3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

どもども、格安SIMアドバイザーの明美です。

今回はサブ端末として利用していたarrows M01が、使い始めて3ヶ月以上を経過したので、各項目別に私が利用していて感じたことについてレビューしていきたいと思います。

 

img_3060

 

arrows M01は楽天モバイル等で契約可能

ギャル女子 のコピー 2

さて、さっそくレビューに移る前に。arrows M01がどこで手に入れることができるのかを書いておきましょう。

  • SIMフリー端末を購入
  • 楽天モバイル
  • NifMo
  • イオンモバイル

主にこういった場所で購入または契約することができます。SIMフリー端末であれば、Amazonや電気屋さんで購入できますし、各MVNOであればSIMと同時契約が可能です。

おすすめは楽天モバイルにて購入で、通常よりも安く買える機会が多いです。一度ご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルの料金や評判は?基本情報を紹介!

 

デザインについて

ではレビューに移りましょう。まず始めにデザインですが、上記写真を見てもらえれば分かる通り、可もなく不可もなくとった感じです。

私はブラックを選んだのですが、どこにでもありそうな普通のスマートフォンといったデザインですよね。

 

最近では前面がベゼルレスになったデザインのものが多いですが、arrows M01は価格が安い端末ということもあって、普通にベゼルがあるタイプの端末となっています。

全体的に特に不満はありませんが、ブラックを選んでしまったこともあり、使っていると背面に指紋が付きやすいのがやや気になる所。(自分が悪いww)

 

携帯性抜群!ちょうど良い

画面サイズが4.5インチの端末ですので、ズボンのポケットにも入りますし、携帯性は悪く無いと感じています。

ただし大手キャリアなどから販売されている最新の端末と比較すると、画面サイズの割に本体サイズが大きく感じられますし、本体の厚みも気になります。

とはいえ、私個人としては多少の厚みがあったほうが手にフィットして良いなと思っていますし、片手で楽に操作ができるというアドバンテージがあるので、携帯性についても大きな不満はありません。

 

本体の容量はダメです

arrows M01は内部ストレージが8GBしかなく、本体システムで数GBを利用しているので、実質利用できるストレージは3GB程度しかありません。(←注意が必要)

これは購入前から分かっていたことだったので、私はSDカードにて対応を考えていました。しかし実際に購入してみてSDカードに逃せないことがわかり、非常に困りましたね。笑

 

Android4.4の仕様で、SDカードに写真データを移動したり、アプリをインストールすることができません。この点、非常に使い勝手が悪く、これが個人的にarrows M01を使っていて一番の不満となります。

写真データはクラウドに逃し、インストールするアプリは厳選してゲームアプリなどは併用しているタブレットにインストールすることで問題解決しましたが、もしも併用しているタブレットを持っていなかったら、と思うとゾッとします。

 

バッテリーは4日間ほど

バッテリー持ちは非常に良く、とても満足しています。この点、arrows M01の最大のメリットでしょう。

Yahoo JAPANのバッテリー節約アプリを導入し、1日およそ30分から40分程度の使用ですが、バッテリーはおよそ4日間は持ちますから。4日間ですよー!

 

私が主に使用しているアプリは、LINE・Yahoo JAPANアプリ・Yahooニュース・Yahoo天気予報といったもので、あまりゲームをしていないということもありますが、他の機種に比べてバッテリーの持ちは良いでしょう。

なので電池切れの心配なくスマートフォンを使いたいという人に、arrows M01はおすすめできます。

 

動作は普通かな

arrows M01はメモリが1GBということで、実際に利用し始める前には若干の不安がありました。しかし実際に利用してみると思ったよりも快適に動いてくれることが分かります。

ホーム画面にタスクキラーアプリのウェイジェットを置き、こまめにメモリを開放しているということもありますが、利用していてフリーズしたことは一度もありませんし、アプリが落ちるということも殆どありません。

 

また個人的に驚いたことなのですが、この端末はポケモンGOの動作要件を満たしていません

メーカーの公式サイトでもポケモンGOの動作対象外端末ということで記載があったので基本的にはやはりできないのでしょう。ただ、実際にポケモンGOをインストールしてみたところ普通にできました。笑

メモリが足りないので、動作はやや不安定ですが、今話題のゲームができたことは想定外に嬉しかったです。

 

カメラ機能はイマイチ

正直に言ってあまり高性能とは言えません。10年ほど前のデジカメ並の性能でしょうし、手ブレ補正機能も付いていないので、綺麗に写真を撮るのは難しいです。

最新のスマートフォンと比べるとカメラ機能が低いことは一目瞭然でしょうね。カメラ機能はあくまでおまけ程度のものだと言っても差し支えありません。

 

画面は普通

有機ELを使用していますので、低価格帯の端末にしては綺麗です。

普段使いには全く問題ありません。

 

arrows M01の総合評価

現在ではarrows M03まで販売されているので、2世代前の機種となってしまいました。

しかし、まだまだ利用できる機種だと思いますし、初めてスマートフォンを持つ人やライトユーザーであれば特に不満なく利用できる機種でしょう。

 

私はイオンの処分品セールにて、予備バッテリー付きのものを約16,000円で購入しました。1万円台半ばという価格を考えれば十分に満足できる端末ですね。

但し、本体ストレージが少ない上にSDカードにアプリのインストールができないという大きなデメリットがあります。この点、ご注意ください。

 

mineoのDプラン(ドコモ)で使ってみた

ギャル女子 のコピー 2

私は富士通のSIMフリースマホであるarrows M01にmineoのDプランを挿して、格安スマホとして利用しています。

この組み合わせは市場最強と言えるほどに”料金が安い”ので、私みたいに契約を考えている人は多いでしょう。そこでmineoとの相性や月額料金、通信品質などについても書いていきますね。

 

契約しているプラン

契約しているプランはドコモプランで、SIMの種別はデュアルタイプ(データ通信+090音声通話)です。

そして毎月の高速データ通信量は一番少ない500MB、月額使用料金は1400円のを契約しました。なお、オプションには加入をしていません。

 

mineoの通信速度はレベル高い

私の利用環境では平均して11Mbps程度の通信速度が出ていますし、調子が良い時には16Mbps程度の速度が出るので、特にストレスを感じることなく利用ができています。

また私は地方に在住しており、山間部などで利用することもあるのですが、その際もちゃんとLTEの電波を掴んでくれるので格安SIMとしては合格中の合格でしょう。

 

例えばですが、Yahoo JAPANアプリだとタップして2秒程で利用可能となりますし、LINEの無料通話も高品質でできています。なので通信品質のレベルは高いです。大満足。

なお毎月利用できる高速データ通信量は500MBと少ないですが、私はWi-Fi環境下で過ごすことが多いので問題ありません。

また「マイネ王」というmineoユーザーのコミュニティサイトに登録しているので、通信量がプレゼントされることが多いですし、フリータンクが利用できるので、私にとっては500MBの通信量で十分です。

 

乗り換え(MNP)手続きについて

私は、mineoをネットでの申し込みにしたのですが、電話番号を引き継ぎたいこともありMNP(乗り換え)をしました。まぁ、元から知識があったのもありますが特に問題なくスムーズにできましたよ。

順序としては、まず現契約中のキャリア等でMNP番号(乗り換え予約番号)を発行してもらいます。この番号は8桁ほどなんですが、これが超大事です。

 

この番号をメモし、mineoの公式サイトで申込みをしてください。途中、乗り換え予約番号を入れるところがあるので、電話番号を引き継ぎたい方は忘れないように入力しましょう。

ネットでの申込みが終われば、だいたい2日後くらいにSIMカードが到着します。後は自身でネット回線の切り替え手続きをするのですが、まぁ簡単。

ネット回線の切替時間は1時間程度で、その間はネットが使えないものの言うてる間に終わりますよ。とりあえず特にハードルが高い作業ではありません。

 

まとめ:arrows M01との組み合わせは最高!

ギャル女子 のコピー 2

先ほど書いた通り、arrows M01にmineのドコモプランを挿して稼働させたところ、常時10Mbps以上は出ることがわかりました。

通信速度なので時間帯や場所によって様々であるものの、基本的にコレくらいは出ると思って良いでしょう。つまり、組み合わせとしては最高ですね。

またmineoは格安SIMの中で、arrows M01はスマホの中で、両者ともに最安値クラスです。格安スマホなんだから思い切って安く使いたいですよね。

そういった望みを持つあなたにピッタリだと思いますよ!

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

格安SIMの中でもイレギュラーな存在であるY!mobile(MVNOではない)。テレビCMがバンバン流れていますし、全国にショップもありますよね。

格安SIMを詳しくない人にとっても存在が広く知られているのが、Y!mobileです。イマイチ詳細を知らなくても、名前くらいは聞いたことがあるでしょう。

Y!mobileの料金設定はIIJmioやmineoのような格安SIMと比べると、ハッキリ言って高いです。しかし、キャリアからの乗り換えであれば半額程度に月額料金を抑えられますよ。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-15-33-32

*Y!mobileとの比較表

 

このように、IIJmioなどの格安SIMにおける3GBプランの料金を2倍にすればY!mobileの1GBプラン、Y!mobileの1GBプランから2倍にすればキャリアの2GBプランの月額料金くらいになります。

Y!mobileの場合、他の多くの格安SIMと違ってキャリアメールが使えたり、10分間の通話が300回まで無料になったりするという便利な特典がありますので、月額料金の高さもやむ無しと考えた方がいいのかもしれません。

キャリアメールがあれば、GmailやYahoo!メールとは違い、docomoなどのメールアドレスにメールをそのまま送っても、キチンと相手に届きますからね。(格安SIMの弱点をカバー)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

他の格安SIMのほとんどはキャリアメールが使えないので、ここで苦労することになります。

さて、そんな便利なY!mobileですが、SIMカード単体でも契約することができます。なので、この記事ではY!mobileのSIMカードをあえてiPhone7に挿し、使ってみた使用感をレビューしたいと思います。

>>参考記事:Y!mobileの公式サイトはこちら

 

Y!mobileのSIMカードは、iPhone7で使える?

若い新米男子 のコピー 2

Y!mobileでは、現在iPhone5sが販売されています。これは大きな話題になりましたし、店頭で展示されていますので見たことがある方は多いでしょう。

ここで販売されているiPhone5sには、Y!mobileのSIMカードでしか使えないように「SIMロック」が掛かっています

つまりY!mobileで販売されているiPhone5sは、docomo回線の格安SIMであるIIJmioや、au回線のUQ mobile、そしてソフトバンクのSIMカードでは使えないということです。

 

またその事からY!mobileのSIMカード自体が、あくまで「Y!mobile」というキャリアのSIMカードであり、Y!mobileで販売されているスマホやタブレットでしか使えないイメージを持つかもしれません。

しかし、それに関してはスマホとセットだけでなくSIMカード単体で契約し、周波数が対応しているSIMフリーのスマホで使うことができますので安心してください。

 

そしてY!mobileの使用する周波数はSoftBankとほぼ同じであるため、iPhone7に対応していることが想定されます。しかしY!mobileの公式サイトにはiPhone5sとiPhone6に限り、動作確認済みと記載があるんですね。

となると、最新端末であるSIMフリーのiPhone7がY!mobileに対応しているか気になります。

 

ってことで、下記をご覧ください。

 

img_3875

 

左上の表示をご覧ください。「SoftBank」と認識されていますね。

「ソフトバンクのSIMカードを入れたのでは?」と思ってしまったかもしれませんが、これはY!mobileのSIMカードを認識した状態です。

 

Y!mobileは、SoftBankが直接運営する別ブランド。

そのため、見かけ上はSoftBankということになっているようです。

 

ちなみにY!mobileで販売されているiPhone5sの場合は、ここにY!mobileと表示されているとのこと。

そして実際にiPhone7にY!mobileのSIMカードを入れた状態で数日間使っていますが、全く問題なく使えています。現在Y!mobileを契約している方は、SIMフリーのiPhone7を購入してみてはいかがでしょうか?

 

Y!mobileの設定方法(SIMフリーiPhone7)

若い新米男子 のコピー 2

プロファイル設定は、Wi-Fi経由でダウンロード

SIMフリーのiPhone7でY!mobileのSIMカードを使うには、「プロファイル設定」が必要になります。

これはAndroidの「APN設定」と同様のもので、カンタンに言えば、iPhoneでSIMカードを使ってデータ通信(ネット通信)を行うために必要な設定のことです。

これが少々初心者には難しいので、これからiPhone7でY!mobileのSIMカードを使う方のために、プロファイル設定を行う手順を説明していきますね。

また設定を行うにはWi-Fi環境(ネット環境)が整っていなければなりませんのでご注意ください。

 

Y!mobileの公式サイトにてプロファイルをインストール

やっとことが無い人からすると少し難しそうに思えますが至って簡単です。まず[ ios ] 他社が販売するiPhoneをワイモバイルで利用するには?というY!mobileの公式記事に飛んでください。

このサイトに移動し、「APN設定用の構成プロファイル」をタップすれば、インストール画面に移動できます。インストールを終えればコレで手順は終了。すぐにY!mobileの4G回線に接続されます。

ね?驚くほど簡単だったでしょう??

 

MMSはメッセージアプリで使用する

Y!mobileのキャリアメールはMMSという、電話番号に紐付けされたメールアドレスです。形式は「@ymobile.ne.jp」となっており、「メール」アプリではなく「メッセージ」アプリで使用します

利用方法は、まずY!mobile公式サイトから移動できるMy Y!mobileでメールアドレスを設定し、「設定」アプリを開いてください。

「設定」アプリの「メッセージ」の項目の下の方に、「MMSメールアドレス」という項目があるので、作成したMMSのメールアドレスを記入すれば、iPhone7で送受信が可能となります。

はい、簡単。

 

My Y!mobileは「iPhone5s」を選択すればOK

My Y!mobileをiPhone7で確認する場合、まず始めに『使っている機種』を選ばなければいけません。

この時はiPhone5sを選択することで、問題なく移動できるので覚えておいてください。

 

注意点:テザリングは使えない

ここで一カ所注意点ですが、iPhone7に限らず、SIMフリーのiPhoneとY!mobileを組み合わせて使う場合は、テザリングが使えません。この点、iPhone7になることで改善されていると思いましたがダメでした。

なのでテザリングをよく使う方は、この点に注意が必要ですね。Y!mobileでポケットWi-Fiを同時に契約するなどの対処が必要です。

Y!mobileはキャリアと格安SIMの間を上手くついたお得な格安SIMだと思うのですが、デザリングが使えないという点が最大のデメリットになることを覚えておきましょう。

 

まとめ:iPhone7とY!mobileの組み合わせのおすすめ度

若い新米男子 のコピー 2

  • キャリアから初めて格安SIMに乗り換える
  • キャリアメールや通話定額が使いたい
  • 学生や会社員など、混雑時にスマホをよく使う

これらのいずれかに当てはまるなら、Y!mobileを契約して使う意味は間違いなくあります。

キャリアからの乗り換えの場合、キャリアメールが使えないのはちょっと不便に感じられるでしょう。周りにはガラケーしか使えない人だっているはずです。

 

ショップで契約できるので、ネットでの契約がよく分からないと心配な人もY!mobileならハードルは低いです。ただし、ショップだと余計なアプリなどを入れられてしまう恐れがあるので、できればご自身で頑張りましょう。

また冒頭で述べた通り、他の格安SIMに比べて割高であることも認識しておいてください。3大キャリアに比べて安いねってくらいです。

 

最後にですが。学生や会社員の方は、主にお昼や夕方にスマホで通信をすることが多いですよね。

その場合、docomo回線やau回線の格安SIMだと混雑していて通信速度が遅く、ストレスが溜まることがあるでしょう。その点、Y!mobileならその心配は無用で常に爆速です。

 

なので通信速度が混雑しやすい時間帯にスマホを使う人なら、Y!mobileがおすすめです。

そして使用する端末についてですが、Y!mobileの割引付きiPhone5sを購入した方がお得に感じるかもしれません。しかし、2013年のスマホであるiPhone5sを今から購入するのは損でしょう。

スペック的にも、今はまだ大丈夫ですが1~2年後にはかなり厳しくなっていると考えられます。

▶︎▶︎参考記事:iPhone7のブラックを買ったのでレビューします

 

SIMフリーモデルのiPhone7は後々に売却して手放してもある程度の値が付きますが、Y!mobile専用であるiPhone5sはロックが掛かっているために高く売れません。

その点からもiPhone7を選んだ方が絶対にお得なのです。

 

さらにSIMフリーのiPhone7であれば、Y!mobileを2年契約した後に他社へ乗り換える際、ロックが掛かっていない分、そのまま使い続けることができます

もしもY!mobileでiPhone5sを買っていれば、他の格安SIMに乗り換える際、再び端末代が発生するではないですか。(まぁ、2年以上同じ端末を使うことはないと思いますがね・・)

 

以上のことから、やっぱりiPhone7がおすすめです。防水やSuicaへの対応も魅力的ですよね。

SIMフリーのiPhone7とY!mobileのSIMカードを組み合わせて、24時間快適な通信やメール・通話を楽しんでみてはいかがでしょうか?では。

>>参考記事:Y!mobileの公式サイトはこちら

 

1iSNSp1KRTLmWLE1460863555_1460863592

どうも、アメリカ在住の格安SIMアドバイザー優子です。

最近はもっぱら最新スマホ探しに明け暮れているわけですが、この前、翔太さんの記事「gearbest.comを知ってるか?」にて、いつも利用しているgearbest.comが紹介されているのを知りました。

 

▶︎▶︎コチラ:すっごく安いガジェット系通販

 

たぶん日本に住んでいる方はそこまでご存知ないと思いますが、中国版のAmazonみたいな感じです。

『え〜〜?中国系のガジェットとか大丈夫!?』って思われた方。あなた甘いあるよ!だって、今やどんな会社も実際に作る工程を中国の会社に委託しているんですよ。

ってことは、あなたが今使っている物の大半は中国で作られている可能性が高いということです。

 

もちろんね、日本産(国産)の家電やガジェットの品質より上回っているということは口が裂けても言えません。シャープとか、最近絶不調だけど技術は持っとるよ、彼ら。

でもね、正直高くないですか?私はもう長い間、海外(主にアメリカ)に住んでいるもので、日本製品の料金の高さに若干気が引けるんですよね。

 

少しでも安く!そして品質はそこそこに。

というのが私の購入基準なのでgearbest.comはめちゃくちゃ合っているんです。(品質が悪いわけではない!ただ一部日本に馴染めない部分はある)

▶︎▶︎参考記事:gearbest.comがどんな通販か知りたい方はコチラ

 

一か八か800円で買えるスマートウォッチを買ってみた

清純女子 のコピー 2

始めに言っておきますが、今回の記事はPRでも何でもないので、ダメな物なら「ダメだった!」とハッキリ言わせていただくことにします。

また、よくある『この商品、絶対ダメだろう・・』からの『結果は予想外で非常に良い商品でした!』みたいな、裏に広告の臭いがバンバンするやらせもしません。

使ってみた正直な感想を書くので、ヘタしたらgearbestさんに怒られるかもな・・。まぁいっか。笑

 

Smart Watch U80にした理由

さて、さっそくレビューにいきたいところですが、まずは今回Smart Watch U80を購入に至った経緯・理由を書いていきたいと思います。

そもそも皆さんはスマートウォッチをご存知ですか?時計(ウォッチ)という名前ながら、スマートフォンのような機能を持つものをスマートウォッチと言います。

 

例えば、メッセージ機能や通話機能でしょう。これらは従来の時計とは全く違ったスペックになりますよね。だって普通、時計といえば時間を確認するものですから。

まぁご存知と思いますが、スマートウォッチでも時間を確認することはできますよ?従来の機能にプラスアルファー怪物のような機能を付け足したのがスマートウォッチ

有名なもので言うとAppleのAppleWatchですよね。

 

・・・はい。ここまでがスマートウォッチの簡単な説明となりますが、私は基本的にスマートウォッチには興味がありません!(キッパリ!!)だって、自分が使っている姿を想像できないんですもの。

『・・・え?んじゃ何で買ったの?』ってなりますよね。うん。確かにそうだ。

 

いやー。最初は買うつもりなかったんですよ。

買っても使うことはないと思うし、腕に付いているスマートな物に魅力を感じなかった。また、AppleWatchもそうですが、デザインがものすごーく微妙なんです。笑

 

だから「買うことは一生無いだろうな。」ってのが心の中にありました。

だいたいスマートウォッチの代表格、Apple製品のAppleWatchの値段とか知ってますか?ヤバいっすよ。なんと4万円を超えてきます。ひえぇぇぇぇ〜〜〜。

いくらガジェット好きな私とはいえ、興味の無いものに4万円を使うのは無理ってことでスマートウォッチから避けていたのです。(前提:Apple製品以外はノットオブガンチュー)

 

そんなスマートウォッチを避け続けてきた私ですが、この度gearbest.comにて激安中の激安でスマートウォッチが売られていることを知り、購入に至ったというわけ。

つまり購入理由は「料金」ですね、あとはちょっとした好奇心で、gearbestさんは送料無料なので800円ならいっか!って感じでドローンといっしょに買っちゃいました。笑

 

デザインと少し気になった部分

2016-09-25-16-04-38

 

さてさて、勢いに任せて長々と書いてきましたが、さっそくレビューに移ります。今回はどんな素人でも分かるように使ってみた感覚等を中心に書いていきますよ。

スペックとか専門的なことを知りたい方は公式サイトへどうぞ!(中国語または英語ですがね、翻訳ふぁい!)

 

まず見てほしいのですが、写真の上の文字です。これね、日本の企業なら絶対にやらないような雑さが表れているのが分かりますか?

たぶんA型の人ならすぐに分かると思うし、え?これって不良品じゃないの?って一瞬思ってしまう程の『字の歪み』なんですよね。

 

ここら辺、失礼ですが、やっぱ中国だなぁ・・。って思ってしまったのは事実です。

まぁ、中の物が普通ならいいんですがね。ただ日本人はこういった所も気にする人が多いので、日本に展開するならこういった細かい部分も気にした方がいいっすよ!gearbestさん。

 

2016-09-25-16-06-17

 

中にはSmart Watch U80とUSBケーブルが入っています。中身も雑とまではいきませんが、どことなく日本ではクレームが来るだろうな感はありました。笑

まぁ、しかし。本体そのものはすっごくキレイだったので安心。さっそく付けてみましょう!

 

起動!めっちゃうっさい!!

2016-09-25-16-09-19

 

えい!起動だ!!ってことで、この図太い手は撮影に協力してくれた翔太さんの手です。笑

っでね、ここでビックリしたのが音の大きさ。なんやらスッゲー雑で大きな音と共に起動するので静かな場所で起動させるのは禁物ですね。

 

また音量の調節はできるものの、外側にボタンなどがなく設定操作をしてようやく音量を下げることができました。ちなみに私は全て音量0にしときましたよ。(意味ね〜〜〜)

 

タッチ感!サクサクとまではいかないものの

2016-09-25-16-07-45

 

みなさん!失望するのはまだ早いっす。

だってコレ800円(送料は無料)ですよ?なので多少の雑さは水に流さないといけません。ちゃんと動いて使えれば少々雑でも大満足でしょうが。

 

そしてタッチ感ですが、やはりサクサクとまではいきませんでした。

でもね、思っていたよりもスムーズに動いてくれる感覚があったのでコレは全然合格点だと思います。

 

できることは?とりあえずBluetooth接続

ここまではどんな感じに動くのだろうか、というちょっとした試しでしたが、こっからはコイツの腕(本職)の見せ所となります。一体、どういうことができるのでしょうか?

  • 時計としての機能
  • スマホと連動
  • メッセージ/通知
  • 通話の受け取り
  • 健康系の・・・

主にここら辺です。っと、これだけ見れば分かると思いますが高級スマートウォッチであるAppleWatchとできることの差はそこまでありません。

またAndroid端末とiOS端末(一部使えない)との交換性があるために、日本に住んでいる人の大半は、このU80との連動が可能でしょう。

 

また今回、私が連動(接続)させたのはiPhone5sで、Bluetooth接続を試みました。

正直、説明書が全て中国語と英語なために何が書いてあるか分からず、またU80(SmartWatch)内で書かれていることも全て英語(私は海外に住んでいるので読める)なので、大半の方は雰囲気でしか理解できないと思います。

 

たーだ!これが面白いことに簡単に接続までいきました。

つまり全てが直感的に操作できるようになっており、英語がわからない(全く分からないは厳しいと思われる)人でも何となくで設定できると思います。

 

ここら辺は正直意外でしたね。モノの数分で接続可能できましたし、メッセージや通話の通知を受け取ることもキチンと出来ていました。

ただ一点気になるのは画面の解像度。もう800円だからソコくらい見逃せと言いたいところですが、だいたい6年前の端末解像度ではないでしょうか。

画面がね、ものすっごい平成初期。笑(てきとーな例えすみません。)

 

まとめ:800円で買う価値はあったか?総合評価!

清純女子 のコピー 2

そもそもスマートウォッチに興味のない私がレビューするのは間違えていましたね。ごめんなさい。

正直、これの使い道って何なんだろう?って思ってしまったのは事実。通知を気軽に!とか、そういうことなのでしょうが、スマホで良くね?って思ってしまいます。

ここら辺はコメントか問い合わせで教えてほしいです。(すみません、格安SIMアドバイザーなのに・・。)

 

またスペック等々の紹介も満足にはできていないので、恐らく追記すると思われます。たぶん。

もしもそれまでに気になる点が出て来た場合はご気軽にコメントまたはお問い合わせにてご相談ください。私が答えれる範囲で全てお答えします!ではでは。

▶︎▶︎参考記事:お問い合わせはコチラ

 

追記:コレだけではない!日本に向けたセールが開催

清純女子 のコピー 2

はい、ちょっと待った!今回、Smart Watch U80を買おうと思った方は極々少ないと思われます(私も来世では買いません)が、gearbest自体はすっごく使えるのです。

スマホが50%オフで売られていたり、とにかく安い!またスマホやパソコンだけでなくロボット掃除機などの家電類も豊富に扱われているので、ぜひ見てくださいな。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-14-35-19

▶︎▶︎公式サイト:マジの送料無料で激安です!ぜひどうぞ

 

なんと今だけ日本に向けた大大大セールを30日(たぶん笑)までやっているので除いてみてね。では。

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

スマートウォッチや中華スマホ、スマートバンドにウェアラブルカメラ…。最新ガジェットには何故か興味を惹かれてしまいますよね。(僕は大好きです)

どうですか?皆さんも好きですか?

