2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

今回は、hi-ho LTE typeD(ハイホー エルティイー タイプディー)というMVNO会社(格安SIM)を紹介します。

マイナーMVNOの部類に入るため名前を聞いたことがある人は少ないと思いますが、マイナーな部類の中では魅力的な部分がたくさんある”はず”なので、ぜひご覧下さい。

 

hi-ho LTE typeDのようなマイナーMVNOは情報が少ない上に何がメリットが分からないという人は多いです。できるだけ、hi-ho LTE typeDのメリットをまとめながらも欠点についても紹介します。

MVNO会社の乗り換えを検討している方はhi-ho LTE typeDを候補に入れてみてはいかがでしょうか?それでは、さっそく見ていきましょう!

 

hi-ho LTE typeDとは、どんな格安SIM?

若い新米男子 のコピー 2

hi-ho LTE typeDを提供している株式会社ハイホーはインターネットプロバイダサービスの会社です。2014年4月14日にhi-ho LTE typeDの提供を開始し、MVNO(格安SIM)業界に参入しました。

現在は、IIJmioを提供しているIIJグループの一つとなっており、IIJmioと同じく高品質な通信を楽しめます。

 

ただ、ここで1点注意です。

インターネットプロバイダの多くがMVNO(格安SIM)に参入していますが、プロバイダの評価とSIMの評価は別物ですので騙されないように。

 

ちなみにhi-ho LTE typeDのtypeDというのはdocomo回線を利用しているという意味があります。

親会社のIIJmioではタイプDとタイプAというプランを用意しており、前者はdocomo網、後者はau網を使用。つまり、hi-ho LTE typeDはIIJmioのタイプDからの独立と考えていいでしょう。

もちろん、hi-ho LTE typeDとIIJmioにはサービスやプランに多く違いがあるので全て同じというワケではありません。さっそくプラン内容などを確認していきますね。

 

hi-ho LTE typeDのプランを確認

若い新米男子 のコピー 2

  • hi-ho LTE typeD エントリー
  • hi-ho LTE typeD ミニマムスタート
  • hi-ho LTE typeD アソート
  • hi-ho LTE typeD ファミリーシェア

ライフスタイルによって使い分けられるhi-ho LTE typeDのプランは全部で4つ。初心者でも使いやすいものから家族で使えるものまで、バランスよく用意されています。

また、アソート以外は親会社のIIJmioでも提供されているプランです。全てのプランは基本的にデータ通信専用となっており、音声通話を付加する場合は別途料金が発生するので後ほど紹介しますね。

 

hi-ho LTE typeD エントリー

  • 月額:770円
  • 通信速度:300Mbps
  • データ容量:2GB
  • SIMカード枚数:月1枚

hi-ho LTE typeDの中で、初心者向けに提供されているのがエントリープランです。2GBで月額770円ということで他社と比べて安い方と言えるでしょう。

というか、今のところ2GBでは”最安”かもしれません。全て調べたところ、PLAY SIMの月額780円やWonderlinkの月額960円などがありましたが、見て分かる通りhi-ho LTE typeDの方が安い。

また、3GBのプランでは平均的に月額1,000円前後かかってくるので、特に2GBで割高感があるという訳でもありません。つまりお得。

 

hi-ho LTE typeD ミニマムスタート

  • 月額:933円
  • 通信速度:300Mbps
  • データ容量:3GB
  • SIMカード枚数:月1枚

続いては、ミニマムスタートプランです。容量・料金から、エントリープランよりも初心者向け言えますね。

エントリープランに比べて1GB増え3GBとなりますが、他社との平均程度である月額933円で契約が可能。3GBは一番人気のある容量ですからね、特に何も拘らないという方はこのプランでいいのではないでしょうか。

 

hi-ho LTE typeD アソート

  • 月額:1,409円 
  • 通信速度:300Mbps
  • データ容量:3GB
  • SIMカード枚数:月3枚

ミニマムスタートプランに比べて同じデータ容量なのに何で高いの?と気になってる方も多いでしょう。

このプランでは、同時に3枚のSIMを契約できるプランだからです。月3GBのデータ容量を3枚のSIMで使い分けるので複数端末を利用する方にとって便利。

 

こちらのプランはhi-ho LTE typeDの特徴の一つであり、おすすめポイントとなります。なので後ほど詳しく説明しますね。複数端末での利用を考えている方は必見ですよ。

 

hi-ho LTE typeD ファミリーシェア

  • 月額:2,839円 
  • 通信速度:300Mbps
  • データ容量:10GB
  • SIMカード枚数:月3枚

最後に紹介するのはファミリーシェアプランです。その名の通り家族で使う場合に月10GBのデータ容量を3枚のSIMで分け合える内容となります。

こちらのプランですが、親会社のIIJmioが提供しているファミリーシェアプランとほぼ同内容ながら若干割高となっていますね。

IIJmioではファミリーシェアプランを月額2,560円提供しており、SIMカード枚数の上限も10枚になっているので、もし、このプランを考えている人がいるならIIJmioの方がいいですよ。笑

 

SMSとか音声通話はどうなってるの?

若い新米男子 のコピー 2

SMSを付ける

  • SMSオプション:月額140円

SMSオプションは各プランに月額140円で付けることができます。まだまだSMSなどの認証で必要になることがあるので契約する場合は付けておいて損はないでしょう。

 

音声通話を付ける

  • 音声通話;月額700円
  • 最低利用期間:12ヶ月
  • 解約手数料:残りの月×1,000円

hi-ho LTE typeDには音声通話プランというのはなく、オプションに加入する形で音声通話を利用します。どのプランも1回線ごとに月額700円が発生。最低利用期間は12ヶ月で期間中の解約には手数料が発生します。

最低利用期間の残月分に1,000円を掛けた手数料なので、最大で12,000円が発生することに。また複数の音声通話オプションを契約した場合、1回線ごとに手数料が掛かるので注意したいところです。

 

契約するならアソートプラン一択の理由

若い新米男子 のコピー 2

hi-ho LTE typeD アソート

  • 月額:1,409円 
  • 通信速度:300Mbps
  • データ容量:3GB
  • SIMカード枚数:月3枚

もし、hi-ho LTE typeDを契約するならアソートプラン一択です。このプランは3GBのデータ容量を分け合えるプランで3枚までSIMが使えます。1枚1GBの使用を仮定するとワンコイン以下で使用できるのでお得。

さらに、SIM追加手数料が掛からないので余分な料金も発生しません。例えば、OCNモバイルONEなら1枚辺り450円のSIM追加手数料が掛かりますよ。

 

hi-ho LTE typeDの中で一番バランスの取れたプランです。

正直、他のプランはどれも微妙です。エントリープランのように「月2GBを使いたい!」というピンポイントな需要があれば契約してもいいでしょうがね。

 

うお!今なら初月無料ってホント?

若い新米男子 のコピー 2

キャンペーン期間(2016年10月1日(土)~2016年11月30日(水))

  • エントリー:初月無料
  • ミニマムスタート:初月無料/100MB分の追加チャージプレゼント
  • アソート:初月無料
  • ファミリーシェア:初月無料/月額利用料金割引!3,409円(税込3,682円)→2,838円(税込3,066円)

hi-ho LTE typeDでは2016年10月1日(土)~2016年11月30日(水)までお得なキャンペーンを行っています。

全てのプランでキャンペーンが行われており、共通しているのが初月の利用料金が無料になるという点です。現在、契約を考えている方、もしくは本記事で興味を持った方は今がチャンスですね。

 

ちなみにプランごとにも固有のキャンペーンが展開されています。

ミニマムスタートプランでは100MB分の追加チャージプレゼント。100MB分のチャージは200円なので少しだけお得ですよね。さらにファミリーシェアプランでは月額料金の割引が行われています。

残念ながら私が一番推しているアソートプランでは固有のキャンペーンはありません。でも、初月無料なのは大きいですよね、試しに契約してみるのもアリでしょう。

 

まとめ:複数SIMの契約を考えるなら候補の一つ

若い新米男子 のコピー 2

今回は、hi-ho LTE typeDについて紹介しました。

初めて聞いた方も多いと思いますが、意外にも親会社が有名なIIJmioなんですよね。なので、マイナーMVNOの中でも割りかしまともなプランを提供していると思います。

そして、日々価格改定などが行われている新興格安SIMなので今後に期待。

 

現状、欠点としては親会社のIIJmioを基準にプランが作られているので親会社を超えないような価格設定がなされている感が否めません。

IIJmio自体魅力的なMVNOですが、今後hi-ho LTE typeDが人気になるためには独立したプランが必要でしょうね。

 

まぁ、そこまで力を入れるとは思いませんが何となく勿体無い。

そして、「hi-ho LTE typeD」という名称がそもそも覚えにくいです。名称が長くて覚えにくいのはマイナーMVNOあるあるの一つですが。 笑

 

まとめると複数SIMの契約、特に個人で複数端末利用を考えている方、または別々のSIMを契約して、複数のSIMを利用している方に候補の一つとなるでしょう。

全体的に見て、マイナー格安SIMによくある割高料金設定もないですし、普通におすすめと言えます。では。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

大手プロバイダであるSo-netが展開しているMVNOのことをSo-net モバイルサービスと言います。So-netでは、さまざまな形のSIMカードを提供しており、最近では月額0円で使えると噂になった0 SIMが有名ですね。

▶︎▶︎参考記事:月額0円で使える0simの率直な感想を知りたい方はコチラ

 

また、So-netモバイルサービスにはそれ以外のSIMも用意されており、選択肢が非常に広いサービスとなっています。

今回は、その0 SIMを含めたSo-net モバイルサービスのプランや魅力、本音を徹底的に紹介していこうと思うので、気になる方はぜひ見てください。

 

巷では『So-net モバイルサービス』というより、『0 SIM』というイメージが強いですが、他のSIMはどうなっているのでしょうか。

では、さっそく紹介していきましょう!

 

So-net モバイルサービスとは

ギャル女子 のコピー 2

大手プロバイダであるSo-netが提供しているMVNO(格安SIM)となります。

3つのSIMカードを中心に展開しており、LTE SIM+、PLAY SIMと提供を開始しましたが、イマイチ反応がありませんでした。そんな時に0 SIMをMVNO市場に導入

月額0円で使えるという驚きのプランで瞬く間に名前が広がり、So-netモバイルーサービスよりも有名になっちゃったのです。

 

始めに言っておきますが、So-net モバイルサービスは玄人向けのMVNOではなく初心者向けのMVNOと言えます。

公式サイトを見たら分かる通り、自社製品の紹介の下に”MVNO lab”と題してMVNOを初めて利用する方向けのガイドが用意されていますからね。

0 SIMもどちらかと言うと初心者向けのSIMなので、ターゲットは格安SIM初心者であることは間違いないでしょう。

 

さて、そんな0SIMを含めたSo-net モバイルサービスのSIMを紹介していきますが、最後に衝撃的な発表があるので流して読んでみてくださいね!

じっくり読んで欲しくなった方は後悔するかも。それでは、ざっとSIMやプランを見ていきましょう!

 

So-net モバイルサービスのSIMと料金プラン

 ギャル女子 のコピー 2

  • LTE SIM+
  • PLAY SIM
  • 0 SIM
  • Prepaid LTE SIM

So-net モバイルサービスには主に4つのSIMが用意されています。

他のMVNO会社のような、普通のSIMから0 SIMのような変わったSIMまで幅広く提供されています。他にプリペイドSIMが提供されているのでそちらも軽く紹介しておきますね。

 

LTE SIM+

  • プラン名:ライト/データフル
  • データ容量:3GB/制限なし
  • 月額:1,890円/4,180円
  • 最大通信速度:下り300Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:1年

まずは、So-net モバイルサービスのメインである”LTE SIM+”の紹介です。データSIMは用意されておらず、音声SIMのみとなります。

月間3GBまで使える”LTE SIM+ライト”、そして無制限で使える”LTE  SIM+データフル”が用意されています。両方ともに、契約事務手数料3,000円とSIMカード準備料394円が取られますよ。

 

[他社との比較]

  • U-mobile 通話プラス 1GB:1580円 375Mbps 3GB/月
  • NifMo 3GBプラン:1600円  375Mbps 3GB/月
  • UQ mobile データ高速+音声通話プラン:1680円 370Mbps 3GB/月
  • LTE SIM+ ライト:1,890円  300Mbps 3GB/月

 

“LTE SIM+ライト”は他社と比べると特徴がないのに割高です。上記を見てもらえると分かる通り他社は大体同じ内容で月額1,600円前後ですがLTE SIM+ライトだけ月額1,890円と高いですよね。

通信速度に関しても理論値ですが他社に負けています。さらに、通信制限が360MB/3日なので、ガッツリ使っちゃうと制限がかかる可能性がありますよ。

 

通信速度制限は、翌日の深夜から朝方にかけて通信速度が300kbpsとなります。制限の時間が少ないのと制限時の通信速度もそこまで低下しませんが、短期間で動画やらアプリやらをやってしまうとダメですね。

幸い、制限の時間帯が深夜から朝方なので支障がある人は少ないかと思いますがね・・。

 

内容を見て分かる通り他社の方が圧倒的に”良い”ので、こちらを契約するのはやめておきましょう。何か付加価値を見出した人は契約してみてください!

 

さて、続いては“LTE SIM+データフル”の紹介です。こちらは若干救いのあるプランですよ、個人的に。

データ制限なしの使い放題プランで、1日に使える通信量は360MBと普通に使えます。月間データ量はもちろん制限無しなので、ライトを選ぶくらいならコチラを選んだ方がいいですね。

 

[他社との比較]

  • UQ mobile データ無制限+音声通話プラン:2680円  500kbps 無制限
  • U-mobile 通話プラス LTE使い放題2:2730円 375Mbps 無制限
  • ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン:3736円  3Mbps 無制限
  • LTE SIM+ データフル:4,180円  300Mbps 無制限

 

ただ、月額料金が4,180円と高額です。毎日がっつり使う人なら得かもしれませんが。どうなんでしょうかね。他社は月額2,000円後半程度、高くてもぷららモバイルLTE 定額無制限プランで月額3,000円後半です。

1日の使用量が少ない人は他社の方が確実に良いでしょう。

 

無制限プランを選ぶ時は通信制限の内容で選んだ方が良いですよ。無制限なのに通信速度制限を食らってしまったら意味がないですからね!

 

PLAY SIM

お次は、ちょっとややこしいPLAY SIMの紹介です。LTE SIM+と違ってデータ通信、データ通信SMS付き、音声通話の3種類用意されています。

PLAY SIMは家電量販店やオンラインショップなどで手軽に購入できるSIMカードとして話題となりました。ショップ限定のプランが用意されているので混乱してしまう人もいると思いますが、簡単に紹介していきましょう。

 

[データ通信専用SIM]

  • データ容量:2G/6G/10G
  • 月額:780円/1,680円/2,480円
  • 最大通信速度:下り300Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:なし

 

[データ+SMS対応プラン]

  • データ容量:2G/6G/10G
  • 月額:920円/1,820円/2,620円
  • 最大通信速度:下り300Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:なし

 

PLAY SIMのデータ専用プランは正直に言うと割高です。これでも登場した当初は格安SIMの価格競争が激化する中、安い料金と手軽に使えるという点で話題になりました。

しかし、今はどの容量も割高に見えますね。最安の2GBはSMS対応で月額920円になっており、同じくらいの料金で3GB使えるMVNOは多いので割に合いません。

他のデータ容量も同様に他社に追い越されています。

 

[音声通話機能付きSIM]

  • データ容量:2G/4.5G/6G/10G
  • 月額:1,480円/1,880円/2,380円/3,180円
  • 最大通信速度:下り300Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:1年

 

じゃあ音声通話対応は?という意見が飛んできそうですが、こちらも微妙な料金体系です。

PLAY SIMのデータ量はほとんど偶数で用意されており、スゴく微妙なデータ容量に見えます。そのため、ちょっと足してもっとお得な他社へ移った方が?とも思ってしまいますよね。

 

PLAY SIM for Amazon.co.jp

  • データ容量:プラン140M ・day/プラン200M・day /Amazon.co.jp限定プラン 4G・month
  • 月額:880円 /1,278円/880円
  • 最大通信速度:下り300Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:なし

通常のPLAY SIMは正直ダメですが、Amazonで購入できるPLAY SIMはお得です。なぜ公式サイトで発売しているSIMよりもAmazon限定のSIMの方がお得なのか疑問が残りますねww

プランは、1日辺り使える量が決まっている実質使い放題と月のデータ量が決まっているプランが用意されています。PLAY SIMを契約するなら断然こちらがおすすめです!

 

0 SIM

  • プラン名:データ専用プラン/データ+SMSプラン/データ+音声プラン
  • データ容量:5GB
  • 月額:0円~1,600円/150円~1,750円/700円~2,300円
  • 最大通信速度:下り300Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:なし/なし/あり

さぁ、格安SIM業界の話題をかっさらったサラブレッド”0 SIM”の紹介です。So-net モバイルサービスよりも知名度が高く0 SIMの名が一人歩きしていますね。

格安SIMに興味のある人は嫌という程聞かされていると思いますが、簡単に言うと「上手に使うと0円で使えちゃうよ!」ということを売りにしたSIMです。

 

現在は、某大型スーパーのような感じで「0のつく日」のみ申し込みを受け付けており、いつでも契約することができる状況ではありません。また2016年10月以降は予定が決まっていないらしいです。

まぁ、0 SIMのあれやこれやは既に他のアドバイザーが徹底的に解説しているので見てみてください!

▶︎▶︎参考記事:月額0円の格安SIM、0simの速度は本当に大丈夫なのか確かめてみた!

