2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

楽天モバイルで販売されているSIMフリースマホ『SH-RM02』をご存じでしょうか。また、仕様違いのSH-M02という機種が様々なお店(MVNO)で販売されています。

そして「gooのスマホ」g04というSIMフリースマホもまた、ご存じの方がいらっしゃるでしょう。実はこれらの機種は、全てあるスマホを元に作られたバージョン違い的存在なのです。

 

その大元が、今回ご紹介する「AQUOS EVER SH-04G」となります

SH-04GとSH-RM02などの機種の違いはSIMフリーかどうかという点、そしてこの中で唯一、SH-RM02だけがROM32GBで他の機種はどれも16GBです。

つまり、SH-RM02は大元の機種よりも若干スペックが上がっていると言えるでしょう。

 

今回はSH-04Gを入手しましたので、そちらをチェックしていきますが、このレビューを読むことで結果的にSH-RM02やSH-M02、g04に関しても、どのようなものなのか分かるはず。

SH-04Gは、中古だと20000~25000円台と安くで購入できるので、これから格安SIMと共にSIMフリースマホを買おうと思っている方は、ぜひこのレビューをご覧ください。

 

AQUOS EVER SH-04Gを開封!

SH-04G01

 

本体とほぼ同サイズの箱に、SH-04Gは梱包されていました。

 

IMG_2523

 

最近のスマホは箱が立派なものが多いですが、SH-04Gはシンプルにまとまっています。これはこれで、なかなか良いのではないでしょうか。

 

IMG_252tgfgg

 

付属品は必要最低限にまとまっています。なんと本体以外には、説明書しか含まれていません。

つまり、ACアダプターやUSBケーブルを持っていない場合はそれらをあらかじめ用意しておかなければいけないということに注意しておきましょう。

 

IMG_2525

 

本体の右側面にはボタンが2つ(電源と音量)あり、あとはストラップを取り付けられる穴が空いています。

 

IMG_2528

 

左側面にはmicro USB端子があります。この機種は防水ですので、もしもこの端子に多少水が入ってしまったとしても問題ないでしょう。

この機種を元にするSH-M02とよく比較される富士通のarrows M02はこの機種と同様に防水ですが、あちらは端子をキャップでカバーするというものでした。

 

キャップをする必要が無いこちらの方が、この点については勝っているとも考えられますね。

ただしM02はキャップを開けなくても基本的に専用クレードルで充電可能ですので、どちらが勝っているということもないのかもしれません。

 

IMG_2527

 

本体上部には、イヤホンジャックとキャップで覆われたSIMカード、microSDカードスロットが存在します。

ちなみにnano simに対応しています。

 

SH-04Gのホーム画面などをチェック!

Screenshot_2016-06-29-10-42-01

 

SH-04GはSIMフリーではなくdocomoの端末です。そのため、本体を初回起動するとこういったホーム画面が表示されます。

大きく目をひくのは羊のしゃべってコンシェルでしょうか。こちらは正直なところ不要という方が多いでしょう。もちろん設定ですぐに消すことができますよ。

 

Screenshot_2016-06-29-15-18-18

 

Screenshot_2016-06-29-15-18-29

 

既に何本かアプリをインストールしてしまっているのはさておき、SIMフリーモデルだと一切入っていないと思われる、キャリアのアプリがこれでもかと入っていますよね。これがSH-04Gの特徴です。

格安SIMで利用する場合はまず利用しませんので正直邪魔ですが、アンインストールはできません。

 

画面縮小モード

Screenshot_2016-06-29-17-19-22

 

SH-04Gには、独自の機能がたくさん備えられています。例えば画面を縮小して、片手操作をしやすくするのがこちらの画面縮小モードです。

ホームボタンをタップしてから指をそのまま斜め右上に動かすと、このモードが起動します。

 

電車に乗った時など、片手で操作したい場面がありますよね。そういった時にこのモードを活用することができます。

私も試してみましたが、このモードに変更する操作が簡単でわかりやすく、『なかなか良いじゃないか』という評価。

 

ただしSH-04Gは5インチサイズではあるもののiPhone 5より一回り大きい程度の本体であり、それほど大きくはありません。

なので、正直そこまで利用する機会はなさそう。無くても操作に支障がないように感じられました。

 

エコ技設定

Screenshot_2016-06-29-17-17-27

 

この機能は最近よくあるタイプの節約モードですね。とくに特筆すべき点はありませんでした。

 

これは便利!モーションでON/OFF

Screenshot_2016-06-29-17-18-17

 

SH-04Gの独自機能の中で最も便利であると感じられたのは、モーションでON/OFFです。

Sweep ONはスリープ時に画面に指を置いて2~3㎝ほど指を動かせば画面がつくというもので、この機能はオンにしたまま利用しています。

 

SH-04Gは電源ボタンのサイズが小さいので、この機能があることで非常に便利に使用できています。

Shake OFFにつきましては、本体を振ると画面をロックできるというものですが、正直反応がいまいちでした・・。

 

アプリ使用履歴キー

Screenshot_2016-06-29-17-20-00

 

この機種は標準では、通常のAndroidのようなタスク一覧が□ボタンを押しても表示されません。代わりにスクリーンショットの画面下部のようなものが表示されます。

ただし、「アプリ使用履歴キー」の項目から設定を変えれば通常のものにも変えられますよ!

 

Screenshot_2016-06-29-17-20-08

 

これはどちらを選ぶかは好みによると思いますが、今までAndroid端末を利用していた方はやはり設定を変えて通常のものに変更した方が使いやすいでしょう。

 

通知バーの上のコントロールセンター

Screenshot_2016-06-29-17-21-27

 

よく使う設定を画面上からスワイプで呼び出せる、iPhoneにおけるコントロールセンター的な機能はAndroidでも標準搭載されていますが、この端末では独自のものが使われていますね。

 

Screenshot_2016-06-29-17-22-15

 

始めの段階では全てが表示されていますが、カスタマイズから項目を減らすことが可能です。

 

実際に利用してみての感想

若い新米男子 のコピー 2

端末本体に関しては、表面と裏面はなかなか立派です。特に裏面はただの白一色ではなく、ホログラム的な加工がなされています

しかし側面に関してはいかにもプラスチックで安っぽいという印象は否めません。

 

またこの機種は厚さがほぼ1cmということで最近のスマホにしては分厚いのですが、この点につきましてはむしろ厚いために持ちやすいという良い印象に感じられました。

あまりにも小さいと落としてしまいそうになりますが、この機種はしっかりと握れるので落とさないでしょう。なお、裏面はつるつるしているので、傾斜のある場所に置くと100%滑り落ちます

その点、注意してください!

 

この他に本体の構造について利用していて気になった点は、スピーカーがあまり品質が良くないうえに本体の裏面にあるため、動画を見る時にやや音が聞き取りづらいように感じられたことです。

ただしそこを除けば、画面は非常に美しいため動画視聴に関してとくに問題はありませんでした。気になる方はイヤホンをつけると良いでしょう。

 

そして写真が綺麗に撮れることを謳っているのがSH-04Gですが、実際に写真を外で何枚か撮影しました。

 

DSC_0001

 

DSC_0002

 

iPhoneには敵わないですが、そこそこ綺麗です。

スペックがそれほど高くないため3Dゲームなどはうまく動かないことが予想されますが、ネットの閲覧などの用途では特に違和感なく作業を行えました。

 

画面をタップしてもしっかりと問題なく反応します。

弱点もいくつかある端末ではありますが、総合的に判断した結果といたしましては非常に良い端末であると考えられます。

 

とくにサイズの小ささと画面サイズを両立している点が素晴らしいです。5インチの他の機種よりも1cm以上は縦に短いのではないでしょうか。

また、電池の持ちが良い!使っていない時間はほとんどバッテリーを消費しませんので、あまり利用しない方は2日以上は充電しなくても問題ないでしょう。

 

SIMフリーモデルはさらにおすすめと考えられる

若い新米男子 のコピー 2

この機種を元にSIMフリーにカスタマイズされたのが、SH-M02やRM02、g04といった端末です。

SH-04Gには、ドコモで販売されているため消せないアプリがたくさんあるという欠点があります。しかし、SIMフリーモデルにはそういったものが入っていませんので、使用できるROMの容量も多く使い勝手が良くなっていることが予想されます。

 

SIMフリーモデルの後継機はSH-M03

さて、2016年7月には、これらの機種の後継機的存在であるSH-M03も発売されます

カメラは光学手ぶれ補正がパワーアップ、バッテリーもさらに強化。さらにワンセグにも対応し、厚みも9.7mmから8.9mmと薄くなっています。

 

ただし、画面サイズは5.0インチではなく4.7インチとなっているようです。

画面サイズが大きい端末を利用したいということであれば、まだまだSH-04G系統の機種は選択肢に入るということですね。

SH-M03とSH-04G、どちらが良いかじっくりと検討してみてはいかがでしょうか。

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

なんかDTIが弾けてますね。いや、というのも4月4日から今日の6月30日までのキャンペーン内容が業界で類を見ないヤバ過ぎる内容なんですよ。すごいよ、これ。

紹介が遅れて申し訳ないんだけど、DTIを狙ってた人は今日申込んだ方がいいかもしれませんね。お得過ぎる!(ただ音声通話機能付きSIMの場合はちょっと待った!)

参考記事:DTI SIMのお得過ぎるキャンペーンをチェック!

 

では、さっそくそのキャンペーン内容を見て行きましょう!!

・・っとその前に、簡単にDTI SIMの料金をみておきましょう。

 

DTI SIMとは?料金はめっちゃ安い!

仕事できない男子 のコピー 2

では簡単にDTI SIMの月額料金を見ておきます。ちなみにですが、今まで格安SIM業界で最も安いとされてきたDMM mobileの料金より10円だけ少なっています。(3GBの場合)

つまりこれによってDTI SIMが格安SIM業界で最も安い月々料金を設定している会社となります。なんか10円だけ安くしているところが狙ってる感満々だよね。笑

スクリーンショット 2016-06-30 14.08.40

ガッツリ調査してみるとこうなりました。DMM mobileと抜きつ抜かれつという感じですね。ただ、一番人気のあるデータ通信容量である3GBの部分で10円勝っているDTI SIMに軍配が上がりそうです。

しかしこの価格はキャンペーン中に限ってかもしれないので、そこら辺注意してくださいね。

 

そして私がもっとも気になったのはDTI SIMの『データ通信容量無制限』というプラン。DMM mobileでは無制限プランがないので最大の20GBと比較させていただきましたが、あまりにも”差”がありますよね。

これって一体どういうことよ?って思いませんかぁ。

 

だって20GBよりも多い『無制限』で業界最安値クラスのDMM mobileさんより半額近く安いんですからね。マジでどういうこと?ってなります。

ただね、無制限プランが珍しいってわけではありません。例えばwimaxで有名なUQ moeileにも無制限プランってのが存在します。

 

ちなみにこのUQ mobileの無制限プランの月額料金は1980円(データ通信専用SIM)と、なんとDTI SIMよりも安いです。笑 じゃあ単にDMM mobileが割高なだけ?って思われますよね。

・・しかし、そういうことでもないのです。(すみません、わかりにくくて)

 

このUQ mobileの無制限プランってのにはきちんとしたカラクリがあって、データ通信容量は無制限であるものの、通信速度がたった500Kbpsに抑えられる、というものです。(通信速度の目安が分からない方←)

こういったカラクリがあってこそ「無制限」で、なおかつ「月額料金を安く」できるわけ。

 

なのでDTI SIMも恐らく(恐らくですよ!みなさん、私はまだ試してないからね!!)、そういった低速などのカラクリがあっての無制限であの料金なんだと・・。

DTI SIMに問い合わせたところ、無制限プランのリリース時期に帯域をたくさん買い込んだことで、データ通信容量の無制限が実現できており「制限」がかかることはまずないのだとか。

ただ一部ユーザーから繋がりが悪くなる時間帯がある!との指摘も。

 

まあ、ここら辺は格安SIMアドバイザーとして曖昧なことは言えないので後日契約してスピードテストを行うので乞うご期待!

 

お得な電話(通話)使い放題というプラン・・

そしてDTIの料金についての紹介は『まだ』です。というのもDTIには使い放題プランというものが存在します。

先ほど説明した無制限プラン(データ通信容量)がまさにその使い放題プランなのですが、もう一つ、格安SIMには大変珍しい「電話かけ放題のプラン」があるのです。

 

ただこれに関してはそこまで使えるものではないかなぁと個人的に思っています。まっとりあえず内容を先に説明しますね。その内容とは・・。

  • 780円(月々)
  • 5分以内ならかけ放題
  • 専用アプリがいらない

こういったものです。つまりオプションで月々780円をプラスで支払うことで、5分以内の通話がかけ放題となるサービスです。

 

なんかSoftBankのホワイトプラン(過去にあったプラン)と非常に似たプランですが、電話をよくする人なら便利なの・・?かな・・?

っていうのも5分以内なら正直LINEなどのアプリ通話で十分だと思うし、ヘビー通話ユーザーの願いを叶えたというほどではないのかなぁって思うんよね。

 

あとは皆さんがどう判断するかなので安い!便利!と思う方はオプションを追加すればいいし、そうじゃない人はいらないんじゃない?って感じです。

というか使い放題プラン!かけ放題プラン!っていうのには少し語弊があるように思えますが・・。

 

6月30日までのお得過ぎるキャンペーン内容

仕事できない男子 のコピー 2

マジで申し訳ないんだけど、今日までのキャンペーンなんだよね。なんで今日終わりのキャンペーンを今日紹介すんだよ!って気持ちは十分わかります。笑 ごめん。

でもDTI SIMには”通信速度”など、まだ分からない部分がたくさんあるので、キャンペーンだから!と、勢いで契約してしまうのは良くないと思いますよ!

 

特に音声通話機能付きSIMに契約する場合ね!理由は音声通話機能付きSIMの場合には最低利用期間というものが設けられていて、例えばDTI SIMでは12ヵ月間です!

この期間を過ぎないうちに契約を解除した場合は9800円の解約料を取られます。つまり、お得だ!って調子乗って契約をしたものの全く使えなかった場合にも解約できずに月々の料金を払わなくてはならないのです。

 

こんなの嫌だよね?だから音声通話機能付きSIMを選ぼうと思っていた方はとりあえず今日のキャンペーンは見逃した方が賢明です。

どうせ7月になってもキャンペーンを打つと思う(今回のようなヤバ過ぎるキャンペーンはないと思うが・・)ので、その時に契約しましょう。

 

っで、データ通信専用SIMを考えていた方は、もうこの期間に契約しちゃってください。これはマジで急いで今日中に契約するようにしましょう。

なぜそんなに焦らすのかというと・・以下で説明しよう。

 

仕事できない男子 のコピー 2

  • 3GB(データ)840円→半年間無料
  • 3GB(音声) 1490円→半年間無料
  • 無制限(データ)2200円→1220円
  • 無制限(音声) 2900円→1920円

今回のキャンペーンはこういったものです。わ、わかりますか?このお得具合。笑

正直、笑ってしまうほどお得ですし、各MVNO(格安SIM)の動向を長らく観測していますが、こんなキャンペーンを打ち出したのはDTI SIMくらいです。

 

だって半年間無料とか、たぶん潰れる勢いじゃないですか?まあ、DTIって光回線などの固定回線などにも手を伸ばしているので資金が豊富にあるんだと思いますが、それでも半年無料はスゴ過ぎる。

ただ何回も言いますが、この機会だ!と狙って音声通話機能付きSIMに契約するのは少し軽卒だと思いますよ。まだ浸透していない格安SIMですからね、通信速度などが全く表に出ていません。

 

ただデータ通信専用SIMで考えている場合は、最低利用期間などが一切設けられていないので、この期間に申込まないと本当に”損”をしますよ。これは絶対!

参考記事:今すぐDTI SIMの公式サイトをチェック!

 

だってもしダメだったとしても半年以内に解約すればいいだけなので、その際にかかるお金が0円だということを考えればやるしかないでしょ。リスクなし。

実質かかってくるお金は最初の事務手数料3000円だけなので、月々3000÷6の500円でDTI SIMを使うことができると思うとね、ね?わかるでしょ。

 

蛇足!MVNO(格安SIM会社)が潰れたらどうなる!?

仕事できない男子 のコピー 2

そしてめちゃくちゃ蛇足ですが、もしもMVNO(格安SIMの会社)が潰れた場合はどうなるのかを説明しておきましょう。(DTIが潰れるとか言ってるわけではありません)

普通、会社が潰れると事業などが一切停止になるので、それを利用している人たちもサービスを受けられなくなります。もしその場合に預けているお金などがあればそれは返ってきません。

だから銀行などが潰れた場合はヤバいってよく言うよね。

 

ただ格安SIMの場合は月々使う分だけ事前に支払うという形になるので、潰れたからって損という損はないでしょう。また違うMVNOに乗り換えればいいだけの話です。

そして仮に潰れたといっても他の資金力のあるMVNOが吸収し、事業が続くという形になると思われます。なのであまり聞いたことのない会社だから・・と心配する必要は本当はありません。

 

ちなみにですが、各MVNOの中で資金力のある会社は楽天やDMMやmineo(ケイ・オプティコム)などになります。中でも楽天が格安SIMサービスを出している会社では最も大きいですね。

まっ蛇足ですが念のために!笑

 

まとめ:検証の必要があるが、データ通信専用は契約を急げ!

仕事できない男子 のコピー 2

キャンペーン内容は類を見ないほどの『お得』です。これは事実なので、ほとんどリスクのないデータ通信専用SIMを考えている方は今すぐの契約を急いでください

参考記事:DTI SIMで半年間無料契約をする方はコチラ

 

そして一定のリスク(解約料)を持つ、音声通話機能付きSIMをお考えの方は私たちの通信速度レビューが発表されてからで遅くないと思います。

なのでここで慌てて契約するのは正しい判断ではありません。7月・8月ともに目新しいお得なキャンペーンを打ち出してくれるはずなのでしばしお待ちを。

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

IIJmioは、MVNOの中でも最大手として数えられる存在です。そのため、契約を検討しているという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事ではそんな方のために、IIJmioを実際に利用してみた感想をお話ししていきます。届いてからだいたい1週間程度利用しました。それでは、早速スピードテストの結果を報告しましょう。

 

▶︎▶︎公式サイト:IIJmio SMS機能付きSIM 3GB 1,040円

 

IIJmioのSIMでスピードテストをしてみた!

仕事ができる男子 のコピー 2

まずはこの画像をご覧ください。IIJmioのSIMカードを設定した端末(arrows M02)において、スピードテストを行った結果がこちらとなります。

iijoiospeed

こちらの画像では主に午後と夜が中心となっていますが、どの時間帯もかなり高速ですよね。私は岐阜市に住んでいるのですが、IIJmioはいつの時間も非常に高速かつ快適に利用できています。

今まで様々な格安SIMを利用してきましたが、正直言って格安SIMにおいてここまで快適に利用できたのは初めてです。本当に驚きました。

 

この画像において最も低速なのは27日の19:13分です。しかし、これでもなお下り8.21Mbpsという数値を記録しています。

2~3Mbpsやあるいは1Mbps以下になってもおかしくないような時間帯であっても5Mbps以上を常に保っているのが、IIJmioの恐ろしさです。続いて、もう一枚画像をご覧ください。

Screenshot_2016-06-28-08-34-16

上の二つが、一枚目の後に計測したものになります。

深夜はMVNOにおいて混雑が解消される時間帯。そのためどの格安SIMにおいても基本的に速度は速くなるのですが、それはIIJmioにおいても同様でした。

 

夜に自由な時間が多い方であれば、IIJmioはほとんど固定回線と変わらないような体感速度で利用できます

下りについては常にかなりの速さであるIIJmioですが、上りは平均でだいたい2.8前後といったところでしょうか。Twitterに画像を投稿するなどしてみましたが、特に違和感なく行うことができました。

 

というように、ここまでべた褒めしてきたIIJmioですが、あくまでも岐阜での計測結果であるということはお伝えしておかなければいけません。

人が多く格安SIMの利用者も多いことが予想される東京都よりも回線の混雑が少ないため、このような驚異的スピードを維持できているという可能性もあります。

 

しかしこのことを踏まえると、docomoのLTE回線で問題なく通信が行える場所で、なおかつ回線が混雑しづらいような地域であれば、IIJmioの回線はキャリアとほとんど変わらないような体感速度で利用できるということにもなりますね。

 

IIJmioのクーポンスイッチはシンプルすぎる

仕事ができる男子 のコピー 2

こちらはIIJmioの高速通信と節約モードの切り替えを行うことができるクーポンスイッチというアプリです。通称みおぽんと呼ばれています。

iijapp

このアプリはmineoなどに較べるととにかくシンプル。電話番号とデータ通信の残量が左側に表示され、右側にはスイッチがあるのみです。

アプリは特に問題なく利用できますが、mineoなどのように具体的にどのくらい残っているのか一目でわかるような作りになっていないことはやや不満がありますね。

IMG_2513

こちらの画像をご覧ください。これはmineoのアプリなのですが、見ての通りメーターと大きな使用量や残容量の数字ですぐに情報がわかりますよね。

 

高速通信のオン・オフも、mineoのアプリの方がボタンが大きくてわかりやすいです。

IIJmioは速度については何の問題もなく快適に利用できますが、こういったアプリの使い勝手などに関してはmineoやDMM mobileなどに劣っているように感じられました。

▶︎▶︎参考記事:mineoの基本情報や使い勝手などを解説!9ヵ月使っています

 

ちなみに、DMM mobileのアプリもmineoと同じような画面構成になっています。

DMM mobileのMVNE(回線設備などを提供している会社)はIIJmioの大元であるIIJなのですが、アプリに関しては本家よりその分家的存在であるDMM mobileのほうが完成度が高いという変わった状況になってしまっているのが悲しいですね。

IIJmioにはほとんど不満はありませんが、ここだけはなんとかして欲しいと感じました。

 

IIJmioの会員専用ページはわかりやすい

仕事ができる男子 のコピー 2

IIJmioの会員専用ページはアプリと同様にとてもシンプルです。ちょっと殺風景ですが、この会員専用ページに関してはデメリットにはなっていません。

IIJmioの会員専用ページの素晴らしい点は、見やすくわかりやすいことです。

 

「SIMサービスご契約の方」「モバイルオプションについて」といったように、それぞれに関する手続きは囲われていてどこを探せば良いのかが一目でわかります。

それに比較的行う機会が多いと考えられる契約者情報の変更の項目は太字で書かれていて見やすくなっています。

 

とくに「サービスのご解約」が単独の項目として他と同じサイズで並んでいるのはすごいと感じました。

大手キャリアのサイトはとにかく情報がわかりづらく、特に解約に関連する情報は何度も引き留めのページを経由する迷路のような構造になっていますよね。

 

IIJmioではそれが普通に誰でも一目でわかるような大きさで並んでいます。これはどういうことかというと、それだけサービスに自信を持っているということに繋がるのではないでしょうか。

去る者は拒まないけれど去ろうと思わないはず、という自身と誇りが、会員専用ページからは感じられました。

オプションの解約も追加の隣に配置されていますし、こういった手続きにおけるストレスを感じさせない心遣いが魅力的です。

 

節約モードは思ったよりも使える

仕事ができる男子 のコピー 2

IIJmioの節約モードは、200kbpsという低速回線である代わりに月間の使用量が無制限になるというものです。これはDMM mobileやmineoなどのその他のMVNOでも広く採用されている機能ですね。

ブラウザでは、グーグル検索の検索結果から見たいサイトを開くのにややもたつきます。また、画像の多いサイトですとほぼ無理です。

▶︎▶︎参考記事:快適にスマホを使えるにはどれくらいの通信速度が必要!?