そうですよね、好きですよね。今回は、そんなガジェット好きの皆さんにオススメの通販サイトを紹介します。(というかPRを頼まれたのでGO!)

 

Gearbestとは?

仕事できない男子 のコピー 2

Gearbestは主に中国のガジェットを扱っている海外通販サイトです。「中国の製品は信頼出来ない…」「爆発しそう…」「個人情報が…」っと、皆さんはそう思うかもしれません。

また個人輸入は敷居が高いと思う方も。

 

しかしですね、この安さの前にはそんな考えも吹き飛ぶかもしれませんよ。

また、安いだけでなく現在の中国のガジェット生産技術は非常に進化しており、HuaweiやXiaomi等の中国メーカーも世界的に有名になってきています。Huaweiは知ってるっしょ?

 

全てのメーカーでは決してないし、正直日本のメーカーの方が断然安心できますが、上記中国メーカーがどんどんと品質を上げているのは事実。また安さは断然こっち。

なので今回はGearbestのメリットやデメリット、使い方、実際に使用した体験談を紹介していきたいと思います。

▶︎▶︎公式サイトとりあえずgearbest.comを覗いてみる

 

Gearbestのメリット

圧倒的な安さ!

本当に安いんです本当に(重要)。例えば、GALAXY S6並のスマートフォンを4万円で買えたり、日本で買えば6万円はするようなスマートフォンを2万円で買えたりと。

AppleWatchには及びませんが日本で買うと3万はくだらないスマートウォッチが1万円で買えたりもします。またガジェット類だけでなく、空気清浄機等の家電、レーザープリンター等も驚くほどの低価格で購入できるんです。

 

豊富な品揃え!

これもまた非常に豊富です。スマートフォンやスマートウォッチの他、タブレットやノートPC、ヘッドホン、ウェアラブルカメラ、ちょっとした家電。

そして、ドローンなど特殊な物も取り揃えており、なんと言っても目玉はやはりスマートフォンやスマートウォッチ、ノートPCなどのガジェット類です。

またこういったものはAmazon等で転売されている場合もありますが、直接購入するので転売より安く、しかも転売されていない物も購入できるといったメリットが有ります。

 

送料無料!(これマジ)

中国から発送していますが送料が無料ですただ、無料配送は正直遅く、信頼も出来ないので私はオプションの「Expedited Shipping」という配送方法で注文しています。

オプション等の選び方は使い方編で。

 

新たな発見が!

②の部分に当たるかもしれませんが、中国の製品はとても安いのに性能の良い物が多く、海外製品なので見たことがないものがたくさんあると思います。

私はガジェット類が非常に好きなので見ているだけでワクワクしてしまうんですね。安いので思わずポチってしまうことも…(汗)

また日本では余り出まわらないXiaomi等の製品も買えちゃいます。「日本のガジェットはもう飽きた…」、「安いガジェットがほしい!」こんな欲求もGearbestなら満たしてくれますよ。

 

Gearbestのデメリット

多少の英語力が必要

海外通販なので当然ページから取引まで全て英語です。しかし、そんなに難しい英語は使っていないので、グーグル翻訳等を使ったりすれば難なく使えます

「英語での取引が不安…」「英語が通じなかったらどうしよう…」と考えてる人も多いかもしれません。

実際私もそうでしたが、1回使ってみるともう怖くありません。相手も多少文法が間違っていても単語さえ合っていれば意味はある程度通じるので大丈夫です。

またページ翻訳も使えるので、困った時には使ってみても良いかもしれませんよ。

 

無料配送はあまり使わないほうが良い

上にも書いた通り、Gearbestは送料無料が売りとなります。しかし正直あまり使わない方が良いと思うんですね。(本音出ちゃったなぁ・・)

まぁ、まずは下記を見てください。配送方法選択でこのような画面が表示されます。

 

 

上から

  • 「Unregistered Air Mail(China post 非書留航空便)」
  • 「Registered Air Mail(China post 書留航空便)」
  • 「Priority Line(日本郵便)」
  • 「Expedited Shipping(DHL、EMS等が選べる)」

と、なります。(選んだ商品の重さによって送料が変わります)

 

一番上の非書留航空便が送料の無料のやつなので使わない方がいいです。見て分かる通り送料は無料になっているのですが、出荷時間が15~30営業日となっており、1ヶ月くらい待たなければなりません。

そして「Expedited Shipping」は追加料金がかかりますが、DHLが配達してくれるので早く綺麗に商品が届きます

 

ただし、「DHL Remote Area」というものがあり、田舎の場合追加で30ドル(日本円で約3000円)程かかる場合があるので注意してください。(重要)

しかし最近追加された「Priority Line」という配送方法では日本郵便が配達してくれ、さらにリモートエリア等の追加料金がかからないために、DHLより少し遅くなりますが、田舎に住んでいる人は「Priority Line」を選択した方が断然良いですね。

 

リモートエリアかチェック▶︎http://raslist.dhl.com/jsp/first.jsp

上記のサイトで「Remote Areas」を押し、「Country : Japan, Postal Code : 郵便番号」を入れることで、自分の地域がリモートエリアかどうかを確認できます。

ここで「The location you have selected is not a remote area or is not a valid selection.」と表示された場合は追加料金はかかりません。

また「The following are Remote Areas based on your choice of selection.」と表示された場合は、追加料金として30ドル程かかるので「Prlority Line」を選択してください。

 

Gearbestの使い方

仕事できない男子 のコピー 2

ここからは実際にGearbestの使い方について説明していきたいと思います。流れ的にはAmazon等の通販と同じで、「会員登録」→「目的の商品をカートに入れる」→「レジへ進む」→「支払い」→「購入完了」となります。

画像を交えながら説明していきましょうか。

 

会員登録

79f7f42607e828230e845fdde6e09ae6

 

まずはこの「Sign in|Join」の所をクリックします。スマートフォンの方にもこのようなボタンがあります。

しかし、今回は主にPC向けの説明をしていきますね。すまぬ。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-fagas-09-17-01-42-17

 

クリックすると、このような画面になります。

右の「Nice To Meet You」の部分に入力してください。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7fa%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-fagas-09-17-01-42-17

 

このように入力。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-01-51-09

 

入力を完了するとアカウントの仮登録が完了します。

この時登録したメールアドレスにアクティベーションメールが届くのでアクセスすれば本登録が完了です。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-01-54-03

 

これが実際にアクティベーションメールに書いてあるアドレスにアクセスした時の画像となります。

「10 GB points」は10 GB(GearBest)ポイントといってGearBest内で使えるポイントのことですよ。

 

カートに入れる

これはいつもの通販で行う動作と同じです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-02-02-00

 

一番上の「Warehouse options」は出荷国を選びますが、大体はChina(中国)が一番近いですし在庫も多いはずです。そして「QTY」は個数です。

「Color」はカラーやバリエーションなどを選びます。(選べる商品と選べない商品があります)

 

そして最後に「Add to Cart」をクリックするとアニメーションで右上のカートに動いて飛んでいきます(意味不明)。実際に見れば分かるはずです。笑

そして右上の「Cart」をクリック!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-02-09-25

 

するとこのような画面になります。

 

レジへ進む

支払い方法でPayPalを使いたい方は左をクリックしてください。しかし、今回は右をクリックする方法を説明していきますね。(PayPalの方が正直便利だよ)

右をクリックすると新規登録の方はこのような画面が出ます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-02-12-26

 

この画面では住所入力なので住所等を入力しますが、上記のように入力すれば大丈夫です。住所等は全てローマ字で入力してくださいね。

ぶっちゃけ、配達は日本の業者がしてくれるので電話番号さえ通じれば間違っていてもなんとかなります。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-02-31-14

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-02-31-32

 

配送方法は上に書いた通り、オススメは「Expedited Shipping」です。

しかし、リモートエリアになってしまう人は「Priority Line」を選んでおきましょう。

 

支払い方法
Gearbestには3つの支払い方法があります。
  1. PayPalで支払い
  2. PayPalを介してクレジットカードで支払い
  3. 直接クレジットカードで支払い

 

私のおすすめは①のPayPalでの支払いですね。

私は最初何も知らずにクレジットカードで支払ってしまったのですが、本人確認のための確認書類の提出(海外ではクレジットカードの不正利用を防ぐため一般的)があったり、不正利用が怖かったりと考え直したら結構不安だらけでした。

PayPalなら情報流出も無いですし、保証も手厚いので、やっぱりPayPalで支払っておきましょう。PayPalを使用する場合はPayPalの部分にチェックし、最後に「Place your Order」をクリックで完了です。

クリック後PayPalの支払いページに飛ばされると思うので、その時はPayPalの登録をして下さい。

 

Gearbestを実際に使ってみての感想

仕事できない男子 のコピー 2

実は何回か使ったことがあるんですよ、このGearbest。なので、その体験も織り交ぜて書いていきますね。

まず良いと点は

  • 安い。
  • 比較的配達が早かった。
  • 対応も早かった。

ですね。

 

んで、とにかく安い!これに尽きます。

以前Snapdragon 820搭載機のLe Max 2を格安SIMアドバイザーの良介さんがレビューしていましたが、あれは私がGearbestで購入してプレゼントしてあげたものです。正直、この値段で手に入るとは思っていませんでした。

こちらで値段やレビューを書いているので詳しくは↓

▶︎▶︎参考記事:Le Max 2を徹底レビュー!結構安いぞ

 

また私は東京に住んでいて、Expedited Shippingを選びDHLで配達してもらいました。リモートエリア料金は掛からなかったので、恐らく東京全域は掛からないのでしょう。

そして意外(失礼)なことに対応も早く、身分証明をアップロードした時点で素早く対応してもらいました。

 

続いて悪い所ですが。正直なところ私には悪い所は感じられませんでした。(これはマジね、お世辞抜き)

配達も早く傷ついていませんでしたし、対応も丁寧だったからです。まぁ強いて言うなら早く日本語に対応しろよ!ってところくらいですかね。

 

まとめ:ガジェット好きは絶対Gearbestを使うべき!

仕事できない男子 のコピー 2

中国のガジェットは非常に進んでおり、Gearbestでは、そんな最新ガジェットを驚くほどの低価格で入手することが出来ます。品質もかなり良く、ハズレとかもまぁありません。(今のところ!!!)

なんと言っても、他人が持っていない物を使えるので、ガジェット好きにはたまらんでしょうね。

 

しかしね、一点注意。Le Max2同様に技適を取得していない機器が結構あるんですよ。その場合、日本でのネット通信はできないので気をつけてください。

ただ通信系の機器以外は特に気にする必要がないですし、実際、家電とかもやっすく買えるので一度ぜひ騙されたと思って使用してみてください。では。

▶︎▶︎公式サイトガジェットを激安で購入するならコチラ

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

格安SIMの中で最も通信料が安いと言われるDMMmobile(GB数によってはDTI SIM等が勝つ)。最近、CMでも「爆安」というキーワードで宣伝していますね。

格安SIMを使う理由は、今までのような月額1万円とか掛かっていたスマホ代を“できる限り安く”することだと思います。だとすると業界最安値のDMMってスゴく魅力的ですよね。

しかし、安いだけで全然使い勝手が悪ければ本末転倒になるのも事実。

 

そこで今回はDMMmobileの音声通話専用SIM(以下、通話SIM)を契約して、現に今使っている私が実際に使ってみた感想や思いもよらなかったデメリット等を書いていきたいと思います。

 

私が使っているタブレットはコレだ!

ギャル女子 のコピー 2

DMMmobileを使ってみた感想に入る前に、まず私が現在DMM mobileの通話SIMを挿して使っているタブレットがどんなものかを紹介します。

私が今現在使っているタブレットは『ASUS ZenPad7 Z370KL』という機種です。

 

SIMフリータブレットながらタブレット端末としては珍しく電話(通話)ができるのが特徴ですね。

どういうことかと言うと、携帯番号付きの通話SIMをタブレットに挿せば、携帯番号から電話をかけることができるんですね。(タブレットには出来るものと出来ないものがある)

こういった通話ができるタブレットというのは現時点で珍しい方なので、タブレット画面の大きさが魅力的だけど、スマートフォンみたいに通話ができないと思い一歩踏み出せない人におすすめです。

 

DMM mobileを契約した際の手順

ギャル女子 のコピー 2

DMM mobileの契約はネット上で完結しました。

私の場合、すでにsimフリータブレットを持っていましたので、スマホとのセット購入はせずにSIMカードのみで契約しましたね。タブレットに入るSIMカードはmicrosimでしたので、それを選択。

 

既にスマートフォンやタブレットを持っている人は注意してほしいのですが、SIMカードには3種類程度大きさの種類があるのでどの大きさのSIMカードが対応しているのか前もって確認しないといけません

万が一違う大きさのSIMカードを契約した場合、交換してもらうのに手数料が必要なので確認は怠らないようにしましょう。(アダプター変換があるので迷ったら小さいのを)

 

SIMカードの大きさを選んだら次は通話SIMかデータ通信専用SIMかを選びます。もし、050番号を使うIP電話しか使わない場合は、データ通信専用SIMで対応できるのでそちらで大丈夫。

料金がデータ通信専用SIMの方が断トツで安いんですよ。なので、そこら辺も考慮してください。

 

私の場合はどうしても携帯番号で電話を掛けたいと思っていたので通話SIMにしました。また050番号では警察や消防などの緊急通報ができないので、そこに不安がある人は通話SIMを選んでおいた方が無難です。

そして通信容量は月2GBを選択。自宅にwifiを飛ばしていますし、外出先で動画見たりゲームしたりそれ程しないのでこれくらいで十分だと考えた結果です。

 

最後に、プランを一通り選んで契約手数料3000円と初月通信料をクレジットカード決済して終了となります。後はSIMカードが到着するのを待つのみです。

 

SIMが届いてから使用開始するまで

ネット上で契約してから3日ほどでDMM mobileのSIMが手元に到着。

SIMカード自体はクレジットカードとほぼ同じなのですが、クロネコヤマトのメール便でA4サイズの封筒に入れられて届いたのでびっくりしましたね。

中身はSIMと設定方法の書かれた説明書1枚というシンプルさでした。

 

p_20160831_194645

 

はい、ここでの注意点が2つあります。

まず付与された携帯番号の数字が、SIMにかなり小さめに書かれています。これを、うっかり見落としてしまうことが多いので注意してください。

SIMに記載されたバーコードの下に080から始まる数字が書かれていました。

 

そして、もう一つはSIMをカードから取り外す際に手を切る可能性があるという点です。同封されていた注意書きにもあったのですが手袋をするなどの用心があった方がいいでしょう。(私はガッツリ素手!)

ただ、タブレット端末にSIMカードを挿してからの設定は拍子抜けするほど簡単です。よく初期設定に不安を感じている人がいますが、コレはマジで簡単なので大丈夫

 

実際に使ってみて感じたメリット

ギャル女子 のコピー 2

さて、ここからは実際にDMMmobileの通話SIMを使ってみて感じたメリットを書いていきます。

 

安くても快適な通信速度

まず、格安SIMの中で断トツの安さを誇るDMM mobile。スゴく安いだけに、安かろう悪かろうじゃないかという不安を持っている人かなり多いです。

ただ、実際に使ってみたから言えますが、かなり快適に使えています。ちなみに私の自宅があるところは都市部ではなく山深い田舎です。(誰が田舎者じゃ!)

 

考えてみれば格安SIM業者はほとんど全てがドコモの通信網を借りて使っているので、大幅な差が付くことは考えにくいんですね。(利用者数によって速度が落ちることは多々ある)

通信料が安いという一点の理由から、通信速度が遅くなる、なかなか電波をキャッチできないとか、そんなことは今のところありません。

ちなみに、具体的な通信速度は下り最大375Mbps、上り最大50Mbpsとなります。

 

通信料の10%を毎月ポイント還元してくれる

DMMmobileは通信料の10%を毎月DMMポイントで還元してくれます。DMMポイントは他のDMMのサービスで使うことができるのでお得ですよ。

私の場合は2GBプランで毎月1400円支払っているので10%の140ポイントが毎月入ることになるんですね。(お得!お得!!)

 

通話料はDMMトークで半額にできる

screenshot02

 

格安SIMは基本的にかけ放題等の通話サービスがありません。なので、通話料は通信料に比べて結構高く請求されます。いわゆる格安SIMの弱点と言われるところ。

しかしDMMmobileの場合、DMMトークというアプリから発信することで携帯番号からの通話が半額となるのです。

 

DMMmobileで電話をする場合、通常30秒20円ですが、DMMトーク経由で電話すれば半額の30秒10円に抑えらえるんですね。

仕組みとしては電話番号の頭に自動的に番号を付けることで安くなるのですが、相手先には自身の電話番号しか表示されないので普通に電話を掛けるのと見かけ上は同じです。

 

余った通信量は翌月に繰り越せる

DMMmobileは契約した通信量が余った場合、翌月に繰り越すことができるのでムダがありません。

例えば2GBの通信量で契約している私が月末に200MB通信料が余った場合、翌月使える通信量は2GBにプラス200MBで2.2GB使えるということになります。こういった点もDMMmobileの魅力ですね。

また現時点で通信量をどれだけ使っているのか、サイトで簡単確認できる点もメリットです。下記のような感じで、後どれくらい通信量が残っているのかが一目でわかります。

 

screenshot01

 

実際に使ってみて分かったデメリット

ギャル女子 のコピー 2

さて、ここからは実際に使ってみて分かったDMMmobileのデメリットについて書いていきます。

 

留守電サービスがない

DMMmobileは通話SIMを契約しても留守電サービスが付いていません。

有料オプションでも留守電サービスがないのでその点注意が必要です。

 

通信料や契約手数料は先払い

ドコモやau、softbankなどのキャリアであったり他の格安SIMであれば通信料金は後払いが多いのですが、DMMmobileは通信料や契約手数料は先払いとなっています。

なので新規契約時に契約手数料と通信料を決済しないと使えません。通話料など、その都度かかる料金は別途後払いになりますが通信料は毎月先払いです。

 

クレジットカードがないと契約できない

DMMmobileはクレジットカードを持っていないと契約できません。デビットカードや口座振替などの支払い方法には対応していないのです。

なのでクレジットカードを持っていない人は利用できないことを頭に入れておきましょう。ちなみに格安SIMの場合は、このようにクレジットカードのみ対応というところが多いです。

 

まとめ:安さと通信速度を求める人におすすめ

ギャル女子 のコピー 2

ここまでDMM mobileの通話SIMを契約し使ってみて分かったメリット・デメリットについて書いてきました。

クレジットカードでないと支払いができなかったり、留守電サービスがない等、細かいデメリットはありますが、料金が安いのはもちろん、通信速度もそこそこ速いので普通におすすめと言えます。

ぜひとも格安SIM初心者はDMM mobileにしてみてください。絶対に満足できますよ。

 

1iSNSp1KRTLmWLE1460863555_1460863592

現在SIMフリーのモバイルWi-FiルーターにBIGLOBE SIMという格安SIMを入れて、モバイルWi-Fiルーターを格安運用しています。どうも、優子です。

このモバイルWi-Fiルーターの主な用途は、外出先でWi-Fiモデルのタブレットに接続して使用しており、使用感にはまぁまぁ満足しています。

 

というのも以前はWimaxを利用し、タブレットを屋外でWi-Fi接続していたんです。これが何というか・・、ねぇ。つまりBIGLOBE SIMに乗り換えをして正解だったということです。

そして今回は、数ある中でもBIGLOBE SIMを選んだ理由や実際に使ってみての使用感、通信速度についてレビューしていきたいと思います。

 

格安SIMを使おうと思ったきっかけ

清純女子 のコピー 2

っと、BIGLOBE SIMのレビューにいく前に少し。私が今回、格安SIMに乗り換えたきっかけをお聞きください。

まず先ほど言いました通り、元々、ポケットWi-FiにはWiMAXを利用していました。このWiMAXの利用料金が毎月4000円程掛かっており、この費用をもっと節約できないかな、と考えたのが最初のきっかけです。

 

そして私が契約していたWiMAXのプランは一ヶ月あたり7GBまで高速データ通信ができるプランでした。

でもね、最近ではカフェや駅などで利用できる公衆無線LANも多くあり、これらのWi-Fiスポットを併用していたので、7GBの通信量でも余るようになっていたんですね。

またWiMAXは通信の安定度が低く、地下や建物の奥深い場所などでの通信ができなくなってしまうことを何度か経験していたのも乗り換えの要因となります。

 

ここら辺から格安SIMを使うことを検討していましたが、何せ私は格安SIMアドバイザーでありながらも、Wi-Fiルーターに格安SIMをセットするのは初めてだったのです。(お恥ずかしい)

まぁ正直な気持ち格安SIMはポケットWi-Fiの代わりにはなり得ないって思っていたんですね。そんな事もありながら躊躇していましたが、月々の費用を考えての格安SIMへ。

 

BIGLOBE SIMを選んだ理由

清純女子 のコピー 2

格安SIMを取り扱っている業者は数多くありますが、私の希望にピッタリだったのがBIGLOBE SIMでした。私が格安SIMを選ぶ上で重要視したのは次の点です。

  1. ドコモ回線を利用
  2. 5GBか6GBのプランの取り扱いがある
  3. 追加料金無し、もしくは格安料金で公衆無線LANが利用できる

この3点を基準として格安SIM選びをした結果、決めたのがBIGLOBE SIMでした。さらにBIGLOBE SIMの場合、他社と比較して無料で利用できる公衆無線LANサービスが充実しているというのが魅力的でしたね。

加えて「オートコネクト」というWi-Fiスポットに自動接続してくれるアプリの配信もあったので、公衆無線LANサービスをよく利用しようと考えていた私にとってピッタリだったのです。

契約前にはその他様々な格安SIMを検討していましたが、無線LANサービスの充実度でBIGLOBE SIMを選びました。ここら辺、格安SIMを知り過ぎているのもダメだなぁって思いましたね。笑(選択に時間が掛かった・・)

 

今回、選んだプランは6GB

私が選んだのはライトSプランという1ヶ月あたり6GBの高速データ通信ができるプランです。先ほど言ってたWIMAXの7GBだと若干多いかな?と思ったから6GBにしました。

なお選んだSIMの種別はSMS機能の付いていないデータ通信専用SIMとなります。

モバイルWi-Fiルーターで使用するならSMSオプションが不要ですし、できるだけ月額コストは低くしたかったので、最もシンプルなデータSIMを選びました。

これで、だいたいの月額通信費用は1450円ですね。どうですか?めちゃくちゃ安くないですか?

 

実際に使用してみてどうなのか?

清純女子 のコピー 2

BIGLOBE SIMはドコモと同じ通信回線を利用していることもあって、WiMAXを使用していた頃よりも通信の安定性が大きく向上しました。

今まで通信が極端に不安定になっていた場所でも、ちゃんと電波を掴んで安定して通信ができるようになったのです。なお通信速度については、利用する場所や時間帯によって大きく異なるというイメージですね。

平均するとだいたい8Mbps~10Mbpsといったところです。(8~10はまぁ速い!)