 

Prepaid LTE SIM

  • プラン名:プラン1.2G/プラン2.4G/プラン3.2G
  • データ容量:1.2GB/2.4GB/3.2GB
  • 料金:オープン価格
  • 利用期間:30日/30日/60日

 

Prepaid LTE SIM for Amazon.co.jp

  • プラン名:プラン2G/プラン12G
  • データ容量:2GB/12GB
  • 料金:3,700円/13,500円
  • 利用期間:30日/180日

 

最後に軽くPrepaid LTE SIMに触れておきます。こちらは基本的に使う人は少ないでしょう。

コチラは駅やコンビニなどで買えるもので、万が一容量がなくなってしまった!という場合に役に立ちます。ただ、プリペイドなのでどうしても割高になってしまうので覚悟してください。

 

スマホ端末とのセットもあるってよ

ギャル女子 のコピー 2

LTE SIM+ スマホセット1980

  • 月額料金:1,980円(端末代込み)37ヶ月目以降(割賦完済後)1,480円
  • 端末:ZTE Blade V6
  • データ量:2GB
  • 最大通信速度:下り150Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:1年(期間内解約金5,200円)

 

LTE SIM+ スマホセット2980

  • 月額料金:初月無料 2ヶ月目~31ヶ月目 2,980円 32ヶ月目以降(割賦完済後)1,890円
  • 端末:ASUS ZenFone™ 2
  • データ量:3GB
  • 最大通信速度:下り150Mbps/上り50Mbps
  • 最低利用期間:1年(期間内解約金5,000円)

 

So-net モバイルサービスでは2つのスマホセットを用意されており、月額1,980円と2,980円となっております。こちらは完全に初心者向けですね。

最近のMVNO会社では取り扱っていない端末をセットで販売している感じです。セットで買うよりもSIMフリーを購入した方が断然お得のでセット購入はいらないでしょう。笑

ZTE Blade V6もASUS ZenFone™ 2も今となっては全然古い端末なので、できれば新しい端末を購入した方がいいと思いますよ。

 

超重要!So-net モバイル LTEの受付終了ってマジ?

ギャル女子 のコピー 2

0 SIMの受付が0の付く日のみなど、話題性の割には対応が遅いSo-net モバイルサービスですが、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

ここまで長々とプランの詳細をお伝えしてきましたが、So-net モバイルLTEの新規受付が9月いっぱいで終了となるそうです!

 

え・・・! マジ・・・?

 

マジよ。

 

2016年9月9日に発表されたのでかなり急な告知ですよね。新規受付終了なのでLTE SIM+が申し込めなくなります。もちろん、スマホセットもいっしょです。終了。

しかし対象サービスがSo-net モバイルLTEとなっているので、PLAY SIMと0 SIMは関係ありません。

こうなってくるとSo-net モバイルサービスの提供サービスが2つだけとなりますね。(実質0 SIMもサービスと言えるかどうか)

 

0 SIMでSo-net モバイルサービスの知名度が少し上がったのに残念です。0  SIMは予想以上の人気でサバけなくなったと想定できますが、LTE SIM+はプラン内容が良くないので契約数が少ないのかもしれませんね。

それから0 SIMも、10月からの動きを発表していないので、話題性のある0 SIMに絞っていく考えなのかもしれません。発表の時期などを考えると今後の動きに注目したいですね。

うーんそれにしても色々と勿体ないです。

 

まとめ:契約するなら0sim!それもメインはダメだよ

ギャル女子 のコピー 2

今回はSo-net モバイルサービスを紹介してきました。最後は衝撃的な終わり方になってしまいましたが、So-net モバイルサービスのことは伝わったかと思います。

それにしてもLTE SIM+、PLAY SIM、0 SIMと名称が多すぎて全部So-net モバイルサービスだったんだ!と思っている方も多いでしょうね。

これだけ名称があると混乱するので、So-netさんは0 SIMに絞るべきだと思いますが。

 

0 SIMはある一部の利用者にとって大変魅力的なサービスだと思います。

もちろん、通信速度が遅いので普通にメインでスマホを利用したいという方には使えませんが、サブ端末に一応入れておきたいという人にはめちゃくちゃいいでしょう。だって0円ですから。

 

So-net モバイルサービス内で何が行われているか分かりませんが、安定していない運営ばかりしているとユーザーが離れてしまいます。早く一本に絞るなど対策をとって生まれ変わってほしいですね。

正直、期待しているので今後のSo-net モバイルサービスには頑張ってほしいです。では!

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

Wonderlink LTEという格安SIMは、大企業であるパナソニックが提供しています。

パナソニックといえば家電製品で超有名ですが、Wonderlink LTE自体は格安SIM業界で、超マイナーなMVNOに入るため全くと言っていい程有名ではありません。

 

今回は、数あるMVNOの選択肢の一つとして入れておきたいWonderlink LTEの料金プランや特徴、そして本音をまとめてみました!

マイナーMVNOはメイン端末のSIMとして使うのは難しい場合が多いですが、たまに大手にはない魅力的な仕様がある場合があります。

 

「大手の格安SIMに飽きてしまった、もっと個性的な格安SIMが使いたい!」という方は、ぜひWonderlink LTEの詳細を知って契約を考えてみてください。

それでは詳細を確認していきましょう!

 

Wonderlink LTEってなに?

 若い新米男子 のコピー 2

パナソニックが提供している通信サービスの名称が”Wonderlink LTE”です。MVNO事業には多くの企業が参加しており、中にはパナソニックのような大手企業も参加しています。

それなのに、あまり知名度がないのは名称が原因でもあるのでしょう。Wonderlink LTEという名前でパナソニックと気づく方は少ないですから。

 

Wonderlink LTEでは、スマホ向けの格安SIMの他にモバイルルーターと一緒に使うパソコン向けのSIMも用意されています。基本的にWonderlink LTEは公式サイトのみの販売でパッケージや店頭販売は行っていません。

購入したい方はパナソニックの公式通販から契約するという形になり、支払い方法もクレジットカードのみなんです。(正直、使いにくいww)

 

マイナーMVNO(格安SIM)の一つですが、これから紹介する料金プラン等を見ると分かる通り、そこまで破綻したものではなく痒いところに手が届かないような感じです。

つまり、あともう一歩!というようなイメージを持っていてください。まぁ、Wonderlink LTEの詳細を見ながら確認していくとしましょうか。

 

Wonderlink LTEの料金プラン

 若い新米男子 のコピー 2

Wonderlink LTEには大きく分けて4つのプランがあります。

スマホ向けの使い放題プランである「LTE Fシリーズ」。スマホ向けのお手頃なプラン「LTE Iシリーズ」。パナソニックのレッツノートシリーズのLTE対応モデル向けの「LTE Aシリーズ」。

そして最後にパナソニックLUMIX CM専用の「LTE Lシリーズ」です。

 

今回紹介するのはこの中でもスマホ向けに提供されている”Fシリーズ”と”Iシリーズ”の2つとなります。

まずは、2つのシリーズがどのように違っているのか確認していきましょう。

 

LTE Fシリーズ

  • プラン: F-使い放題700/F-7G
  • パケット通信料:1GB/7GB
  • 通信速度:下り225Mbps 上り50Mbps
  • 月額料金:1,580円/2,480円
  • 縛り:なし/なし
  • 速度制限:直近1日(24時間)の通信量が1GBを超過した場合 (無制限 上下700kbps)

 

まずはLTE Fシリーズの紹介です。FシリーズにはF-使い放題700とF-7Gの2つが用意されています。

2つのプランの両方に契約事務手数料3,000円が発生しますが、初月の月額料金が両方とも無料になるので、割安にて契約は可能です。

 

まず、F-使い放題700はパケット通信量が1GBまでになっており、月に1GBを越えたら通信制限が発生するようになっています。「使い放題」という名称ですが、毎月の通信量が決まっているのです。

超過後も使用できるという意味で使い放題という表記になっているのでしょうか?よく分かりませんが、こちらは月額1,580円で他の1GB/月の料金に比べると割高に感じますよね。

 

そして、もうひとつがFシリーズのF-7Gというプランです。こちらはパケット通信量が7GBまでとF-使い放題700よりも多くなっています。

月額は2,480円で、こちらも他のプランよりも割高に感じる料金設定です。ただ、Wonderlink LTEを契約するなら「Fシリーズ」がおすすめです!その理由は後ほど詳しく説明します。

 

LTE Iシリーズ

  • プラン: I-3Gシングル/I-5Gシングル/I-7Gシングル
  • パケット通信量:3GB/5GB/7GB
  • 通信速度:下り225Mbps 上り50Mbps
  • 月額料金:890円/1,460円/1,870円
  • 縛り:なし/なし/なし
  • 速度制限:月間上限容量超過後、直近3日間の通信量が366MBを超過する場合は、速度制限をする場合あり(通信容量上限超過後:200kbps)

 

続いてLTE Iシリーズの紹介です。こちらはI-3Gシングル、I-5Gシングル、I-7Gシングルの3種類が用意されています。そして全てのプランで契約事務手数料3,000円が発生しますよ。

また注意として、こちらのプランでは初月無料はありません。

 

プラン名の通り3GB、5GB、7GBのパケット通信量が用意されており、月中にデータ通信量が越えてしまうと速度制限発生します。

通信速度制限後は200kbpsとなり、他のMVNO会社の通信速度制限とだいたい同じ感じですね。

 

全体的に見て月額料金は平均的な料金になっていて、特にWonderlink LTEにこだわりがなければ契約する必要はないでしょう。

他社の同じデータ通信量のプランではさらに安い料金が多いのでそちらにしてください。LTE FシリーズもIシリーズも契約期間の縛りが撤廃されたので、試しに契約してみるのはありかもしれません・・。

 

契約するなら「Fシリーズ」で決まり

若い新米男子 のコピー 2

もし、Wonderlink LTEを契約するならFシリーズがおすすめです。FシリーズのプランはF-使い放題700とF-7Gの2つがありますが、契約すべきはF-使い放題700です。

こちらのプランは、月額1,580円で1GBまでと割高に感じると先ほど言いましたが、超過後の速度制限が700kbpsとなっています。(制限後はだいたいどこも200kbps)

 

他社の1GBの速度制限を見ると100kbpsから200kbpsと使いものにならないレベルになってしまいますが、Wonderlink LTEの1GBは、おまけのようなもので本質は通信速度制限が掛かった後の使い放題にあります。

このプラン料金で使い放題は少ないのでWonderlink LTEは、この点で他のマイナーMVNOよりも抜き出ていますよね。

 

でも、700kbpsで何ができるの?と疑問の方も多いでしょう。

700kbps出ていればネット閲覧はもちろんのこと、通常の画質の動画くらいならストレス無く見られるでしょう。(・・たぶんwww)

 

高画質の動画になってしまうとキツいですが普通に使うなら全く問題ないはずです。簡潔に言うと月額1,580円で使い放題が利用できると考えていいでしょう。

ただ、毎回700kbpsが出るとは限らないので注意が必要ですよ!

▶︎▶︎参考記事:通信速度が何か分からない人へ!どれくらいの通信速度が出ていれば快適なの?

 

Wonderlink LTEはdocomo回線を使っているのでエリアは広いです。

FシリーズはIIJmioがバックに付いているので比較的安定した通信が楽しめるでしょう。

 

データSIMのみで、音声・SMS付きは無し

若い新米男子 のコピー 2

ここまで見てきて、音声・SMS付きのプランがない!と嘆いている方がいるでしょう。

その通り!Wonderlink LTEには音声、SMS付きのプランがありません

 

そのためデータ通信SIMのみの販売となっています。

この点はMNPで乗り換えを検討していた方やSMS付きで認証しようと考えていた方にとっては嫌ですよね。

 

今どき、音声・SMS付きは当たり前になっているので、この点はWonderlink LTEは非常に遅れていると言えます。

なので頑張って対応してほしいのですが、他にパナソニックのレッツノート向けのプランやカメラ専用のプランがあるなど、高速通信サービスの一環としてWonderlink LTEを提供しているため、今後対応する可能性は低いでしょう。

契約解除手数料を無くすなど、ある程度ユーザーの声は受け入れているようなので契約者数が伸びて需要が高まれば提供開始する可能性があります。(まあ難しいです。笑)

 

音声・SMS付きがない時点でWonderlink LTEを切ってしまう人が多いと思いますが、『データ通信専用でも良い』という方もきっと一定数おられるはず。

そういう方にWonderlink LTEを試してほしいですね。Fシリーズに限りますが。

 

スマホとのセット販売はしてるの?

若い新米男子 のコピー 2

Wonderlink LTEはスマホとのセット販売を行っていました。

しかし現在では残念ながら取り扱っていません。ちなみに取り扱っていたのはHUAWEI P8 LITEです。ある程度人気があり他のMVNO会社でも取り扱っている端末です。

 

マイナーMVNOではこういったことがよくありますよねww

だいたい1機種を取り扱っており、自社サイトなどでセット販売をしていますが販売停止のままになることが多いです。なので、もしスマホが必要な場合はSIMフリーを購入して使いましょう。

 

セット販売で端末料金がお得になることは少なく、SIMフリーを別々に購入した方が安くなる場合が多いです。

なので特に気にしてなくてオッケーです。Wonderlink LTEでも別々に購入した方が安いセット販売でしたしね。今後再開することは少ないので期待しないようにお願いします。

 

データ繰越なし!プラン変更なし!SMS機能なし!

若い新米男子 のコピー 2

3つのなしをまとめてみました!読んで字の如くです。

まず、データ繰越機能がありません。この時点でIシリーズの契約は見送った方が無難です。さらにFシリーズでも月7GBのプランは勿体なく感じてしまいますよね。

 

また、プラン変更はできません。これは非常に痛いですよね。

まあ音声SIMがないので解約手数料は取られないのでまた契約すればプラン変更できますが、契約事務手数料が発生してしまいます。迷わずFシリーズを契約しておけば問題なのでこのあたりは大丈夫です!

 

最後にSMS機能なしという点です。

これは意外と気になるところです。SMS認証が必要なアプリが使えなくなったり、スマホの電池消耗が激しくなったりしてしまいます。この点もよく考えて契約してみてください。

 

それで、結局Wonderlink LTEはどうなのか

若い新米男子 のコピー 2

さぁここまで色々行ってきましたが結局どうなのよ?と言いたい方も多いでしょう。

簡潔に言うとFシリーズのF-使い放題700がWonderlink LTEの全てです。全体的にマイナーMVNOにしてはバランスが取れている気もしますが、データ繰越やプラン変更がないなどのマイナス部分が足を引っ張っていますね。

 

Wonderlink LTEを契約するならFシリーズのF-使い放題700と頭に叩き込んでおきましょう!

その他のプランはダメです。データ通信専用の2台目として使うならギリギリありかもしれません。メインとして使うのは音声、SMS機能がないのでやめておきましょう。

 

まとめ:良くも悪くもマイナーMVNO(格安SIM)

若い新米男子 のコピー 2

Wonderlink LTEについて本音でご紹介しました。良くも悪くもマイナーMVNO止まりといった感じです。

マイナーMVNOに多い、提供会社が有名なのにサービス名で損している感じがあります。パナソニック SIMみたいな名前ならもうちょっと目に止まる気がしますがね。

 

マイナーMVNOは動きがなくなると風化して、いつのまにかサイトの更新も止まっていることが多いです。やはり質を求めるならメジャーSIMの契約をおすすめします。

まぁ今回は「Wonderlink LTE」っていうMVNOがあるということを知っていただけたら、それだけで格安SIMアドバイザーとして幸いです。この記事を読んで契約してもらえたら嬉しい限りです。それでは!

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

つい先日iPhone7が発表され注目を浴びていますが、もう一つ注目したいのが『Apple SIM』です。しかし今までApple SIMに関する噂ってあまり聞かなかったですよね、何故なのでしょうか?

こんなにも格安SIMの利用者が急増しているのに、です。

▶︎▶︎参考記事:iPhone7に関する詳しい内容はコチラから

 

その理由は、Apple SIMが普通の格安SIMと違って独特な使い方をするSIMカードだからです。

一体、普通の格安SIMと何が違うの?料金プランは?新しく発売されるiPhone7と一緒に使えるの?と、疑問が尽きないと思いますので、今回は本記事にて全て回答していきます。

 

使い方次第では、今後の格安SIM業界の台風の目となるApple SIM。

どんなサービスなのでしょうか。早速紹介していきます。

 

Apple SIMは他の格安SIMとどう違うのか

仕事ができる男子 のコピー 2

まず、皆さんが気になるのはApple SIMと通常の格安SIMとの違いでしょう。あのですね、ハッキリ言って全く違います!通信ができる、SIMカードだ、という点くらいでしょう。同じなのは。

あと一応、Apple SIMは600円〜で販売されているので格安なところも同じですね。

 

通常、格安SIMを契約するとMVNO会社が用意しているプランを契約することになりますよね。なので、契約後に利用できる端末にSIMカードを挿せば通信できるようになります

一方、Apple SIMは購入した後に契約する会社を選ぶことができるのです。しかも、端末上で利用したい会社を選んで契約できるという仕組みとなっています。

 

つまり、Apple SIMとパートナーになっている会社ならApple SIM一枚で、契約から利用、さらに解約まで出来てしまうということです。スゴく便利ですが本当に便利ならもう少し広まってますよね?

なぜ、国内で広まっていないかは後ほどジックリとお伝えします。

 

さて、その前にApple SIMの詳細を知っておきましょう。勘のいい方なら詳細を見てるうちに広まらない理由が分かるかもしれません。

 

Apple SIMの詳細をチェック

仕事ができる男子 のコピー 2

まずはApple SIMの料金や日本で使えるプランの詳細を確認していきましょう。

  • Apple SIM
  • 価格:600円
  • 販売場所:Apple store
  • プラン:LTEデータプリペイド(チャージ1回あたり) :1,500円/1GB  
  • 通信速度:最大100Mbps  
  • 利用期間:31日

Apple SIMの詳細をまとめてみました。日本国内でApple SIMを利用する場合、回線を提供しているのはauのみです。

ちなみに2016年9月8日にSoftBankが海外のApple公式サイトに追加されていましたが、現時点ではプランの詳細は判明していません。

つまり、現時点でApple SIMで契約できる会社はauのみになっています。これでは選択肢の幅が非常に狭いですよね。

 

さらに、用意されているプランのLTEデータプリペイドは1回あたり1,500円で1GB、利用期間も31日と決まっています。格安SIM業界の値下げ競争は白熱しているため1GBなら月額1,000円以下で使用できますよね。

この点を考えると日本でメインとして使用することにメリットがないことが分かります。

 

Apple SIMはiPhoneで使えないって本当?