 

明らかに画像などが多く、重いサイトの場合は一つのページを開くのにだいたい1分近くかかってしまいます。

そのため、低速回線での閲覧には向いていないと感じました。ただし一度開いてしまえば当たり前ですが快適に閲覧できますので、我慢強い方ならば低速回線のままでもいけるかもしれません。

 

Google検索をして検索結果を表示する程度であれば、比較的高速回線と変わらない速度で表示されました。ただし1ページ目に表示される画像の検索結果一覧は少しゆっくりと表示されていきます。

これは「バースト機能」によるものでしょう。一定量のデータを高速で読み込むバースト機能がIIJmioの低速回線には備えられています。

 

そのため、バースト機能で読み込むことができる範囲内であればサイトを違和感ないスピードで表示できるということになりますね。

LINEも利用してみましたが、メッセージのやりとりは普段と何ら変わりありませんでした。ただし、画像を送る時はかなりゆっくりと送信されました。

画像の送信速度は遅いのですが、こちらは重いサイトを読み込むときほどはストレスを感じませんでしたので、許容範囲だと感じました。

 

まとめ:IIJmioは迷ったらこれ!という格安SIM

仕事ができる男子 のコピー 2

IIJmioを利用して感じたことは、迷った時に選ぶべき選択肢であるMVNO(格安SIM)だということです。

格安SIMはたくさんあり、日に日に選択肢が増えていっていますよね。どれを選べば良いかわからなくなってしまいます。そんなときは、IIJmioを契約すれば間違いはありません。

 

IIJmioを利用して満足すればそれでOKですし、もしもサービス面などに不満を感じたら他のMVNOにそれを補える機能を備えたものがないか探してみると良いでしょう。

速度面では心配ありませんし、もしも今後遅くなったとしても大手であるため回線設備の増強によってそれが改善される可能性は非常に高いです。

ぜひ、IIJmioの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

IIJmioの公式サイトを覗いてみる!?

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

どこからがヘビーユーザーの部類に入るのか分かりませんが、10GBものデータ通信容量を要するのは確実にヘビーユーザーでしょう。しかし案外通信データを消費してしまうもので・・。

例えば、開発関連で大きなファイルを送受信したり、外出先でソーシャルゲーム等を毎日していたり、YouTube等で動画を大量に視聴していたり・・と、こういうことをすれば10GBなんて一瞬です。

 

こういった場合、以前までの大手キャリアでの契約だと通信制限を食らっていました。通信制限を食らうと通信速度が低速に変わるので本当何も使えなくなるんですよね。

しかし、格安SIMでは自分で通信容量を選択して契約が出来るので、自分に合ったプランが選べるようになり、ヘビーユーザーの方でも通信制限を受ける機会が減ります。

 

今回はそんな大容量10GBものデータ容量が必要という方のために、データ通信容量10GBでおすすめの格安SIM9つを紹介します。ヘビーユーザーは要チェックですよ。

ちなみに毎日動画を見る、WEBサービスにアクセスする、といった人でお家に固定回線を引いていない場合はだいたい1日1GBを消費していると思ってください。

 

どうですか?あなたもヘビーユーザーでしょ?

▶︎▶︎参考記事:何にどれくらいのデータ容量が使われているのかを紹介!

 

IIJmio

仕事ができる男子 のコピー 2

IIJmioは株式会社インターネットイニシアティブが提供している通信サービスです。MVNO(格安SIM)の中でも比較的知名度が高く、メジャーな部類に入ります。

スクリーンショット 2016-06-27 11.37.10

IIJmioの公式サイトはコチラ

 

IIJmioで10GB通信できるプラン

プラン名月額料金
ファミリーシェアプラン(データ通信専用)2560円
ファミリーシェアプラン(音声通話機能付き)3260円

▶︎▶︎参考記事:IIJmio SMS機能付きSIM 3GB 1,040円

 

ファミリーシェアプランはSIMを最大10枚まで貰うことができ、例えば4枚貰った場合はこの4枚で10GBが山分けされるといった仕組みになっています。

もちろん一枚でも使用可能です。ちなみに、音声通話機能付きのSIMは「みおふぉん」といった愛称で親しまれていますね。

 

IIJmioの特徴

高速通信のON/OFF切り替え

正確には「クーポンのON/OFF切り替え」といった機能のことです。簡単に言うとiijmioでは高速通信の事を「クーポン」と呼んでいます。

この機能を使用すると、高速通信を任意で有効にしたり無効にしたり出来ます。

 

スマートフォンを使っていて、「今は高速通信しなくてもいいんじゃないかな」といった場合があるなら、この機能を使い、高速通信を無効にしてしまえば通信容量を保ったまま低速通信が出来るようになります。

もちろん、OFFで低速通信時は高速通信の容量が使われないので、上手にデータ容量を節約できれば「高速通信にしたいのにもう制限がかかってる!」なんてことが無くなりますね。

 

みおふぉんダイアル専用アプリ

 AndroidとiOSに提供されているみおふぉんダイアル専用アプリといった物があります。このアプリを使い、電話を掛けると誰にかけても通話料が半額になるというものです。

なお、このアプリが無くても電話番号の先頭に特定のプレフィックス番号をつけて掛けても半額になりますよ。

格安SIMは大手キャリアに比べて基本料金が安くなるものの、電話代が高くなるのがネックでした。その点、このIIJmioは専用アプリがあるので普段から通話する方にもおすすめです。

 

ファミリー通話割引

「ファミリーシェアプラン」で契約した場合、一緒に契約している家族のスマートフォンに電話をかけた場合や、同じ契約者名義との間で通話する場合に20%割引されるというシステムです。

こちらも通話をする方に向けたサービスです。こういうのから見るにIIJmioは10GBもの大量のデータを要する&電話もそこそこという方におすすめということが分かります。

 

楽天モバイル

仕事ができる男子 のコピー 2

ご存知『楽天』が運営しているMVNO(格安SIM)の通信サービスです。最近、サッカー日本代表の本田選手がCMに出ていたことで知名度が爆発的に増えました。

また料金設定やプラン内容の評判が非常に高く、私個人も各MVNOの中でトップクラスに評価しています。(ちなみに1番は今のところmineoです)

スクリーンショット 2016-06-27 11.46.04

楽天モバイルの公式サイトはコチラ

 

楽天モバイルで10GB通信できるプラン

プラン名月額料金
データ通信専用SIM2260円
音声通話機能付き2960円

 

楽天モバイルの特徴

端末の取り扱いが幅広い

格安SIMの場合は基本的にSIM(回線)のみを契約し、スマホはご自身で用意することが多いのですが、それだと難しくてわからない・・という方がいます。

そういった方に向けてスマホとSIMを同時に購入できるセットサービスを出しているMVNOがあるのですが、楽天モバイルもまさにその一つです。

 

そして、こういったスマホとセットで売る場合のスマホの端末種類というのはごくごく少数であまり選べない・・、というMVNOが多い中、楽天モバイルは違います。

とにかくセット販売でのSIMフリースマートフォンの取り扱い端末が多いのです!

 

取り扱い端末は以下となります。

  • P9、P9 lite
  • Zenfone Go
  • AQUOS SH-RM02
  • arrows RM02
  • VAIO Phone Biz
  • Desire 626
  • Liquid z330
  • honor6 Plus
  • Mate S
  • Xperia J1 Compact
  • Zenfone 2 Laser
  • Zenfone Selfie
  • Zenfone 2

と圧倒的な有名どころのラインナップとなっています。数が多いだけでなく、人気が高く需要のあるSIMフリースマホを置いている点がいいですね。

 

楽天スーパーポイントが貯まりやすい

楽天モバイルで契約すると、運営が楽天なので「楽天スーパーポイント」が貯まるようになっています。ちなみに月々料金100円につき1ポイントがもらえるシステムと買い物時と変わらぬ高い還元率です。

しかし、この計算は事務手数料や端末費用は除き『通信料』のみに適用されるので注意してください。つまり毎月平均的に13~30ポイントほどもらえる計算になってるんですね。

 

私とかそうですが、楽天スーパーポイントを貯めている人は多いと思いますし、楽天クレジットカードを所有しているという方も多いでしょう。

そういう方は『得』すること間違いありません。

 

Wi-Fiスポットが使える

楽天モバイルで契約すると「楽天モバイル WiFi by エコネクト」というオプションサービスが月額362円で使用できるようになっています。

これを使うことにより「WI2」、「BBモバイルポイント」の二種類のWi-Fiスポットが利用可能となるのです。

 

Wi-Fiスポットを使うことにより、高速通信量を抑えることが可能なので、そもそも10GBものデータ通信量で契約する必要があるのか?という疑問が出来てきますが・・。

そこは月額362円と10GBの料金2960円(音声通話機能付きSIM)と比較して決めましょう。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルの詳細を!より詳しく書いています

 

DMM mobile

仕事ができる男子 のコピー 2

DMM mobileは株式会社DMM.comが提供しているMVNO(格安SIM)の通信サービスです。

DMM mobileではMVNE(MVNO、つまり格安SIMサービスを出している会社を支援している会社)がIIJのため機能的にIIJと似ています。

そしてDMM mobileも映像サービスや証券事業など他の事業で有名なDMM.comが運営しているため知名度は比較的高いでしょう。

スクリーンショット 2016-06-27 11.51.10

DMM mobileの公式サイトはコチラ

 

DMM mobileで10GB通信出来るプラン

プラン名月額料金
データ通信専用SIMプラン 10GB2190円
データ通信専用SIMプラン 15GB3600円
データ通信専用SIMプラン 20GB4980円
音声通話機能付きSIMプラン 10GB2890円
音声通話機能付きSIMプラン 15GB4300円
音声通話機能付きSIMプラン 20GB5980円

 

これらの10GBプランを最大3枚までSIMカードで山分け出来ます。ちなみにですが、この「データSIMプラン 10GB」は他社と比較した場合、1GBあたりの値段が1番安くなっています。

つまり安さで選ぶならDMM mobileではないでしょうか。

 

DMM mobileの特徴

とにかく料金が安い

DMM mobileは「業界最安値に挑戦」といった謳い文句を掲げており、全体的に見ても他社と比べても圧倒的な安さになっています。

そして10GBプラン以外にも様々なプランが用意されており、どんなシチュエーションで使おうとも料金的に他のMVNOと比べて”損”をすることはないでしょう。それくらい安い!

 

かと言って通信が繋がらない!といった不具合や不満があるわけでなく、高速通信時の最大速度は375Mbpsと格安SIMの中でも速い方です。

体感速度はこれとはまた少し変わってくるものの「安かろう悪かろう」ということは考えにくいです。なので非常におすすめの格安SIMですね。

 

バースト機能

IIJmioにも似たような機能がありますが、高速通信を使い切ってしまった時などは低速通信になってしまい、遅すぎてイライラする場合がありますよね。

しかし、このバースト機能は通信の最初の数秒間、最大300Mbps(低速通信時は最大200kbps)が出るようになっており、テキストだけのWebサイトなどをストレスなく閲覧出来るようになっています。

 

DMMトーク

DMMトークは音声通話の通話料金を半額に出来るアプリで、IIJmioの「みおふぉんダイヤル」とほぼ同じ機能ですね。なので通話をしたい方にも便利と言えます。

 

DMMポイントでの割引還元

これは毎月の請求額の10%が『DMMポイント』で還元されるというものです。このポイントはDMMの様々なサービスで使用することができるので、普段からDMMを使用している方におすすめです。

ちなみにですが、このポイントはDMM特有のR18コンテンツにも使えるので、男性諸君にとって最もおすすめの格安SIMと言えるかもしれませんね。笑

 

FREETEL SIM

仕事ができる男子 のコピー 2

FREETEL SIMはプラスワン・マーケティング株式会社が提供しているMVNO(格安SIM)の通信サービスです。最近ものすごく業績を伸ばしている会社ですね。

またFREETELと聞くとSIMフリースマートフォン本体を作っている会社を思い浮かべますが、通信事業もやっています。つまり同時購入ができる初心者向け格安SIMです。

スクリーンショット 2016-06-27 11.54.47

FREETEL SIMの公式サイトはコチラ

 

FREETEL SIMの10GB通信できるプラン

プラン名月額料金
使った分だけ安心プラン データ専用299円~2417円
使った分だけ安心プラン 音声通話付999円~3170円
定額プラン データ専用 10GB2470円
定額プラン データ専用 20GB4870円
定額プラン 音声通話付 10GB3170円
定額プラン 音声通話付 20GB5570円

 

「使った分だけ安心プラン」はその名の通り、使った分だけ料金が請求されるプランです。

100MBの場合は299円(音声通話機能付きの場合は900円)でそこから通信すればするほど増えていくプランとなり、最高が10GBの金額となります。

 

使った分だけ安心プランの場合、鼻から10GBを使おうと思っている方以外は契約しない方がいいです。理由は知らない間に大量の通信データを使ってしまい多額の請求を受ける可能性があるからです。

また使った分だけプランで10GBを超えた場合は200Kbpsの低速(通信制限)になります。

 

FREETEL SIMの特徴

最短当日発送

サイトから申し込んだ際、最短の当日に発送してくれます。もちろん遠い場所だったり、申し込みが多い時は遅くなりますが、すぐにSIMが使えるようになるのは嬉しいですよね。

 

自社ブランドのSIMフリースマートフォンが充実

FREETEL SIMはSIMフリースマートフォンも作っているので、セット販売の種類も豊富にラインナップされています。

スマホと別々で購入した場合にはネットワーク設定などをする必要があり、初心者には少しハードルが上がってしまうのですが、FREETEL SIMはその点、大手キャリアと同じく始めからスマホの回線設定を行ってくれます。(SIMとスマホの同時購入の場合)

 

LINEなどの一部通信料が無料に!

LINEトーク、WhatsApp、WeChatなどのテキストメッセージ、画像、絵文字、スタンプの通信について、パケット通信料が無料になるようになっています。

データ通信は思わぬところで食ってしまうものなので、こういったところで節約できるのはヘビーユーザーにとってもいいですよね。

 

FREETELでんわ

オプションメニューで「1分間かけ放題」と「2分間かけ放題」があり「1分間かけ放題」は399円、「5分間かけ放題」が840円となっています。

これを利用すると1分かけ放題なら最初の1分、5分かけ放題なら最初の5分の通話料が無料になるといったシステムです。このような『かけ放題』サービスはMVNOには珍しいですね。

 

そして、このかけ放題で定められた1分間と5分間の時間を超えた場合であっても、何と通話料が半額になるのでIIJimioよりも通話対策に優れていると考えられます。

こういった部分が最近業績が伸びている証拠なのでしょうね。FREETEL SIMおすすめですよ!

 

NifMo

仕事ができる男子 のコピー 2

NifMoはニフティ株式会社が提供しているMVNO通信サービスです。あの@niftyを運営しているニフティ株式会社なのですが、今のところ一番知名度がありません。笑

しかしniftyは昔からプロバイダー等を運営しているのでそれらを使った確かな品質が見込めますよ。

スクリーンショット 2016-06-27 12.00.57

NifMoの公式サイトはコチラ

 

NifMoで10GB通信できるプラン

プラン名月額料金
データ通信専用 10GBプラン2800円
音声通話機能付き 10GBプラン3500円

 

NifMoの特徴

機器セット割

SIMフリースマートフォンとSIMカードをセットで購入する「NifMoスマホセット」を申し込んだ場合に適用される割引です。

この割引はデータ通信プランの月額料金から200円を24ヶ月間自動で割引してくれるといったものです。スマホと同時購入の場合、分割払いにすることが多いことからこの割引は助かりますね。

 

NifMo バリュープログラム

多数のショッピングサイトと提携しており、そのショッピングサイトで専用アプリを経由し、買い物をするとその金額に応じてNifMoの月額料金から割引還元されるというサービスになっています。

Androidでは専用アプリで、iOSでは専用のWebサイトで利用できますよ。

 

公衆Wi-Fiサービスが無料

普通はオプションサービスなどで追加料金を払わなければ使えない公衆Wi-Fiが無料で使えるようになっています。使える公衆Wi-Fiは「BBモバイルポイント」です。

ということはデータ通信容量の節約ができるということです。ヘビーユーザーには大助かりですね。

 

NifMoでんわ

こちらはIP電話によるかけ放題サービスです。プランが2種類あり「国内かけ放題プラン」と「国内+海外かけ放題プラン」となっています。

料金はそれぞれ国内かけ放題が月額1300円、+海外かけ放題が2700円となります。

 

名前の通り「国内かけ放題プラン」では日本国内の固定電話及び携帯電話、「国内+海外かけ放題プラン」は日本国内の固定電話と携帯電話に加えて特定の国への固定電話・携帯電話への通話が可能になっています。

かけ放題ということで通話時間に制限はなく、通話料金もかかりませんが、IP電話なので少し遅延が生じたり、データ容量を使用するといったことがあります。

若干、料金が高い気もしますが完全無制限のかけ放題というのはなかなか見かけないので、毎日電話をする勢いで大手キャリアから離脱したい人にはおすすめできますね。

 

mineo

仕事ができる男子 のコピー 2

CMで一番の有名所、また顧客満足度NO.1のmineo(マイネオ)はケイ・オプティコム社という会社が提供しているMVNO(格安SIM)の通信サービスです。

本当最近になってどんどん知名度を伸ばしているように感じますし、メジャーMVNOを仲間入りを果たしていますね。勢いが止まるように思えません・・。

またmineoはdocomo回線とau回線の両方を用意している特殊なMVNO(格安SIM)で、au回線を使いたい場合で10GBの通信量が必要なのであればmineoが唯一の選択肢になります。

スクリーンショット 2016-06-27 12.05.04

mineoの公式サイトはコチラ

 

mineoで10GB通信できるプラン

プラン名月額料金
ドコモ シングルタイプ 10GB2250円
ドコモ デュアルタイプ 10GB3220円
auシングルタイプ 10GB2520円
au デュアルタイプ 10GB3130円

 

mineo(マイネオ)の場合はデータ通信専用SIMと音声通話機能付きSIMの呼び名が他と違っており、データ通信専用SIMをシングルタイプ、音声通話機能付きSIMをデュアルタイプと言います。

 

mineoの特徴

docomo回線とau回線を選べる

冒頭で述べた通りmineoはdocomo(Dプラン)とau(Aプラン)の2種類から選べる珍しいMVNO(格安SIM)です。

そして所々両者で変わっており、docomo回線のDプランではSMS機能が月額120円のオプションサービスとなっていますが、au回線のAプランでは標準機能となっています。

ちなみにdocomo回線のDプランであっても音声通話機能付きSIM(デュアルタイプ)の場合は標準機能でSMS機能が付いていますよ。

 

そして気になる通信速度はdocomo回線のDプランが225MbpsでauのAプランが150Mbpsとなっているのでdocomoの方が数値上は速くなっています。

しかしauプランの回線は800MHz帯域(プラチナバンド)のカバー率が高く(99%)、実効速度ではauプランのほうが有利だと考えられますね。(体感速度のことです)

また私はmineoも契約済(というか一番支持すのが、このmieno!)なのですが体感速度が大変速いです。つまり、めちゃくちゃおすすめできるのでドコモ・au問わず契約しちゃいましょう。

 

一応念のために言っておくとau回線を持つMVNOはmineoだけでなくUQ mobileもau回線を持っています。

しかし、プランが3GBまたは無制限しかないので、今回の10GBの趣旨から外れてしまい割愛とさせていただきました。どっちみちmineoの方がおすすめなんですがね・・。

 

データ容量を共有できる

「パケットシェア」といって住所と契約者が一致している場合に適用できる機能があり、これを使うことによって最大5回線のデータ容量を共有することが出来ます。

もしも個人で10GBものデータ容量を使わなくとも複数人で分けて使えますし、余った分は翌月に繰り越せるので大変便利ですよ。

 

IP電話の基本料金が無料

mineoを運営しているケイ・オプティコム社のIP電話サービスである「LaLa Call」を全てのプランで月額基本料無料で使用することが出来ます。

つまり通話代金がかからないということですね、こういった部分で人気があるのでしょう。

 

「家族割」や「複数回線割」

「複数回線割」は1人で複数の端末を使うという方向けの割引で、1回線あたり50円の割引を適用できます。そして最大5回線まで適用可能です。

また「家族割」は契約者の3親等までであればどこに住んでいても適用できる割引です。こちらも1回線あたり50円割引になっており、最大5回線まで適用可能です。

 

BIGLOBE SIM

仕事ができる男子 のコピー 2

通話サービスで有名なBIGLOBE SIMはビッグローブ社が運営するMVNOの通信サービスです。知名度はそこそこあるもののあまり口コミ等を聞きません。

通話サービスが優れているので、通話代を危惧して大手キャリアから乗り換えれない人の非常におすすめなのですが・・・。

スクリーンショット 2016-06-27 12.11.00

BIGLOBE SIMの公式サイトはコチラ

 

BIGLOBE SIMで10GB通信できるプラン

プラン名月額料金
12ギガプラン2700円
12ギガプラン(音声SIM)3400円

▶︎▶︎参考記事:BIGLOBE SIMなら900円(税別)/月~ 

 

若干のルール違反ですがお許しください。BIGLOBE SIMには10GBちょっきしのプランはなく少し料金の容量の上がった12GBのプランの紹介となります。

10GBではちょっと足りない・・・といった方にぴったりなプランで、1GBあたりの料金もまあまあ安いです。

 

BIGLOBE SIMの特徴

(上位プランなら)公衆Wi-Fiが無料で使える

「BBモバイルポイント」、「Secured Wi-Fi」、「Do Spot」の三種類が使えるようになっています。

これは「12ギガプラン」などの上位プランであれば無料で使えます。(価格改定が入りましたが、12ギガプランなら問題ありません。)つまりデータ通信容量を節約できます。

 

BIGLOBEでんわ

BIGLOBEは通話する場合でも安いので大丈夫!という声をよく聞きますが、その理由はこの『BIGLOBEでんわ』です。これは専用アプリから電話を掛けた際の通話料が通常の半額以下になるというサービスとなります。

通常、国内通話が30秒20円のところ、この「BIGLOBEでんわ」で掛けると30秒10円になります。

 

あれ?他のMVNOにもこういったサービスがたくさんあるくない?何ならmineoなら無料だったじゃん!と思う方ご名答。実はそうなんですよね・・。笑

正直どこもかしこも通話代金対策を始めているのであまり比較しておすすめはできなくなりました。すみませーん。

 

Tikimo SIM

仕事ができる男子 のコピー 2

Tikimo SIMは株式会社NDSが運営しているMVNO(格安SIM)の通信サービスです。このMVNOの最大の魅力はプランの多さにあるのですが、何せ知名度がない・・。笑

今回9つ紹介していく中で一番ではないでしょうか。頑張れ!

スクリーンショット 2016-06-27 12.15.33

Tikimo SIMの公式サイトはコチラ

 

Tikimo SIMで10GB通信できるプラン

プラン名月額料金
シングルプラン 10GB2550円
シングルプラン 15GB3500円
シングルプラン 30GB6400円
シングルプラン 50GB11000円
シェアプラン 10GB2500円
シェアプラン 15GB3980円
シェアプラン 30GB6980円
シェアプラン 50GB11600円

 

なおこの料金に+700円すると音声通話に対応させることが出来ます。つまりデータ通信専用SIMがデフォルトで音声通話機能付きがオプションとなります。

なのでオプションの申込み忘れにご注意ください!

 

そしてシングルプランとシェアプランの違いはSIMカードの数です。1枚に付き2300円を手数料として払わなくてはいけませんが、複数人で使う場合は便利でしょう。

このTikimo SIM、有名ではないもののコスパ(1GBあたりの料金)は非常に良いですよ。

 

Tikimo SIMの特徴

超大容量のプラン

ちょっと10GBという枠からはみ出しますが、たぶん売りにしているところなので紹介させてください。なんとTikimoには30GBや50GBなどの目を疑ってしまう様なデータ通信容量のプランが存在します。

シェアプランは最大3枚までSIMカードが使えるのでヘビーユーザーが家族に何人かいる場合はベストではないでしょか。まあ、それだけの料金がかかりますがね・・。

 

平均的な月額料金

突飛なプランで料金が高いと思われますが、先ほど言った通り1GBあたりの料金はそこそこ安く容量が増えていくほどコストパフォーマンスが上がっていきます。

超ヘビーユーザーな方や開発などで大量の通信が必要な方におすすめです。実は僕的にはヘビーユーザー向けの隠れエースなんですよね。一度詳細見てみてください!