 

screenshot_2016-09-20-15-17-07-640x1024

 

しかし、いつもそれくらいの通信速度と言うわけではなく、具合が良い時には18Mbps前後の速度が出る時もありますし、逆に調子が悪い時には4Mbps前後の通信速度となってしまうこともあります。

そして体感としては、平均的な速度でサイトを開くのに約2~3秒で検索結果が表示され、また遅い時でも3~4秒待てば検索結果が表示されるといった感じです。

 

そしてGoogleChromeの他にはGmailやYahoo JAPANのカーナビアプリを利用することが多いですが、いずれのアプリもちゃんと動作してくれているので、全く不満はありません。

なお私の契約しているプランは通信量が6GBとのプランですが、公衆無線LANサービスと併用しているので、データ通信容量が足りなくなることもないんですね

これには我ながら「ナイス選択をしたなぁ」と褒めてやりたいです。

 

契約から利用までの流れについて

清純女子 のコピー 2

最初は、BIGLOBEの公式サイトから申し込みをしようと考えていましたが、AmazonでSIMカードのパッケージを購入した方が若干安く済むということが分かったので、Amazonでの申込みにしました。

通常、契約事務手数料として3240円掛かるところが、Amazonを利用することで、初期手数料を1000円以下にできます。またSIMフリーのモバイルWi-FiルーターについてもAmazonで頼みましたよ。

 

注文をしてから2日後にルーターとSIMカードが自宅に届き、説明書に従って早速初期設定。

BIGLOBEの公式サイトにアクセスを行い、SIMカードの台紙に書かれていた番号と私の個人情報、そしてクレジットカード情報等を入力して登録手続きは終了です。

 

その後はルーターにSIMカードを挿しての初期設定ですが、こちらも説明書に沿って設定をします。(約5分)

私はここら辺は熟知しているので当然ですが、何も知らない方でも説明書を見れば全く問題ないと思われます。それくらい丁寧に書かれていますし、というか簡単な作業です

格安SIMを使いたいけれど使っていないという人の多くは、初期設定が障壁になっていることが多いと思いますが、実際にやってみると格安SIMの初期設定は非常に簡単だということを申し上げておきますね。

 

まとめ:Wi-FiルーターにBIGLOBEマジおすすめ

清純女子 のコピー 2

BIGLOBE SIMの月額料金は、大手キャリアのモバイルWi-Fiルーター向けプランやWiMAXよりも断然安いです。加えて通信回線も安定しているので、ハイコストパフォーマンスのサービスだと思います。

追加料金無しで有償提供されているWi-Fiスポットが利用できますし、大手という安心感もあるので、初めて格安SIMを利用したいと考えている人にもおすすめですね。では。

 

 I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

どうもどうも、今回はザックリ比較記事となります。

対象はインターネットの黎明期から通信事業者をやっており、トラフィック(アクセス数)の増加などにも素早く対応していることから顧客満足度も高いIIJmio(以下IIJ)と、そのIIJから回線を借りて格安SIM市場に参入したDMMmobile(以下DMM)です。

両社SIMのどちらを選ぶべきか困惑しているという方はぜひ比較記事をご覧下さい。

 

初期費用を比較

仕事ができる男子 のコピー 2

両社とも直接申し込むと初期費用に3000円がかかりますが、他のオンラインショップで購入すれば導入コストを抑えることができます

IIJでのご利用をお考えの方はビックカメラのオンラインショップにて、今なら初期費用が1円で申し込めるBIC SIMというものがあります。

さらにBIC SIMならではの特典として「Wi2 300」のWi-Fiスポットが無料で利用できるので非常におすすめですよ。

 

そしてDMM mobileでのご利用をお考えの方はAmzonで購入する方法が簡単です。

現在(2016/8/16)、通常配送料無料で540円にて購入できます。普段からDMMのサービスを利用されている方は、ポイントが溜まるので選ぶ際の判断材料になるのではないでしょうか。

 

初期設定を比較

package

 

格安SIMの設定について不安に思われる方もいるかもしれませんが、届いたパッケージを開封すると裏側にご利用の流れが書いてあるので、そこまで難しくありません

お申込みサイトから順次SIMカードの登録、プランの選択、お客様情報の登録、お支払情報の登録を済ませて下さい。(免許証やクレジットカードを事前に用意しておいて下さい)

格安SIMのAPNは手動で入力しなくてはいけないのですが、最近のスマホはSIMカードを挿すだけでAPNを表示してくれる機種も多いので簡単に設定ができますよ。

 

プランを比較

仕事ができる男子 のコピー 2

プランについてですが、両社とも低速回線は200kbpsで基本無制限で利用できます

そこに高速データ通信の容量やオプションを付け加えることで料金が変わり、大変混乱しやすいのですが、BIC SIMはミニマムスタートプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプランの3つからなり、それぞれにデータ専用、SMS機能付き、音声通話機能付きの料金プランから選べて大変わかりやすくなっています。

 

そして、もっと多いプラン内容から選びたいという方は DMM mobileでしょう。

DMMは、業界安値水準と宣伝しているだけあって、どのプランもお得ですが、最安値440円のデータSIMライトプランは、高速データ通信が付いておらず、外出先でWi-Fiが利用できない場合などは苦労することがあります。

 

なので40円プラスするだけで高速データ通信が1GBついてくるプランがストレスなく利用できていいですよ。

1GBだけでは少ないと感じる方もいるかもしれませんが、低速回線でも「バースト機能」により、回線スピードが瞬間的に上がるので、SNSやブラウザを利用した時でも体感的に早く感じ、ストレスを受けることがありません。(試した結果)

 

高速データ通信の測定を比較

仕事ができる男子 のコピー 2

気になる高速データ通信の速度比較ですが、結果から申し上げると実効値及び体感的にも両社の差異は感じられなかったのでDMMの測定結果のみを掲載します。

なお、速度の測定はタブレットのd-01Gを使用してSpeedtest.netアプリで行いました。

 

speedtest

 

測定は福岡の住宅地で1時間ごとに行ったのですが、日曜日だったせいか朝の9時の込み合う時間も下りが21.80Mbpsという結果になり、格安SIMとしては抜群の通信速度となりました。

それから11~18時にかけて下りの速度が落ちていき、18時には測定日で最も遅かった下り3.85Mbpsとなりました。しかし、この速度であればYoutubeも高画質で再生できるくらいなので全く問題ありません。

 

19時には下り25.73Mbpsとなり、そのまま深夜まで安定した速度が出ていました。結果、1Mbpsを下回ることは一度もなく仕事でも支障なく使用できると感じました。

っていうことでDMM mobileの通信速度はめっちゃ速いです。ただ、IIjmioも同じくらいの数値が出ており、体感も変わらず快適でしたね。

 

アプリの比較

仕事ができる男子 のコピー 2

アプリについては、DMMは後発で格安SIM市場に参入してきたので、インターフェイスがよく研究されており、私の周りでDMMを利用している人に聞いても評判が良かったです。

 

apli

 

高速データ通信の残量が一目でわかり、追加容量チャージする際はプルダウンメニューからチャージする容量を選択してタッチするだけなので簡単です。

切り替えスイッチもIIJはスイッチが小さくて押しづらく何回かミスすることがありましたが、それに対してDMMはスイッチが大きく、フラットデザインで視認性もよく誤操作もありませんでした。

 

まとめ:IIJmioとDMM mobileを比較をしてみて

仕事ができる男子 のコピー 2

私はDMM mobileのデータSIM 1GBを利用していたのですが、外出先でブラウザを立ち上げて調べ物をしたり、仕事で使用するデータをダウンロードしたりしていると、1GBでは足りないと感じたので容量を3GBに増やそうと考えました。

しかしその際、Youtubeやd-TVなどの動画サイトをよく利用することも鑑みてDMMではなく、Wi2 300のWi-Fiスポットが無料で利用できるBIC SIMのミニマムスタートプランに変更しました。

なので料金と質を同時に見た時のコスパの観点からはどうもIIJmioに軍配が上がるのではないかと思っています。

 

ただ、母親がスマホでSNSやインターネットを楽しみたいと相談してきた時は、大手キャリアのスマホだと月々の支払いが高いことと、誤操作で課金してしまうことを心配していたので、DMMのデータSIMにしました。

母親のようにやることが限られている&データ通信のみでオッケー(通話はガラケー)の場合は業界最安値のDMM mobileに軍配が上がります。

 

っと、まぁ両者ともに良い点があり悪い点は特に見つかりませんでしたね。

  • ある程度、スマホを使う=IIJmio
  • そこまで使わない初心者=DMM

って感じでいいのではないでしょうか?現場からは以上です。

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

iPhone7がついに発売されましたね。購入したという方も、これから買おうと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私はSIMフリー版のiPhone7、32GBモデルを購入しました。色はブラックです。

 

キャリアで買った方が安いんじゃないの?と思った方もいるかもしれませんが、通信量の月額料金も考えると、SIMフリーモデルの方が安価なんです。

そして、この記事では0円で半年間利用できるDTI SIMと、iPhone7の組み合わせでの利用状況についてレビューしていきたいと思います。

 

またDTI SIMで提供されている、最新のiPhoneをレンタルできるオプション「スマホレンタル」についての解説も行っていきますので、こちらに興味があるという方もぜひ読み進めてください。

 

さっそくiPhone7(ブラック)のレビュー!

仕事ができる男子 のコピー 2

本体の見かけ上の変化はほとんどない

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらがiPhone7の箱です。箱が白一色の時代もありましたが、やはり本体が描いてある方が格好いいですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらは、ケースとガラスフィルムが既に装着済みの状態ですが、iPhone7の本体です。

本体は6sとほとんど変わっているところがありませんが、カメラは二回りほど大きくなっていますので、ケースの流用はできません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さて、iPhone7の外見上の最大の変化は、イヤホンジャックがなくなっていること。皆さんもご存じかと思います。

しかし変換ケーブルは付属していますし、Lightning端子用のイヤホンも付属していますので、全く困ることはありません

 

変換ケーブルは、ネット上の画像を見ても邪魔そうに見えると思いますが、かなり細い(iPhoneに付属するイヤホンのケーブルの太さ)上に、長さも最低限なので、けっこう使いやすいと感じました。

 

新機能は、今のところほとんど使う機会がない

iPhone7の新機能は様々です。

ネットやテレビのニュースでも散々紹介されましたし、このサイトでも以前に解説記事が投稿されていますので、大まかな内容は皆さんもご存じでしょう。

 

確認のために特徴を述べますと、

  • 防水(耐水)に対応
  • Suicaなどの電子マネーに対応

この2点が、イヤホン関係の変更を除けば最も大きな変化ですね。

 

とは言え「防水」については、既に季節は秋であり、なかなかプールに入ったりする機会がありません。そして、仕様上お風呂場での使用はあまり推奨されていないので、こちらも検証は難しいです。

 

さらに、Suicaなどへの対応は10月からとなっていますので、これもまた検証はできません。

というわけで、iPhone7の新機能については、「まったくココが変わった!すごい!」というようなことを感じられていないのが現状です。

 

ホームボタンの仕様変更は、使いづらいのか?

ネット上では既にたくさんのレビューが投稿されているiPhone7。本体の変化について言われがちなのは、ホームボタンの仕様が変わったことです。

今まではボタンをしっかりと押すものになっていて、押す感触もありましたが、iPhone7のホームボタンは押し込むことができない仕様になっており、代わりにボタンの振動による「押した」感覚が味わえる仕組みになっています。

 

明らかに今までと反応が違うために、初めて操作した時は「押しづらい」「気持ち悪い」というような気持ちを持ってしまうのは、確かに事実です。

そのため、レビューでも否定的な意見が目立ちます。

 

しかし、これは最初だけだとズバリ言っておきましょう

結果的に今までのiPhoneのような、ボタンが押しづらくなることは起こらなそうですし、ホームボタンを2回素早く押してアプリ一覧を開く操作も6sまでよりスムーズに行えるようになっています。

店頭で触ってみても違和感を感じるかもしれませんが、使っていると数時間で慣れますので、ご安心ください。

 

iOS10は、やや操作手順が増えた

iPhone7に搭載されていて、さらにこれまでのiPhoneの多くでも利用可能なiOS10。

こちらについてもいくつか解説しておきましょう。

 

まず通知関連ですが、画面の上に表示された通知を引っ張ると、通知に関する操作ボタンが大きく表示されるというシステムとなり少々動作が大きくなって面倒となりました。

画面の下部から引き出すコントロールセンターも、音楽のコントロール画面をスワイプで横に移動し、表示する仕様となったため手間が掛かるようになってしまいました。

これらの操作は今までのiOSに比べてあまり直感的ではありませんし、ちょっと残念な変更だと思います。

 

iPhone7総評:9月時点ではまだ100%楽しめない

仕事ができる男子 のコピー 2

iPhone7の新機能、特に電子マネーはまだ使えませんので、レビューするにあたっては”まだ”あまり言うこともないのが事実です。

iPhone7や7Plusは入手困難のカラーがあるなど、なかなか手に入れづらい状態ですが、今のところほとんど6sと変わりない状態ですので、焦ることはありません

 

欲しいと考えている方は、10月下旬のSuica提供開始までに手に入れば大丈夫でしょう。

さて、これ以降はiPhone7とDTI SIMの組み合わせに関する話題に移っていきたいと思います。

 

SIMフリーのiPhone7とDTI SIMを組み合わせて使用!

仕事ができる男子 のコピー 2

まずはなぜDTI SIMを選んだのかについて解説しておかなければいけませんね。

理由は二つあります。

  • スマホレンタルという、iPhoneをレンタルできるオプションがDTI SIMにのみ存在する
  • DTI SIMは、データ・SMS SIMなら初期費用のみで半年間利用可能

キャリアから格安SIMに乗り換えても、最新のiPhoneを利用したい。そう考えている方にとって、DTI SIMは最適の格安SIMなのです。まずは、スマホレンタルについて解説しておきたいと思います。

 

DTI SIMのスマホレンタルとは

仕事ができる男子 のコピー 2

スマホレンタルは、毎年新しいiPhoneが入荷するレンタルサービス。月額3600円で、最新のiPhoneをレンタルして使用することができます

そして1年間使用したら、その段階で以下の3つの選択肢を選べるようになります。

  • 端末の残りの代金を支払って、今使っている端末の所有権を得る
  • もう1年同じiPhoneを使う(この場合、1年後に所有権が得られる)
  • 最新のiPhoneに交換する

毎年最新のiPhoneを使いたいのであれば、最新端末に交換してもらうのがベストですよね。

しかし、iPhoneは度々前機種のバージョンアップと言うべき、悪く言えばあまり変化のない最新端末を発表しますので、そのタイミングで乗り換える必要性を感じなかった時は同じiPhoneを使ってみるのもいいでしょう。

 

現在はまだiPhone6sの提供になっていますが、しばらくすればiPhone7でのスマホレンタルがスタートすると考えられます。

格安SIMに乗り換えてiPhone7を使いたいけれど、AppleStoreで本体一括により購入するのは厳しいという方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

DTI SIMのお試しプランの解説とDTIのレビュー

仕事ができる男子 のコピー 2

DTI SIMでは長い間、半年間のお試しキャンペーンが提供されていましたよね。それがついに通常のプランとして定着しました。それがお試しプランです。

初めの1回の申し込みには限られますが、データSIMとSMS SIMは、6ヶ月間0円で利用することができます。通話SIMの「でんわ定額プラン」の場合は、1480円で半年間利用可能です。

 

それぞれ半年が過ぎると正規料金での提供になりますが、データSIMやSMS SIMの場合は最低利用期間がありませんので、そのまま解約可能です。

ただし、これらのプランは別に初期費用3000円がかかりますので、その点は覚えておきましょう。

▶︎▶︎参考記事:6ヵ月間0円の破格過ぎるキャンペーンの内容はコチラ

 

DTI SIMのお試しプラン・データSMSプランのSIMカードが届いた!

さて、私はデータSMSプランのお試しプランを契約しました。

申し込みからSIMカードの自宅への配送は、5日程度です。DTI SIMの変わった点は、通常の格安SIMのように宅配便で届くのではなく、クロネコDM便で届くというところです。

そのため、配送までに少し長い日数がかかっていますし、ポストに投函されるという仕組みでした。おそらく音声通話SIMの場合は普通の宅配便で届きますが、データSIMやSMS対応のSIMはクロネコDM便なのでしょう。

 

img_3767

 

img_3768 

 

さて、こちらがDTI SIMの届いたパッケージです。

ちなみにこの数日前にもう一つ書類がDTIが届きましたが、そちらは契約関連の書類でした。マイページにログインするためのパスワードなどが記載されています。

 

img_3770

 

img_3771

 

中に入っているのは、これらの書類、SIMカードです。

iPhoneにSIMカードを入れて、プロファイル設定を行うと、すぐに電波が繋がりました。

 

通信速度は意外に満足度が高い

DTI SIMの2016年9月中旬現在の通信速度ですが、少なくとも私の使用状況では快適でした。

これは本当に意外でしたね。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

 

いかがでしょうか。これらは全て、DTI SIMの通信速度です。

2016年の9月19日は平日ではないことを考慮しても、お昼と夕方~夜という混雑しやすい時間帯に、5Mbps以上の速度を維持できているのはかなり安定度が高いと言えるのではないでしょうか。

 

低速回線への切り替えがない

DTI SIMは、低速回線への切り替え機能がない格安SIMです。そのため、少々物足りなさがあると感じました。しかし、私はDMM mobileを別に契約しているものの、低速回線への切り替え機能はほとんど使っていません。

なぜかというと、普段低速モードにしていると、速度が必要な場面、例えばブラウザでの検索時に一々高速に戻すのが面倒であるためです。

 

結論としては、低速回線への切り替え機能がないことはそれほど大きなデメリットでもないと、私は感じました。

しかしこれはあくまで私の意見で、低速回線を活用していて、この切り替えが不便ではないと感じている方ならば、DTI SIMは不便だと感じてしまうかもしれません。

 

他の格安SIMと比べて、かなりシンプル

DTI SIMでは、アプリが提供されていませんし、先程述べたとおり通信速度の切り替え機能もありません。できることは基本的に通信のみで、とてもシンプルに感じられました。

格安SIMは最近機能が充実しているものが増えてきていますが、DTI SIMについては、まさに「格安」SIMだな、という印象です。

店頭での契約ができませんので、初心者にあまり優しくないことも、そのシンプルさに拍車をかけています。

 

iPhone7との組み合わせは問題なし

iPhone7でDTI SIMを使用していますが、プロファイル設定はとくに問題なく行えましたし、利用にあたっても特に困ったことはありませんでした。

Googleで「DTI SIM iPhone プロファイル」で検索すれば、プロファイルのダウンロードができるページをすぐに見つけられますし、Wi-Fi経由でプロファイルをダウンロードすることにより電波が繋がりました。

 

DTI SIMとSIMフリー版iPhone7の組み合わせのメリット

最後に、DTI SIMをiPhone7と組み合わせるメリットについて解説していきたいと思います。スマホレンタルを使う場合は、やはり最新のiPhoneが本体を直接購入せずに利用できるのがメリットですね。

このサービスはDTI SIM以外の格安SIMでは行われていません。

 

スマホレンタルを使わず、SIMフリーのiPhone7を購入し、それにDTI SIMを組み合わせる場合は「お試しプラン」がとてもお得ではないでしょうか。

音声通話が不必要であれば、0円で半年間契約を維持できます

そのため、本体価格が7~10万円程度かかるため高額出費が掛かってしまった分を、月額料金0円であることでしばらく補うことができますよね。

 

ただし、音声通話のお試しプランである「でんわ定額プラン」については、注意が必要です。

なぜかというと、これは5分以内の通話がかけ放題になるオプションが付いたプランであり、始めの6ヶ月間も1480円の月額料金がかかり、さらに7ヶ月目からは2270円に料金が上がってしまうためです。

 

かけ放題が不必要な場合は、これを選ぶメリットはほぼありません

キャリアから格安SIMに乗り換えるにあたって、音声通話プランに乗り換えたい場合は、お試しプランではなく通常の3GBプランを選んだ方が良いでしょう。

 

まとめ:意外にiPhone7とDTI SIMの組み合わせ良い!

仕事ができる男子 のコピー 2

DTI SIMは通信速度的にも今のところ問題ありませんし、とくにiPhoneで使うにあたって不便な点はありません。そのため、iPhone7をDTI SIMと組み合わせて利用するという運用方法はおすすめできると感じられました。

ただし、低速回線がないこと、アプリがないことなど、DTI SIMの仕様は必要最低限ですので、それが受け入れられない方は、他の格安SIMを選んだ方がいいかもしれません。

iPhone7は、10月のSuica等への対応が待たれる端末。これからの進化に期待ですね。

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

ついに発売されたiPhone 7ですが、毎年、新しいiPhoneが出るたび、ある特定の格安SIMで通信ができない・対応していないんじゃないか?という声を聞きます。

そこで今回はiPhone 7 Plusをさっそく購入したので、今所有している格安SIM(DMM/FREETEL/mineo)が現時点で動作可能かどうかを確認してきました。

 

DMM/FREETEL/mineoの検証結果

若い新米男子 のコピー 2

まずは購入したiPhone 7 Plusをお披露目しましょう。ほれ!

 

img_0273

 

iPhone 7 Plus とiPhone 7のレビューに関してはまた次回の記事で更新しますが、まぁキレイですね。美しい〜!

今回の新しいiPhoneは、例年以上に売れ行きが良いらしく。確かに、今回から初めて搭載される機能が多いなど、魅力の塊みたいになっていますもんね。

 

さて、無駄話はさておき、さっそく検証へと移りましょう。

現在、手元にデータ通信専用SIMしかないので、データ通信のみとなりますが、以下が検証結果です。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-10-21-55

 

FREETEL、mineoは公式に対応済みと発表されているので、当然の結果ですが、DMM mobileも通信、テザリングともに問題なく使用できました

ちなみにですが、mineo/DMM/FREETELは格安SIMの中で上位の人気を誇ります。理由は通信速度が速い!料金が安いとか、色々とあるので、気になる方は下記の記事もご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:当サイトNO.1おすすめSIM『mineo』の紹介!

▶︎▶︎参考記事:業界最安値であるDMM mobileは通信速度も速い?驚くべき結果は

▶︎▶︎参考記事:格安スマホも売れているFREETELとは?一体なにがお得なのか

 

気になる人はMVNO事業者の発表を待つべき

若い新米男子 のコピー 2

今回、検証した格安SIMは問題なく動作しましたが、あくまで独自に検証しただけです。

各MVNO事業者(格安SIMを扱う業者)が公式に対応済みでない場合は、環境によって正常に動作しない可能性があるので、注意が必要ですよ。

 

また、通信ができても何らかの不具合が起こる可能性もあります。

例を挙げると、iOS10配信時に、OCN モバイル ONEの一部ユーザーの通信が不安定となりました。(解決済み)

 

iPhone 7を格安SIMで使いたい方は、利用している、または利用予定の格安SIMの公式サイトで、iPhone 7の対応状況を確認してから契約した方が安心です。

使えないなんてあり得ないでしょう?ましてや日本でのシェアNO.1のiPhoneだよ?って疑問に思う方もおられるでしょうが、普通にあり得ますよ。

なので購入前には必ずチェック!または当サイトにお聞きください。答えられる範囲でお答えしていきます。では!

▶︎▶︎SIMについて聞きたい!お問い合わせはコチラ

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

大手プロバイダであるSo-netが展開しているMVNOのことをSo-net モバイルサービスと言います。So-netでは、さまざまな形のSIMカードを提供しており、最近では月額0円で使えると噂になった0 SIMが有名ですね。

▶︎▶︎参考記事:月額0円で使える0simの率直な感想を知りたい方はコチラ

 

また、So-netモバイルサービスにはそれ以外のSIMも用意されており、選択肢が非常に広いサービスとなっています。

今回は、その0 SIMを含めたSo-net モバイルサービスのプランや魅力、本音を徹底的に紹介していこうと思うので、気になる方はぜひ見てください。

 

巷では『So-net モバイルサービス』というより、『0 SIM』というイメージが強いですが、他のSIMはどうなっているのでしょうか。

では、さっそく紹介していきましょう!

 

So-net モバイルサービスとは

ギャル女子 のコピー 2

大手プロバイダであるSo-netが提供しているMVNO(格安SIM)となります。

3つのSIMカードを中心に展開しており、LTE SIM+、PLAY SIMと提供を開始しましたが、イマイチ反応がありませんでした。そんな時に0 SIMをMVNO市場に導入

月額0円で使えるという驚きのプランで瞬く間に名前が広がり、So-netモバイルーサービスよりも有名になっちゃったのです。

 

始めに言っておきますが、So-net モバイルサービスは玄人向けのMVNOではなく初心者向けのMVNOと言えます。

公式サイトを見たら分かる通り、自社製品の紹介の下に”MVNO lab”と題してMVNOを初めて利用する方向けのガイドが用意されていますからね。

0 SIMもどちらかと言うと初心者向けのSIMなので、ターゲットは格安SIM初心者であることは間違いないでしょう。

 

さて、そんな0SIMを含めたSo-net モバイルサービスのSIMを紹介していきますが、最後に衝撃的な発表があるので流して読んでみてくださいね!

じっくり読んで欲しくなった方は後悔するかも。それでは、ざっとSIMやプランを見ていきましょう!

 

So-net モバイルサービスのSIMと料金プラン

 ギャル女子 のコピー 2

  • LTE SIM+
  • PLAY SIM
  • 0 SIM
  • Prepaid LTE SIM

So-net モバイルサービスには主に4つのSIMが用意されています。

他のMVNO会社のような、普通のSIMから0 SIMのような変わったSIMまで幅広く提供されています。他にプリペイドSIMが提供されているのでそちらも軽く紹介しておきますね。

 

LTE SIM+

  • プラン名:ライト/データフル
  • データ容量:3GB/制限なし
  • 月額:1,890円/4,180円
  • 最大通信速度:下り300Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:1年

まずは、So-net モバイルサービスのメインである”LTE SIM+”の紹介です。データSIMは用意されておらず、音声SIMのみとなります。

月間3GBまで使える”LTE SIM+ライト”、そして無制限で使える”LTE  SIM+データフル”が用意されています。両方ともに、契約事務手数料3,000円とSIMカード準備料394円が取られますよ。

 

[他社との比較]

  • U-mobile 通話プラス 1GB:1580円 375Mbps 3GB/月
  • NifMo 3GBプラン:1600円  375Mbps 3GB/月
  • UQ mobile データ高速+音声通話プラン:1680円 370Mbps 3GB/月
  • LTE SIM+ ライト:1,890円  300Mbps 3GB/月

 

“LTE SIM+ライト”は他社と比べると特徴がないのに割高です。上記を見てもらえると分かる通り他社は大体同じ内容で月額1,600円前後ですがLTE SIM+ライトだけ月額1,890円と高いですよね。

通信速度に関しても理論値ですが他社に負けています。さらに、通信制限が360MB/3日なので、ガッツリ使っちゃうと制限がかかる可能性がありますよ。

 

通信速度制限は、翌日の深夜から朝方にかけて通信速度が300kbpsとなります。制限の時間が少ないのと制限時の通信速度もそこまで低下しませんが、短期間で動画やらアプリやらをやってしまうとダメですね。

幸い、制限の時間帯が深夜から朝方なので支障がある人は少ないかと思いますがね・・。

 

内容を見て分かる通り他社の方が圧倒的に”良い”ので、こちらを契約するのはやめておきましょう。何か付加価値を見出した人は契約してみてください!