これね、本当です!!笑

先日発表されたiPhone7と合わせてApple SIMを使おうと考えていた方は考えを改めてください。Apple SIMは基本的にiPad向けに提供されているSIMカードです。そのため、残念ながら全てのiPhoneに対応していません。

  • iPad Pro Wi-Fi + Cellularモデル
  • iPad Air 2 Wi-Fi + Cellularモデル
  • iPad mini 4 Wi-Fi + Cellularモデル
  • iPad mini 3 Wi-Fi + Cellularモデル

ちなみにApple SIMは上記の4機種に対応しています。日本で使えるのはau版かSIMフリー版のみとなります。iPad Proなら最初からApple SIMが内蔵されているので設定すればすぐに使用可能です。

ということでiPhoneでは使うことができません。また今後対応する可能性も低いでしょう。なぜならApple SIMの最大の特徴を見ればその理由が分かりますよ。

 

Apple SIMは海外での利用がメイン

実は、Apple SIMは“海外旅行のためのデータプラン”と公式サイトに書いてあるくらい、海外での利用をメインに考えられて作られました。

そのため、世界100以上の国と地域でApple SIMを利用できます。つまり目的地に到着したらすぐにApple SIMを使うことで、わざわざ海外でSIMカードを買わなくても旅行を楽しむことができるのです。

 

世界中の通信事業者と提携しているのはApple SIMくらいなので海外旅行や出張などで毎回SIMカードを買っている人にとっては非常に便利な存在ですよね。

日本にてApple SIMを購入し、あとはiPad上で各通信事業者と契約するのみです。たったこれだけで快適な通信が楽しめる優れものなのです。

 

Apple SIMの評判は?

仕事ができる男子 のコピー 2

Apple SIMは海外旅行や出張を行う人からの評価は非常に高いです

海外旅行や出張の経験がある方は、海外でSIMカードを契約する際に不便な思いをしたことでしょう。これもApple SIMさえあれば、すぐに通信を開始できる上にチャージするのも非常に手軽なのです。

国内にてApple SIMを使っている人は、料金上、ほとんどいないでしょう。しかし、先ほどの例から海外に行く際に使っている方は多いでしょうね。

 

もし、Apple SIMが国内のMVNOに対応したら

Apple SIMの特徴などを見て、もしApple SIMが国内のMVNOに対応したらと思うとワクワクしますよね。これまでのようにSIMカードを交換しなくて済むので手軽に格安SIMを利用することができます。

しかも、iPhone上で契約できたらApple SIMはバカ売れすること間違いなしでしょう。

 

現在、多くの企業が格安SIM業界に参戦しているので、格安SIM初心者の方はSIMカード一つ選ぶのに苦戦していると思います。

そういった人に向けて上手くアプローチして来てもおかしくありません。

 

まぁ、現実的な話をするとMVNO会社の回線を提供しているのは3大キャリアなので、MVNO会社を選べるシステムになるには程遠いです。

それほどキャリアの囲い込みが激しいので実現は不可能に近いでしょう。

 

逆に国内の会社。

現在、最も多く利用されているdocomo回線なら自社のサービスとして、できなくも無さそうですが、まぁないでしょう。たぶん。笑

 

iPhone7がFelicaに対応したように、今現在、日本向けのサービスが加速しています。

Apple SIMにも動きがあれば嬉しい限りですよね。

 

現段階ではSoftbankが参入したという情報があるので、今後、キャリアを含めてMVNOが参加すればApple SIMを国内で使用という例が出てくるかもしれません。

有名じゃないマイナーMVNOにとっては嬉しい展開になるでしょう。

 

まとめ:Apple SIMは国内より海外での使用!

仕事ができる男子 のコピー 2

さすがApple!といった感じで、従来のSIMカードと同じにしない点がスゴいですよね。ただ、世界利用メインなので国内ユーザーにとっては今の所選ぶメリットは一つもありません。止めておきましょう!

auそしてSoftBankと参戦しているのでdocomoが参戦したら何らかの動きがあるかもしれませんね。

 

実際に日本に来る外人からしても選択肢が多い方が良いでしょうし、格安のMVNO会社に対応して選択肢を増やして欲しいです。今後の動きに注目しましょう。

さて、結論としては「国内使用はダメ!」「海外使用はOK!」といった感じです。頻繁に海外に行く人は持っていて損はありません。では。

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

大手格安SIMにばかり目が行きがちですが、今回紹介するのは日本通信が提供しているb-mobileです。(はっきり言ってマイナー格安SIMですww)

あまり聞いたことがない人が多いと思いますが、イオンモバイル専用SIMを提供しているなど、格安スマホブームを影で支えているんですよ。 

 

今回は、そんなb-mobileのプランやサービスを中心にご紹介します。ネット上では、使い物にならないと言われているb-mobileですが、真相はどうなのか?検証の意味も含めて見ていきましょう!

 

b-mobileとは?

仕事ができる男子 のコピー 2

老舗プロバイダの日本通信が提供しているMVNO(格安SIM)がb-mobileです。

日本通信では、格安SIMブームになる前から格安SIMを提供しており、近年ではイオンモバイルとの提携を行ったり、ゲーム専用SIMを提供するなど様々な動きを見せています。

 

そんなb-mobileでは定額プラン従量制プランを取り入れており、音声通話機能付きSIM及びデータ通信専用SIMの両方に対応しています。

また、格安スマホと一緒に使えるWi-FIルーターなども販売しているんですよ。それでは、b-mobileの各種SIMやプランを見ていきましょう!

 

b-mobileの料金プランなど

 仕事ができる男子 のコピー 2

  • b-mobile おかわりSIM
  • b-mobile SIM 高速定額
  • b-mobile プリペイドSIM
  • イオン専用 b-mobile SIM
  • b-mobile ゲームSIM

b-mobileでは主に5つの形態のSIMを扱っており、それぞれにプランが用意されています。おかわりSIMや高速定額など魅力的なプランもあるので、詳細を確認していきましょう。

 

b-mobile おかわりSIM

まずは、『おかわりSIM』についてご紹介します。こちらは、従量制で料金が発生するプランになっており、使用したデータ量に応じて支払う料金が変わります。

最安で、1GB=500円で使用することができ、1GBのデータ量に関して言うと最安の部類に入りますね。

  • 月額料金は、500~1,500円(税別)
  • SMS付は月額料金 630~1,630円(税別)
  • 音声付になると、月額料金 1,300円~2,300円(税別)

おかわりSIMでは、データ容量に応じて5段階に料金が変化します。データ容量は全タイプ共通で1GB,2GB,3GB,4GB,5GBになっており、毎月の使用量によって決められます。

そしてb-mobileでは開通日が決済日となるため、決済日までに利用していたデータ量によって料金が決まるのです。

 

従量制の最大データ量である5GBを月内に使い切ってしまった場合ですが、通信速度制限が発生し、上り下りともに200kbpsに制限されるので注意してください

それ以上のデータ量を使いたい方には、Turbo Chargeというサービスが用意されているので、データ量を増やすことが可能ですよ。

こちらは、最大利用期間90日間で100MB / 300円(税別)と500MB / 1,200円(税別)で提供されています。

 

b-mobile 高速定額

おかわりSIMとは違って定額でネットが楽しめる『b-mobile 高速定額』です。毎月の使用量がある程度決まっている方や、データ量を気にせずにネットを楽しみたい方におすすめです。

  • 月額基本料は1,180円(税別)
  • 音声付 (3GB)になると月額基本料 1,980円(税別)
  • 高速定額(使い放題)で月額基本料 1,980円(税別)
  • 高速定額の音声付(使い放題)で月額基本料 2,780円(税別)

b-mobile 高速定額ではライトプラン高速定額の2種類のプランを用意しています。ライトプランは3GBまで利用することができ、超過した場合は上り下りともに200kbpsに制限されます。

それに比べて、高速定額ではデータ量の制限なくネットを利用することが可能です。超過することもないので存分に通信を楽しむことができますよ。

 

b-mobile プリペイドSIM

従量制や高速定額のように契約せずにビジネスやちょっとしたタイミングでSIMを利用したいという方にはプリペイドSIMがおすすめです。

面倒な手続きやクレジットカードの必要もないので気楽に始められますよ。データ容量は5GBが用意されており、ガッツリと通信することができます。

  • 1ヶ月(30日):3,380円(税別)
  • 6ヶ月(180日):17,315円(税別)
  • 12ヶ月(360日):29,445円(税別)

プリペイドSIMは大手家電量販店などの店頭やネットショップなどで購入することが可能です。

また、SIMの種類は標準、マイクロ、ナノの3種類が用意されています。プリペイドSIMは基本的に30日間を利用月と定めており、この間に5GBのデータ量を使うことができます。

 

さらにプリペイドにも3種類が用意されており、1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月と期間が分かれています。

すべて30日間の間5GBを利用することができるので、利用する期間に合わせて購入してください。どのパターンも30日間以内に5GB使い切った場合は上り下りともに200kbpsの速度制限がかかりますよ。

  • b-mobile 5GB × 1ヶ月オンラインチャージ
  • b-mobile 5GB × 6ヶ月オンラインチャージ
  • b-mobile 5GB × 12ヶ月オンラインチャージ

そして万が一、プリペイドを使い切ってしまったとしても、利用中または利用期間終了後から10日以内にオンラインチャージすればチャージした分継続して利用できるようになっています。

 

イオン専用 b-mobile SIM

イオンと提携して発売していたb-mobileの格安SIMです。以前まではスマホ専用のプランがありましたが、現在は携帯電話専用のSIMカードのみの提供となっており格安スマホに使用することはできません。

もし、格安スマホで利用したい場合はおかわりSIMや高速定額などで契約しましょう。

 

b-mobile ゲームSIM

Pokemon GO専用のSIMとして日本通信が新たに提供してるのがゲームSIMです。

これまでのSIMとは違い用途がハッキリとしているSIMとなっています。プリペイドSIMのように一定のデータ量を使い切るとサービスが終了する形ですね。

  • 価格:1,500円(税別)(bマーケット価格)
  • データ容量:1GB
  • 利用期間:30日間
  • チャージ:500円(税別)/1GB
  • SIMサイズ:nano SIM,micro SIM

新しいタイプのSIMとして脚光を浴びたゲームSIM。こちらは人気のアプリ、Pokemon GO専用SIMとして提供されています。

基本的にPokemon GO以外を操作することはできないためSNSやインターネットも閲覧できません。そのため、子供に安心して遊ばせたい親御さんにおすすめのSIMではないでしょうか。

 

その他にもポケモンGOの専用SIMがあるので、少しだけ紹介しておきますね。

 

1ヶ月間の使いきりになっており、チャージをすることで継続して使うことが可能です。

利用中または利用終了後から10日以内なら500円で1GBチャージできます。販売店舗は大手家電量販店やネットショップなどで購入することができますよ。

 

僕がb-mobileがおすすめできない理由

仕事ができる男子 のコピー 2

ここまでb-mobileのSIMやプランをご紹介しましたが、ココからはb-mobileがおすすめできない理由についてご紹介します。ネット上でなぜバッシングを浴びているのか?

コチラでガッツリ理由を説明します!

 

とにかく通信速度の評判が悪い

b-mobileの最大の欠点は通信品質の悪さです。格安SIMにとって通信品質は非常に重要な点になります。遅い、繋がらない、制限がかかることはユーザーにとってストレスになりますからね。

特にb-mobileを契約する際に多くの人が高速定額プランに惹かれるかと思いますが、こちらのプランは評判が悪く、とても使えたものではないという意見が散見されます。

 

遅すぎます。最近特にひどくなってきており、インスタのムービーすら閲覧できず。フェイスブックもレスポンスが悪いです。動画を見る人はやめたほうがいいです。(Aさん)

 

おそい。とにかく遅い。LTEとは思えぬ速度だし、混んでる時間帯だと、3Gどころか電波が繋がないことも多々ある。(Bさん)

 

街の中でも速度はあらゆる時間帯を利用してみたが遅い。動画はカクカク。使うほどにストレスがたまります。メールの確認くらいだけならいいかも。1週間で解約しました。(Cさん)

引用:価格.com

 

通信品質の悪さについてのコメントが特に目立っていますよね。

特に動画の閲覧などは制限がかかることもあり、動画がカクついたりしてしまうようです。また、時間帯によっては繋がらないこともあり酷い内容となっています。

 

格安SIM業界ではこれまでデータ量定額のプランが多く登場してきました。最近ではキャリアスマホの代用として知名度が上がってきたため、主要MVNO会社で使い放題プランが登場するようになりました。

データ量を気にせずにネットを使い放題なので人気が高いです。もし、b-mobileの高速定額を利用するなら高い通信品質を誇るUQ mobileやU-mobileなどを契約するといいと思います。

 

ただ、今回の件に関しては私ども、格安SIMアドバイザーが実際に試して下した判断でない、ということを頭に入れておいてください。

数日後にはなりますが、b-mobileさんを契約して、実際に通信速度を測ってみたいと思うので、しばしお待ちください。

 

ちなみに、UQ mobileとU-mobileを比較してみました

 

[データ通信専用]

  • b-mobile SIM 高速定額(使い放題):月額 1,980円(税別)
  • UQ mobile データ無制限:月額 1,980円(税別)
  • U-mobile PREMIUM:月額 2,480円(税別)

 

[音声通話機能付き]

  • b-mobile SIM 高速定額 音声付(使い放題):月額基本料 2,780円(税別)
  • UQ mobile データ無制限:月額 2,680円(税別)
  • U-mobile PREMIUM:月額 2,980円(税別)

 

他者と比べるとほぼ同額か数百円足すだけで契約することが可能です。b-mobileの通信品質が気になるという方はこれらのMVNO会社も検討してみてはいかがでしょうか?

▶︎▶︎参考記事:UQ mobileの通信速度が速い?実際に試してみた

▶︎▶︎参考記事:U-mobile PREMIUMって?料金プランなどを紹介

 

取り扱い端末が少ない

通常MVNO会社の多くが端末とセットで格安SIMを販売しています。初心者のユーザーでも端末セットがあると選びやすく、バリエーションが多い楽天モバイルBIGLOBE  SIMは人気が高いです。

それに比べてb-mobileではVAIO Phoneのみしか取り扱っていません

 

VAIO Phoneのスペックなど色々

  • カラー 黒
  • サイズ 幅(W)×高さ(H)×厚さ(D) 約71.3 × 141.5 × 7.95mm
  • 重量 約130g
  • 連続通話時間/連続待ち受け時間 最大約800分 / 最大約500時間
  • バッテリー容量 2,500mAh
  • OS Android™ 5.0 Lollipop 32 bit
  • CPU 1.2GHz, クアッドコア
  • 内部ROM/内部RAM ROM16GB / RAM2GB

VAIO Phoneはパソコンで有名なブランド「VAIO」の名前が付いたスマホということもあり注目されましたが、実際は製造・販売を日本通信が行いデザインのみ「VAIO」が監修し、「VAIO」のスマホ版のような優れたスマホを期待した人は肩透かしを喰らいました

VAIO Phone自体はミドルクラスのAndroid端末といった仕上がりでスペックも普通です。その後、VAIO Phone BizというVAIO Phoneの上位版を発売し、こちらは「VAIO」がハードウェア設計から携わり高評価を得ています。

 

b-mobileではVAIO Phone専用のプランを用意し、セット販売のような形で発売していましたが、端末自体の不人気とb-mobileのプラン内容によってそこまで人気は高まりませんでした。

 

[以前あったVAIO Phone専用プラン内容]

  • 高速定額  音声付:月額基本料 1,980円(税別)
  • ライトプラン 音声付: 月額基本料  980円 (税別)
  • 初期手数料 3,000円(税別)
  • 端末代金:48,000円(税別) [bマーケット価格] / 分割払金 2,000円(税別)×24回

 

上記はb-mobileのVAIO Phone専用のプランです。以前はb-mobileが提供するbマーケットで購入できましたが、現在は休止状態にあります。

こちらの専用プランで契約したSIMは、VAIO Phoneのみでしか使用できません。

こういった制限も端末セットが売れなかった原因の一つだといえます。b-mobileは取り扱い端末を増やすことを優先的に行った方が今後のためになるでは?