これでも大手キャリアで契約するよりかは全然安いですから。

 

OCN モバイル ONE

仕事ができる男子 のコピー 2

やっと9つ目の最後の紹介まできました・・。

最後はNTTコミュニケーションズが運営しているOCN モバイル ONEというMVNO(格安SIM)となります。一度はNTTを聞いたことがあると思うので知名度は高いはずです。

ネット回線と聞けば昔から『NTT』さんの名前は外せませんからね。

スクリーンショット 2016-06-27 12.19.44

OCN モバイル ONEの公式サイトはコチラ

 

OCN モバイル ONEで10GB通信できるプラン

プラン名月額料金
500kbpsコース(15GB)1800円
10GBコース2300円

 

これもまた+700円で音声通話対応にすることが出来ます。つまりオプションとなります。そして「500kbpsコース」は通信速度が500kbpsに制限される分、月15GBまで通信可能でお得ですよ。

まあ500Kbpsで出来ることは限られていますが、動画などを見ないなら結構”アリ”だと思います。

▶︎▶︎参考記事:ストレスなくスマホを使える”通信速度”はどれくらいなのか

 

OCN モバイル ONEの特徴

高速通信のON/OFF

「OCN モバイル ONEアプリ」を使用すれば、高速通信を利用するか、無効化するかを切り替えができます。これをすることによってデータ通信容量の節約になるのです。

 

カウントフリー機能

OCN モバイル ONEでは「050 Plus」、「OCN モバイル ONEアプリ」、「マイポケット(OCNが運営するオンラインストレージ)」を利用する際、高速通信を行ったとしてもそのデータ容量を消費すること無く利用できます。

そうコレこそがカウントフリー機能です!

 

「マイポケット」では撮影した動画や写真、スマートフォン本体に保存しなくても良いファイルなどを保存しておく際に威力を発揮するでしょう。

そして「マイポケット」は月額300円の有料サービスですが、128GBの容量を使うことができ、さらにPCやタブレットからもアクセスが可能なので非常に便利ですよ!

 

050 Plusとのセット

OCNはIP電話サービスの「050 Plus」も運営しているのでこれと組み合わせて使うということも可能です。

この「050 Plus」はIP電話なのでデータ通信専用SIMでも通話が出来るようになり、音声通話機能付きSIMと比べて断然月々の支払いが安くなります。

さらに、音声通話機能付きSIMと「050 Plus」を合わせて契約すると、「050 Plus」の基本料金である月額300円が1つの番号まで無料になっちゃうんです。

 

まとめ:10GBで一番安いのはDMM mobileだが・・

仕事ができる男子 のコピー 2

結論としては、各MVNOで色々な尖った特徴があるのでどれが一番良い!というのは決められません。

楽天ポイントで還元されたり、DMMポイントで還元されたり、ネットショッピングで割引されたりなど、様々な特徴を持っているので個人によって合うMVNO(格安SIM)が変わってくるのです。

 

しかし一応言っておくと、この中で通信データ容量10GBプランの料金が一番安いのは『DMM mobile』となります。なので、コスパ重視で選ぶならDMM mobileで決まりでしょう。

そして最後に私のおすすめも言っておきますが、残念ながらDMM mobileではなくmineoになります。(やっぱりね)

 

やはり体感速度やサポートの充実性、そして何と言っても複数人でデータ容量を分け合えるのはスゴく魅力的です。DMMとの金額差は330円なので、330円多く払ったとしてもより使用感を得たいならmineoをどうぞ

では、これにて以上になります。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

『格安SIM』という言葉を最近よく聞くようになりましたが、格安って言うけれど一体どれくらいなのか。本当に安いのか等の疑問を持つ方は多いでしょう。

今日はその格安SIMの一般的な基礎知識に加え、その格安SIM(MVNO)の中の一つ。ぷららモバイルLTEについてご紹介させていただきます。

 

ではまず格安SIMの特徴ですが・・。

格安SIMは大手携帯キャリアの料金体系に比べ、非常に安い(約8000円程変わる)のが特徴であり、そうであって品質に問題があるわけではありません。

 

大手キャリアの回線をそのまま借りているところがほとんどなので通信安定性が悪いといったことはないのです。詳しくは下記記事にて格安SIMの詳細をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMって何?大手キャリア(au/softbank/docomo)は古いのか

 

ちなみに格安SIMは『MNP(乗り換え)』にも対応していますので、現在お使いの電話番号をそのまま利用できます。電話(通話)が使えるということですね。

※MNP・・・モバイル・ナンバー・ポータビリティの略。携帯電話番号を変えずに、他キャリアへ乗り換える事

 

しかし格安SIMの弱点として、広く一般的に通話料金が高いです。

今回お話する『ぷららモバイルLTE』も例外ではなく通話定額プランがありません。なので通話料金が通常通り30秒20円かかり、通話が多い人には向いていないことが分かります。

 

しかし格安SIMの全てが通話に適していないワケではなく、例えば、『BIGLOBE SIM』なんかは通話料を抑えることができる工夫がなされているので、ぜひとも参考にしてください。

▶︎▶︎参考記事:通話が多い人に適した格安SIM『BIGLOBE SIM』をチェック

 

また、その他の格安SIMにおいても通話対策がどのように行われているのかを比較した記事がありますので、よく通話をするという方は下記をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMでも通話がお得?各格安SIMの通話系オプションを比較してみた

 

ぷららモバイルLTEについて

ギャル女子 のコピー 2

ぷららモバイルLTEは、NTTぷららが提供している格安SIMサービスです。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、NTTぷららはインターネットサービスプロバイダーになります。

このNTTぷららが格安SIMのサービスとして、ぷららモバイルLTEを提供しています。NTTコミュニケーションのグループ会社と言う事で、信頼性も高いです。

 

ぷららモバイルLTEの料金体系

では料金が安いと言われますが、どのくらい安いのか料金体系を見てみます。格安SIMのSIMカードは2種類あり、一つはデータ通信のみのSIMカード、もう一つは音声通話とデータ通信が出来るSIMカード。

 データ通信量最大通信速度月額利用料金
定額無制限プラン(データ)制限なし3Mbps2980円
定額無制限プラン(音声)制限なし3Mbps3760円
定額7GBプラン(データ)7GB150Mbps2036円
定額7GBプラン(音声)7GB150Mbps 2792円
定額ライトプラン(データ)110MB(一日あたり)150Mbps972円
定額ライトプラン(音声)110MB(一日あたり)150Mbps1728円
二段階定額プラン110MB(一日あたり)150Mbps390~2250円
30.5MBまで390円
30.5MB以上2250円

 

基本料金以外に掛かる費用

  • SMS機能 162円/月
  • 手数料一般
    • 開通手数料:3,240円(SIMカード発行費用を含みます)
    • SIMカード再発行費用:3,240円
  • 最低利用期間(データ通信専用SIM) 解約手数料は設定なし(解約月は日割り適用なし)
  • 最低利用料金(音声通話機能付きSIM) 6ヵ月以内に解約で8000円

 

上記の通り、データ通信専用SIMの場合は解約料を取られませんが、音声通話機能付きSIMの場合には8000円の手数料が取られるのでご注意ください。

またご利用開始月の翌月を1ヶ月目とし、解約月は、月額利用料全額が掛かります。

 

料金プランに特典が!

各料金プランには特典が付いてきます。例えば、ひかりTV エントリープランやネットバリアベーシックが無料で利用できちゃいます。(どういったものか?それは下記でご確認ください)

 

料金体系を見る限り、通話以外に関してはかなり安いプランになっています。大手キャリアの利用料金と比べるとその差は歴然としていますよね。

但し、定額無制限のプラン(3Mbps)は、通信速度が大きく抑えられてしまっているので、動画や音楽の視聴をしたりする方にはオススメ出来ません。

▶︎▶︎参考記事:快適にスマホが使える通信速度ってどれくらい?

 

現在ご利用中の端末の毎月の通信量や普段どのような事を端末を使ってやっているのかを確認し、料金プランに照らし合わせて、最適なプランを選ぶ事をおすすめします。

ぷららモバイルLTEは通話を多くする方にはおすすめできませんが、インターネット通信がメインの方には大手キャリアよりはおすすめできますよ

 

また最低利用期間の縛りが、大手携帯キャリアよりかなり緩くなっているものいいですね。データ通信のみのSIMカードは縛りがありません。

通話機能付きでも6ヶ月となっています。

 

ぷららモバイルLTEを利用する上での注意点

ギャル女子 のコピー 2

端末がぷららモバイルLTEに対応しているか?

ぷららモバイルLTEのプランを契約しようとした時に自分が持っている端末が利用出来るのかを確認する必要があります。全ての端末が対応している訳ではありませんので注意して下さい。

対応端末に関しては、ぷららモバイルLTEのホームページで確認出来ます。

 

携帯キャリアメールは使えなくなる

格安SIMに変更すると、携帯キャリアのメールアドレス、メールソフトは使えなくなります。(xxxxx@docomo.ne.jp等)この為、GmailやHotmail等のフリーメールを別途取得する必要があるのです。

*SMS(電話番号を利用したメッセージ)は使える*

 

なので携帯キャリアメールをどうしても使いたいという方は、残念ながら、格安SIMへの切り替えには向いていません。(各MVNOでキャリアアドレスが用意されていることはある)

私的にはLINEなどのアプリでのメッセージに加えて、フリーメール(Gmailなど)の使用で十分、いやキャリアメール以上の便利さだと思いますよ。


11/21追記:半年くらい前の記事で情報が古くなってしまっているので追記です。どうも、明美っす♡

さて、携帯キャリアメールが使えなくなる・・と書かれています(というか、私が書いた)が、そもそもコチラはぷららモバイルだから!ということではなく格安SIM全般に言えることです。

なんか誤解させるような表現をしてごめんなさいね。

 

んで、そんなキャリアメールを使いたい人にはおすすめできない格安SIMですが、2016年11月21日現在においては少しばかり状況が変わってきました。

というのも、キャリアメールに対応した格安SIMが登場したのです。

上記の2つです。両方とも良い点・悪い点があるのですが、キャリアメールを使いたいし、料金も今より下げたいんだ!という方にはぜひとも検討してみてほしいです。

私的にはUQmobileがおすすめです!プラン数が少ないという弱点があるものの、SIMの生命線である”通信”は最強クラス。また、料金も最安クラスですよ。


各MVNO(格安SIM)と比べて

ギャル女子 のコピー 2

ここまでは大まかに格安SIMとしてのメリット・デメリットをぷららモバイルLTEに照らし合わせて紹介してきました。ここからは人気格安SIM(mineoなど)と具体的に比べてみます

まず料金体系やプランですが、ハッキリ言っておすすめできません。理由は複数あるプランにどれも需要がない点です。

 

まずデータ通信専用・音声機能付きともに無制限または7GBと、そんなにデータ容量要らないでしょ!と思えるような数値です。(一般的に個人でスマホを使う場合)

そして1日110MBの定額ライトプラン(1728円)や二段階定額プラン(390〜2250円)は、月換算で約3.3GBとだいたい小ヘビーユーザー並のデータ容量ですが、これも分かりにくい・・。

 

なぜ1日で何GB!と決めてしまうのかという点が納得いきません。笑

これだったら1ヵ月で3.3GBと決めてほしいですね。そうじゃないと、特別今日だけ動画を見よう!といった数日だけの贅沢ができないですし、その月でデータ使い切るといったことが不可能です。

 

これだったらmineo(3GB=1600円)や楽天モバイル(3.1GB=1600円)の方が圧倒的に得と言えます。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルの詳細をチェック!

 

次に通信速度ですが、とりあえず最大3Mbpsの定額無制限プランは比較対象がいないのでやめておきましょう。(口コミをそのまま信じるのはどうかと思いますが”悪い”です)

そして、その他プランの最大通信速度は150Mbpsです。これは決して遅いとは言いませんが、他のMVNO(格安SIM)と比べると若干遅いでしょう。

 

楽天モバイルは最大225Mbpsですし、顧客満足度NO.1のmineoは公式発表こそされていないものの、体感速度が相当速いです。(私がmienoを使っています)

▶︎▶︎参考記事:今だけ限定!3ヵ月割引のmineoの詳細チェック

 

それに比べてぷららモバイルLTEの体感速度の悪評は有名です。そういった悪評をそのまま信じるつもりはないですが、少しばかり気になるものですよ・・。

今度、実際に契約するので体感速度に関してはお待ちください。

 

まとめ:大手キャリアよりは”マシ”ですが・・

ギャル女子 のコピー 2

ぷららモバイルLTEは大手携帯キャリアの利用料金に比べ、低価格で提供されていることが分かりました。また通話料金は掛かるものの音声機能付きSIMがあるので通話は可能です。

通信速度はプランによって違いはありますが、極端に遅いということはありません。(体感速度を後日紹介します)

しかし各MVNO(格安SIM)と比べると、そこまで魅力的なサービスに思えないのも事実です。最後、どのMVNO(格安SIM)に決めるのは皆様なのでじっくり吟味して決めましょう。

 

11/21追記:ぷららモバイルのレビューがまだでした。すまぬ

ギャル女子 のコピー 2

記事の公開から既に半年近く経過しているので、いい加減レビュー記事を書けよ!という話です。すんません。

来月の12月の後半までには何とか。つまり、今年中には何とか。レビュー記事を完成させますので、今しばらくお待ちください。ただ、これはあくまで噂ですが・・期待しないでね?♡

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

今日は最近出てきた格安SIMロケットモバイルのレビューをします。このロケットモバイルは、2016年の春に登場したばかりのMVNOですよ!

そして、その特徴はなんと言っても月額298円の「神プラン」でしょう。


10/31追記:どうも、お久しぶりの勇太となります。当記事は6月26日という今から4ヵ月近くも前に書かれた記事なので情報が古くなっており、追記しようと思いました。

はい、結論からサラッといきたいのですが。ロケットモバイルさん、今非常に波に乗っている素晴らしく勢いのあるMVNOになっていますね。

 

『最高、月額0円で使える!』という謳い文句で業界入りしたものの、正直、アプリダウンロードなどは手間が掛かり流行らない!と断言していた私たちサイド

ですが!!予想裏切り、ロケットモバイルの認知度はめちゃくちゃ上がってきていますね。笑

 

また新プランも続々と打ち出し、今回の件に関しては本当私たちの判断ミスだったかなと思います。

すみません。笑 

 

また業界最安値の『神プラン』においても、サブ端末に入れるなどして使うのが流行っており、アドバイザー翔太さん(名指しごめんww)の予想を裏切りました。

私も使ってみて分かりましたが、十分使えますし、使いようによってはどこよりも便利(料金が安いから)なSIMだと思いましたね。っと、まぁこんな感じで追記を終わりましょう。

ロケットモバイル。気になる方は一度公式サイトでもご確認ください。当サイトでも「お問い合わせ」お待ちしております。ではでは。


DMM mobileは送受信速度200kbpsの「ライトプラン」を月額440円で提供していましたが、ロケットモバイルの神プランはなんとそれ以上の安さである月額298円で登場しました。

神プランはライトプラン(DMM mobile)と同様に最高速度200kbpsで利用できます。

▶︎▶︎参考記事:どれくらいの通信速度があれば快適にスマホを使えるのか?

 

そこで、この記事では神プランを実際に契約し、しばらく利用してみた感想を紹介したいと思います。

現在の日本における格安SIMのプランの中でも特に安く維持できる神プラン。はたしてどのくらい快適に利用できるのでしょうか。

 

*基本的な詳細は格安SIMアドバイザーの翔太さんが・・・*

今回は主にロケットモバイルの使ってみての感想記事となり、基本的な料金やプランの紹介はしません。なのでそういったロケットモバイルの詳細が知りたい方は下記翔太さんの記事をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:格安SIM『ロケットモバイル』の詳細をチェック!実際”アリ”なのか?

上記、翔太さんの記事ではなかなかの酷評をされていますが、果たして実際はどうだったのでしょうか。下記レビュー記事をご覧下さい!どうぞ。

ロケットモバイルを公式サイトでチェック!

 

契約方法とSIMカードが届くまで

仕事ができる男子 のコピー 2

まずはSIMカードを申込むことになりますが、ロケットモバイルは申し込みを店頭ですることができないため公式サイトから申し込み手続きをすることになります

実際に契約手続きを行ってみましたが、とくに他のMVNOの契約と変わったところはなく、むしろシンプルな内容となっていました。

 

記入欄に必要事項やクレジットカード番号を入力したらそれでおしまいで、すぐにマイページにもアクセスできるようになりました。(免許証やクレジットカードは事前に用意しておこう)

SIMカードは翌日には発送されたようで、契約した翌々日にヤマト便で届きました。思っていたより早い!

 

IMG_2395

 

SIMカード以外の同梱物は「はじめてのご利用ガイド」のみとなっており、非常にコンパクトな内容です。「はじめてのご利用ガイド」の内容は表がAndroid、裏がiOSにおけるAPN設定となっています。

APN設定というのはネットワーク設定のことであり、スマホをMVNOサーバーに接続し、ネットを使うための設定となります。これをしないとスマホでネットを使うことはできません。

もしもこういった設定が嫌なら(もの凄く簡単ですが・・)、格安SIMとスマホを同時に買えるMVNO(楽天やmineo)を選ぶことをおすすめします。

 

ちなみにですが・・。SIMカード到着後にマイページで設定などを行う必要はありませんので、届いたらすぐに利用を開始できました。

私が今回ロケットモバイルのSIMカードを挿入した端末は『FREETEL Priori3』です。

この機種はデュアルSIMに対応しているので、一度「0sim」と同時並行で活用しようと試みましたが、何故か2枚挿しではSIMカードが認識しなかったので「ロケットモバイル」単体で挿入したところ無事に認識しました。

 

Screenshot_2016-06-23-11-43-53

 

「はじめてのご利用ガイド」に従ってアクセスポイントから指定されているAPN設定の内容を設定していき、保存します。

 

Screenshot_2016-06-23-11-38-59

 

設定を保存し、APNの利用設定を行ったところSIMカードが認識するようになりました。

設定を終えたのは11時台で、ちょうどもうすぐ混雑し始めることが予想される時間帯です。『混雑』とはネットに繋ぐ人が多い時間帯で、格安SIMを選ぶ時の基準として知っておく必要があります。

 

普段は普通に使えても、混雑時(朝の出勤ラッシュ時・夜のゴールデンタイム)に限ってはなかなかネットに繋がらない・・、といった事例が数多くあります。

MVNO(格安SIM)を契約する前には、その点を必ず調べるようにしてくださいね

 

ロケットモバイル神プランの使用結果&速度など

仕事ができる男子 のコピー 2

それでは、ここから神プランを実際に利用してみてのレビューを行いたいと思います。

まずは、スピードテストアプリでの速度計測の結果をご覧いただきましょう。

 

Screenshot_2016-06-23-11-53-18

 

11時台ではこのような結果となりました。

神プランは最高200kbps程度の回線速度がウリですが、何とこの時点ではそれを上回る結果が何度か出ているということになりますね。

 

そしてこの時点では思ったよりも快適に利用でき、ブラウザからGoogleで検索を行って結果を表示し、サイトを閲覧するといった程度であれば特に問題なく利用できています

ただし、動画に関してはかなり厳しいものがありました!

 

動画はYouTubeでテストを行いましたが、その場合は720pでは当然ながら読み込めませんし、360pでもほぼ不可能。240pでもまだまだ頻繁に読み込みが遅くなるといった状況でした。

結果的に144pでようやく再生できるかな?といった感じです。(720pや360pというのは”画質”のことを指します)

 

また、動画本編は144pで再生できるものの、その前に表示される広告動画は基本的に画質を選べないので、そこで読み込みが長い時間かかりました。

動画を見るのにこの神プランを利用したいという方は、残念ですが他の格安SIMを探した方が良いということをお伝えしておきます。ハッキリいって無理です・・。

 

そして12時を過ぎた頃。回線は一気に低速化(繋がりにくくなる)していきました。

11時台という、そこまで混雑していない時間帯で、それほど違和感なく利用できていた神プランですが、ここでいよいよ本格的に継続利用が厳しい読み込みの遅さとなってきましたね。

 

通常のサイトを開くにもだいたい30秒~1分前後かかり、特に画像の読み込みには猛烈な時間がかかります。

何しろ神プランの200Kbpsという数値は大手キャリアやMVNOの『通信速度制限時』の速度とほぼ同じ速度ですからね、通信速度制限を食らったことがある方はその時を思い浮かべてください。

 

普段からあの状況が続くのがロケットモバイルの神プランです。

そして、そこからまた混雑により回線が絞られるので使えるわけがありません・・。ここら辺はしっかりと把握、認識した上で契約してください。

 

しかし混雑した時間帯を過ぎると、またそこそこ快適な状態へと戻っていきました。なので常時全く使えないというわけではなさそうです。

この点は意外っちゃ意外です。

 

一旦まとめ:混雑した時間帯を避けての運用ならばアリかも

仕事ができる男子 のコピー 2

この神プランを利用して思ったことは、少なくとも混雑時の利用は無理ということです。

もともと低速回線を使い放題というシステムですのであまり多くを望むこと自体が間違いかもしれませんが、ここでもう少し速度が出ていれば万人におすすめできるプランとなっていたかもしれません。

 

他のMVNOの高速プランであってもこういったお昼や夕方という時間帯は混雑してかなり利用が困難になりますので、それを踏まえて考えると妥当な結果ではあります。

しかし、混雑した時間帯を除けば神プランは大満足!とまではいかないまでもそこそこ快適に利用できていました。

 

そのため、混雑した時間帯に利用しないという前提であれば神プランは十分検討に値すると私は考えています。

 

ちなみにスピードテストの結果を見ると、読み込み始めの数秒は速度がかなり高速になっていますので、もしかしたらバースト機能が備えられているかもしれません。

なお、ブラウザ閲覧は混雑時だとなかなか厳しいですが、テキスト系のメッセージアプリ、掲示板の閲覧、メール送受信ぐらいの用途であれば、この神プランでも混雑時・通常時を問わず利用できます。

ロケットモバイルを公式サイトでチェック!

 

ポイントシステムも使ってみた!

仕事ができる男子 のコピー 2

ロケットモバイルの契約を検討している方は、ポイント制度も気になっているのではないでしょうか。ポイントを貯めていけばそれを利用して、ロケットモバイルの料金を安くすることができるというものです。

それでは、スクリーンショットをご覧ください。

 

Screenshot_2016-06-24-12-28-39

 

これはブラウザから開ける『マイページ』によって閲覧できるもので、こういったアプリをインストールし所定の条件を満たすことでポイントが付与されます。

アプリのダウンロードはどの端末でも行えますので、ポイントはロケットモバイルのSIMカードが挿入された端末以外でも貯めることができます。

 

しかし、私は結局まだポイントを貯めていません。

正確には貯めようとしたのですが、ポイントが貯まる条件があまりにも厳しいためです。

 

画像を見ていただければわかる通り、「インストールして起動」した後にゲームを進めなければいけない案件が多過ぎます。(めちゃくちゃ暇な人しか無理)

しかもけっこうな時間をかけて進めなければ指定の状態まで到達できないようなシステムのものが多く、明らかにもらえるポイントに見合った内容ではありません・・。

 

そのため、ロケットモバイルを契約する場合は、ポイントを貯めることはあまり考えない方が良いでしょうね。

 

Screenshot_2016-06-24-12-30-38

 

クレジットカードの発行や会員登録でもポイントを貯めることができますが、こちらもなかなかハードルが高いでしょう。ポイント貯めるためにクレジットカード発行ってね・・。

これって広告主は満足してるんだろうか?

 

まとめ:ん〜使い道はあるっちゃある

仕事ができる男子 のコピー 2

月額料金が非常に安く、なおかつ使い放題の神プラン。

混雑している時間帯以外であれば、全く価値がないプランという程ではありません。しかし、利用が困難・通常時でも動画の視聴は難しい・ポイント制度はあまりメリットがないなどの問題点を挙げると私はちょっと・・。

 

この神プランの利用に向いているのは、タブレットや2台目のスマホをほとんど利用しないけれど念のためにSIMを入れておきたいという用途でしょうか。

いくら使っても月額料金は298円ですので、何かあったときのために回線を予備として用意しておきたいという方やメッセージアプリに利用したいという方におすすめですね。

ロケットモバイルを公式サイトでチェック!