 

さて、続いては“LTE SIM+データフル”の紹介です。こちらは若干救いのあるプランですよ、個人的に。

データ制限なしの使い放題プランで、1日に使える通信量は360MBと普通に使えます。月間データ量はもちろん制限無しなので、ライトを選ぶくらいならコチラを選んだ方がいいですね。

 

[他社との比較]

  • UQ mobile データ無制限+音声通話プラン:2680円  500kbps 無制限
  • U-mobile 通話プラス LTE使い放題2:2730円 375Mbps 無制限
  • ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン:3736円  3Mbps 無制限
  • LTE SIM+ データフル:4,180円  300Mbps 無制限

 

ただ、月額料金が4,180円と高額です。毎日がっつり使う人なら得かもしれませんが。どうなんでしょうかね。他社は月額2,000円後半程度、高くてもぷららモバイルLTE 定額無制限プランで月額3,000円後半です。

1日の使用量が少ない人は他社の方が確実に良いでしょう。

 

無制限プランを選ぶ時は通信制限の内容で選んだ方が良いですよ。無制限なのに通信速度制限を食らってしまったら意味がないですからね!

 

PLAY SIM

お次は、ちょっとややこしいPLAY SIMの紹介です。LTE SIM+と違ってデータ通信、データ通信SMS付き、音声通話の3種類用意されています。

PLAY SIMは家電量販店やオンラインショップなどで手軽に購入できるSIMカードとして話題となりました。ショップ限定のプランが用意されているので混乱してしまう人もいると思いますが、簡単に紹介していきましょう。

 

[データ通信専用SIM]

  • データ容量:2G/6G/10G
  • 月額:780円/1,680円/2,480円
  • 最大通信速度:下り300Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:なし

 

[データ+SMS対応プラン]

  • データ容量:2G/6G/10G
  • 月額:920円/1,820円/2,620円
  • 最大通信速度:下り300Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:なし

 

PLAY SIMのデータ専用プランは正直に言うと割高です。これでも登場した当初は格安SIMの価格競争が激化する中、安い料金と手軽に使えるという点で話題になりました。

しかし、今はどの容量も割高に見えますね。最安の2GBはSMS対応で月額920円になっており、同じくらいの料金で3GB使えるMVNOは多いので割に合いません。

他のデータ容量も同様に他社に追い越されています。

 

[音声通話機能付きSIM]

  • データ容量:2G/4.5G/6G/10G
  • 月額:1,480円/1,880円/2,380円/3,180円
  • 最大通信速度:下り300Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:1年

 

じゃあ音声通話対応は?という意見が飛んできそうですが、こちらも微妙な料金体系です。

PLAY SIMのデータ量はほとんど偶数で用意されており、スゴく微妙なデータ容量に見えます。そのため、ちょっと足してもっとお得な他社へ移った方が?とも思ってしまいますよね。

 

PLAY SIM for Amazon.co.jp

  • データ容量:プラン140M ・day/プラン200M・day /Amazon.co.jp限定プラン 4G・month
  • 月額:880円 /1,278円/880円
  • 最大通信速度:下り300Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:なし

通常のPLAY SIMは正直ダメですが、Amazonで購入できるPLAY SIMはお得です。なぜ公式サイトで発売しているSIMよりもAmazon限定のSIMの方がお得なのか疑問が残りますねww

プランは、1日辺り使える量が決まっている実質使い放題と月のデータ量が決まっているプランが用意されています。PLAY SIMを契約するなら断然こちらがおすすめです!

 

0 SIM

  • プラン名:データ専用プラン/データ+SMSプラン/データ+音声プラン
  • データ容量:5GB
  • 月額:0円~1,600円/150円~1,750円/700円~2,300円
  • 最大通信速度:下り300Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:なし/なし/あり

さぁ、格安SIM業界の話題をかっさらったサラブレッド”0 SIM”の紹介です。So-net モバイルサービスよりも知名度が高く0 SIMの名が一人歩きしていますね。

格安SIMに興味のある人は嫌という程聞かされていると思いますが、簡単に言うと「上手に使うと0円で使えちゃうよ!」ということを売りにしたSIMです。

 

現在は、某大型スーパーのような感じで「0のつく日」のみ申し込みを受け付けており、いつでも契約することができる状況ではありません。また2016年10月以降は予定が決まっていないらしいです。

まぁ、0 SIMのあれやこれやは既に他のアドバイザーが徹底的に解説しているので見てみてください!

▶︎▶︎参考記事:月額0円の格安SIM、0simの速度は本当に大丈夫なのか確かめてみた!

 

Prepaid LTE SIM

  • プラン名:プラン1.2G/プラン2.4G/プラン3.2G
  • データ容量:1.2GB/2.4GB/3.2GB
  • 料金:オープン価格
  • 利用期間:30日/30日/60日

 

Prepaid LTE SIM for Amazon.co.jp

  • プラン名:プラン2G/プラン12G
  • データ容量:2GB/12GB
  • 料金:3,700円/13,500円
  • 利用期間:30日/180日

 

最後に軽くPrepaid LTE SIMに触れておきます。こちらは基本的に使う人は少ないでしょう。

コチラは駅やコンビニなどで買えるもので、万が一容量がなくなってしまった!という場合に役に立ちます。ただ、プリペイドなのでどうしても割高になってしまうので覚悟してください。

 

スマホ端末とのセットもあるってよ

ギャル女子 のコピー 2

LTE SIM+ スマホセット1980

  • 月額料金:1,980円(端末代込み)37ヶ月目以降(割賦完済後)1,480円
  • 端末:ZTE Blade V6
  • データ量:2GB
  • 最大通信速度:下り150Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:1年(期間内解約金5,200円)

 

LTE SIM+ スマホセット2980

  • 月額料金:初月無料 2ヶ月目~31ヶ月目 2,980円 32ヶ月目以降(割賦完済後)1,890円
  • 端末:ASUS ZenFone™ 2
  • データ量:3GB
  • 最大通信速度:下り150Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:1年(期間内解約金5,000円)

 

So-net モバイルサービスでは2つのスマホセットを用意されており、月額1,980円と2,980円となっております。こちらは完全に初心者向けですね。

最近のMVNO会社では取り扱っていない端末をセットで販売している感じです。セットで買うよりもSIMフリーを購入した方が断然お得のでセット購入はいらないでしょう。笑

ZTE Blade V6もASUS ZenFone™ 2も今となっては全然古い端末なので、できれば新しい端末を購入した方がいいと思いますよ。

 

超重要!So-net モバイル LTEの受付終了ってマジ?

ギャル女子 のコピー 2

0 SIMの受付が0の付く日のみなど、話題性の割には対応が遅いSo-net モバイルサービスですが、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

ここまで長々とプランの詳細をお伝えしてきましたが、So-net モバイルLTEの新規受付が9月いっぱいで終了となるそうです!

 

え・・・! マジ・・・?

 

マジよ。

 

2016年9月9日に発表されたのでかなり急な告知ですよね。新規受付終了なのでLTE SIM+が申し込めなくなります。もちろん、スマホセットもいっしょです。終了。

しかし対象サービスがSo-net モバイルLTEとなっているので、PLAY SIMと0 SIMは関係ありません。

こうなってくるとSo-net モバイルサービスの提供サービスが2つだけとなりますね。(実質0 SIMもサービスと言えるかどうか)

 

0 SIMでSo-net モバイルサービスの知名度が少し上がったのに残念です。0  SIMは予想以上の人気でサバけなくなったと想定できますが、LTE SIM+はプラン内容が良くないので契約数が少ないのかもしれませんね。

それから0 SIMも、10月からの動きを発表していないので、話題性のある0 SIMに絞っていく考えなのかもしれません。発表の時期などを考えると今後の動きに注目したいですね。

うーんそれにしても色々と勿体ないです。

 

まとめ:契約するなら0sim!それもメインはダメだよ

ギャル女子 のコピー 2

今回はSo-net モバイルサービスを紹介してきました。最後は衝撃的な終わり方になってしまいましたが、So-net モバイルサービスのことは伝わったかと思います。

それにしてもLTE SIM+、PLAY SIM、0 SIMと名称が多すぎて全部So-net モバイルサービスだったんだ!と思っている方も多いでしょうね。

これだけ名称があると混乱するので、So-netさんは0 SIMに絞るべきだと思いますが。

 

0 SIMはある一部の利用者にとって大変魅力的なサービスだと思います。

もちろん、通信速度が遅いので普通にメインでスマホを利用したいという方には使えませんが、サブ端末に一応入れておきたいという人にはめちゃくちゃいいでしょう。だって0円ですから。

 

So-net モバイルサービス内で何が行われているか分かりませんが、安定していない運営ばかりしているとユーザーが離れてしまいます。早く一本に絞るなど対策をとって生まれ変わってほしいですね。

正直、期待しているので今後のSo-net モバイルサービスには頑張ってほしいです。では!

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

Wonderlink LTEという格安SIMは、大企業であるパナソニックが提供しています。

パナソニックといえば家電製品で超有名ですが、Wonderlink LTE自体は格安SIM業界で、超マイナーなMVNOに入るため全くと言っていい程有名ではありません。

 

今回は、数あるMVNOの選択肢の一つとして入れておきたいWonderlink LTEの料金プランや特徴、そして本音をまとめてみました!

マイナーMVNOはメイン端末のSIMとして使うのは難しい場合が多いですが、たまに大手にはない魅力的な仕様がある場合があります。

 

「大手の格安SIMに飽きてしまった、もっと個性的な格安SIMが使いたい!」という方は、ぜひWonderlink LTEの詳細を知って契約を考えてみてください。

それでは詳細を確認していきましょう!

 

Wonderlink LTEってなに?

 若い新米男子 のコピー 2

パナソニックが提供している通信サービスの名称が”Wonderlink LTE”です。MVNO事業には多くの企業が参加しており、中にはパナソニックのような大手企業も参加しています。

それなのに、あまり知名度がないのは名称が原因でもあるのでしょう。Wonderlink LTEという名前でパナソニックと気づく方は少ないですから。

 

Wonderlink LTEでは、スマホ向けの格安SIMの他にモバイルルーターと一緒に使うパソコン向けのSIMも用意されています。基本的にWonderlink LTEは公式サイトのみの販売でパッケージや店頭販売は行っていません。

購入したい方はパナソニックの公式通販から契約するという形になり、支払い方法もクレジットカードのみなんです。(正直、使いにくいww)

 

マイナーMVNO(格安SIM)の一つですが、これから紹介する料金プラン等を見ると分かる通り、そこまで破綻したものではなく痒いところに手が届かないような感じです。

つまり、あともう一歩!というようなイメージを持っていてください。まぁ、Wonderlink LTEの詳細を見ながら確認していくとしましょうか。

 

Wonderlink LTEの料金プラン

 若い新米男子 のコピー 2

Wonderlink LTEには大きく分けて4つのプランがあります。

スマホ向けの使い放題プランである「LTE Fシリーズ」。スマホ向けのお手頃なプラン「LTE Iシリーズ」。パナソニックのレッツノートシリーズのLTE対応モデル向けの「LTE Aシリーズ」。

そして最後にパナソニックLUMIX CM専用の「LTE Lシリーズ」です。

 

今回紹介するのはこの中でもスマホ向けに提供されている”Fシリーズ”と”Iシリーズ”の2つとなります。

まずは、2つのシリーズがどのように違っているのか確認していきましょう。

 

LTE Fシリーズ

  • プラン: F-使い放題700/F-7G
  • パケット通信料:1GB/7GB
  • 通信速度:下り225Mbps 上り50Mbps
  • 月額料金:1,580円/2,480円
  • 縛り:なし/なし
  • 速度制限:直近1日(24時間)の通信量が1GBを超過した場合 (無制限 上下700kbps)

 

まずはLTE Fシリーズの紹介です。FシリーズにはF-使い放題700とF-7Gの2つが用意されています。

2つのプランの両方に契約事務手数料3,000円が発生しますが、初月の月額料金が両方とも無料になるので、割安にて契約は可能です。

 

まず、F-使い放題700はパケット通信量が1GBまでになっており、月に1GBを越えたら通信制限が発生するようになっています。「使い放題」という名称ですが、毎月の通信量が決まっているのです。

超過後も使用できるという意味で使い放題という表記になっているのでしょうか?よく分かりませんが、こちらは月額1,580円で他の1GB/月の料金に比べると割高に感じますよね。

 

そして、もうひとつがFシリーズのF-7Gというプランです。こちらはパケット通信量が7GBまでとF-使い放題700よりも多くなっています。

月額は2,480円で、こちらも他のプランよりも割高に感じる料金設定です。ただ、Wonderlink LTEを契約するなら「Fシリーズ」がおすすめです!その理由は後ほど詳しく説明します。

 

LTE Iシリーズ

  • プラン: I-3Gシングル/I-5Gシングル/I-7Gシングル
  • パケット通信量:3GB/5GB/7GB
  • 通信速度:下り225Mbps 上り50Mbps
  • 月額料金:890円/1,460円/1,870円
  • 縛り:なし/なし/なし
  • 速度制限:月間上限容量超過後、直近3日間の通信量が366MBを超過する場合は、速度制限をする場合あり(通信容量上限超過後:200kbps)

 

続いてLTE Iシリーズの紹介です。こちらはI-3Gシングル、I-5Gシングル、I-7Gシングルの3種類が用意されています。そして全てのプランで契約事務手数料3,000円が発生しますよ。

また注意として、こちらのプランでは初月無料はありません。

 

プラン名の通り3GB、5GB、7GBのパケット通信量が用意されており、月中にデータ通信量が越えてしまうと速度制限発生します。

通信速度制限後は200kbpsとなり、他のMVNO会社の通信速度制限とだいたい同じ感じですね。

 

全体的に見て月額料金は平均的な料金になっていて、特にWonderlink LTEにこだわりがなければ契約する必要はないでしょう。

他社の同じデータ通信量のプランではさらに安い料金が多いのでそちらにしてください。LTE FシリーズもIシリーズも契約期間の縛りが撤廃されたので、試しに契約してみるのはありかもしれません・・。

 

契約するなら「Fシリーズ」で決まり

若い新米男子 のコピー 2

もし、Wonderlink LTEを契約するならFシリーズがおすすめです。FシリーズのプランはF-使い放題700とF-7Gの2つがありますが、契約すべきはF-使い放題700です。

こちらのプランは、月額1,580円で1GBまでと割高に感じると先ほど言いましたが、超過後の速度制限が700kbpsとなっています。(制限後はだいたいどこも200kbps)

 

他社の1GBの速度制限を見ると100kbpsから200kbpsと使いものにならないレベルになってしまいますが、Wonderlink LTEの1GBは、おまけのようなもので本質は通信速度制限が掛かった後の使い放題にあります。

このプラン料金で使い放題は少ないのでWonderlink LTEは、この点で他のマイナーMVNOよりも抜き出ていますよね。

 

でも、700kbpsで何ができるの?と疑問の方も多いでしょう。

700kbps出ていればネット閲覧はもちろんのこと、通常の画質の動画くらいならストレス無く見られるでしょう。(・・たぶんwww)

 

高画質の動画になってしまうとキツいですが普通に使うなら全く問題ないはずです。簡潔に言うと月額1,580円で使い放題が利用できると考えていいでしょう。

ただ、毎回700kbpsが出るとは限らないので注意が必要ですよ!

▶︎▶︎参考記事:通信速度が何か分からない人へ!どれくらいの通信速度が出ていれば快適なの?

 

Wonderlink LTEはdocomo回線を使っているのでエリアは広いです。

FシリーズはIIJmioがバックに付いているので比較的安定した通信が楽しめるでしょう。

 

データSIMのみで、音声・SMS付きは無し

若い新米男子 のコピー 2

ここまで見てきて、音声・SMS付きのプランがない!と嘆いている方がいるでしょう。

その通り!Wonderlink LTEには音声、SMS付きのプランがありません

 

そのためデータ通信SIMのみの販売となっています。

この点はMNPで乗り換えを検討していた方やSMS付きで認証しようと考えていた方にとっては嫌ですよね。

 

今どき、音声・SMS付きは当たり前になっているので、この点はWonderlink LTEは非常に遅れていると言えます。

なので頑張って対応してほしいのですが、他にパナソニックのレッツノート向けのプランやカメラ専用のプランがあるなど、高速通信サービスの一環としてWonderlink LTEを提供しているため、今後対応する可能性は低いでしょう。

契約解除手数料を無くすなど、ある程度ユーザーの声は受け入れているようなので契約者数が伸びて需要が高まれば提供開始する可能性があります。(まあ難しいです。笑)

 

音声・SMS付きがない時点でWonderlink LTEを切ってしまう人が多いと思いますが、『データ通信専用でも良い』という方もきっと一定数おられるはず。

そういう方にWonderlink LTEを試してほしいですね。Fシリーズに限りますが。

 

スマホとのセット販売はしてるの?

若い新米男子 のコピー 2

Wonderlink LTEはスマホとのセット販売を行っていました。

しかし現在では残念ながら取り扱っていません。ちなみに取り扱っていたのはHUAWEI P8 LITEです。ある程度人気があり他のMVNO会社でも取り扱っている端末です。

 

マイナーMVNOではこういったことがよくありますよねww

だいたい1機種を取り扱っており、自社サイトなどでセット販売をしていますが販売停止のままになることが多いです。なので、もしスマホが必要な場合はSIMフリーを購入して使いましょう。

 

セット販売で端末料金がお得になることは少なく、SIMフリーを別々に購入した方が安くなる場合が多いです。

なので特に気にしてなくてオッケーです。Wonderlink LTEでも別々に購入した方が安いセット販売でしたしね。今後再開することは少ないので期待しないようにお願いします。

 

データ繰越なし!プラン変更なし!SMS機能なし!

若い新米男子 のコピー 2

3つのなしをまとめてみました!読んで字の如くです。

まず、データ繰越機能がありません。この時点でIシリーズの契約は見送った方が無難です。さらにFシリーズでも月7GBのプランは勿体なく感じてしまいますよね。

 

また、プラン変更はできません。これは非常に痛いですよね。

まあ音声SIMがないので解約手数料は取られないのでまた契約すればプラン変更できますが、契約事務手数料が発生してしまいます。迷わずFシリーズを契約しておけば問題なのでこのあたりは大丈夫です!

 

最後にSMS機能なしという点です。

これは意外と気になるところです。SMS認証が必要なアプリが使えなくなったり、スマホの電池消耗が激しくなったりしてしまいます。この点もよく考えて契約してみてください。

 

それで、結局Wonderlink LTEはどうなのか

若い新米男子 のコピー 2

さぁここまで色々行ってきましたが結局どうなのよ?と言いたい方も多いでしょう。

簡潔に言うとFシリーズのF-使い放題700がWonderlink LTEの全てです。全体的にマイナーMVNOにしてはバランスが取れている気もしますが、データ繰越やプラン変更がないなどのマイナス部分が足を引っ張っていますね。

 

Wonderlink LTEを契約するならFシリーズのF-使い放題700と頭に叩き込んでおきましょう!

その他のプランはダメです。データ通信専用の2台目として使うならギリギリありかもしれません。メインとして使うのは音声、SMS機能がないのでやめておきましょう。

 

まとめ:良くも悪くもマイナーMVNO(格安SIM)

若い新米男子 のコピー 2

Wonderlink LTEについて本音でご紹介しました。良くも悪くもマイナーMVNO止まりといった感じです。

マイナーMVNOに多い、提供会社が有名なのにサービス名で損している感じがあります。パナソニック SIMみたいな名前ならもうちょっと目に止まる気がしますがね。

 

マイナーMVNOは動きがなくなると風化して、いつのまにかサイトの更新も止まっていることが多いです。やはり質を求めるならメジャーSIMの契約をおすすめします。

まぁ今回は「Wonderlink LTE」っていうMVNOがあるということを知っていただけたら、それだけで格安SIMアドバイザーとして幸いです。この記事を読んで契約してもらえたら嬉しい限りです。それでは!

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

つい先日iPhone7が発表され注目を浴びていますが、もう一つ注目したいのが『Apple SIM』です。しかし今までApple SIMに関する噂ってあまり聞かなかったですよね、何故なのでしょうか?

こんなにも格安SIMの利用者が急増しているのに、です。

▶︎▶︎参考記事:iPhone7に関する詳しい内容はコチラから

 

その理由は、Apple SIMが普通の格安SIMと違って独特な使い方をするSIMカードだからです。

一体、普通の格安SIMと何が違うの?料金プランは?新しく発売されるiPhone7と一緒に使えるの?と、疑問が尽きないと思いますので、今回は本記事にて全て回答していきます。

 

使い方次第では、今後の格安SIM業界の台風の目となるApple SIM。

どんなサービスなのでしょうか。早速紹介していきます。

 

Apple SIMは他の格安SIMとどう違うのか

仕事ができる男子 のコピー 2

まず、皆さんが気になるのはApple SIMと通常の格安SIMとの違いでしょう。あのですね、ハッキリ言って全く違います!通信ができる、SIMカードだ、という点くらいでしょう。同じなのは。

あと一応、Apple SIMは600円〜で販売されているので格安なところも同じですね。

 

通常、格安SIMを契約するとMVNO会社が用意しているプランを契約することになりますよね。なので、契約後に利用できる端末にSIMカードを挿せば通信できるようになります

一方、Apple SIMは購入した後に契約する会社を選ぶことができるのです。しかも、端末上で利用したい会社を選んで契約できるという仕組みとなっています。

 

つまり、Apple SIMとパートナーになっている会社ならApple SIM一枚で、契約から利用、さらに解約まで出来てしまうということです。スゴく便利ですが本当に便利ならもう少し広まってますよね?

なぜ、国内で広まっていないかは後ほどジックリとお伝えします。

 

さて、その前にApple SIMの詳細を知っておきましょう。勘のいい方なら詳細を見てるうちに広まらない理由が分かるかもしれません。

 

Apple SIMの詳細をチェック

仕事ができる男子 のコピー 2

まずはApple SIMの料金や日本で使えるプランの詳細を確認していきましょう。

  • Apple SIM
  • 価格:600円
  • 販売場所:Apple store
  • プラン:LTEデータプリペイド(チャージ1回あたり) :1,500円/1GB  
  • 通信速度:最大100Mbps  
  • 利用期間:31日

Apple SIMの詳細をまとめてみました。日本国内でApple SIMを利用する場合、回線を提供しているのはauのみです。

ちなみに2016年9月8日にSoftBankが海外のApple公式サイトに追加されていましたが、現時点ではプランの詳細は判明していません。

つまり、現時点でApple SIMで契約できる会社はauのみになっています。これでは選択肢の幅が非常に狭いですよね。

 

さらに、用意されているプランのLTEデータプリペイドは1回あたり1,500円で1GB、利用期間も31日と決まっています。格安SIM業界の値下げ競争は白熱しているため1GBなら月額1,000円以下で使用できますよね。

この点を考えると日本でメインとして使用することにメリットがないことが分かります。

 

Apple SIMはiPhoneで使えないって本当?

これね、本当です!!笑

先日発表されたiPhone7と合わせてApple SIMを使おうと考えていた方は考えを改めてください。Apple SIMは基本的にiPad向けに提供されているSIMカードです。そのため、残念ながら全てのiPhoneに対応していません。

  • iPad Pro Wi-Fi + Cellularモデル
  • iPad Air 2 Wi-Fi + Cellularモデル
  • iPad mini 4 Wi-Fi + Cellularモデル
  • iPad mini 3 Wi-Fi + Cellularモデル

ちなみにApple SIMは上記の4機種に対応しています。日本で使えるのはau版かSIMフリー版のみとなります。iPad Proなら最初からApple SIMが内蔵されているので設定すればすぐに使用可能です。

ということでiPhoneでは使うことができません。また今後対応する可能性も低いでしょう。なぜならApple SIMの最大の特徴を見ればその理由が分かりますよ。

 

Apple SIMは海外での利用がメイン

実は、Apple SIMは“海外旅行のためのデータプラン”と公式サイトに書いてあるくらい、海外での利用をメインに考えられて作られました。

そのため、世界100以上の国と地域でApple SIMを利用できます。つまり目的地に到着したらすぐにApple SIMを使うことで、わざわざ海外でSIMカードを買わなくても旅行を楽しむことができるのです。

 

世界中の通信事業者と提携しているのはApple SIMくらいなので海外旅行や出張などで毎回SIMカードを買っている人にとっては非常に便利な存在ですよね。

日本にてApple SIMを購入し、あとはiPad上で各通信事業者と契約するのみです。たったこれだけで快適な通信が楽しめる優れものなのです。

 

Apple SIMの評判は?

仕事ができる男子 のコピー 2

Apple SIMは海外旅行や出張を行う人からの評価は非常に高いです

海外旅行や出張の経験がある方は、海外でSIMカードを契約する際に不便な思いをしたことでしょう。これもApple SIMさえあれば、すぐに通信を開始できる上にチャージするのも非常に手軽なのです。

国内にてApple SIMを使っている人は、料金上、ほとんどいないでしょう。しかし、先ほどの例から海外に行く際に使っている方は多いでしょうね。

 

もし、Apple SIMが国内のMVNOに対応したら

Apple SIMの特徴などを見て、もしApple SIMが国内のMVNOに対応したらと思うとワクワクしますよね。これまでのようにSIMカードを交換しなくて済むので手軽に格安SIMを利用することができます。

しかも、iPhone上で契約できたらApple SIMはバカ売れすること間違いなしでしょう。

 

現在、多くの企業が格安SIM業界に参戦しているので、格安SIM初心者の方はSIMカード一つ選ぶのに苦戦していると思います。

そういった人に向けて上手くアプローチして来てもおかしくありません。

 

まぁ、現実的な話をするとMVNO会社の回線を提供しているのは3大キャリアなので、MVNO会社を選べるシステムになるには程遠いです。

それほどキャリアの囲い込みが激しいので実現は不可能に近いでしょう。

 

逆に国内の会社。

現在、最も多く利用されているdocomo回線なら自社のサービスとして、できなくも無さそうですが、まぁないでしょう。たぶん。笑

 

iPhone7がFelicaに対応したように、今現在、日本向けのサービスが加速しています。

Apple SIMにも動きがあれば嬉しい限りですよね。

 

現段階ではSoftbankが参入したという情報があるので、今後、キャリアを含めてMVNOが参加すればApple SIMを国内で使用という例が出てくるかもしれません。

有名じゃないマイナーMVNOにとっては嬉しい展開になるでしょう。

 

まとめ:Apple SIMは国内より海外での使用!

