2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

どうもmineo評論家の翔太です。嘘です!

格安SIMアドバイザーの翔太です。いきなり嘘をついて申し訳ありません。いやーね、僕が先日書いた記事に『母親のiPhoneをmineoに乗り換えてあげた話』あるんですよ。

 

なぜか、その話が意外には意外に評判が良くて、てっきり僕のことをmineo評論家だと思っている人が増えたんですよね。というのもmineoに関する相談が多過ぎるww

特にiPhoneを使っての乗り換えですね。うん、まぁできるっちゃできますよ?でもあまりおすすめしないんですけどねー。って冒頭から全く違う話をしてしまいました。笑

 

はい、今回はこんなmineoのことを聞かれまくる僕が本当にmineoって良い格安SIMなのかを全て実践(通信速度)した上で暴露しちゃいたいと思います。

だってなんか悔しいんですよ。元々、僕UQ mobileを激推ししてたんです。いや、今も推してることには変わりないんですが、何かmineoに浮気しそうになってる僕がいるわけですよ。

 

これじゃ格安SIMアドバイザーとして冷静な判断できない!

そこであえてmineoのダメな点を暴いてやろうと、暴露記事を書こうと思ったのです。では、ご覧下さい!

 

mineoの料金だが安いのは認める

仕事できない男子 のコピー 2

まずね、料金なんてどこのサイトも書いているので今回は詳しく書きません!

少しだけ言っておくと3GBよりも小さいのを選びたいならmineoはダメ!高い!!(バッサリ)。でも3GBもしくはそれよりも上のデータ容量ならマジで得。これは公平に認めます。

 

一番安いのはDMMロケットモバイルらへんだと思われます(今はDTI SIMも安い)が、正直ここら辺は団子状態で10円安いとか20円安いとかのレベルです。

なので最安レベルの格安SIMならどれを契約しても得です。そしてmineoは確実に最安レベルの格安SIMに入ります。

 

また、これは余談ですがスマホ初心者や格安SIM初心者におすすめできます。

っていうのもmineoは料金制度や解約方法、そして管理のためのアプリなどが本当に親切。んでから、掲示板などによる契約者の質問所も完備しているので、そういった面は本当完敗。

この点でmineoに勝てる格安SIMはないので、初めて格安SIM/スマホにしようと考えてる方はいいと思いますよ。

 

本題に入る!どうせ通信速度は遅いんだろ?

仕事できない男子 のコピー 2

正直、上記の点は認めます。というか認めましょう。特に初心者に格安SIMという点は格安SIMアドバイザーとして広めなければならない点なので、広めさせていただきます。

また私の母親のスマホをauからmineoに替えたのも、上記のような理由があったからです。安いしわかりやすいを取ればmineoの右に出るものはありません。

 

ちなみに、よくこの点を「TONE」と比べる方がいますよね。

あのね、確かにTONEは初心者向けに様々サービスを展開していますが、正直料金は高いでしょ?(品質からして)つまり、コスパ悪いってことね。

めちゃくちゃ悪い言葉で言えば、情弱狩りに見えるのよ。(あくまで個人の意見です)だから何となくTONEはおすすめできません。(全くの初心者で周りに教えてもらえる人がいない場合はおすすめ!)

 

またまた話が逸れましたが、結局mineoも安くて使いやすいけど、通信速度とか品質の部分で問題があるんでしょ?ってことです。

僕の母親はそもそもスマホ自体使うケースが少ないからいいんですけど、普通通常一般の方はポケモンGOとかバンバンやりたいでしょ?じゃあ通信速度って大事ですよ。

大丈夫、今回はmineoのそういうところを暴いてやりますからさっ!!

 

mineoの通信速度計測結果を暴露

まず今回調査した端末はiPad mini 4 SIMフリーモデルです。端末による差は若干はあると思いますが、そこのとこは気にせずお願いします。

  • 計測機種:iPad mini 4 SIMフリーモデル
  • 計測サイト:Radish Network Speed Testing
  • 計測時間:朝8:30頃 昼12:30頃 夜21:30頃(各時間3回以上測定)

計測のための準備は主にこんな感じです。さて、mineoくんの通信速度を暴いて行きましょう!

 

・・・と、その前に。

どれくらいの通信速度が出ていれば速くて、どれくらいの通信速度だと全くダメなのかを知らないことには何も始まらないと思うので、言っておきますね。

 

まず、わかりやすい基準としては『1Mbps』です。bpsってのは通信速度の速さを表す単位なんですが、今は「ふ〜ん、そうなんだ」くらいで大丈夫です。

1Mbpsが出ていれば速いとはいかないものの、全く不便なく使えると思ってください。もちろんYouTubeなどの動画もサクサク見ることができます。

5Mbpsとか出てたら超速いね。格安SIMとしての役目はバッチリ果たせているでしょう。

 

そして通信速度には上りと下りってのがあります。

上りがアップロードを意味しており、主にメールの送信などに使うデータ通信です。そして下りがダウンロードを意味しており、Webサイトを見る時などに使われます。

なので、どちらかというと下りを意識して見ていただければわかりやすいですね。

 

8:20に2回の計測

(計測1回目)下り=424,5kbps、上り=925.8kbps

IMG_0107

 

(計測2回目)下り=309,9kbps、上り=2,183Mbps

IMG_0108

通信速度計測というのは必ずしも正しいわけではなく、あくまで目安となります。なので必ず数回に渡って計測するのですが、とりあえず8:20に2回の計測を行いました。

8:20といえば学生が通学中、会社員の多くは通勤中となります。この時間帯、みんながネットに繋ぐために通常ならば通信速度が遅くなるのですが、どうでしょうか?

 

・・・うん、やっぱそない速くはないね。笑

 

300〜400Kbpsという感じです。これはWEBサイトをストレスなく見ることができる速度ですが、動画となると厳しいでしょうね。

通学、通勤中なので動画視聴する方は少ないと思いますが、一応頭に入れておきましょう。

 

8:25に5回の計測

(計測3回目)下り=7.948Mbps、上り=2.176Mbps

IMG_0109

 

(計測4回目)下り=9.232Mbps、上り=1.952Mbps

IMG_0110

 

(計測5回目)下り=6.100Mbps、上り=2.034Mbps

IMG_0111

 

(計測6回目)下り=9.222Mbps、上り=4,735Mbps

IMG_0112

 

(計測7回目)下り=9.751Mbps、上り=676,7kbps

IMG_0113

1回目の計測から5分しか経っていませんが、通信が一番繋がらない時間帯なために念のため5回もの計測をやっておきました。すると5回ともめちゃくちゃ良い結果だったんですよね。

正直、この通信速度なら格安SIMの中でトップクラスでしょう。そして、ここから分かることは朝の通信が混み合う時間帯は数分程度の違いで通信速度に大きな差が生まれるということです。

 

12:25に3回の計測

(計測8回目)下り=1.023Mbps、上り=124.5kbps

IMG_0114

 

(計測9回目)下り=1.015Mbps、上り=84.57kbps

IMG_0115

 

(計測10回目)下り=203.1kbps、上り=3.907Mbps

IMG_0116

 

早朝の通信が混みやすい時間帯が去り、お昼頃になりました。この時間帯は比較的通信が行いやすい時間帯です。

なのである程度良い数値が出てほしいのですが、見たところ3回目(計測10回目)のみ1Mbpsを切るという感じでした。まぁ、まずまずといったところでしょう。

 

15:05に1回の計測

(計測11回目)下り=6.099Mbps、上り=1.744Mbps

IMG_0117

 

そして、そこからさらに3時間後の15:05。

mineoなら最高の5Mbpsほど出てもいいという予想でしたが、ドンピシャの下りが6Mbpsを計測。まぁ、ドンピシャとは言い難いですが、アドバイザーという名前を保持できる程の予想的中(?)ではないでしょうか。

 

夜中に5回の計測

(計測12回目)下り=3.469Mbps、上り=2.518Mbps

IMG_0119

 

(計測13回目)下り=4.580Mbps、上り=1.703Mbps

IMG_0120

 

(計測14回目)下り=4.673Mbps、上り=2.594Mbps

IMG_0121

 

(計測15回目)下り=4.496Mbps、上り=122.4kbps

IMG_0122

 

(計測16回目)下り=5.784Mbps、上り=1.639Mbps

IMG_0125

 

さて、早朝と同じく通信が混み合う夜中の計測です。この時間帯は学校から帰ってきた学生や会社から帰ってきたサラリーマンたちが揃ってスマホをいじり出します。

なので格安SIMで1Mbpsを計測することがあれば上出来なのですが、どうでしょうか・・?

 

・・・わお!これは速いわ!

なんと5回とも5Mbpsに近い通信速度を計測しています。これはスゲー・・。リアルに格安SIMの中でトップクラスの速さだと思いますよ。お世辞抜きで。(というかお世辞大っ嫌い!)

 

まとめ:mineoの通信速度は速かった!本物

仕事できない男子 のコピー 2

『mineoクソでした〜〜!』って落ちを何となく期待していましたが、夜中の計測を筆頭に通信速度が優秀過ぎました。これには「アッパレ!」以外の言葉が見つかりません

ということは、初心者にわかりやすい上に回線が2種類(au/ドコモ)もあり、そこからさらに通信速度がトップクラスに速い。ん〜脱帽です。

また料金も安いですからね・・。(3GB以上は)正直、格安SIMアドバイザーとしては認めるしかない結果になったことをココに報告しておきますね。(朝はそこまで速くないよ)

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

スマホ料金が大手キャリアと比べると半額以下になる事で人気のある格安SIM。その回線の種類には『ドコモ』と『au』の2つがあるってことをご存知でしょうか。

調べてみると、ほとんどのMVNO(格安SIM)がドコモの回線を借りて格安SIMの通信を提供しています。そしてauの回線を借りているのは、なんと3つのMVNOだけなんですね。

 

それが「mineo(Aプラン)」「UQmobile」「Fiimo」の3つです。

*Fiimoは最近格安SIM市場に参入してきました*

 

これで何が困るってスマホとSIMの相性が悪く、せっかく契約したのにネットも電話も使えない!ってことがあるのです。例えば、SIMフリー端末(スマホ)。

皆さん、SIMフリーってくらいだから、どこの格安SIMでも対応していると思ってはいませんか?そう思っていたら痛い目合いますよ!

▶︎▶︎参考記事:アドバイザーの中にも過去に痛い目に合っている方がいました!笑

 

どういう事かと言いますと、各スマホには対応周波数ってものがあるんですね。そして、その周波数がSIMと合致していなければSIMフリーだろうが何だろうがネットが使えないのです。(または通話)

え?そんなんアリかよ!って思われるかもしれませんが、SIMとスマホを別々で購入しようと考えている方はまずこの事を頭に入れてください。

 

そして猛烈に不安ならドコモ系回線を扱うSIM(今回紹介するのとは違うもの)を契約すればいいでしょう。絶対とは言いませんが、スマホのほとんどはドコモ系回線の周波数と対応しています。

なので不安で不安で仕方ないという方は、まず調べて当サイトに問い合わせ。それでも不安ならドコモ系回線って感じですね。

 

それか、面倒くさいなぁという方はSIMとスマホを同時に購入しましょう。その場合は絶対に周波数が合っているので、使えないなんてことはあり得ません。

そして同時購入でおすすめなのは「楽天モバイル」と「mineo」です。気になる方はどうぞ!

 

格安スマホは一括で購入しなければいけないと思っている人も多いようですが、分割で支払う方法もありますので安心して下さい。端末代を入れても確実に大手キャリアの料金より安くなりますよ。

 

んで今回はそのまさに逆。au系回線(先ほど紹介した3つのSIM)を契約した時に使えるスマホを紹介します!まず始めに言っておきますが、数は少ないですよー。

au系回線で格安スマホを持ちたいという方は是非参考にしてみて下さいね。

 

mineo(Aプラン)で利用できるスマホの種類は?

ギャル女子 のコピー 2

まずはmineo(Aプラン)の料金プランを確認しておきましょう。

スクリーンショット 2016-08-28 15.40.52

このような料金プランとなっています。Dプランより少し料金が安いですね。

そしてmineoのサイトから購入できるスマホの端末は現在2機種です。

 

arrows M02(FUJITSU)

スクリーンショット 2016-08-28 15.44.10

  • 機種代金・・・一括支払いの場合 28800円
  • 分割支払いの場合 1200円×24回
  • カラー・・・ブラック、ホワイト、ピンク(mineo限定カラー)
  • メモリ容量・・・16GB
  • 画素数・・・810万画素
  • その他の特徴・・・おサイフ、防水、防塵、省電力(最大3日間の電池持ち)

arrows M02は優れたITC技術を持った企業や、ITC産業で話題になった製品やサービスなどを表彰しているMM総研大賞のスマートソリューション部門SIMフリー端末分野最優秀賞を受賞しています。

arrows M02のカメラには、富士通独自の「GRANVU(グランビュー)」という画像処理エンジンや適した色味に自動調整してくれる「パーフェクトチューニング」が搭載されています。

これらの機能により写真はもちろん、動画も綺麗に撮影することが出来るのです。その他の機能も充実しているので、特に問題なく使えるレベルの端末だといえるでしょう。

▶︎▶︎mineo公式サイトでarrowsをチェック!

 

LUCE KCP01K(KYOCERA)

スクリーンショット 2016-08-28 15.50.29

  • 機種代金・・・一括支払いの場合 19200円、分割支払いの場合 800円×24回
  • カラー・・・ブラック
  • メモリ容量・・・8GB
  • 画素数・・・800万画素
  • その他の特徴・・・[防水、防塵、耐衝撃]、[女性でも持ちやすい65mm幅]、[スマートソニックレシーバー搭載で快適に通話が出来る]

スペックとしては防水や防塵などの機能が付いているので、特に問題は無いでしょう。ただ少し容量が少ないのが残念なところです。

とは言っても、あまりメモリ容量を必要としない人からすれば、その他のスペックはそこそこ良いし、金額も安いので良いのではないでしょうか。

 

何といっても京セラの製品独自の「スマートソニックレシーバー」はかなり魅力的です。

スマートソニックレシーバーとは、ディスプレイを振動させて音を伝え、騒がしい場所でも快適に通話をする事が出来る機能です。

 

通常のスマホは画面の上部にスピーカーが付いていますが、スマートソニックレシーバーを搭載している端末にはそれがありません。

ですので、スピーカーから耳が外れて相手の声が聞こえにくいという事もありません。仕事などで通話をする機会が多い人にはおすすめの端末ですね。

▶︎▶︎mineo公式サイトでLUCEをチェック!

 

そして2016年9月1日に発売される新機種がこちらの2種類です。

 

arrows M03(FUJITSU)

スクリーンショット 2016-08-28 15.55.14

  • 機種代金・・・一括支払いの場合 31800円、分割支払いの場合 1325円×24回
  • カラー・・・ブラック、ホワイト、グリーン(mineo限定カラー)
  • 容量・・・16GB
  • 画素数・・・1310万画素
  • その他の特徴・・・おサイフ、防水、防塵、Wi-Fiテザリング、ワンセグ

arrows M02から新しくなったところと言えば、まずカメラの画素数。810万画素から1310万画素になったのでかなり画質は綺麗になっています。

もちろんGRNVUとパーフェクトチューニングは搭載されていますので、他の端末と比べるとかなり画質は綺麗です。また端末自体はM02と比べると薄くなり、背面がガラスのメタルフレームになっているので高級感があります。

▶︎▶︎mineo公式サイトでarrowsをチェック!

 

Zen fone™ Go(ASUS)

スクリーンショット 2016-08-28 15.57.07

  • 機種代金・・・一括支払いの場合 19800円、分割支払いの場合 825円×24回
  • カラー・・・ブラック、ホワイト、レッド、ピンク、ブルー
  • 容量・・・16GB
  • 画素数・・・800万画素
  • その他の特徴・・・Wi-Fiテザリング、キッズモード、簡単モード

何といってもこの端末は『価格が安い』というのが特徴です。新しく発売される端末でこの価格はかなり安いのではないでしょうか。

なぜこのような金額が実現できたのかと言うと、普通に使うレベルで不便にならない程度まで機能を削っているからです。

ゲームをたくさんすると言う方にはあまりおすすめ出来ませんが、電話やメールが普通に出来れば良い、スマホに特にこだわりがないので安い端末が良いと言う方にはおすすめです。

▶︎▶︎mineo公式サイトでZen foneをチェック!

 

こちらの9月1日に発売される機種を予約すると、お得な特典が付いてくるキャンペーンもあります。通常機種変更や新規契約で発生する事務手数料3000円がなんと無料に!

そしてAmazonギフトが2000円分もプレゼントされます。もしこの2つの機種を購入しようと考えているのであれば、予約をした方がお得ですよ。

 

現在auのスマホを使っていてそのままの機種を使いたい人という方も、もちろんmineoのAプランは使えますが、全てが対応済ではありません。

例えば使っている方が多い、iPhoneシリーズの5sや5c等は公式には非対応となっています。一応、当サイトでも試してみたのでよければ下記をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:iPhone5cでmineoが使えるか実際に試してみた!

 

UQ mobileで利用できるスマホの種類は?

ギャル女子 のコピー 2

まずはUQ mobileの料金プランをご紹介します。

スクリーンショット 2016-08-28 16.22.07

プランは上記のようになっています。UQ mobileは見ての通り、バリエーションが少ないのが最大のデメリットです。しかし通信速度や質は評判がスゴくいいですよ。

そこら辺、UQ mobileの基本情報が気になる方は下記をチェックしてください。

▶︎▶︎参考記事:UQ mobileって評判はどう?問題の通信速度と料金は!?

 

また、UQ mobileには端末購入アシストというサービスがあります。これは端末を24回の分割払いする事で、購入する際の初期費用を抑えるサービスです。

端末代を払う合計金額は変わりませんが、最初の負担が少なくなりますね。

 

では、「UQモバイル」 で購入出来るスマホ端末を見ていきましょう。

 

DIGNO L(KYOCERA)

スクリーンショット 2016-08-28 16.27.10

  • 機種代金・・・一括支払いの場合 48000円、端末購入アシストを利用の場合 2000円×24回
  • カラー・・・ホワイト、ピンク
  • 容量・・・16GB
  • 画素数・・・1300万画素
  • その他の特徴・・・おサイフ、防水、防塵、ハンドソープで洗える!

こちらの端末の最大の特徴は、ハンドソープで洗えるという点です。スマホって意外と汚れているんですよね。スマホの汚れ具合はトイレの便器ぐらいとも言われています。

そんなスマホをハンドソープでササッと洗う事が出来れば清潔さを保つことが出来ます。ただし洗い方のマニュアルが、KYOCERAから出されていますので、それを守るようにしてくださいね。

 

これ以外のスペックもほとんど問題はありません。ひとつ難点を挙げるとすれば、内側カメラの画素数が200万画素とかなり低いという点です。

自撮りをする機会が多い方は少し物足りないかもしれませんね。

▶︎▶︎UQ mobile公式サイトでDIGNO Lをチェック!