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

「TONE」というMVNO会社を知っていますか?近年多くのMVNO会社が誕生しており、さまざまなスマホやサービスが登場しています。そんな中、「TONE」は他のMVNO会社にはない多くの魅力を持っています。

そこで今回は、独自路線をひた走る格安スマホ「TONE」の魅力に迫っていきたいと思います。


12/6追記:お久しぶりです。勇太です。ずっと前からTONEモバイルのレビュー記事を書くと言って、書けないでいました。理由は値段が高いから。笑

TONEモバイルの場合、格安SIMと端末が絶対にセットなため、最低でも3万円はいく計算になります。がーん・・。

ただ、だからと言って試さないのは格安SIMアドバイザーとしてどうなの?っと思った次第です。といことで、買いました!良太くんが。笑

彼が僕の代わりに購入して試してくれたので、TONEモバイルのレビュー記事が見たい!という方は下記の記事をどうぞ。(念のため、基本情報はレビュー記事に書かれていませんので)

>>参考記事:TONEモバイルを自腹で買いました!レビューします


格安スマホの原点とも言える安くて、分かりやすくて、使いやすいの3つが揃った「TONE」はどのようなMVNO会社なのでしょうか?早速見ていきましょう。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMが何か分からない場合はコチラの記事←

▶︎▶︎参考記事:公式サイトでTONEの詳細をチェック

 

トーンモバイルが運営しているTONE(トーン)は、元々2013年に前身となるfreebit mobileという名称でスマートフォンキャリアとして始まりました。

当時から端末やサービス、サポートを含めたすべての仕事を自社で企画し行うという日本でも珍しいスマートフォンキャリアでした。

 

そんな、freebit mobileが2015年にTSUTAYAと業務・資本提携を行い、TONEが誕生しました。

全てを自社で行っているため、ユーザーの意見を取り入れた機能やサービスが用意されています。あらゆるニーズに対応しているTONEの魅力を紹介していきます。

TONEの公式サイト をチェック

 

TONEのおすすめポイント

仕事ができる男子 のコピー 2

格安で分かりやすいプラン

格安SIMの魅力と言えば、用途によって選べる豊富なプラン数です。

しかし、TONEに関してはプラン数が1つしかありません。

 

この点、一見マイナスに思いがちですが、プラン選びに迷う必要がないと考えれば、格安SIM初心者にとって大きなメリットになることが分かりますよね。

(私にとっては正直言ってマイナスですが・・笑)

 

そして、このTONEの唯一プランは月額1,000円と格安SIM業界の中でも最安の部類に入ります。

パケット通信料が使い放題で、この価格帯を維持しているのはなかなか珍しいでしょう。(ただし、安いからには秘密があります。その点も後半に書いているのでチェック!)

 

TONEの主な詳細!料金など
  • 月額 1,000円(税抜)
  • 通信速度 500kbps-600kbps
  • データ量 使い放題
  • SMS機能 有
  • 契約事務手数料 3,000円(税抜)

 

「格安」で「使い放題」となると通信速度があまりにも遅く、サイトを開くのにも一苦労と思われるでしょうが、TONEの通信速度は、500kbpsから最大で600kbpsであり、そこまで遅いというワケではありません。

これだけあれば、ネット閲覧やSNS、低画質の動画視聴なども難なく行うことが可能です。また、長時間通信を利用しても使い放題なのでデータ量を気にする必要はありません。

 

ただ注意してほしいのはスマホをよく利用する人からすると、この500Kbps〜600Kbpsは決して使いやすい通信速度ではない!ということです。

特にYouTubeなどの動画をよく視聴する人からすると、物足りなさを感じることは多いでしょう。その点をキッチリ把握した上で契約しましょうね。

▶︎▶︎参考記事:ストレスなくスマホが使える通信速度ってどれくらいなの?

 

家族で安心して使える機能

TONEには、「TONEファミリー」という家族で安心して使えるオプション機能が付いています。こちらのオプションは無料で加入することが可能です。

さて、どういったものなのかというと・・。まず子供向けの機能として以下のものが用意されています。

  • 子供の居場所を把握できる「居場所確認(ジオディフェンス)」
  • アプリの利用を制限できる「アプリ制限」
  • 特定の時間帯の使用を制限できる「時間制限」

どの機能もお子さまがいる家庭にとっては重要な機能ばかりではないでしょうか。

 

何よりも、子供のことを考えられた機能が多いので安全にスマホを使わせることができます。また、子供用の機能の他にも高齢者向けの機能も豊富に付いています

  • 遠隔操作でスマホの使い方を教えられる「家族サポート」
  • 日々の健康管理に利用できる「ライフログ」
  • 確実に通知を送ることができる「エアノック」

高齢者向けの機能として、スマホの使い方を遠隔で教えられるものや日々の健康管理ができるものなど、他のMVNO会社には少ない機能を利用することが可能です。

「TONEファミリー」を使うことで、ご家族で安心してスマホを利用することができますよね。

 

TONE独自のサービス

TONEでは、TSUTAYAと提携した独自のサービスを用意されています。

例えば、Tポイントです。TSUTAYAやファミリーマートで有名なTポイントがTONEでも有効なために、スマホ代を支払うたびTポイントが貯まります

また、よそで貯まったTポイントをスマホ代として使用することもでき、普段貯めているTポイントを有効に利用することが可能なのです。

 

そしてTONEの店舗はTSUTAYAに併設されており、全国の一部店舗に入っている状態なので、最寄りにTSUTAYAがある方はキャリアショップと同じ感覚で利用できちゃいます

通常、格安SIM/スマホというのは玄人向けなために、キャリアショップのような故障した時に直してもらえる場所、分からない点を質問できる場所がありません。

 

そのため格安SIMに乗り換えることに億劫となる方が多いのですが。

TONEはそこに特化して、初心者に使いやすい格安SIM/スマホを目指しています。TSUTAYAなんて全国どこにでもありますからね、スマホ初心者の方からすると大きなメリットでしょう。

 

またTSUTAYAでは、TONE利用者限定のキャンペーン、レンタル割引、スマホで撮った写真をプリントできるTONEフォトプリントなども用意されており、TSUTAYA利用者にとって嬉しい特典だらけ!

今後もTONEでは、順次サービスを拡大していくので期待が持てますね。

 

充実したオプションとアフターケア

TONEでは、シンプルなプランを支える多くのオプションや格安スマホ初心者でも安心のアフターケアが用意されています

こういったオプションを上手く利用することで、より快適にTONEを使用することができるんですね。

 

では、TONEで利用できる魅力的なオプションを見ていきましょう。

 

SMSオプション

  • 月額料金 100円(税抜)
  • 契約事務手数料 無料
  • 内容 電話番号でメッセージのやり取りが可能

SMSとは電話番号で行うメッセージのやり取りです。通常格安SIMではデータ通信専用SIMが基本になるので、電話番号がそもそもないんですね。

なのでメッセージを使う場合はオプションで付ける必要があります。

▶︎▶︎参考記事:SMSとは?格安SIM(mineo版)でSMSを使う方法

 

090音声オプション

  • 月額料金 953円(税抜)
  • 契約事務手数料 1,500円(税抜)
  • 内容 現在使っている携帯番号を引き継ぐことができる(MNP)

 

高速チケットオプション

  • 月額料金 1GBあたり300円(税抜)
  • 契約事務手数料 無料
  • 内容 スマホを高速通信に切り替えることが可能

先ほど言いましたが、TONEはデータを無制限に!それもスマホ初心者のライトユーザーを想定してサービスを展開されているので通信速度は正直速くありません

なので普段は遅くてもいいけど、時々、高速通信で使いたい時がある!といったユーザーにも使ってもらえるよう、高速通信に切り替えるオプションがあります。

 

フラットパックオプション

  • 月額料金 500円(税抜)
  • 契約事務手数料 無料
  • 内容 IP電話1,260円分通話と高速チケットオプション300円分が500円で利用可能

 

安心オプション

  • 月額料金 500円(税抜)
  • 契約事務手数料 無料
  • 内容 万が一の商品破損・盗難時に修理費・買替え費用を負担及び、外出先でWi-Fi接続のサービスが利用可能

 

これらのオプションをシンプルなプランとともに使用することができます。

基本的なオプションの他に、フラットパックのようなお得に利用できるオプションや、安心オプションのように万が一に備えて入っておけるオプションまで揃えています。

上手に組み合わせて最大限お得に利用してください。何か質問があれば「お問い合わせ」で私たち格安SIMアドバイザーに聞いてくださいね。

 

対面でさらに無料のアフターケア

さらに、TONEではアフターケアも充実しています。MVNO会社では、キャリアとは違って身近に店舗が少ないため、サポート体制はとても重要になります。

TONEでは、初めて利用する方の心強い味方になってくれるサポートが揃っています。これらのサポートは全て無料で受けることができるため、初めて格安スマホを利用する方も安心して契約することができます。

  • コールセンターによる電話サポート
  • 画面共有による遠隔サポート
  • Webマニュアルによる充実のサポート
  • 講習会による対面サポート
  • TSUTAYA店舗での対面サポート

このように、電話や遠隔操作などによるサポートから講習会や店舗による対面サポートまで幅広くサポート体制が用意されています。また、Webマニュアルが充実しているので時間がない方もサポートを受けることが可能です。

▶︎▶︎参考記事:スマホ初心者こそTONEへ!公式サイトを見てみる

 

オリジナルのハイスペックスマホ

仕事ができる男子 のコピー 2

TONEでは、他のMVNO会社と違ってSIMカードのみの扱いはしていません。

端末は、TONEオリジナルの端末が用意されています。そのため、SIMカードの設定をしなくていいので初めて格安スマホを利用する方でも安心して使用することが可能です。

 

そして自社スマホなので、プランやオプションとの相性もいい理想的なスマホに仕上がっています。

また初めての方以外でも充実して使えるスペックを誇っており、誰もが満足するハイスペックなスマホになっています。今回はTONEの最新端末であるTONE(m15)についてご紹介します。

 

スクリーンショット 2016-06-24 13.42.43

  • 名称:TONE(m15)
  • 寸法:高さ:147.9mm 幅:74.5mm 厚さ:8.6mm
  • 重さ:165g
  • ディスプレイ:1280×720ピクセル 5.5インチ液晶
  • カメラ:背面1300万画素 前面500万画素 1080p動画撮影対応
  • OS:Android5.1
  • CPU:MediaTek MT6735 (64bit 1.3GHz クアッドコア)
  • メモリ:2GB
  • 記憶領域:内蔵 16GB 外部(microSDカード)最大32
  • バッテリー:3000mAh
  • SIM:nanoSIM

 

用途によって選べるホーム画面

TONEは用途によって選べる4つのホーム画面を採用しています。これは自社スマホだからこそできる魅力的な機能ですよね。

スクリーンショット 2016-06-24 13.52.53

またホーム画面はそれぞれのテーマによって初心者の方でも使いやすく工夫されています。従来のスマホでは使いにくかったという方でも必要な機能を楽しむことができます。

 

Android(1番左)

こちらはAndroidのホーム画面です。

従来のスマホと同じホーム画面なので慣れている方は標準のホーム画面を使いましょう。

 

スタイル(左から2番目)

TONEオリジナルのホーム画面です。Androidのホーム画面とは違って必要な機能だけを絞ったものなります。用途が決まっている方はこちらのホーム画面を選びましょう。

 

シンプル(右から2番目)

シニア向けに作られたシンプルはユーザーの声をリアルに反映させたものになります。電化製品のリモコンのようなホーム画面になっており、使いやすくできています。

ボタンを長押しすることで反応するため、誤作動による誤った操作を防ぐことができるユーザリビティが考えられた画面です。

 

Teen(1番右)

パズルのようなホーム画面になっていて子供が喜ぶ楽しい画面になっています。親から送られたアプリを増やしていける設定になっているので成長によってふさわしいアプリをプレゼントできます。

 

独自のアプリで便利に使う

TONEには自社スマホならではの多くの独自アプリが用意されています。ご家族で使えるアプリを中心に、生活を便利にするものばかりです。

必要最低限のアプリが揃っているので、TONEを手にしてからすぐに使いこなすことができます。アプリは色々な用途に合わせて用意されています。

 

通話料金を半額にすることができる「050通話アプリ」や必要な時に高速通信を可能にする「マイプラン」

さらに写真・音楽・ファイルなど多くのコンテンツをまとめた「TONE One」など独自開発ならではの専用アプリが揃っています。

 

TONEはこんな人におすすめ!

仕事ができる男子 のコピー 2

初めて格安スマホを使う人

初めて格安スマホを使う方にとってプラン選びや端末選び、オプションなど迷うことが多いでしょう。

いざ、格安スマホを契約しようと思ってもサイトに書かれている多くのプラン、端末、オプションを見て尻込みしてしまった経験があるはずです。

 

その点、TONEでは、1つのプラン、1つの端末、分かりやすいオプションと。初めて格安スマホを使う人にとって選びやすい環境が整っています。

その上、契約後には安心のアフターケアを全て無料で受けることが可能です。

 

また先ほど言った通り、TONEにはTSUTAYAに実店舗があるので、そちらに聞きにいくのもオッケー!

今後、店舗はさらに増えていく予定です。つまり、いつでもスマホの分からない点を聞ける環境から、TONEは初めて格安スマホを使う人に特別おすすめと言えますよね

 

子供にスマホを持たせたい人

また、子どもにTONEを持たせるのも良いでしょう。

スマホには様々な危険があり、自由に使わせるのは不安だという方がおられますが、TONEにおいては、子供が使用することを想定した多くの機能が付いています。

 

例えば、子どもの居場所を把握できる機能です。

なかなか家に戻らない時や、子どもに何かあった時にすぐに居場所を特定できるのは良いですよね。

 

また、有料アプリや有害なアプリを勝手にダウンロードできないようアプリに制限をかけることも可能です。

 

一番恐い、スマホ依存ですが。

コチラも使用時間に制限をかけられる機能があるので予防可能。勉強する時間に制限をかけたり、夜更かししないよう制限をかけることができます。

 

これらの機能は、他の格安SIMにはほとんど見られません。

月額1000円と非常に安いですし、ぜひとも子どものスマホデビューに使ってみてはいかがでしょうか

 

家族でスマホを使いたい人

家族全員で格安スマホを契約したい時にも、低価格で安心利用できるTONEはおすすめですよ。

例えば、TONEには「TONEファミリー」と呼ばれる家族全員で使える無料オプションがあります。こちらは先ほど説明した子どもに向けてのオプション等も含まれるのですが。

それ以外にも、家族の健康のためにカロリーや心拍数を測る機能なども付いています。

 

まぁ、しかしですね。

家族全員で使うから=TONEにする、というのは少し違うかなとも思います。否定するわけではありませんが、mineoやIIJmioなど、もっとお得な格安SIMもあるので全てを検討してからにしましょう。

▶︎▶︎参考記事:mineoを使ってみたのでレビュー!

▶︎▶︎参考記事:複数人でお得なIIJmioを使ってみたよ

 

逆にこういう人にはTONEをおすすめできない!

仕事ができる男子 のコピー 2

スマホヘビーユーザー

TONEはおすすめできる点がたくさんありますが、完璧ではなく逆にこういう人は契約してはダメ!という点もあります。その1つがスマホヘビーユーザーです。

こういった方は絶対に契約しないでください。何度も言いますがTONEのデータ通信速度は速くありません!遅いと言っても過言でないでしょう。

 

普段からずっとスマホを使っている人、仕事などで頻繁にスマホ、特にネットを利用する人からすると所々でストレスが溜まって仕方ないはず。

なので普段からスマホを利用する、またネットを頻繁に使う!という方はやめておきましょうね。

 

自分独自のスマホを持ちたい

2つ目は自分独自のスマホを持ちたい方です。こういった方にはおすすめできません。それはTONEはSIMとスマホをセットで購入するからです。

SIM(回線)のみを購入し、自分の好きな端末(例えばiPhoneで!)でTONEの回線を使うことはできないのです。なので自分独自のスマホを使いたい場合は他の格安SIMでないといけません。

そういう人はTONEで契約するのはやめておきましょう。

 

そして余談ですがTONEは月額1000円の非常に安くシンプルな料金で注目を集めていますが、端末を同時購入しないといけないために端末代はもちろんプラスで支払わないといけませんからね?

またその端末代を分割払いにするなら月々1000円ではなく2000円〜3000円ほどの支払いになることを頭に入れておきましょう。まあ、それでも十分安いですがね。

 

TONEなら契約も簡単にできる!?

仕事ができる男子 のコピー 2

オンラインストアで契約する場合

オンラインストアで契約する場合は公式サイトから簡単に契約できます。所要時間は約10分ほどお申し込みフォームから必要事項を記入の上、本人限定受け取り便で後日にTONEが届きます。

▶︎▶︎参考記事:TONEの公式ページ!月々1000円台のスマホ申込みはコチラ

 

あとは初期設定を行い、すぐに使用することができます。ネットから簡単に契約できるので時間がない方はこちらの方法で契約してみましょう

なお申し込み時には、クレジットカード・MNP予約番号(MNPで乗り換えをする方)・Tカード・有効なメールアドレスが必要になります。

さらに、受け取り時には、本人確認書類が必要になるので事前に準備しておきましょう。

 

TSUTAYA店頭で契約する場合

TONEでは、提携しているTSUTAYA店頭でも契約することができます。事前に、クレジットカードまたはキャッシュカード、Tカード、本人確認書類、MNP予約番号などを用意してください。

全国のTONE売り場が併設されたTSUTAYAにて契約することが可能です

TSUTAYAによってはTONE売り場がない場所や、特定のサービスが受けられない場所があるので事前に公式サイトで最寄りのTSUTAYAを検索しておきましょう。

 

またネットで事前契約をしてから店頭で端末を受け取ることができる店舗があります。

こちらなら、すぐに端末を受け取ることができる上に、その場で質問などもできるので、すぐに欲しい方はこちらの方法も検討してみてはいかがでしょうか?

 

電話で契約する場合

電話で申し込む場合は、事前にクレジットカードと本人確認書類を用意しておいてください。

電話にて連絡後、確認書類が届いた後に商品が自宅に届きます。電話からの契約の場合は、MNPでの乗り換えはできないので注意してください。

 

番外編:法人契約する場合

最後に法人で契約する場合の方法をご紹介します。

TONEは法人契約する場合においては、オンラインのみで契約することができません。事前にネットで購入し、店舗で受け取ることは可能です。

 

契約には

  • 登記簿謄本(発行から3カ月以内のものに限る)
  • 申し込む方の本人確認書類
  • 会社と申し込む方の繋がりが分かる書類
  • TONE法人契約お申し込み用紙
  • TONE法人契約お申し込みサービス記入用紙
  • MNP予約番号(電話番号を引き継ぐ場合)

等々が必要になります。なので事前に用意しておきましょう。

 

また、ネットで事前に購入して受け取る場合は

  • 登記簿謄本(発行から3カ月以内のものに限る)
  • 申し込む方の本人確認書類
  • 会社と申し込む方の繋がりが分かる書類
  • クレジットカード

これらが必要になりますよ。

 

まとめ:TONEはスマホ初心者や高齢者に大変おすすめ

仕事ができる男子 のコピー 2

今回はTONEの魅力を徹底的に紹介しました。

TONEは、従来のMVNO会社(格安SIM)と違って本当にシンプルで使いやすく工夫されています。つまり、初心者や高齢者におすすめの格安SIM/スマホと言えますね。

 

ただ、間違ってはいけないのは初心者に使いやすいスマホは、逆に格安SIM/スマホをよく知っている人からすると使いにくい場合があるということです。

例えば、私なんかがそうですが。正直、TONEモバイルを契約しようとは思いません。プラン数が少なく自分に合ったプランを選べませんし、通信速度も遅いからです。

 

なので、そういったものを全て抜きにして。

  • とりあえず大手キャリアの高額請求に困っている
  • 選択の自由が少なくても良いから、シンプルに使いたい
  • 分からない時に聞ける場所がほしい

これらのように、とりあえず安く!そしてシンプルに使いたい!と思う方が契約するようにしてください。間違っても動画をガンガン見るような人は契約しないでくださいね。

 

スマホ初心者でも、操作にすぐに慣れることができるでしょうし、とにかくスマホ代を下げたい方はいち早く乗り換えてください。

サポートはコチラ『お問い合わせ』でもできますよ。何でも聞いてくださいね。

 

11/20追記:キャンペーンにて、基本プランが3ヵ月も無料に!

仕事ができる男子 のコピー 2

お久しぶりです。勇太です。

TONEモバイルが少しばかりクレイジーな、お得過ぎるキャンペーンを発表したので、それに付いて追記しに来ました。ちなみにキャンペーンは既に始まっています。

追記を遅れたことを深くお詫び申し上げます。すまぬ〜。

 

対象は11月1日〜12月31日までに、新規でTONEモバイルを契約した人です。

この期間に契約した人は、なんと3ヵ月間の月額料金が無料になっちゃいます!はい、無料です。本当の本当に無料です。これはいくら何でもやり過ぎだと思ったあなた!

大丈夫、私も思いました。いくら何でもやり過ぎだろう〜。笑

TONEの公式サイト をチェック

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

@モバイルくん。(以下@モバイルくん)とは最近噂の「格安SIM」の一種です。そして今回は数ある格安SIMの中から@モバイルくんの料金やプラン内容を紹介します。

辛口評価しちゃうかもしれませんが、そこは許してくださいね!笑

>>参考記事:@モバイルくん。の公式サイトはコチラ

 

格安SIMって?

仕事できない男子 のコピー 2

格安SIMとはMVNOと呼ばれる通信回線事業者から発行されるSIMのことを言い、従来までの大手キャリア(au/softbank/docomo)よりも大幅に安い料金で回線を利用できます

例えば、@モバイルくんであればドコモの回線を借りているように、会社が大手キャリアの通信網だけを借りて商売をしているので設備費などが多くかからずユーザーへ安くで提供することが出来るのです。

 

これによって大体大手キャリアの月々料金より3分の2は安くなります。その代わり、基本的に携帯電話本体は自分で買わなければいけません。

しかし会社ごとにSIMフリー端末を扱っている場合があり、格安SIMとセット売りをしているMVNOも多くあります。@モバイルくんも正にその類いです。

 

まぁ、詳しくは下記の記事にて格安SIMを紹介しているので、@モバイルくん。以前に格安SIMが何なのかわからない!という方はご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMのメリット・デメリット!私って乗り換えるべき!?