仕事ができる男子 のコピー 2

さすがApple!といった感じで、従来のSIMカードと同じにしない点がスゴいですよね。ただ、世界利用メインなので国内ユーザーにとっては今の所選ぶメリットは一つもありません。止めておきましょう!

auそしてSoftBankと参戦しているのでdocomoが参戦したら何らかの動きがあるかもしれませんね。

 

実際に日本に来る外人からしても選択肢が多い方が良いでしょうし、格安のMVNO会社に対応して選択肢を増やして欲しいです。今後の動きに注目しましょう。

さて、結論としては「国内使用はダメ!」「海外使用はOK!」といった感じです。頻繁に海外に行く人は持っていて損はありません。では。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

格安SIMを提供している多くのMVNO(格安SIM)は、NTTドコモ系の回線を利用しています。そしてまだ3社(10月頃から4社へ)と少ないですが、au系の回線を利用しているMVNOもあります。

あれ?MNOと呼ばれる大手キャリアは、ドコモ、au、ソフトバンクの3つでは?と、疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

 

そうなんです。

なぜかソフトバンクの回線を利用しているMVNOはほとんどありません。(重要:またソフトバンクのSIMロックが掛かったスマホをソフトバンク回線を借りて運用している格安SIMで利用することはできません)

 

こんなにも格安SIMが普及してきているのに、なぜソフトバンク回線を使ったMVNOはなかなか登場しないのでしょうか。

 

ソフトバンク回線利用の格安SIMがほぼ無い理由

ギャル女子 のコピー 2

なぜソフトバンク回線を使った格安SIMがほとんど無いのか・・・誰もがこう疑問に思うところです。

その理由として「ソフトバンクの回線利用料が高い」という事が挙げられます。

 

例えば、2015年の各社の回線利用料金を見てみましょう。

  • NTTドコモ 約94万円
  • au 約116万円
  • ソフトバンク 約351万円

 

このように他の会社と比べて、ソフトバンクの回線は2~3倍の回線利用料が掛かっていました

そのため安い金額で私たちユーザーに回線を提供するMVNOは、ソフトバンクから回線を借りることが難しくなっていました。

 

じゃあ、これからもソフトバンク回線を使ったMVNOは出てこないの?・・・なんて、ソフトバンクユーザーはガッカリですよね。

 

でも諦めるのはまだ早いですよ。

実はこの回線利用料金が2016年に改定されたのです!

 

では2016年、各社の回線利用料金を見てみましょう。

  • NTTドコモ 約78万円
  • au 約96万円
  • ソフトバンク 約116万円

 

他の2社も価格改定されて下がっていますが、依然と比べると断然ソフトバンクも安くなっていますよね。

以前なら2~3倍だった金額が、それほど大きな差が無いくらいまでになりました。

 

こうなってくるとソフトバンクの回線を借りたい!というMVNOが出てくるはずです。

もちろんこれ以外の他の条件などもありますが、金額の面で言うとソフトバンク回線の格安SIMの普及にかなり近付いたのではないでしょうか。

 

ソフトバンク回線を使った2社のMVNO

ギャル女子 のコピー 2

冒頭で「ソフトバンク回線を使ったMVNOがほとんど無い」と言いましたよね。

実は全く無い!のではなく、「ほとんど無い」と言ったのには、ちゃんとした理由があります。

 

なんとソフトバンク回線を使った格安SIMが発表されていたのです。

まず一つ目が、飛騨高山ケーブルネットワークが提供する「Hitスマホ」。そしてもう一つがU-NEXTが提供する「U-mobile SUPER」です。

 

現在のところ、この2つがソフトバンク回線を使った格安SIMと提供しているという事になります。

ただし注意してほしいのが、au系回線を使った格安SIMであれば、auからのSIMロックが掛かったスマホを利用することができましたよね?

 

ただ、ソフトバンク回線の場合は少し特殊であり、これを行うことはできません

なので今現在ソフトバンクユーザーの人は、やはり一度SIMロックを解除した後に下記今から紹介する格安SIMと契約する必要があります。

 

ではそれぞれのサービスを詳しく見ていきましょう。

 

飛騨高山ケーブルネットワークが提供する「Hitスマホ」とは

まず気になるのが、その料金プランです。

Hitスマホが提供する格安SIMは全て音声通話機能付きになっており、飛騨高山ケーブルネットワーク加入者は通常料金よりも安く契約できます。下記をご覧ください。

 

料金プラン

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-17-19-46

  • 追加データ料金 100MB 200円
  • 解約違約金 10000円(最低利用期間12か月。契約から12か月以内に解約すると発生)

 

事務手数料

  • 契約事務手数料 3000円
  • USIMカード再発行手数料 3000円
  • MNP転出手数料 3000円
  • 解約手数料 2000円

 

オプションサービス(月額)

  • 留守番電話プラス 300円
  • 割り込み電話 200円
  • グループ通話 200円
  • ナンバーブロック 100円

 

Hitスマホの内容はこんな感じですね。

同時に格安スマホも販売しており、arrows M03(富士通)、SAMURAI Miyabi(プラスワン・マーケティング)、Priori3LTE(プラスワン・マーケティング)の3機種があります。

どの機種も24回分割払いが選べるので、初めに機種代が用意できない・・・、と言う方でも安心して購入する事が出来ますね。

 

U-NEXTが提供する格安SIM「U-mobile SUPER」とは

U-NEXTはU-mobileというドコモ回線を利用した格安SIMを提供していました。

そこからついに、ソフトバンク回線を使った格安SIMも提供され始めたということです。

 

料金プラン

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-17-26-11

 

このような料金になっています。こちらも音声通話機能付きSIMのみでデータ専用SIMはありません

通話料は、かけ放題で10分以内の通話であれば300回まで無料となっていますが、10分を超える会話や300回以上を超えると、30秒21円の通話料金が発生するようになっています。

 

・・・あれ?この料金プランどこかで見たことない?

あなたも「あれ?見たことがあるぞ」と思いませんでしたか?

 

そう、この料金プランはY!mobileの料金プランと全く同じなのです。

▶︎▶︎参考記事:通話機能に特化したSIM『Y!mobile』は高いのか?

 

U-mobile SUPERはY!mobile系の格安SIM?

ギャル女子 のコピー 2

実は、U-mobile SUPERの回線はY!mobileのを使っているのです。

『え?ソフトバンク回線だって行っていたじゃん!』なんて怒りの声が聞こえてきそうですが、安心してください。

 

Y!mobileは独自の回線を持っているので、ドコモやau、ソフトバンクなどと同じMNO扱いとなります。しかし、実際はソフトバンクに吸収されたソフトバンク傘下の通信会社なのです。

つまり、独自の回線を持ってはいるが、その利用可能地域などはソフトバンクと全く同じということ結末に。

 

また、使えるスマホ端末はY!mobileのものをそのまま利用可能は当然ですが、ソフトバンクで契約したスマホに関してはSIMフリーのものでないと使うことができません。(←ここ大事)

つまりU-mobile SUPERは、ソフトバンク系の格安SIMと言う認識ではなく、ソフトバンク回線を使ったY!mobile系の格安SIM、と言った方が正しいかもしれませんね。

 

まぁ利用可能地域は同じなので、今までソフトバンクを利用してきた人には使いやすい格安SIMでしょう。

 

まとめ:SIMロックは外すこと!

ギャル女子 のコピー 2

今までソフトバンク回線を使った格安SIMが少なかったのは、その回線利用料金が高いことによるものでした。

もちろんそれだけが原因ではありませんが、その料金が引き下げられたことによって参入してくるMVNOは増えてくると予想されます。

 

*重要*

現在はご紹介した「Hitスマホ」と「U-mobile SUPER」のみですが、どちらもソフトバンクのSIMロックが掛かったスマホ端末で利用することは出来ません。そこが少し残念なポイントです。

しかし今後、他のMVNOが参入してくることによって、SIMロックが掛かったソフトバンク端末もそのまま使えるようになる可能性もあります!それに期待しましょう。

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

先日、格安SIMアドバイザーの1人である優子さんが『月額0円の格安SIM、0simの速度は本当に大丈夫なのか確かめてみた!』という記事を書かれました。

そして、この記事の中では0simの注意点について書かれていたんですね。そもそも0simというのはある一定までのデータ通信容量であれば月額0円で使えるというヤバい格安SIMのことです。

 

その注意の内容が月額0円で使えるけども、一定期間使っていないと『自動解約』&『SIM返却忘れで違約金取られるよ』というものでした。

・・・は?違約金?なにそれ??となった読者様は多いはず。

 

そこで今回は格安SIMと今までの常識であった大手キャリアとの違いをハッキリさせながら、気をつけるべき点『SIMの返却』について書いていきます。

月額料金が安くなるという理由で乗り換えを検討されている方は必見ですよ。

 

大手キャリアでは、SIMとスマホをセットで契約する

仕事できない男子 のコピー 2

まだまだスマホ利用者の大半は大手キャリア(au/ドコモ/softbank)での契約だと思いますが、これから約3年ほどで一気に形成が逆転すると思われます。

だって皆さん、料金は高いよりも安い方がいいですよね?そんな当たり前の望みを叶えてくれるのが格安SIMなんです。今現在、1万円近く払っている方は今すぐ格安SIMへどうぞ!

普通に月々7000円程安くなりますよ。

 

そんな時代の移り変わりの中、大手キャリアと格安SIMとの比較がよく行われますが、一番の違いはどこだと思いますか?

 

料金?通信速度?サポート?

 

いえいえ、一番の違いはスマホとSIMを同時に契約するか否かです。そもそも大手キャリアではスマホとSIMを同時に契約する以外他あり得ませんでした。

なので、スマホとSIMがそれぞれ独立しているものだと知っている方は少ないでしょう。またSIMの存在を知っている人も少ないはずです。

 

だからこそ格安SIMへ乗り換えた時に戸惑います。『え?何か小さいのが送られてきたけど何?これをスマホに挿すの?どこに挿したらいいの?』ってね。(少し過剰表現ww)

いいですか。MVNO(格安SIM)でもスマホとセットで契約することはできますが、一番お得なのはスマホとSIMを別々に契約し、乗り換える方法です。

なので、ぜひともその感覚(スマホとSIMが独立している)を養ってください。そっちの方がお得ですから。

 

SIMを返却するのがMVNO(格安SIM)での常識

仕事できない男子 のコピー 2

なので基本的にMVNOでは大手キャリアと違い、SIMのみを契約することになります。スマホはAmazonで買ったり、電気屋さんで買うのです。

そして別に購入したスマホへMVNOで契約したSIMを挿すことによりデータ通信を可能とします。これでSNSなどのネットを使うことができるんですね。どうでしょう?イメージできましたか?

 

ここがイメージできれば後は楽勝です。

実はMVNOで契約したちっこいSIMというものは基本的に借り物なので、最後使い切った後に返却するようなシステムになっています。(基本的に)

 

これは大手キャリアの時には全くなかったシステムなんですね。そもそも先ほど言った通り、大手キャリアではスマホとSIMが同時購入が普通だったので、金額さえキチンと払えば自分のものになりました。

ただMVNOでは違います。基本的にSIMのみを契約(借りる)するので、最後には返すことになるのです。ここら辺は大手との資金力の差が露になっているのかもしれませんね。

 

またMVNOでもスマホと同時に契約する場合がありますが、やっぱりこの場合でもスマホは買取でSIMは借り物なので返却というパターンが多いです。

知らなかったじゃ済まされませんよ。気をつけましょうね。

 

返却しなかった時は違約金が発生

仕事できない男子 のコピー 2

そしてここからが最も大事なポイントですが、解約後にSIMを返却しなかった場合、ほとんどのMVNOにて違約金が発生するようになっています。

い、違約金??ーはい、違約金です。

 

だいたい3000円程でしょうかね。それ以上に高い違約金を請求するMVNOは知りませんが、例えば、冒頭で紹介した0simでも、自動解約の後にSIMを返却しなければ3000円の違約金が発生するようになっています。

なんとなく嫌らしい手口のように思えますが、本来の『SIMは借り物』という考えに基づけば当然なのかもしれません。

 

違約金が発生する格安SIMまとめ

そしてSIMを返却をしなかった場合の違約金システムは各MVNOによって様々です。

  • 基本的に返却をしてもらうし、違約金も発生
  • 基本的に返却してもらうが、違約金は発生しない
  • 返却を求める程度
  • 返却すら求めない

などなど、だいたい上記の4つの分類に分かれます。しかし基本的にSIMは返さないといけないし、返さなかったら違約金がかかると思っておきましょう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-15-54-05

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-15-54-31

 

上記が各有名どころMVNOの対応です。やはり返却を求めるし、返却がなかった場合には違約金が発生するところがほとんどですね。

またNifMoに関しては、違約金ではなく『SIM未返却による損害を被った場合の損害賠償の請求可能性』と書かれています。・・やばいっすね。笑

 

何か損害賠償とか言われたら絶対返そうという気になりますもん。

まぁ借り物なので、本来それが普通なのは分かるのですが、大手キャリアでは返す必要がなかった分、少しやり過ぎ感も否めません。

 

まとめ:格安SIMは返却が普通!違約金を取られるぞ

仕事できない男子 のコピー 2

ということで皆さんはおとなしく使いきったSIMを返却しましょうね。でないと、違約金や損害賠償を取られますから。そんなしょうもない事でお金取られるの嫌でしょ?

なので覚えておいてください!大手キャリアとの違い、MVNO(格安SIM)では、SIM返却が普通

 

また送料も地味に自己負担となります。こういった部分もMVNO(格安SIM)選びの一つにしてみてはいかがでしょうか?ではでは。

 

1iSNSp1KRTLmWLE1460863555_1460863592

格安SIMといえば、docomo回線ですよね。IIJmioやOCNモバイルONEなど、有名どころの格安SIMは基本的にdocomo回線を使用しています。

なので今現在auと契約している方は端末も購入しなければいけないのではないかと思い、格安SIMに乗り換えるタイミングを計りかねていることでしょう。

 

優子の一口ポイント

清純女子 のコピー 2

今持っているスマホをそのままで格安SIMはOK?

 

格安SIMは今までの大手3大キャリア(au/ドコモ/softbank)に比べて、通信費が大幅に安くなります。これは1000円2000円の話ではなく、6,7000円程安くなると思ってください。

しかし、今現在auまたはsoftbankでスマホを契約している人は注意が必要です。まず、スマホにはそれぞれ対応している回線があり、全ての格安SIMとマッチするわけではありません。

なので今持っているスマホをそのままで、必ず格安SIMを使えるわけではないのです。

  • ドコモ契約のスマホ・・比較的どの格安SIMでも大丈夫!だけどUQ mobileはダメ
  • au契約のスマホ・・今日紹介する4社のうちどれかで契約しましょう
  • softbank契約のスマホ・・SIMロックを解除という手がありますが、基本的には新しいスマホに乗り換えましょう

っと、こういった違いがあります。そして今日紹介する4社は今現在auのスマホを持っている人に向けて、auスマホと相性の良い格安SIMとなります。

ぜひ、月々の通信費だけでなく初期のスマホ端末代も節約しましょう。

 

しかし、mineoやUQ mobileなどau回線の格安SIMも実際は存在しています。

ちなみにソフトバンク回線の格安SIMは、あくまで別の回線ですがY!mobileや、最近登場したHitスマホが挙げられますね。(ただし、ソフトバンク契約のスマホで使うことはできない)

 

そして2016年10月には、IIJmioがついにau回線の格安SIMを提供することを発表しました。

そこで、この記事ではこれまでに登場しているau回線の格安SIMの特徴を説明していきたいと思います。どこが自分にとって最も適した格安SIMか考えてみましょう。

 

au回線の格安SIM 4つを比較

清純女子 のコピー 2

まずは新しく登場するIIJmioも含め、au回線の格安SIMの一覧をチェックしてみましょう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-18-16-59

 

docomo回線の格安SIMは何十種類もありますが、au回線は新登場するIIJmioも含めて、まだ4つしかありません

このうちau回線のみを提供しているのはUQ mobileで、それ以外はdocomo回線も提供しています。それでは、順番に特徴をチェックしていきましょう。

 

UQ mobileの特徴は?

通信速度は速いが、プラン数が少なく自由度が低い

UQ mobileは、UQ WiMAXと同様にUQコミュニケーションズが提供している格安SIMです。

WiMAXはauとセットで契約すると、auの月額料金が割引になるという制度があることからわかる通り、UQコミュニケーションズとauには繋がりがあります。

UQコミュニケーションズは、KDDIグループの会社なのです。

 

少し異なる点はあるものの、ソフトバンクとY!mobileの関係に近いのがUQ mobileでしょう。つまり、通信速度面でかなり期待ができる格安SIMであることが、最も重要なポイントと言えます。

しかしUQ mobileのプランは、新登場したぴったりプランを除けば3GBプランといわゆる低速無制限プランの2種類しか展開されておらず、そのため他のau回線格安SIMと比べて自由度が低いという難点があります。

 

通信速度が速く自由度が低いのが、UQ mobileの特徴ということですね。しかし毎月の使用量が3GBに収まるということであれば、最もベストな選択肢であることは間違いありません。(個人的に)

ちなみにUQ mobileでは低速回線への切り替えもできますが、速度が他車よりも速い300kbpsであることも重要なポイントです。わずかな差ではありますが、速いに越したことはありませんよね。

 

キャリアメールが利用できる

UQ mobileでは月額200円で、キャリアメールが利用できます。

多くの格安SIMはキャリアメールが利用できないので、ガラケーを月1000円程度支払い、別に契約するなどしなければいけません。しかし、UQ mobileならばその必要はなく、わずか200円でキャリアメールが使えます。

ただし、対応する端末は限られています。

 

iPhoneが利用できるのが、最大の魅力かも

UQ mobileは、Y!mobile以外で唯一の、iPhoneを契約することができる格安SIMです。機種はiPhone 5sで、色はスペースグレイとシルバーに限られます。

UQ mobile専用にカスタマイズされているので、UQ mobileのキャリアメールが使用できるなどのメリットがあります。しかし、2013年の機種であるという点には注意が必要となりますね。

 

Try UQ mobileが便利

そしてもう一つ、UQ mobileには嬉しいポイントがあります。それは、Try UQ mobileというサービスが利用できることです。

Try UQ mobileを申し込むと、15日間格安SIMを無料で試すことができます。配送から返却完了までの日数も含まれるので、実際に利用できるのは10日程度です。

しかし、自分の普段スマホを使う場所で電波が繋がるかどうかを試せるのは、なかなかに便利ですよね。

 

ぴったりプランはあまりおすすめできない

UQ mobileで新しく登場したぴったりプランはキャリアのような2年縛りが特徴のプランです。通信量は1GBが基本、無料通話やアプリ付きで、端末を同時購入するとお得になるというものですが、あまりおすすめはできません。

格安SIMは、キャリアと違い縛りがないことが魅力。それを封じてしまうのは、今後通信速度が遅くなって使いづらくなってしまった時などに困ってしまうでしょう。

▶︎▶︎参考記事:UQ mobileを実際に使っているものが語る!本当の通信速度

 

mineoの特徴は?

選べるプランが多いのが、mineoの魅力

mineoには、500MB、1GB、3GB、5GB、10GBという豊富なプランが存在しています。大容量プランを選びたい場合、IIJmioのタイプAがスタートしていない現時点ではmineoがおすすめです。

料金設定も、au回線のAプランの場合は他社のdocomo回線における月額料金よりも90円程度安く設定されています。家族割や複数回線割もありますし、家族で乗り換えたいという場合にいいですね。

 

フリータンクが便利

mineoには、『フリータンク』というシステムがあります。これは簡単に説明すると、毎月最大1000MBまでパケットを無料でもらえるというものです。

つまり、500MBプランを選んでも最大1.5GB程度の通信ができてしまうのがmineoのスゴさですね。

フリータンクはユーザー全員の共有資産ですので、あまりむやみに引き出すことは倫理的にダメですが、いざという時にフリータンクを使えば月末付近に通信量がなくなっても安心でしょう。

 

低速通信が使い放題

mineoでは低速通信が使い放題です。そのため、普段は低速で利用すれば通信量を大幅に節約できます。

他社、例えばIIJmioやDMM mobileでは、3日単位での最高の通信量が制限されていますので、この点も魅力的です。ちなみに当サイトでドコモ回線も全て合わせての一番おすすめがmineoとなっております。

▶︎▶︎参考記事:mineoを使ってみた感想と通信速度の実験!

 

Fiimoの特徴は?

独自の特徴があまりない

Fiimoは、3GB、5GB、10GBのプランが存在する格安SIMです。

低速回線への切り替えができないという点がダメですが、それ以外にはとくに魅力も難点もないため、おすすめもやめた方が良いとも言えない微妙なポジションのSIMです。笑

ただし、定期的に月額料金の割引や、ウルトラマングッズがもらえるキャンペーンが行われています。キャンペーンが行われているタイミングで契約すれば少しお得かもしてません。

 

選択肢としては、特におすすめはしない

Fiimoは、大手の格安SIMとも言いがたいですし、今回紹介する中ではわざわざ選ぶメリットはありません。10GBまでのプランがありますが、mineoの方が良いでしょうね。

 

IIJmioの特徴は?

シェアSIMやメインSIMを異なるキャリアにできる!

IIJmioの特徴は、3つの料金プラン全てでシェアSIMが利用できることです。3GB、5GBプランであっても毎月400円を支払えばシェアSIMを利用することができます。

そしてなんと、docomo回線のメインSIMにau回線のシェアSIMを追加することも可能となっています。もちろん反対にauがメインSIM、シェアSIMがdocomoという組み合わせもできます。

 

二つの回線を一つの契約で使用することができるという点は面白いですよね。au回線のタブレットとdocomoのスマホ、あるいはその反対の組み合わせで使用するなど、面白い使い方ができます。

メインSIMのみでも、契約変更でdocomoからauにするといったことが行えます。また、10GBのファミリーシェアプランは2枚まで無料でシェアSIMを追加できますよ。

 

大手であるという安心感

長年にわたり、docomo回線の格安SIMの中でトップクラスのシェアを持っていたIIJmio。インターネット接続サービスの大手であるIIJの格安SIMということで、安定した品質を保っています。

そんなIIJmioが手がける格安SIMですので、au回線のタイプAの品質についても期待できますね。

▶︎▶︎参考記事:IIjmioの通信速度ってどうなの?ちょっとばかし使ってみたよ

 

au回線の格安SIM、結局おすすめはどれ?

清純女子 のコピー 2

3GBという容量で十分!という方は、UQ mobileまたはmineoを選びましょう。特にUQ mobileの通信速度は回線は他社(まだ提供開始前のIIJmio以外)を圧倒しています。

そして大容量のプランが良いという方は、mineoか今後提供が開始されるIIJmioを選んでください。10GBあれば、動画も長い時間見られますよね。

 

シェアSIMを利用したい場合は10月にスタートするIIJmio一択です。mineoにも複数回線割がありますが、維持費はIIJmioの方が安すくなっています。

最後にキャリアメールを利用する場合ですが、これもUQ mobileがベストな選択肢でしょう。

 

ちょっと待って!注意点もあるよ

清純女子 のコピー 2

au回線の格安SIMは、4GLTEにのみ対応しています

そのため、3Gのみ対応のスマホでは利用できません。また、SIMフリーモデルであってもauの通信方式や周波数に対応していなければ利用できないことにも注意が必要ですよ。

さらにVoLTE対応スマホの場合、au回線の端末であってもSIMロックを解除したうえでVoLTE対応SIMを契約しなければ、利用することができません。この点も気をつけてください。

 

まとめ:選択肢は少ないがどれも充実している

清純女子 のコピー 2

格安SIMのau回線プランは選択肢が少ないものの、内容自体は充実しています。先ほど紹介したようなちょっとした注意点はあるものの、格安SIMを考えているなら絶対にやった方がいいですよ。

何度も言いますが、今スマホ代に1万円近く払っているのはもったいない!格安SIMにするだけで月7000円程度。年間で10万円近くまで削減できるのですから。

 

また、だからと言ってそのために新スマホを高いお金を出して買うのも『ん〜』って感じですよね。なので、auで契約しているスマホを持っているなら、ぜひともそのまま。

上記、4社から契約してみてはいかがでしょうか?

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

大手格安SIMにばかり目が行きがちですが、今回紹介するのは日本通信が提供しているb-mobileです。(はっきり言ってマイナー格安SIMですww)

あまり聞いたことがない人が多いと思いますが、イオンモバイル専用SIMを提供しているなど、格安スマホブームを影で支えているんですよ。 

 

今回は、そんなb-mobileのプランやサービスを中心にご紹介します。ネット上では、使い物にならないと言われているb-mobileですが、真相はどうなのか?検証の意味も含めて見ていきましょう!

 

b-mobileとは?

仕事ができる男子 のコピー 2

老舗プロバイダの日本通信が提供しているMVNO(格安SIM)がb-mobileです。

日本通信では、格安SIMブームになる前から格安SIMを提供しており、近年ではイオンモバイルとの提携を行ったり、ゲーム専用SIMを提供するなど様々な動きを見せています。

 

そんなb-mobileでは定額プラン従量制プランを取り入れており、音声通話機能付きSIM及びデータ通信専用SIMの両方に対応しています。

また、格安スマホと一緒に使えるWi-FIルーターなども販売しているんですよ。それでは、b-mobileの各種SIMやプランを見ていきましょう!