 

arrows M03(FUJITSU)

スクリーンショット 2016-08-28 16.35.07

  • 機種代金・・・一括支払いの場合 38800円、端末購入アシストを利用の場合 購入時に10000円その後1200円×24回
  • カラー・・・ブラック、ホワイト、ブルー

その他は上記mineoの同端末を参照してください

▶︎▶︎UQ mobile公式サイトでarrowsをチェック!

 

arrows M02(FUJUTSU)

  • 機種代金・・・一括支払いの場合 34800円、端末アシストを利用の場合 1450円×24回
  • カラー・・・ブラック、ホワイト

その他はmineoの同端末を参照してください。

▶︎▶︎UQ mobile公式サイトでarrowsをチェック!

 

KC-01(KYOCERA)

  • 機種代金・・・一括支払いの場合 29760円、端末アシストを利用の場合 1240円×24回
  • カラー・・・ブラック
  • 容量・・・8GB
  • 画素数・・・800万画素
  • その他の特徴・・・防水、防塵、テザリング、スマートソニックレシーバー搭載

KYOCERA独自の機能、スマートソニックレシーバーを搭載しているので相手の声が聞き取りやすいのが特徴です。

しかし機種代金の割に、容量と画質が低いのが少し気になる所ですね。

▶︎▶︎UQ mobile公式サイトでKC-01をチェック!

 

Zen Fone™ Go(ASUS)

スクリーンショット 2016-08-28 16.40.14

  • 機種代金・・・一括支払いの場合 19800円、端末アシストを利用の場合 購入時に3000円 その後は700円×24回
  • カラー・・・ブラック、ホワイト、ブルー

その他はmineoの同機種を参考にしてください。

▶︎▶︎UQ mobile公式サイトでZen foneをチェック!

 

Fiimoで利用できるスマホの種類は?

ギャル女子 のコピー 2

まずはFiimoの料金プランをご紹介します。

スクリーンショット 2016-08-28 16.41.24

プランはシンプルでわかりやすいですね。

そして現在Fiimo(Aプラン)で購入できるスマホ端末は1機種のみになります。

 

arrows M02(FUJITSU)

スクリーンショット 2016-08-28 16.44.03

  • 機種代金・・・32400円
  • カラー・・・ブラック、ホワイト

その他はmineoの同端末を参照してください。

▶︎▶︎Fiimo公式サイトでarrowsをチェック!

 

おすすめの格安SIMと格安スマホの組み合わせ

ギャル女子 のコピー 2

たくさんの格安SIMと格安スマホがありますが、私がおすすめする組み合わせはコチラです!

 

「mineo 3GB(音声機能付き)×arrows M03」のセット!

arrows M03はご紹介した通り機能は抜群に良いです。価格はその分他の端末よりも少し高くなりますが、この機能であれば納得の金額ではないでしょうか。

写真や動画を撮る機会が多い方に特におすすめですね。

 

そしてmineoなら限定カラーのグリーンが手に入りますよ!

格安SIMのプランを3GBにしていますが、これは一般的に使うとされているデータ容量ですのでご自身に合ったプランにしてください。

mineoなら他のMVNOよりも比較的料金が安く、機能抜群のarrowsが使える!これしかないですね。

▶︎▶︎mineo公式サイトでarrowsをチェック!

 

まとめ:au系回線対応の端末は少ない!けど高品質が多い

ギャル女子 のコピー 2

au系回線で使える格安SIM、格安スマホは今はまだ数が多くありません。そのため選べる端末は限られてきます。しかし見てわかる通り高品質なスマホが多いですよね。

今回は「arrows M03」を私のおすすめの端末とご紹介しましたが、用途や金額などそれぞれに合った物を選んで下さい。

 

また今後もたくさん新端末が発売されます。

すぐに機種変更を考えていないのであれば、新端末発売の情報もこまめにチェックしておきましょう。

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

格安SIMの利用にあたって注意しなければいけないのが「通信量」です。当たり前ですが、月額料金が安ければ安いほど通信量は少なくなります。

月額料金を抑えるために格安SIMに乗り換えるわけですが、できるだけ通信量をたくさん利用したいはずです。(欲張りだなぁ〜!そこのきみ!)

例えば動画を見たり、アプリをダウンロードしたりしたいという場合は、通信量が少ないとすぐに通信速度制限がかかってしまいますもんね。

 

そこで今回の記事では、大容量系またはLTE使い放題の格安SIMを紹介していきます。様々な種類がありますので、各SIMにどんな特徴があるかチェックしてみましょう。

なお、今回紹介する月額料金は基本的に音声通話プランとなります。キャリアから乗り換える際は、ぜひ参考にしてみてください。

 

大容量系格安SIMの種類と解説!

若い新米男子 のコピー 2

大容量系の格安SIMということで、ここでは10GB以上のものを取り上げていきます。

キャリアでの契約の場合は3~7GB程度が一般的ですが、それでは足りないという方の場合、10GB以上のプランがおすすめです。

10GB以上のプランには、格安SIMごとに容量は異なっていますが、最大50GBまでです。それでは大容量格安SIMの種類を紹介していきましょう。

 

スクリーンショット 2016-08-27 21.01.29

 

これらが主な大容量プランの格安SIMとなります。価格相場は2000円台後半から3200円前後ですね。

格安SIMの最大手の一角であるIIJmioを標準と考え、それよりも価格が安いかが、一つの判断の目安となるでしょう。

 

IIJmioの大容量プラン

IIJmioは価格としては標準です。特に高いということもなければ、安いということもありません。むしろ今回紹介していく格安SIMの中では、料金自体は高めであると考えてもいいでしょう。

しかし、IIJmioの場合はシェアSIMのデータSIMを2枚、無料で追加することができます。

音声通話SIMにする場合は1枚700円かかりますが、これにより家族でIIJmioに乗り換えるという手段が使えて便利ですね。IIJmioは通信速度も比較的安定していますし、選択肢としては十分おすすめできます。

▶︎▶︎参考記事:IIjmioを使ってみたよ!体感の通信速度などを紹介

 

mineoの大容量プラン

mineoの10GBプランは3220円。au回線のSIMなら3130円と、IIJmioと同程度です。

ただし、IIJmioやその他のSIMと比べてのメリットが一つあります。それは、低速回線が無制限で利用できるということです。

 

格安SIMでは低速回線に切り替えることによって、高速通信の容量の消費を減らすことができます。

低速回線は200kbpsで、画像の多いサイトを見たり、音楽や動画を楽しんだりといった用途には向いていません。

 

しかし、SNSの利用などであればほぼ通常の高速回線と同じように利用できますので、こまめに切り替えればその分、高速回線での通信が長く行えることとなります。

なので低速回線を活用したいという方はmineoがおすすめですね。

▶︎▶︎参考記事:mineoを9ヵ月使ってみて気づいたこと!使い勝手いい!

 

Y!mobileの大容量プラン

Y!mobileの場合は他の格安SIMと少し仕様が違います。まず目を引くのは月額料金の高さですが、これは後に紹介する通話プランが絡んでいるからです。

 

Y!mobileはソフトバンクが自ら運営している格安SIMで、回線もほぼソフトバンクと同一です。

しかし「Y!mobileのSIMカード」が発行されるので、Y!mobile端末かSIMフリー端末でしか通信を行うことができません。ここに注意が必要ですよ!

 

そんな使い勝手悪そうなY!mobileですが、Y!mobileでは先ほど言った通り、かけ放題に相当する機能が『標準』で備わっています

まず10分以内の通話が毎月300回まで無料。10分を越えた分は30秒に月20円請求されるので、長電話をする人は注意が必要となりますが、多くの方はかなり便利に利用できるのではないでしょうか。

 

さらにメールアドレスも利用可能です。キャリアメールですので、携帯電話宛に連絡を送ることができますよ。

今回紹介しているスマホプランLは、通常は7GBプラン。しかし容量2倍オプションを月額500円で契約すれば、14GBまで使用可能になります。

格安SIMとしては高いものの、14GB使用できるうえにかけ放題やキャリアメールが利用できると考えればなかなかお得と考えられますね。

▶︎▶︎参考記事:Y!mobileを考察!通話プランは十分なのだが・・

 

楽天モバイルの大容量プラン

楽天モバイルは、通信速度が常に下り10Mbps以上で計測されているという、通信速度の速さが重視された格安SIMです。(ただ最近の通信速度評判は微妙・・)

10GBプランの月額料金は2960円とそこそこ安く、追加で850円支払えば5分かけ放題オプションも利用可能です。また楽天モバイルは端末とのセット購入を考えているという場合におすすめです。

端末は時折大規模なセールが行われていますので、auやSoftBankから乗り換える場合はお得となるでしょう。もちろん、新しい機種が欲しいというドコモユーザーの方にもいいですね。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルの詳細をもっと見たい方はコチラ!

 

DMM mobileの大容量プラン

価格が安く、通信量も多いものが選べるということで、「大容量」という点では今回最もおすすめできる選択肢と考えられるのが、DMM mobileです。

DMM mobileの大容量プランは、10GB、15GB、20GBの3つが選べます。高速回線であり、10GBという容量の格安SIMではトップクラスの安さですね。

 

イオンモバイルでは12GBプランがさらに安く登場していますが、DMM mobileの方が通信速度面で優位に立っているので個人的にはやはりDMM mobile。

また15GBプランも、そこそこ料金は安いと考えられます。そもそも同様の容量のプランが他社にはあまりありません。そして20GBプランは次項で解説するイオンモバイルの方がお得かな・・。

DMM mobileの弱点は、ネットでの契約しか行えないということでしょう。今回紹介している他の格安SIMは店頭での契約も可能ですが、DMM mobileはネットのみです。

▶︎▶︎参考記事:DMM mobileの通信速度は本当に速いのか?検証してみた

 

イオンモバイルの大容量プラン

イオンモバイルはイオンの格安SIM。全国のイオンで契約可能です。

特筆すべき点は、最大50GBもの大容量プランを選べることでしょう。ただし、月額料金ははっきり言って高いので、一般の方にはなかなかおすすめできません。

例えば50GBプランですと月額13800円。これなら使い放題のWiMAXやポケットWi-Fiを4000円程度で契約した方が、よほどお得ですよね。

 

しかし12GBや20GBプランにつきましては「激安」です。安さを求める方はイオンモバイルを選ぶとよいでしょう。

ただしイオンモバイルは全国のイオンで契約できる格安SIMですので、ユーザー数が増えていって通信速度が低下していってしまう可能性を大いに秘めていますので注意が必要ですよ。

 

BIGLOBE SIMの大容量プラン

BIGLOBE SIMは12GBプランを選ぶことができます。

料金が高いということもありませんが安すぎるとも言えず、シェアSIMは有料ですので、選択肢としてはまあまあといったところでしょうか。

▶︎▶︎参考記事:BIGLOBE SIMの基本情報を知りたい方はコチラ!

 

OCNモバイルONEの大容量プラン

OCNモバイルONEは、他とは違い500kbpsの低速回線が15GBまで使えるという仕様です。通信速度が遅いので高画質の動画を見るのには向いていませんし、アプリのダウンロードにも時間がかかります。

しかし、その代わりに月額料金は抑えめです。

用途としては音楽を聴いたり、ブラウザを見たりするのに向いていると考えられます。画像の多いサイトの場合は、やはり読み込みに時間がかかってしまうことが予想されますので注意してください。

▶︎▶︎参考記事:OCNモバイルONEに契約してみた!通信速度など大丈夫!?

 

結局、大容量格安SIMで「おすすめ」なのは?

若い新米男子 のコピー 2

今回紹介した中で個人的におすすめなのは、mineoとイオンモバイルですね。mineoはなんといっても低速回線が使い放題であるという点が魅力的です。

イオンモバイルは12GBや20GBプランの月額料金が安いため、価格の安さを求めるという方にとてもおすすめの選択肢と言えるのではないでしょうか。

また同容量で通信速度を取るなら先ほど紹介したDMM mobileです。安さを取るか、速さ・品質を取るか、という感じですかね。

 

LTE使い放題系格安SIMの種類と解説!

若い新米男子 のコピー 2

続いて、LTE使い放題系の格安SIMについて解説していきます。

使い放題の格安SIMには色々ありますが、その全てに共通する注意点が一点ほど存在します。それは通信速度制限があるということです。

 

また制限の種類には次のようなことが挙げられます。

  • 速度は2~5Mbps程度に抑えられている(該当しないものもある)
  • 短時間で膨大なデータをダウンロードすると、速度制限がかかる場合がある

 

上記のような制限がありますので、例えば固定回線代わりに自宅のパソコンへのテザリングをして、そこから大容量データをダウンロードしたりといった使い方はできません。

また、動画視聴もHDやフルHDのような高画質なものだと、読み込みに時間がかかる場合があります。

 

さて、それでは一覧をチェックしてみましょう。

スクリーンショット 2016-08-28 14.17.40

 

U-mobile PREMIUMのLTE使い放題

U-mobile PREMIUMは、IIJの回線設備を利用した使い放題系SIMです。

IIJといえばインターネット接続サービスの大手です。IIJmioやDMM mobile、イオンモバイルといった格安SIMに通信設備を提供しています。

 

U-mobile PREMIUMはそんな大手のIIJ製であるため回線の安定度が高く、通信速度も速いです

今回紹介する他の多くの格安SIMは、先程述べた通り速くても5Mbps程度の回線速度となっていますが、U-mobile PREMIUMについては10Mbps以上出ることも頻繁にあります。

月額料金も安いですし、かなりおすすめの格安SIMであると考えられますね。

▶︎▶︎参考記事:U-mobile PREMIUMのもっと詳しい情報はコチラ!

 

DTI SIMのLTE使い放題

DTI SIMのネット使い放題は、元々存在した10GBプランの制限を解除したもの。通信速度は徐々に下がってきてしまっていると言われていますが、安い月額料金でネットを使い放題であるという点は見逃せません

ネット使い放題は、半年間は1920円で利用することができます。この点も魅力的ですね。最低利用期間は1年ですので、2900円支払わなければいけないのは残り半年分となるでしょう。

 

また私は今現在DTI SIMの使い放題を使用しているのですが、何ら問題なく使えています。というか他の使い放題プランに比べると快適だという印象です。

現場からは以上でーす!

▶︎▶︎参考記事:DTI SIMのキャンペーンがスゴい?詳細をチェック!

 

ぷららモバイルLTEのLTE使い放題

ぷららモバイルLTEは、ネット使い放題系の格安SIMの中ではかなり古くから存在しています。月額料金は高く、通信速度の評判もあまりよろしくはありません。

そのため、候補としてはあまりおすすめできないということが考えられます。

▶︎▶︎参考記事:ぷららモバイルLTEは評判悪いけど「実際」は?基本情報を紹介!

 

USEN MUSIC SIMのLTE使い放題

USEN MUSIC SIMは、U-mobileの全プランの中の1つです。

スマホでUSEN、U-NEXTのポイント600ポイント、通話料半額、そしてLTE使い放題の4つのサービスが合体して2980円と価格的にはかなりお得です。

ただし、U-mobile PREMIUMとは違う回線を使っているようで、速度が1Mbps程度と遅いという評判。これは痛いですね。スマホでUSENに興味があるという方におすすめです。

 

結局、LTE使い放題なら「U-mobile PREMIUM」がベスト

若い新米男子 のコピー 2

LTE使い放題プランはこの他にもいくつかありますが、それらを全てひっくるめて考えても、U-mobile PREMIUMがベストな選択肢であるということが考えられます。

  • 大手である安心感
  • 通信速度が比較的速い

この二点はやはり重要です。大手であるということで、もし今後速度が低下しても改善される見込みがありますしね。LTE使い放題プランを契約したいという方はU-mobile PREMIUMを選びましょう。

ただし月額料金をもっと抑えたいという方は、DTI SIMでもいいかもしれませんよ?

 

まとめ:料金と安定度を考慮!一番はmineo

若い新米男子 のコピー 2

大容量系格安SIMや使い放題系の格安SIMには色々ありますが、選ぶ上でのポイントは月額料金と安定度です。月額料金は安いに越したことはありませんし、安定度は低いと使い心地が悪いですよね。

今回紹介した格安SIMはそれぞれに特徴があります。ぜひ、自分に合っているものを探してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに私の個人的総合ランキング1位はmineoとなりました。下記に色々とmineo記事を載せているので気になる方はぜひご覧下さいね。

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

大手キャリアと比べて破格でスマホを使用出来ることから、格安SIMの人気が年々高まっています。それと同時にSIMフリーの「格安スマホ」も注目されていますよね。

特に中古の格安スマホを安く購入し、格安SIMと併せて使うことで、初期費用・使用料ともに安く抑えることが出来ます。例えば下記の記事。

▶︎▶︎参考記事:中古のiPhone5cでmineo運用やってみた!

 

しかし、中古の格安スマホを購入する際、特有の注意点に気を配っていないと、無駄なお金や時間をかけるだけの結果が待っています。ちょうど私のようにね・・。

 

私がやった2つの失敗

仕事ができる男子 のコピー 2

私は過去、中古の格安スマホの購入において注意点を知らず、見事に2回落とし穴にハマりました。本記事では私の失敗談を元に2つの注意点についてお話します。

その2つとは「格安スマホと格安SIMの相性」と「赤ロム」です

 

格安スマホと格安SIMの相性

私が格安SIMに興味を持ったのは、大手キャリアの高額なスマホ使用料に疲弊している時、同僚から「mineo」を勧められたことがきっかけでした。

当時10,000円を超えていた使用料が、月々1,500円程度まで安くなることを知り、早速飛びついたのです。

 

mineoには、docomo回線を使用する「Dプラン」と、au回線を使用する「Aプラン」が用意されているのですが、元々auユーザーだった私はAプランを選択し、3GBの通話機能付きSIMを購入しました。

そして、その頃ちょうど機種変更も考えていたので、ネットショップで中古の「Huawei」製の機種を購入したのです。

 

SIMカードとスマホが揃ったところで、意気揚々とSIMカードをスロットに挿入したのですが、ネットが出来るだけで電話が使えないことに気づいてしまいました・・

ここまで読んでお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、私が購入したHuawei製の機種はdocomo回線のSIMにしか対応しておらず、Aプラン=au回線のSIMとは適合しなかったのです。

 

それぞれの端末には、通信方式と利用周波数帯の関係で、適合するSIMとしないSIMが存在します。docomo系の端末は当然docomo回線の格安SIMと適合しますが、au回線の格安SIMとは適合しません。

またその事は逆にau系の端末の場合にも同じことが言えます。適合しない格安SIMを入れたとしても、私のようにネットが出来るだけで通話は出来ません。

 

「docomoでもauでもないSIMフリー端末ならば、どちらも使えるのではないか」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、そういう訳でもありません

注意してくださいね!

