

これによってソフトバンクのiPhoneでも格安SIMカードを使用することが可能となります!上記の型番よりも古いソフトバンクのiPhoneは、公式に推奨されている方法ではSIMロック解除は不可能で、格安SIMの利用もできません。

※対応機種型番・iOSについては、各MVNO事業者のサイトにて確認をしてください。

 

au・ソフトバンクのSIMロック解除について

au、ソフトバンク共に店頭での手続きは3,000円、インターネット経由での手続きは無料となっています。詳しくは各社ホームページまたはコチラの記事(SIMロックを解除する方法や大手キャリアの条件)を参照してください。

またSIMロック解除については、ファクトリーアンロックやSIMアダプタを利用する方法もありますが、これらは公式に推奨されている方法ではないため、不具合が起きた時に自己責任での対応となるので注意が必要です。

 

新たにiPhoneを購入して格安SIMを利用する

0427-2 のコピー

  • ドコモのiPhoneを購入
  • SIMフリーのiPhoneを購入

新たにiPhoneを買い直すとすれば上記の2つの方法があります。では、実際にどうするのか見ていきましょう。

 

NTTドコモのiPhoneを購入する

上記で説明した通り、格安SIMにはドコモ系列とau系列の2種類があります。

そしてドコモ系列の方が圧倒的に数が多い(ほとんどがドコモ系)ため、大手キャリアでiPhoneを購入するのであれば断然ドコモがおすすめです。SIMロック解除などの作業をせずに、そのまま格安SIMを利用することが可能です。

 

*ドコモiPhone 購入方法*

Amazonや楽天・ヤフオクの場合、新品未使用・中古の両方が販売されています。これは簡単に言うと他の人(個人や業者)が一度購入・契約したドコモiPhoneということです。

注意点としては分割購入の支払いが残っていないか、信頼できる販売者か(購入後の補償内容など)をキチンと見極める必要があります。

▶︎▶︎参考記事:中古スマホを購入して大失敗した話

 

SIMフリーのiPhoneを購入する

はじめからSIMフリーのiPhoneであれば、すべてのMVNO事業者の格安SIMが利用できます。

 

*SIMフリーiPhoneを購入方法*

Apple StoreやApple Online Storeで販売されているiPhone(キャリア端末を除く)はすべてSIMフリーです。

また、海外のAppleサイトや販売サイトから購入することも可能です。iPhoneはグローバル機種のため、ほとんど違いはありませんが、電源コネクタやカメラのシャッター音の有無など一部異なる点があります。

Amazonや楽天などのショッピングサイトでも新品のSIMフリーiPhoneが購入可能です。中古であればオークションなどでも販売されています。

 

Apple StoreやApple Online Storeから購入する場合は別として、その他の購入方法は注意が必要です。偽物や破損品を販売する悪徳業者がいたり、購入後トラブルが発生するリスクもあります。

安く手に入れられることは魅力ですが、注意深く判断してください。

 

ドコモiPhoneとSIMフリーiPhone、何が違うの?

ドコモのiPhoneはSIMロック解除を行わなくても、ほとんどの格安SIMが利用できると説明しましたが、それではドコモのiPhoneとSIMフリーiPhoneは何が異なるのでしょうか。

 

*SIMフリーiPhoneを使う利点とは?*

ズバリ海外で利用出来る点です。海外に出張や旅行などで訪れた際、現地のSIMカードを挿入して利用することができます。

短期滞在ではあまり利用価値がありませんが、ある程度の期間滞在するようであれば現地SIMを利用したほうが安定した通信を割安で使うことができます。

逆に言えば、海外に長期で訪れる機会がなく、日本の中で格安SIMを利用するのであれば、ドコモのiPhoneで十分と言えます。

 

まとめ:案外、今のiPhoneを活用できる

清純女子 のコピー 2

格安SIMをiPhoneで利用するためには、SIMフリーのiPhoneが必要だと思っている方が結構います。しかし、ドコモやauであれば現状のままで格安SIMに乗り換えることが可能なのです。(ソフトバンクの方、ごめんなさい)

スマホの中でも圧倒的な人気を誇るiPhone(日本では)、賢く安く利用したいですね!

▶︎▶︎参考記事:auのiPhone5cでmineoを利用している事例