 

ゲーム専用SIMも微妙

ここまでSIMの通信品質の悪さや端末セットの少なさなど、ユーザーからの不満が多いb-mobileですが、2016年8月10日にゲーム専用SIMの提供を開始しました

正直な話、多くの改善点と向き合ってからこうした提供を開始すべきだと思います。また、こちらのゲーム専用SIMもまた悪い点が目立ってしまっているため失望している方が多いはず・・。

 

ゲーム専用SIM自体はPokemon GO専用のSIMという触れ込みで、ネットやSNSなどが使えないという特徴がありますが、実際は使用することができてしまいます

お子様に買い与える際にはスマホ自体の設定で有害なコンテンツをブロックしなければいけません。

 

また、1GBで1,500円という料金の高さにも疑問を覚えますね。b-mobileの通常のプランが1GB 500円になっているので割高感が否めません。

使い切った後のチャージでは1GB 500円で増やすことが可能なんですが・・。Pokemon GOの人気に便乗したプランになってしまっていてb-mobileの良さがない点が非常に残念ですね。

 

まとめ:b-mobileの今後に期待

仕事ができる男子 のコピー 2

ここまでb-mobileの良い点・ダメな点を紹介してきました!格安SIM界の中でも古株で、知名度が上がる前から販売していた日本通信ですが、残念ながら選ぶ理由がないくらいに内容が酷いです。

多くのMVNO会社の中でも人気が低い理由が分かっていただけたと思います。これだけユーザーから不満が出ていながらも改善する見込みがないため、他のMVNO会社に流れている人も多いでしょうね。

 

その上、ゲーム専用SIMやイオン専用SIMなどライトユーザーをターゲットにしたSIMを提供しており、商売に走っている感じが否めない状況です。

b-mobileには質の高いプランや端末セットなどライトユーザーが満足する質の高いMVNO会社を目指して欲しいですね

ゲーム専用SIMなどすぐに形にして展開する勢いがあるなら、ユーザーが満足するように内容を改善して欲しい限りです。まぁ、なんにせよ今後のb-mobileに期待していきましょう。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

インターリンクLTEの格安SIMは、まだまだ知名度が低いので聞いた事がない・・・と言う人も多いでしょう。

インターリンクLTE SIMは、NTTドコモの回線を利用したMVNOですので、使用できる端末はドコモ回線に対応したスマホとなります。

今現在、ドコモのスマホを使っている人であれば、そのまま乗り換える事が出来るので楽チンですよ。

 

そしてインターリンクLTEの最大の特徴は、何といっても固定IPアドレスが付いてくる点です。

詳しい事は後ほどお話しますが、固定IPアドレスが付いてくる格安SIMはほとんど無いので、必要な人には重宝する格安SIMとなりますよ。

 

インターリンクLTE SIMの料金プランやその他にかかる料金

ギャル女子 のコピー 2

まず料金プランですが、5つのプランがあります。

スクリーンショット 2016-09-07 16.01.50

  • SMS機能付きSIM・・・月額140円の追加で変更可能
  • 初期費用・・・3000円
  • プラン変更事務手数料・・・1500円(ただし変更は月に1回まで)
  • SIMカード再発行、サイズ変更手数料・・・1回につき3000円
  • 24時間速度制限解除クーポン・・・1枚500円(1か月の購入上限はありません)

基本の主な料金はこのようになります。

 

料金プランの128Kbpsで使い放題と言うのは、金額は安いですがその代わり通信速度が他のプランより遅くなります。(これは大分遅いよ!)

通信速度128KbpsというのはLINEやメールのやりとり、Twitterの更新、閲覧くらい(画像はダメ)であれば、まぁできなくもないですが、webサイトの閲覧や動画の視聴となると時間が掛かります。

常にWi-Fi環境が整っているのであれば、料金も安いので良いのですが、外出先などで使うという場合はあまりおすすめできません。

 

また、128Kbpsで使い放題プラン以外のプランには通信制限が設けられています。月に決められた通信量を超えるとそれ以降は200Kbpsに制限されてしまうのです。

また直近3日間の通信料が一定量を超えると、次の日の1:00~25:00までは200Kbpsに制限されます。

 

その基準とは・・。

  • 1GB/3GB→366MB使うと×
  • 7GB→1.2GB使うと×
  • 10GB→1.5GB使うと×

となっています。

3日間でこれらのデータ量を消費してしまうと、一時的に通信速度制限が掛かってしまいますので気を付けましょう。

 

では、次はインターリンクLTE SIMが行っているサービスを詳しく見ていきます。

 

初期費用がタダ(0円)になる場合がある!?

ギャル女子 のコピー 2

インターリンクLTEの格安SIMを初めて契約する場合、通常、初期費用が3000円発生します。

しかしこの初期費用がタダになる場合があると言うのです。

 

それはどのような場合かというと、インターリンクを10年以上契約している場合です。

対象となるのは以下のサービスとなります。

 

【インターネット接続サービス】

  • ZOOT NEXT for フレッツ光
  • ZOOT NEXT for フレッツADSL
  • ZOOT NEXT for フレッツISDN
  • ZOOT for フレッツ光
  • ZOOT for フレッツADSL
  • ZOOT for フレッツISDN
  • MOOTサービス
  • よくばりメール
  • モバイルアクセス
  • ダイヤルアップクラシック
  • インターリンクLTE SIM

 

【VPN接続サービス】

  • マイIP・マイIPソフトイーサ版
  • セカイVPN
  • グループ専用VPNサーバー

 

【DNSサービス】

  • おまかせDNS
  • インスタントDNS

 

【レンタルサーバーサービス】

  • えらべるメール&Web
  • マイサーバー1000
  • マイドメイン1000
  • ハウジング

 

【ドメイン取得サービス】

  • ゴンベエドメイン
  • ドメイン転送

 

【有料アプリケーションサービス】

  • Answer Station
  • 走れメロス 遺言メールサービス

 

インターリンクLTE SIMを新たに契約しようとお考えの方は、上記サービスの契約の有無と契約していた場合は、契約年数を調べてみましょう。

もしかしたら初期費用がタダになるかもしれませんよ!

 

インターリンクLTE SIMの最大の特徴!固定IPアドレス

ギャル女子 のコピー 2

冒頭でもお話ししたように、インターリンクLTEの格安SIMを契約すると、SIMカード1枚につき固定IPアドレスが1つサービスで付いてきます

 

そもそも固定IPアドレスって何?という方もいらっしゃると思うので、軽く説明しておきますね。

通常、スマホやパソコンなどでダイヤルアップ接続をする時は、その時に使用出来るアドレスを、その都度、自動的に割り当てられるようになっています。

しかし固定IPアドレスを持っていることで、毎回、同じアドレスによって接続する事が出来ちゃうのです。

 

え?まだ難しいって・・??

 

これで何が変わるのかと言うとね。外出先の他の機器からでもそのIPアドレスを使って接続することができるので、自分のパソコンやスマホに接続できるようになります

例えば、家のパソコンで作成したデータを会社のパソコンで見る事ができ、プレゼンの時なんかに役立ちますよね。

 

つまり、USBなどのデータ保存機器が無くても大丈夫ですし、保存し忘れやデータが消えてしまった等という心配もなくなります。

また仕事で使う場合は、社内ネットワークやサーバーへのセキュリティ面でも安心です。

 

とは言っても、このような機能は仕事で使う事が多く、実際のところ一般的な個人使用のスマホにはあまり必要ありません

固定IPアドレスが必要ないとなると、他の格安スマホより料金は高くなるので違う格安SIMにしときましょう。

 

高速データ通信のON/OFF切り替えが自分で出来る

ギャル女子 のコピー 2

インターリンクLTE SIMでは自分で高速データ通信のON/OFFを切り替えが出来るのも特徴ですね。

高速データ通信が必要のない時はOFFにして、必要になればONにすることで、データ通信量の節約に繋がります。

 

行い方は簡単で、『インターリンクマイメニュー』にログインして切り替えが可能です。

ただし128Kbpsで使い放題プランは、高速データ通信が設けられていないのでON/OFFの切り替えは対応していません。まぁ当たり前ですね。

 

注意して!音声通話機能付きプランはありません

ギャル女子 のコピー 2

料金プラン表を見ていただいてもわかるように、インターリンクLTE SIMには音声通話機能付きプランがありません。基本的にスマホを持っている人は、電話を掛けることがあると思います。

もちろんLINEなどのアプリを使えば電話を掛けることが出来ますが、通常の電話機能で掛けたくても掛けられないのです。電話の機能が無くなると困ると言う方は、こちらのSIMは使わない方が良いでしょう。

 

なので、どちらかと言うと「サブ端末にSIMを入れたい!」といった場合に使えるSIMだと思ってください。さすがにメインでコレを使うのはねぇ・・。

 

まとめ:固定IPアドレスは面白い

ギャル女子 のコピー 2

1枚のSIMカードにつき、1つの固定IPアドレスが付いてくるというインターリンクLTE SIM。

個人で通常用途でスマホを持つ目的であれば、固定IPアドレスはほとんど必要ありませんし、音声通話機能付きプランもないので、おすすめは出来ません

 

固定IPアドレスがいらないのであれば、このSIMはただのデータ通信専用のSIMという扱いになっちゃいますしww 他の格安SIMに比べると料金も高いので、やめときましょう

ただね、今のところ固定IPアドレスが付いてくる格安SIMは、この『インターリンクLTE SIM』だけなんです!その点はすっごく魅力的だと個人的に思いますね。

法人で契約したいという方など、どうですか?以上です。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

皆さんはSkyLinkMobileというMVNO会社を聞いたことがありますか?格安SIMがブームになったことで多くの会社がMVNOに参戦しましたが、その中のひとつがSkyLinkMobileという会社です。

シンプルなプランが魅力的で分かりやすいMVNO(格安SIM)なので、ぜひ格安SIM初心者の方におすすめしたいですね。

 

今回はSkyLinkMobileの魅力や実際のところどうなのか?(通信速度など)赤裸々に紹介していこうと思います

メジャーな格安SIMじゃなくても良いものを利用したいという方は、本記事でSkyLinkMobileの魅力を知ってみてくださいっ!

 

*本記事について*

今回のSkyLinkMobileは音声通話機能付きSIMが用意されていないので、比較する他の格安SIMプランも全てデータ通信専用SIMのプランとなっています。

音声通話機能付きSIMで比較していないので、注意してくださいね!

 

SkyLinkMobileとは?

ギャル女子 のコピー 2

SkyLinkMobile(スカイリンクモバイル)は、PCやスマホの周辺機器などを開発しているELECOMが提供している格安SIMです。SkyLinkMobileという名称よりもELECOMという名称を聞いたことがある人は多いでしょう。

正直、名称をELECOM SIMとかに変更した方がとっつきやすいですよね。笑

 

SkyLinkMobileは“ユーザーとユーザーをつなぐ”というコンセプトのもと立ち上げられました。

docomoの回線を利用しているMVNO会社でOCN モバイル ONE楽天モバイルなど多くのMVNO会社がdocomo回線を利用しています。

 

これから紹介するSkyLinkMobileは一言でいうと“シンプル過ぎる”MVNO会社です。

良い意味でも悪い意味でもシンプルなのでマイナーMVNOからの脱出は難しいかと思いますが、スマホ初心者の方にとっては複雑化したMVNO会社の中でも分かりやすいプランやサービスを用意しているので良いと思いますよ。

 

SkyLinkMobileの料金プラン

ギャル女子 のコピー 2

SkyLinkMobileには、利用頻度に分けて3つのコースが用意されています。すでに選択肢が3つなので選びやすいですよね。(選択肢が少ないとか言わないの!)

他のMVNO会社だと通信量が記載されていますが、SkyLinkMobileではあくまで利用用途によってコースが分かれています。どんなコースがあるのか見ていきましょう!

 

フリーデータコース

  • 料金:月額780円 (SMS付き:月額900円)
  • 通信量:無制限
  • 通信速度:300Kbps

まず、紹介したいのはフリーデータコースです。月額780円で通信量は無制限、通信速度は300Kbpsです。先に言っておくとコレがSkyLinkMobileで一番人気のコースです。

通信速度が300KbpsだとSNS、メールやWebの閲覧などが可能。動画視聴やダウンロードを行う場合は300Kbpsだとだいぶ厳しいので上位プランを選んだ方が賢明ですかね。

 

ちなみに、楽天モバイルのベーシックプランも月額525円で通信速度200Kbpsですが、SkyLinkMobileの方が若干手頃に契約できますよ。

通信速度200Kbpsというと普通の格安SIMの上限を超えた際にかかる低速通信状態と同じスピードです。

画像の多いサイトなどでは若干ストレスを感じるかもしれません。その点SkyLinkMobileのフリーデータコースなら通信速度300Kbpsなので若干気持ち速く体感できます。笑

 

そして注意点ですが、フリーデータコースは通信量無制限ですが規制がかかる場合があります。(どっちやねんw)

これはネットワークを一部の方が占領して回線が混雑しないように規制がかかるんですね。まぁ、他のMVNO会社でも行われていることなので許してあげましょう。

内容は3日間で450MB以上利用すると翌日に規制がかかり100Kbpsになってしまう場合があります。通信速度100Kbpsでは何もできないので使い過ぎには注意が必要ですね。

 

デイリーコース

  • 料金:月額980円 (SMS付き:月額1,100円)
  • 通信量:110MB/day
  • 通信速度:150Kbps

続いて、デイリーコースの紹介です。月額980円で通信量は1日110MBまで、通信速度は150Mbpsとなります。先ほどのフリーデータコースに比べると通信速度が大幅に上がっていますよね。

公式サイトではゲームアプリを中心に利用する方におすすめと記載されているのですが、1日110MBを超えてしまうと通信制限が発生し速度が150Mbpsから200Kbpsに落ちてしまいます

通信制限は翌日には解除されるので一か八かで遊びまくるのはアリですね。

 

一応ではありますが、デイリーコースの1日あたり「110MB」という通信量はある程度のゲームアプリのプレイや数十分の動画視聴などには耐えることができます。

しかし、長時間のプレイや視聴になると圧倒的に足りなくなるのでやめた方が無難です。それでも通常利用には全く問題ないですよ。

 

そして、デイリーコースの価格帯と似ている他の格安SIMプランが通信量1GBのプランです。例えば、DTI SIMでは1GBで月額600円。NifMoでは1GBで月額640円になっています。

こうなると割高感が否めませんが、上限を使い切ってしまった後、通信制限がかかることを考えるとデイリーコースの方が良さそうではありませんか?通信量1GBなんてすぐに使い切ってしまいますからね。

 

SkyLinkMobileのデイリーコースは価格的にお得だと思うのですが、実はOCN モバイル ONEの110MB/日コースは月額900円になっているのでコッチの方が得なんですよねww

SkyLinkMobileでないとダメな理由がないならOCN モバイル ONEの方が無難かもしれません。ごめん、SkyLinkMobile。

▶︎▶︎参考記事:OCNモバイルONEを使ってみたので通信速度などを暴く

 

マンスリーコース

  • 料金:月額1,510円 (SMS付き:月額1,630円)
  • 通信量: 4GB/month
  • 通信速度:150Mbps

最後に紹介するのはマンスリーコースです。月額1,510円で通信量は月に4GBまで、通信速度は150Mbpsです。

1日たっぷりと使いたい方におすすめのコースになっており、SkyLinkMobileの中では最も通信量が多いです。しかし月に4GB以上利用した場合は通信制限が発生して速度200Kbpsに制限されるので注意。

さらに、3日中に366MB超えてしまうと翌日のみ100Kbpsに通信速度が下がります。

 

マンスリーコースは月に4GB使えるので余程大きな通信量を使わなければ安定して利用が可能でしょう。

また余った通信量は翌月に繰り越せるので余っても安心。ここまでは、まぁ評価できますがマンスリーコースの最大の欠点は月額料金の高さにありますね。

 

例えば、DMM mobileのデータSIMプラン 5GBは月額1,270円。その他のOCN モバイル ONEや楽天モバイルも月5GBが月額1,450円で提供されています。

この点を考えると4GBで月額1,510円は高く感じるかもしれません。マンスリーコースならではの特典もないので他のMVNO会社を契約した方が得策です。

 

音声通話プランは用意されていない

ギャル女子 のコピー 2

ここまでプランの紹介を見てきた方は音声プランがないということに気づいたかもしれません。

SkyLinkMobileではデータSIMまたはSMS付きデータSIMしか用意されていないので、音声プランは契約できません。しかし、その代わりに“SkyLinkPhone”が用意されています。

 

SkyLinkPhoneを使おう

SkyLinkPhoneは簡単にいうとIP電話です。SkyLinkPhoneでは050から始まる電話番号が付加されます。IP電話といえばNifMOなどが有名ですよね。知ってますか?