 

SIMフリー端末であっても機種によって、適合するSIMが決まっているのです(※適合するSIMとしては、docomo回線の格安SIMに適合するものが圧倒的に多数です)。

従って、中古端末を購入した後はどの回線のSIMが適合するのかを必ず把握し、ふさわしいSIMを選びましょう。

 

格安SIMを先に購入している場合には、それに合う端末を探してください。

私はどうしたかと言えば、端末自体は気に入っていたので、泣く泣くAプランを解約しDプランで契約し直しました。(後から知りましたが、mineoには解約せずに回線を切り替えることができる制度がありましたww)

 

赤ロムとは?

mineoの利用にも慣れた頃、私は機種変更を思い立ち、初回と同じようにネットショップで中古の端末を購入しました。無論、教訓を活かしてdocomo系の端末です。

値段も安く、機種変更直後は快適に使用出来ていたのですが、ある日突然、一切通信が出来なくなってしまったのです。慌てて調べた結果、「赤ロム」という現象の存在を初めて知ることになりました。

 

赤ロムとは、「白ロム」と呼ばれる中古端末の中でも特に注意すべき端末のことです。中古端末の中には、元々の持ち主が分割支払いを完了させる前に売却した端末が混じっています。

元々の持ち主が支払いを無事完了させれば何の問題もありませんが、支払いがなされなかった場合、元々のキャリアがその端末をロックし、通信不能状態にします

 

そうなった状態の端末を赤ロムと呼び、大抵の中古ショップは販売を避けます。しかし、販売停止にするのは購入前に赤ロムになっているものだけで、私のように購入後に赤ロム化するものがあるのです。

多くのショップでは、万が一赤ロム化した場合は返金に応じていますが、一部その仕組みが無いショップもあります。注意してね!

▶︎▶︎参考記事:赤ロムや白ロムなど、そういうの何?って方はどうぞ!

 

「ソフマップ」や「イオシス」といった大手ショップならば確実に返金対応をしているので、安易に値段だけでショップを選ばないよう気をつけましょう。

私はと言えば、安さだけで飛びついたので、見事に返金対応していないショップでした。中古端末とはいえ、かなりの痛手となりましたよ。反省〜。

 

まとめ:格安SIMのことは当サイトへ聞け!

仕事ができる男子 のコピー 2

以上、私の失敗談から、中古の格安スマホを購入する際の注意点を説明してきました。全てに共通して言えることは「大手キャリアよりも下調べが重要」ということです。

それが面倒くさい方は当サイトで聞いてください!コメントでも問い合わせでも何でも大丈夫。24時間以内に返信します!(たぶん・・)

 

大手キャリアの場合、店舗において対面で全て説明してくれる上、SIMカードのセットアップやその他設定もおまかせです。

自分で格安SIMと中古の格安スマホを用意して組み合わせる以上、基礎知識を持った上で1つ1つの行程をクリアすることが求められます。

「難しいことは考えず、大手キャリアのように簡単に、機種とSIMを揃えたい」という方は、格安SIM各社が売り出している「格安スマホとSIMのセット購入」がおすすめです。

 

新品とはいえ、大手キャリアよりも安い場合が多く、「楽天モバイル」のように同時購入特典が手厚いものもあります。

結論、自分が格安スマホ購入において何を重視するか(端末自体の安さなのか、手軽さなのか)を自らに問いかけた上で、ふさわしい道を選択しましょう。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが提供している格安SIMです。

有名なプロバイダなので、格安SIMのサービス自体も優れており、MVNO業界でも高いシェアを誇っています

 

ただOCNモバイルONEは、毎月の使用料金が特別安いとか、通信速度が他に比べて特別速いとかいうわけではありません

つまり、「特に強みがある!」と言うわけではないのです。ですが、NTTコミュニケーションズというそのプロバイダの信用度はかなり高く、そこから信頼して契約する方が多いです。

 

最近はCMもよく流れているのでご存知の方も多いでしょう。

OCNモバイルONEは格安SIM/スマホが初心者であり、まだまだ大手でない不信感の方が強い!という方におすすめです。ぜひ格安SIMデビューはOCNモバイルONEにしましょう!

 

OCNモバイルONEを公式サイトでチェック!

 

OCNモバイルONEの料金プラン

スクリーンショット 2016-08-25 14.30.31

*SMS対応SIMは月額120円追加で利用可能*

 

OCNモバイルONEの料金プランはバリエーションが多いのが特徴です。

DMM mobileのバリエーションには少々劣りますが、それでも6プランから選べるのはかなりの魅力だと言えます。データ容量の上限が月換算だけではなく、1日あたりのものもあり、それぞれの使い方に合わせて選ぶ事が出来ます。

データ容量が1日あたりのプラン(110MB/日と170MB/日)は、毎日一定量使うという方におすすめで、日によってデータ容量の使用量にバラつきがあるという方は逆に月コースにするといいでしょう。

 

500Kbpsプランは他社の低速プランに多い200Kbpsよりも速く、かつデータ容量が15GBで1800円(音声付きSIMは2300円)と数値上は非常に安いと思われます。

動画を高画質で見たい!という人には向いていませんが、中画質や低画質で十分!という方には、ある程度の速度でありデータ容量も多いので合っているのではないでしょうか。

 

途中でのプラン変更も可能ですので、じっくりと自分に合ったプランを見つける事が出来ますね。

ただし1暦月内に1回のみ変更可能となっているので注意してください。また月末日は申し込めないので、そこも気をつけてくださいね。

 

プリペイドSIMでお試しも可能!

初めて格安SIMを使う場合やどの格安SIMを契約しようか迷っている場合、まずはプリペイドSIMで試してみてはいかがでしょうか?

プリペイドSIMとは一定期間(例えば1ヵ月)のみデータ通信を使えるものであり、購入した端末と格安SIMが事前に合うかどうか確かめるのに役立ちます。

 

そして、OCNモバイルONEのプリペイドSIMは「プリペイド期間型」「プリペイド容量型」の2種類があります。

 

プリペイド期間型

こちらは1日50MBを20日間お試しできるプリペイドSIMで、初回は2800円で購入することが出来ます。1日のデータ容量を使い切ってしまっても、速度は遅くなりますが通信することは可能です。

50日間に延長出来る期間延長パッケージもあり、こちらは2200円で購入出来ます。しかし今後の継続を考えているのであれば、期間延長パッケージを購入するより月額契約にした方がお得ですね。

まだしばらく考えたいという場合のみ、期間延長パッケージを購入するようにしましょう。

 

プリペイド容量型

こちらはパッケージ料金3200円で、1GBの容量を使い切るまで利用できます。ただし最大利用期間は4か月間です。期間を過ぎてしまうと使えなくなってしまいますので注意してください。

容量が足りない場合や4か月過ぎてしまった場合でも、容量追加パッケージ1.0GBを2000円で購入することが出来ます。

 

こちらのプリペイドSIMは、あまりネット回線に繋がない方やWi-Fi環境が整っていて高速通信データ容量を使うシーンが少ない方におすすめです。

この容量型の場合は、1GBを使い切ってしまうと通信が出来なくなってしまいます。毎月、毎日コンスタントに使うという方は月額契約にしておいた方が安心です。

 

その他にかかる料金

  • 初期費用 3000円
  • 解約違約金 8000円(音声)
  • SIMサイズ変更等 800円(データ)/3000円(音声)
  • データ容量をシェアする場合の手数料 月額450円(SIM一枚に付き)
  • 留守番電話 月額300円
  • キャッチホン 月額200円
  • 通話料金 30秒20円

 

通信速度やOCNモバイルONEの特徴をチェック

ギャル女子 のコピー 2

使用回線はNTTドコモ

OCNモバイルONEはNTTドコモの回線を借りているので、Xi、FOMAのエリアに対応しています。NTTドコモのホームページを見ればわかりますが、かなりの広範囲で利用出来ますよ。

またWi-Fiスポットも約82000か所で利用出来るので、通常利用するのであれば問題なく使えます。

 

通信速度はどうなのか

通信速度は悪くはありませんが正直良くもありません、普通レベルという感じです

ヘビーユーザーやビジネスで使う方など、使用用途によっては遅いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、普通に使う分には何の問題もなく使えるでしょう。

一応、下記の記事にて実際にOCNモバイルONEを使ってみての体感速度をまとめているので気になる方はチェックお願いします。

▶︎▶︎参考記事:OCNモバイルONEを使ってみての感想!通信速度は・・

 

支払方法はクレジットのみ?

MVNOの多くがクレジットカードのみの支払い対応しかしていない中で、OCNモバイルONEは口座振替での支払いが出来ます

そのため法人での契約やクレジットカードを持っていない人でも契約しやすいでしょう。

 

IP電話アプリ『050plus』を活用

IP電話アプリ050plusは、OCNモバイルONEの母体であるNTTコミュニケーションズが運営しています。そのためOCNモバイルONEに契約している人が、050plusを申し込むことでお得な割引を受けることができます。

通常は月額300円の基本料金が発生しますが、OCNモバイルONEのデータ専用SIMとSMS機能付きSIMを契約している場合は月額150円、音声通話付きSIMを契約している場合はなんと月額無料で利用する事が出来るのです!

 

・・と、その前にIP電話や050plusって何?って感じですよね。では簡単にだけ説明します。

まず通話というのは本来電話回線というものを使って行います。この電話回線はネットを使う時の回線とは違い、通話音がクリアに、そして途切れにくいというメリットを持つ反面、少し料金が高いというデメリットがあります。

 

それに比べてIP電話、これは先ほどの本来通話に使われる電話回線とは違い、ネット回線を使っての通話となります。コチラはまず料金が通話と比べて格段に安いです

なので格安SIMの弱点である「通話料金の高騰化」という部分を補填するために各MVNOが揃って使用しているのです。

 

もちろん、このIP電話にはデメリットがあり電話回線に比べると不安定で、そして通話音声もクリアとは言えない、という部分があります。

しかし改善に次ぐ改善が行われている今、そして未来においてはコチラの安価なIP電話が主流になるのではないか、と予想されているのです。

 

そのIP電話を使ったのが、このOCNモバイルONEの050plus。

では、その特徴をご覧下さい!

 

050plusの特徴

まず050plusを使うことで先ほど言った通り通話料金が格段に安くなります。例えば、お互いに050plusアプリをダウンロードしておけば通話料金は無料

アプリを使って固定電話に掛けた場合は3分8.64円、携帯やスマホに掛けた場合は1分17.28円です。通常の電話回線で掛けると1分40円なのでかなりお得ですよね。

 

しかし発信番号が通常の携帯電話番号と異なり、アプリの名前にもなっている通り「050番号」となります。番号の非通知、通知の切り替え等は可能です。

また留守番電話機能も付いており、留守電にメッセージが残った時は登録しておいたメールでお知らせしてくれるという便利な機能も付いています。

 

なので、たくさん電話を掛けると言う人は必ずアプリをダウンロードしておきましょう。

特に音声機能付きSIMを契約している人は、月額無料で通話料金を安くできるので、まずデメリットはありません。ダウンロードをして損はないですよ!

 

まとめ:特に強みはないのだが・・

ギャル女子 のコピー 2

OCNモバイルONEの格安SIMは冒頭にも言ったように、「特にコレがすごい!!」といったような強みがありません。

しかしその母体であるNTTコミュニケーションズは大手の企業なので、サポート力は高く何か問題が起こったとしても、きちんと対応してくれます。初心者の方にとってはとても頼もしいですよね。

 

さらにプリペイド式の格安SIMもあります。初心者の方、どの格安SIMにしようか迷っていらっしゃる方は、お試しが出来るので安心です。

自分に合わないと思えばそのまま何もせずに放置しておけば良いだけですし、合っていると思えばOCNモバイルONEのホームページから長期契約に変更すれば良いだけなのです。

 

もしOCNモバイルONEを契約しようかどうか迷っているならば、プリペイド式SIMから始めてみても良いですね。

 

OCNモバイルONEを公式サイトでチェック!

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

人気沸騰中のポケモンGO、皆さんはこのゲーム、楽しんでいますか?

ポケモンGOは自分たちが生活する世界にポケモンが出現し、それを捕獲して育てたり他のプレイヤーと対戦したりするというゲームです。

初代ポケモン世代の私は、かなりテンションが上がってましたが、街中や公園なんかでもスマホを片手に歩いている人が一気に増えましたよね?

 

小さなお子様から50代くらいの方(もしかしたらそれ以上かも・・・)まで、ゲームで楽しんでいらっしゃる方を見かけました。

歩きスマホには注意したい所ですが、現在ポケモンGOは幅広い年齢層の人々が楽しんでいます

 

さて、このポケモンGOのリリースにより、格安SIMを提供する各MVNOもさまざまなサービスを提供し始めました。

DTIやFREETELでは、ポケモンGOのデータ通信量をカウントしないプランを発表しています。

▶︎▶︎参考記事:ポケモンGOのデータ通信量をカウントしない「DTI ノーカウントプラン」とは

▶︎▶︎参考記事:DTIに続いてFREETELも参戦!ポケモンGO特典

 

そんな中、ついにb-mobileを提供している日本通信が、ポケモンGOのみしか使えないという格安SIMを8月10日に発売するのです。

 

日本通信のポケモンGO専用の格安SIMとは?

ギャル女子 のコピー 2

日本通信のポケモンGO専用SIMとは、LTE通信を30日間、または1GBを使い切るまで使えるといったものです。

例えば、20日で1GBを超えてしまえばそこで使えなくなってしまいますし、まだ容量が残っていても30日を過ぎてしまえば使えなくなってしまいます。

 

このSIMはポケモンGOのみで使うだけの格安SIMで、その他の機能は一切ありません。ただしWi-Fi環境が整っている場所であれば、メールやネット通信は可能となります。

そして肝心の金額はと言うと、初回は1500円(税別)となっています。1GBで1500円と一見高いように感じますが、初期費用も込みの金額です。

そう考えると他の格安SIMの半額程度なので安いですね。

 

また追加で購入したい場合は、30日間または1GBまでという同じ条件で、500円(税込み)でチャージする事が出来ます。

チャージする期間は、その時に利用しているSIMの利用期間内か利用期間終了後の10日以内なら続けて使う事が可能です。

 

ちなみにですが・・。

SIMサイズは、標準SIM、nanoSIM、microSIMの3種類がありますので、端末に合ったSIMサイズを選べますよ。

 

ポケモンGOだけ利用できるSIMって必要?

ギャル女子 のコピー 2

正直言うと、大人の方はあまり必要ないかもしれません。

何故かと言うと、まずポケモンGOは意外とデータ容量を消費しないという事が挙げられます。

 

ポケモンGOがどのくらいのデータ容量を消費しているのかと言うと、1時間外で使い続けて10MBくらいです。

意外と少ないですよね。

▶︎▶︎参考記事:データ消費量がわからない人へ、目安をご覧下さい!

 

1GBと消費しようとすると、1GBは1000MBなので約100時間遊べる計算になります。100時間と言えば1日平均して3時間くらいです。

仕事をしている大人の方で、平均1日3時間ポケモンGOをする人は少ないのではないでしょうか。つまり職業がポケモンマスターでない限り必要ないと思われます。

 

そしてもう一つの理由としては、他の機能も使える格安SIMで良いのではないかという事です。金額からしても1か月(1GB)500円であれば、他の格安SIMで安いのがありますしね。

他の格安SIMと並行してポケモンGO専用の格安SIMをわざわざ契約するよりも、現在契約している格安SIMのデータ容量を1つ上のプランに変更する方が、お得な場合が多いです。

▶︎▶︎参考記事:最大、月々0円で使える「ロケットモバイル」とは?

 

ポケモンGO専用SIMの契約に向いている人とは?

ギャル女子 のコピー 2

ではポケモンGO専用格安SIMはどのような人に向いているのでしょうか?

それは、まずスマホを持つにはまだ早い子ども達でしょう。

 

ポケモンGO以外の機能は使えないので、必要のない通話や通信をしてしまう心配がありません。

どちらかというと「スマホを持たせる」というよりは、3DSのような「携帯ゲームを持たせる」という感覚に近いかもしれませんね。

 

そして1GBという制限がありますので、1日3時間以内と時間を決める事も出来ます。

もちろん月の途中での追加も出来るのですが、そこは事前にお子様とルールを決めておけば安心です。

 

また500円で追加継続出来るので、ある程度の年齢のお子様であれば、お小遣いから出すようにする事でお金の使い方などの勉強も出来ますよ。

 

ゲーム機感覚でお子様に持たせる場合、新しいスマホを購入すると高くなってしまいますが、使わなくなったスマホを再利用すればSIM代金だけで済みます。

ただし、使えるのはドコモの端末かSIMフリーの端末のみになるので注意して下さいね

 

子ども以外にポケモンGO専用SIMが向いている人とは

ポケモンGOをスマホでプレイした時、かなり早く充電が無くなってしまいます。

仕事中はプレイすることは無いと思いますが、通勤中や休日に出かける時にはポケモンGOをつけっぱなしにして移動する、という人も少なくないでしょう。

たくさんのポケモンをゲットするという目的だけでなく、移動距離でポケモンの卵が孵化するという機能もあるのでなおさらです。

 

しかし、ふと気づいた時に充電が10%とかになっているのってスゴく不安になりますよね。出掛け先でスマホの充電が無くなるとかマジでヤバいですもん・・。

そんな時、このポケモンGO専用格安SIMがあれば、万一こちらのスマホの充電が無くなってしまっても、ゲームが出来ないだけでメインのスマホで電話や通信をする事が出来ますよ!(結構、無理矢理感ww)

 

まとめ:子ども向けの格安SIM

ギャル女子 のコピー 2

8月10日に日本通信から発売される「ポケモンGO専用格安SIM」は、どちらかと言うと子どもに向けた格安SIMだと言えるでしょう。

スマホを持たせるには、まだ早いというお子様に他のスマホ機能は無しで持たせる事が出来るので安心です。

 

また充電の減りが早いのが懸念されるポケモンGOですが、大人の方であればメインのスマホとゲーム用のスマホを分ける事で、メインスマホの充電の減りを防げます。

たくさんのポケモンと出会えてとても楽しいポケモンGOですが、くれぐれも歩きスマホや危険な場所へ立ち入ってのプレイはやめましょうね。

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

格安SIMにおいて「3GBプラン」は往々にして主力商品です。それはスマホユーザーの平均的な月々のデータ使用量が3GBであり、大手キャリアと比較した際、最もお得度を体感しやすいプランとなるからです。

「Wi-Fi環境の無い状態で動画視聴やゲームアプリを頻繁に利用する」といったヘビーユーザーの方で無い限り、大手キャリアと遜色無い使用感を、はるかに安い利用料金で得ることが出来るのです。

 

格安SIMの利用を開始するにあたり、どのプランを選べばよいかわからない場合は、3GBプランを選択することが無難かつ堅実な選択でしょう。

そこで今回は3GBのプランで比較した際におすすめの格安SIMを3つ挙げます。その3つとは「UQ mobile」「楽天モバイル」そして「NifMo」です

 

3つの格安SIMのプラン内容と料金を比較

仕事ができる男子 のコピー 2

3つの格安SIMのプラン・料金は以下の通りです。

スクリーンショット 2016-08-23 21.33.08

  1. …SMSオプションは月額120円
  2. …SMSオプションは月額150円

どのMVNOでも、データ通信専用SIMの場合は月額1,000円以下、音声通話付きSIMであっても2,000円以内に収まる価格帯となっています。以下、それぞれの特徴・注意点について説明していきます。

 

UQ mobile(3GB)を比較

UQ mobileの強みは全格安SIMの中でトップクラスの通信速度と容量です。大手キャリアの通信速度を凌ぐ速さを誇る上、時間帯による速度のばらつきもなく、安定しています。

インターネットをする場合には最もストレスフリーに利用することが出来る格安SIMです。

▶︎▶︎参考記事:ストレスなくネットを使える通信速度ってどれくらい!?