 

b-mobileの料金プランなど

 仕事ができる男子 のコピー 2

  • b-mobile おかわりSIM
  • b-mobile SIM 高速定額
  • b-mobile プリペイドSIM
  • イオン専用 b-mobile SIM
  • b-mobile ゲームSIM

b-mobileでは主に5つの形態のSIMを扱っており、それぞれにプランが用意されています。おかわりSIMや高速定額など魅力的なプランもあるので、詳細を確認していきましょう。

 

b-mobile おかわりSIM

まずは、『おかわりSIM』についてご紹介します。こちらは、従量制で料金が発生するプランになっており、使用したデータ量に応じて支払う料金が変わります。

最安で、1GB=500円で使用することができ、1GBのデータ量に関して言うと最安の部類に入りますね。

  • 月額料金は、500~1,500円(税別)
  • SMS付は月額料金 630~1,630円(税別)
  • 音声付になると、月額料金 1,300円~2,300円(税別)

おかわりSIMでは、データ容量に応じて5段階に料金が変化します。データ容量は全タイプ共通で1GB,2GB,3GB,4GB,5GBになっており、毎月の使用量によって決められます。

そしてb-mobileでは開通日が決済日となるため、決済日までに利用していたデータ量によって料金が決まるのです。

 

従量制の最大データ量である5GBを月内に使い切ってしまった場合ですが、通信速度制限が発生し、上り下りともに200kbpsに制限されるので注意してください

それ以上のデータ量を使いたい方には、Turbo Chargeというサービスが用意されているので、データ量を増やすことが可能ですよ。

こちらは、最大利用期間90日間で100MB / 300円(税別)と500MB / 1,200円(税別)で提供されています。

 

b-mobile 高速定額

おかわりSIMとは違って定額でネットが楽しめる『b-mobile 高速定額』です。毎月の使用量がある程度決まっている方や、データ量を気にせずにネットを楽しみたい方におすすめです。

  • 月額基本料は1,180円(税別)
  • 音声付 (3GB)になると月額基本料 1,980円(税別)
  • 高速定額(使い放題)で月額基本料 1,980円(税別)
  • 高速定額の音声付(使い放題)で月額基本料 2,780円(税別)

b-mobile 高速定額ではライトプラン高速定額の2種類のプランを用意しています。ライトプランは3GBまで利用することができ、超過した場合は上り下りともに200kbpsに制限されます。

それに比べて、高速定額ではデータ量の制限なくネットを利用することが可能です。超過することもないので存分に通信を楽しむことができますよ。

 

b-mobile プリペイドSIM

従量制や高速定額のように契約せずにビジネスやちょっとしたタイミングでSIMを利用したいという方にはプリペイドSIMがおすすめです。

面倒な手続きやクレジットカードの必要もないので気楽に始められますよ。データ容量は5GBが用意されており、ガッツリと通信することができます。

  • 1ヶ月(30日):3,380円(税別)
  • 6ヶ月(180日):17,315円(税別)
  • 12ヶ月(360日):29,445円(税別)

プリペイドSIMは大手家電量販店などの店頭やネットショップなどで購入することが可能です。

また、SIMの種類は標準、マイクロ、ナノの3種類が用意されています。プリペイドSIMは基本的に30日間を利用月と定めており、この間に5GBのデータ量を使うことができます。

 

さらにプリペイドにも3種類が用意されており、1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月と期間が分かれています。

すべて30日間の間5GBを利用することができるので、利用する期間に合わせて購入してください。どのパターンも30日間以内に5GB使い切った場合は上り下りともに200kbpsの速度制限がかかりますよ。

  • b-mobile 5GB × 1ヶ月オンラインチャージ
  • b-mobile 5GB × 6ヶ月オンラインチャージ
  • b-mobile 5GB × 12ヶ月オンラインチャージ

そして万が一、プリペイドを使い切ってしまったとしても、利用中または利用期間終了後から10日以内にオンラインチャージすればチャージした分継続して利用できるようになっています。

 

イオン専用 b-mobile SIM

イオンと提携して発売していたb-mobileの格安SIMです。以前まではスマホ専用のプランがありましたが、現在は携帯電話専用のSIMカードのみの提供となっており格安スマホに使用することはできません。

もし、格安スマホで利用したい場合はおかわりSIMや高速定額などで契約しましょう。

 

b-mobile ゲームSIM

Pokemon GO専用のSIMとして日本通信が新たに提供してるのがゲームSIMです。

これまでのSIMとは違い用途がハッキリとしているSIMとなっています。プリペイドSIMのように一定のデータ量を使い切るとサービスが終了する形ですね。

  • 価格:1,500円(税別)(bマーケット価格)
  • データ容量:1GB
  • 利用期間:30日間
  • チャージ:500円(税別)/1GB
  • SIMサイズ:nano SIM,micro SIM

新しいタイプのSIMとして脚光を浴びたゲームSIM。こちらは人気のアプリ、Pokemon GO専用SIMとして提供されています。

基本的にPokemon GO以外を操作することはできないためSNSやインターネットも閲覧できません。そのため、子供に安心して遊ばせたい親御さんにおすすめのSIMではないでしょうか。

 

その他にもポケモンGOの専用SIMがあるので、少しだけ紹介しておきますね。

 

1ヶ月間の使いきりになっており、チャージをすることで継続して使うことが可能です。

利用中または利用終了後から10日以内なら500円で1GBチャージできます。販売店舗は大手家電量販店やネットショップなどで購入することができますよ。

 

僕がb-mobileがおすすめできない理由

仕事ができる男子 のコピー 2

ここまでb-mobileのSIMやプランをご紹介しましたが、ココからはb-mobileがおすすめできない理由についてご紹介します。ネット上でなぜバッシングを浴びているのか?

コチラでガッツリ理由を説明します!

 

とにかく通信速度の評判が悪い

b-mobileの最大の欠点は通信品質の悪さです。格安SIMにとって通信品質は非常に重要な点になります。遅い、繋がらない、制限がかかることはユーザーにとってストレスになりますからね。

特にb-mobileを契約する際に多くの人が高速定額プランに惹かれるかと思いますが、こちらのプランは評判が悪く、とても使えたものではないという意見が散見されます。

 

遅すぎます。最近特にひどくなってきており、インスタのムービーすら閲覧できず。フェイスブックもレスポンスが悪いです。動画を見る人はやめたほうがいいです。(Aさん)

 

おそい。とにかく遅い。LTEとは思えぬ速度だし、混んでる時間帯だと、3Gどころか電波が繋がないことも多々ある。(Bさん)

 

街の中でも速度はあらゆる時間帯を利用してみたが遅い。動画はカクカク。使うほどにストレスがたまります。メールの確認くらいだけならいいかも。1週間で解約しました。(Cさん)

引用:価格.com

 

通信品質の悪さについてのコメントが特に目立っていますよね。

特に動画の閲覧などは制限がかかることもあり、動画がカクついたりしてしまうようです。また、時間帯によっては繋がらないこともあり酷い内容となっています。

 

格安SIM業界ではこれまでデータ量定額のプランが多く登場してきました。最近ではキャリアスマホの代用として知名度が上がってきたため、主要MVNO会社で使い放題プランが登場するようになりました。

データ量を気にせずにネットを使い放題なので人気が高いです。もし、b-mobileの高速定額を利用するなら高い通信品質を誇るUQ mobileやU-mobileなどを契約するといいと思います。

 

ただ、今回の件に関しては私ども、格安SIMアドバイザーが実際に試して下した判断でない、ということを頭に入れておいてください。

数日後にはなりますが、b-mobileさんを契約して、実際に通信速度を測ってみたいと思うので、しばしお待ちください。

 

ちなみに、UQ mobileとU-mobileを比較してみました

 

[データ通信専用]

  • b-mobile SIM 高速定額(使い放題):月額 1,980円(税別)
  • UQ mobile データ無制限:月額 1,980円(税別)
  • U-mobile PREMIUM:月額 2,480円(税別)

 

[音声通話機能付き]

  • b-mobile SIM 高速定額 音声付(使い放題):月額基本料 2,780円(税別)
  • UQ mobile データ無制限:月額 2,680円(税別)
  • U-mobile PREMIUM:月額 2,980円(税別)

 

他者と比べるとほぼ同額か数百円足すだけで契約することが可能です。b-mobileの通信品質が気になるという方はこれらのMVNO会社も検討してみてはいかがでしょうか?

▶︎▶︎参考記事:UQ mobileの通信速度が速い?実際に試してみた

▶︎▶︎参考記事:U-mobile PREMIUMって?料金プランなどを紹介

 

取り扱い端末が少ない

通常MVNO会社の多くが端末とセットで格安SIMを販売しています。初心者のユーザーでも端末セットがあると選びやすく、バリエーションが多い楽天モバイルBIGLOBE  SIMは人気が高いです。

それに比べてb-mobileではVAIO Phoneのみしか取り扱っていません

 

VAIO Phoneのスペックなど色々

  • カラー 黒
  • サイズ 幅(W)×高さ(H)×厚さ(D) 約71.3 × 141.5 × 7.95mm
  • 重量 約130g
  • 連続通話時間/連続待ち受け時間 最大約800分 / 最大約500時間
  • バッテリー容量 2,500mAh
  • OS Android™ 5.0 Lollipop 32 bit
  • CPU 1.2GHz, クアッドコア
  • 内部ROM/内部RAM ROM16GB / RAM2GB

VAIO Phoneはパソコンで有名なブランド「VAIO」の名前が付いたスマホということもあり注目されましたが、実際は製造・販売を日本通信が行いデザインのみ「VAIO」が監修し、「VAIO」のスマホ版のような優れたスマホを期待した人は肩透かしを喰らいました

VAIO Phone自体はミドルクラスのAndroid端末といった仕上がりでスペックも普通です。その後、VAIO Phone BizというVAIO Phoneの上位版を発売し、こちらは「VAIO」がハードウェア設計から携わり高評価を得ています。

 

b-mobileではVAIO Phone専用のプランを用意し、セット販売のような形で発売していましたが、端末自体の不人気とb-mobileのプラン内容によってそこまで人気は高まりませんでした。

 

[以前あったVAIO Phone専用プラン内容]

  • 高速定額  音声付:月額基本料 1,980円(税別)
  • ライトプラン 音声付: 月額基本料  980円 (税別)
  • 初期手数料 3,000円(税別)
  • 端末代金:48,000円(税別) [bマーケット価格] / 分割払金 2,000円(税別)×24回

 

上記はb-mobileのVAIO Phone専用のプランです。以前はb-mobileが提供するbマーケットで購入できましたが、現在は休止状態にあります。

こちらの専用プランで契約したSIMは、VAIO Phoneのみでしか使用できません。

こういった制限も端末セットが売れなかった原因の一つだといえます。b-mobileは取り扱い端末を増やすことを優先的に行った方が今後のためになるでは?

 

ゲーム専用SIMも微妙

ここまでSIMの通信品質の悪さや端末セットの少なさなど、ユーザーからの不満が多いb-mobileですが、2016年8月10日にゲーム専用SIMの提供を開始しました

正直な話、多くの改善点と向き合ってからこうした提供を開始すべきだと思います。また、こちらのゲーム専用SIMもまた悪い点が目立ってしまっているため失望している方が多いはず・・。

 

ゲーム専用SIM自体はPokemon GO専用のSIMという触れ込みで、ネットやSNSなどが使えないという特徴がありますが、実際は使用することができてしまいます

お子様に買い与える際にはスマホ自体の設定で有害なコンテンツをブロックしなければいけません。

 

また、1GBで1,500円という料金の高さにも疑問を覚えますね。b-mobileの通常のプランが1GB 500円になっているので割高感が否めません。

使い切った後のチャージでは1GB 500円で増やすことが可能なんですが・・。Pokemon GOの人気に便乗したプランになってしまっていてb-mobileの良さがない点が非常に残念ですね。

 

まとめ:b-mobileの今後に期待

仕事ができる男子 のコピー 2

ここまでb-mobileの良い点・ダメな点を紹介してきました!格安SIM界の中でも古株で、知名度が上がる前から販売していた日本通信ですが、残念ながら選ぶ理由がないくらいに内容が酷いです。

多くのMVNO会社の中でも人気が低い理由が分かっていただけたと思います。これだけユーザーから不満が出ていながらも改善する見込みがないため、他のMVNO会社に流れている人も多いでしょうね。

 

その上、ゲーム専用SIMやイオン専用SIMなどライトユーザーをターゲットにしたSIMを提供しており、商売に走っている感じが否めない状況です。

b-mobileには質の高いプランや端末セットなどライトユーザーが満足する質の高いMVNO会社を目指して欲しいですね

ゲーム専用SIMなどすぐに形にして展開する勢いがあるなら、ユーザーが満足するように内容を改善して欲しい限りです。まぁ、なんにせよ今後のb-mobileに期待していきましょう。

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

いよいよ、毎年恒例の新型iPhoneの発売日が迫ってきています。

ついに本日9月8日、日本においても新しい端末iPhone 7そしてiPhone 7 Plusが発表されましたね。

 

どこがどう変わったのか気になっている人のために、この記事では今までの最新機種だったiPhone 6sとの違いを解説していきます。また、iPhone 7シリーズはどこで契約できるのかについても解説しますね。

今後どこで取り扱われるかも紹介しますので、格安SIMに乗り換える予定がある、あるいは既に格安SIMを利用している方もぜひご覧ください。

 

iPhone 7とiPhone 7 Plusの価格は?

仕事できない男子 のコピー 2

まずは、価格を解説します。いずれも税込み価格です。

  • iPhone 7(32GB)=78624円
  • iPhone 7(128GB)=90504円
  • iPhone 7(256GB)=102384円
  • iPhone 7 Plus(32GB)=92664円
  • iPhone 7 Plus(128GB)=104544円
  • iPhone 7 Plus(256GB)=116424円

ギリギリ7万円台から購入できるのが、iPhone 7の魅力でしょう。

 

iPhone 7シリーズの特徴は?

仕事できない男子 のコピー 2

16GB、64GBモデルがなくなった

ついにiPhoneから16GBモデルがなくなりました。代わりに32GBモデルが復活し、一番安い価格帯となっています。

iPhoneの場合、SDカードが使用できないために、16GBモデルによってできることが限られていました。32GBモデルが復活し、一番リーズナブルなモデルとなったことで、用途は広がりますね。

64GBモデルもなくなり、128GBモデルの上の256GBモデルが登場。iPhone 7は、今までよりも大容量のiPhoneです

 

イヤホンジャックが廃止された

本体のデザインは、ほとんど今までの「iPhone 6」シリーズと変わっていないiPhone 7。外見上の最大の違いは、イヤホン端子が無くなってしまったことでしょう。

イヤホン端子がないといえば、ガラケーの時代を彷彿とさせます。ガラケーの時代は、充電端子などをイヤホンジャックに変換するケーブルがありましたよね。

 

iPhone 7においても、Lightningケーブル端子をイヤホンジャックに変換するケーブルが用意されています。ちょっと面倒ですが、今までのイヤホンが使えるのは嬉しいポイントですね。

この変換ケーブルLightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタは、iPhone 7に付属するとのこと。ガラケー時代は別売りの場合がほとんどだったので、これは大助かりです。

 

さらに、Lightning端子に接続する専用のイヤホン「EarPods with Lightning Connector」も付属。これもまた太っ腹ですね。しかし、これらは実はAppleが想定するメインのイヤホンではありません。

Appleは、無線のイヤホンAirPodsを開発していました。

 

左右の耳片方ずつに装着する耳栓のようなイヤホンがあり、ケースに収めることで自動充電されるシステムです。

AirPodsは別売りで、10月発売予定。価格は税別で16800円とかなり高めですが、iPhone 7を購入するなら欠かせないアイテムとなるでしょう。

 

新しいカラー「ジェットブラック」の登場

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-20-58-20

参照:au公式サイト

新色として、光沢がある黒いジェットブラックが登場しました。iPhone 4時代を彷彿とさせるカラーリングで、これが欲しいと考える方は多いでしょう。

しかし注意点があります。それは、ジェットブラックは128GBモデルと256GBモデルにしか存在しないことです。32GBモデルがないため、必然的に高いモデルを買わなければいけないのはちょっと困りものですね。

 

ついに防水に対応した!

元々、iPhone 6sの時点で耐水性が高まったとは言われていましたが、ついにiPhone 7シリーズでは防水に対応しました。

風呂場など、温かいお湯がある場所での使用は想定されていないため、やや不安がありますが、防水に対応したおかげで使用できる場所が一気に増えますね。

 

カメラ性能が大幅アップ

カメラ性能が大幅アップしたことも特徴です。元々6sの時点でまったく通常利用には問題なかったカメラですが、今回はF1.8の明るいレンズが搭載され、さらにクオリティの高い写真が撮れるようになりました

1200万画素の高解像度な写真が撮れますので、この改善も嬉しいですね。ちなみにiPhone 7 Plusの場合は、カメラが背面に2つ搭載されています。

 

スピーカーがステレオに!

iPhoneは今まで、本体の下にモノラルスピーカーがあるのみでした。それでも高音質だったのは、間違いないでしょう。しかし、Androidはどんどんステレオスピーカーの端末を出していましたよね。

今回ついに、iPhone 7シリーズでは本体の上下にスピーカーが搭載され『ステレオ』となりました。iPad Proと同様ですね。

 

SuicaやiD、QuicPayなどに対応

Apple Payは、長い間日本でスルーされてきた機能。しかし、ついに今回、日本向けにカスタマイズされ、日本で販売される端末ならSuicaiDQuicPayクレジットカードに対応するとのこと。

これにより、iPhone 7シリーズがあればどこにでも(とは言い過ぎかもしれませんが)行けますし、買い物もできてしまいます。

サイフを忘れても、iPhone 7があればOK。これはかなり素晴らしい機能ではないでしょうか。ただし、日本以外で販売される端末ではSuicaなどを使えないので、海外版を購入する場合は注意してください。

 

バッテリーがパワーアップ

バッテリー性能が向上し、今までのiPhone 6sよりも2時間長くなりました。

バッテリーは長く持つに越したことがありませんよね。

 

新機能が多く、魅力的な最新端末

見た目があまり変わっていないために、乗り換える必要性を感じなかった方もいるかもしれませんが、中身はかなり変わっています!iPhone 7。

特にSuicaに対応したことは、都市部に住んでいる人にとってかなり嬉しいポイントですよね。

今まではケースにSuicaを入れておくなどの方法を使ってやり過ごしていたかもしれませんが、これからはカードを入れるスペースのないケースでも選び放題です。

 

iPhone 7はどこで販売される?

仕事できない男子 のコピー 2

キャリアでは、確実に購入可能

iPhoneと言えば、キャリアで購入する端末のイメージが強いですよね。もちろん、iPhone はdocomoauSoftBankの大手3社で販売されます。

しかし、キャリアに準ずる存在のY!mobileでは販売されないとみて良いでしょう。iPhone 5sが販売されていたり、同じ会社のソフトバンクでiPhone 7が販売されたりする関係上、Y!mobileで売る旨味がありませんから。

 

現時点でキャリアでの価格はまだ発表されていませんが、どこもだいたい同じような料金設定になることは間違いありません。少なくとも、SIMフリーモデルの定価よりも高くなるとは考えがたいです。

24回払いの場合、32GBモデルなら月3276円程度と想定されます。128GBモデルなら3771円。256GBモデルなら4266円程度となるでしょう。

 

以前ならここから大幅な値引きにより、実質0円などで購入することができましたが、今回はそれほど値引きは行われない可能性が高いです。

キャリアでのiPhone 7購入は、なかなか維持費がかさむことになるかもしれませんね。

 

MVNO(格安SIM)で、iPhone 7は販売される?

仕事できない男子 のコピー 2

もしもシークスなどで、iPhone 7は販売されるはず

キャリアの月額料金は高いため、iPhone 7が欲しいとはいえ格安SIMに移行したいと悩んでいる方も多いでしょう。

この点、格安SIMでiPhone 7が販売される可能性が大いにあります。100%とは言い切れませんが、どこかでは販売されるはずです。(つまり、月々のスマホ代を抑えてiPhonen7を持てる!)

 

以前にiPhoneが販売されたことがあるMVNOは、以下の通りです。

  • DMM mobile
  • もしもシークス
  • スマモバ

これらのMVNOは、以前に新古品や中古品のiPhoneを販売していた実績があります。そのため、iPhone 7も同様に販売する可能性が高いです。

とくにもしもシークスは、iPhone SEも取り扱っていたため確実に7も販売するとみて良いでしょう。これらの格安SIMの端末は、SIMフリーモデルであったりdocomoの中古品だったりします。

 

価格は概ね定価程度になることが考えられますので、MVNOでの一括購入を考えている方は、とりあえず定価分の金額を用意しておきましょう。

分割購入する場合は、手数料もかかり、キャリアより少し分割価格が高くなってしまうことが考えられますから。

 

DTI SIMのスマホレンタルオプションにも登場するはず

DTI SIMは、スマホレンタルというiPhoneをレンタルできるサービスを行っています。現在受付は一時停止となっていますが、これは間違いなくiPhone 7取り扱い開始の前触れでしょう。

月額3600円で、おそらく32GBのiPhone 7をレンタルできるようになると思われます。

 

Apple Storeでは、SIMフリーモデルが販売される

iPhoneをキャリアで購入したくない場合におすすめなのが、Apple StoreでのSIMフリーモデルの購入です。Apple Storeではローンで分割購入も可能です。

そして、購入価格はiPhone 7公式サイトの記載通りとなりますね。格安SIMでiPhoneを利用する場合は、SIMフリーモデルの購入が最もおすすめということです!

 

まとめ:SIMフリー×格安SIMが最もお得

仕事できない男子 のコピー 2

iPhone 7やiPhone 7 Plusの登場で、ついに日本でもApple Payが本格始動します。さらにイヤホンのパワーアップにより、音楽プレイヤーとしても強化されることが魅力的ですね。

防水やカメラ性能のアップもあり、かなり魅力的な仕上がりとなっています。

 

まずはキャリアで販売開始、やがては格安SIMの一部でも取り扱われることが考えられるiPhone 7シリーズ。キャリアでは端末の実質0円などが行えなくなった関係上、今回は割引があまり行われないかもしれません。

格安SIMとSIMフリーiPhoneの組み合わせが、これまでより魅力的な選択肢となることもあるでしょう。

 

1iSNSp1KRTLmWLE1460863555_1460863592

mineoさんが新たなキャンペーンを打ち出しました。結論から言うと、mineo程の高品質格安SIMがここまでのキャンペーンをやっているなら迷わず契約してください

まず間違いない無く”損”はしません!(しかし、注意点があるので必ず最後まで読んで契約してくださいね)

 

ちなみに、今回のこの0円キャンペーン(私が勝手につけた名前)は、9月1日〜10月31日までの予定となっていますので、なるべく早く契約に走ってください。

報告が遅れ過ぎたことを心からお詫び申し上げます。

 

mineoのお得過ぎるキャンペーン内容をチェック

 

今回のキャンペーン内容を紹介

スクリーンショット 2016-09-07 18.03.12

 

デカデカと”6ヵ月0円”と書かれています。ほら、これだけ見ても大分お得なんだろうなぁという事が伺えますよね。事実、めっちゃお得ですから安心してください

そして内容はすっごくシンプルで、当期間中(9/1~10/31)、mineoのデュアルタイプに契約した方を対象に、シングルタイプの1GB分相当の800円が半年間丸々割り引かれるというものです。

 

うおぉぉぉ〜!この期間を逃したら損ですよ。そこのお兄さん!

いやぁマジで私も欲しくなっています。当サイトNO.1おすすめ格安SIMがこんなにもお得な割引をしているのですから。この期間に契約しなくて「いつやるの?」って感じですよね。

 

注意が必要!広告を真に受けるな!

清純女子 のコピー 2

しかし今回のキャンペーン、ある事に気を付けないと勘違いして契約してしまう恐れがあります。これについては正直、mineoが悪いと思うので、格安SIMアドバイザーとして批判しておきましょう。

まず、mineoの上記広告に大きく載っている『0円』という文字ですが、これは実際に契約した際に半年間0円になると勘違いする方もおられるでしょうが、決してそうではありません

 

一番安い人でも1400円(デュアルタイプの500MB Aプラン)−800円の月々600円のお支払いは確実です。つまり、DTI SIMのような0円で契約できるキャンペーンではありません

▶︎▶︎参考記事:DTI SIMが凄まじいキャンペーンを打ち出した!半年間0円で契約できる?

 

では、このキャンペーンは一体どういった内容なのでしょうか。

まずこのキャンペーンの対象者ですが、デュアルタイプで契約する方限定となります。つまり、シングルタイプの方はキャンペーン対象外です。

これも広告内に「シングルタイプが・・」といった文言があるので、勘違いされやすいですね。しかし、これはデュアルタイプの方限定なんですよ。(大事なことなので2回言いました)

 

さらに「0円!」とか「シングルタイプが!」っていう文言について説明しましょうか。まず何度も言いますが、今回のキャンペーンはデュアルタイプで契約した方に対して、半年間、月々800円を割り引くというものです。

この800円というのが、まさにシングルタイプの1GBプランと全く同じ金額となります

つまり、広告にもチョロっと書かれていますが、シングルタイプの1GBプランと同等の金額を割り引きますよ!(でも対象はデュアルタイプのみね)ってことなのです。

 

なので、仮にシングルタイプの人も適用されるのであれば『0円』で契約できますね(実際はシングルタイプは適用除外だから関係ないけどね)って話。笑

わかりにく〜!