ネットを利用した通話なので電話回線を利用いた通話に比べると劣る部分が多いですが料金が安いのが特徴です。また、SkyLinkPhoneでは050から始まる電話番号が付加されます。

  • フリーデータコース:月額1,080円
  • デイリーコース:月額1,280円
  • マンスリーコース:月額1,810円

各コースにSkyLinkPhoneをつけた場合プランの価格が変わります。このプランに月内に使った通話料がプラスされます。通話料はIP電話ということもあって通常のスマホの通話料に比べると比較的安く使用できます

  • 固定電話への通話:8.6円/3分
  • スマホ・ケータイへの通話:16.25円/1分
  • 国際電話:3円/1分
  • SkyLinkPhone同士:無料

SkyLinkPhoneでは通話相手によって料金が変わります。どの場合も通話料が安いのですが、IP電話なので環境によっては回線が安定しないことも多々あるので注意したいところです。

ちなみに、IP電話はネット回線なので当然データ通信が発生するのですが、20Kbps程度なので低速状態に入ったプランでも使用可能ですよ。

どうしてもSkyLinkMobileで電話を使いたいという人(いないだろうがww)は良いかもしれませんが、別途電話用の端末を用意した方が安定した電話ができるかもしれませんね。

 

スマホとのセット販売があるよ

ギャル女子 のコピー 2

SkyLinkMobileのSIMはdocomo回線なので対応している端末で利用できるほかセット販売も用意しています

正直SkyLinkMobileのセット販売には期待しない方が良いかもしれません。取り扱っている端末は1機種のみでfreetelのprioriという機種になります。

 

freetel priori

  • キャリア:SIMフリー(キャリア契約なし)
  • OS種類:Android 4.1
  • 画面サイズ:3.5インチ
  • 内蔵メモリ:ROM 512MB + 4GB
  • RAM 512MB
  • バッテリー容量:1500mAh

2014年8月2日に発売されたこちらの機種は高性能なスマホが発売されている現在ではスペックの低さにメインはおろかサブで使うのも難しいかもしれません。

本当に初めて格安スマホを使う方には良いかもしれませんが、それでも現行のエントリーモデルなどを別途購入することをおすすめしますね。

ちなみにSkyLinkMobileのSIMとfreetel prioriの端末セットは現在オンラインショップで取り扱っていないので端末を購入する必要がありますよ。

 

SkyLinkMobileのメリット

ギャル女子 のコピー 2

SkyLinkMobileのメリットは、初心者の方でも分かりやすいシンプルなプランです。他社ではプランやサービス、オプションが多く選びにくいですが、SkyLinkMobileは3つのプランと通話の付加のみでオプションもないです。

さらに、最低利用期間や解約手数料も発生しません。初期費用3,000円のみなので良心的です。

 

そしてSkyLinkMobileの最大のメリットは人気のフリーデータコースの存在です。

もし、SkyLinkMobileを契約するならフリーデータコースがいいでしょう!他社に比べて料金も変わらないので格安で楽しめますよ。

 

SkyLinkMobileのデメリット

ギャル女子 のコピー 2

マイナーなMVNO(格安SIM)ではどうしても価格競争に負けてしまいます。

デイリーコースやマンスリーコースもシンプルで選びやすいですが、他社に比べると割高感が否めません。最もおすすめできるフリーデータコースに関しても他社の方が同じ内容で安く契約できます

 

初心者でも分かりやすい料金体系なのは魅力的ですが、それにしてはスマホセットの質が悪いのが難点です。

初心者でも使えるスマホをセットで販売して欲しいところですね。また、提供しているELECOMの魅力が出ていないのももったいないです。

 

ELECOMのアクセサリーをセットに販売するなどいくらでも施策は考えられますが、格安SIM事業にはあまり力を入れていないのかもしれません。

まだまだ需要のある格安SIMなのでマイナーMVNOからの脱却を目指して欲しいですね。

 

まとめ:今後の展開に期待かな・・

ギャル女子 のコピー 2

ELECOMが提供しているMVNO(格安SIM)ということもあって、本来、SkyLinkMobileはもっと世間に名前が知られていていいはずです。

ただ、現段階ではレビューも少ないのでマイナーMVNOに成り下がっています。初心者におすすめですが、情報が少ないというは初心者からしたら不安要素でしょう。

 

今後、ELECOMを前面に出したキャンペーンや端末セットの発売など施策を行ってほしいですね。

SkyLinkMobileは良い点も悪い点もイマイチ出ていないのが残念であり、現代段階でSkyLinkMobilを選ぶべき要素は0と言っても過言ではありません

まぁ頑張ってください!その時は『良い格安SIMだ!』と宣伝しますから。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが提供している格安SIMです。

有名なプロバイダなので、格安SIMのサービス自体も優れており、MVNO業界でも高いシェアを誇っています

 

ただOCNモバイルONEは、毎月の使用料金が特別安いとか、通信速度が他に比べて特別速いとかいうわけではありません

つまり、「特に強みがある!」と言うわけではないのです。ですが、NTTコミュニケーションズというそのプロバイダの信用度はかなり高く、そこから信頼して契約する方が多いです。

 

最近はCMもよく流れているのでご存知の方も多いでしょう。

OCNモバイルONEは格安SIM/スマホが初心者であり、まだまだ大手でない不信感の方が強い!という方におすすめです。ぜひ格安SIMデビューはOCNモバイルONEにしましょう!

 

OCNモバイルONEを公式サイトでチェック!

 

OCNモバイルONEの料金プラン

スクリーンショット 2016-08-25 14.30.31

*SMS対応SIMは月額120円追加で利用可能*

 

OCNモバイルONEの料金プランはバリエーションが多いのが特徴です。

DMM mobileのバリエーションには少々劣りますが、それでも6プランから選べるのはかなりの魅力だと言えます。データ容量の上限が月換算だけではなく、1日あたりのものもあり、それぞれの使い方に合わせて選ぶ事が出来ます。

データ容量が1日あたりのプラン(110MB/日と170MB/日)は、毎日一定量使うという方におすすめで、日によってデータ容量の使用量にバラつきがあるという方は逆に月コースにするといいでしょう。

 

500Kbpsプランは他社の低速プランに多い200Kbpsよりも速く、かつデータ容量が15GBで1800円(音声付きSIMは2300円)と数値上は非常に安いと思われます。

動画を高画質で見たい!という人には向いていませんが、中画質や低画質で十分!という方には、ある程度の速度でありデータ容量も多いので合っているのではないでしょうか。

 

途中でのプラン変更も可能ですので、じっくりと自分に合ったプランを見つける事が出来ますね。

ただし1暦月内に1回のみ変更可能となっているので注意してください。また月末日は申し込めないので、そこも気をつけてくださいね。

 

プリペイドSIMでお試しも可能!

初めて格安SIMを使う場合やどの格安SIMを契約しようか迷っている場合、まずはプリペイドSIMで試してみてはいかがでしょうか?

プリペイドSIMとは一定期間(例えば1ヵ月)のみデータ通信を使えるものであり、購入した端末と格安SIMが事前に合うかどうか確かめるのに役立ちます。

 

そして、OCNモバイルONEのプリペイドSIMは「プリペイド期間型」「プリペイド容量型」の2種類があります。

 

プリペイド期間型

こちらは1日50MBを20日間お試しできるプリペイドSIMで、初回は2800円で購入することが出来ます。1日のデータ容量を使い切ってしまっても、速度は遅くなりますが通信することは可能です。

50日間に延長出来る期間延長パッケージもあり、こちらは2200円で購入出来ます。しかし今後の継続を考えているのであれば、期間延長パッケージを購入するより月額契約にした方がお得ですね。

まだしばらく考えたいという場合のみ、期間延長パッケージを購入するようにしましょう。

 

プリペイド容量型

こちらはパッケージ料金3200円で、1GBの容量を使い切るまで利用できます。ただし最大利用期間は4か月間です。期間を過ぎてしまうと使えなくなってしまいますので注意してください。

容量が足りない場合や4か月過ぎてしまった場合でも、容量追加パッケージ1.0GBを2000円で購入することが出来ます。

 

こちらのプリペイドSIMは、あまりネット回線に繋がない方やWi-Fi環境が整っていて高速通信データ容量を使うシーンが少ない方におすすめです。

この容量型の場合は、1GBを使い切ってしまうと通信が出来なくなってしまいます。毎月、毎日コンスタントに使うという方は月額契約にしておいた方が安心です。

 

その他にかかる料金

  • 初期費用 3000円
  • 解約違約金 8000円(音声)
  • SIMサイズ変更等 800円(データ)/3000円(音声)
  • データ容量をシェアする場合の手数料 月額450円(SIM一枚に付き)
  • 留守番電話 月額300円
  • キャッチホン 月額200円
  • 通話料金 30秒20円

 

通信速度やOCNモバイルONEの特徴をチェック

ギャル女子 のコピー 2

使用回線はNTTドコモ

OCNモバイルONEはNTTドコモの回線を借りているので、Xi、FOMAのエリアに対応しています。NTTドコモのホームページを見ればわかりますが、かなりの広範囲で利用出来ますよ。

またWi-Fiスポットも約82000か所で利用出来るので、通常利用するのであれば問題なく使えます。

 

通信速度はどうなのか

通信速度は悪くはありませんが正直良くもありません、普通レベルという感じです

ヘビーユーザーやビジネスで使う方など、使用用途によっては遅いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、普通に使う分には何の問題もなく使えるでしょう。

一応、下記の記事にて実際にOCNモバイルONEを使ってみての体感速度をまとめているので気になる方はチェックお願いします。

▶︎▶︎参考記事:OCNモバイルONEを使ってみての感想!通信速度は・・

 

支払方法はクレジットのみ?

MVNOの多くがクレジットカードのみの支払い対応しかしていない中で、OCNモバイルONEは口座振替での支払いが出来ます

そのため法人での契約やクレジットカードを持っていない人でも契約しやすいでしょう。

 

IP電話アプリ『050plus』を活用

IP電話アプリ050plusは、OCNモバイルONEの母体であるNTTコミュニケーションズが運営しています。そのためOCNモバイルONEに契約している人が、050plusを申し込むことでお得な割引を受けることができます。

通常は月額300円の基本料金が発生しますが、OCNモバイルONEのデータ専用SIMとSMS機能付きSIMを契約している場合は月額150円、音声通話付きSIMを契約している場合はなんと月額無料で利用する事が出来るのです!

 

・・と、その前にIP電話や050plusって何?って感じですよね。では簡単にだけ説明します。

まず通話というのは本来電話回線というものを使って行います。この電話回線はネットを使う時の回線とは違い、通話音がクリアに、そして途切れにくいというメリットを持つ反面、少し料金が高いというデメリットがあります。

 

それに比べてIP電話、これは先ほどの本来通話に使われる電話回線とは違い、ネット回線を使っての通話となります。コチラはまず料金が通話と比べて格段に安いです

なので格安SIMの弱点である「通話料金の高騰化」という部分を補填するために各MVNOが揃って使用しているのです。

 

もちろん、このIP電話にはデメリットがあり電話回線に比べると不安定で、そして通話音声もクリアとは言えない、という部分があります。

しかし改善に次ぐ改善が行われている今、そして未来においてはコチラの安価なIP電話が主流になるのではないか、と予想されているのです。

 

そのIP電話を使ったのが、このOCNモバイルONEの050plus。

では、その特徴をご覧下さい!

 

050plusの特徴

まず050plusを使うことで先ほど言った通り通話料金が格段に安くなります。例えば、お互いに050plusアプリをダウンロードしておけば通話料金は無料

アプリを使って固定電話に掛けた場合は3分8.64円、携帯やスマホに掛けた場合は1分17.28円です。通常の電話回線で掛けると1分40円なのでかなりお得ですよね。

 

しかし発信番号が通常の携帯電話番号と異なり、アプリの名前にもなっている通り「050番号」となります。番号の非通知、通知の切り替え等は可能です。

また留守番電話機能も付いており、留守電にメッセージが残った時は登録しておいたメールでお知らせしてくれるという便利な機能も付いています。

 

なので、たくさん電話を掛けると言う人は必ずアプリをダウンロードしておきましょう。

特に音声機能付きSIMを契約している人は、月額無料で通話料金を安くできるので、まずデメリットはありません。ダウンロードをして損はないですよ!

 

まとめ:特に強みはないのだが・・

ギャル女子 のコピー 2

OCNモバイルONEの格安SIMは冒頭にも言ったように、「特にコレがすごい!!」といったような強みがありません。

しかしその母体であるNTTコミュニケーションズは大手の企業なので、サポート力は高く何か問題が起こったとしても、きちんと対応してくれます。初心者の方にとってはとても頼もしいですよね。

 

さらにプリペイド式の格安SIMもあります。初心者の方、どの格安SIMにしようか迷っていらっしゃる方は、お試しが出来るので安心です。

自分に合わないと思えばそのまま何もせずに放置しておけば良いだけですし、合っていると思えばOCNモバイルONEのホームページから長期契約に変更すれば良いだけなのです。

 

もしOCNモバイルONEを契約しようかどうか迷っているならば、プリペイド式SIMから始めてみても良いですね。

 

OCNモバイルONEを公式サイトでチェック!

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

UQ mobileは、全格安SIMの中で最高クラスの通信速度で人気を博しています。そこで本記事ではUQ mobileのプランや特徴、注意点について説明していきますよ。

もしもあなたが大手キャリアから格安SIMに乗り換えようと検討しているのであれば一度立ち止まってご覧下さい。

 

UQ mobileのプラン料金を公開

スクリーンショット 2016-08-05 10.31.42

※上記の他、月額2,980円の「ぴったりプラン」もあり。

 

UQ mobileの基本プランはデータ通信専用・音声通話付きSIMそれぞれで2種類となっています(「ぴったりプラン」については後述します)。そして契約に関わる費用として、SIMパッケージ料金 が 別途3000円かかります

ちなみに解約に関わる費用として、音声通話プランの場合、12ヶ月以内に解約すると解約手数料が9,500円かかりますので事前に内容を把握しておきましょう。

 

オプション料金について、どのプランであってもテザリング機能が申し込み不要・無料で使用できます

また、データ通信専用プランであっても、SMS機能が無料で付いてきます(他の格安SIMの場合、データ通信専用プランでSMS機能をつけると120~150円程かかります)。

 

その他、有料オプションに関しては以下の通りです。

スクリーンショット 2016-08-05 10.31.59

 

UQ mobileと言えば、最高レベルの通信速度!

仕事ができる男子 のコピー 2

UQ mobileの最大の長所は、他の格安SIMはおろか、大手キャリアをも凌ぐレベルの通信速度です

他社にありがちな時間帯による速度のばらつきも少なく、通信のピークタイムであるお昼時(12時~13時)以外は、20Mbps~30Mbps以上の速度が実現しています。

 

2015年11月からはデータ繰り越しに対応しているので、月内に上限容量を使い切れなかった場合でも無駄のない運用が可能です。

その他、高速通信と低速通信との自由な切り替えも可能な「ターボ機能」や、小刻みに追加容量の購入出来る「データチャージ」機能があります(100MBが200円、500MBが500円)。

 

そして通話においてはVoLTE対応SIMの使用で高音質を実現しています。

UQ mobileは、大手ブロードバンド情報サイトである「RBB TODAY」が主催する「RBBTODAY 格安SIMアワード2015」において、通信速度部門1位に輝きました。

通信速度においてそれだけ評価・信頼されている格安SIMなのです。

 

MNPもストレスフリーで安心

仕事ができる男子 のコピー 2

UQ mobileは他社から番号移行(MNP)の場合にもメリットがあります。MNPを行い格安SIMに移行する際、大抵の場合は申し込みをした時点で現在使っているスマホが使用不能となります。

つまり、2~3日後にSIMカードが届くまで、スマホの使用を我慢しなければなりません。

 

しかしUQ mobileの場合、この不便な期間が発生しません。申し込みの段階では使用不能とならず、通話・通信が可能であり、回線の切り替わりは申し込みから一週間後、自動的に行われます。

それまでにSIMカードは届いていますので、使用不能となるタイミングが存在しないのです

 

もちろん自動切り替えだけでなく、SIMカードが届いた時点で手動切り替えも可能です(切り替え受付時間は9:30~20:30)。

スマホが使用不能にもならず、好きなタイミングで切り替えが出来ることは、MNPの手間とストレスを大きく軽減しますよね。

 

ぴったりプランについて一言

仕事ができる男子 のコピー 2

ぴったりプランは音声通話付きSIMプランであり、月額2,980円で無料通話時間(最大60分/「月)、と各種アプリ10種類がセットで、最大2GBまでの高速通信が利用出来ます

2016年7月1日より、auもしくはau系格安SIM以外からのMNPの場合、最初の1年間は月額料金が1,980円になります。

 

また、月額1,000円の「たっぷりオプション」を適用すると、無料通話時間が2倍(最大120分/月)、高速通信データ容量が3倍(6GB/月)となります。

特典を最大限活用すれば、大手キャリアのスマホと同じくらいにフレキシブルな利用が可能なプランなのです。

 

契約待った!UQ mobileの注意点

仕事ができる男子 のコピー 2

注意点は速度制限の存在とプラン・キャンペーンの少なさです。データ無制限プランであっても、実際には直近3日間の通信量が3GBになると通信速度が最大200kbpsに制限されます。

200kbpsになると動画視聴はもとよりネットサーフィンだけでも満足に出来なくなりますので、快適さに流されて無計画に使用することがないように気をつけましょう。

▶︎▶︎参考記事:ストレスなくネットを楽しむなら通信速度はどれくらい!?

 

また、他の格安SIMのようなお得なキャンペーンが少なく、基本プランも2種類しかないので、お得度と自由度は弱めです。

また、「ぴったりプラン」はうまく活用すればお得なプランですが、auもしくはau系格安SIMから移行する場合は旨味が少ない上、特典に関する条件も多いことから初見では分かりづらさが目立ちます。

一度契約すると、26ヶ月目の更新月以外の解約には9,500円の手数料が請求されますので、今使用しているスマホの契約状況を十分に把握することが求められますね。

 

ちなみにUQ mobileと対抗して同じくau回線を持つMVNO(格安SIM)が2つあり、その1つが人気格安SIMのmineoとなります。mineoは上記UQ mobileの弱点をクリアしている唯一格安SIMなので、気になる方は下記をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:大人気格安SIMであるmineoを契約したので、通信速度などの感想を!

 

またUQ mobile・mineoの2つを含めた、3つのau回線を使う格安SIMを1記事にまとめているので、比較して決めてみたい!という方は下記をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:数少ないau回線を使用する3つの格安SIMを比べてみた!

 

まとめ

仕事ができる男子 のコピー 2

以上の通り、UQ mobileは、「良くも悪くもシンプル」な格安SIMです。その性格を念頭に置いた上で契約すれば、最高品質の通信速度をお得に利用することが出来ます。

スマホについて特に多くの機能・特典を求めず、快適に利用したいという方に特におすすめ出来る格安SIMです!

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

もしもシークスというMVNO会社(格安SIM)をご存知ですか?あまり認知度はないものの、このユニークな名前を一度は目にしたことがあるでしょう。

今回は、その『もしもシークス』のおすすめポイントや料金プランなどをはじめ、もしもシークスの全貌に迫っていきます。

 

多くのMVNO会社が登場する中、小規模ながらも魅力的なサービスやプランを提供しているもしもシークス。

格安SIMを選ぶ際、大手ばかりに目がいっている人が多いですが、こうした小規模なMVNO(格安SIM)も選択肢に入れてみてください!それでは、早速もしもシークスについてご紹介します。

 

もしもシークスとは?

若い新米男子 のコピー 2

2013年の10月にエックスモバイル株式会社という会社が設立されたのですが、その後、たった1年後(2014年)に格安SIMサービスの『もしもシークス』が生ました。

 

スクリーンショット 2016-07-15 19.57.35 

もしもシークスを公式サイトでチェックだ!