 

2015年11月からは月をまたいでのデータの繰り越しに対応したので、月内に上限容量を使い切れなかった場合でも無駄のない運用が出来ます。

また、「ターボ機能」により、高速通信と低速通信との自由な切り替えも可能なので、使用頻度にあわせて容量の節約ができます。

 

そしてデータ容量の上限まで使い切ってしまった時は「データチャージ」機能が光ります。100MBが200円、500MBが500円となっており、小刻みに追加することが出来ます。

このように、データ通信関係の速さと充実度が群を抜いています。

 

注意点は速度制限とプラン・キャンペーンの少なさです。直近3日間の通信量が3GB以上の場合は通信速度が最大200kbpsに制限されます。

速いからといってデータを追加購入し無計画に使ってしまうと、かなり不便な状態に陥るリスクがあるということです。

 

また、他の格安SIMのようなお得なキャンペーンが少なく、プランも3GBプランと無制限プランの2種類しかないので、お得感と柔軟さといった点では弱さが目立ちます。

良くも悪くもシンプルな格安SIMであることを念頭に置きましょう。

▶︎▶︎参考記事:UQ mobileの体験記事はコチラ!

 

楽天モバイル(3GB)を比較

楽天モバイルの強みは特典・キャンペーンが充実していることです。例えば、音声通話機能付きSIMを契約すると、楽天市場でもらうことができる楽天ポイントが以降ずっと2倍になります。

月額料金もポイント還元の対象となるので、何もしなくても通常の2倍の速度でポイントが貯まっていくことになるのです。楽天市場をすでに利用している方はもちろん、これを機に楽天市場の利用を開始しても良いでしょうね。

 

そして楽天モバイルでは、格安SIMと端末の同時購入キャンペーンに力を入れており、常時何らかの特典が設定されています。

例えば2016年8月1日まで、「arrowsRMO2」といった機種と格安SIMとの同時購入で最大70%の割引が適用されます。「格安SIMデビューと同時にスマホデビュー」といった方にもお得な格安SIMなのです。

 

また、他の格安SIMが3GBという設定なのに対し、楽天モバイルは3.1GBという設定になっています。わずかな差かもしれませんが、余裕をもって使用することが出来る点も他社にはないメリットです。

 

最後に注意点ですが、それは『通信速度』です。

2016年8月現在、特に平日昼間の時間帯は通信速度が低下する傾向が強く、高速通信をしたい場合にはWi-Fiのサポートがほぼ必須の状態になっています。

家や職場にWi-Fi環境が整っているならば問題はありませんが、それ以外で高速通信が必要となる場合は注意が必要です。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルの詳細記事はコチラ!

 

NifMo(3GB)を比較

NifMoは老舗プロバイダであるnifty株式会社が運営母体です。安定した運営・速度を基盤とした「オールラウンダーな格安SIM」と言うことが出来ます。

通信速度については、速くなった時期・遅くなった時期を繰り返した結果、現在(2016年7月)では安定した高速通信を実現しています(※UQ mobileには及びませんが、格安SIMの中でもトップクラスの速さです)。

 

また、nifty株式会社が提供する各種サービス(@nifty光など)を契約している方の場合は、月額料金が200円割引になります。

従って3GBの場合、データ通信専用SIMならば月額700円、音声通話付きSIMならば月額1,400円で利用出来ます。通常の状態でも他の格安SIMと比べて少し安い設定ですが、それを更に安くすることが出来るのです。

 

その他の割引については、利用初月は無料となっています。また2016年7月31日までに格安SIMのみを申し込むと3000円のキャッシュバックが適用されますよ。

さらに格安SIMとスマホを同時に購入することで、月額料金が2年間200円引きされます。いずれもベーシックな内容ですが、それだけにお得度がわかりやすいことがメリットですね。

 

NifMoの注意点はオプション機能が弱いことです。月額定額で電話かけ放題の「NifMoでんわ」は音質が悪く、通話をしっかり行いたい人には向きません。

また、どのプランでも公衆無線LANスポットである「BBモバイルポイント」を無料で使うことが出来ますが、スポットの数が少なくあまり恩恵はありません。

いずれも無料通話アプリや、自宅のWi-Fiなどでカバーするといいでしょう。

▶︎▶︎参考記事:NifMoの詳細記事はコチラ!

 

まとめ:3GBは格安SIMデビューにピッタリ!

仕事ができる男子 のコピー 2

以上、3GBのプランに限定しても、格安SIMによって強み・弱みは様々です。価格表を見ればわかる通り、3GBプランの価格は各社似通っていますが、だからこそ様々な特典で差別化を図っているのです。

大手キャリアのスマホをお使いの方で格安SIMへの乗り換えを考えている方は、料金以外に何をスマホに求めるか、逆に何を不要と判断するか、まずは棚卸をしてみましょう。

その後、本記事のような格安SIMの性格を分類した情報に触れ、じっくり取捨選択することをお勧めします。

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

Y!mobileやdocomo、そしてGoogleなどで販売されているAndroidスマートフォン、Nexus 5XiPhoneのAndroid版的な位置づけで、最新のOSが常に提供されることが魅力の端末です。

この記事を書いているタイミングで、現在の6.0系からAndroid 7.0にアップデートが開始されるという発表もありました。

 

今後新機種が発売される可能性は高いですが、現時点では最新のNexusシリーズである5X。いったいどんな端末なのか、実際に購入しましたので、レビューしてみたいと思います。

ちなみに、私は今回海外の並行輸入品をAmazonで購入しました。

 

Nexus 5Xを開封!

若い新米男子 のコピー 2

箱と本体の外観

まずは箱の開封です。パッケージはiPhoneや前機種のNexus 5と比べてかなり大きめで、正方形の形をしています。

 

IMG_4542

IMG_4552

 

日本製の端末に比べて、どことなく高級感が漂っている箱ですね。

 

IMG_4554_R

IMG_4555_R

 

箱の中身は非常にシンプルで、本体以外はUSBケーブルとACアダプタ、あとはリリースピンのみでした。

ところでこのUSBケーブル、写真だとよくわからないかもしれませんが、MacBookでも使用されているあの「USB Type-C」です。

 

裏表がなくどちらからも挿すことができるという画期的なものですが、その代わりかわかりませんがケーブルが少し分厚かったり、ちょっとスマホ本体やACアダプターの端子に挿しづらかったりします。(しっかり挿すことで抜けなくなる代わりに、少し力が必要)

さて、こちらが本体です。

 

ファイル_000

IMG_4543_R

 

表面は、良くも悪くも特徴がない、一般的なAndroidスマートフォンといった形をしています。

本体底面には、USB Type-Cの端子とイヤホン端子がありますね。iPhoneは今後イヤホン端子がなくなるという噂がありますが、とりあえずNexus 5Xにはしっかりとイヤホン端子があります。

 

IMG_4549_R

 

側面にはSIMスロットがありますが、iPhoneのようにピンをさし込んで取り出すというタイプですので、頻繁にSIMカードを入れ替える私のような格安SIMマニアにはちょっと面倒です。

しかし、多くの方はそれほど頻繁にSIMカードを入れ替えるということはありませんよね。それならば問題はないでしょう。

 

IMG_4551_R

 

ちょっと手で触った跡が目立ちますが、こちらが裏面です。私は現在カバーなしで使用していますが、カバーはあった方が良いかもしれませんね。

カメラは中央で少し出っ張っていて、その下に指紋認証があります。指紋認証については後ほど詳しく触れていきますが、かなり素晴らしいですよ。

 

本体の仕様レビュー

若い新米男子 のコピー 2

本体サイズは大きめ(Androidとしては昨今の標準サイズ)

Nexus 5Xの本体は、片手で持って操作できるギリギリのサイズといった印象です。

男性ならば、左手で本体を側面から軽く持てば画面下の戻るボタンから画面の上までをしっかり触って操作することができるのではないでしょうか。

本体を落とさないようにしっかり握って片手で操作することは、成人男性であってもちょっと難しいです。

 

Android端末は、現在5.2インチや5.0インチといったサイズが主流。Nexus 5は5インチでしたが、5Xでは5.2インチにサイズアップしています。

片手で操作しやすかったのは5の方でしたが、代わりに表示範囲が広くなっているというメリットも得られているので、5XのサイズはこれはこれでOKでしょう。

 

画面は非常に美しい

画面サイズは5.2インチのフルHD液晶となっていて、かなり綺麗であると感じられました。

私はHD液晶の端末をよく購入して利用しており、さほど違和感を感じていませんでしたが、改めてフルHDの高精細な画面を見ると、やはり差はありますね。

 

ただし、フルHDの恩恵を真に受けられるのは動画再生や高画質な画像を見る時といった限られた場面になります。

そのため、HDのスマホから画面がフルHDであるというだけで乗り換えるほどではないかもしれません。

 

USB Type-Cは思ったより使いにくい

iPhoneやiPadで使われているLightningケーブルのように、裏表がないUSB Type-C。しかし、Lightningケーブルとは一点、非常に大きな差があると感じられました。

それは、抜き差しのしやすさです。私は現在、今回の付属品、MacBook付属のもの、ZenPad s 8.0付属のもの、Amazonで購入した片方が通常のUSB端子になっているものといった合計4本のUSB Type-Cを持っていますが、どれを使ってもNexus 5Xとの抜き差しがしづらいと感じています。

Nexus 5X付属の純正のものでさえちょっと抜き差しがしづらくストレスを感じていますので、USB Type-Cについては今後改善していって欲しいと感じました。

 

カメラはかなり高画質

カメラはAndroidよりiPhoneの方が綺麗という印象をお持ちの方は多いかもしれません。

そもそもAndroid端末のカメラは端末によって全く性能が異なっていますので、それは当たり前と言えば当たり前でもあります。

 

さて、Nexus 5Xのカメラは、iPhoneとほぼ同じくらい綺麗であると言えるのではないかと感じられました。それでは、早速撮影した写真を見てみましょう。

 

IMG_20160823_091846

 

いかがでしょうか。画像はリサイズされておりますが、かなり綺麗な画質であると考えられます。

 

IMG_20160823_091905

IMG_20160823_091916

 

とはいえ、iPhoneとも実際比べてみたいところですよね。

それでは、同じようにiPhoneでも写真を撮影してみましたので、こちらも合わせてご覧ください。

 

IMG_3323

 

IMG_3324

IMG_3325

 

いかがでしょうか。

 

IMG_20160816_154749

 

こちらはNexus 5Xで撮影した風景写真です。色々な風景写真を今までiPhoneで撮ってきていますが、若干画面の色合いがiPhoneのはっきりとした色合いに比べると青っぽいようにも感じられます。

しかし、ほとんど好みの問題のようにも感じられます。Nexus 5Xのカメラは、必要十分に高画質であると言えるのではないでしょうか。

 

指紋認証は最高!

iPhone 5sの頃から、スマートフォンに採用されてきている指紋認証。私の場合はどうも指が汚れやすいのもあり、これだ!と思える指紋認証にはなかなか出会えていませんでした。

iPhone 5sや6、6sの指紋認証は全く自分には合わず、すぐに使用をやめています。SAMURAI REIの指紋認証はかなり精度が高いと感じられましたが、それでも失敗することがありました。

 

iPhone SEはなぜかほとんど認証失敗することがないため、『これが最高か!』と思っていましたが、それと双璧をなす存在がNexus 5Xです。

 

まず素晴らしいのは、認識率の高さです。本体裏面の認証部分に触れれば、すぐに認証が行われます。失敗することは、よほど変な位置に指を置いたときに限られます。

精度の高さは非常に魅力的で、購入以降現在に至るまで、指紋認証はオンのままにしています。

 

そしてiPhoneを超えているのは、指を「置いただけで」反応することです。

iPhoneやSAMURAI REIでは、指を置いてボタンを押せば反応しました。これも十分快適だったのですが、ボタンを押す必要すらなく、一瞬で画面がオンになり、操作可能となるのがNexus 5Xです。

位置も、スマホを持ったらちょうど触れるような位置に指紋認証センサーがあるので、自然に利用を開始できます。

 

メモリが2GBであるという点は、通常利用ならとくに違和感なし

この端末の弱点として挙げられるのは、メモリが2GBであるということです。メモリはハイスペックな端末ならば3GBや4GBが中心ですが、Nexus 5Xは2GBとなっています

docomoではなぜか10万近く、Y!mobileでは32GBモデルで65000円程度の価格となっているNexus 5Xですが、価格のわりにメモリは少ないということが、確かに言えます。

 

私の場合は、メモリが2GBであることによる違和感は特に感じられませんでした。

しかし、ハイスペックである必要があるゲームをプレイする時などは、もしかしたら上手く動かないということがあるかもしれません。

 

ありのままのAndroidOSが利用できる端末

Nexus 5Xは、販売メーカーによってカスタマイズが行われていない、ありのままのシンプルなAndroidOSが利用できるということが、もっともこの端末を選ぶ上で重要なことであるといわれています。

おサイフケータイやワンセグなどの、日本の端末に搭載されているような便利機能はありません。

しかし、代わりに「こんなの使わないよ!」というようなキャリアによる余計なアプリが入っていたりすることもないので、ストレージ容量は比較的多め、快適に動作します。

 

Screenshot_20160823-052747

 

初期から入っているGoogle now ランチャーがこちらです。

見ての通り、Google製のアプリしか入っていません。

 

 Screenshot_20160823-052602

 

この通り、画面上部から引き出すバーにも最低限の機能しか備わっていません。

結果として例えばブルーライトカット機能など、多くのスマホに入っている機能もありませんが、そういったものはGoogle Playから落としましょう。

 

そしてキャリアのスマホや他のスマホの場合は、あまりアップデートが頻繁に行われませんよね。

しかし、Nexus 5Xならアップデートが全て配信されます。少なくとも数年間はOSが更新される度にアップデート可能なので、最新のOSの機能を試したいという方にはとてもおすすめできる端末です。

 

まとめ:無難な格安スマホである

Nexus 5Xは、万人におすすめできる端末でもあり、人を選ぶ端末でもあると感じられました。

スペック的には特に通常利用において問題ありませんし、最新のOSを利用できるのは、とても魅力的です。さらに余計なアプリが一切入っていないということは、とてもいいですね。

 

しかし、おサイフケータイなどの機能もありませんので、日本のスマホによくあるような便利機能を利用したい場合は、物足りないと言えるでしょう。

おサイフケータイや防水防塵のように、端末そのものに依存する機能以外は、アプリをインストールすればいくらでも追加できるので安心してください。

  • 最新のOSを利用したい
  • シンプルなスマホを利用したい
  • カメラが高画質なAndroidスマホを利用したい

こういった方に、Nexus 5Xがおすすめです

格安SIMであるY!mobileでは、Nexus 5Xを入手できます。SIMフリーモデルを購入するのも良いですし、SIMカードとセットでY!mobileで契約するのも良いでしょう。

 

1iSNSp1KRTLmWLE1460863555_1460863592

ポケモンGOは、皆さんご存知の日本全国で話題となっている大人気のゲームです。学生の方はこの夏休みにひたすらポケモンを探したのではないでしょうか。

社会人の方にも、ポケモンGOを休みの日に個人で、あるいは友人達と共にプレイした!という方がたくさんいらっしゃるかもしれませんね。

 

実際に街を歩いていると、ポケモンGOをプレイしていることが一目でわかるケースがたくさん見受けられましたし、現在も休みの日は良く見られます。

お祭りの日などは、明らかに会場に「ルアー」が設置されていたりもしますね。

それほどまでに世間でブームが続いている、ポケモンGO。格安SIMもキャリアも、リリース開始時は急激に回線速度が落ちたケースがあったりと、その勢いは計り知れないものがありました

 

さて、そんなポケモンGOですが、1時間ごとの通信量は大体10MB~20MB程度と言われています。常時通信を行っているように見えるゲームですが、意外と多くありませんよね。

しかしそれなら、低速回線に切り替えてプレイすることもできるのではないかと考えた方もいらっしゃるでしょう。低速回線なら、通信量を消費しませんので、ポケモンGOをいくらプレイしても安心です。

 

今回のこの記事では、格安SIMの低速回線でポケモンGOがプレイできるかどうか、実際に調べてみました。それでは、続きをご覧ください。

 

今回、実験で使用した格安SIM

清純女子 のコピー 2

今回、テストに使用した格安SIMは、DMM mobileです。プランはデータSIMの1GBプランですが、通信に利用するのは高速データ通信をオフにした状態です。

高速データ通信がオフになっている状態では、通信速度は200kbps程度に制限されることとなります。ちなみに使用している端末は、iPhone SEです。

▶︎▶︎参考記事:DMM mobileをあまり知らないという方はコチラの記事へ

 

IMG_3334

 

高速データ通信はOFFとなっているのがわかるのではないでしょうか。

この状態で、ゲームをプレイしました。

 

ゲーム開始までが普段より長い?