 

@モバイルくん。の料金全般やプランなど

仕事できない男子 のコピー 2

まず何と言っても「格安SIM」ですから値段が気になりますよね。@モバイルくんは音声通話機能付きSIMで、なんと月額800円(税別)からと業界最安値を叩き出しています。

通常の格安SIMならデータプランのみでこの値段ですが、@モバイルくんでは音声通話機能付でこの価格なので非常に安いことがわかります。

ただね、この秘密はデータ容量の少なさにあります。下記で料金とプランについて詳しく書いていくので契約する前に必ずチェックしてください。

 

音声通話機能付きSIMを選んだ場合

使ったぶ~んだけプラン500MB

上で説明した最安値プランというのがこの「使ったぶ〜んだけプラン」です。このプランでは音声通話が使えます。

キャリアでの定額サービスでは使い切れなかった際、そのデータ容量が無駄になってしまいますが、この@モバイルくんの「使ったぶ~んだけプラン」では、月500MBで800円からスタートし利用した分だけを支払います

 

なのでこのプランはライトユーザーにはおすすめと言えます。しかし、ヘビーユーザーにはとてもじゃないですがおすすめはできませんよね。

なぜなら500MBを消費した段階で自動的に500MB(500円)を追加されるからです。自分のデータ管理がキチンとしていれば大丈夫ですが、そうでない人は絶対にやめておきましょう。

 

また500MB、月800円(音声通話機能付き)が業界最安値クラスなのは確かなのですが、500MBってそもそも何もできないくらいデータ容量が小さいんですね。

これが@モバイルくんが業界最安値の秘密でしょう。もしも安さ目当てで契約しようと考えていた場合は注意が必要ですね。

 

なっ得プラン5GB

こちらは使ったぶ~んだけプランとは異なり、5GBを上限とした定額プランとなっています。もちろん、このプランでも音声通話が使えます。

また料金は一律2900円ととても安いとは言い難いですね・・。まあ、5GBなので仕方ないのですが、5GBは5GBで多すぎるんですよ。自宅に固定回線などを引いている方にはまず使い道がありません。

 

データ通信専用SIMを選んだ場合

こちらのデータ通信専用SIMプランでは音声通話が出来ません。電話が出来ないので、通信のみに使う場合や2つ持ちの場合に最適です。

 データ容量月額料金
Dプラン 3ギガ3GB934円
Dプラン 5ギガ5GB1810円
Dプラン 7ギガ7GB2667円
Dプラン 10ギガ10GB3619円
Dプラン 12ギガ12GB4743円
3G2286円
3G使い放題4000円

データ専用SIMの月額料金は上記となっています。特に安いなあと思われるものはありませんし、逆に他の格安SIMに比べて高いなあと感じます。

また珍しいことに3G使い放題プランなどがありますが、そもそも3Gなんて遅過ぎて使えないですし、そうなのにも関わらず高い!という・・。笑

 

オプション料金

そして@モバイルくんには下記のようなオプションサービスがあります

  • 留守番電話=300円
  • 割り込み機能=200円

特に必要そうなオプションは見当たらないので、絶対に必要な方のみプラスでオプション代金を支払って契約しちゃいましょう。

 

@モバイルくん。の特徴

仕事できない男子 のコピー 2

@ポイントシステム

@モバイルくんでは「@ポイントシステム」という制度を導入しています。例えば、6GBプランを6月に契約し、4GBを通信したとします。そうすると2GBは無駄になってしまいますよね。

しかしこのシステムでは、その2GBを翌月の7月に繰り越せるのです。そして、その繰り越した2GBを合わせて7月分は6GB+2GBで8GB通信できるということになります。

 

また、その繰り越した2GBを使い切れなかった場合、使用料金の割引に使用できる「@ポイント」に変換されるのです。つまり定額なのに”損”をしないスタイルを取られています。

これに関しては他にないシステムなので高評価ですね。

 

オートチャージ機能

この「オートチャージ機能」は前に書きました「使ったぶ~んだけプラン」に適用される機能です。

「使ったぶ~んだけプラン」は月500MBまでに通信できるようになっていて、月にその500MBを超えると自動的に新たに500MBが月々の通信料にプラスされていくといったものです。

 

初期設定では「使ったぶ~んだけプラン」は最大で+1GBまでチャージされると設定されており、「なっ得プラン」は最大で+5GBまでチャージされる設定になっています。

しかし、この設定はユーザー側で変更することができ、どちらのプランもチャージ量を+0GB~20GBまで設定することが出来るので「なっ得プラン」の人は低めに変更した方がいいですね。

 

また「なっ得プラン」の場合は、残りの通信データ容量が1GBを切った時にオートチャージをするかどうかの確認通知がSMSで届くようになっています。

そこで承認した場合のみオートチャージが有効になるので「なっ得プラン」では知らぬ間の多額の支払いとなるケースはありません

 

3G使い放題プラン

先ほども言いましたが、@モバイルくんには他の格安SIMにはない3G使い放題プラン」というものがあります。

3G使い放題プランは読んで字のごとく3Gを使い放題となるプランです。現在一般的に普及しているのは4Gなので、体感の通信速度はかなり落ちると考えた方がよいでしょう

(3G=最大15Mbps、現在の4G=最大300Mbps)

 

通信品質はどうなの?

@モバイルくんはドコモの回線を借りているのですが、ドコモの回線は大手キャリア3つの中でも一番安定しています。なのでそれを借りている時点で「通信」こそはそこそこ安定するでしょう。

また通信最大速度は下り最大300Mbps/上り最大50Mbpsと格安SIMの一般クラスが出ます。しかし低速制限がかかっている時は200kbpsにまで下がるので注意が必要です。

そして@モバイルくんはお昼時(11~13時辺り)の回線利用者が多い時体感速度が急激に下がるという噂をよく聞きます。実際に私が試していないので何とも言えませんがコチラも事前に調べる必要がありますね。


11/17追記:翔太です。どうも。

この記事を書いてから既に半年くらい経っていますが、まだレビュー記事を書けていません。本当に申し訳ありません。ただ、格安SIM業界も着々と変化を遂げており、良い格安SIMがハッキリわかるようになりました。

そして、残念ながら@モバイルくん。は、その使える良い格安SIMとは到底言い難いこともわかっています。(あくまで噂ですが・・。)

 

まぁ、この点に関しては今月中に格安SIMを試してレビューするので、その時にご自身の目で判断してもらえればいいのですが、私としては@モバイルくん。よりも以下の2つをおすすめしておきます。

正直、上記2つが格安SIM業界で頭一つ抜けているのは目に見えています。もしも、格安SIMで悩んでいるなら、上記2つをお考えください。またはお問い合わせくださいな。

(*近日中に@モバイルくん。のレビューをします!!)


@モバイルくんの取り扱い端末

仕事できない男子 のコピー 2

ZenFone 2 Laser 6インチモデル、5インチモデル

Asus社が提供するSIMフリースマートフォンです。6インチモデルではAndroid5.0.2 Lolipopを搭載し、CPUにはSnapdragon S616 オクタコアを搭載しています。

ディスプレイは6インチのフルHD、Gorilla Glassで、メモリを3GB、ストレージは32GBですがmicroSDカードで128GBまで拡張可能となっています。

またレーザーの名の通りカメラにレーザーオートフォーカスが搭載されており、一瞬でピントが合うようになっています。

 

Huawei P8lite

最近、日本で頭角を表してきたHuawei社が提供するSIMフリースマートフォンです。OSニAndroid5.0 Lolipopを搭載しており、CPUはHuawei社製のオクタコアKirin620を搭載しています。

ディスプレイは5インチのHD、メモリは2GBでストレージが16GBとなっています。そしてmicroSDを使っての拡張が可能です。

バッテリーは2200mAhでCPUの省電力効果により一般的な2000mAhバッテリーよりも長く使用できますよ。

 

Zenfone Go

 コチラも世界のASUS社のSIMフリースマートフォンです。OSにはAndoroid5.1 Lolipopを搭載しており、CPUはSnapdragon 400を搭載。

ディスプレイは5.5インチのHD、メモリは2GBでストレージは16GBです。こちらもmicroSDカードを使い拡張が可能です。またバッテリーは3010mAhとなっています。

▶︎▶︎参考記事:Zenfone Goのレビューを先日行いました!ご覧あれ

 

ZenFone 5

またまたASUS社のSIMフリースマートフォンですね。Android4.4 kitkatを搭載し、CPUはSnapdragon400が搭載されています。

そしてディスプレイは5インチのHD、メモリは2GBでストレージが16GBと32GBのモデルがラインナップされています。ストレージに関してはmicroSDで拡張可能です。

 

Priori3 LTE

最後は格安SIMも出しているFREETEL社のSIMフリースマートフォンです。Android5.1 LolipopにCPUはMediaTek社製のMT6735 クアッドコア1GHzを搭載しています。

ディスプレイは4.5インチのFWVGA、メモリは1GBでストレージが8GBです。そしてこちらもmicroSDで拡張可能で、バッテリーは2100mAhとなっています。

しかし、こちらのスマートフォンはかなり性能が低くなっているので個人的におすすめはできません。安いんですけどね。

 

@モバイルくん。のメリット・デメリット

仕事できない男子 のコピー 2

ここでは、@モバイルくんを選ぶメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

 

@モバイルくんのメリット

  • 月額800円から音声機能通話付きのSIMが使える
  • 3G使い放題プランが使える
  • ライトユーザー比較的安く契約ができる

@モバイルくんのメリットは上記の3点になるでしょうが、正直料金的に他の格安SIMより優れていると思えませんので、そこはキチンと判断してからにしてください。

 

例えば・・、人気の高いmineoと比べてみましょう!

また比べる条件として、一般ユーザーのほとんどが契約するデータ容量3GB音声機能付きと設定します。

 

『使ったぶ〜んだけプラン』の場合

→800円(500MB分)+500円×5(500MB×5回)=3200円(3GB)

 

『mineo』の場合

→ドコモ回線を使ったDプラン=1600円(3GB)

→au回線を使ったAプラン=1510円(3GB)

 

ね?@モバイルくんの料金が比較的高いことがわかったでしょ?

メリットを伝えるつもりが何故かデメリットになってしまいましたが、残念ながら@モバイルくんにメリットらしいメリットはありません。(←これが真実)

>>参考記事:@モバイルくん。の公式サイトはコチラ

 

@モバイルくんのデメリット

  • 基本的に料金が高い
  • オートチャージ機能が厄介
  • 定額プラン(音声通話機能付き)に種類が少ない

料金が高い!に尽きるのかもしれません。またデータ通信専用SIMは選べるデータ容量の種類がそれなりにあるのにも関わらず、音声通話機能付きには5GBしかありません・・。

これは明らかにデメリットで「使ったぶ〜んだけプラン」に誘い込みたい下心が露になっています。笑

 

そしてその「使ったぶ〜んだけプラン」にはオートチャージがあるので、自分が気にしていない間にスッゲー量のデータ容量を使ってしまい、多額の請求がされる可能性があります

これもまあまあのデメリットになり得ると考えます。

 

まとめ:結局「@モバイルくん。」はおすすめなのか

仕事できない男子 のコピー 2

「@モバイルくん」は今のところかなりマイナーなMVNOです。

「使ったぶ~んだけプラン」や「なっ得プラン」など、そしてこの会社が持っている特有のシステム「@ポイントシステム」などが存在し面白いMVNOだとは思います。

しかし、基本的な料金は高めに設定されており、「3G使い放題プラン」も最近になってから速度が落ちてきた等の情報が出てきているので何とも言えない・・。って感じです。

 

つまり、とてもじゃないけどおすすめできないよ!って話です。

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

また新たなMVNO(格安SIM)が出てきましたね。

既にモバイルルーター(BB.exciteモバイルWimax)や固定回線(エキサイト光)などの回線サービスを出されているエキサイト株式会社が『エキサイトモバイル』という格安SIMサービスを始めました。

サービスの提供開始時期は2016年の7月1日からですが、乗り換え(MNP)などの申込みに関しては6月27日からとなっています。


11/26追記:うっす!翔太です。もうすぐ年明けますねー。

っで!なんと僕がエキサイトモバイルのレビューをする前に優子さんがエキサイトモバイルのレビューをしてくれて、それも記事にしてくれたので、気になる方はご覧下さい。

割と好評価みたいなんで、通信速度の恩恵(ユーザーが少ない程、通信速度は速くなりがち)を受けたい方は早めにGO!ですよー。

▶︎▶︎参考記事:エキサイトモバイルのレビュー記事です♡by優子


月額500円からという格安SIMの中でも比較的安い料金で回線を使えるために、MVNO(格安SIM)を選ぶ際の一番の基準に料金を持ってくる方にはおすすめ・・かもしれません。

まあ、今回はそこら辺を深く探って行きましょう。なお今回の記事を書いている6月22日には、まだサービスが開始されておりませんのでレビュー記事ではありません。ご注意ください!

 

 

 

エキサイトモバイルの料金全般

仕事できない男子 のコピー 2

エキサイトモバイルの月額基本料金やプラン

エキサイトモバイルには2つのプランがあり、1つ目は最適料金プランで2つ目が定額プランです。ちなみにデフォルトのプランでは、全てがデータ通信専用SIMとなっているので注意してください。

ただ音声通話が一切ないのではなく、音声通話機能付きSIMを使いたい場合は上記の料金にプラス700円を払ってオプションを付ける必要があります。

 

そしてエキサイトモバイルではSIMカードを1枚または3枚を選べ、最高3人でエキサイトモバイルのデータを使用することができるのです。(さらに追加も可能)

家族みんなで格安SIMを使うシーンが予想されるのであればエキサイトモバイルで一本化するのがいいですよね。

 

最適料金プラン

スクリーンショット 2016-07-01 12.27.52

スクリーンショット 2016-07-01 12.28.37

最適料金プランの内容は、その該当月に使ったデータ量分だけ料金を支払うというものです。SIMカード1枚のコースなら、その1枚のSIMで消費したデータ量を。

そしてSIMカード3枚のコースなら3枚合わせたSIMのデータ使用量分が料金となります。

 

[例] 最適プラン SIMカード3枚

  • 1枚目=1.3GB
  • 2枚目=2GB
  • 3枚目=0.3GB

合計=3.6GB

 

この場合、SIMカード1枚目から3枚目までの合計データ使用量が3.6GBとなるので、~4GBの1780円(税抜)が適用されます。3人で使って1780円なら大分安いですよね。

現実問題、3人のデータ使用量が4GBまでに収まるかは自宅にWi-Fiがあるのか、スマホの使い道がLINEやメールくらいで動画などは一切見ないのか?などが関わってきます。

それを考慮しても安いなあ〜って思いますけどね。

 

そして最適プランのメリットはスマホをあまり使わない人からするとトコトン安く利用できる!という点でしょう。極端な話をすると月500MB以下であれば630円で使うことができます。

つまり『私、全然スマホを使わないのに月々高い料金を払ってるわ〜』という方におすすめです。

 

しかし、逆にヘビーユーザーには最適プランのような使った分だけ支払うというプランがデメリットになり得ることがあるので気をつけてください。

定額だからと今まで何も考えずにネットを利用していたと人が、使った分だけ支払うシステムになれば、大手キャリアと何も変わらないくらいの料金が発生することだってあり得るからです。

なので契約前に必ずここら辺を考慮し、事前に自分でデータ量を管理できているのか、だいたいいつもはどれくらいのデータ容量を使っているのかを調べておきましょう。

 

定額プラン

スクリーンショット 2016-07-01 12.28.54

定額プランは最適プランと違い、始めからデータ量に上限が決まっているものとなります。例えば3GB使えるプランを契約した場合は言葉の通り3GBまで使え、それ以降は低速制限を受けます。

その場合の通信速度は200Kbpsで、それはもう使い物にならない速度です。笑

 

なので定額プランで契約する場合は自分が普段から使っているデータ量の少し上目を契約してください。目安が全くわからない・・という方は下記の記事でチェックしてみましょう。

▶︎▶︎参考記事:通信データ量ってどういった時に消費するの?メールやLINEは?

 

ちなみに定額プランを契約しておきながら、その設定データ量を超えてしまった方には『追加容量チャージ』として1GB/580円(税抜)でデータ量を購入することが可能です。

しかしこの場合のデータ量は月末までの使用であり、翌月に繰り越しができません。なのでデータ量が更新される月末3日前とかにデータ量が無くなった場合は低速を我慢した方がいいでしょうね。

 

あっ!繰り越しで思い出しましたが、定額プランを契約した場合、その月に消費し切れなかったデータ容量は翌月に繰り越すことができます。なので無駄なくデータを消費できるんですね。

ただ繰り越されたデータ容量は翌月末までが有効となるので、ずっと貯まり続けるわけではありません。注意しましょう!

 

オプション料金

  • 音声通話機能付きSIMへ
  • SMSを使用する
  • 容量追加(定額プラン)
  • SIMカードの追加

エキサイトモバイルには基本料金以外にオプション料金あります。オプションなので付けなければ一切お金がかかりませんが、音声通話機能(電話)などは必須でしょう?

この音声通話機能もオプションであり、つまりプラスでお金がかかってくるんですよ!

 

電話(音声通話)はできるのか

先ほどから何回も言っていますがエキサイトモバイルでは通話をすることが可能です。(ほとんどの格安SIMが通話可能)LINE電話などが復旧している現在でもやっぱ電話番号は必須ですよね。

そういった方はエキサイトモバイルの音声通話機能付きSIMにすればいいのですが、この音声通話機能、実はデフォルトプランでは一切なくオプションとして付ける形になります。

 

それもプラスで700円かかります。ただね、私がいつも推しているmineoの音声通話機能付きSIMの3GBは1510円(Aプラン)なので実はそこまで他と大差はありません。

  • 1600円(エキサイトモバイルの3GB音声付き)
  • 1510円(mieno[au回線]の3GB音声付き)
  • 1600円(楽天モバイルの3.1GB音声付き)

こんな感じでどこのMVNOも3GBの音声通話機能付きSIMは1600円くらいです。mineoのDプラン(ドコモ回線)を選んだ場合はエキサイトモバイルと全く同じ1600円なので本当互角。

 

SMSは使えるのか

そしてエキサイトモバイルではもちろんSMSも使えます。通話が出来る時点でSMSも使えるということなのですが、一応説明をしておきましょう。

一つ上のオプションで音声通話機能付きSIMにグレードアップした場合はそのままSMS機能もついてくるので特別に何か行う必要はありません。そのまま使えます。

 

ただデフォルト機能ではSMSは付いておらず、やっぱりオプションでSMSを付ける必要があるのです。この場合の料金は月々+140円です。まあ、ここら辺の料金もどこのMVNOと比べても同じでしょう。

データ通信専用SIMのままでSMSを使いたい場合はオプション付与を忘れずにね!

 

定額プランでは容量を追加可能

先ほど軽く述べましたが最適プランと違い定額プランでは最初に使えるデータ容量の上限を決めてしまいます。それ故にどれくらいデータ容量を消費するか分からないユーザーからすると困惑する可能性が高いですよね。

また最適プランのように選べるデータ容量も多くなく、選ぶとすれば1GB,2GB,3GBのどれかに限られるでしょう。

 

この場合、少し多めのデータ容量を頼むのがベターですが、それはそれで”損”するかもしれないので嫌ですよね。こういった場合にエキサイトモバイルでは『追加容量チャージ』というオプションを用意しているのです。

先ほど言った通り注意点も多いですが、ユーザーからすると思い切って少なめデータ容量プランを定めることができるので助かりますね。

 

SIMカードを追加できる

デフォルト機能上、SIMカードは1枚または3枚ですが、追加でSIMカードを購入できるオプションがあります。つまり4枚目からのSIMカードというわけです。

その場合、1枚に付き月額390円(税抜)かかりますが、大家族で利用するなり会社従業員たちで利用するなり複数人での利用シーンが増えるので大変便利でしょう。

しかし定額プランの場合、9GB以上でしかSIMカードを追加できず、また新規申込みの時以外にSIMカードを申込む場合は3000円の手数料がかかるので注意してください。

 

その他、手数料など

  • MNP転出手数料
  • SIM再発行
  • 解約金など

その他にも上記のような場合に手数料が別途でかかってきます。例えばSIMを無くした・・破損した・・なんて時は再発行手数料として3000円がかかります。

ちなみにですが、こういった手数料はだいたいが3000円となっていますよ。

 

そして契約してから12ヵ月間内に解約した場合は解約金9500円がかかります。これはデータ通信専用SIMでは料金が掛からず音声通話機能付きSIMの場合のみです。

なのでエキサイトモバイルの音声通話機能付きSIMを契約しようと考えている方は本当にこのSIMでいいのかをよくよく考えてからにしてください。

 

実際使えるのだろうか?おすすめ具合

仕事できない男子 のコピー 2

さあ、そしてこのエキサイトモバイル。実際に使える格安SIMなのでしょうか。まだサービスの開始(7/1〜)すらできていないので、体感などを伝えることはできませんがある程度予想はできます。

まず料金プランからですが、最適プランのような使った分だけ支払うというスタイルをとっているMVNOはあまりないので使った分だけ支払いたい!という方には非常におすすめできます。

 

またそういった中で定額プランも用意しているのは非常に好印象です。各MVNOの中で非常に人気が高いmineoや楽天モバイルと比べても「安さ」で負けてませんからね。

 

NTT回線なので安定+速度は普通

問題は料金が安くても通信速度が必要程度出ているのか、ですよね。まず通信の安定性ですがNTT回線を利用しているので不安定ということは考えにくいです。

また公式サイトにて、高速データ通信の下りが最大300Mbpsで上りが50Mbpsと記載されていますが、これが体感でそうならば、なかなかの速さでしょう。

 

まあ、また実際にスピードテストをしてから追記しますが、今のところ非の打ち所はないように思えます。もしも契約するならサービス開始直後の利用者が少ない時期を狙い目です。

回線の空きがいっぱいあるでしょうし、ストレスなく使えるからです。

 

 

 

まとめ:エキサイトモバイルは今のところアリ!

仕事できない男子 のコピー 2

MVNO(格安SIM)はこれからもドンドン増えるでしょうし、月々の料金も増々安くなることが予想されますが、それ故に潰れる・・といったMVNOも必ず出てきます。

そういった場合に”損”をするのはユーザー!あなたですから、より良い目利きが必要ですよ。今回、紹介したエキサイトモバイルは今の所”アリ”ですが、サービスが開始されないと正直わからない点も多いです。

 

先ほど言った通りサービス開始直後を狙って契約するのが一番いいですが、実際に使った人のレビューを聞いてから決めるのも悪くありません。

というか長期で使うことを考えているならそっち方がいいですね。

 

そして最後になって申し訳ないのですが、最小料金として月額500円のプランを設けられていますが、これは絶対にダメ!普通にスマホを使いたいならやめてください。

これはロケットモバイルと同じ手法だと思いますが、単なるパフォーマンスです。低速(200Kbps)のみでスマホを使えるわけがないですからね。気をつけましょう!

 

 


11/14追記:当記事は既に半年前にアップされたものです。なので翔太が追記として過去の情報を修正していきますね。まず月額500円が最安値どうこうというもの。

コレに関しては「0sim」という最低月額0円で使える格安SIMが登場したために、今は最安値ではありません。っていうか0円って何だよ!ってなりますよね。笑

 

またロケットモバイルを使えないSIMとして登場させていますが、これは私の確認不足でした。

既に「ロケットモバイルは本当に使えないのか検証してみた」の記事で撤回していますが、ロケットモバイルの神プランは使い方によっては素晴らしいものです。すみません、早とちっちゃいました。

 

あとは、もう少ししたらエキサイトモバイルのレビュー記事をアップする予定ですので、今しばらくお待ちください。アップ次第、この記事で再びお知らせします。

ではでは!


追記:今なら高額キャッシュバックだ!急げ!!

仕事できない男子 のコピー 2

6/25に追記をいたします。エキサイトモバイルが7月1日からの開通に向けて高額のキャッシュバックを発表されました。それも最大25000円のキャッシュバックです!

ただこれには条件があるので損をしないように契約前しっかり確認しておきましょう。

 

[キャッシュバックの条件]

  • 30GBの定額プランを申込み 6000円
  • 40GBの定額プランを申込み 12000円
  • 50GBの定額プランを申込み 25000円

個人(1人のみ)での契約で上記のキャッシュバックに該当するのはちょっと厳しそうですね・・笑 30GBとか10人で使うレベルなので。

ただ家族で統一する場合や会社組織で一本化する場合に適用できると思うので一度検討してみましょう。

 

また個人でも使えるようなキャッシュバック条件もあるのでそちらも確認しておきましょう。

  • 上記以外の定額プランを申込み 2000円
  • 最適料金プランを申込み 1500円

っとなっています。格安SIMでのキャッシュバックってなかなかないですからね。たぶんエキサイトモバイルも7月限りといった期間限定になると思われます。

格安SIMに乗り換えようと考えていた人はこの機会にエキサイトモバイルはいかがでしょうか。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

どうも、この記事に辿り着いたということは最近話題の格安SIMに興味を持っている、あるいは契約直前ということですね?だとしたら必ずこの記事を最後まで読んでからでお願いします

実は、SIMには3種類のサイズ(標準SIM、microSIM、nanoSIM)があり格安SIMを契約する場合にはそれらをご自身で選び、契約しないといけません

*2016年 11月14日現在*

 

大手キャリアにて回線とスマホを同時に契約することが主流であった数年前〜ちょっと前までは、既にスマホ内に各大手キャリアがSIMをセットしてくれていたので、私たちが選ぶ必要はありませんでした。

そういった点を考えると少し難しいと思われるかもしれませんが、実はそこまで難しいことはなく、カードのサイズ変更を行うことも可能なので、もし間違えたとしても何ら問題ありません。

 

そこで今回は契約前に知ってもらいたいSIMカードのことと、間違えた場合のSIMカード変更について各MVNO(格安SIMを発行する会社)ごとに方法をチェックしていきます。

必見ですよ!!