 

まだ、サービス提供開始から日は浅いですが、もしもシークスという名前を聞いたことがある人は多いでしょう。

親しみやすい名前ということで「もしもシークス」という名称が付けられたそうです。他のMVNO会社とは違ってある意味インパクトのある名前ですよね。

 

MVNO会社の多くがインターネットプロバイダなど通信関連の会社ですが、もしもシークスの提供会社であるエックスモバイル株式会社も小さな通信関連会社です。

小さい時から代理店を徐々に増やして知名度が上がってきました。そのため、ユーザー目線に立ったサービスが特徴的なMVNO会社(格安SIM)となっています。

 

もしもシークスのおすすめポイント

若い新米男子 のコピー 2

名前の通り、通話に強いMVNO(格安SIM)

もしもシークスという名前の通り、通話に強いです!MVNO会社といえば、通話よりもデータ通信というイメージがありますよね。ほとんどのMVNO会社が通話に特化していない現状があります。

そんな中、楽天モバイルやFREETELといった会社が「5分かけ放題」などを提供していたり、BIGLOBE SIMやmineoなどが通話定額を提供したり、通話のニーズが高まっている傾向にあるのです。

▶︎▶︎参考記事:もしもシークス以外で通話に強い格安SIM

 

もちろん『もしもシークス』も通話料対策を行っており、プライベートやビジネスで通話料を気にせずに通話がしたい、という方におすすめできます。

なぜなら、もしもシークスには、「かけ放題フル」が提供されているからです。

 

これまでのかけ放題といえば、NifMOが提供している「NifMO でんわ」によるかけ放題サービスなどがありました。

ただ、こちらのかけ放題はネット回線を利用したIP電話になっており、通話品質に関してノーコメントでお願いしたいくらいひどいものがあります…。

 

が!もしもシークスの「かけ放題フル」は業界初の電話回線による無制限かけ放題サービスなのです。

 

電話回線ならガラケーと同じなので実質キャリアのかけ放題のように使えます!と言いたいところですが、アプリを介してプレフィックス番号を利用して通話することになります。

なので、キャリアに比べると少々使い勝手は劣るかもしれせんが、現状の各社かけ放題に比べると頭ひとつ出ているかなという印象です。

積極的に通話品質の改善を行っているので、今後化ける可能性は高いですね。

 

業界一店舗数が多い

キャリアショップのサポートに慣れてしまうと、何かある度に寄りたくなります。

しかしMVNO(格安SIM)は店舗を持たないところがあるくらい実店舗に力を入れておらず、ネットからの契約・サポートが普通です。そういった面から格安SIMのサポートに不満を持つ方が多いでしょう。

 

しかし、そんな中!もしもシークスは小規模ながらも実店舗に非常に力を注いでいます

 

もしもシークスには、もしもシークスが提供しているショップと代理店として機能しているショップが存在します。

この2つのショップを合わせると格安SIM/スマホ業界の中で一番店舗数が多いMVNO会社となるのです。2015年時点で代理店数は520社に上っており、現在も直営店及び代理店を順次拡大しています。

 

代理店といえば、大手家電量販店などを想像してしまいがちですが、もしもシークスでは、バス会社、タクシー会社、学校、葬儀屋などあらゆる場所が代理店として機能しています。

徐々に知名度を上げてきた『もしもシークス』だからこそできる大手にはないやり方です!

 

直営店及び代理店では、キャリアショップのように各種設定や修理サポート、格安SIM/スマホに関する詳しい説明、提供されているスマホを触ることができるなどキャリアショップと変わらないサービスを受けることが可能です。

MVNO会社のサポートは先ほど言った通り、基本的にネット、電話、メールなどによるサポート。手軽に相談できるのは良いのですが、これらのサポートでは限界がありますよね。

 

その点、もしもシークスなら顔を合わせて相談することが可能なので、キャリアショップ並のサポートを求めている方にぴったりです。

 

豊富な端末で選びやすい

もしもシークスでは格安SIMと端末のセットプランが提供されています。はじめて格安SIM/スマホを契約する人にとって、SIMとスマホの別々購入は結構ハードルが高いですからね、初心者にぴったりでしょう。

また、もしもシークスは意外なことに豊富な端末が用意されています。決して契約できる端末の数は多くないのですが、他のMVNO会社にはないセレクトで選びやすいです。

契約できる端末を下記にまとめてみました。

  • UPQ UPQ Phone A01X 
  • 富士通 arrows M02
  • Sony Xperia(TM)Z5 compact
  • Apple iPhone6s
  • Apple iPhone6sPlus
  • Apple iPhone6
  • Apple iPhone6 Plus
  • HTC Desire 626
  • HTCDesire EYE

もしもシークスの端末を見たら他のMVNO会社との違いに気がつくと思います。iPhoneやSony Xperia(TM)Z5 compactを製品ラインアップに入れているMVNO会社は少ないからです。

 

なぜこのようなラインアップかというと、もしもシークスの社長自身がスマホを500台以上所有しているスマホマニアだからです!笑

新作のスマホは全て購入しているという程、マニアな社長が公式サイトでは全ての製品にコメントをつけています 。こんなMVNO会社は他に見たことがありません。

 

今後も、随時取り扱いスマホは増えていくことも予想されます。これまでも業界で一番早くXperiaシリーズを販売したり、日本では売っていないタブレットなどを提供していました。

最新の格安スマホが欲しいという方は、もしもシークスの動向に注目です!

 

もしもシークスの料金プランを徹底紹介!

若い新米男子 のコピー 2

良くも悪くもシンプルなプラン設定

スクリーンショット 2016-07-16 13.57.34

2016年4月に行われた発表会にてプランを刷新したもしもシークス。音声通話機能付きプラン(以下音声プラン)とデータ通信専用プラン(以下データプラン)の2つが用意されています。

 

音声プランでは、基本料金とパケット量ごとの料金、かけ放題、オプションを決めます。

データプランでは、基本料金とパケット量ごとの料金、オプションを決めて選びます。パケット量は、1,3,5,7,10GBの5種類で展開されており、使い放題などのプランは今のところありません。

 

オプションは、音声プランでは留守電、キャッチホン、もしも保証600、もしも保証700があります。

データプランでは、SMSオプション、もしも保証600、もしも保証700が用意されています。もしも保証600は月額600円、もしも保証700は月額700円で端末保証をしてくれるオプションサービスです。

 

もしも保証600では、同時に購入した端末が5万円未満の場合、最大年2回まで保証が適用となり、修理にかかる費用が1回目が8,000円(税別)、2回目が12,000円(税別)になるといった内容です。

 

そしてもしも保証700では、同時に購入した端末が5万円以上の場合、最大年2回まで保証が適用となります、

修理にかかる費用は端末の購入価格が~99,999円の場合、1回目が10,000円(税別)、2回目が15,000円(税別)になり、端末の購入価格が100,000円~の場合は、1回目が12,000円(税別)、2回目が18,000円(税別)となります。

 

といった感じでユーザー側が選ぶのは、プランの種類とパケット量、オプションのみです。

プランがシンプルな上に価格も格安SIMの中でトップクラスに安く、音声プランに関しては話題の0SIMに次ぐ、安さで展開されています。(一部プランは負けている)

 

プランの幅やオプションの充実度合いでいえば他社に軍配がありますが、低価格な料金は魅力的です。

肝心の通信品質ですが、普通から速い程度なので特にストレスは感じないでしょう。混雑時には遅くなってしまいますが、まずまずのスピードが出ます。

 

さて、プラン関してまとめると良くも悪くもシンプルなプランといえるでしょう。

難点なのが料金の安さに反して各手数料が割高という点です。例えば、事務手数料は5,000円だったり、最低利用期間内の解約は10,000円だったりします。

事務手数料の相場的には各社3,000円程度で安定しているので若干高い設定ですよね。

 

そして最低利用期間ですが、データプラン、音声プラン含めて12ヶ月の使用が条件になっています!

格安SIMの手軽さとは程遠い少々キツめの設定です。何となく契約して試してみようという方は注意が必要ですね。また、オプション関連も少し高めの設定のため、プランの料金が安くてもうーんという感じです。

 

料金を安くするのは良いですが、こういった見えないところで料金を発生させるのはユーザー目線とは言えないような。せめて、公式サイトのプラン説明に事務手数料や最低利用期間の説明が欲しいものですね。

 

とはいっても、もしもシークスは何度か料金プランの刷新をしていて徐々によくなってきています。

通信制限なども緩和されているので利用者が増えればこういった面も安くなるかもしれません。今後のプラン変更に期待ですね。

 

通話にとにかく特化している

もしもシークスで特に推したいのが通話です。おすすめポイントでも紹介しましたが通話に特化しているMVNOなのです。例えば、もしもシークスの通話には現在2つのかけ放題が用意されています。

  • かけ放題ライト 5分かけ放題 月額850円
  • かけ放題フル 通話無制限 月額1,800円
  • 地球放題 国際通話定額 月額980円 ※現在サービス停止中

上記のように、かけ放題は時間制限の違う2種類が用意されており、両方とも専用アプリを介してプレフィックス番号を入力して通話するものです。

アプリを使わない場合は、30秒19.9円の通話料が発生してしまうので、必ず通話する際はアプリを介して通話しましょう。

また、「地球放題」という国際通話定額のサービスが展開されていましたが、現在一時停止しており今後の動きに注目です。

 

もしもシークスのかけ放題は電話回線なのでクリアな音質で通話を楽しめます。

電話回線で無制限というのは少ないのですぐに契約だ!となりますが、実はいくつかの決まりがあります。通話無制限といいながらも意外とルールが厳しいので覚えておきましょう。

  1. コンピューターによる回線の利用と思われる場合
  2. 連続して1日50回以上通話をされた場合
  3. 連続して60分以上同一の相手先に連続してかけた場合
  4. その他、他のお客様のご利用に影響を与えるような短期間で大幅に利用された場合、一時的に利用を制限する場合があります

不正利用防止のため、このようなルールがかけ放題に設けられています。ここで注目したいのが②と③です。

 

②は連続して1日50回以上通話をされた場合に利用を停止するというものです。

基本的に1日50回以上通話をかける人は少ないと思いますが、細かく通話することで真価を発揮する「かけ放題ライト」を契約した方にとっては厳しいかもしれません。

 

特に、ビジネス用途なので通話を利用する場合は気をつけたほうがいいでしょう。

③は、連続して60分以上同一の相手先に連続してかけた場合に利用を停止するというものです。こちらは、「かけ放題フル」を利用している場合に気をつけなければいけないルールです。

 

このようにかけ放題は魅力的ですが、ルールについても覚えておきましょう。せめて、③の連続して60分以上同一の相手先に連続してかけた場合の利用停止はなくして欲しいですね。

無制限の使用で長電話をする方にとっては起こり得ることだと思います。これらの点を加味しても通話無制限は魅力的なのでおすすめです。

 

データ通信はどんな感じ?

さて、ここまで通話メインに紹介したのでデータ通信がどんな感じなのか確認しておきましょう。データ通信プランを契約する場合は、パケット量の少ないプランを選んでください

データ通信の1GBは最安値に近いのでお得に契約できます。しかし、その他のプランでは最安どころか通常よりも割高な場合が多いので容量の高いプランでの契約はおすすめできません。

 

そして、通信速度は速くもなく遅くなく標準といったところです。また、直近の速度制限はないのでガンガン使用できますが、容量を過ぎたら通信制限がかかるので使いすぎには注意しましょう。

もし、契約した容量が足りないと感じたらすぐに変更することが可能です。翌月1日から変更が適用されるので使ってみてから変更するのもアリですよ。

 

もしもシークスを契約するなら・・

若い新米男子 のコピー 2

音声プラン以外ありえない

最後にもしもシークスを契約するなら、どんなプランが最適なのかセレクトしてみました!選ぶ基準としてはもしもシークスの長所である通話をメインに考えました。プライベートやビジネスで電話をよくかけるという人向きです。

  • 音声プラン 月額980円
  • パケット量 3GB 月額1,200円
  • かけ放題フル 月額1,800円

合計3,980円

上記のプランが一番おすすめです。ネットはほどほどに通話をメインに使う人向けですね。データ量は、3GBあるので過度に動画を見たりしなければ十分な量です。

そして通話はもちろん無制限にかけることができます。オプション無しで月額4,000円で使用することができちゃうのです。無制限のかけ放題でこの料金で契約できるMVNO会社は他にありませんよ。

 

もしもシークスでおすすめの端末

もしもシークスなら端末も契約することができるのですが、あなたにとっておきの”おすすめ端末”についてご紹介します。端末の特徴などをまとめたので契約の際に参考にしてみてくださいね。

 

初めて格安スマホを使用する方

UPQ UPQ Phone A01X

  • 端末価格:16,800円
  • メモリ:16GB
  • カメラ:500万画素
  • バッテリー:1800mAh
  • 重さ:約118g
  • 画面サイズ:4.5インチ

もしもシークスの中では、手頃な値段と標準的なスペックで初心者におすすめのスマホです。UPQ Phone A01Xはとにかく標準的なスマホ。デュアルSIMなので2枚差しで使用することも可能です。

デザインがシンプルでどんな方にも似合いますよ。他のスマホから乗り換える場合はおすすめできませんが、初心者の方にはぴったりです

 

ハイスペックで安定したスマホが良い方

Sony Xperia(TM)Z5 compact

  • 端末価格:69,800円
  • メモリ:32GB
  • カメラ:2300万画素
  • バッテリー:2700mAh
  • 重さ:約138g
  • 画面サイズ:4.6インチ

ハイスペックなスマホが欲しい方には、Xperia(TM)Z5 compactがおすすめです。申し分ないスペックでさまざまな用途に対応できます。

画面サイズは4.6インチで小さめのスマホになりますが、手やポケットに収まるスマートな印象です。ワンランク上のスマホが欲しい方はこちらで決まりですね。

 

やっぱり定番のiPhoneを契約したい方

Apple iPhone6s

  • 端末価格:16GB 85,400円 64GB 91,400円 128GB 97,400円
  • カメラ:1200万画素
  • バッテリー:LTEで最大10時間
  • 重さ:約143g
  • 画面サイズ:4.7インチ Retina HD

MVNO会社でiPhoneを扱っているところは少ないですがもしもシークスでは扱われています。社長自らiPhone6sとの相性が良いと断言し、公式サイトでもトップページに配置されてますからね。

スペックはもちろん、全てにおいて優れている定番のスマホです。容量も3種類用意されているのでお好みの容量を選んでください。

 

まとめ:もしもシークスはまだまだ伸びしろがある

若い新米男子 のコピー 2

今回は『もしもシークス』についてご紹介しました!大手MVNOとは違った路線で存在感を見せるもしもシークス。

サービス提供開始からまだ日も浅いので改善点も多いですが、その中で通話や店舗数、取り扱い端末など徐々に個性を見せてきています。

今後、さらに店舗数は増えていくということなので、大手にはできないきめ細やかなサービスが期待できます。

 

正直な話、通話に特化しているかけ放題に関しても、もう一歩といったところです。

同じようなサービスを大手が提供し始めた場合、そちらに流れてしまう可能性が高いです。また、国際通話定額サービスも一時停止からアナウンスがないなど心配になる点もあります。今

 

後、もしもシークスには料金面ではなく、これまでの代理店を含めた店舗数増加に力を入れて欲しいですね。

プランやサービスでも健闘していますが、それ以上に地域密着型のような手厚いサポートを行うことで、もしもシークスはさらなる進化を遂げることでしょう。

 

例えば、もしもシークスは地方のシェア率が高い!もしもシークスはお年寄りにトップシェア!など大手MVNOの手が届かない部分に力を入れて欲しいです。

今後の伸びしろを含めて、通話をメインに使う方はもしもシークスを契約してみてはいかがでしょうか?

もしもシークスを公式サイトでチェックだ!

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

2016年7月1日より、株式会社U-NEXTは、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)と業務提携を行い、自社が展開するMVMOサービス「U-mobile」において、「U-mobile PREMIUM」という新プランを開始します。

本記事では、U-mobile PREMIUMの概要、期待できる点について説明していきます。

▶︎▶︎参考記事:U-mobileの料金プランや速度の紹介はコチラ

 

U-mobile

▶︎▶︎公式サイト:U-mobile

 

U-mobile PREMIUMに期待できる点

仕事ができる男子 のコピー 2

U-mobile PREMIUMに期待することが出来る点は、何といっても「実効速度の伴った、使い放題の高速通信」です。これについて具体的な説明に入る前に、U-mobileとIIJの来歴を説明します。

 

U-mobileはU-NEXTが提供する格安SIMサービスです。

月額790円で利用出来るデータ通信専用SIM (U-mobileデータ専用1GB)や、月額2,980円でLTE回線が使い放題の音声通話付きSIM (通話プラス LTE使い放題)などが用意されています

 

プランの種類は豊富で、特にLTE使い放題のプランを中心に人気を博しています。

母体が有線放送であることから、月額2,980円で音楽が聴き放題の音声通話付きSIM(通話プラス USEN MUSIC SIM)の存在も特徴的です。

 

このU-mobileの弱点とされてきたことは、LTE使い放題プランの実効速度および安定性です。

LTE使い放題プランは「下り最大225Mbps/上り最大50Mbps」程度の速度で設定されていますが、混雑時(特に平日の12時台や夜間)には速度が低下する傾向にあります。

また、使い放題とはいえ、3日間で1.2GB超のデータを使うと翌日は速度制限になるといった点もあります。これらの問題を解決するためにU-NEXTが提携を行ったのがIIJなのです。

 

IIJは自社ブランドの「IIJmio」において、2008年から格安SIMを販売しており、MVNOとしては最古参の企業の1つです。

今でこそポピュラーな「高速・低速通信切り替え」「余った容量の翌月繰り越し」「バースト転送機能」といった機能を開拓してきた、MVNO業界の先駆者です。

▶︎▶︎参考記事:IIJmioを契約してみたので通信速度や使い勝手をレビュー

 

更にIIJmioはdocomo回線を使用する格安SIMの中では高速であり、回線に一定の評価・信頼性があります。

従来のLTE使い放題プランを含め、U-mobileは「フリービット」が提供する回線を使用していました。今回導入されるU-mobile PREMIUMは、このIIJmioのdocomo回線を使用します。

従来使用していた回線よりも高品質な回線を導入することで、速度と安定性を向上させ、ハイクオリティな通信を目指しているのです。

 

特に現状のLTE使い放題は平日12時台や夜間に低速となる傾向にあるため、この時間帯における通信速度の改善が焦点となっています。具体的には「下り最大375Mbps/上り最大50Mbps」程度までの改善が見込まれています。

また、従来のLTE使い放題について廃止するのではなく、U-mobile PREMIUMと併存させる形となり、金額についても同等の設定です(LTE使い放題:データ専用2,678円/通話プラス3,218円/U-mobile PREMIUM:データ専用2,678円/通話プラス3,218円)。

新プラン導入による値上げや、既存プランのユーザーが一方的に損をすることが無いという点はメリットであると言えます。

 

U-mobile PREMIUMに注意すべき点

仕事ができる男子 のコピー 2

注意すべき点は主に2つあります。1つ目は「既存U-mobileプランからのU-mobile PREMIUMへの移行」について、2つ目は「速度制限」についてです。

まず既存U-mobileプランからのU-mobile PREMIUMへの移行」について、現行のU-mobileのプランを選択している場合、U-mobile PREMIUMに移行するには一度解約して、契約しなおす必要があります

音声通話付きSIMであった場合、番号そのままで移行すること(MNP)は可能ですが、手数料がかかる上、最低利用期間内の場合は更に6,000円の解約金が発生します。

上述の通り既存プランが廃止される訳ではありませんが、移行を希望する場合には注意が必要です。

 

2つ目の「速度制限」について、既存のLTE使い放題プランと同じように、U-mobile PREMIUM でも3日間の使用量による速度制限が導入される見込みです。

安定性と速度の向上が見込まれているとはいえ、依然として短時間での使い過ぎには注意が必要と言えます。

 

まとめ:

仕事ができる男子 のコピー 2

U-mobile PREMIUMで現状開始が決定しているのは定額無制限プランのみですが、将来的には1GB・5GBといったプランの開設も検討されています。

また、格安SIMフリー端末とのセットプランの拡充も予定されており、「NuAns NEO」といった高機能端末との併用も期待されています。

以上、注意すべき点はありますが、U-mobile PREMIUMは安定性・発展性の期待値が大きいプランであると言うことが出来ますね。一度検討してみてはいかがでしょうか。

U-mobile PREMIUM 受付中!