IMG_3329

 

通常の高速回線を利用していると、基本的にだいたい10秒程度でゲームが開始されますよね。

低速回線でポケモンGOをプレイした今回は、続いて表示される「安全にプレイしよう」といった注意書きと合わせて、およそ30秒程度表示が続きました

 

ただし、アプリを一度終了してから2回目に条件はそのままで起動した際は、普段通りの速度で起動しましたので、たまたま最新のデータを読み込むなどのなにかがあったという可能性も考えられます。

 

IMG_3333

 

30秒程度で、ゲームはスタート。この時点で地図などは全て読み込まれており、何も問題はありませんでした。

 

IMG_3328

 

当然ながらポケモンリストの読み込みもすぐに行われましたし、その他の動作も問題ありませんでした。

 

IMG_3332

 

GPSも普通に反応しており、本当に今低速回線を利用しているのか、まったくわからないほどでした。

 

モンスターが出た時、若干読み込みが長いときがあった

プレイしている最中に初めて登場したポケモンは、スピアー。スピアーが現れたため捕まえようとしたことが1度あったのですが、ここで一度ちょっとしたトラブルが発生しました。

それは何かというと、画面がおよそ10秒ほど固まったのです。

 

その後は問題なくプレイでき、さらに次々に出現したポケモンについては普通に画面が固まることもなく、捕まえることができました。

はたしてあれは低速回線を利用していることによる障害だったのか、関係なくゲームの動作がおかしかったのか、それはよくわかりません。(すんませんww)

 

ポケストップの画像はすぐに表示された

ポケストップは、ポケモンGOの中でも画像を読み込むという点で、通信量がかかってくると予想される場所です。しかし、実際に行ってみたところ、まったくタイムラグもないままにすぐ、目印の画像が表示されました。

これはいつも行っている場所であるため、事前に読み込まれていたということかもしれません。

 

しかし、とりあえず私の行動範囲では、画像の読み込みがなかなか行われずに困るということはありませんでした。

また、もし画像が読み込まれなかったとしても、ポケストップのマークを回せばどのみちモンスターボールなどが入手できますので、それほど問題ないでしょう。

 

格安SIMの低速回線でも問題なくプレイ可能

清純女子 のコピー 2

通信量は1時間に10MB程度という少なさではある物の、通信速度が遅いということで、プレイにある程度の懸念があったポケモンGO。

しかし結果としては問題なく、格安SIMの低速回線でプレイすることができました。200kbpsの速度が出ていれば、ポケモンGOはほぼ快適にプレイすることができるということです。

格安SIMは契約していたものの、今まで高速回線を利用してポケモンGOをプレイしていたという方は、ぜひ一度お試しください。

 

ポケモンGOを低速回線でプレイするにあたって、おすすめの格安SIMは?

清純女子 のコピー 2

ここからは、ポケモンGOのプレイにあたって、安く、そして快適にプレイできる「低速回線が使える」格安SIMはどれか、見ていきたいと思います。

スクリーンショット 2016-08-23 16.02.35

今回おすすめするのは、こちらの4つです。

 

DMM mobileでGO

DMM mobileでは、わずか480円で高速通信1GBと、低速回線が利用可能になります。ポケモンGOをプレイするために利用する2つ目のサブの回線としてデータSIMを契約するのであれば、最も優秀と言えるのではないでしょうか。

この下には、低速回線のみが利用できる440円からのライトプランという物もあります。

ただし、DMM mobileの場合は低速回線での通信が3日につき366MBまでとなっていますので、その点につきましてはご注意ください。

▶︎▶︎参考記事:DMM mobileの体験記事はコチラ!

 

mineoでGO

mineoは、低速回線での通信量に制限がありません。月額料金は高めであるものの、ポケモンGOをプレイするサブ回線用に、低速回線中心での利用をするということであれば、とても魅力的な格安SIMです。

3GB以上のプランをメイン回線として契約し、ポケモンGO利用時は低速に切り替えるという方法もアリですね。

▶︎▶︎参考記事:mineoの体験記事はコチラ!

 

IIJmioでGO

IIJmioは3GBプランからしか契約できませんし、低速回線の利用は3日で366MBまでに限られているものの、シェアSIMが利用可能であるため、メイン回線をIIJmioにしてシェアSIMをサブ端末に挿して、ポケモンGOをプレイするといった使い方ができます。

ちなみにシェアSIMは、月額400円です。

▶︎▶︎参考記事:IIjmioの体験記事はコチラ!

 

FREETEL SIMでGO

FREETEL SIMは、使った分だけ安心プランというものを備えています。

すぐに低速回線に切り替えてしまえば、100MBまでの月額料金であるデータ299円、音声999円以上の金額はかかりません。ポケモンGO用のサブ回線として、おすすめの選択肢です。

▶︎▶︎参考記事:FREETEL SIMの体験記事はコチラ!

 

まとめ:みんなも低速回線でGO!

清純女子 のコピー 2

ポケモンGOは、快適に格安SIMの低速回線で利用することが可能です

通信量自体がそれほど多くないので、よほど長い時間頻繁にプレイするということでなければわざわざ切り替えることもないかもしれませんが、覚えておくと良いでしょう。

ポケモンGOはこれからもアップデートなどで進化していくゲームアプリです。ポケモンコンプリートを目指して、格安SIMで頑張っていきましょう。

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

SIMフリーのスマートフォンの中には、1万円程度で購入できる安い端末もたくさんあります。例えばFREETELのPriori 3LTEが有名ですね。

 

しかし、今回ご紹介するAuBee「elm.」は、さらに安い定価6800円で購入できる激安のSIMフリースマートフォンとなっています。

税込みでも7344円というとても安価な価格ですので、これでは性能がさっぱりで使い物にならないような代物なのではないか、と感じてしまう方も多いかもしれません。

 

私が実際に数日間使用してみた感想としては、「価格なりの面もあるが、普段使いにも十分使える端末」だと感じています。

それでは、実際に詳しくレビューをしていきたいと思います。購入しようか迷っている方は、ぜひご覧ください。

 

AuBee「elm.」を開封!

IMG_3008

 

AuBee「elm.」の外箱がこちらです。SIMフリー端末の外箱は、非常に簡素なものと立派なものがありますが、「elm.」の外箱は適度に高級に感じられてなかなかいいですね。

iPhoneと同じような作りになっていて、上に開くとまず本体が出てきます。そして、本体を取り出して中の仕切りを外すと、このようなものが入っています。

 

IMG_3009

 

ちょっと安っぽい袋に、USBケーブルとACアダプター、そして説明書が入っています。また、右の裏蓋ですが…

 

IMG_3007

 

実は2種類入っています。赤と黒の2種類が同梱されていますので、気分によって取り替えることができます。

どちらもつや消しで手に馴染み、滑りにくい仕上がりとなっていて、高級感があるとまでは言えないもののなかなか立派です。

 

IMG_3005

 

少々ホコリが付いてしまっていますが、こちらが本体表面です。

ホームボタンなどのいわゆるナビゲーションバーは画面の外にあるため、4インチの小型液晶はフルで利用できるのが良いですね。

 

ちなみに、ナビゲーションバーのボタンは押すと光ります。暗い場所で操作する場合、始めに1回押す段階では光っていないわけですので、あまりメリットがないようにも感じられますが、光らないよりは光った方が良いです。

ボタンは本体の左側面に音量ボタン、右側面に電源ボタンがあるのみで、あとは下部にUSB端子、上部にイヤホン端子があるというシンプルな構成です。

裏蓋を外すと電池とmicroSD、SIMカードスロットがあります。

 

IMG_3011

 

SIMカードは標準SIMとmicroSIMの両方を同時に挿すこともできます。

 

Screenshot_2016-08-05-15-01-11

 

この通り、SIMカードは2枚まで認識可能ですが、待ち受けが可能なのはそのうちの1枚に限られますので、2つの電話番号からかかってくる電話を同時に待ち受けるといったことはできません。注意しましょう。

ただし、「スケジュール」から、時間ごとにどのSIMをオンにしておくかを設定することができます。

 

Screenshot_2016-08-05-15-00-58

端末を購入した段階で、たくさんのAPN設定が既に端末に保存されていることも特筆すべきポイントです。

ただし、この画面を呼び出すには設定ではなく、「APN設定」というプリインストールアプリを起動しなければいけないことに注意しましょう。本体の設定アプリの「アクセスポイント」は、空です。

 

AuBee「elm.」の性能は?

若い新米男子 のコピー 2

ここから、「elm.」の性能や実際に「elm.」を使用してみての感想を説明していきたいと思います。

 

メモリは1GB、ストレージ容量は8GB

メモリは1GBですので、たくさんのアプリを開いたままにしておくことはあまりおすすめできません。ストレージ容量は8GBですので、アプリをたくさん保存しておくことはできません。

写真や音楽データをストレージに保存していくとすぐにいっぱいになってしまいますので、SDカードを利用することをおすすめします。

microSDカードを、最大32GBまで認識可能です。

 

画面解像度は特に問題なし

「elm.」の画面解像度は、480×800です。同じ4インチのiPhone 5シリーズは640×1136ですので、それと比べると確かに画面は粗めで、ドットがやや目立つことは否定できません。

しかし、だからといって見づらいということは感じられませんでした。

 

動画をYouTubeで見ても、これといって違和感は感じられません。縦画面でも横画面でも、むしろ十分に綺麗であると感じられました。

画面に近づくと文字についてはドットが少し目立ちますが、画像や映像についてはこれといって問題はありません。待ち時間などにいじる分にはとくにストレスを感じることはないでしょう。

 

OSはAndroid 5.1

OSは、Android5.1が搭載されています。現在はAndroid6.0が主流となりつつあり、さらに今年中には7.0も登場しますが、まだまだ5.1は現役のOS。この点もとくに支障はないでしょう。

5.1と6.0以降の重要な違いはとくにありませんので、今まで6.0のスマホを利用していたという方であってもとくにOSに関する不満を感じることはないのではないでしょうか。

 

画面のタッチの反応があまり良くない

ここが「elm.」の最大の弱点です。価格なりと言える部分ですね。「elm.」は、画面のタッチの反応があまりよくありません。5年くらい前のスマートフォンといった様子です。

といっても、使い物にならないというレベルではありません。「elm.」を操作するときには、こういったことに注意する必要があります。

  • しっかりとタッチする
  • あまりタッチ操作を急ぎすぎない
  • スワイプなどの動作は、気持ち大きめに指を動かす

この2点を踏まえて、落ち着いて操作をすれば、しっかりと反応します。

 

3Gしか利用できない

格安SIMではLTE回線を契約するわけですが、「elm.」では3G回線しか利用できません。結果として、最大速度は抑えられます。

ただし、格安SIMの回線は元々3G回線と変わらない、3~5Mbps程度しか速度が出ないことも多いため、それほど差はありません。

LTEで通信を行いたいという方は、価格は倍近くになってしまいますが、「elm.」ではなくPriori3 LTEがおすすめです。

 

カメラ性能は、とくに高いということはない

IMG_20160805_161023

 

こちらが、「elm.」で実際に撮影した画像です。まさにこの点については価格なりといえますね。

 

IMG_20160805_161031

 

こちらは、カメラアプリに標準で備わっているHDR機能を使って撮影した画像です。

 

IMG_3014

 

最後に、こちらはiPhone SEで撮影した画像です。色の鮮やかさが全然違いますし、細かい部分まで確認できますね。ただしこれらの写真はいずれも室内で蛍光灯の灯りのもと、おおざっぱに撮ったものです。

外で風景などのちょっとしたスナップショットを撮り、SNSにアップロードする分にはそこまでダメというわけではないと思われます。

 

AuBee「elm.」は、こだわりのない人におすすめのスマートフォン

若い新米男子 のコピー 2

特に高性能なスマートフォンは必要ないという方には、「elm.」はとてもおすすめできる選択肢であるように感じられました

我慢する必要があるのはクセのあるタッチ操作とカメラ性能程度で、後はこれと言ってとくに使っていてストレスを感じられるような点はありません。

 

この部分の性能がとても良い!ということも特にありませんが、そもそも価格が7000円。不満点がここまで少ないのはとても素晴らしいことと言えるのではないでしょうか。

初めてのスマートフォンとして「elm.」を購入するのも良いですし、メインのスマホが壊れたときのための予備・あるいは2台目として手元に確保しておくのも良いでしょう。

購入を迷っている方は、ぜひ購入してみることをおすすめします。

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

LeEcoという中国の会社が販売している「Le Max 2」というスマートフォンがあります。

今回はこの「Le Max 2」をレビューしていきたいと思うのですが、中華スマホということでこの「Le Max 2」は技適マークを取得していません。

 

「Le Max 2」自体はコストパフォーマンスに優れ、性能もモンスター級のフラッグシップモデルになっていますが、日本で使用するにあたって注意が必要です。

なので、技適マークや、「実際使ってもいいの?」などといったことを序盤に書き、後半は「Le Max 2」のレビューを書かせて頂きたいと思います。

*通信に関しては、他サイト記事の引用となります*

 

そもそも技適マークとは?

若い新米男子 のコピー 2

三大キャリアで契約している方や、MVNOで契約している方でも、その会社が用意している端末で契約している方にはあまり縁がない言葉だと思います。

技適マークとは、簡単に言えば、「日本で使っても法的に問題ない」ことが認められている通信端末につけられているマークのことです。

 

「技術基準適合証明」「技術基準適合認定」があり、「技術基準適合証明」は「通信回線に接続する機器が電気通信事業法とそれに関連する総務省令によって定められた技術基準に適合していると認定するもの」で、「技術基準適合認定」は「無線機器を対象とする審査」です。

これらの認定、証明には総務省の登録を受けた機関が審査をします。審査は主に財団法人電気通信端末機器審査協会(JATE)が行っています。

 

日本で販売している端末は、ほぼこのJATEから技術基準適合証明と技術基準適合認定を受けています。

スマートフォンなどの無線通信機器はこの認定と証明を両方取得する必要があり両方取得していることを証明するのがこの技適マークです。

また、技適マークは個人でも取得できますが、その取得を申請する端末の全ての設計図には10万円ほどの費用がかかるため、非現実的です。

 

実際に技適マーク無しの端末は日本で使っていいの?

結論から言うと、『法律違反となるのでダメ』です。(もちろん、当サイトも推奨していません)

技適マークを取得していない通信機器は、通話や3G・LTE、BluetoothやWi-Fiなどの全ての通信が電波法的に違法となってしまいます

 

電波法違反になると「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」になってしまい、重要無線通信妨害と判断された場合は「五年以下の懲役又は250万円以下の罰金」となってしまいます。

しかし、海外から旅行に来ている人たちなどは自分の国から持ってきた端末を日本で使っていますよね?

 

あれは電波法で「自国(そのスマートフォンを持ってきた国)のSIMカードを使い、日本国内で国際ローミングを使用し通信する場合には違法にならない」という解釈があり、グレーな部分がありますが、一応はOKとなっています。

また、技適マークがない端末はWi-FiやBluetoothでの通信も違法になるのですが、国は無料Wi-Fiを外国人観光客向けに規模を拡大しています。

 

つまり、日本で使った場合は逮捕されるの?

法的に違反とはなりますが、違法電波の取り締まりを行うのは総務省の「総合通信局」という部署です。この総務省には警察権を持つ職員は居ません。

なので、総合通信局が違法電波を特定し、警察に告発して警察が逮捕するという形となります。

 

とは言っても、総合通信局は違法電波の取り締まりを常時行っているわけではありません。

通信障害などの報告を受け、状況に応じて総合通信局が違法電波を捜索するといった感じです。法律違反となるため、使用に関しては「自己責任」でお願いしますね。

当サイトとしては、技適の通っていない端末はおすすめしません。もしものことがあるので、日本で販売されている技適の通った端末を買いましょう。

 

LeEco Le Max 2 6GB Verのレビュー

若い新米男子 のコピー 2

さて本題に入ります。今回レビューしていくスマートフォンは「Leeco Le Max 2 6GB ver」です。殆どの人は聞いたことがないと思います。

LeTVという中国の動画配信をしていた会社がLeEcoに改名し発表、発売したSIMフリースマートフォンになります。Le Max 2には4GB verもラインナップされていますが、今回は6GBverに絞らせて頂きます。

技適の通っていない端末なので、あくまでも「海外にはこんなスマホもある」という紹介としてのレビューになります。

 

スペックはこちらです↓

スクリーンショット 2016-08-20 13.07.23

スクリーンショット 2016-08-20 13.07.44

 

やはり特筆すべきはSnapdragon 820と6GBRAMによるモンスタースペックでしょう。

Snapdragon820は現時点で最高性能のSoC(CPU)になっており、Samsung社のGALAXYシリーズの最新機種に搭載されていますが、あちらは4GBRAMとなっています。

 

しかし、このLe Max 2は6GBRAMを搭載しています。現時点でXiaomi社のMi 5と肩を並べて最高スペックと言えます。

しかもこのLe Max 2は430ドル前後で販売されており、同じSoCのGALAXYシリーズ等の半分以下の値段で買えてしまうのでコストパフォーマンス的にもモンスターとなっているのです。

 

ただ、SDカードが使えないというのは結構痛い。

ROMは64GBなので相当なことがない限り一杯になる事は無いと思いますが一杯になった場合、やりくりが必要になってきます。

 

対応バンドも幅広く、AU、DOCOMO、SoftBankのSIM全てを使うことが出来ます。しかし、掴みが弱い帯域などもあるので注意が必要ですね。

*日本で通信を行うのは違法ですよ!*

 

パッケージ

2e10591cbcf057ec0eb48366bc7bdcf1

引用:Amazon

 

パッケージ内容は

  • Le Max 2本体
  • Le Max 2用透明ソフト樹脂製ケース
  • ACアダプター USB-Bメス もしくは USB-Cメス(日本対応)
  • USB-A → USB-C もしくは USB-C → USB-Cケーブル
  • USB-C → 3.5mmオーディオジャック変換ケーブル
  • SIMスロットを外す際のピンや説明書など

となります。

 

出荷時期によってACアダプターとケーブルの種類が異なります。

画像はUSB-A→USB-CのケーブルとUSB-AメスのACアダプターですが、私の場合はUSB-C→USB-CケーブルとUSB-Cケーブルでした。

 

USB-Cってまだあまり普及してないので持っていない方も多いですよね。

私もその時USB-A→USB-Cのケーブルを持っていなかったので、急いでAmazonで注文しました。データ転送出来ないのは困りますよね。

 

本体 

IMG_20160809_104335

IMG_20160809_110849

 

こちらが本体となります。

急遽撮影スペースを作り、スマートフォンでの撮影となってしまったのでとても雑で粗い写真となっちゃいました。また、写真の隅に違和感があると思いますが撮影時に背景が写ってしまったので塗りつぶしています。

端末自体の色等は全く変わっていないのでどうかご容赦ください。

 

右下の放射状の光はフラッシュ時に出たものなので本来は真っ黒の普通の液晶です。本体の質感としては、さらさらな樹脂加工された金属のような手触りになっています。

少し樹脂のような手触りを感じますが、金属のようです。

 

また、裏面の下辺りにLeEcoのロゴが入っていますかっこ良くもかっこ悪くも無い微妙なデザインですね。保護フィルムは対応するものが少ないのでまだ購入していなく、いわゆる裸の状態で使用しています。

私は背が高く、落とす位置もそれなりに高くなってしまい胸辺りから5~6回ほど落としてしまいましたが、全く傷ついていませんでした。

 

恐らくGorilla Glass 4を採用していたはずなので、耐久性はとても高い物になっています。写真ではフラッシュが白色なので色がシルバー寄りに見えると思いますが、本来は結構ピンクピンクした色になっています。