 

標準SIM、microSIM、nanoSIMの違いって何?

ギャル女子 のコピー 2

そもそもSIMカードとは、携帯電話やスマホで音声通話やデータ通信を行うのに必要なICカードのことを指します。つまりこのSIMカードを設定していないとネットや電話は使えません

またSIMロック解除の義務化が法律で決められた以上、このSIMカード変更のみによって回線をチェンジすることが可能となりました。

▶︎▶︎参考記事:SIMロック解除が義務化?そもそもSIMロックとは何なのか!

 

そして、そのSIMカードには3つのサイズがあります。下記にて説明していきましょう。

 

標準SIM サイズ・・・25mm×15mm

標準SIMという名前ですが、現在の端末(スマホ)の中に標準SIMに対応しているものはほとんどありません。最近のスマホは端末自体が小さくなり、部品も小さくなっているんですね。

そのため現在ではSIMカードも小さくなっています。つまり、契約時この標準SIMを選ぼうとしている場合には今一度自分の端末を調べた方がいいですね。

 

microSIM サイズ・・・15mm×12mm

標準SIMよりも一回小さいですが、ICの部分は同じ大きさです。そして3G/LTE回線に対応した端末に使われており、今現在では一番多く使われているのではないでしょうか。

Android端末などはこのmicroSIMであることがほとんどです。

 

nanoSIM サイズ・・・12.3mm×8.8mm

標準SIMの半分の大きさですが、microSIMと同じくIC部分の大きさは同じです。そしてLTE回線に対応した端末に使われており、主にiPhoneがnanoSIMの代表でしょう。

iPhone5よりも後に出たものは全てnanoSIMであり、それ以前に出されているもの(例えばiPhone4など)はmicroSIMとなります。

 

機能・目的は同じ!回線を使うためにある

大きさが上記のように違えど、この3種類のSIMカードの機能・目的は全く同じです。

そして冒頭で述べた通り、今までは大手キャリアのスマホにSIMロックが掛かっていたため、同一会社の端末でなければ入れ替えても機能しませんでした。

 

しかし最近ではSIMフリースマホが登場したり、SIMロックの解除が法律で定められたりと、回線をもっとフラットにそして自由に選ぶことができるようになりました。

そのためどこの回線を選ぶかを自分で選ぶことができ=自分のスマホに合うSIMカードの大きさを知っておく必要があるということです。

 

SIMカードのサイズ変更は可能なのか?

ギャル女子 のコピー 2

結論から言いますが、SIMカードのサイズ変更が可能です。

SIMのサイズを変更するというのは、機種変更(スマホ端末を換える)をした場合や何らかの事情で以前使っていた機種に戻す場合などでしょう

 

そして、SIMカードのサイズ変更は店頭持ち込みや郵送などにより、大手キャリア・MVNO(格安SIMを発行する会社)に変更してもらう方法と、自分で変更する方法があります。

ではそれぞれのやり方を見ていきましょう。

 

自分でSIMカードサイズを変更する場合

SIMのサイズを大きくする場合

nanoSIMからmicroSIM、microSIMから標準SIMのように小さいSIMから大きくしたい場合は、専用の変換アダプタ(普通に電気屋さんに売ってるもの)を付けるだけです。

変換アダプタも100~200円くらいで手に入りますので非常に簡単で楽です。ただしアダプタを付けてSIMスロット(SIMを入れる場所)に入れる時には注意が必要です。

少しでもずれてはめ込んでしまうと、次にスロットから出すときに引っかかって出せなくなってしまう可能性があるからです。慎重にやりましょうね!

 

SIMのサイズを小さくする場合

自分で小さくしたい場合は、「SIMカッター」という物を使います。穴あけパンチの要領でSIMかーどを小さく出来るのです。ICの部分も少し切り取ることになりますので、位置は慎重に合わせてくださいね。

ハサミやニッパーでも出来る方法を紹介しているサイトもありますが、割と難しく失敗する可能性が高いので、あまりお勧めできません。

なのでもしも自分で小さくしよう!という場合は必ずSIMカッターを使いましょう。

 

各企業(MVNOなど)に変更してもらう場合

この場合であれば、自分で変更するのと違い確実にその機種にあったSIMカードを手にする事が出来ますが、その分、事務費用が2000~4000円かかります。

また今まで使っていたSIMカードを返却しないと、損害金が発生してしまう事があるので、事前に各MVNOで調べておく必要がありますよ。

そして各MVNOのSIMサイズ変更対応は以下の通りとなっています。

 SIM変更費用損害金SIMカッターの使用変更手続き中の通話・通信の利用
楽天モバイル4000円3000円不可
NifMo3000円無し要確認2〜3日出来なくなる
UQmobile3000円無し要確認SIMカード受け取り後に変更手続き
IIJmio2000円無し不可
DMMmobile3000円2000円不可不可(使用した場合は2000円の損害金)
U-mobile3000円サイズ変更の場合は無し不可不可使用した場合は2000円の損害金)
mineo3000円無し要確認1〜2分程で利用可能
OCNモバイルONE2250円(データ通信専用SIM)
3450円(音声通話付きSIM)
無し

このようにSIMサイズ変更手数料や損害金などは、各MVNOによってさまざまです。

MVNOによってはSIMサイズ変更のサービスがなかったり、そのサービスがあってもサイズが限られていたりする事があるので注意してください

また料金変更や条件変更する場合もありますので、SIMサイズの変更が必要になった時点で、各MVNOに確認するのが安心ですね。

 

まだ端末が決まっていない場合は・・

ギャル女子 のコピー 2

何度も言っていますが格安SIMを契約する時にはSIMカードのサイズを選ばなければなりません

基本的には使おうと思っている端末に対応したサイズを選べばいいのですが、まだどの端末にするかどの機種にするか悩んでいる場合であれば、nanoSIMを選んでおきましょう

 

大きいSIMカードを小さくするのは大変ですが、小さいSIMカードを大きくするのは簡単だからです。またカットしないので、MVNOに返却する時の損害金も発生しません。

ですので、もし悩んでいる場合はnanoSIMを選んでください!

 

まとめ:最悪小さめ(主流のnano)で!

ギャル女子 のコピー 2

SIMカードは現在3種類の大きさがあり、各端末によって大きさが使い分けられています。そのため機種変更をする時に、SIMカードのサイズが違う場合が出てきまよね。

SIMカードのサイズを大きくする場合は、自分で行ってもさほど問題はありませんが、小さくする場合は自分で行うと失敗してしまう可能性が高くリスクが大きいでしょう!

 

この場合、MVNOにお願いすると事務費用などにより料金は高くなりますが、SIMカードを破損してしまうリスクがなくなります。(破損すればそれだけで損害金を払うハメに・・)

これらの事を考えると、契約時のSIMカードサイズをnanoSIMにしておく、そして万一サイズ変更(小さく)する場合は自分で行わずにMVNOにお願いするようにすると安心です。

そうしてください!では。

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

IIJmioは株式会社インターネットイニシアティブジャパン(略称IIJ)によるMVNO(格安SIM)事業となります。

 

格安SIMによって個人の方にも一躍有名になりましたが、IIJmioは元々インターネットサービスプロバイダの会社として広く知られていました。

コチラは古くから運営されており、官公庁や法人を顧客に圧倒的なシェアを誇ります

 

また日本初の商用インターネットサービスプロバイダ(ISP)を開始したISP事業者でもあるんですよ。

 

おすすめポイント

  • 長年の実績と高い信頼性
  • 申し込み不要の通話割引サービス
  • 最安値ではないが低価格な料金
  • 最大10枚のSIMで共有できるファミリーシェアプラン 

 

注意点

  • 解約手数料が高い
  • 選べる容量(プラン)が少ない 

IIJimio をチェック


11/14追記:こんにちは。良介です。

情報が大分古くなってきたので追記を行いにきました。どうぞ、よろしくです。まず、この記事を書いた当初はまだIIJmioを検証し切れておらず、レビュー記事が完成しておりませんでした。

しかし、11/14現在には「IIJmioを使ってみたので、通信速度などを徹底レビュー!」という記事があがっています。コチラは料金などの基本情報を詳しく載せていないので、使い心地等を知りたい方がご覧下さい。

また、もっと基本的なことを知りたい場合はこのまま読み進めましょう。では。


IIJmioの主な料金

若い新米男子 のコピー 2

月額基本料金

プラン名容量月額料金
データ通信専用SIM(ミニマムスタートプラン)3GB900円
音声通話付きSIM(ミニマムスタートプラン)3GB1,600円
データ通信専用SIM(ライトスタートプラン)5GB1,520円
音声通話付きSIM(ライトスタートプラン)5GB2,220円
データ通信専用SIM(ファミリーシェアプラン)10GB2,560円
音声通話付きSIM(ファミリーシェアプラン)10GB3,260円

IIJmioのプランは全て定額プランとなり、3GBのミニマムスタートプラン、5GBのライトスタートプラン、10GBのファミリーシェアプランの3種類のみです。

そして、ファミリーシェアプランは新規契約時に最大で3枚のSIMカードを発行でき、プランの容量を共有することができます

 

新規契約時以外も、後から最大で合計10枚までSIMカードを追加できますが、その場合は1枚につき2,000円の手数料と、4枚目以降のSIMカードは1枚につき月額400円の利用料が発生するため注意が必要です。

また、SIMカードを追加しても合計容量が増えないので、SIMカードが増えれば増えるほど個々に使用できる容量は当然少なくなりますよ。

 

ファミリーシェアプランは2,560円の月額料金に、SMS機能付きSIM1枚につき140円、音声通話機能付きSIM1枚につき700円となります。

そして各機能は1枚ごとに追加料金が掛かり、その合計が月々のお支払い料金です。

  

若い新米男子 のコピー 2

例えばね・・。

ファミリーシェアプランで新規契約時にSIMカードを3枚、後からSIMカードを3枚追加した場合で考えよう!

 

構成:データ専用SIMを2枚、SMS機能付きSIMを1枚音声通話機能付きSIMを3枚

  • 2,560円(ファミリーシェアプラン月額料金)
  • SMS機能付きSIM1枚:140円
  • 音声通話機能付きSIM3枚:700円×3
  • 4枚目以降の追加SIMカード利用料:400円×3

この場合の月々の料金は6,000円となります。 

▶︎▶︎参考記事:IIJmio高速モバイル/D 音声通話機能付きSIM ファミリーシェアプラン

 

通話料金

通常通話料

プラン名通話料
全プラン共通20円/30秒
ファミリー通話割引適用時16円/30秒

 

みおふぉんダイアル

サービス名月額料金通話料
みおふぉんダイアル0円10円/30秒
みおふぉんダイアル+ファミリー通話割引0円8円/30秒

通話料は他の格安SIMと変わらない料金ですが、「みおふぉんダイアル」というアプリを利用して通話した際に料金が割引されるというサービスがあります

またファミリー通話割引というものもあり、同一名義で複数契約しているSIMがある場合に、そのSIM同士での通話が20%引きとなります。

 

「みおふぉんダイアル」は音声通話付きSIMを契約しているユーザーであれば、別途申し込みの必要なく利用可能できる割引です。

コチラは月額料金が一切かからず、「みおふぉんダイアルアプリ」経由で通話を開始するだけで通話料が半額となるので、上手く利用したいところです。

 

さらに、これらのファミリー通話割引と「みおふぉんダイアル」の併用も可能で、その場合は30秒で8円と非常に安い価格で通話が可能となります。

 

最低利用期間(←注意が必要)

最低利用期間・解約手数料

プラン名最低利用期間解約手数料
全プラン共通(データ専用SIM)なし0円
全プラン共通(音声通話付きSIM)あり(12ヶ月)
12,000円~0円
利用1ヶ月ごとに-1,000円

データ専用SIMは解約手数料はかかりませんが、音声通話付きSIMの場合は解約手数料が12,000円かかり、1ヶ月利用するごとに1,000円安くなっていきます。実質的に12ヶ月の最低利用期間がある状態です。

解約手数料が非常に高額なため、音声通話付きSIMを利用する場合は最低でも半年程度の継続利用が目安となるでしょう。

 

まとめ:複数人での使用・大容量を求める方に!

若い新米男子 のコピー 2

IIJmioは今までの経営実績、サービス提供のノウハウから信頼できるMVNO事業者の一つです。速度は決して他社に比べて優れているわけではありませんが、安定した通信速度で提供されています。

しかし、IIJmioは人気の格安SIMなため、朝や昼夜の混雑時には他の格安SIMと同じく速度の大幅な低下が見られます

IIJmioの場合は設備増強を繰り返し行っていますが、さらなるユーザーの増加もあるため、速度が回復しては落ちてという状況が繰り返されています。

 

とはいえ、一部の格安SIMのように一切通信ができなくなるほど速度が落ちることはありませんので、その面では混雑時も安定したサービス提供がされている格安SIMの一つです。

また、業界内でまだまだ数の少ない、複数のSIMで容量を分け合える機能の付いたファミリーシェアプランも魅力の一つです。

 

通話も専用のアプリこそ必要ですが、わざわざ申し込みをしなくても、月額料金なしでいつでも使用可能な通話割引サービスがありますので、他の格安SIMに比べてお得に利用することができます。

料金は業界最安値とまではいきませんが、比較的低価格の料金設定となっています。安定した通信品質と低価格の両方の条件を満たしたバランスのよい格安SIMです。

 

デメリットもあるから申込みに見てね

選択できるプランが3GB、5GB、10GBの3プランしかないため、選択肢が少なく、月に1GB程度しか利用しないユーザーには価格的にはあまり魅力がありません

解約手数料も非常に高いため、音声通話付きSIMを契約する場合は気軽にMNP転出や解約できないことを念頭に置いておく必要があります。

IIJmioが登場した当初はあまり格安SIMも多くなく、その中でも非常に低価格で魅力的な格安SIMでした。最近ではIIJmioよりも安い格安SIMは珍しくなく、プランの容量が細かく設定されている場合も多いです。

最安値を求める方にはあまりおすすめできませんが、価格と品質のバランスを求める方にはおすすめの格安SIMです。

 

スマホを使っていない方はサプライサービスもあり?

格安SIMは今現在、スマホを普段使わない人にも広がりつつあります。というか本来であればそういった人にこそおすすめなのが格安SIMです。

あまり使用していないのに大手キャリアから多大な金額を取られ続けるのはどうかと思うでしょう。つまりそういった人にこそ上手に利用して節約してほしいのです。

 

ただそういった人の場合、あまりIT関連に詳しくなくガラケーからいきなりスマホ。それも格安SIMに乗り換える!という人も多くいるでしょう。

若干ハードルが高いようですが、その数はどんどん増えるでしょうし、実はそこまで難しいことではないということも認識されていくはずです。

 

そしてそんな人におすすめなのがIIJmioのサプライサービスです。『サプライズサービス』ではなく『サプライサービス』ですからね!笑

このサプライサービスは格安SIMやスマホ初心者の方のために作られたサービスで格安スマホと格安SIM(IIJmio)を同時に契約できちゃう!といったものです。

 

格安SIMって大手キャリアと違って基本的にネットワーク設定などを自分でしないといけないですし、simフリー端末だとなおさら設定が面倒くさいです。

そういった点から格安SIMに乗り換えることをためらっていた・・という方はぜひともIIJmioのサプライサービスを活用してみてください。

 

スマホの種類も豊富で、最近人気の格安SIM『ハーウェイ』を揃えているなど初心者向けのサービスといっても一切の妥協を許していません。

▶︎▶︎参考記事:格安スマホ『ハーウェイ』ってどういうの?優子のおすすめを紹介

料金もスマホ端末とセットで月額2980円〜と、大手キャリア(だいたい月8000円くらい)と比べると大幅に安くなりますよ。この機会にどうぞ!

 

迷っている方はプリペイドSIMからでもOK

最後に、これでもまだまだ信用ならん!と思っている方はプリペイドSIMからご利用してみてはいかがでしょうか。プリペイドSIMとはある期間をお試し感覚でSIMを使えるというものです。

ちなみにmineoなどの他のSIMにもあるもの(全部の格安SIMにあるわけではない)なので、比較してみたい!実際にネットに繋がるのかやってみたいという方におすすめです。

料金は3ヵ月丸々使えて3791円となります。ただ使えるデータ通信容量は2GBなので、実際にコレを使い続けることは普通に考えて厳しいです。なのでお試しでね、やってみてください。

▶︎▶︎参考記事:2GBってどれくらい?一体何に何GB使っているの?

▶︎▶︎参考記事:IIJmio データ通信専用SIM 3GB 900円

 

11/14追記:DMM mobileとも比べてみました

冒頭で登場した11/14の良介です。どうも。

もう少しだけ追記させてください。先ほどIIJmioのレビュー記事を追加で紹介させていただきましたが、同系列で業界最安値クラスであるDMM mobileとの比較レビュー記事も、そう言えば先日アップしていましたww

スッカリ忘れていたのですが、割りかしこの2つの格安SIMを比較する方が多かったことから、実際に通信速度や料金を試してみたのです。なので良かったらご覧下さい!どうぞ。

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

前回、iPhone5と5cでmineo(マイネオ)が使えるのかという実験記事を公開した格安SIMアドバイザーの翔太です。

以前の記事は意外にも反響を受けたので嬉しかったのですが、なぜか僕がmineo担当みたいになっちゃって困っています。笑 まあ、いいんですがね。

そして今回もまたmineo(マイネオ)についての記事となります。言ってしまえば上記2つの記事の後日談のようなもので、実際iPhone5cでmienoを使ってみてどうなのか?という点も伝えられたらと思います。

▶︎▶︎公式サイトはコチラ:月額756円(税込)からの格安スマホmineo

 

格安SIMのSMS事情とmineo(マイネオ)

仕事できない男子 のコピー 2

SMSとは何なのか?

今回勃発したSMSが使えない事件の概要を話す前にSMSとは何なんのを今一度説明しておきます。もしも既に知っているという方がおられましたらスルーしてください。

SMSとは電話番号によってメッセージのことです。iPhoneを使っている方なら一度は下記のメッセージアプリの絵柄を見たことがあるでしょう。そう、これがSMS(またはMMSかiMessage)。

 

スクリーンショット 2016-06-19 10.01.53

 

これは電話番号のみで送れるので相手のアドレスを知っている必要がなく、相手がキャリアを変更してアドレスが変わったとしても引き続き登録し直すことなく送れるとして重宝されていました。

またSMSは携帯(ガラケー)時代にも「Cメール(auケータイ)」として存在しており、ある一定のユーザーによって使われていたのです。思い出しましたか??

 

電話番号がデフォルトで存在しない格安SIM

何度も言いますが、SMSは電話番号がないと使えません。つまり、電話番号をデフォルトとして持たない格安SIM(データ通信専用SIM)では基本的にSMSを使うことはできないのです。

ただ、データ通信専用SIMの中でもオプションでSMSを使用できるようにしたり、音声通話付きSIMといったものが存在したりと格安SIMでもSMSが使えることは『基本』になっていると思われます。

 

そして今回私が母におすすめしたmineo(マイネオ)も例外ではありません。

mineoにはドコモ回線をしようしたDプランとau回線を使用したAプランの2つのプランがありますが、どちらであってもSMSを使うことは可能です

 

mineo(マイネオ)でSMSを使うために

もしかすると、その点が不安でmineoに乗り換えることができない人がいるかもしれないので、ここの説明もしておきましょう。

先ほど言った通りmineo(マイネオ)には2つの回線があります。

  • Aプラン(au回線)
  • Dプラン(ドコモ回線)

ほとんどのスマホはドコモ回線に対応しているので、あなたもきっとDプランにすると思いますが、その点はきちんと自分で調べてから契約しましょうね。

一応、契約してから回線を変更することもできますが、手数料がかかりますし日数や手間もかかるので、契約前に自分のスマホの対応周波数を確認しておいてください。

 

そしてAプランとDプランの両方にデータ通信専用SIM(シングルタイプ)と音声通話付きSIM(デュアルタイプ)が用意されています。もちろん基本料金とかが違うのでそこら辺も事前にチェックしてください。

少しややこしくなったので表にして載せておきます。

 

mineoのAプラン(auの回線)

 データ通信専用SIM(シングルタイプ)音声通話付きSIM(デュアルタイプ)
500MB700円1310円
1GB800円1410円
3GB900円1510円
5GB1580円2190円
10GB2520円3130円

 

mineoのDプラン(ドコモの回線)

 データ通信専用SIM(シングルタイプ)音声通話付きSIM(デュアルタイプ)
500MB700円1400円
1GB800円1500円
3GB900円1600円
5GB900円2280円
10GB2520円3220円

 

こういった風に、まずは回線をどちらにするか、そしてシングルタイプとデュアルタイプのどちらにするかを選ぶ必要があるのです。ここまで大丈夫ですか?

 

mineoのAプランを契約した場合

シングルタイプ

シングルタイプ、つまりデータ通信専用SIMのタイプを選んだ際は『マイページ』からSMSを使えるように設定しないといけません。

また申込みの時にオプションであるSMS機能を付けますか?と問われるので、そこで付けるにチェックを付ければシングルプランでもSMSを使えるようになります。

 

デュアルタイプ

デュアルタイプ、つまり音声通話付きSIMを契約した場合は既にその機能が付いているはずなので、特段操作をする必要はありません。

 

mineoのDプランを契約した場合

シングルタイプ

Aプランと同様にDプランのシングルプランでもSMSを使うことができますが、契約時に『SMSアリ』の方にチェックを入れておく必要があります。

もしも契約してから気づいた・・という場合はAプランの時と同じようにマイページからログインしてSMSをアリに変更する必要があります。

 

デュアルタイプ

Aプランのデュアルタイプと全く同じです。そもそも通話機能がある場合は基本的にSMSを使うことができます。これは通話に使う回線を通してSMSを利用しているからです。

 

SMSが使えない事件勃発から解決まで

仕事できない男子 のコピー 2

SMSを使わないための用意

では実際に『SMSが使えないよ!』と母親が騒ぎ出してから、私がSMSを使えるようにしたところまでを書いていこうと思いますが、結論から言うと『SMSは使わない』という判断を下した方が絶対に良いですよ。

理由はこれからの時代、端末を買い替えるスパンはどんどん短くなるからです。また格安スマホはiPhoneなどの高級スマホと比べて壊れやすい・・というのは仕方のないことです。

つまりダメになったら修理!っていう概念は既に無くなりつつあり、ダメになったら買い替える!というスタンスが主流になるはずです。

 

そんな場合にSMSとかを使っていれば、その時その時でデータが消去されてしまいますよね。

その点、クラウド上で管理できるGoogleサービス(Gmail)であれば突然端末が壊れて使えなくなった場合であっても、データはクラウド上にあるのでパソコンなどの別のデバイス(機器)で確認することができます。

 

また格安SIMでSMSを使うには月額基本料が数百円高くなることが基本です。この部分の削減もできるので、基本的にSMSは使わない!という判断をお願いします。

そして母親も実はその方向性でいってたはずなんです。私がわざわざGmailの登録を済ませて、使い方も伝授したはずなのですが・・・。

なぜ今回のように『SMSを使いたい!』と言い出したのでしょう。

 

どうしてもSMSが使いたいのだが・・・

母親がSMSを使いたかった理由は主に2つです。

  • LINEや楽天銀行の『認証』にSMSが使われる
  • 母親の友だちのほとんどが

まず1つ目は何故か母親がメルカリをやっており、その認証にSMSが必要!ということでした。またこの事はLINEや楽天銀行などの主要アプリやwebサービスを使う上でも同様に必要です。

なのでこの事に関しては一概に母親だけの問題というわけでは無さそうなんですよね。

 

そして2つ目は母親の友だちが全くスマホを使っておらず携帯(ガラケー)を使っていることにありました。携帯(ガラケー)、それも古いタイプの機種の方が多く、LINEを使う人が全くいなかったんですね。

通常、Gmailでやり取りをすればいいだけの話のように思えるのですが、この話はそれだけに止まらなかったのです。それはガラケーメールのデフォルト機能に原因がありました。

 

ガラケーの場合、GmailやYhaooメールなどの『フリーメール』と呼ばれる類いのものは迷惑メールとして認識し、そもそも受信ボックスに届きません

母親の友だちの9割が見事にこの設定になっており、解除すらできないのだとか・・・。ふう〜。

 

こういった事から、その友だちたちの迷惑メール設定を変更するよりも母親がSMSを使った方がいいと判断し、使い方を教えたのですが、なんとまあ全く使えなかったのです。

 

あれ?mineoの音声通話付きタイプ(デュアルタイプ)なのに何で!?!?!?って感じで。

 

どうやら調べてみるとたくさんの人がmineoでSMSを使えない・・と嘆いていました。

 

mineo(マイネオ)でSMSを使えるようにした設定

そしてSMSが使えない・・と言う人たちに共通点があり、それがiPhoneを使っている人でした。これは不確かなのですが、恐らくiPhone5c/5sでmineoを使っている人たちです。

(もしもiPhone6や6sで使えないという人がいれば教えてください)


11/1追記:うっす!翔太です。当記事は4ヵ月程前に書かれたものなので、若干情報が古くなっています。ということで今から少しだけ追記していきますね。

まずmineoでSMSが使えない(非対応であるiPhone5s/5cを使っている人)という問題ですが、実は11/1現在ではiPhone5s/5cともにmineoで対応済となっております。

なので安心して使えると同時に。やはり「SMSが使えない!」と嘆く方がいなくなりました。私の母のスマホも普通に使えているので、コレは間違いないでしょう。

もしも「私のスマホではmineoのSMSが使えない!」って方はご連絡いただければと思います。よろしくお願いいたします。

▶︎▶︎参考記事:当サイトへのお問い合わせはコチラです!