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

「mineo(マイネオ)」は関西電力系列の株式会社ケイ・オプティコムが運営するMVNO事業です。

mineoというブランドこそ最近でてきたものですが、ケイ・オプティコムは長年に渡り、インターネット接続サービスである「eo光」を運用しているので、特に関西の方には馴染み深いと思います。

 

2014年6月にauの回線を利用したMVNOサービスを開始し、2015年9月にはNTTドコモの回線も追加。

以降、Aプラン(au回線)とDプラン(NTTドコモ回線)の2種類の回線を選択できる、日本初のMVNO事業者となりました。

mineoの公式サイトはコチラ

 

はじめに!mineoのメリットと注意点

若い新米男子 のコピー 2

mineoのメリット

  • 音声通話付きSIMでも最低利用期間・解約手数料がない
  • 家族割・複数回線割で各回線が月額50円割引
  • データを家族で分け合えるパケットシェア
  • au回線を利用可能(auスマホが使える)

au回線が使えるのは全格安SIMを見渡してもmineoのAプランとUQ mobileだけなので、au回線対応スマホを考えている方からすると必然的にその2択となります。

注目すべくはデータ通信量のシェアや解約手数料の無料でしょうね。家族みんなで乗り換えたり、ちょっと速度を確かめたいから試しに契約してみる、といったことが可能です。

 

mineoの注意点

  • au回線なら他に選択肢がある
  • MNP転出手数料が高い

先ほど言いましたが、au回線はmineo以外にもUQ mobileで取り扱われています。通信速度の品質はmineoよりも少し上と言われているUQ mobileなので、何も考えずにmineoに契約するのはダメでしょう。

しかしUQ mobieはプランの多様性がないので、3GB以外でau回線の格安SIMを考えている方は必然的にmineo一択となるはずです。

 

mineoの月額料金とプラン

若い新米男子 のコピー 2

Aプラン(au回線)とDプラン(docomo回線)

スクリーンショット 2016-07-15 16.20.29

mineoのデータ通信専用プラン(シングルタイプ)はAプラン・Dプラン共通の料金ですが、音声通話付きプラン(デュアルタイプ)はDプランに比べ、Aプランが月額90円ほど安くなっています。

500MBと1GBのプランは他社の格安プランに比べると少し高めの料金になっていますが、3GB以降は他社に劣らず低価格の料金です。

 

データ通信専用SIMのAプランの場合、無料でSMS機能を付けることができるので、SMS付きデータ通信専用SIMの料金としては非常に安い料金になります。

iPhoneやNexusシリーズなどのメジャーなスマートフォンではセルスタンバイ問題対策にSMS機能は必須とも言える機能ですので、それを考慮すると3GB以上のプランはかなり魅力的な価格です。

 

mineoの通話料金をチェック

若い新米男子 のコピー 2

通常通話料

スクリーンショット 2016-07-15 16.23.33

通話料は他社と特に変わらず20円/30秒です。通話定額30と通話定額60はそれぞれ30分間を840円、60分間を1,680円の定額で使用することができ、30分、60分を超過すると、通常料金である20円/30秒に戻ります。

毎月21分以上通話をする方は通話定額30を、毎月42分以上通話をする方は通話定額60を、それ以外の方は通話定額に入らない方がお得になりますね。

 

またmineoを契約していると、050IP電話のLaLa Callが月額基本料無料、データ通信無料で使用できます。

音声通話のない、データ通信専用SIMであるシングルタイプでも利用できますので、通話機能を付けながら月額料金を大幅に下げることができます。

 

通常の通話料金よりも安く通話できますが、混雑時は不安定になる可能性があります

さらに緊急通報である110や119など一部かけられない場所もあるので、非常時のことを考えると、やはり音声通話付きSIMを契約して、それぞれ使い分けたほうがいいでしょう。

 

最低利用期間・解約、MNP転出手数料について

若い新米男子 のコピー 2

mineoは音声通話付きSIM(デュアルタイプ)であっても、最低利用期間がなく解約手数料がかかりません

スクリーンショット 2016-07-15 16.23.47

縛りがないというのは簡単に解約できるので魅力的な要素ですが、一方で契約して12ヶ月以内MNP転出手数料が高額となっています。(←この点、必ず注意!)

もし番号を残したい方にとっては、実質的な解約手数料にもなりますが、番号が変わっても構わないという方には気軽にmineoを試すことができます。

 

mineoの各割引サービス

若い新米男子 のコピー 2

mineoには家族割と複数回線割の2つの割引サービスがあります。

 

家族割

家族で契約した場合に、月々各回線から50円の割引が受けられるという内容です。

 

複数回線割

1人で複数回線を契約、例えばスマートフォンとタブレットのSIM両方を契約した場合などに、こちらも同じく月々各回線から50円の割引が受けられます。

あ、50円ってバカにしませんでしたか?50円の割引は馬鹿にはできませんよ!笑

 

データ通信専用SIM(シングルタイプ)のAプラン3GBの2契約ならば、月々850円を2枚となり、1,700円で3GBのSMS付きSIMが2台分手に入ることになります。

SMS機能が必須のセルスタンバイ問題を抱える機種に挿すならば、容量と価格のコストパフォーマンスが非常に優れています

 

パケットサービス

mineoは単なる割引サービスだけではなく、珍しいパケット関連のサービスも提供しています。

 

フリータンク

全国のmineoユーザー全員でパケットをシェアできるサービスです。余った容量をフリータンクに入れたり、引き出したりすることができます。

フリータンクへは上限なく10MB単位で入れることができ、毎月21日~末日までの間、月2回、合計1,000MBまで、10MB単位で引き出すことができます。

もちろん、フリータンクの容量がなければ引き出せませんが、2016年7月13日現在、約25TB存在しているので、なくなることはないでしょう。

 

パケットギフト

余ったパケットを家族や友人など誰とでも分け合うことできるサービスです。

贈ったパケットは贈られた月の翌月末まで利用可能ですが、同一eoIDで契約している場合は利用できないので注意が必要です。利用料は無料となります。

 

パケットシェア

使用せずに繰り越したパケットを同一住所の家族でシェアすることができます。

家族一人一人使い方が違っても、データ容量が無駄にならずに済み、利用料も無料ですので家族で契約している場合はおすすめのサービスです。

 

格安SIMアドバイザーがmineoを9ヵ月間使ってみての感想

若い新米男子 のコピー 2

ここまではmineoの基本的な情報でしたが、正直そういったものだけでは何も分からないですよね。

そこで実際にmineoを9ヶ月間契約した私がmineoを利用してみての感想を書いていくので、それを参考に格安SIMを選んでみてください。

 

私のスマホ利用形態

始めに、少し私自身のことについて説明しておきたいと思います。私はスマホを自宅、外出先と常に持ち歩いており、家ではWi-Fiで運用しています。

基本的に友人や家族とはLINEやSkypeでやりとりしており、メールはあまりしませんし音声通話もほとんどする機会がありません。

 

スマホのLTE回線の利用の多くはネットの閲覧と、Google Play Musicでの音楽のストリーミング再生、そしてradikoでラジオを聴くといったものです。

外出先で動画を見ることはあまりないのですが、泊まりがけの旅行などに行く場合はホテル等で動画を見て暇つぶしをすることがあります

 

mineoを契約した理由はキャンペーンが行われていたこと

さて、私がmineoを契約したきっかけは、新規入会者向けのキャンペーンが行われていたことです。2015年の秋頃に行われた入会キャンペーンにおいて、9ヶ月間の月額利用料割引が行われていました。

そのため、キャンペーンだから安く利用できるということだけを理由にmineoに入会することを決めたのです。(まぁ、動機なんてそれくらいで良いと思いますよ!)

 

現在もmineo 2周年のキャンペーンにより3ヵ月間料金が安くなっていますので、気になる方・大手キャリアから乗り換えようと考えていた方は今すぐチェックしましょう。

▶︎▶︎参考記事:mineoの2周年激安キャンペーンの詳細はコチラ

 

また、mineoのキャンペーンの傾向として現在既に契約済みである人にも特典がある場合が多いことが挙げられます。

例えば、回線の契約内容を変更(データプランから音声通話プランの変更)すると手数料分のAmazonギフト券がもらえるというものです。

 

ちなみに私も今後このキャンペーンを利用して、音声通話プランに契約変更を行う予定です。

 

データプランの3GBプランを契約した

私が契約時に選んだのは、データのみの3GBプランです。なぜ音声通話プランを選ばなかったのかというと、まだdocomoの2年縛りが解けていなかったこと、そしてあまり電話をかけないことが理由です。

容量を500MBや1GBでなく3GBに決めた理由は、3GBくらいあればたまに音楽のストリーミング再生や動画の視聴を行ったとしても容量を使い切らずに済みそうだったということです。

実際、まだ一度も使い切ったことはありません。

▶︎▶︎参考記事:データ通信量って一体どれくらい必要なの!?

 

また、SMS機能も付けておりません。SMSを利用する機会があまりないためです。ただし、今思うと付けておいても良かったと思うときがたまにあります。

スマホアプリによっては登録時にSMSで認証を行うものがあるため、そういったアプリがデータのみの契約となっているmineoのSIMカードを入れた端末で利用できないのはやや不便でした。

 

mineoの通信速度は若干下がってきている!?

契約時の回線速度はキャリアとほとんど遜色ない様子だった

私がmineoを契約したのは2015年の9月頃です。この時期はまだmineoがdocomo回線を利用するDプランを始めたばかりだったということもあってか、非常に速度が速く驚きました

一般的に格安SIMは速度がdocomoやSoftBankなどのキャリアと較べると遅いということが常識ですが、この当時のmineo回線に関してはほとんどdocomoの通常回線と変わらないのではないか、というほどのスピードを維持していました。

 

朝昼晩と一日中問題のないスピードで、こんな回線がキャンペーン価格でほとんど無料と変わらないような金額で利用できてしまって良いものかと思った記憶があります。

ただし、このスピードは流石に徐々に落ちてきていると感じられます。

 

現在は流石に速度が落ちてきていると感じられる時がある

契約直後は非常に高速だったmineoの回線ですが、現在は速度にばらつきがあると感じられることも多くなってきました。特に12時頃や夕方は、他の格安SIMと同様に速度が下がっていると感じられます。

確認のために何回かスピードテストアプリを利用してみると、同じような時間帯であっても速度がけっこうバラバラでした。

 

mineoのスピードテスト(モバイルルーターでSIMを利用)

image1

 

そのため、速度はあまり参考にはならないかもしれませんが、少なくとも現在利用していて言えることは「今も利用にはそれほど問題がない」ということです。

始めの頃の高速さは失われているものの、ネット閲覧やメールといった通常利用においては特に問題なく利用することができています。

 

私は混雑する時間帯にそれほどスマホを利用しない、朝と夜にスマホを多く利用するライフスタイルであるため、お昼や会社帰りの夕方にスマホで通信を多く行う人にはあまり参考にならない意見かもしれません。

しかし、少なくともそういった明らかに混雑することが予想される時間帯以外であればストレスを感じることはないということは確かなのです。

 

節約モードが便利である

mineoには節約モードがあり、アプリから簡単に切り替えることができます。この機能がmineoを利用するうえで最も便利だと感じた部分でした。

数日間外出するという機会があると、つい暇つぶしのために動画を見すぎて容量がどんどん減ってしまうということがありますが、節約モードに切り替えれば低速回線になってしまうものの容量が減らずに済むのです。

 

私は外出先において高速通信を使っている時間が長くなってきたと感じたら、すぐさま節約モードに切り替え、YouTubeの画質を144pや240pに落としてみます。

そういったことを繰り返しマメに行うことで、映像の質が落ちたりたまに止まったりという弊害はあるもののその後は安心して動画を見ることができます

 

mineoの場合、低速回線における容量制限はありません。ここがスゴい!

他のMVNOでは3日に366MBまでという制限がある場合がありますが、mineoにはないため気兼ねなくアプリのアップデートなどが行えるんですね。

 

ただし低速ですので時間はとても長くかかってしまうため、あまりそういった利用にはおすすめできませんが・・。笑

私はHD動画のダウンロードにも挑戦しましたが、いつまで経っても終わらなかったので最終的にはあきらめました。そういう時はWi-Fi下でやるのが常識ですね。

 

mineoスイッチが非常に便利だと感じた

mineoを利用するうえでダウンロードはほぼ必須であるアプリ「mineoスイッチ」。iOSとAndroidの両方に対応していて、今月のデータ残量を確認したり節約モードのオン・オフを行ったりすることができます。

私は以前に他の格安SIMを利用していたこともあるのですが、そちらでは節約モードへの切り替えがブラウザで行うというシステムであり、節約モードから高速モードに切り替える時などはなかなか読み込みが行われず少しストレスを感じました

 

しかし、mineoはアプリから切り替えを即座に行うことができるためそういったことがなく、快適に高速モードと低速モードを切り替えることができます。

データ残量についてもすぐに確認できるため、使いすぎに注意することができて助かりました。

 

メールアドレスはいらないかな・・!?

mineoでSIMカードの契約を行うと、メールアドレスがもらえます。私も1つもらっていますが、既にGmailやYahooメールを利用しているためあまり利用していません。

あくまでもPCのメールアドレスであるため、このアドレスから携帯電話のメールアドレスに送っても相手に届かないことがあるのが残念だと感じました。

 

フリータンクというシステムがなかなか面白い

容量が余ったときはフリータンクに入れ、足りないときはフリータンクから受け取るというmineo独自のサービスは魅力的であると感じました。

みんなで共有する財産としてパケット容量を扱っているため、元々最高1GBまでという制限はあるものの、むやみに引き出すことは憚られるという案配が面白いのではないでしょうか。

 

タンクの容量を共有している結果として、容量が余っているときは自分からフリータンクに入れようという気も生まれます。そういった方が多いためか、タンクの容量は常にたくさんとなっている様子が画面からわかります。

mineoを契約する場合は、フリータンクもチェックしてみることをおすすめします。

 

こんな感じでmineoを9ヶ月間利用していますが、非常に満足です。肝心の速度はやや下がってきていますが、まだまだ解約という方向には考えていません

むしろ、音声通話プランに契約を変更してメイン回線として利用したいとさえ考えています。

 

今後はプレミアムコースという混雑する時間帯にも対応したオプションサービスが登場するということですので、混雑する時間帯にスマホの利用が集中している方も検討する余地があるのではないでしょうか。

結論としては、mineoは非常におすすめできますね。

 

最後に、mineoの気になる点を振り返ろう!