しかし、上品なピンク色でエッジが光沢のあるピンクな仕上げになっていたり、グレーのアンテナ用ラインが入っていたりしているので男性が持っていてもおかしくないビジュアルになっています。

 

IMG_20160809_104644

 

液晶側から見て端末の左側です。左側にはSIMスロットがあり、ピンで押して取り出します。

SIMスロットには2枚Nano SIMを入れることができ、同時待ち受けが可能となっています。しかし、SDカードスロットは用意されていないので使用することは出来ません。

 

カメラは高画質撮影を実現するためか少し出っ張ってしまっています。私的には気になりませんが、気になる人は気になるかも知れません。

しっかりフラッシュも搭載しています。

 

また、背面には指紋認証のためのパネルが用意されているのですが、正直指紋認証の精度は高くありません。何度か指を置き直す必要がある場合や認証に1秒ほどかかる場合がありました。

以前私はHuawei社のAscend mate 7を使用していましたが、あちらは0.5秒ほどで認識、解除してくれたので指紋認証の精度はMate7が圧勝でした。

 

IMG_20160809_104828

 

こちらは液晶側から見て端末の右側になります。大きく長いボタンが音量ボタン、小さく短いボタンが電源ボタンとなっています。

しっかりとした作りとなっており、カタツキも少しなので押しやすいです。

 

IMG_20160809_104859

 

端末下部になります。USB-Cメスの端子がありますね。

その他にスピーカーのような穴の部分が両方に2つ付いており、ステレオ再生が出来るのかな?と思ったのですが、何故か片方の穴の部分(左側)しか鳴りません。

 

初期不良なのかと思い問い合わせてみたのですが、分からないから送り返してくれと言われたので断りました。やはり個人輸入での購入は上級者向けですね

この記事もある程度この分野に精通した人向けに書いていますけどね・・・

 

IMG_20160809_104917

 

端末の上部です。

黒い丸がイヤホンジャックの様に見えますよね?実はこれ、赤外線通信をするための発光部分なんです。

 

スマートフォンのプリインストールアプリに「リモコン機能」というアプリがあり、赤外線で操作する機器を操作することが出来ますが、日本製の対応機器はとても少なく、赤外線パターンを登録するモードがあるのですが、あまり実用的でなく遊びのような機能です。

つまり、イヤホンジャックは本体には付いていません。そのためにUSB-C→3.5mmイヤホンジャック変換ケーブルが付属しているのです。この仕様には極端に長所と短所がありますよね。

 

無くすことで軽量化、薄型化、またこのLe Max 2には「CDLA(Continual Digital Lossless Audio)」という技術が搭載されています。

USB-Cで接続することにより、独自のオーディオ処理チップで処理し、デジタルで損失がない音を送ることが出来るようになっています。

CDLA搭載スマートフォンはLeEcoが初めて発表し発売しているので、最新のオーディオ体験が出来るかも知れません。

 

私もオーディオ関係には少し拘る方なのですが、ノイズがとても少なくフラットで良い音を出してくれます。また、推奨はしませんがカスタムROMを導入することにより「Dolby Atoms」を有効化することが出来るようになります。

Dolby Atmosを有効化すると、とても迫力がある音に変わり、楽しく聴くことが出来ます。ただ、良い点ばかりでは無いということです。

 

USB-C端子を使うため、充電しながら聴くということが出来なく、変換ケーブルを失くしてしまったり、壊してしまったら有線で聴く方法がとても限られてしまう等といった点です。

USB-Cの変換ケーブルについては今後別途に販売するでしょうし、CDLA対応のUSB-C専用のヘッドホンやイヤホンも発売すると発表しているので今後に期待です。

他にはBluetoothイヤホンを使うなどで聴くことが出来ますが、手軽さが失われることは確かです。そしてBluetoothでの通信も、技適の通っていない端末では基本的にアウトです。

 

IMG_20160809_105020-768x1024

 

実際に映っている画面になります。趣味全開で申し訳ないです。笑

2Kということもありとても美麗で色鮮やかな画面です。ただ、液晶の解像度の問題なのか分からないのですが、微妙に縦長なのです。

なので、極普通の縦横比のAscend mate7を使ってきた私にとっては微妙に使いづらくミスタイプも結構多く出ました。

 

ソフト面について

基本的にこのスマートフォンはカスタムROMを焼くこと前提で話を進めていかなければならないようです。何故かといえば、カスタムROMを使用しなければ日本SIMを読み込むことが出来ないのです。

*何度も言いますが、日本での通信はダメです。なので通信は海外でやろうね*

そしてカスタムROMは違法ではありませんが、本来のスマホの使用からは外れた使い方になってしまうので、推奨はしません。

改造を行うとメーカーの保証などは効かなくなります。完全に自己責任なので、文鎮化してもどうしようもありません。もしもカスタムROMを焼くのであればそれを理解した上で行いましょう。

私はGearBestで購入したのですが、どうやらGearbest独自のROMを焼いているようで、私の端末は指紋認証が最初から使えたのですが、他の人の場合は使えなかったり、色々あるようです。

私はSUperSU等を使いカスタムROMを焼きましたが、ここではカスタムROMの焼き方は割愛させて頂きます。

 

Screenshot_20160809-123429

 

ちゃんとカスタムROMが適用されています。

 

 

やはり完全に日本語化するのは無理な感じがします。

 

性能

*通信を行うのは厳しいので、他サイトの記事を許可を得て引用させていただきました*

Antutuベンチマークでは124580点とtop3位に入る点でした。Snapdragon 820と6GB RAMの威力は伊達ではないですね。

また、スペックを要求されるスマホゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」をプレイしてみたのですが、凄くなめらかに動きます。

音も綺麗なのでさすがモンスタースペック!といった感じです。

 

カメラについて少し撮影してみました。以下のような感じです。

 

IMG_20160717_180440 

 

IMG_20160717_165934

 

HDRをONにして撮影しています。

 

Le Max 2のメリット・デメリット

若い新米男子 のコピー 2

このLe Max 2を購入して1ヶ月近く使用し感じたメリット、デメリットを書いていきたいと思います

 

メリット

  • 圧倒的な性能

通信は法律違反のため出来なかったのですが、他の方の記事を見る限り、さすがのスペックだなぁという感想です。他の端末ではなかなか出来ないと思います。

日本で出来ないのがイタイですね・・。

 

  • 高画質撮影が可能なカメラ

リアカメラが2100万画素、フロントカメラは800万画素となっており、非常に高画質な写真が撮影可能です。私はあまり写真のセンスが無いのですが、使う人が使えばとても良い写真が取れる物と思います。

また、プリインストールのカメラアプリはフィルターも数種類用意されており使い勝手も良いです。それと、シャッター音を完全に消すことが出来ます。

スクリーンショットの音を消すことは勿論ですが、リアカメラなどの撮影時も消すことが出来ます。レストランなど(本来は撮ってはいけないと思いますが)で写真を取る際に便利だと思います。

 

  • 薄型、軽量

Ascend mate7と比べ、画面はほとんど変わらない大きさなのですが、重さが全く違います。とても軽いです。

軽いと扱いやすくなりますし、疲れないので嬉しいですね。

 

  • 高音質で音楽を再生

イヤホンジャックを犠牲にCDLAという高音質技術を搭載しているのでとても良い音で音楽を聴く事ができます。素晴らしい音です。

 

  • 美麗な液晶

2Kということもあり、気持ち美しく見えます。色合いも鮮やかで良いです。

 

デメリット

  • 端子がUSB-C

USB-Cはまだ普及しておらず、ケーブルの汎用性も低く専用に買わなければいけないので少し面倒に感じました。裏表が無いので抜き差しは楽なのですが・・・

 

  • 画面の縦横比が独特

縦横比が独特でミスタイプなどが増えました。何故か違和感があるんですよね・・・。

 

  • カスタムROM必須

これは中級者でも壁になることでしょう。

まずシステムの改変におけることは大丈夫ですが、電波に影響を与えることだと、結局技適の問題に関わってくるので、必須だけど気をつける必要があります。

カスタムROMは保証を受けられなくなるなど、デメリットもあります。何度も言いますが、推奨はしません。

  • 中国のプリインストールアプリや通知

カスタムROMを焼いていても、変なプリインストールアプリがあったりします。

セキュリティに不安があるなど生理的に受け付けれない人はやめておいたほうが無難でしょう。

 

  • イヤホンジャックが無い

音楽を聴くのには、とても痛いことでした。充電しながら音をイヤホンで聞けないため、とても不便です

ちなみにBluetoothイヤホンでも、遅延が発生してしまいまともに音楽を聴くことはできないと言われています。

なおそもそもBluetoothイヤホンでの通信はアウトなので、日本では行えません。

 

まとめ:通信は絶対にダメッ!

若い新米男子 のコピー 2

メリットとデメリットを見ると結構デメリットの方も多く感じますしかし、このデメリットは全てSnapdragon 820と6GB RAMの圧倒的なスペックによりカバーされています。

そのくらいスペックが化物だということです。

 

スマートフォンに精通しているゲーマーの方や、「とにかくモンスタースペックなスマートフォンが欲しいんだ!」という方にはおすすめしたいところですが、この端末は技適を取得していません。

何度も言いますが、通信系の類いは全て法的にNGです。Wi-FiやBluetoothもアウトです。

こんなハイスペックで安いスマホが、日本でも技適が通った状態で正式に販売されることに期待したいですね。

 

スクリーンショット 2016-08-20 14.34.26

Le Max 2を公式サイトでチェック!

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

ASUSが販売しているスマホ、Zenfoneシリーズ。日本においても、2015年に発売されたZenfone 2以降、様々なMVNOで販売されています。

格安スマホといえばZenfoneシリーズというイメージがある、という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

さて、そんなZenfoneシリーズの中でも、最も価格が安いのがZenfone Goです。

楽天モバイルのセール時には、税抜価格が1万円を切った状態で販売されていました。そして私も、楽天モバイルのセールを利用してZenfone Goを購入しました。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルはお得!?料金内容などをチェック!

 

Zenfoneシリーズとはいえ、ここまで値下がりするような端末ですと、動作が重かったりなにか不具合があったりということがあるのではないかと、ちょっと心配になってしまいますよね。

そこで、実際にしばらく使用してみたレビューをお届けしたいと思います。購入を検討している方は、この記事を読んで、Zenfone Goについて知っていただければ幸いです。

 

Zenfone Goを開封!

DSC00064

 

こちらがZenfone Goのパッケージです。ちなみに私は、スカイブルーを購入しました。

パッケージは、矢印を引っ張ることで開封できます。

 

DSC00065

 

本体以外の付属品は、こちらになります。

  • USBケーブル
  • イヤホン
  • ACアダプター
  • 説明書

シンプルな同梱物ではありますが、ACアダプターやUSBケーブルは、付いていた方がなにかと安心ですよね。

Zenfone Goは格安スマホデビュー向けの端末となっていますので、まだスマホを持っていないという人にもおすすめできるスペックです。

スマホの利用のために必須の同梱物が揃っているため、格安スマホを始めたい人は他に何も買う必要はありません。

 

DSC00068

 

さて、こちらがZenfone Go本体です。Zenfoneシリーズを購入したことがあるという方は、とくに違いがわからないかもしれません。

Zenfone 2と外見上はほとんど変わりありませんし、性能についてもZenfone 2の下位モデルと比較すれば、CPU以外はあまり変わりありません

 

Zenfone Goの外見上の特徴はZenfoneシリーズと同じようなことが挙げられます。

  • ナビゲーションバーが画面の下にあり、刻印で位置が示されている
  • 画面サイズは5.5インチで、大きめ
  • 本体裏側にボリュームキーがあり、電源は本体の上部に存在

 

DSC00069

 

こちらが本体の裏面です。カメラの真下には、ボリュームキーがあります。このボタンを押すことで、音量を調節することができるのです。

多くのスマホの場合は、本体の側面にボリュームボタンがありますよね。そのため、好みは分かれるかもしれません。

 

スマホを持ち替えずに音量を調節できるという点では素晴らしいですが、私の場合は、間違えてカメラに触ってしまうことがよくあります

そのため、正直なところ側面に配置してある普通のスマホの方が、使いやすいと感じました。

 

本体裏面の下部には、「Zenfone」の刻印があり、その下にスピーカーがあります。

スピーカーが本体裏面にある関係上、表面にあるXperia等のスマホと比べると音は若干聞き取りづらいと感じました。しかし、特に音質が悪いわけではないので、必要十分であるとも考えられます。

 

DSC00070

 

こちらが本体上部です。

真ん中の銀色のボタンが電源ボタン、その横の丸い穴はイヤホン端子となっています。電源は特に押しづらいということはありません。

 

最近のスマホは本体側面に電源がある場合が多いので、上部にあるのはどうなの?と感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、特に私が使った限りでは支障はありません。

スマホの電源ボタンを日常において触る機会は、ロックを解除するときかロックしてポケットやカバンに入れるときですよね。

 

Zenfone Goの場合、画面のロック解除は画面を2回タップすることで行えます。そのため、電源ボタンはスマホをしまう際にしか触ることがありません。

つまり、どのみちスマホを手から放すタイミングでしか触りません。そして真ん中にボタンがあるため押し間違えるということはありませんので、むしろこの点については使いやすいと感じました。

 

DSC00072

 

こちらは、本体下部です。

microUSB端子があるのみで、シンプルにまとまっていますね。

 

実際にZenfone Goを使ってみての感想

仕事できない男子 のコピー 2

プリインストールアプリの数が多すぎる!

Zenfone Goを起動してホーム画面が表示されたとき、驚いたのは楽天関連のアプリの数です。

どうやら、楽天モバイルで販売されているZenfone Goは特殊な仕様となっているようで、あらかじめ大量の楽天製アプリがインストール済みとなっていました。

すぐにほとんど全てアンインストールしてしまったため画像は残っていませんが、楽天モバイルで購入する際はこの点に注意が必要ですね。

 

Screenshot_2016-07-25-07-22-54

Screenshot_2016-07-25-07-22-57

 

そして、Zenfone Goにおいて驚かされたポイントはもう一点あります。

Zenfone GoにはASUS製のプリインストールアプリもたくさん入っているのです。メリットとしては、アプリを特に追加しなくてもある程度のことはできるということが挙げられます。

 

始めてスマホデビューしたので、アプリのインストールの仕方は数日後に来る息子に聞かないとわからないというお年寄りの方でも、ある程度は利用できるということです。

また、変換ソフトのATOKが利用できるという点も見逃せません。普通に購入すれば、このアプリは1500円程度です。

 

デメリットとしては、アプリが多すぎて端末のストレージ容量が圧迫されていること、そしてASUS製アプリについてはアンインストールできないということが挙げられます。

例えば天気アプリについては、Yahoo!の天気アプリを利用したいということがあるかもしれません。もちろんインストール可能ですが、始めから入っている「天候」アプリはアンインストール不可能です。

 

ちなみに、「天候」アプリは50MBです。

インストール済みアプリは消せないうえに容量が大きなものが多いため、ストレージ容量16GBのZenfone Goにおいては、アプリを追加できる量が大幅に減ってしまいますので、そこそこ困ります

 

テーマアプリはなかなか良い!

Screenshot_2016-07-25-07-24-57

 

こちらの画像は、「テーマ」アプリを開いた画面のスクリーンショットです。Zenfone Goでは、テーマを変更することでアイコンや壁紙、ロック画面を変化させることができます。

テーマには無料のものと有料のものがありますが、無料でも十分たくさんの種類の中から選べます。気分を変えたいとき、テーマを変更すると楽しいですよ。

 

画面上から引き出せるコントロールセンターは、見やすく多機能!

Screenshot_2016-07-25-07-23-42_1

 

画面の上から指をスライドさせると、コントロールセンターが表示されます。

画面サイズが大きいこともあってかアイコンは大きめで、マークが記載されているため、どれがどういった機能なのかがわかりやすいです。基本的な設定は全てここから行うことができます。

APN設定などは、画面右上の歯車マークから行うことができました。

 

実際に利用してみて感じたこと

Zenfone Goはメモリ2GBという並程度の端末ということになっています。ネット上ではよく「コストパフォーマンスが良い」ということが言われていますが、確かにその通りです。

「なんでこれが定価たった2万円なの?」と、利用してみると思ってしまうのではないでしょうか。外装についてはZenfone 2と全くといっていいほど変わりないため、高級感があります。

そして中身についても、動作にもたつきを感じた場面は一切ありませんでした。動作が軽快ということで知られているiPhoneにも、まったく引けを取っていません。

 

格安SIMユーザーとしては、2枚までSIMカードを入れておけるという点も魅力的に感じられましたね。

例えば片側に低速回線使い放題の「ロケットモバイル 神プラン」、もう片側には0SIMを入れて、切り替えながら安価にスマホを運用することができます。

この構成だと、月額料金は最低298円のみで、500MBまでの高速通信と使い放題の低速回線が利用できますよ。

 

Zenfone Goはどういった人におすすめ?

仕事できない男子 のコピー 2

Zenfone Goは、次のような人におすすめの格安スマホです

  • 初めてスマホを購入する
  • 画面の大きいスマホを、安い価格で入手したい
  • ゲームはあまり遊ばない

一通り付属品が揃っているため、これさえあれば始められるということで、初めてスマホを購入する方にはZenfone Goがおすすめです。

USBケーブルとACアダプターが付属しているという点は、100円ショップでそれぞれ購入してしまえば済む話ではありますが、それでも魅力的ではないでしょうか。

 

USBケーブルには種類がたくさんありますので、まだスマホを触ったことがないという場合はどれを購入すればいいのかよくわからないかもしれませんよね。

Zenfone Goを購入すれば全て付属していますので、どういった形かがわかります。

 

Zenfone Goは5.5インチですので、スマホとしてはかなりの大型サイズです。

画面の大きいスマホは価格が高くなりがちですが、Zenfone Goは定価でも2万円程度と安価であるため、気軽に購入できます。解像度もHDですので、きれいな映像で動画を楽しめますね。

 

ストレージ容量が圧迫されていますし、CPUはあまり高性能なものを積んでいるわけではないZenfone Go。そのため、大容量であったりスペックが要求されたりするタイプのゲームを遊ぶことは難しいという事実があります。

とにかくゲームで遊びたい!という場合は、他のスマホを選びましょう。Zenfoneシリーズならば、Zenfone 2がおすすめです。

 

まとめ:予想を覆し、使えるスマホだった

仕事できない男子 のコピー 2

廉価モデルとはいえ人気スマホのZenfoneということもあり、ある程度はしっかり動くのではないかと思っていましたが、実際に利用してみると予想以上に快適に利用できる端末であると感じました

私は約3万円のスマホであるarrows M02や、およそ6万円のiPhone SEも持っているのですが、特にそれらに動作で劣ると感じた場面はありませんでした。

安かろう悪かろうということはけっしてないZenfone Go。購入を検討していた方は、ぜひ実際に購入してみることをおすすめします。

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

格安SIMにはたくさんの種類があり、それぞれ特徴が違っています。今回紹介するDMM mobileは、比較的オーソドックスな格安SIMです。

強いて言えば、最近の大手による格安SIMには店頭での契約ができるものも増えてきていますが、DMM mobileはネットでの手続きに限定されているのが少々珍しいかもしれません。

 

格安SIMといえば、実店舗を用意したり、通信設備をdocomoなどから借りるなどして、コストを徹底的にカットすることによって、月額料金を大幅に下げているサービスです。

DMM mobileは楽天モバイルやイオンモバイルなどのように実店舗で契約できないサービス。ということは、回線設備により力が入っていて、快適に利用できたとしてもおかしくありませんよね。

▶︎▶︎参考記事:どうしても実店舗で契約したい場合はコチラ!

