【2017年7月】UQ mobile(UQモバイル)でSIMカードを借りて、スピードテストしてみた!

格安SIMの鬼、翔太です

今回は、UQ mobile(UQモバイル)で久々にスピードテストを行ってみた結果を紹介します。

 

UQモバイル、このサイトが始まったころから比べると爆発的と言って差し支えないくらい人気が高まっています。

 

  • 通信速度が速い(評判が良い)
  • 月額料金がキャリアより安い
  • iPhoneやAndroid端末を安くセット購入できる

 

などなどメリットが多いので、人気の高さも納得ですよ。

 

格安SIMの辛口レビュアーである私も、UQ mobileは概ね満足です。

iPhone 7でテザリングできないのが残念nanoと2年縛りがイマイチ、というくらいですかね。

 

おしゃべりプランを解約してからしばらくレビューを行っていませんでしたが、今回「Try UQ mobile」で久々にSIMカードが手元に届きました。

 

Try UQ mobileは以前当サイトで試したことがありますが、あれから半年(180日)以上経っているためまた試すことができたんです。

>>参考記事:衝撃の爆速!「Try UQ mobile」でUQ mobileをレンタルしたのでレビューします

 

誰に頼まれたわけでもなく、完全に個人でサービスを利用しています。提灯記事とかじゃないので、ご安心を。

でもけっこう褒めちゃいますよ…。結果が良かったので。

 

というわけで、UQ mobileを一日使ってみてのスピードテスト結果Try UQ mobileの申し込みの流れを解説していきたいと思います。

 

誰もが知りたい、スピードテスト結果を紹介!

UQ mobile(UQモバイル)は、過去に何度かレビューしています。

>>参考記事:UQモバイルに『おしゃべりプラン』が登場!しばらく使ってみての感想は?

>>参考記事:UQモバイルの『ぴったりプラン』と『おしゃべりプラン』を3ヶ月間使ってみた感想!

 

Y!mobile(ワイモバイル)クラスまでは届かないまでも、UQ mobileの通信速度は常に快適で、使っていて困る場面はありませんでした。

 

あれからずっとネット界隈や雑誌などをチェックしていても評判はまったく変わらないので、おそらく大丈夫だろうと思いつつも今回再びUQ mobileでスピードテストをしてみました。

 

結論を先に言いますと…当然ですが、爆速ですわ。なお通信に使ったのは、DIGNO Wです。

 

朝から快調、会社や学校に楽しく向かっていける!

まずは朝のスピードテスト結果からどうぞ!

 

 

まあ文句なしに高速ですわ。誰もケチを付ける人はいないでしょう。

 

動画もアプリのダウンロードも、まったくもって問題なし。最強の格安SIMといって差し支えない安定度ですね。

 

もっとも朝については、大抵の格安SIMで快適な通信ができるんですよね。UQ mobileほどではないにしても。

UQ mobileはその中でもひときわ輝いていますが、朝についてはどこの格安SIMもそれほどストレスを感じる場面はないことを知っておきましょう。

 

昼の通信速度は文句なしの爆速、これがサブブランドの力や!

続いて昼のスピードテスト結果です。

先日ついに、LINEモバイルの速度が偉い低速化を起こしてしまいました。

>>参考記事:【2017年7月】最強神話ついに終了?LINEモバイル、まさかの低速化&ドコモと速度を較べてみた

 

はたしてUQ mobileは…まあ大丈夫でしょうけど。こちらがテスト結果です!

 

 

朝よりは下がっていますが、やっぱり速いですね!

KDDIグループのUQコミュニケーションズが手がけているだけあり、相変わらずめっちゃ高速ですわ。

 

他のMVNOからはUQ mobileや同様に速いY!mobileに対して不満の声もかなり上がっているとニュースになっていますが、そりゃ怒りますよね。

速すぎて、他の格安SIMなんて契約する気が起きなくなってしまいますよ。

 

UQ mobileなら、昼でもフルHDの動画だって普通に見られます。ゲームのダウンロードも行けちゃう。

最強の格安SIMとよく言われるのにも納得の速さです。

 

夕方も速度はまだまだ落ちず、余裕を見せつけてきた!