 

お得なのは間違いない!この機会を逃すな

清純女子 のコピー 2

当サイト、simediafreeではmineoについて様々な記事を書いてきました。比較的、ネガティブな記事が多い当サイトでポジティブなことが書かれることが多いmineoは確実によくできたSIMです。

少し技術的な記事が多いですが、上記記事から割とポジティブなことが多く書かれていることが分かりますよね。mineoはそれほど優秀ということですよ。

 

まぁ契約して損はしないと思いますし、逆にこの機会を過ごして11月以降に契約してしまえば、今回の半年間ずっと800円割引、計4800円の恩恵を受けることができません

もちろん解約月じゃないとか、様々な問題があると思いますが、今一度考えてみてください!(これが私からの最後の警告ですよ〜!笑)では。

 

mineoのお得過ぎるキャンペーン内容をチェック

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

インターリンクLTEの格安SIMは、まだまだ知名度が低いので聞いた事がない・・・と言う人も多いでしょう。

インターリンクLTE SIMは、NTTドコモの回線を利用したMVNOですので、使用できる端末はドコモ回線に対応したスマホとなります。

今現在、ドコモのスマホを使っている人であれば、そのまま乗り換える事が出来るので楽チンですよ。

 

そしてインターリンクLTEの最大の特徴は、何といっても固定IPアドレスが付いてくる点です。

詳しい事は後ほどお話しますが、固定IPアドレスが付いてくる格安SIMはほとんど無いので、必要な人には重宝する格安SIMとなりますよ。

 

インターリンクLTE SIMの料金プランやその他にかかる料金

ギャル女子 のコピー 2

まず料金プランですが、5つのプランがあります。

スクリーンショット 2016-09-07 16.01.50

  • SMS機能付きSIM・・・月額140円の追加で変更可能
  • 初期費用・・・3000円
  • プラン変更事務手数料・・・1500円(ただし変更は月に1回まで)
  • SIMカード再発行、サイズ変更手数料・・・1回につき3000円
  • 24時間速度制限解除クーポン・・・1枚500円(1か月の購入上限はありません)

基本の主な料金はこのようになります。

 

料金プランの128Kbpsで使い放題と言うのは、金額は安いですがその代わり通信速度が他のプランより遅くなります。(これは大分遅いよ!)

通信速度128KbpsというのはLINEやメールのやりとり、Twitterの更新、閲覧くらい(画像はダメ)であれば、まぁできなくもないですが、webサイトの閲覧や動画の視聴となると時間が掛かります。

常にWi-Fi環境が整っているのであれば、料金も安いので良いのですが、外出先などで使うという場合はあまりおすすめできません。

 

また、128Kbpsで使い放題プラン以外のプランには通信制限が設けられています。月に決められた通信量を超えるとそれ以降は200Kbpsに制限されてしまうのです。

また直近3日間の通信料が一定量を超えると、次の日の1:00~25:00までは200Kbpsに制限されます。

 

その基準とは・・。

  • 1GB/3GB→366MB使うと×
  • 7GB→1.2GB使うと×
  • 10GB→1.5GB使うと×

となっています。

3日間でこれらのデータ量を消費してしまうと、一時的に通信速度制限が掛かってしまいますので気を付けましょう。

 

では、次はインターリンクLTE SIMが行っているサービスを詳しく見ていきます。

 

初期費用がタダ(0円)になる場合がある!?

ギャル女子 のコピー 2

インターリンクLTEの格安SIMを初めて契約する場合、通常、初期費用が3000円発生します。

しかしこの初期費用がタダになる場合があると言うのです。

 

それはどのような場合かというと、インターリンクを10年以上契約している場合です。

対象となるのは以下のサービスとなります。

 

【インターネット接続サービス】

  • ZOOT NEXT for フレッツ光
  • ZOOT NEXT for フレッツADSL
  • ZOOT NEXT for フレッツISDN
  • ZOOT for フレッツ光
  • ZOOT for フレッツADSL
  • ZOOT for フレッツISDN
  • MOOTサービス
  • よくばりメール
  • モバイルアクセス
  • ダイヤルアップクラシック
  • インターリンクLTE SIM

 

【VPN接続サービス】

  • マイIP・マイIPソフトイーサ版
  • セカイVPN
  • グループ専用VPNサーバー

 

【DNSサービス】

  • おまかせDNS
  • インスタントDNS

 

【レンタルサーバーサービス】

  • えらべるメール&Web
  • マイサーバー1000
  • マイドメイン1000
  • ハウジング

 

【ドメイン取得サービス】

  • ゴンベエドメイン
  • ドメイン転送

 

【有料アプリケーションサービス】

  • Answer Station
  • 走れメロス 遺言メールサービス

 

インターリンクLTE SIMを新たに契約しようとお考えの方は、上記サービスの契約の有無と契約していた場合は、契約年数を調べてみましょう。

もしかしたら初期費用がタダになるかもしれませんよ!

 

インターリンクLTE SIMの最大の特徴!固定IPアドレス

ギャル女子 のコピー 2

冒頭でもお話ししたように、インターリンクLTEの格安SIMを契約すると、SIMカード1枚につき固定IPアドレスが1つサービスで付いてきます

 

そもそも固定IPアドレスって何?という方もいらっしゃると思うので、軽く説明しておきますね。

通常、スマホやパソコンなどでダイヤルアップ接続をする時は、その時に使用出来るアドレスを、その都度、自動的に割り当てられるようになっています。

しかし固定IPアドレスを持っていることで、毎回、同じアドレスによって接続する事が出来ちゃうのです。

 

え?まだ難しいって・・??

 

これで何が変わるのかと言うとね。外出先の他の機器からでもそのIPアドレスを使って接続することができるので、自分のパソコンやスマホに接続できるようになります

例えば、家のパソコンで作成したデータを会社のパソコンで見る事ができ、プレゼンの時なんかに役立ちますよね。

 

つまり、USBなどのデータ保存機器が無くても大丈夫ですし、保存し忘れやデータが消えてしまった等という心配もなくなります。

また仕事で使う場合は、社内ネットワークやサーバーへのセキュリティ面でも安心です。

 

とは言っても、このような機能は仕事で使う事が多く、実際のところ一般的な個人使用のスマホにはあまり必要ありません

固定IPアドレスが必要ないとなると、他の格安スマホより料金は高くなるので違う格安SIMにしときましょう。

 

高速データ通信のON/OFF切り替えが自分で出来る

ギャル女子 のコピー 2

インターリンクLTE SIMでは自分で高速データ通信のON/OFFを切り替えが出来るのも特徴ですね。

高速データ通信が必要のない時はOFFにして、必要になればONにすることで、データ通信量の節約に繋がります。

 

行い方は簡単で、『インターリンクマイメニュー』にログインして切り替えが可能です。

ただし128Kbpsで使い放題プランは、高速データ通信が設けられていないのでON/OFFの切り替えは対応していません。まぁ当たり前ですね。

 

注意して!音声通話機能付きプランはありません

ギャル女子 のコピー 2

料金プラン表を見ていただいてもわかるように、インターリンクLTE SIMには音声通話機能付きプランがありません。基本的にスマホを持っている人は、電話を掛けることがあると思います。

もちろんLINEなどのアプリを使えば電話を掛けることが出来ますが、通常の電話機能で掛けたくても掛けられないのです。電話の機能が無くなると困ると言う方は、こちらのSIMは使わない方が良いでしょう。

 

なので、どちらかと言うと「サブ端末にSIMを入れたい!」といった場合に使えるSIMだと思ってください。さすがにメインでコレを使うのはねぇ・・。

 

まとめ:固定IPアドレスは面白い

ギャル女子 のコピー 2

1枚のSIMカードにつき、1つの固定IPアドレスが付いてくるというインターリンクLTE SIM。

個人で通常用途でスマホを持つ目的であれば、固定IPアドレスはほとんど必要ありませんし、音声通話機能付きプランもないので、おすすめは出来ません

 

固定IPアドレスがいらないのであれば、このSIMはただのデータ通信専用のSIMという扱いになっちゃいますしww 他の格安SIMに比べると料金も高いので、やめときましょう

ただね、今のところ固定IPアドレスが付いてくる格安SIMは、この『インターリンクLTE SIM』だけなんです!その点はすっごく魅力的だと個人的に思いますね。

法人で契約したいという方など、どうですか?以上です。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

皆さんはSkyLinkMobileというMVNO会社を聞いたことがありますか?格安SIMがブームになったことで多くの会社がMVNOに参戦しましたが、その中のひとつがSkyLinkMobileという会社です。

シンプルなプランが魅力的で分かりやすいMVNO(格安SIM)なので、ぜひ格安SIM初心者の方におすすめしたいですね。

 

今回はSkyLinkMobileの魅力や実際のところどうなのか?(通信速度など)赤裸々に紹介していこうと思います

メジャーな格安SIMじゃなくても良いものを利用したいという方は、本記事でSkyLinkMobileの魅力を知ってみてくださいっ!

 

*本記事について*

今回のSkyLinkMobileは音声通話機能付きSIMが用意されていないので、比較する他の格安SIMプランも全てデータ通信専用SIMのプランとなっています。

音声通話機能付きSIMで比較していないので、注意してくださいね!

 

SkyLinkMobileとは?

ギャル女子 のコピー 2

SkyLinkMobile(スカイリンクモバイル)は、PCやスマホの周辺機器などを開発しているELECOMが提供している格安SIMです。SkyLinkMobileという名称よりもELECOMという名称を聞いたことがある人は多いでしょう。

正直、名称をELECOM SIMとかに変更した方がとっつきやすいですよね。笑

 

SkyLinkMobileは“ユーザーとユーザーをつなぐ”というコンセプトのもと立ち上げられました。

docomoの回線を利用しているMVNO会社でOCN モバイル ONE楽天モバイルなど多くのMVNO会社がdocomo回線を利用しています。

 

これから紹介するSkyLinkMobileは一言でいうと“シンプル過ぎる”MVNO会社です。

良い意味でも悪い意味でもシンプルなのでマイナーMVNOからの脱出は難しいかと思いますが、スマホ初心者の方にとっては複雑化したMVNO会社の中でも分かりやすいプランやサービスを用意しているので良いと思いますよ。

 

SkyLinkMobileの料金プラン

ギャル女子 のコピー 2

SkyLinkMobileには、利用頻度に分けて3つのコースが用意されています。すでに選択肢が3つなので選びやすいですよね。(選択肢が少ないとか言わないの!)

他のMVNO会社だと通信量が記載されていますが、SkyLinkMobileではあくまで利用用途によってコースが分かれています。どんなコースがあるのか見ていきましょう!

 

フリーデータコース

  • 料金:月額780円 (SMS付き:月額900円)
  • 通信量:無制限
  • 通信速度:300Kbps

まず、紹介したいのはフリーデータコースです。月額780円で通信量は無制限、通信速度は300Kbpsです。先に言っておくとコレがSkyLinkMobileで一番人気のコースです。

通信速度が300KbpsだとSNS、メールやWebの閲覧などが可能。動画視聴やダウンロードを行う場合は300Kbpsだとだいぶ厳しいので上位プランを選んだ方が賢明ですかね。

 

ちなみに、楽天モバイルのベーシックプランも月額525円で通信速度200Kbpsですが、SkyLinkMobileの方が若干手頃に契約できますよ。

通信速度200Kbpsというと普通の格安SIMの上限を超えた際にかかる低速通信状態と同じスピードです。

画像の多いサイトなどでは若干ストレスを感じるかもしれません。その点SkyLinkMobileのフリーデータコースなら通信速度300Kbpsなので若干気持ち速く体感できます。笑

 

そして注意点ですが、フリーデータコースは通信量無制限ですが規制がかかる場合があります。(どっちやねんw)

これはネットワークを一部の方が占領して回線が混雑しないように規制がかかるんですね。まぁ、他のMVNO会社でも行われていることなので許してあげましょう。

内容は3日間で450MB以上利用すると翌日に規制がかかり100Kbpsになってしまう場合があります。通信速度100Kbpsでは何もできないので使い過ぎには注意が必要ですね。

 

デイリーコース

  • 料金:月額980円 (SMS付き:月額1,100円)
  • 通信量:110MB/day
  • 通信速度:150Kbps

続いて、デイリーコースの紹介です。月額980円で通信量は1日110MBまで、通信速度は150Mbpsとなります。先ほどのフリーデータコースに比べると通信速度が大幅に上がっていますよね。

公式サイトではゲームアプリを中心に利用する方におすすめと記載されているのですが、1日110MBを超えてしまうと通信制限が発生し速度が150Mbpsから200Kbpsに落ちてしまいます

通信制限は翌日には解除されるので一か八かで遊びまくるのはアリですね。

 

一応ではありますが、デイリーコースの1日あたり「110MB」という通信量はある程度のゲームアプリのプレイや数十分の動画視聴などには耐えることができます。

しかし、長時間のプレイや視聴になると圧倒的に足りなくなるのでやめた方が無難です。それでも通常利用には全く問題ないですよ。

 

そして、デイリーコースの価格帯と似ている他の格安SIMプランが通信量1GBのプランです。例えば、DTI SIMでは1GBで月額600円。NifMoでは1GBで月額640円になっています。

こうなると割高感が否めませんが、上限を使い切ってしまった後、通信制限がかかることを考えるとデイリーコースの方が良さそうではありませんか?通信量1GBなんてすぐに使い切ってしまいますからね。

 

SkyLinkMobileのデイリーコースは価格的にお得だと思うのですが、実はOCN モバイル ONEの110MB/日コースは月額900円になっているのでコッチの方が得なんですよねww

SkyLinkMobileでないとダメな理由がないならOCN モバイル ONEの方が無難かもしれません。ごめん、SkyLinkMobile。

▶︎▶︎参考記事:OCNモバイルONEを使ってみたので通信速度などを暴く

 

マンスリーコース

  • 料金:月額1,510円 (SMS付き:月額1,630円)
  • 通信量: 4GB/month
  • 通信速度:150Mbps

最後に紹介するのはマンスリーコースです。月額1,510円で通信量は月に4GBまで、通信速度は150Mbpsです。

1日たっぷりと使いたい方におすすめのコースになっており、SkyLinkMobileの中では最も通信量が多いです。しかし月に4GB以上利用した場合は通信制限が発生して速度200Kbpsに制限されるので注意。

さらに、3日中に366MB超えてしまうと翌日のみ100Kbpsに通信速度が下がります。

 

マンスリーコースは月に4GB使えるので余程大きな通信量を使わなければ安定して利用が可能でしょう。

また余った通信量は翌月に繰り越せるので余っても安心。ここまでは、まぁ評価できますがマンスリーコースの最大の欠点は月額料金の高さにありますね。

 

例えば、DMM mobileのデータSIMプラン 5GBは月額1,270円。その他のOCN モバイル ONEや楽天モバイルも月5GBが月額1,450円で提供されています。

この点を考えると4GBで月額1,510円は高く感じるかもしれません。マンスリーコースならではの特典もないので他のMVNO会社を契約した方が得策です。

 

音声通話プランは用意されていない

ギャル女子 のコピー 2

ここまでプランの紹介を見てきた方は音声プランがないということに気づいたかもしれません。

SkyLinkMobileではデータSIMまたはSMS付きデータSIMしか用意されていないので、音声プランは契約できません。しかし、その代わりに“SkyLinkPhone”が用意されています。

 

SkyLinkPhoneを使おう

SkyLinkPhoneは簡単にいうとIP電話です。SkyLinkPhoneでは050から始まる電話番号が付加されます。IP電話といえばNifMOなどが有名ですよね。知ってますか?

ネットを利用した通話なので電話回線を利用いた通話に比べると劣る部分が多いですが料金が安いのが特徴です。また、SkyLinkPhoneでは050から始まる電話番号が付加されます。

  • フリーデータコース:月額1,080円
  • デイリーコース:月額1,280円
  • マンスリーコース:月額1,810円

各コースにSkyLinkPhoneをつけた場合プランの価格が変わります。このプランに月内に使った通話料がプラスされます。通話料はIP電話ということもあって通常のスマホの通話料に比べると比較的安く使用できます

  • 固定電話への通話:8.6円/3分
  • スマホ・ケータイへの通話:16.25円/1分
  • 国際電話:3円/1分
  • SkyLinkPhone同士:無料

SkyLinkPhoneでは通話相手によって料金が変わります。どの場合も通話料が安いのですが、IP電話なので環境によっては回線が安定しないことも多々あるので注意したいところです。

ちなみに、IP電話はネット回線なので当然データ通信が発生するのですが、20Kbps程度なので低速状態に入ったプランでも使用可能ですよ。

どうしてもSkyLinkMobileで電話を使いたいという人(いないだろうがww)は良いかもしれませんが、別途電話用の端末を用意した方が安定した電話ができるかもしれませんね。

 

スマホとのセット販売があるよ

ギャル女子 のコピー 2

SkyLinkMobileのSIMはdocomo回線なので対応している端末で利用できるほかセット販売も用意しています

正直SkyLinkMobileのセット販売には期待しない方が良いかもしれません。取り扱っている端末は1機種のみでfreetelのprioriという機種になります。

 

freetel priori

  • キャリア:SIMフリー(キャリア契約なし)
  • OS種類:Android 4.1
  • 画面サイズ:3.5インチ
  • 内蔵メモリ:ROM 512MB + 4GB
  • RAM 512MB
  • バッテリー容量:1500mAh

2014年8月2日に発売されたこちらの機種は高性能なスマホが発売されている現在ではスペックの低さにメインはおろかサブで使うのも難しいかもしれません。

本当に初めて格安スマホを使う方には良いかもしれませんが、それでも現行のエントリーモデルなどを別途購入することをおすすめしますね。

ちなみにSkyLinkMobileのSIMとfreetel prioriの端末セットは現在オンラインショップで取り扱っていないので端末を購入する必要がありますよ。

 

SkyLinkMobileのメリット

ギャル女子 のコピー 2

SkyLinkMobileのメリットは、初心者の方でも分かりやすいシンプルなプランです。他社ではプランやサービス、オプションが多く選びにくいですが、SkyLinkMobileは3つのプランと通話の付加のみでオプションもないです。

さらに、最低利用期間や解約手数料も発生しません。初期費用3,000円のみなので良心的です。

 

そしてSkyLinkMobileの最大のメリットは人気のフリーデータコースの存在です。

もし、SkyLinkMobileを契約するならフリーデータコースがいいでしょう!他社に比べて料金も変わらないので格安で楽しめますよ。

 

SkyLinkMobileのデメリット

ギャル女子 のコピー 2

マイナーなMVNO(格安SIM)ではどうしても価格競争に負けてしまいます。

デイリーコースやマンスリーコースもシンプルで選びやすいですが、他社に比べると割高感が否めません。最もおすすめできるフリーデータコースに関しても他社の方が同じ内容で安く契約できます

 

初心者でも分かりやすい料金体系なのは魅力的ですが、それにしてはスマホセットの質が悪いのが難点です。

初心者でも使えるスマホをセットで販売して欲しいところですね。また、提供しているELECOMの魅力が出ていないのももったいないです。

 

ELECOMのアクセサリーをセットに販売するなどいくらでも施策は考えられますが、格安SIM事業にはあまり力を入れていないのかもしれません。

まだまだ需要のある格安SIMなのでマイナーMVNOからの脱却を目指して欲しいですね。

 

まとめ:今後の展開に期待かな・・

ギャル女子 のコピー 2

ELECOMが提供しているMVNO(格安SIM)ということもあって、本来、SkyLinkMobileはもっと世間に名前が知られていていいはずです。

ただ、現段階ではレビューも少ないのでマイナーMVNOに成り下がっています。初心者におすすめですが、情報が少ないというは初心者からしたら不安要素でしょう。

 

今後、ELECOMを前面に出したキャンペーンや端末セットの発売など施策を行ってほしいですね。

SkyLinkMobileは良い点も悪い点もイマイチ出ていないのが残念であり、現代段階でSkyLinkMobilを選ぶべき要素は0と言っても過言ではありません

まぁ頑張ってください!その時は『良い格安SIMだ!』と宣伝しますから。

 

1iSNSp1KRTLmWLE1460863555_1460863592

格安SIMの最低維持費が最も安い0sim。なんと500MBまでは、0円で使用することができます

0simはso-netの格安SIMで、初めはデジモノステーションという雑誌の付録として登場しました。その後に一般受け付けも開始され、大反響を呼んだのです。

ですから、今後契約を検討している方も多いのではないでしょうか。

 

2016年8月より、0simは申し込みが「0がつく日」に限定されています。人気の高さ故に契約者に制限がかけられる程の人気ということですね。

しかし実際のところ、無料ということは安かろう悪かろうなのでは?と思った方もいるかもしれません。

 

そこで、デジモノステーションの付録になった段階で契約をしていた私が、0simの現時点における使用レビューを行っていきたいと思います。

契約しようか迷っている方は、まずレビューを読んでみてください。きっと、考えが固まりますよ。笑

 

「一言」で言って、速度は遅い!

清純女子 のコピー 2

まず、格安SIMの平均的な通信速度の推移を説明しておきましょう。

朝は下り4~8Mbps比較的快適、午前中は5~10Mbps台でかなり快適です。そして12時から14時にかけて速度が1Mbps程度に低下し、その後は午前中のように回復します。

 

午後17時頃を境に速度がまた1~2Mbps程度に低下し、22~23時頃にまた10Mbps程度に回復。深夜は20Mbps程度にまで上がっていくのが、一般的な格安SIMなのです。

なぜ、このことを説明したかというと、0simではこの常識が通用しないからです。

 

朝10時台という、格安SIMにおいてはかなり通信速度が出る時間帯にスピードテストをした結果をご覧ください。

なお、使用した端末はiPhone SEです。

 

IMG_3545

 

どうでしょうか。まさかの下り0.63Mbpsです。私は格安SIMを今まで色々使ってきましたが、回線が空いている時間帯にここまで低速な格安SIMは、見たことがありません。

0simを使用している人の多くは、後でその理由について詳しく説明しますが、2台目のタブレットやほとんど使わないスマホなど、普段そこまで通信をしない人が多いことが予測されます。

 

それなのにこの数値ということは、よほど回線にいる人数が多いか、人数はどんどん増えているのに設備増強を全く行っていないことが考えられますね。

アップロードスピードはそこそこ速いですが、無料であることを踏まえて考えても、下りがせめて1~2Mbps程度は出てもらわないと、日常における利用は困難です。

 

混雑時の速度はありえない遅さ

清純女子 のコピー 2

通常時に0.63Mbpsという低速状態になってしまっている0sim。それでは、お昼の格安SIMが混雑しやすい時間帯ではどうなのかが気になりますよね。

こちらが、結果になります。

 

IMG_3550

 

ちょwww 下り0.06Mbpsという、驚異的な低速となっていました。笑

実際にこの状況でブラウザを閲覧してみましたが、画像が3枚程度のサイトの場合、文字データは10秒程度で読み込まれたものの、画像1枚に30秒近い読み込み時間がかかり、読み込み自体が不可能な画像もありました。

 

Googleで調べ物をしても、少し表示される画像検索の候補の読み込みにかなり長い時間がかかっています。

数値の割には読み込みが速いようにも思えましたが、基本的にメインの格安SIMとしては使えないのは間違いありません。

 

0simの料金設定は、1GB程度までは安い

清純女子 のコピー 2

0simは、月額料金が0円から始まる格安SIM。エキサイトモバイルのように従量課金制であるため、この激安な最低維持費が採用できています。

500MBまでは無料、そこからは100MBごとに100円ずつ料金が上がっていき、2GBまで到達すれば、後は5GBまで料金が1600円に固定されます。

 

なお、これはあくまでデータ通信専用プランの場合です。

SMS SIMなら500MBまで150円、音声通話SIMなら700円と設定されており、そこから100円ずつ上がることになります。

 

つまり、データ通信専用SIMの場合であれば1GBの時点で月額料金が500円となりますよね。これはDMM mobileの1GBプラン(480円)と大差のない価格設定なので十分お得と言えます。

しかし、1GB以上利用するとなると割高になるので注意!

 

2GBまで到達すれば5GBまでは一定なので、使い切れば、まぁ若干高い程度に収まりますが、そこまで使わないという方は1GBを超えないようにしなくてはなりません。

 

ちなみにDMM mobileの5GBプランは1210円です。

0simで5GBを使った場合と比べると400円近い料金の差が生まれることがわかりますね。まぁ、それでも最低維持費が0円であることを考えれば、納得の範囲内には収まっているのではないでしょうか。

 

とはいえ、先程述べたとおり0simは低速どころの通信速度ではありません。

日常における利用は、困難です。それを踏まえて考えると、いくら初期費用が0円とはいっても安物買いの銭失いにも思えてしまいます・・。

 

自動解約のシステムがあるので注意が必要

清純女子 のコピー 2

0simの厳しいポイントは、通信速度以外にもあります。それは強制的な自動解約と違約金のシステムです。

3ヶ月間0simを使わなかった場合、0simは自動で解約となります。そして、解約になってしまったらSIMカードを返却しなければなりません。(この返却システム自体は格安SIMであれば普通)

 

返却しなければ、3000円の違約金が発生するのです。これはまぁまぁ大きな金額ですよね。

もっとも最低維持費0円というプランですので、このくらいのデメリットはなければ『おかしい』と言えば『おかしい』ものですが・・。

 

つまり0simは常時端末に入れておき、ほとんど使わない場合でも、たまに通信を行うように注意してください

私とかがそうですが、こういった煩わしさが嫌だという人は、ハナから0simの契約止めておいた方が無難ですよ。

 

0simの使い道はあるのか?

清純女子 のコピー 2

通信速度がここまで遅いのでは、契約する意味がないのではないかと考える方も多いでしょう。

私も普通にそう思っていました・・。

 

しかしね、そんな中でも0simの使い道を発見しちゃったのです。私天才!笑

それは、自宅をメインに使用しているSIMフリータブレットに入れておくことです。

 

docomo回線の0simは、多くのSIMフリータブレットで使用できます。

購入したSIMフリータブレットでほとんどLTE通信はしないけれど、稀に外に持ち出すことがある場合は、0simなら維持費が0円ですので、全く使わなかった月があってもお金がかかりません。

 

定期的に一度LTEにして少し通信することさえ忘れなければ、0simを、もしものための予備通信端末として使えますよね。これがベストでは?