 

DMM mobileを契約し、実際に数日間利用してみましたので、早速、DMM mobileをレビューしていきたいと思います!

 

DMM mobileが届いた!

IMG_3192

 

こちらが、今回契約したDMM mobileの、音声通話SIMのパッケージです。

他にはAPN設定用のガイドも付属していますので、格安SIMは初めてであるという方にも安心して利用を開始できるのではないでしょうか。

 

なお、私がDMM mobileを使用している端末はiPhone SEです。Androidにおいてもこれから紹介するアプリの使い勝手はほとんど変わりありませんが、念のため記載しておきます。

今回は2番目に月額料金の安い1GBプランを契約していますので、その使い勝手についても解説します。

 

DMM mobileは速度が(お昼以外)速い

仕事ができる男子 のコピー 2

私は今までIIJmiomineoOCNモバイルONEFREETEL SIMなど、様々な格安SIMを利用してきました。

そんな中、今回「DMM mobile」を数日間利用した感想は、「今までに利用した格安SIMの中でもっとも快適かもしれない」ということです。

 

厳密には、mineoのDプランが始まった当初の方が速度が速く、快適でした。しかし現在は速度が低下し、特に夜は厳しい状況。

2016年夏、現時点においては、DMM mobileは間違いなくトップクラスに高速かつ安定している格安SIMであると、私は考えています。

 

それでは、スピードテストを行った結果を見ていきましょう。

 

IMG_3149

IMG_3193

 

1枚目の上から3番目(2枚目の上から4番目)の項目はWi-Fiのテスト結果ですが、それ以外はDMM mobileのスピードテスト結果となります。

これを見ていただければ、いかにDMM mobileの速度が高速でほぼ安定しているかすぐにわかるのではないでしょうか。

 

早朝は下り9.07Mbpsで、動画も音楽も問題なく楽しめるスピードです。通勤・通学においてもとても役立つと考えられますね。

お昼は、下り0.52Mbpsです。格安SIMは、どうしてもこの時間に混雑してしまう傾向にあります。他社においても速度が大幅に下がってしまう時間帯ですので、DMM mobileが突出してダメというわけではありません。

 

0.52Mbpsでは、ブラウザの読み込みや動画の再生に時間がかかります。

速度制限時(200kbps)よりは速い速度ですが、せめてこの時間に1Mbps以上あればより快適な格安SIMと言えるようになりますので、DMM mobileにおける唯一の残念なポイントでしょう。

 

ちなみに、一番右にPINGという項目がありますよね。

この項目の数値は、通信の応答における速度を表していて、基本的には100を超えると応答までにかかる時間が長いということがいわれています。

お昼時は、見事に143という大きな数値を記録してしまっていますね。

 

しかしお昼を過ぎた15時には、13.96という非常に速いスピードを記録しています。PINGも57と低めで、かなり快適に利用できる速度で安定しています。

多くの格安SIMはここから夕方~夜にかけて速度が一気に落ちていくものなのですが、DMM mobileの今回の計測ではあまり大幅に下がらず、5Mbps以上をキープしたままピークの時間帯を過ぎていきました。

 

そして早朝は、下り26.05というこのスクリーンショットに載っているWi-Fi速度以上の結果を記録しています。PINGも38で、かなり応答速度が速いですね。

実際にスピードテスト以外にもブラウザで調べ物をしたり、音楽をGoogle Play Musicでストリーミング再生したりといった用途にDMM mobileのSIMを利用していますが、高速回線を利用している際は、とくに速度に対して違和感を覚えた時間帯はありませんでした

 

低速モードは忠実に低速

仕事ができる男子 のコピー 2

DMM mobileでは、低速モードが利用できます。実際にこちらも何度か利用していますので、そのレビューをしていきたいと思います。

 

radikoは問題ないが、音楽の再生は厳しい

ラジオのストリーミング配信サービスであるradiko。こちらは、始めの読み込みに時間がかかったものの、その後は全く途切れず、しっかりと高音質で再生を続けられました。

radikoを一日中聴いていたいというような方には、低速モードはおすすめできます。ただし一点注意がありますので、それについては後ほど触れていきます。

 

radikoと対照的に、Google Play Musicのストリーミング再生は音声が数秒おきに途切れてしまい、非常にストレスが溜まりました

音楽をストリーミング再生する場合は、事前に端末にデータをダウンロードしてから聴いた方が良いかもしれません。

 

画像の多いサイトは読み込みに時間がかかる

外出中、ブラウザ(Safari)で調べ物をする機会がありますよね。実際に私もGoogle検索を行う機会があったのですが、低速モードの場合でも、検索結果はすぐに表示されました

しかし、検索結果から必要なことが記載されていると思われるサイトに移動する際は、けっこうな時間がかかりました。

 

これは何故かというと、画像が多いサイトだったためです。商品レビューのページなどは、画像が多いですよね。

私はその時クリップライトについて調べていたのですが、検索結果から開いたのが商品の使用レビュー記事だったため、なかなかサイトを開けませんでした。体感時間で一分弱かかっていたと思います。

 

こういった場合の対処法は、店内において無料で無線LANが利用できる場合は接続するということです。私がその時いたお店では無線LANが利用できましたので、これに接続することで事なきを得ました。

ちなみに、DMM mobileにはバースト機能がありますので、読み込み時に最初の一定量のデータは高速で読み込まれます。

Googleの検索結果がすぐに表示されたのは、バースト機能が働いているのに加えてページのデータ量がそれに収まっていたためということでしょう。

 

スピードテストをすると、たしかに200kbpsに抑えられている

IMG_3194

 

こちらは低速モード利用時のスピードテスト結果です。見ての通り、上りと下りのどちらも200kbps程度に抑えられていますね。

 

低速モードの注意点

低速モードは、3日間に366MB以上通信を行うと速度制限がかけられてしまいます。1日に366MBでもいけませんし、3日で366MBを超えても速度は制限されます

つまり、radikoを一日中聴いているというようなことになるとこの制限にかかってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

DMM mobileの1GBプランは安いが、1ヶ月持たせるのはちょっと厳しい

仕事ができる男子 のコピー 2

今回は1回30MB程度の通信量がかかるスピードテストを何度も行っているということもありますが、1GBプランを月末まで持たせるのはなかなか厳しいように感じられました。

私は自宅で仕事をしていて、主に自宅ではWi-Fiを利用しているため、LTE回線を利用する機会は主に1日に1回、気分転換で1~3時間程度外出する時に限られます。

 

その利用においても、けっこう通信量を消費していました。

通信量の消費が多かったのは、ブラウザ(Safari)やAmazon、ヤフオク、メルカリ、ラクマといった画像の読み込みがたくさん行われるサイト、そしてGoogle Play Musicです。

▶︎▶︎参考記事:何にデータ通信量が使われているのか?データ通信はどれくらい必要!?

 

音楽のストリーミング再生に通信量がかかるのは承知の上ですが、ブラウザやショッピング系アプリは「塵も積もれば山となる」ということでしょう。

2GB以上のプランを契約しているのであれば、こういったアプリの利用は基本的に気にする必要がないと思われます。しかし、1GBプランならば節制が必要です。

 

私は来月から2GBプランに変更しようと思っています

ちなみに、契約初月の通信量は、1GBよりも若干少なくなっていました。これは、利用開始日が8月1日から数日経っていたため、その分がカットされた状態となっていることが予想されます。

請求金額もその数日分はカットしたうえで計算されていますので、特に問題はないでしょう。

 

DMM mobileのアプリは使いやすい

IMG_3150

 

DMM mobileのアプリは、mineoと同じくらい使いやすいアプリです。落ち着いた色合いで見やすく、必要な機能は揃っています。

アプリを起動すると、まず上の画面が表示されます。高速データ通信のオン/オフをすぐに切り替えられるのは、やはり便利です。

IIJmioのアプリはボタンが小さかったため少々押しづらかったのですが、DMM mobileはボタンが大きく、押しやすいと感じました。

 

IMG_3151

通信量がなくなったときの追加容量チャージも、容量を選択して「今すぐチャージする」を押せばOKです。手間がかからないかつ、一度容量を選択しなければいけないので、誤タップしてしまうこともありません。

 

IMG_3155

 

Androidアプリでよく見られる画面左上の三本線をタップすると、このようなメニューが表示されます。

自分が契約しているプランや電話番号も表示されるのが、わかりやすくて良いですね。

 

IMG_3153

 

こちらは請求内容の確認です。

来月分が表示されていますので、一瞬戸惑うかもしれません。画面右上から月を選択できますので、当月の支払いはそちらを確認しましょう。

 

IMG_3154

 

DMM mobileのアプリからは、残量が少なくなったときのメール通知も設定できます。標準ではオフになっていますが、オンにしておくことをおすすめします。

 

まとめ:DMM mobileはおすすめできる格安SIM

仕事ができる男子 のコピー 2

DMM mobileは、速度が快適かつアプリも使いやすいため、非常に魅力的な格安SIMであると感じられました。これからはメイン回線として、DMM mobileを利用していこうと考えています。

ネットでの契約手続きが苦でないという方ならば、DMM mobileが現時点でのベストな選択肢でしょう。

 

料金プランが豊富ですし、価格設定もかなり抑えめとなっていますので、月々の支払いは大幅に抑えられる可能性が高いです。

私の契約している音声通話の1GBプランは1260円ですが、2GBに変更しても1380円、3GBでも1500円です。120円の差ですので、来月からは2GBプランに変更しようと思います。

 

DMM mobileを検討していた方は、ぜひ契約してみてください!

月額料金がさらに安いデータプランやSMSプランもありますので、ポケモンGO用にスマホを2台持ちしたいというような用途にもおすすめですよ。

 

DMM mobileを公式サイトでチェック!

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

UQ mobileは、全格安SIMの中で最高クラスの通信速度で人気を博しています。そこで本記事ではUQ mobileのプランや特徴、注意点について説明していきますよ。

もしもあなたが大手キャリアから格安SIMに乗り換えようと検討しているのであれば一度立ち止まってご覧下さい。

 

UQ mobileのプラン料金を公開

スクリーンショット 2016-08-05 10.31.42

※上記の他、月額2,980円の「ぴったりプラン」もあり。

 

UQ mobileの基本プランはデータ通信専用・音声通話付きSIMそれぞれで2種類となっています(「ぴったりプラン」については後述します)。そして契約に関わる費用として、SIMパッケージ料金 が 別途3000円かかります

ちなみに解約に関わる費用として、音声通話プランの場合、12ヶ月以内に解約すると解約手数料が9,500円かかりますので事前に内容を把握しておきましょう。

 

オプション料金について、どのプランであってもテザリング機能が申し込み不要・無料で使用できます

また、データ通信専用プランであっても、SMS機能が無料で付いてきます(他の格安SIMの場合、データ通信専用プランでSMS機能をつけると120~150円程かかります)。

 

その他、有料オプションに関しては以下の通りです。

スクリーンショット 2016-08-05 10.31.59

 

UQ mobileと言えば、最高レベルの通信速度!

仕事ができる男子 のコピー 2

UQ mobileの最大の長所は、他の格安SIMはおろか、大手キャリアをも凌ぐレベルの通信速度です

他社にありがちな時間帯による速度のばらつきも少なく、通信のピークタイムであるお昼時(12時~13時)以外は、20Mbps~30Mbps以上の速度が実現しています。

 

2015年11月からはデータ繰り越しに対応しているので、月内に上限容量を使い切れなかった場合でも無駄のない運用が可能です。

その他、高速通信と低速通信との自由な切り替えも可能な「ターボ機能」や、小刻みに追加容量の購入出来る「データチャージ」機能があります(100MBが200円、500MBが500円)。

 

そして通話においてはVoLTE対応SIMの使用で高音質を実現しています。

UQ mobileは、大手ブロードバンド情報サイトである「RBB TODAY」が主催する「RBBTODAY 格安SIMアワード2015」において、通信速度部門1位に輝きました。

通信速度においてそれだけ評価・信頼されている格安SIMなのです。

 

MNPもストレスフリーで安心

仕事ができる男子 のコピー 2

UQ mobileは他社から番号移行(MNP)の場合にもメリットがあります。MNPを行い格安SIMに移行する際、大抵の場合は申し込みをした時点で現在使っているスマホが使用不能となります。

つまり、2~3日後にSIMカードが届くまで、スマホの使用を我慢しなければなりません。

 

しかしUQ mobileの場合、この不便な期間が発生しません。申し込みの段階では使用不能とならず、通話・通信が可能であり、回線の切り替わりは申し込みから一週間後、自動的に行われます。

それまでにSIMカードは届いていますので、使用不能となるタイミングが存在しないのです

 

もちろん自動切り替えだけでなく、SIMカードが届いた時点で手動切り替えも可能です(切り替え受付時間は9:30~20:30)。

スマホが使用不能にもならず、好きなタイミングで切り替えが出来ることは、MNPの手間とストレスを大きく軽減しますよね。

 

ぴったりプランについて一言

仕事ができる男子 のコピー 2

ぴったりプランは音声通話付きSIMプランであり、月額2,980円で無料通話時間(最大60分/「月)、と各種アプリ10種類がセットで、最大2GBまでの高速通信が利用出来ます

2016年7月1日より、auもしくはau系格安SIM以外からのMNPの場合、最初の1年間は月額料金が1,980円になります。

 

また、月額1,000円の「たっぷりオプション」を適用すると、無料通話時間が2倍(最大120分/月)、高速通信データ容量が3倍(6GB/月)となります。

特典を最大限活用すれば、大手キャリアのスマホと同じくらいにフレキシブルな利用が可能なプランなのです。

 

契約待った!UQ mobileの注意点

仕事ができる男子 のコピー 2

注意点は速度制限の存在とプラン・キャンペーンの少なさです。データ無制限プランであっても、実際には直近3日間の通信量が3GBになると通信速度が最大200kbpsに制限されます。

200kbpsになると動画視聴はもとよりネットサーフィンだけでも満足に出来なくなりますので、快適さに流されて無計画に使用することがないように気をつけましょう。

▶︎▶︎参考記事:ストレスなくネットを楽しむなら通信速度はどれくらい!?

 

また、他の格安SIMのようなお得なキャンペーンが少なく、基本プランも2種類しかないので、お得度と自由度は弱めです。

また、「ぴったりプラン」はうまく活用すればお得なプランですが、auもしくはau系格安SIMから移行する場合は旨味が少ない上、特典に関する条件も多いことから初見では分かりづらさが目立ちます。

一度契約すると、26ヶ月目の更新月以外の解約には9,500円の手数料が請求されますので、今使用しているスマホの契約状況を十分に把握することが求められますね。

 

ちなみにUQ mobileと対抗して同じくau回線を持つMVNO(格安SIM)が2つあり、その1つが人気格安SIMのmineoとなります。mineoは上記UQ mobileの弱点をクリアしている唯一格安SIMなので、気になる方は下記をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:大人気格安SIMであるmineoを契約したので、通信速度などの感想を!

 

またUQ mobile・mineoの2つを含めた、3つのau回線を使う格安SIMを1記事にまとめているので、比較して決めてみたい!という方は下記をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:数少ないau回線を使用する3つの格安SIMを比べてみた!

 

まとめ

仕事ができる男子 のコピー 2

以上の通り、UQ mobileは、「良くも悪くもシンプル」な格安SIMです。その性格を念頭に置いた上で契約すれば、最高品質の通信速度をお得に利用することが出来ます。

スマホについて特に多くの機能・特典を求めず、快適に利用したいという方に特におすすめ出来る格安SIMです!

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

格安SIMには「ドコモ回線」を使うものと、「au回線」を使うものに分かれているのですが、実はほとんどがドコモ回線を使った格安SIMとなっています。

しかし、人によってはau回線を使いたい!なんてこともありますよね。そこで今回は数少ない「au回線」を使う格安SIMを3つ紹介します。というか、そもそも3つしかありません!

 

その3つとは「UQmobile」「mineo」そして「Fiimo」です。

以下、それぞれのプラン・料金と特徴・注意点について説明していきますので、au回線の格安SIMを考えている方は要チェックですよ。

 

通信速度なら『UQ mobile』だ!

スクリーンショット 2016-08-02 22.00.25

※上記の他、月額2,980円の「ぴったりプラン」(音声通話SIM+端末および無料通話分、各種アプリ10種類がセットになったコミコミプラン)もあり。

 

UQ mobileの最大の長所は、他の格安SIMはおろか、大手キャリアをも凌ぐレベルの通信速度でしょう。他社にありがちな時間帯による速度のばらつきもなく、安定しています。

また2015年11月からはデータ繰り越しに対応しているので、月内に上限容量を使い切れなかった場合でも無駄のない運用が可能です。

 

その他、高速通信と低速通信との自由な切り替えが可能な「ターボ機能」や、小刻みに追加容量を購入出来る「データチャージ」機能があります(100MBが200円、500MBが500円)

通話においてはVoLTE対応SIMの使用で高音質を実現しており、通信・通話において一際秀でた機能が充実していると言えるでしょう。

 

しかし注意点として、速度制限の存在とプラン・キャンペーンの少なさが挙げられます。例えばデータ無制限プランであっても、直近3日間の通信量が3GBになると、通信速度が最大200kbpsに制限されます。

快適さに流されて無計画に使用することが無いように気をつけなければなりませんね。

また、他の格安SIMのようなお得なキャンペーンが少なく、プランも2種類しかないので、お得度と自由度は弱めでしょう。「よく言えばシンプル、悪く言えば粗削り」が現在のUQ mobileのキーワードです。

 

総合評価なら『mineo』だ!