続いて夕方です。夕方は格安SIMごとにけっこう速度がばらける印象がありますが、UQ mobileはなにしろ”あの”UQ mobileですから当然速いですよ。

 

ほらね、速いでしょう?

学校や会社からの帰りの電車・バスで、色々なコンテンツを楽しめるのがUQ mobileのメリットです。

 

夜も速度が安定、24時間最強の格安SIMや!

最後は夜のスピードテスト結果をご覧ください。

 

 

どうですか、この圧倒的速度。

もはやぐうの音も出ないです。当然動画もアプリのダウンロードも自由自在。できないことは何もないです。

 

スピードテスト結果まとめ:UQ mobile、やっぱり速すぎ

数か月ぶりにUQ mobileを使ってみましたが、速度の傾向に変化なしですね。

速すぎて、これではドコモ系の格安SIMやauのその他格安SIMは困ってしまうのも当然です。

 

格安SIMに乗り換えてスマホ代を削減したいけれど、速度が遅くなるのは嫌。そんな人はUQ mobileを契約すればOKです。

国に規制でもされない限りは、ずっと速度はこのままでしょう。なにしろauが直接用意しているようなものですからね、UQ mobileは。

 

Try UQ mobileの利用手続きの流れを解説します

 

ここからは、Try UQ mobileの契約手続き方法について解説しますね。

最大15日間(返却完了まで15日ということなので、1週間くらいで返した方が良いですが)UQ mobileのSIMカードや端末を試せるのが、Try UQ mobileです。

 

以前も当サイトでレビューしていますが、今回も手続きの流れについて解説していきます。

 

まずは仮登録から始めよう

申し込み画面を開いたら、仮登録開始です。

 

必要事項をよく読んで、進みます。

 

 

 

フリーメール(プロバイダなどのPCメールでもOK)と携帯電話番号を入力して、仮登録すると申し込み番号や開通コードが送られてきます。

このコードを入力して、手続きスタートという流れですね。

 

前の記事を見ればわかるとおり、以前はメールアドレスがキャリアのものも必要だったんです。

でも今はもう不要。つまりキャリアメールを持っていない格安SIMユーザーでも試せるわけです。

 

おそらく、キャリアからの乗り換えだけでなく他の格安SIMからの乗り換えも行って欲しいから変えたんでしょう。

実際試したら、乗り換えたくなると思います。

 

 

こんな感じで申し込み番号と開通コードを入れて、登録開始です。

 

 

あとはどんどん個人情報とか希望の機種などを入力していくだけです。

 

 

クレジットカードが必須なので、持っていない人は先に用意しておきましょう。

デビットカードは使えないので、ご注意を。

 

 

はい、申し込み完了です。簡単ですね!

 

私の場合は土曜日に申し込んで月曜日に、ゆうパックでセットが届きました。通信速度と同じく、対応がはやいですね。

 

 

中身は端末とACアダプター、返却手続きに関する書類です。SIMカードは端末の中に入っていました。

 

あとは使い終わってからゆうパックとして送り返すだけ。返却時の伝票は同封されています。

私は明日送り返します。まだ5日くらいしか使っていませんが、遅れると恐いので。

 

まとめ:UQ mobile、やはりオススメせざるを得ない。

以前UQ mobileをレビューした頃はまだそこまで話題になっていなかったと思うんですが…。

この数か月の間に、もうUQ mobileの名を聞かない日はないレベルにまで露出が増えましたし、知名度も上げましたね。

 

キャリアのパワーでバンバン宣伝していて、他の格安SIMからしたらたまったものではないでしょう。

しかも恐ろしいのが、「ガチで使える」ことなんですよね。声が大きいだけでダメな格安SIMじゃなく、本当に魅力的な格安SIMがUQ mobileです。

 

ちなみに先日Y!mobile(ワイモバイル)でSIMフリーiPhone 7におけるテザリングがついに可能になったとニュースサイトで見たので、UQ mobileはどうなのか試してみたんですが…。

まあ、無理でした。残念。

 

ということでiPhone 7ユーザーでテザリングをする人以外には、UQ mobileはかなりオススメできる格安SIMです。

まずはTry UQ mobileで試してみてから、検討してみてください。

アドバイザーおすすめ記事一覧