まあ、元々iPhone5c/5sはmineo(マイネオ)公式サイトで非推奨とされているので、仕方ないっちゃ仕方ないのですが、これが使えないとなると母親が友だちと連絡を取れなくなるんですね・・。

またLINEや楽天銀行、メルカリなどの「認証」がいるサービスを使うことすらできません。ん〜。

 

こういった感じで色々と考えた結果、やはりSMSを使える技はないのかと模索することにしました。すると、ある一つの方法によりSMSが使えることを発見!

その方法は下記の手順です。

  1. 設定をタップ
  2. モバイルデータ通信をタップ
  3. モバイルデータ通信のオプションをタップ
  4. 『4Gをオンにする』をOFFに!

たったこれだけなのですが、4Gをオフにすることでデータ通信ができなくなり、電話のみが繋がる状態となります。もちろんWi-Fiもオフにしといてください。

この状態にすることで、メッセージを送ることが可能になるのです。(ごめんなさい、理由はわからないです)

 

ただこの方法だとデータ通信が一切行えなくなるので、そもそもネットに繋げたりすることが不可能となります。なので継続的にこの状態を保ち、スマホを使い続けることは現実味がありません

どうしてもSMSが使いたい!認証メールを一時的に受け取りたい!などの一瞬の作業時に使ってみてください。

 

まとめ:できないと嘆く人は一度やってみ!

仕事できない男子 のコピー 2

格安SIMはSMSを使うこと自体を推奨していない(Gmailなどのフリーメール推奨)ものの、未だにSMSを使わなければならない機会が多くあります。

そういった時に困らないように各MVNO(格安SIM)では、SMSを使えるようなデフォルト機能やオプションを備えているはずなので、一度ご自身格安SIMでSMSは使えるのかを調べてみましょう。

 

またiPhone5c/5sをmineoで使った場合では、今回の作業をすることにより使えるようになります。

絶対的根拠はないものの、この作業をすることで使えた!というケースが多くあるので困った場合はぜひともやってみてください。(使えなかった!などの事例があればコメントください)

 

追記:iPhone5cをmineoで使う!後日談

仕事できない男子 のコピー 2

冒頭でmineoをiPhone5cで使った場合の後日談を書くと言いながら書いてなかったので、追記としてここに書いておきますね。

まずデータ通信と電話の両方が何の問題もなく使えていることは確かです。なのでmineoが推奨していないものの2台中2台で普通に成功しているので再現性は非常に高く私はおすすめします。

 

もちろんここでやってみるかどうかはあなたの判断ですが、iPhone端末を持っていて、そのまま端末を換えずに使い続けることは初期費用をぐっと抑えることに繋がりますし余分な負担が大幅に減ります

またiPhoneというのは他のスマホに比べて非常に料金が高い高級中の高級スマホです。特に操作性・感覚性においてiPhoneに勝る端末はないでしょう。

 

事実、iPhoneからAndroid端末に換えた方のほとんどがタッチ感度や操作性に不満を持っています。

 

そしてmineo(マイネオ)の場合、ドコモとauの2つの回線を持っているので、「iPhoneがmineoで使えない・・」となってもリスクはほぼない!と言えるでしょう。

元からドコモのiPhoneを持っていればそのままsimフリーのドコモ系端末(対応周波数)を買えばいいだけだし、auのiPhoneを持っていれば、回線をドコモに換えるだけでドコモの端末を使うことができます。

 

つまり一度ご自身のiPhoneでmineo(マイネオ)を試してみることにリスクというリスクはないのです。どうせ格安SIMにするなら初期費用を抑えたいですよね?

だったらぜひとも挑戦してみてください!では。

▶︎▶︎参考記事:mineo(マイネオ)の申込みはコチラからできます←

 

追記に対する追記:iPhone5s/5cがmineoで対応された

仕事できない男子 のコピー 2

はい、追記に対して追記していきますね。

今日はハロウィンから一夜明けた11月1日なのですが、当サイトでNO.1の人気を誇るmineoさんはiPhone5s/5cに対応されましたことをココにご報告いたします。

というのも今現在iPhone5s/5cの人気が急上昇しており、中古でもなかなか売られていない状況なんですね。理由はスペックが高いのに、iPhoneにしては安いからです。

 

つまりコスパの良さからずっとmineoでの対応が待たれている状況でした。(私は非対応の時から使っているがww)

そんな中での”対応”となったので、「我こそは!」とiPhone5s/5cを買いあさる方が殺到しております。もしもmineoを使っている人でiPhoneをと考えている方は早めに購入しましょうね。

以上でーす!

mineoを公式サイトでチェック!

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

格安SIMに対抗して大手キャリアが大幅に月額料金を下げる流れは絶対に来るだろうと思っていましたが、やはり来ましたね。

今日(6/17)から8月31日までに『新規で契約』または『他の回線から乗り換え』の人限定でiPhone SEを月額1980円で使えるキャンペーンをauが発表しました。


11/1追記:ハロウィンを終えての追記となります。お久しぶりの翔太です。

さっコチラの追記内容は至って簡単。この記事に書かれているauのキャンペーンは残念ながら、既に終了しています。というかiPhone7の登場により、iPhoneSEの存在が吹き飛んでしまいましたね。笑

ちなみにですが、auさんの方では新作であるiPhone7の実質負担0円というキャンペーンをやっているので、ご興味ある方は下記からご覧下さい。ではでは。

▶︎▶︎参考記事:auのiPhone7に乗り換えキャンペーン!


考察前にこのキャンペーンの対象者を今一度確認しましょう。

  • 6月17日〜8月31日までに契約した方
  • auスマートバリューに加入している方
  • 新規契約または他者からの乗り換えの方
  • iPhoneSEを購入の方

上記が月額1980円キャンペーンの対象となります。iPhone SEと言うと、iPhoneシリーズの中で最高のスペックを持ちながら、大きさで人気の機種であったiPhone5sと同じ大きさの高級スマホです。

そのスマホがたった月額1980円で使えるというのは大大大ニュースですよね。

 

キャンペーンの適用条件を詳しく見ていく

仕事できない男子 のコピー 2

auのスマートバリューとは何なのか?

ここからは私がこのキャンペーンで気になった点を書いていき、最終的にこの記事の目的である『今回のキャンペーンは”アリ”なのか』を検証していきます。

そして1個目に気になったのがキャンペーン適用には『auスマートバリュー』に加入しているという条件です。

 

既にauで回線を契約している人からすると、聞き慣れた言葉かもしれませんが、私を始めとする非auユーザーには全く聞き慣れない言葉でしょう。

それ故にiPhone SEを1980円で契約できると思っていたのに、蓋を開けると条件を満たしていなかった・・。なんてことになりかねません。

もしも「契約しよう!」と思っている方は、こういった細かな点もきちんと把握した上で契約するようにしてくださいね。(非加入者は2914円となります)

 

[auスマートバリューの簡単な説明]

auスマートバリューとは、auスマートフォン / auケータイ / 4G LTEタブレット・4G LTE対応PCの対象のデータ(パケット)定額サービスご加入と、「auひかり」や対象固定通信サービス(ネット+電話)(注1)との組み合わせ、またはWi-Fiルーターとの組み合わせで、ご利用料金から毎月最大934円~2,000円(最大2年間)(注2)を割り引くサービスです。

引用:au公式ホームページ

 

つまりはスマホをauの回線で契約+auの固定回線(auひかり)に契約することで、毎月の料金から2000円を引いてくれるというサービスです。

スマホと固定回線の両方をauの回線で使うんだったら2000円くらい割り引くのは当たり前のようにも思えますが、固定回線を使いたい人からするとお得な制度です。

 

ただね、単にスマホを契約したいだけの人からすると余分なものに違いありませんよね。

 

また今回のiPhone SEのイチキュッパキャンペーンでiPhone単体のみで契約したい人は1980円にならない!ということです。まずはこの点を確認する必要があります。

この流れで固定回線をauのau光回線に乗り換えてしまう!というのもアリですが、もっと安くなる方法があるのでおすすめとは言い難いですね。

 

iPhone SEしかダメ!

今回のキャンペーン名は『iPhone SEイチキュッパキャンペーン』です。つまり、今回の割引キャンペーンが適用される端末はiPhone SEのみとなります。

まあ、新しい端末だし!それに安く使えるならいいよね!って浮かれてる方。ここは注意が必要ですよ。

 

理由は端末代は割引されずに別途で購入代金が必要になるからです。そしてiPhone SEはその前の6や6sに比べて安くなっているものの、そうであっても高級スマホです。

16GBと64GBの2つがあり、16GBは47800円(税抜)で64GBは59800円(税抜)となります。

 

ね?すっごい高いですよね?

格安SIMが出てきて、それに合わせて格安スマホが出てきている現在。安いスマホであれば1万円台で購入することも難しくありません。事実、私のスマホは9000円台です。笑

 

そんな中で高スペックで非常に高級なiPhoneシリーズを使うことがどれほどバカな選択なのか、今一度自分のスマホ活用シーンをイメージする必要があるのではないでしょうか。

(Macを使っている人や仕事でスマホを多用する方の場合、iPhoneなどのスペック機能に優れた機種を選ぶことが賢い選択といえる場合はあります)

 

若干話がズレましたが、つまり『イチキュッパキャンペーン』を適用する場合は、別途でこれだけのお金がかかるということです。

もちろん分割払いも可能ですが、その場合はせっかくの月額1980円から大幅に値上がりし、4508円(16GBの場合)からとなります。

 

ん〜〜。これだとせっかくのキャンペーンが台無しでは?どうしてもiPhone SEを使いたくて、それもある程度のお金の余裕があり一括で買うよ!という人からすると良いかもしれません。

・・っが、もしも分割で買おうもんならやっぱり高い!(私は格安SIMアドバイザーなので格安SIMを使った場合を基準に『高い』『安い』を評価しています)

 

要注意!月間たったの1GBのデータ通信量

またこのキャンペーンで一番の要注意は『通信量がたったの1GB』であるという点です。

キャンペーンの適用条件に「データ定額1」で契約を記されているのですが、このデータ定額1こそが月々のデータ通信量が最大1GBに止められるというプランです。

 

皆さんは1GBがどのくらいなものかご存知ですか?

ちなみに私の母親(普段、LINEとメールしか使わない)が月々に消費するデータ通信量は1.1GB程度です。つまり母のようにLINEとメールを、それも月に数十回程度しか使わない人からすると然程気にならないかもしれません。

参考記事:月々のどれくらいのデータ通信量を消費するのかの目安を書いています

 

しかし割と一般的な使い方(動画を見たり、Webを開いたり)をする人からすると、とてもじゃないですが、1GBに月のデータ通信量を抑えられるとは考えにくいのです。

だいたい2.5GBくらいまでは使うのではないでしょうか。だとすると、月の半分近くは制限を食らうということになり、Twitterの画像やインスタの画像が全く開けない状態になるのです。

 

これをあなたは耐えれますか?

 

割引期間は2年間であり、2年縛りも付いてくる

今回の割引期間は2年間なので月額1980円で使えるのは2年間となります。(その後は500円割引)

通常、2年間でだいたいの人がスマホを買い替えるので、2年で割引が消えるのは別に大したことではないのですが、問題はそこではなく回線契約に『2年』という縛りがあることです。

 

これは所謂2年縛りというもので、2年間の間に別の回線に乗り換えたり解約をした場合に解約金9500円がかかってしまう・・というものです。

大手キャリアのほとんどがこの2年縛りを適用しており、別の回線に乗り換えられるのを防ごうとしています。

 

これの何が嫌って2年間は回線を変更できないという点です。いざ使ってみて電波の入りが悪いなあと思っても格安SIMのように気軽に回線をチェンジできないのです。

身軽になろうとする時代の真反対にある制度ではないでしょうかね・・。

 

今回のキャンペーンで得する人!損する人!

仕事できない男子 のコピー 2

どっかのテレビ番組の名前みたいになりましたが、今までのことを踏まえて契約すると得をする!損をする!という人をまとめていきましょう。

 

契約してもいい人まとめ

  • iPhoneSEがどうしても使いたい
  • auスマートバリューのユーザー
  • au回線に満足している
  • 2年間は絶対に乗り換えない自信がある
  • 一括でスマホを買えるくらい金銭的余裕がある

これら1個でも当てはまる場合ではなく、これらの5個全てが当てはまっている人に限り、今回のauイチキュッパキャンペーンを契約してもいいと思います。

逆に考えるとこれらの1つでも自分に当てはまらないという方はどの道後悔をする・・、または思っていたのと違う!といった状況に陥ると考えられますのでダメです。

また『契約するべき人』ではなく『契約してもいい人』と書いたのは、この条件だったら格安SIMで契約した方が料金的にもっと得をできるからです!また2年縛りもないですしね。

 

絶対に契約してはいけない人まとめ

  • 安いから契約しようと思っている
  • なんとなくiPhoneシリーズがほしい
  • 特に固定回線を引く必要がない

今回の月額1980円は大手キャリアとしては随分安い料金です。しかし最近勢いのある格安SIMはそれ以上に安いですし、月のデータ通信量も3GB程度確保できます。

もちろん回線の安定性はauの方が上ですが、月々の料金やスマホ代、そして必要のない固定回線のことを考えると、契約してはいけない人の方が圧倒的に多いでしょうね。

 

まとめ:イチキュッパキャンペーンは”アリ”なのか

仕事できない男子 のコピー 2

だいたい予想が付くと思われますが、今回のiPhone SEイチキュッパキャンペーンは大手キャリアにしてはよくやったな・・という程度で”アリ”と判断することは到底できません。

逆に”ナシ”と判断できるのかと言われると、これまた少し注意が必要ですが、本当にごくごく一部のユーザーに限られるでしょうし、格安SIMで新品のiPhone SEを使った方が圧倒的に得でしょう。

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

最近、世に認知され始めてきた『格安SIM』により、月々1万円弱かかっていた携帯代が月々1000円台で使えるのが普通となってきました

また、それと同時に約1万円ほどで購入できる『格安スマホ』が登場したことで、格安SIMと格安スマホの利用者がグッと伸びてきたのです。

 

*このサイトでいう『格安スマホ』とは*

本来、格安スマホとは月々1000円台ほどでデータ通信ができる格安SIMを搭載したスマホのことを指しますが、ここでは分かりやすいように端末代が安いスマホのことを格安スマホと言っています。

 

こういった流れから出てきた言葉が『白ロム』や『赤ロム』といった言葉です。正直、何のこと?って思いますよね。格安SIMのことを知っている人でさえ知らないという人は多いです。

今回はこの白ロムや赤ロムの意味、注意点についてです。

 

白ロムとは

若い新米男子 のコピー 2

ではまず白ロムの説明からですが、回線契約がされていない携帯端末のことを、一般的に「白ロム」と呼んでいます。(中古でスマホを購入しようと思っている方はよく聞いてね!)

本来はSIMカードが存在せず、携帯端末に直接電話番号などの情報を書き込んでいた時代に使われていた言葉で、携帯端末の記憶領域、つまりROM(Read Only Memory)に何も書き込まれていない未使用の真っ白な状態のことを指します。

 

白ロムはなにも入っていない状態なため、新たに電話番号などの情報を登録して利用することができます

現在ではそれらの情報は全て携帯端末ではSIMカードに書き込まれているため、正確には白ロムという定義には当てはまりませんが・・。笑

今では、単にSIMカードが入っていない状態の端末の総称となっており、主にオークションやショップで使われているのです。

 

なので中古のスマホを購入しようと考えている方、またその逆でスマホをインターネットオークションや中古ショップに売り出そうと考えている方は白ロムとなっているか今一度チェックしてください!


11/1追記:格安SIMアドバイザーの良介です。この記事では白ロムと赤ロムの違いを書き、さらに注意点を書いていますが、中古を買う場合の注意点がまだあったので追記させていただきます。

それが対応周波数というものです。各スマホには対応周波数というものがあり、それが各通信事業者の通信とマッチしなくては通信ができません。

 

これはSIMフリースマホであってもです。SIMロックが掛かっていなければ、どんな通信事業者でも使えると思っている方があまりにも多かったので注意書きとして追記しました。

また自分の買おうと思っているスマホが契約予定のMVNO(mineoや楽天モバイルなど)とマッチするのか不安な方はご気軽に当サイトの『お問い合わせ』にてお聞きください。

暇な格安SIMアドバイザーがあなたに疑問にお答えしますww

 

最後に。格安SIMアドバイザーの中にも、過去中古スマホを買って”失敗”をしたという方がおられたので、記事としてまとめています。

中古のスマホを狙っている方はぜひとも下記記事をご覧下さい。これにて追記を終わります。

▶︎▶︎参考記事:中古スマホを買ってガチで失敗した話を紹介


白ロムのメリット

各キャリアのハイスペックで多機能なスマートフォンを契約なしで購入できる

最近はSIMフリーのスマートフォンも増加してきましたが、iPhoneシリーズやNexusシリーズを除き、ハイスペックモデルはSIMフリーモデルではなく、大手キャリアから販売されています。

特におサイフケータイなどのIC機能やワンセグフルセグ機能などのハイスペックな機能はキャリアモデル以外ではほとんど見かけません。

 

ハイスペックかつ、多機能なスマートフォンが欲しい場合はキャリアモデルを購入する必要があるのです。

しかし、キャリアモデルは契約とセットでの購入のみとなり、端末代以外にも月々のデータ通信料金、基本料を支払うことになります。

 

また、前のスマートフォンの月々の割引などが残っていると、それが消えることもありますし、場合によっては一括で支払う必要がある可能性もあります。

白ロムは単純に端末のみを購入することになるため、キャリアと契約をする必要がありません。以前のスマートフォンの残債や割引などを気にする必要が無いので、いつでも気軽に購入することができます。

 

各キャリアの白ロムは全て技適マークがある

iPhoneやNexusシリーズを除き、SamsungやHTCなどのハイスペック端末はキャリアモデルを購入するか、SIMフリーモデルを海外から輸入する必要があります。

海外から輸入したSIMフリーモデルは余計なアプリが入っていない代わりに、技適マークがほとんど存在しないため、日本国内で3GやLTE通信などを行うことは違法になります

一方で、各キャリアの白ロムは当然ながら国内で正式に発売されている端末になるので、全て技適マークのある端末で安心して利用することができます。

 

*技適マークとは*

日本に無数に飛んでいる電波を妨害させないために、「電波を妨害しない端末である」と認められたものに付けられるマークを『技適マーク』といいます。

そして、この技適マークが付いていない端末を日本で使うことは許されていません。もしも使ったら捕まっちゃうので絶対にダメですよ。

 

白ロムの注意点

白ロムとは未開封品であっても、一度個人に渡ったものです。そのため購入時にどれだけ気をつけたとしても、赤ロム化のリスクがあります

 

赤ロム化を注意!

赤ロムとは、その端末を最初にキャリアから購入した人物になんらかの不正行為などがあった場合に、キャリアの判断により、その携帯端末のネットワーク通信を制限することです。

この場合、キャリアの通信が利用できなくなり、Wi-Fi経由でしか通信ができなくなります。せっかく数万円かけて購入したスマホがただの箱になってしまうのです。

 

*赤ロム化する主な原因とは*

  • なんらかの不法行為により入手した端末だった
  • 契約書類、申し込み内容に不正があった
  • 最初にキャリアから購入した人が残債があるにもかかわらず、支払いをしなくなった

こういった場合にそのスマホは赤ロム化してしまい、通信制限をかけられる恐れがあります。もしも不安な方は、その白ロムがどのような状態かを下記サイトで調べることができるのでチェックしましょう。

製造番号であるIMEI番号を入力することでチェックできるので、購入前に必ずIMEI番号の確認をしておいてください。

 

各キャリアネットワーク利用制限確認ツール

判定ネットワーク利用制限端末代金の残債状態
なしなし通信可能
一括、もしくは端末代金が全て支払われた端末
なしあり通信可能
分割で購入し、残債を支払中
支払いを拒否した場合は利用制限
×あり――通信不可能
赤ロム(利用制限中)

 

IMEI番号が確認できない端末はどれだけ安くてもおすすめできません。赤ロム化すると、最後の購入者に過失がなくとも、キャリアが利用制限を解除することがないからです。

つまり、完全にWi-Fi運用でしか利用できなくなります。すると、通話もできず、外出先ではWi-Fiスポットかモバイルルーターを使用しなければ通信もできないため、非常に不便ですよね。

 

白ロムを購入する際には、必ず利用制限確認ツールで確認し「○」が表示されている端末を購入するようにしましょう

ただし「○」が付いていても、紛失時の端末お届けサービスを悪用した方法で、最初の購入者が売却後、キャリアに対して紛失したと偽り、新たな端末を手に入れた場合があります。

 

この場合は、たとえネットワーク利用制限確認ツールで「○」がでていたとしても「×」となってしまいます。

つまり、どの端末でも赤ロム化のリスクがあるため、赤ロム保証があるショップなどから購入した方が安全ですね。保証期間などが短いショップもあるので、よく確認してから購入しましょう。

 

ネットで赤ロム保証のある中古スマホ(白ロム)を探す

若い新米男子 のコピー 2

以上が主な中古スマホ(白ロム)を販売しているネット通販となります。

先ほど言った赤ロム保証とは各ショップにて行っているもので、ネットショップ全般で行っているものではないので、あらかじめ各ショップで確認してから購入するようにしてくださいね。

またネットショップで中古スマホを買うことに対しての是非がよく問われますが、これは本当に人それぞれですね。絶対にやめた方がいい!という人もいれば大丈夫だ!という人もいます。

 

ちなみに僕は二回ほど楽天市場で中古スマホ(iPhone5cと5S)を買いましたが、どちらもスゴくキレイ(Bランク)で大満足でした。(ちなみに13000円)

しかし、その場合は必ず自己責任でお願いしますね!特に個人間で売買する場合は、写真加工によって格段にキレイに写ってしまっている場合もありますよ。注意してください。


11/1追記:再び少しだけ追記しておきます。ちょっとした料金のことです。

先日、iPhone7が世に出回ったことは既にご存知ですよね?モバイルSuicaに対応したりと、大盛り上がりになっている新作iPhoneですが、コイツが世に出たおかげである現象が巻き起こっています。

 

それは過去シリーズの大幅な値下げです。まぁ、新作が出たのだから値下がりは当たり前なのですが、中古の下がり方が尋常ではありません。

特にiPhone5s/5cですよ。ヘタしたら1万円しないくらいで買えるかもしれません。もちろん、安過ぎるのは少し疑った方がいいのですが、iPhoneのような高級スマホが1万円以下は発狂ものでしょう。

皆さんも乗り換えを考えているのなら楽天市場などの中古スマホを毎日チェックしてみてはいかがでしょうか。では。

▶︎▶︎参考記事:ちなみに白ロムのiPhone6(64GB)が2万円台でありました!