それか、このようなサブの用途以外ならば、外でブラウザを見ず、動画や音楽も利用しない人におすすめですかね・・。

 

例えば外ではLINEやメールしか使わないのであれば、通信量がわずかなので、低速である0simでも問題なくメッセージのやりとりをすることができます

DMM mobileのライトプランなど、低速回線しか使えない安価なプランでも同様のことができますが、0simなら500MBまでは0円から持つことができますので、よりお得でしょう。

ほぼ文字データのみであれば、1ヶ月に500MB使うことは想像できませんからね。

 

まとめ:0simはスゴく速度が遅い!でも使い道はある

清純女子 のコピー 2

0simの速度は、格安SIMの中でも飛び抜けて低速です。日常において利用したい場合、契約するとあまりの遅さに後悔してしまうかもしれません。っていうか引くレベル。

しかし、使い方を事前に決めておく(上記のような使い方)ことで0simの使い道を見出すことができるでしょう。

 

通信速度が遅いことや自動解約のデメリットを理解した上で契約するのであれば、他社よりも圧倒的に安い0円からSIMカードを持てるので、おすすめはできます。

500MBまで0円という価格設定は、FREETEL SIMの299円などをも圧倒していますからね。

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

2016年の春頃に発表され、多くの人に待望されてきたあの「LINEモバイル」。SNSの最大手であるLINEが運営する、docomo回線の格安SIMです。

ついに料金プランやサービスの概要についても発表されました。そこで早速、LINEモバイルはどんな格安SIMであるのかを、他社との比較を交えつつ紹介していきたいと思います。

 

はたして本当にメリットがあるのか、ぜひこの記事を読みながら考えてみてはいかがでしょうか。

ちなみに本記事では、他社の格安SIMの場合でもLINEは必ず使う前提で説明を行っています。LINEモバイルが候補に入るということは、LINEを利用するということであるためです。

 

LINEモバイルは、LINEが使い放題

若い新米男子 のコピー 2

LINEモバイルの最大の特徴は、どのプランを選んでもLINEが使い放題になることです。

まずは、プランの詳細を確認していきましょう。

 

スクリーンショット 2016-09-05 21.47.54

 

LINEフリープラン

LINEフリープランでは、LINEの通信量が加算されません(カウントフリー)。料金設定は、データSIMなら1GBで500円と、格安SIMの中でも比較的安めに設定されています。

1GBプランの月額料金が安いDMM mobileの場合は、データSIMが1GB480円。LINEが使い放題であることを考えると、20円の差は問題ないでしょう。

▶︎▶︎参考記事:業界最安値である『DMM mobile』を要チェックだ!

 

コミュニケーションフリープラン

3、5、7、10GBのプランが展開されるコミュニケーションフリープランは、LINE以外にFacebookTwitterがカウントフリーになります。

TwitterやFacebookは画像の読み込みでそこそこ通信量を消費することがありますので、通信量が加算されないのは便利ですね。

 

その他の特徴としては、データプランが選べないことが挙げられます。

もしもスマホをガラケーとの二台持ちにする場合は、SMSはガラケーで行えば良いので、データSIMを選ぶことで余計な出費を抑えられます。しかし、コミュニケーションフリープランではそれができないので、やや不便ですね。

また、1GBのコミュニケーションフリープランがないのも残念です。

 

LINEモバイルを契約するメリット

若い新米男子 のコピー 2

LINEモバイルは、LINEの年齢認証が回避できる

料金的には、LINEフリープランがDMM mobileより若干高かったり、コミュニケーションフリープランはデータプランが選べなかったりとズバ抜けてお得とまでは言えないLINEモバイル。

しかしそれでも十分安いので、これだけでも契約する候補には入ってくるでしょう。

 

そして、LINEモバイルの独自のサービスはカウントフリーだけではありません。LINEモバイルでは、年齢認証を回避できます

格安SIMでLINEを利用する場合、長い間欠点とされてきたのが「年齢認証ができず、ID検索が行えない」こと。これは年齢認証をキャリアのシステムで行っていたためです。

 

QRコードなどで友達を追加することはできましたが、ID検索で気軽に登録できないのは不便でした。

しかし、LINEモバイルを契約する場合は年齢認証を行うことができます。そのため、ID検索ができるようになるんです。

 

さらに、通常はSMSが受信できる環境がなければLINEに登録できませんでしたが、LINEモバイルならデータSIM(LINEフリープラン)でもLINEに登録することができるようになります。

LINEを利用するための環境が整っているのが、LINEモバイルのメリットです。

 

ただし、これは言い換えればLINEモバイル以外のユーザーは今後も不便なままの可能性が高いということ。ちょっと残念ですね。

 

速度制限にかかってもカウントフリーのアプリは高速通信

LINEモバイルの場合、速度制限にかかっても、カウントフリーであるLINEやTwitter、Facebookは高速通信を行うことができます。

元々それほど速度が必要にならないサービスですが、これは嬉しいポイントですね。

 

LINEモバイルでは友だちにパケットをプレゼントできる

周りの友人もLINEモバイルを使っている場合、パケットをプレゼントすることができます。

特に学生の方は、嬉しいのではないでしょうか。

 

LINE Payで支払える

LINEの決済サービスであるLINE Pay。クレジットカード払いだけでなく、LINE Payでの支払いもできるのがLINEモバイルのメリットです。

あらかじめ残高を入れておけば、そこから引き落とされるということですね。

なお、無料で発行できるLINE Payカードでも支払いを行うことができます。つまり、クレジットカードがなくてもLINEモバイルは契約可能です!

 

他社のプランと比較してどうなのか?

若い新米男子 のコピー 2

ここからは、LINEモバイルの契約を検討するにあたって、チェックしておくべき格安SIMをいくつか紹介、比較していきたいと思います。(ガチの比較です!)

 

FREETEL SIMと比較

LINEモバイルはLINEやTwitterなどをカウントフリーで使用できることを大々的に押し出していますが、実はこのような機能を、既にもう実装している格安SIMがあります。

それは、FREETEL SIMです。

 

FREETEL SIMでは

  • LINE
  • WhatsApp
  • WeChat

これらのメッセンジャーアプリが使い放題です。

そして、データSIMの1GBプランは499円。これは定額プランでも、使った分だけ安心プラン(従量課金プラン)でも同様です。

 

LINEフリープランと比較すると、ほぼ同条件で1円だけFREETEL SIMの方が安いですね。LINEフリープランに比べて2つもカウントフリーのアプリが多いので、一見FREETEL SIMの方がお得に見えます。

しかし正直なところ日本でWhatsAppやWeChatを使っている人はほとんどいませんよね。そのため、あまりこの点は関係ないと考えて良いでしょう。

 

FREETEL SIMの定額プランや使った分だけ安心プランでなく、LINEフリープランを選ぶメリットは、やはり年齢認証やデータSIMでも登録が行える点です。

FREETEL SIMの場合、そのままではLINEの登録ができません。

ガラケーなど、他のSMSが受信可能な端末を持っている人は、FREETEL SIMも候補としてはアリです。しかし、他にない場合はLINEモバイルの方がなにかと便利ですね。

 

低速通信が無制限の格安SIM

LINEモバイルでカウントフリーにできるLINEやTwitter、Facebookなどの文字主体のアプリは、画像を頻繁に受信/送信しない限りは、低速回線でも十分に利用できます。

そこで候補として考えられるのは、低速通信が無制限の格安SIMです。

これらが、主に候補として挙げられますね。

LINEモバイルを選ぶメリットとしては、LINEモバイルの場合は速度の切り替えのような煩わしい作業が必要ないことが挙げられます。

 

ちょっとした操作とはいえ、速度の切り替えは手間です。また、LINEを使う場合SMS SIMを契約する必要があり、いずれもそれほど月額料金が変わりません。

LINEモバイルなら年齢認証もできますので、やはりどちらかというと、低速通信が無制限の格安SIMよりもLINEモバイルの方が優位でしょうか。

 

LINEモバイルのデメリットは?

若い新米男子 のコピー 2

最後に、LINEモバイルを契約するデメリットについて考えてみましょう。

実は、けっこう大きなデメリットが2つあります。

 

LINEモバイルでは、低速回線が使用できない

LINEモバイルではなんと、高速回線から低速回線に切り替えることができません

IIJmioやmineo、OCNモバイルONEなど、多くの格安SIMは低速回線に切り替えることで通信量を節約できますが、LINEモバイルではできないということですね。

 

カウントフリーのサービスがある代わりに、ブラウザなどで通信量を節約することはできないのがLINEモバイルです。

つまり、1GBのLINEフリープランなどを選ぶ場合はかなり気をつけて通信を行わなければ、すぐに通信量を使い切ってしまいます。これは大きなデメリットですね。

 

音声通話プランの最低利用期間は1年

音声通話プランを選ぶ場合、最低利用期間は1年です。格安SIMの中ではやや長めですね。そして、違約金は9800円になります。こちらも結構高めです。

データSIMやSMS SIMなら問題ありませんが、音声通話プランを新規契約したり、他社から乗り換えたりする場合は注意しましょう。

 

まとめ:LINEユーザーにはもちろん良い

若い新米男子 のコピー 2

LINEモバイルは、年齢認証やデータSIMでの登録が行えるなど、LINEユーザーにおすすめできる格安SIMです。

ただし、問題は通信速度ですよね。これから始まる格安SIMであるLINEモバイルですが、ユーザーはこれまでに登場した他の格安SIMと比較しても、かなり多くなる可能性があります。

天下のLINEですので、これはほぼ間違いないでしょう。

 

つまり、初めは速かったとしても速度がどんどん落ちていくことは確実。

そこからどれだけ持ち直していけるのかが、LINEモバイルの注目すべきポイントになるでしょう。今後のLINEモバイルの動きをチェックしていきたいところです。

契約を検討している方は、ためらわずにすぐに契約してしまうのも良いですし、様子見でも良いでしょう。いつでも解約できるデータSIMやSMS SIMならば、まずは契約してみるのがいいかもしれませんね。

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

キャリアでは、何も設定しなくてもかけ放題が利用できます。しかし、格安SIMの場合、基本的に「かけ放題」がない状態で契約することになりますよね。

そのため、キャリアと同じ感覚で通話をすると膨大な月額料金が請求され、全然格安じゃないじゃん!と思ってしまうことになるかもしれません。

 

しかし格安SIMであっても通話料金を抑える方法がたくさんあるのです。

そこで、この記事では格安SIMの通話料金を抑えられるオプションを紹介、そして比較し、どれがおすすめかをチェックしていきます。

よく通話をするので格安SIMに乗り換えるのを躊躇している方はぜひご覧ください。

 

格安SIMには『かけ放題オプション』がある場合がある

仕事ができる男子 のコピー 2

docomoやauなどのキャリアでは、スマホを契約するとかけ放題が自動で適用されます。

そして近年では、5分以内の通話に限ってかけ放題となる代わりに月額料金が安い「カケホーダイライト」などのサービスも登場しました。

格安SIMには、完全なかけ放題があるものと、5分以内のかけ放題オプションがあるもの、そして一定時間分の通話料金が定額になる「通話定額」オプションがあるものの3種類が存在します。

 

Y!mobileでは、完全なかけ放題が利用できるけど高い!

Y!mobileでは、「スーパーだれとでも定額」を契約することで、キャリアと同じかけ放題を利用することができます。月額料金は1000円です。

ただし最も安く、通信量が1GBに設定されているプランSの場合でも、月額2980円にスーパーだれとでも定額1000円が加わり合計3980円。あまり安いとは言いがたい価格になってしまうのが難点です。

 

キャリアの場合、1GBプランに5分かけ放題オプションを適用して5000円程度になりますよね。それを踏まえて考えれば安いのですが、「格安」SIMとしては、料金はやはりいまいち高いといわざるを得ないでしょう。

なお、Y!mobileはスーパーだれとでも定額を契約しなくても10分以内の通話が300回まで無料です

さらに、docomoやau、Softbankと同じく、プレフィックス番号を使用していません。かけ放題オプションを利用する場合でも、専用アプリを経由して通話をする必要がなく、安定した高品質な通話が可能です。

 

またプレフィックス番号を使用しないので、格安SIMなどのかけ放題サービスとは違い、110番や119番などにも繋がるので緊急時に役立ちます。

使い方によってはお得な格安SIMにもなり得るということを覚えておきましょう。

▶︎▶︎参考記事:Y!mobileについてもっと知りたい!という人はコチラ

 

楽天モバイル等では、5分かけ放題オプションが利用できる

スクリーンショット 2016-09-05 19.03.03

楽天モバイル、DTI SIM、OCNモバイルONEでは、5分以内の通話がかけ放題になるオプションが契約できます。さらに、IIJmioやFREETEL SIMでは独自のかけ放題オプションが展開されています。

5分かけ放題系のオプションの中で最も価格が安いのは、DTI SIMですね。

DTI SIMはこの中で唯一、Y!mobileと同様にプレフィックス番号を使用していません。専用アプリを経由せずに、直接ドコモ回線を利用した高品質な通話ができ、110番や119番などにも繋がります。

▶︎▶︎参考記事:DTI SIMってどんなの?基本情報をまとめました!

 

1分間かけ放題のFREETEL SIMのサービス(FREETELでんわ)は、料金的には399円と一番安いですが、1分間の時間設定ではすぐにオーバーしてしまいかねないので、あまりおすすめはできません。

 

それに比べてIIJmioの場合、3分間かけ放題に加えて家族との通話が10分までかけ放題の「だれとでも3分&家族と10分」が600円で利用できますが、これはかなり魅力的です。

お店や会社への問い合わせをする場合、3分に収まることも多いですよね。友人などに連絡する際も、1分では足りないけれど3分あれば十分必要事項について確認、連絡ができます。

 

そして家族との通話は長くなりがちな場合でも、10分まではかけ放題ですので、通話料金が大幅に抑えられます。

「誰とでも5分&家族と30分」は、料金設定が楽天モバイルなどよりも安いうえに家族とは30分話せます。学生の方などはコチラを選びましょう。

▶︎▶︎参考記事:IIjmioって本当にお得?実際に使ってみた感想を紹介

 

mineo等では、通話定額オプションが利用可能

スクリーンショット 2016-09-05 19.08.30

mineoやBIGLOBE SIMでは、通話時間に合わせて料金が定額になります。

mineoの通話定額30はあまり料金的に安いとは言いがたいですね。なにしろ30分だけしか通話できないのに、月額840円というのは厳しいです。

わざわざ定額に申し込むほど通話をするのであれば、すぐにオーバーしてしまいそうです。

▶︎▶︎参考記事:mineoの通信速度を実際に体感してみた!本当に快適なの?

 

BIGLOBE SIMの通話パック60は650円で60分通話できますので、mineoより1000円以上お得です。

価格だけ見ればBIGLOBE SIMに軍配が上がりますが、通話定額オプションの場合、mineoもDTI SIMと同様、プレフィックス番号を使用していないというメリットがあります。

専用アプリが必要なく、安定した通話品質と利便性を兼ね備えていますので、価格を考慮しなければmineoの方がおすすめです。

 

ただし通話定額60のを契約するとかなり高額になりますので、そこまでするならば、さらに通信品質のよいY!mobileと契約してもいいかもしれません。

 

通話料金が半額になる格安SIMがある

仕事ができる男子 のコピー 2

格安SIMには、アプリを通して通話することで通話料金が半額になるものがあります。以下の表はその一例です。

スクリーンショット 2016-09-05 19.11.59

通話料金が30秒10円になりますので、通話料金をキャリアや他の格安SIMより安く抑えることができますね。

通話を自分からする機会がある方は、通話料金が半額にできるシステムを用意している格安SIMを契約しておいた方がお得です。

30秒20円と30秒10円では、単純にかかるお金が倍違いますので、月額料金が数百円安い方を選んでいたとしても、通話料金が倍かかると逆転してしまうでしょう。

 

IP電話と提携している格安SIMがある

仕事ができる男子 のコピー 2

通話料金を抑えるシステムといえばかけ放題ですが、この他にも通話料金を安くすることができる方法があります。

それが『IP電話』です。

 

IP電話は通常のデータ通信を利用して通話を行うシステムですが、ちゃんと携帯電話や固定電話の番号に発信することができます。つまり、普通の電話と同じように使えるということですね。

ただし、通話品質は通常の音声通話に劣っています。音があまり良くなく、遅延も発生する場合があるので、重要な電話は普通の音声通話にしておいた方が良いでしょう。

 

さて、IP電話をセットで契約すると、IP電話の基本料金が安くなる格安SIMがあります。

スクリーンショット 2016-09-05 19.14.43

OCNモバイルONEの場合、音声通話SIMなら050 plusが月額0円で使えます。

ちなみに、IP電話はデータSIMでも利用できますので、音声通話はほとんど利用しないのでできる限り月額料金を抑えたい方はデータSIMで契約した方がいいですね。

データSIMでも電話番号を持てるという点も、IP電話のメリットです。

 

通話アプリなら、どの格安SIMでも使える

仕事ができる男子 のコピー 2

通話ができるアプリがあります。同じアプリ同士なら通話料が無料になりますし、どの格安SIMでも使えるので、とても便利です。

  • Skype
  • LINE
  • Viber

これらのアプリを使えば、自分の電話番号は持てないものの無料で通話が可能です。学生や家族の場合、みんなで同じアプリをインストールすることで0円通話ができちゃいます。

長電話でも通話料がかかりませんので、データ通信量だけを気にすればオッケーです。

 

まとめ:格安SIMでも通話オプションで何とかなる

仕事ができる男子 のコピー 2

格安SIMの通話関連オプションには色々なものがあります。通話料金はできる限り抑えたいものですよね。

通話量が多い方はかけ放題オプションや通定額オプション、通話する頻度が少ない方、長電話をする方はIP電話や通話系アプリがいいしょう。

 

ただし音声遅延などのない、安定した通話品質や利便性を求める方はプレフィックス番号を使用していない、DTI SIMやmineo、Y!mobileなどのかけ放題サービスを選択しましょう。

多少価格は高くなりますが、それでもdocomoやau、SoftBankよりも安くなります。通話料金を少なくして、より安くスマホを運用していきましょう。

 

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

あの楽天がサービスを提供している、楽天モバイル。格安SIMの中でもテレビCMがバンバン流れているため、知っている方が多いのではないでしょうか。

楽天モバイルは、よく「スピードテストの結果が速い」と評判になっている格安SIMです。

 

しかし、その一方で「本当はスピードテストの結果のような通信速度は出ていないのではないか」という噂も流れています。この噂を聞いて、本当に契約して良いものか悩んでいる方もいるかもしれませんね。

そこで今回は私が実際に人柱となり、楽天モバイルのデータSIM3.1GBプランを利用してみました。正直な感想を、皆さんにお伝えしたいと思います。ぜひご覧ください。

 

楽天モバイルの高速通信プランを実際に契約

若い新米男子 のコピー 2

今回SIMカードを入れて通信を行った端末は、docomo製のモバイルルーターL-04Dです。

 

ファイル_000 (1)

 

この端末に、microSIMサイズの楽天モバイルのSIMカードを入れて通信を行いました。

 

午前中はそこそこ快適だった

まず早朝、しばらく楽天モバイルのSIMカードで通信を行った感想は「そこそこ快適である」ということです。

これは多くの格安SIMと同様であり、楽天モバイルも他社と比べてずば抜けて!というほどではないものの、違和感なく通信を行うことができました。

午前中は同じくらいのスピードで通信ができていたのですが…問題は、お昼です。

 

スピードテスト詐欺は、確かにあるらしい

まずはここで、スピードテストの結果を見てみたいと思います。

 

IMG_3419

IMG_3420

 

こちらがスピードテストの結果です。DMM mobileIIJmioOCNモバイルONEなど、多くの格安SIMはお昼時に速度が低下します。

しかし楽天モバイルでは、スピードテストにおいて12時台でも平然と10Mbps以上の速度が出るという報告が、ネットにはたくさん挙がっているのです。

 

まず言えることは、私の場合はお昼時に「一応」通信速度が下がっているということですね。

一応下がっているとは言え、他社は1Mbps前後になっていることがほとんどである中、2Mbps以上の速度が普通に出ています。

 

しかし実際のところですよ。12時に入った直後の「下り17.34Mbps」が出ている段階で、明らかに通信速度は低下していました。

画像の多いサイトをたまたま読み込んだのですが、読み込みには数十秒かかっています。文字だけが先に表示され、なかなか画像は表示されません。

楽天モバイルが大体他社のお昼時と同じくらい速度が低下していたのは間違いないはずです。

 

ここで以前契約したDMM mobileのSIMを試しに使って通信してみたのですが、こちらと比べてもやや楽天モバイルが遅く感じられる様子でした。

つまりこのスピードテストと実際に使用した結果から伺えることは、楽天モバイルのスピードテスト詐欺はどうやらマジなのではないか?ということです。

下り10Mbps前後出ている午後の時間帯についても、正直なところ体感通信速度には普通の格安SIMと明確な差は感じられませんでした。

 

スピードテストの結果が速ければその格安SIMは大丈夫というイメージは、楽天モバイルでは通用していません。

 

あくまで体感通信速度の話ですので、実際のところは定かではありませんが、少なくとも速度を求めている場合、わざわざ楽天モバイルを選ぶメリットはあまり感じられないのが正直な感想です。

14時頃に楽天モバイルに接続した状態でアプリをアップデートしたのですが、3MBのデータをダウンロードするのになんと3分程度かかりましたよ・・。

 

夜の速度低下は昼より厳しく、ダウンロードは使えないに等しい

さらに、18時台にスピードテスト的には下り10Mbps出ていた状態で3.4MBの楽天モバイルのアプリをダウンロードした際も、まずダウンロードできる画面にたどり着くまでに1分程度。

またアプリのダウンロード終了までに10分程度かかっています。検索結果の画像表示もかなり遅く、なかなか読み込まれませんでした。

 

IMG_3425

 

3.4MBに10分。ここまでダウンロード速度が遅いのに下り10Mbpsは絶対に出ていないでしょう。これは…かなり厳しいです。

他の格安SIMで容量を使い切って速度制限がかかった状態と同じか、それよりも遅いのではないでしょうか。

 

低速回線で実際に同程度の容量のアプリをダウンロードしてみると…

この記事を書きながら実際に、低速回線(下り200kbps)に切り替えてから3MB程度のアプリをダウンロードしてみると、1分程度でダウンロードできました。

 

IMG_3430

 

ちなみに、ダウンロードしてみたのはこちらのアプリです。

低速回線の方が高速回線よりも速い時間帯があるのは謎です。

 

楽天モバイルでのSIMカードの契約はおすすめできない

楽天モバイルはたくさんの端末を販売しています。端末がセールになることも多いので、契約を検討したことがある方は多いでしょう。

しかし私から言えることは、少なくとも2016年秋の現時点で契約をすることは、やめておいた方がいいということです。

 

スピードテストでは高速なのに実際は明らかに遅い状況は、スピードテストで遅い結果が普通に出ているよりもキツいですよね。

楽天モバイルで端末を購入したいのであれば、もちろんSIMカードを契約しなければいけません。しかし、今回の使用結果を踏まえて考えると、あまりSIMカードの利用はおすすめできないのも事実

 

ですので、とりあえず端末購入の際はデータSIMを契約しすぐに解約してしまうのがベストです。

解約は電話でしか行えないのがいささか面倒ですが、無理に音声通話SIMを契約してずっと利用するのは、ちょっと難しいのではないでしょうか。

セール期間によっては音声通話SIMでしか割引が行われないことがありますが、その期間に契約するのはやめておくことを推奨します。

 

しかし、楽天モバイルのアプリはシンプルで見やすい

話題は変わりますが、楽天モバイル悪いところばかりではなくアプリはなかなか見やすいです。

 

IMG_3426

 

派手な装飾がなく、必要最低限の情報がまとめられていて、残りの容量がわかりやすいのが魅力ですね。

アプリが良いからといって契約することはないかもしれませんが、アプリについては好印象を持ちました。

 

IMG_3427

 

APN設定がアプリから行えるのも、なかなか便利です。

 

通信速度制限までのリミットも確認できる

IMG_3428

 

これは公式サイトにはっきりと記載されていることですが、直近3日間につき540MBまでという楽天モバイルの通信速度制限には注意が必要です。

アプリでこの制限についても確認できるのは、とても親切だと思いました。

 

しかし、他社ではそもそも高速通信の3日制限自体がないので、仕組み自体をなんとかしてくれたらもっと嬉しいとも感じられました。

直近3日制限がある中でも通信速度が速さを保っているのであれば、それはそれでもOKなのですが。今のところは全くそんなことはありません。

 

まとめ:体感通信速度はマジでダメ!

楽天モバイルは今までのOCNモバイルONEやDMM mobileなどの格安SIMに比べて、不親切さが目立つ格安SIMであると感じました。スピードテストが意味をなしていないのは事実のようです。

体感通信速度では、朝から午前中、そして夕方になる前の午後は他の格安SIMと同程度でけっして悪くありません

 

しかし混雑する時間帯では、実際ところはどうだかわかりませんが、特に夕方において他社以上に速度が遅いように感じられました

たまたまアプリのダウンロードの長さは何かの間違いで、実際は他社と同程度のスピードだったとしても、スピードテストでは10Mbps以上出ているため、余計に遅いように感じてしまいます。

 

また、3日制限もありますので、多い容量のプランを契約して月末に余った容量を一日で一気に使うということができず使い勝手も悪いですね。

解約が電話でしかできないのも、ちょっと面倒です。

 

楽天という大企業が運営している格安SIMであるにも関わらず、ここまで微妙だとは、ちょっとビックリしてしまいました。

通信速度の観点から楽天モバイルはおすすめできませんが、やはり端末は安く買えるので、『端末だけ』が欲しいので契約したい!という方はきっと多くいるはず。

データSIMとセットで購入し、すぐにSIMは解約してしまうのが、今のところはベストです・・。