スクリーンショット 2016-08-02 17.38.50

※その他「Dプラン(docomo回線使用のプラン)」もあり。

 

mineoの利点は「家族割」です。家族で複数のプランを契約し、家族割を申し込むと、月額料金が1枚あたり50円安くなります(最大5枚までが適用の範囲)

同居家族に限定されていないので、例えば就職や結婚で離れて暮らすようになったとしても問題ありません(名字変更も影響なし)。

 

同居ならば更に余ったデータを翌月に繰り越して、他の人に譲渡することが出来る「パケットシェア機能」もありますので、特に家計を預かる方にとってはメリットが多いものとなっています。

通話については、mineoを運営会社するケイ・オプティコムのIP電話サービス「LaLa Call」を、全プラン月額無料で使うことができまので、格安SIMにありがちな通話の弱さもカバー出来ています。

 

注意点(というよりは弱点)は、あまり思い浮かばないですが、「UQ mobile」に通信速度で若干後れをとっているという点くらいですかね・・。

 

しかしmineoの方が幅広いプランに対応しているので(UQ mobileは原則2種類)、住み分けは出来ており、通信速度に関しては2016年9月に「プレミアムコース」の導入が予定されています

これは高速通信用の専用帯域を開設するというもので、2016年7月現在、トライアル期間を設け、応募者に抽選で提供しています。UQ mobileとの切磋琢磨の中で、今後のサービス向上が期待されているのです。

▶︎▶︎参考記事:mineoを9ヵ月間使ってみた感想!通信速度はどうなの!?

 

ん〜まだまだイマイチ『Fiimo』だ!

スクリーンショット 2016-08-02 22.00.43

Fiimoは2016年2月に登場した新鋭のMVNO(格安SIM)です。au回線を使う格安SIMとしてはmineo、UQmobileに続き3番目となります。またmineoから回線を借り受けているだけあって、通信速度もmineoと似通っています。

プランもmineoと類似しており、3~10GBの間で用意されていますよ。

 

気になる長所ですが、2016年7月現在、他の2社と比べ抜きん出ている部分が無く、「Fiimoならでは」といったものは無いのが現状です

上記のプラン・価格表を比較すれば一目瞭然ですが、FiimoのプランはUQmobileより種類は充実しているもののmineoほどではなく、かつ料金も安い訳ではありません。

通信速度で言えばUQmobileがダントツですので、そこにも長所を見出しにくい状況です。まだ発足して半年も経っていない格安SIMですので、持ち味が出てくるにはまだ時間がかかると予想されます。今後に期待しましょう。

 

まとめ:UQ mobileとmineoのどちらかで判断

仕事できない男子 のコピー 2

au回線を使用する格安SIMの現状を総括すると、「しのぎを削るUQmobileとmineo、2社に追随するFiimo」という図式を描くことが出来ます。

上述の通り各社日々サービスを向上させていますので、使用をお考えの方はそれぞれの公式HPを中心にチェックし、最新情報に目を光らせておきましょう。

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

Pokemon GOが日本でもリリースされて数日が経ちましたが、やっぱり日本でも流行りに流行っている状況ですね。任天堂株も久しぶりにグッと上がって嬉しかったです。(7/26 ちょっと下がりました)

しかし私としてはPokemon GOの魅力がよく分からず、やくみつるさん程ではないものの、少し否定的な見方をしています。(おもろいの?それ??ってことですね)

 

さて、そんな私のPokemon GOに対するどうでもいい見解はさておき、ビジネスチャンスだ!とばかりに色々な業界がポケモンブームに突っ込んできました。

例えばマクドナルド。マクドナルドはPokemon GOと組んで人を呼び込む戦略を始めました。(ごめんなさい、詳しくはわからない)確かにこれほど流行っていれば、広告的に素晴らしい効果をもたらすでしょう。

 

そしてポケモンビジネスの波に乗ろうとしたのはマクドナルドだけでなく、2016年から急激に成長を遂げている『格安SIM市場』もその一つです。

 

先手を打ったのはDTI SIM

仕事できない男子 のコピー 2

今回はFREETEL SIMについてですが、その前にDTI SIMについて解説させてください。というのも今回FREETEL SIMが打ち出した「Pokemon GOのデータ通信料無料化」は、始めにDTI SIMが行ったものです。

プラン名が『ノーカウントプラン』といい、名称通りDTI SIMを通して行ったPokemon GOのデータ通信量がカウントされず、通信制限がかかりにくくなります。

 

Pokemon GOって基本家の外に出て行うために、ポケットWi-Fiを持ち歩く以外にデータ通信対策がありませんでした。なのでPokemon GO利用者には非常に需要があるものだと思います。

▶︎▶︎参考記事:DTI SIMのノーカウントプランとは?Pokemon GOをやっちゃおう

 

しかしDTI SIMの場合、一つのプランとしてPokemon GOの通信量をカウントしないとしており、全てのプランにてそれらが適用されるわけではありません

また、データ通信量プランが5GBしかなく少し余分に料金を払う人が多いだろうな、という見解でした。まっ詳しくは上記の参考記事をご覧下さい。

 

FREETEL SIM もPokemon GO通信量をカウントせず

仕事できない男子 のコピー 2

対して今回発表されたFREETEL SIMは一つのプランというよりかはFREETEL SIMに契約している人全てに共通して無料化が適用されるようです。(というのも詳細はまだ未発表)

詳しいことは8月下旬頃に発表されるらしく、今のところわかっているのはFREETEL SIMがPokemon GOのパケット代を無料にする、ということと、それの適用が既にFREETEL SIMと契約している人にも及ぶということです。

▶︎▶︎参考記事:勢いある格安SIM!FREETEL SIMとは何ぞ?料金プランや通信速度を紹介

 

今、ノリに乗っているMVNO(格安SIM)だけあって、そのキャンペーン具合が凄まじいです。ただ詳しい内容はまだ発表されていないので、このタイミングでそれ目当てで契約するのはダメだよ!

8月下旬〜9月頃より提供開始と発表開始と公表されているので、もう少しすればキャンペーン内容が公表されるはずです。そこまでお待ちください。

 

FREETEL SIMを他と比較!

仕事できない男子 のコピー 2

今回の記事はFREETEL SIMのPokemon GOの無料化を伝えるために書いたので、実は既に書きたいことが終了してしまったのですが、これでは物足りないですよね。

ということでFREETEL SIMの他のSIMとの比較を載せておきます。もう一度言いますが、Pokemon GOの通信量が無料化だから、という理由一本で格安SIMを選ぶのはマジでナンセンスですよ。

 

人気格安SIM NO.1 mineo

スクリーンショット 2016-08-02 15.14.43

当サイトでも人気No.1にさせていただいているmineoとFREETEL SIMを比べてみましょう。mineoはドコモの回線を使用したDプランでの比較とさせていただきます。

見たところキャンペーン中のFREETELが大分安くなっているために金額で比べるならFREETELですね。ただmineoは通話に定額サービスを打ち出しているので、通話をよくする方はmineoかな?という判断。

▶︎▶︎参考記事:mineoの料金や通信速度など詳しい内容はコチラ

 

人気格安SIM NO.2 楽天モバイル

スクリーンショット 2016-08-02 15.14.28

お次は楽天モバイルとの比較です。まず楽天モバイルは当サイトでも紹介した通り、通信速度という点でマイナスが大きいです。評判も良くありません。

これは利用者が多いからこそ起こりうることなので、調子を上げているFREETEL SIMも今後どうなるだろうか?と不安があるんですがね。

ただやはり今のところ料金・質ともにFREETEL SIMの方が上じゃないかな?というのが私の見解。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルの料金や通信速度などを紹介!

 

人気格安SIM NO.3 DMMモバイル

スクリーンショット 2016-08-02 15.14.57

さて、3つ目は格安SIMの中で最も低価格に拘っているDMMモバイルとの比較です。上記、表を見たところFREETELのキャンペーン価格の方が断然安いのがわかりますね。

これはキャンペーンだから仕方ないかな〜と思いますが、業界最安値の肩書きを捨てずにもっとDMMモバイルにはせめて欲しいところです。

問題の通信速度ですが、このサイトではまだ取り扱ったことがないので断言はできないものの、DMMモバイルの方が若干評判がいいですね。

▶︎▶︎参考記事:DMMモバイルの詳細を公式サイトでチェック!

 

番外編 DTI SIM

スクリーンショット 2016-08-02 15.14.04

人気格安SIM3つとの比較で終わりにしようと思いましたが、どうせなのでPokemon GOの通信量無料を始めに行ったDTI SIMとも比較にしておきたいと思います。

というかDTI SIMめちゃくちゃおすすめです。ただいまキャンペーン中で8/31までに契約した方は半年間無料(データ通信専用SIM)になっているので、格安SIMを考えていた方は今すぐにチェックしてください。

▶︎▶︎参考記事:DTI SIMのキャンペーン詳細を公式サイトでチェック!

 

ただ、冒頭で述べた通りDTI SIMの場合はプランとしてPokemon GOの通信量を無料化としているので、全プランに適用されるわけではありません。

必ずその点を事前にチェックしてくださいね!

▶︎▶︎参考記事:DTI SIMがPokemonGOの通信量を無料化!その詳細をチェック

 

まとめ:Pokemon GOしてるやつはFREETELへGO

仕事できない男子 のコピー 2

FREETELのPokemon GOキャンペーンの詳細は追って追記したいと思うので、それまでお待ちください。また絶対待てない!今すぐPokemonGOがしたい、という方は全然DTI SIMでいいと思いますよ。

5GBのプランしかありませんが、Pokemon GOを熱中してやるくらいの人なら様々なことにスマホを使うだろうし(勝手な憶測ですがww)、5GBくらいあった方がいいかもしれません。

 

しかしFREETEL SIMのプラン発表を待てる方はコチラの方が良い気がします。

まだ私たちにも詳細が知らされていないので詳しい評価はできませんが、全プランに適用され、あの料金価格なら圧倒的にFREETELの方がお得ですからね。

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

現在、ゲオにおいて500円で販売されている「OCNモバイルONE」の格安SIM。OCNモバイルONEといえば、IIJmioと同様日本における格安SIMの大手ですよね。

 

OCNモバイルONEを公式サイトでチェック!

 

ゲオで購入できるということで、入手までのハードルが低く、地方の方であっても契約しやすいOCNモバイルONE。実際に利用してみるとどんな感じなのか、気になる方も多いでしょう。

そこで今回実際にゲオでSIMカードを購入し、OCNモバイルONEを契約してみました。なので、この記事ではOCNモバイルONEを利用しての感想を述べていきたいと思います。

▶︎▶︎参考記事:OCNモバイルONEの基本料金などを知りたい方はコチラ!

 

OCNモバイルONEのSIMカードを契約!

ファイル_000

 

こちらが、ゲオで購入したOCNモバイルONEのパッケージです。今回は、データ通信専用SIMを購入しました。

データ通信専用SIMやSMS SIMの場合は、パッケージを開くとSIMカードが入っており、OCNモバイルONEの公式サイトで契約手続きをすればその場で利用が可能となります。

 

また契約に必要なものは、クレジットカードのみでした。

そして、私は2年ほど前にもOCNモバイルONEを契約していたのですが、その頃と変わっていた点が一つだけあります。それは、自宅に登録内容を記載した書類が郵送されないということです。

 

OCNモバイルONEに登録すると、以前は必ず書類が自宅に送られてくるシステムとなっていました。しかし、現在は自宅への配送以外に、PDFファイルをパソコン上で表示できるという選択肢が選べるようになりました。

これにより、様々な手続きをすぐさま行えるようになっています。

 

格安SIMはコストカットによって成り立っているものですし、書類を送らなくて良くなったということはOCNモバイルONE側としてもメリットがあるのではないでしょうか。

ユーザー側としても、書類が送られてくるというのは少し手間でしたので、手間がなくなって気軽に利用できるようになりましたよね。

 

実際にOCNモバイルONEを利用してみての感想

仕事できない男子 のコピー 2

さて、実際に毎日、OCNモバイルONEを利用しています。

私が契約したのは、110MB/日コースです。ただし12ヶ月間の増量キャンペーンが行われており、実際に私が現在利用している通信量は1日につき160MBまでとなっています。

始めに、皆さんが気になっていると思われるOCNモバイルONEの通信速度のお話から始めましょう。早速ですが、スピードテストの結果をご覧ください。

 

Screenshot_2016-07-25-22-18-55

 

こちらの結果は全て、OCNモバイルONEの高速通信モードでの計測結果となっています。参考までに記載しておきますと、7月の23日と24日はそれぞれ土曜日、日曜日です。

金曜日、平日の朝である一番下の結果は下り5.55Mbpsという結果が出ていますが、それ以外においては正直言って、通信速度という点ではやや厳しめですね。

朝からお昼にかけて徐々に速度が下がっていき、大体17時頃には読み込みに時間がかかるようになっていきます。19~22時頃が回線の混雑のピークで、23時頃からは徐々に読み込み速度が速くなっていっている印象です。

 

特に動画の視聴は、夕方から夜にかけてはかなり読み込みに時間がかかり、厳しいのが事実です。

画像の読み込みに関しても、低速モードを利用している時とほとんど変わらないような速度ですので、正直なところストレスを感じました。

回線速度を求める方には、少なくとも2016年7月現在だと、OCNモバイルONEはあまりおすすめできません。

 

アプリは見やすく、わかりやすい

OCNモバイルONEでは、アプリを利用して通信量の確認や、通信速度の切り替えを行うことができます。

 

Screenshot_2016-07-27-15-46-02

 

このように、アプリを開くとまず、通信残量とターボON/OFFボタン、そして本日の総利用量、今月の総利用量が表示されます。一目で情報を確認できますので、なかなか便利ですね。

私の場合、毎日100MB程度しか利用していないため、繰り越し残量がこの日は149MBも残っていました。そのため、この日の利用可能な通信量である160MBと合算して残り314MBになっています。

 

Screenshot_2016-07-27-15-46-08

 

アプリのホーム画面からスライドさせると、棒グラフで通信量を確認できます。グラフで確認すると、今までの平均は1日42MBの利用量であるということがわかりますね。

ここまで詳しく通信量について確認できるアプリは、他のMVNOにおいては提供されていません。

 

IIJmioだと、ただ今月の利用量と残量が数字で表示されているだけですし、DMM mobileやmineoも、1日の利用量のグラフや、利用量の毎日の平均までは流石に確認できません。

OCNモバイルONEは110MB/日という変わったプランを提供していますので、このぐらい細かく情報が確認できた方が、たしかに利用者としては便利です。

通信速度の面ではいささか不満のあるOCNモバイルONEですが、こういったユーザー目線での取り組みについてはとても素晴らしいと感じられました

 

通信速度制限後の使用感

私は、OCNモバイルONEにおける最も安いプランの、110MB/日コースを選択しています。ただし、増量キャンペーン中ですので、利用できるのは160MBです。

こちらのコースですが、160MBという通信量を使い切ったことは、今のところ2回ありました。

 

ただし、1回目はちょうど160MB使い切った時点でその日の利用をやめていましたので、速度低下後の速度制限には遭遇しませんでした。

2回目も、その日の前日にほとんど通信を行っていませんでしたので、繰り越し分でまかなえてしまい、結局速度制限にはかかりませんでした。

 

私のように1日ごとの通信量がまばらである場合は、意外とこのように繰り越し分によって速度低下を抑えられる機会が起こることが多いかもしれませんね。

しかし、このままでは多くの方が気になる「速度制限後」がどのような使用感であるかがわかりません。そこで、アプリからターボをオフにしてしばらく利用してみたのです。

 

意外にも、ターボオフ時でYouTubeが見れた

まずは、YouTubeの使用感を解説しますね。5秒の広告動画の再生に15秒程度読み込み時間がかかり、その後の動画本編再生開始までにも10秒くらいかかりました。

ここまでは正直「これは厳しいかな・・・」と感じていたのですが、再生が開始されてからは一気に評価が変わります。動画は、自動的に144pという最低画質で再生開始されました。

ここで驚いたのは、広告動画も本編の動画も、再生中まったく止まらずに見ることができたという点です。

 

たしかに読み込みには時間がかかったものの、再生しながらの読み込み速度は常に安定しており、一度も途切れることはなかったため、画質は低いもののとても快適でした。

ロケットモバイルの神プランだと、読み込み中に止まってしまうことがありましたので、これには本当に驚きましたね。ちなみにロケットモバイルの神プランレビューは下記から見れますよ。

▶︎▶︎参考記事:ロケットモバイルの神プランに契約したので通信速度などを評価する

 

OCNモバイルONEには、低速回線の利用量制限は特に設定されていません。そのため、画質は落ちますが、動画再生も低速回線でバッチリ行えます。

速度が安定していますので、音楽のストリーミング再生も基本的に問題ありません。radikoでラジオをずっと聴きたいという方にもおすすめですね。

 

ブラウザは、画像の読み込みに時間がかかる

OCNモバイルONEでGoogle Chromeを利用してみましたが、文字データに関してはすぐに表示されました。しかし、画像データについてはけっこう読み込みに時間がかかります

画像の多いサイトや広告の多いサイトの場合は読み込み終えるのに時間がかかる印象です。そうはいっても、動画に比べると、ブラウザの読み込みに対してのストレスはあまり感じませんでしたね。

 

110MB/日コースは、利用量が多い人には厳しいかも

110MB/日コースは、動画を見るとあっという間に通信量を使い切ってしまいます。私は2回160MBを使い切りましたが、どちらも動画を見た日です。

そのため動画をターボオンの状態、つまり高速通信で何本か視聴すると、その日は速度制限がかかってしまうと考えて良いでしょう。

朝のうちに通信量を使い切ってしまうこともあり得ますので注意が必要です。なお、動画を見ないのであれば、110MBでも十分間に合います。

 

動画をある程度見たいけれど、110MB/日コースにしておきたいという場合は、読み込みに時間はかかりますが、ターボをオフにして動画を楽しむか、普段はターボオフで利用し、動画を見る時だけオンにしましょう。

110MB/日コースは毎日速度制限がリセットされますので、こういった使い方をするのもアリです。速度制限がかかるまで、動画を楽しむということにすれば、時間の浪費も抑えられますね。

 

まとめ:特別おすすめというわけではないが・・

仕事できない男子 のコピー 2

最初に述べたとおり、通信速度という点ではちょっと微妙かもしれないOCNモバイルONE

しかし、110MB/日コースという変わったプランや、使いやすいアプリ、意外に快適な低速回線といったことを考慮すると、十分におすすめできる格安SIMであると感じられました。

大手ですので、現在は速度が落ちているものの今後の改善にも期待できます。

 

ちなみに、OCN回線を自宅で契約している方は、月額料金を200円割引にすることもできます。なので現在OCNモバイルONEの契約を検討している方は、ぜひ契約してみることをおすすめします。

データプランならば最低利用期間はとくにありませんし、音声通話プランであっても最低利用期間はわずか6ヶ月。かなり縛りはゆるめです。

 

どの格安SIMを契約すればいいかわからないという方も、まずはOCNモバイルONEを契約して、不満があったら他に乗り換えるという方法がおすすめですね。

格安SIMにも次々に新しいMVNOが登場していますが、長い期間MVNOとしての事業を行っているOCNモバイルONEは、老舗故の魅力がたくさんあると感じました。