まとめ:赤ロム化のリスクを常に警戒しよう

若い新米男子 のコピー 2

白ロムはSIMフリー端末などにはない独自の機能が搭載されている端末を購入することができる上に、余計な契約もせずにすむため非常に魅力的です。

一方で、赤ロム化するリスクがあります。それは、スマートフォンの本来の機能である、通話と通信が非常時に利用できなくなるという大きなリスクとなるので注意が必要です。

また、白ロムが多機能ゆえにメインの端末に利用する目的で購入する人も多いですが、赤ロム化のリスクを考えた場合ではサブ端末としての利用を考えた方がいいかもしれませんね。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

携帯料金が半額以下に抑えられる(1000円台に下げることも!)と人気の格安SIMや格安スマホ。実は個人だけではなく、法人(会社)でも契約出来るってご存じでしたか?

とは言っても、残念ながら格安SIMを取り扱っている会社全てが法人契約できるわけではありません。

 

格安SIMはクレジットカード支払いを主な支払い方法にしている会社が多く、それが利用料金を抑えられている理由の一つとなっているからです。

現状、法人として契約出来る格安SIMは少ないですが、それらの中には個人で契約するよりもお得になるものもあります。節約したいですよね?社長さん!

 

では法人契約出来る格安SIM会社のプランや特徴を見ていきましょう。

 

mineo(マイネオ)で法人契約

ギャル女子 のコピー 2

回線にはドコモ(Dプラン)とau(Aプラン)の2つを使っており、それぞれの端末があればそのまま乗り換える事が可能です。初期費用は全てのプランで3000円となっています。

そして支払いはクレジットカードと口座振替で行う事が出来ます。

 

ちなみにmineo(マイネオ)に関しては、過去に格安SIMアドバイザーの翔太くんが『母のiPhone5(au)を端末そのままでmineo(マイネオ)の乗り換えてみた』という記事を書いています。

そこでは使っているiPhoneをそのままでmineo(マイネオ)に乗り換える方法(初期費用をグッと下げることができる)を紹介しているので、ぜひご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:iPhone5c/5sでもmineo(マイネオ)で使えるかやってみました


10/31追記:やー!ハロウィン満喫中の明美です。残念ながら、こんなにもハッピーな日に私は仕事をしなくちゃいけません(泣)まぁいい!その分、思いっきり追記しよう。

まず当記事は4ヵ月も前に書かれた記事なので、少々情報が古いです。なので新しい情報を足しておきますね。

っと、まぁこんな感じにmineoについては日々更新しております。まだまだ記事はありますが、あまりしつこくてもダメなのでmineoを気になっている方は上記主要記事をご覧下さい。

また、10/31(つまり今日)までmineoでは半年間の大規模キャンペーンをやっています。なので乗り換えようと思っている人は急げ〜!


mineo(マイネオ)の法人と個人の料金を比較

ドコモ法人プラン(Dプラン)の料金

 データ通信専用SIM(シングルタイプ)音声通話付きSIM(デュアルタイプ)
500MB700円1400円
1GB800円1500円
3GB900円1600円
5GB1580円2280円
10GB2520円3220円

 

*注意*

デュアルタイプはSMSを無料で利用する事が出来ますが、シングルタイプは月額120円の利用料が発生します

 

au法人プラン(Aプラン)の料金

 データ通信専用SIM(シングルタイプ)音声通話付きSIM(デュアルタイプ)
500MB700円1310円
1GB800円1410円
3GB900円1510円
5GB1580円2190円
10GB2520円3130円

 

シングルタイプもデュアルタイプも月額無料でSMS機能を付けることが可能です。またデータ容量を追加したい場合は、150円で100MBを追加することが出来ますよ。

 

ドコモ個人プラン(Dプラン)の料金

 データ通信専用SIM(シングルタイプ)音声通話付きSIM(デュアルタイプ)
500MB700円1400円
1GB800円1500円
3GB900円1600円
5GB900円2280円
10GB2520円3220円

 

SMS機能を付けるにはシングルタイプは月額+120円必要ですが、デュアルタイプは無料で付けられます。

 

au個人プラン(Aプラン)の料金

 データ通信専用SIM(シングルタイプ)音声通話付きSIM(デュアルタイプ)
500MB700円1310円
1GB800円1410円
3GB900円1510円
5GB1580円2190円
10GB2520円3130円

 

Aプランは両タイプとも月額無料でSMS機能を付ける事が出来ます!

 

企業管理ページで全員分の格安SIMが管理できる

法人で契約すると「企業管理ページ」でそれぞれのデータ容量などの使用状況を確認することが出来ます。またこのページでプラン変更やデータ容量の追加も行えるので、会社としてはとても管理がしやすいのではないでしょうか。

 

データ量の繰り越しが可能

毎月のデータ通信量が余ってしまっても、翌月に持ち越すことが出来ます。しかもその持ち越した分のデータ量は、社内で分け合えるので無駄なくデータ量を使えるのです。

 

ビジネスLaLa Callで通話料がお得

mineo専用のアプリをダウンロードすれば050番号で通話が可能になるのですが、たった月額500円を払うことで5つの番号まで利用できちゃうんです!

そして通話料は以下の通りとなっています。

 

一般電話の場合

  • 通常 → 20円(30秒)
  • LaLa Call → 8円(3分)

 

携帯・スマホの場合

  • 通常 → 20円(30秒)
  • LaLa Call → 9円(30秒)

 

アプリ同士なら通話料は無料になっています

そして通常シングルタイプのSIMカードの場合は音声通話が出来ませんが、このアプリをインストールしておけば、050番号であれば通話が可能となります。

 

NifMo(ニフモ)で法人契約

ギャル女子 のコピー 2

NifMo(ニフモ)はドコモの回線を使用しているので安定したネット環境でネット通信を行えます。初期費用はどのプランも3000円で、全ての支払いは請求書と口座振替から選ぶ事が出来ますよ。

▶︎▶︎参考記事:NifMoのキャッシュバックは素晴らしいが、それに惑わされるなよ!

 

NifMo(ニフモ)の法人と個人の料金を比較

NifMoの法人プランの料金

 データ通信専用SIM音声通話付きSIM
3GB900円1600円
5GB1600円2300円
10GB2800円3500円

 

料金は上記の通りですが、全てのプランが月額プラス700円で音声通話対応SIMに変更出来るようになっています。またコチラも余ったデータ量は翌月に持ち越すことが出来るので、無駄がありません。

 

NifMoの個人プランの料金

 データ通信専用SIM音声通話付きSIMスマホセット
3GB900円1600円24か月まで700円(25か月以降900円)
5GB1600円2300円 24か月まで1400円(25か月以降1600円)
10GB2800円3500円24か月まで2600円(25か月以降2600円)

 

月額+700円で音声通話対応SIMに、月額+150円でSMS対応SIMの料金プランになります。

 

BBモバイルポイントが使える

BBモバイルポイントという公共Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来ます。

専用アプリ「NifMoコネクト」のダウンロードが必要ですが、このアプリをダウンロードしておくと自動で無線LANに接続してくれます。

毎回の接続の手間も省け、さらにデータ量の節約にもなりますので必ずダウンロードしておきましょう。

 

「NifMoでんわ」は、かけ放題!

NifMo(ニフモ)の格安SIMを契約する時、同時にNifMoでんわサービスに申し込んでおけば、アプリをダウンロードするだけで、月額1300円の電話がかけ放題となります

アプリを使わずに通常で掛けると20円(30秒)かかりますので、毎月33分以上電話をかけるという方は、こちらのサービスを利用するとお得になりますよ。

 

ぷららモバイルLTE for Businessで法人契約

ギャル女子 のコピー 2

ぷららモバイルLTE for Businessは、ドコモのXiエリアを対象としています。そして初期費用は一律3000円(どのMVNOもだいたい事務手数料は3000円)で、請求書と口座振替での支払いが可能です。

 

ぷららモバイルの法人と個人の料金を比較

ぷららモバイルLTE for Businessプランの料金

 データ通信量最大通信速度月額利用料金
エコノミープラン1日あたり10MB150Mbps900円
ビジネスプラン制限なし3Mbps2759円

*SMSは月額150円で利用が可能となります*

 

ぷららモバイルの個人プランの料金

 データ通信量最大通信速度月額利用料金
定額無制限プラン(データ)制限なし3Mbps2980円
定額無制限プラン(音声)制限なし3Mbps3760円
定額7GBプラン(データ)7GB150Mbps2036円
定額7GBプラン(音声)7GB150Mbps 2792円
定額ライトプラン(データ)110MB(一日あたり)150Mbps972円
定額ライトプラン(音声)110MB(一日あたり)150Mbps1728円
二段階定額プラン110MB(一日あたり)150Mbps390~2250円
30.5MBまで390円
30.5MB以上2250円

 

二段階定額プランには音声機能付きSIMはありません。また月額+162円でSMS機能が付けれますよ。

 

複数契約でさらにお得に!

ビジネスプランを同時に20契約以上すると、月額基本料が割引されるサービスがあります。しかし、ただ契約すれば適用されるわけではなく、契約する前に問い合わせをする必要があります。

一手間はありますがそれで毎月の基本料金が安くなるので、20契約以上を考えている場合は必ず問い合わせをしましょう。

 

BIGLOBEで法人契約

ギャル女子 のコピー 2

大手企業のBIGLOBEが提供する法人用格安SIMは、他企業の格安SIMに比べると比較的安いのが特徴です。そしてやっぱり初期費用は一律3000円で、支払いは口座振替と銀行振り込み(コンビニ支払い可)が可能です。

▶︎▶︎参考記事:BIGLOBEの情報が少ないので、自分で通信速度を測ってみた

 

BIGLOBEの法人と個人の料金を比較

BIGLOBEの法人プランの料金

 データ通信量データ通信専用SIM音声通話付きSIM
エントリープラン3GB700円1400円
ライトSプラン6GB1250円(最初2ヶ月700円)1950円(最初の2ヶ月1400円)
12ギガプラン12GB2500円(最初2ヶ月1250円)3200円(最初の2ヶ月1950円)

*SMSは月額120円で追加することが出来ます*

 

BIGLOBEの個人プランの料金

 データ通信量データ通信専用SIM
(SMSなし)
データ通信専用SIM
(SMSあり)
音声通話付きSIM
音声スタートプラン1GB××1400円
エントリープラン3GB900円1020円1600円
ライトSプラン6GB1450円1570円2150円
12ギガプラン12GB2700円2820円3400円

 

月額+120円でSMS機能が付けれます。またBIGLOBE会員はこの金額から200円引きになるのでお得ですね。

 

ボリュームチャージでデータ量を使いすぎても安心

万が一、データ量を使いすぎてしまってもデータ量を追加する事(ボリュームチャージ)が出来ます。100MBを300円で、最大1GBまで追加出来るので、使い過ぎて低速を食らうことがありません。

 

IIJmio(アイアイジェイミオ)で法人契約

ギャル女子 のコピー 2

IIJmio(アイアイジェイミオ)の最大の特徴は料金プランの豊富さです。月ごとの契約や1年間の契約など、様々なプランがあるので使い方によって選べるのがいいですね。

ただし月額の料金だけでなく、初期費用も変わってきますので注意が必要です

▶︎▶︎参考記事:IIJmioの体験記事はコチラ!DMM mobileと比較してます

 

IIJ(アイアイジェイミオ)の法人と個人の料金を比較

IIJ(アイアイジェイミオ)の法人プランの料金

 データ通信量月額基本料金初期費用
定額プランライト3GB900円3000円
定額プランライト:一年3GB年間10000円3000円
定額プラン7GB5500円3000円(一回線目は2oooo円)
三段階定額プランL3GB500〜5700円3000円(一回線目は2oooo円)
音声プラン3GB1600円3000円

 

*注意*

通信量によって以下のように基本料金が変わります。 

  • ~3MB 500円
  • ~1GB 2800円
  • ~3GB 5700円

 

IIJmio(アイアイジェイミオ)の個人プランの料金

 データ通信量データ通信専用SIM音声通話付きSIMSMS機能付き
ミニマムスタートプラン3GB900円1600円1040円
ライトスタートプラン5GB1520円2220円1660円
ファミリーシェアプラン10GB2560円〜3260円2700円〜

 

追加クーポンでデータ量を100MB200円で追加する事が出来ます。

 

データ量の追加が可能

ハンドルクーポンというオプションサービスがあり、データ容量を使い切ってしまっても追加する事が出来ます。

  • S(1GB) 300円
  • M(2GB) 600円
  • L(3GB) 900円

 

通話料金がお得に

IIJ(アイアイジェイミオ)にあるIIJモバイルビジネスコールというアプリを利用すれば、通話料が通常20円(30秒)のところ、10円(30秒)と半額になります。

利用できるのは音声通話が可能な音声プランのみですが、電話をする機会が多い方はダウンロードしておくと良いでしょう。

 

その他のオプション

  • 留守番電話 月額300円
  • 割り込み電話着信オプション 月額200円

 

まとめ:法人こそ格安SIMへ!大幅な経費削減が可能

ギャル女子 のコピー 2

最近ではプライベート用と仕事用を分けるために、携帯電話を支給するという会社が増えてきています。しかし会社としてもたくさんの従業員に携帯電話を支給しなければいけないので、その費用は膨大になってしまいますよね。

そこで活躍するのが格安SIMと格安スマホではないでしょうか?今はまだ法人で契約出来る所は少ないですが、大手キャリアで契約するよりはるかに費用を抑えることが出来ます

ご紹介したようにプランやオプションサービスはそれぞれ違いますので、ご自身の会社の使い方に合わせて選ぶようにしてくださいね。

 

1iSNSp1KRTLmWLE1460863555_1460863592 

格安SIMアドバイザーの優子です。今回は先日、私に起こった悲劇『SIMフリースマホ、派手に壊れるの巻』をお話ししたいと思います。

というのも、愛用していたNexus5(SIMフリースマホ)が見るも無残な姿になってしまったのです。

 

愛用のNexus5がぶっ壊れる&新品スマホの購入

清純女子 のコピー 2

大きなカバンの中にポイッとスマホを入れ、そのカバンをテーブルの上に置いていたのです。そして周りの人とおしゃべりに夢中になっていたら…。

ガタン!っと大きな音を立ててカバンが床に落ちたのでした。カバンの中にはノートパソコンも入っていたので、「きゃー、ノートパソコン大丈夫かしら!?」と大慌てで確認しても問題無く、ひと安心していたのも束の間。

 

・・・スマホを見て絶句。実際の画像がこちら。

 
DSC_0371
 
 

いやー、派手にいきましたね。中の基盤が見えちゃってますからね。

完全にアウトですよね…。

 
DSC_0376
 
 

カバンにはノートパソコンや、他にも厚い辞書など重いものが入っていたので、それらの重みで破壊されてしまったのだと思われます(泣)。

電源を付けてみたところ、こんな状態…。

 

DSC_0366 
 
DSC_0370
 
 

カラフルに画面が変化していき、操作不能。そして逆に電源を落とせなくなってしまいました。内部では一部の機能は働いていたようで、操作はできないのに設定していたアラームは鳴り響くという状況に

最初は布団などに丸めて放置していたのですが、どうにもこうにもうるさいので、中を開けてバッテリーごと取り外しました…。もう修理云々の問題ではありません。

 

新しいスマホが必要だ!

私は現在アメリカに住んでいるため、日本と少し事情が異なるかもしれませんが、購入した機種やSDカード、カバーなどをご紹介したいと思います。

 

既に購入から2年、メーカー保証は適用外

まず今回壊れたNexus5ですが、Amazonで購入して2年程使っていたもので、使用期間的にも破損原因(不注意による落下…)的にも補償が受けられるはずもなく、新規購入となりました。

ちなみに大手キャリアで契約することが当たり前であった約1年前は各キャリアにて補償を受けることができましたよね。では、格安SIM(MVNO)ではどうなのでしょうか。

そこら辺、ちょこっと調べてみたので気になる方は下記記事をご覧下さい。そしてすぐに戻って来てくださいね。

▶︎▶︎参考記事:格安スマホが壊れた場合どうするの?補償はあるの!?

 

機種のリサーチ

多くの種類が出回っているスマホですが、購入する機種を検討する際には、まずは予算やスマホに求める機能などをリストアップします。

そこからインターネットなどで検索をして、良さそうな機種をいくつか絞り込みます。その時、私は口コミレビューサイトなどを参考にしています。

 

今回それほど予算をかけられないものの、以下の点を重視しました。

  • そこそこ快適に動く
  • そこそこのクオリティで写真が撮れる
  • そこそこのバッテリーの持ちが期待できる
  • 画面が大きすぎる機種はキライ
  • 予算は25,000円以下

 

逆に、個人的に特に気しない点もあります。

  • 重さや厚み
  • 音のクオリティ

 

大雑把ですみません汗。

 

あとは、機種が対応している周波数バンドもチェックしました。

私は「T-mobile」というキャリアのSIMカードを使っているので、T-mobileの周波数帯を網羅しているかを確認しなくてはなりません。

 

*日本の場合、現時点ではほとんどの格安SIM(MVNO)がドコモの電波を利用しています*

ドコモで購入した端末であればドコモの周波数帯を当然網羅していますが、海外製のSIMフリー端末では合致する対応周波数帯が少ないかもしれません。

特に地方にお住まいの方は、ドコモのプラチナバンドであるBand 19(800MHz)に対応しているか否かが必須確認ポイントとなります。

 

この点、「中古スマホを買う場合の注意!」という記事にて説明しているので下記記事をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMを中古スマホで使う場合の注意!購入時は○○に気をつけろ

 

機種をMoto G(第3世代)に決定!注文→到着!

検討の結果、モトローラ社の「Moto G(第3世代)」に決定しました。破損したその日のうちにAmazonでポチっとし、翌々日には届きました。

なぜか隣の家に配達されるという(適当なアメリカらしい)トラブルもありつつ、なんとか手元に到着!

 

IMG_7246
 
 

ひゅーひゅー!

やはり新しい電話はテンションが上がりますよね。

 

オープン!

 
IMG_7253
 
 

おお、なんだか可愛いです。そして、非常にシンプルな梱包内容。

 
IMG_7258
 
 

今回、スマホと同時にいくつか購入したものがあります。

 
IMG_72458
 
 

左上から時計回りに

 

スクリーンカバー

壊れたNexusには、スクリーンに何も貼ってなかったんです。

今までは何か貼るのとか嫌だったのですが、今回の粉々事件があってからは考えが変わりました…。そこで今回はガラスのスクリーンプロテクターを購入してみました。

うん、今のところ買ってよかったです。これで画面が粉砕せずに済みますね。

 

nano SIMアダプター

これは完全にミス購入・・。うちの旦那が「コレは必要だ!」とポチったのですが、結局、前任のNexus 5 も後任のMoto g もMicro-SIMなので必要ありませんでした。ははは。

ちなみにアダプターとは変換アダプターのことです。SIMって実は大きさがあるんですね。

  1. 標準SIM
  2. micro-SIM
  3. nano-SIM

どんどん小さくなっているのですが、機種によってどれに対応しているかが違うのです。例えばiPhoneシリーズならiPhone5以降全てnano-SIMとなっています。

なのでmicro-SIM対応の機種にnano-SIMを入れようとしても使えません。そういった時に変換アダプターを使うのです。これによって対応SIMの大きさが変わっても使えるようになります

▶︎▶︎参考記事:SIMサイズをミスってしまった場合の対処法を紹介

 

マイクロSDカード

内臓メモリは16GBですが、写真や動画をけっこう撮るので、32GBのSDカードを買いました。これまで iPhone → Nexus 5 とSDカードスロットのない機種だった私にとっては初体験です。

 

本体カバー

けっこうガッツリしたタイプのものを購入しました。ガラス液晶保護シートとペアでしっかりと守ってくれそうです♡これで何度落としても大丈夫!(ん?何度も落とすなって・・?笑)

 

スマホ本体

当たり前ですが、スマホ本体のMoto G(第3世代)も買いましたよ!シンプルで大満足。

 

各種設定!実際にMoto G(第3世代)を使い始めた感想

まずは古いNexusからSIMカードを取り出して、Moto g へセットします。その時、SDカードも一緒に挿入しました。

 
 スクリーンショット 2016-06-03 14.50.40

 

IMG_7285

 

裏蓋を閉じて、カバーも装着。

電源オン。

 
IMG_7287

 

画面に沿って進めていき、簡単に設定完了!起動できました。

 

IMG_7300

 

大切な写真以外ほとんどバックアップを取っていなかったのですが、無くなって困るような重要なデータは無くてほっとしました。

またアドレスブックもGoogleのアカウントに紐付いていたし、そもそも日本の友達とはLINE、アメリカの友達とはWhat’s upというLINEと同じようなアプリでやり取りをしているので、特に困ることもありませんでした。

 

ひと昔前までは「携帯の破損=友達イチから作り直し」的な感じでしたが、時代は変わりましたね。特にGoogleのサービスはネット上で全てが完結しているために破損して失うようなことはありません

また機種を変更した際もそのサービスにGoogleアカウントでログインするだけなので非常に便利です。おすすめですよ!あなたもやってみてください。

 

そしてMoto g を使い始めて数週間ですが、感じていることなどをまとめておきます。

 

バッテリーの持ちが格段に良くなった

これはとっても嬉しい点です。Nexus 5 の時よりも明らかに良いです。購入時にバッテリーについてあまり意識しませんでしたが、やはりバッテリー大事ですね。

 

けっこう重い

前任のNexus 5 は130g、今回購入したMoto g は155gと25gの差ですが、今回はゴツめのカバーも相まって、想像よりも重く感じます。

先ほど書いたように、重いことに関してはマイナスには感じていないので、まあ、そのうち慣れていくでしょう。

 

思っていたよりも大きい

これはカバーのせいですね。でも落下→破損の悲劇を繰り返さないためには仕方ありません。(注意して持ち歩けっ!って感じですが、笑)

片手でのフリック入力はちょっとキツイです。この辺り不便に感じる人は多いのではないでしょうか。また大きくて車のスマホスタンドにハマらないのが一番困ってるかもしれません。

カーナビとしてGoogle Mapをかなりの頻度で使っているのですが、カバーをしたままでは大きすぎてスタンドに収まりません。(下の画像をご覧下さい)

 
 
IMG_20160531_093228906

 

ちょっとこれは不便ですね・・。

 

総合的に考えてMoto G(第3世代)はアリなのか?

清純女子 のコピー 2

この度の購入、総合的にはとても満足しています。急なスマホの破損、そして新規購入は金銭的には打撃を受けますが、やっぱり新しいスマホというのは、なんだかんだ言って嬉しいものですね。

落ち込んでいるのと同時に、ワクワクを抑えられない自分がいました。笑 とはいえ、今回の機種は大切に扱って長く使いたいと思います。

 

またSIMフリースマホを破損した場合は、補償を受けられないことの方が多く使えなくなればそこで終わり!新しく買い替える!というのが基本です。

なので格安スマホを買う時はその点も十分に考慮した上で購入しなければなりません。

ただ、あるメーカーによっては補償や修理を請け負っているところもあるので、高い機種を買う場合はその点をキチンと把握するようにしてくださいね。