若い新米男子 のコピー 2

もう一度結論を言いますが、mineoはおすすめできる格安SIMです。これは大手キャリアと比較した場合はもちろん、他の格安SIMと比べた場合であってもです。

それを踏まえた上でもう一度まとめてみましょう。

 

まずデータ通信専用SIM(シングルタイプ)の場合、500MBと1GBの料金が少し高めに設定されています。

しかし、もし容量が足りなくなった場合、フリータンクを利用し、パケットを分けてもらえることを考えるとそこまで高くはないでしょう。最大で1.5GB、2GBほどを使用することが可能なのです。

 

またSMSオプションが無料のAプランを利用した場合、SMS機能付きデータ通信専用SIMで3GBとしては、ほぼ最安値となります。

au回線に対応した端末で3GB程度の容量を消費する場合は間違いなくおすすめです

 

音声通話付きSIM(デュアルタイプ)は、最低利用期間・解約手数料がないという点が一番の魅力です。

その代わり、MNP転出手数料が高くなっているため、試しに音声通話付きのSIMが欲しい方や、サブの電話回線が欲しい方、初めて携帯を持たせる子供用の回線などには非常に適しています。

 

料金の面では、他社にある『かけ放題サービス』などはありませんが、通話定額オプションで60分までは安く使用することができます。

また、050IP電話サービスのLaLa Callを月額基本料無料かつ、データ容量消費なしで利用できるので、使い分けることにより通話料を大幅に減らすことができます。

 

他社のかけ放題などに比べれば多少見劣りしてしまいますが、月々の通話時間が30分程度であれば充分な内容です。

パケットサービスも面白いサービスですよね。mineoではユーザー同士でパケットを分け合うコミュニティサービスが発達しています。

フリータンクやパケットギフトなど、家族や友人だけでなく、見ず知らずの人にもパケットを分け合うことができます。他社にはない独特のサービスとコミュニティです。

 

そしてmineoならではですが、NTTドコモの回線とauの回線を自由に選択できる点も重要です

両方に対応した端末を使用している場合は、片方が混雑していて遅くなったと感じたら、2,000円の手数料で変更することができます。

 

一方で、au回線を使用するMVNOとしてはUQ mobileが存在します。UQ mobileは通信品質が非常に高いため、純粋にau回線を利用したい場合はUQ mobileを選択するのも悪くありません。

ただし、UQ mobileは高速通信を利用する場合は3GBの契約しかないため、それ以外の容量で契約したい方にはやはりmineoがおすすめですね。

容量だけでなく、フリータンクやパケットギフトなどの他にはないコミュニティやパケットサービスもmineoにしかないため、一概にUQ mobileが優れているわけではありません。

 

mineoは家族割、複数回線割、フリータンクやパケットギフト、通話定額にLaLa Callなどなど、mineoの複数のサービスを利用すれば、他社以上に割安の料金でスマートフォンやタブレットを利用することができます。

料金だけ見れば見劣りする面もありますが、サービス内容が他社に比べて非常に充実しています。

家族単位で格安SIMに変更される場合におすすめですが、友だちや知人などを誘って一緒に変更するのもいいでしょう。ライトユーザーからヘビーユーザーまで人を選ばない、万人におすすめの格安SIMです。

mineoでスマホ代を安くする方はコチラ

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

1000年に1人の逸材として注目を集めた橋本環奈さんがイメージキャラクターを務めているU-mobile。今回は多くのMVNO会社(格安SIM)とは違ったプランや独特のサービスを展開しているU-mobileについてご紹介します。

 

低価格で安定したサービスと高速通信を提供することを目的としているU-mobileでは、「LTE使い放題」や「ダブルフィックス」など他のMVNO会社にはないサービスを提供しています。

本記事ではU-mobileのおすすめポイントはもちろん、個性的なプラン内容からオプション、契約方法まで全てを説明するので、契約を考えている方は一旦この記事をご覧下さい。

U-mobileの公式サイトはコチラ

 

U-mobileとは?

 仕事ができる男子 のコピー 2

U-mobileとは、株式会社U-NEXTが提供しているMVNO(格安SIM)です。株式会社U-NEXTは、元々有線放送サービスを提供している株式会社USENの事業のひとつでした。

自由度が高くスピード感のあるサービスを提供することを目的として株式会社U-NEXTとして独立。そして、今に至ります。

 

株式会社U-NEXTでは、映画、音楽、ドラマ、アニメといったコンテンツをオンデマンドで視聴できるコンテンツプラットフォーム事業と、コストパフォーマンスの高い通信インフラを提供するコミュニケーションネットワーク事業の2つを軸に展開しています。

今回紹介するU-mobileは、株式会社U-NEXTの目的通りの自由度が高くスピード感のあるサービスです。それでは、U-mobileとはどのようなMVNO(格安SIM)なのか見ていきましょう!

 

U-mobileのおすすめポイント

 仕事ができる男子 のコピー 2

月額680円という低価格さが売り

U-mobileのプランは低価格で提供されており、これから格安スマホを利用する方や2台目を検討している方など色々な方におすすめできます。

そしてU-mobileのデータ通信は最安で月額680円から用意されています。

スクリーンショット 2016-07-10 18.24.25

こちらは、U-mobile独自のダブルフィックスという容量形態になっており、一定の通信量を超過するまでの料金と超過した後の料金が変わってきます。

詳しく書くと、1GBまでは月額680円となり、1GBを超えてからは月額900円になるという内容です。ちなみに1GBを超えた後は3GBまで使用することができます。

 

データ通信プランには3GBは用意されていないのでダブルフィックスを契約することで実質3GBを契約したことになります。

データ通信の1GBは月額780円なので、ダブルフィックスを契約したほうがお得に契約できますね。このように、月額1000円以下の低価格でスマホを楽しむことができるのがU-mobile!

 

ちなみに安さ重視の方であればまだまだおすすめできるMVNO(格安SIM)があるので、そちらも見ておいてください。若干ではありますが、U-mobileよりも安いプランもあります。

 

店舗(ストア)で直接聞きに行ける

U-mobileは独自に店舗を持っています。MVNO会社は基本店舗を持っていないことが多く、大型家電量販店などでコーナーを持っていたり、電話やメールでのサポートなどが中心です。

しかし、これではキャリアで直接聞いていた人にとっては慣れない方が多いでしょう。

参考記事:U-mobileだけでない!店舗を持つMVNO(格安SIM)

 

U-mobileの店舗は全国に展開しており、即日契約や受け取りをすることができます。さらに、分からないことを聞くことができ、サポートしてもらうことも可能です。

ネット契約は不安だ!という格安SIM・スマホ初心者の方におすすめですね。しかし、通常ネット契約の方がキャンペーン等により安くなるので、原則WEBからの申込みがいいでしょう。

 

独特のプランで幅広いニーズに対応

U-mobileには、他のMVNO会社(格安SIM)と違ったユニークなプランが用意されています。これらのプランは、U-mobileを提供している株式会社U-NEXTだからできるものばかりです。

その中でも、特におすすめのが「USEN MUSIC SIM」です。こちらは、 「LTE使い放題」と「スマホでUSEN」を合わせたプランになっており、USENで音楽が聴き放題になるというプランです。

 

「USEN MUSIC SIM」は、月額2980円で提供されており、LTE使い放題なのでデータ容量も気にせず使用することができます。さらに、通話もすることができるので通常のスマホと同じように使うことが可能。

「スマホでUSEN」では、150万曲以上をいつでも聴くことができるので、音楽に特化したスマホと組み合わせて使用することをおすすめします!

 

U-mobileのプランを徹底紹介!

 仕事ができる男子 のコピー 2

U-mobileのプランを下記にまとめてみました。U-mobileには、データ通信専用プラン、データSMSプラン、音声通話機能付きプランの3つが用意されています。

スクリーンショット 2016-07-10 18.24.25

これらのプランにデータ容量や独自のサービスを組み合わせて契約します。ではそのU-NEXTの面白いサービス内調を拝見しましょう。

他のMVNO会社(格安SIM)と全く違うので、ぜひ見てみてください。

 

「LTE使い放題」でネットし放題

U-mobileには、「LTE使い放題」という魅力的なプランがあります。これはデータ通信専用プラン、音声通話機能付きプランの両方で利用することができるものです。

通信速度は下り最大225Mbpsで、文字通り高速通信が使い放題となるプランです。(通信速度下り最大225Mbpsは他の格安SIMと同じ平均の数値です)

気になる料金ですが、データプランでは月額2,480円、通話プランでは月額2,730円(LTE使い放題2)と月額2,980円(LTE使い放題)と破格の値段で利用が可能です。

 

ちなみに、音声通話機能付きプランの月額2,730円(LTE使い放題2)と月額2,980円(LTE使い放題)の違いは最低利用期間の長さです。

月額2,730円(LTE使い放題2)の場合は若干安い代わりに最低利用期間が12ヶ月と長く、月額2,980円(LTE使い放題)の場合は最低利用期間6ヶ月と短くなっています。

U-mobileをメインとして利用する方、長く使用する可能性がある方は、お得な月額2,730円(LTE使い放題2)の方を選びましょう。

 

そして、使い放題ですが混雑時になると制限がかかりますが、使えないレベルまで下がることはありません。混雑時を避けて使用すれば快適に使用できるので心配ありません。

U-mobileを公式サイトでチェック

 

2段階で料金が変わる「ダブルフィックス」がいい

U-mobileの通信プランで最安のプランが「ダブルフィックス」です。聞き慣れない言葉ですが、2段階で料金が変わるシステムのことを指します。

このプランでは1GB以下では、音声通話機能付きプランが月額1,480円、データプランが月額680円で提供されており、1GBを超えた場合は、音声通話機能付きプランが月額1,780円、データプランが月額900円となります。

このように1GBを基準に料金が変動するので、月ごとにデータ通信量の消費が変わる人におすすめです。そもそも1GBがどれくらいか分からない方は下記の記事をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:1GBってどれくらい?何にどれくらいデータ通信量が使われているのか

 

ちなみに注意して欲しいのが上限が3GBになっており、これ以降は料金は変動しませんが通信速度に制限がかかります。なので月に3GB以上利用することがある人は上位プランを利用した方がいいですね。

またデータ通信専用プラン(1GB)の場合は月額790円なので、1GB以下しか使わない方はダブルフィックスでの契約の方が安く利用することが可能です。

さらに、データ通信専用プランには3GBがありません。なのでデータ通信専用SIMの3GBを契約する方もこちらのプランにしましょう。

 

ただし、音声通話機能付きプランの3GBは月額1,580円になっているのに対し、ダブルフィックス1GB以上(つまり3GB使った場合)は月額1,780円なので通常よりも200円高くなります。

つまり音声通話機能付きプランで1GB以上のデータ量を使う場合は少し考えものです。3GB程度ならダブルフィックスではなく、通常の3GBプランで契約してしまいましょう。

 

「USEN MUSIC SIM」で音楽も聴き放題

これは株式会社U-NEXTだからできる独自のプランです。音声通話機能付きプランの「LTE使い放題」とUSENが提供している「スマホでUSEN」が組み合わさったプラン内容となります。

音声通話機能付きプランは「LTE使い放題」で月額2,980円、USENが提供している「スマホでUSEN」は月額490円です。

「USEN MUSIC SIM」では、2つ合わせて月額2,980円で利用することができます。つまり、「スマホでUSEN」の月額490円が実質無料で使用できるプランなのです。

 

「スマホでUSEN」は1000チャンネル以上が用意されており、全部で150万曲以上を聴くことが可能です。さまざまなカテゴリから音楽を聴くことができるので、音楽好きにもってこいのサービスでしょう。

こちらのサービスと音声通話機能付きプランの「LTE使い放題」が合わさり、正直最強の格安SIMに変化します。Appleミュージックなどに加入している方はコチラで一本化してはいかがですか?

 

U-mobileにはお得なオプションも豊富

仕事ができる男子 のコピー 2

「U-CALL」や「でんわパック60」で通話代を節約

「U-CALL」は、U-mobile専用の通話アプリで、無料でインストールすることが可能です。インストール後にこのアプリを経由し、通話するだけで通常30秒20円が半額の30秒10円となります。

そして「U-CALL」はIP回線ではなく電話回線を利用しているので途切れたり、繋がりにくいということが少ないです。

 

さらに、このアプリと一緒に使いたいのが「でんわパック60」でしょう。「でんわパック60」に加入すると毎月60分間の通話が無料になります。

この「でんわパック60」は初期費用無料で月額800円のオプションです。通常60分だと約2,400円の通話代がかかりますが、このパックに加入すれば3分の1に抑えることができるのです。

 

「でんわパック60」の使い方は非常に簡単で、オプションに加入し「U-CALL」経由にて通話するだけで適用されます。そのため、60分間の通話が終わった後でも通話料は半額のままです。

格安SIMは通話料が高いのが基本ですが、こういったプランと合わせることで費用をグッと抑えることができます。

 

「U-NEXT Wi-Fi」でより快適に

U-mobileでは、通信量を節約できる「U-NEXT Wi-Fi」というサービスが用意されています。こちらは、Wi-Fiスポットサービスと同じ公衆無線サービスで、全国に約40,000箇所設置されています。

この「U-NEXT Wi-Fi」は、Secured Wi-Fiエリアで使用することができます。そして、気になるのが月額費用や初期費用ですが、こちらはなんと無料で使えるのです。

 

全てのプランでこちらのサービスを受けることができるので、通信量が少ないプランを選んだとしてもWi-Fiをうまく利用すれば契約データ通信量以上のネットの利用が可能です。

「U-NEXT Wi-Fi」は、アクセスポイントが多いので上手にU-mobileと組み合わせてください。

 

サポートオプションも豊富

格安SIMを契約する際に心配なのが保険やサポートの存在です。キャリアと同じようなサービスが用意されているのか気になっている方も多いでしょう。

しかしU-mobileでは、豊富なサポートオプションが用意されています。操作が分からない時や万が一故障した時などにオプションに入っていることで、補償やサポートを受けることができますよ。

早速、U-mobileのサポートオプションを見ていきましょう。

 

PC+Androidセキュリティサービス:月額350円

名前の通りPCとAndroid端末をウイルスから守ってくれるオプションサービスです。月額350円で利用でき、ウイルス、迷惑メール、スパイウェアなどから守ってくれる上、端末の盗難対策にも対応しています。

ウイルスは、被害に遭ってからでは遅いのでこうしたオプションに加入しておくことで脅威から身を守りましょう。

 

端末保証お見舞金サービス(U):月額500円

こちらのサービスは月額500円ですが、こちらを支払っておくことで端末が破損や故障してしまった場合に端末代を保証してくれます。

気になる保証範囲は、全損、一部破損に対応しており、故障度合いによって1万から5万ものお見舞金が支払われます。上限回数は2回で上限金額は5万円です。

 

遠隔サポートサービス(U):月額500円

これはパソコンやスマホの設定が分からないと時にいつでも連絡が取れるサポートサービスです。遠隔操作をしてくれるのでオペレーターに説明するだけで操作してくれます

月額500円支払えば何度でも相談できるので、初めて格安SIMを利用する格安スマホ初心者に良いのではないでしょうか。

 

U-mobileの契約方法とは?

仕事ができる男子 のコピー 2

U-mobileはネットで契約できる?

U-mobileはネットで契約することが可能です。コチラの公式サイトから契約することができます。

その他にも、パッケージ版を店頭や大型量販店などで購入して契約することも可能ですが、この場合も最終はネットからの契約となります。

ネット契約の場合は自宅で契約することができるので、店舗に行く必要はありません。端末セットかSIMのみかでお届けまでの日数が変わりますが、大体1,2週間程度で到着しますよ。

 

U-mobileは店舗でも契約可能?

またU-mobileには、その場で音声通話機能付きSIMを発行できる店舗が全国222店舗あります。即日受け渡し可能でMNPで乗り換えることもできるので、ネットに比べて時間がかかりません

また、店頭に行けば気軽に質問することができるので分からないことがあれば聞くことが可能です。

 

そして専門店なのでU-mobileで契約できる端末が用意されています。端末を実際に触って決めることができ、キャリアショップ(auショップ等)と同じ使い方ができるでしょう。

店舗に来られない人のために電話サポートや訪問サポートもやっているので、ぜひ利用してみてください。

 

しかし回線契約の類いはやはりネットからの契約が主流であり、そちらから契約した方がキャンペーン等により安くなっていることが多いです。

なのである程度格安SIMやスマホのことをご存知の方はネットで契約を済ませましょう。

 

まとめ:U-mobileはバランスの取れたMVNO会社

仕事ができる男子 のコピー 2

今回はU-mobileについてご紹介しました!U-mobileは総合的に見て非常にバランスの取れたMVNO会社(格安SIM)です。

料金プランは比較的低価格でありながら、「LTE使い放題」や「ダブルフィックス」といった利用者のニーズに合わせたものまで用意されています。

 

そして、「USEN MUSIC SIM」のようなどこのMVNO(格安SIM)にもないプランがあるので、これだ!と思えるものがあったら契約して損はしないでしょう。

また私的に非常に好評価だったのがサポート部門であり、キャリアと近い感覚で使えるように工夫されている点は初心者の方に最適です。

 

とにかく安くスマホを使いたい人や2台目のスマホが欲しい人は低価格のプラン。そして、がっつりメインで使用する方は使い放題プラン等を検討してみてください。

通信品質も安定しており優れているので、U-mobileは多くの人におすすめできる格安SIMです。格安SIMでスマホ代を抑えたい場合はぜひU-mobileで契約してみましょう。

U-mobileを契約する方はコチラ

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

NifMo(ニフモ)は、高品質で安定した通信と豊富なプランが魅力的なMVNO会社(格安SIM)です。

今回は、MVNO会社の中でも早い段階で優れたサービスを提供してきたNifMOのプランやサービス、おすすめのポイントなどをご紹介します。

NifMoでは、通信や通話などMVNO会社にとって欠かせないサービスの他にもNifMo(ニフモ)独自のサービスを提供しています。

これらを上手に組み合わせることで、お得(コスパ最強)にNifMoを使用することが可能なのです。本記事では、そのNifMOの魅力を中心に説明しますね。

NifMoの公式サイトはコチラ

NifMo(ニフモ)とは?

若い新米男子 のコピー 2

@niftyなど、有名な大手インターネットプロバイダである「ニフティ」が提供しているMVNO(格安SIM)がNifMo(ニフモ)です。

大手プロバイダということもあり、安定した通信速度とつながりやすさが特徴です。

 

また、NifMoは料金の安さやプランに加えて割引サービスや充実したオプションなどが豊富に用意されているため、格安SIM初心者から上級者までの、どの層でも満足できる格安SIMになっています

さらに、早い段階から通話に特化したサービスを展開しており、通信だけでなく通話をメインに格安スマホを利用したいという方にもおすすめです。

 

SIMカード(回線)はもちろんのこと、お得なスマホセットもあるので迷わず購入しても問題ありません。それでは、早速NifMoのおすすめポイントから契約方法までをご紹介しましょう。

 

NifMoのおすすめポイント

若い新米男子 のコピー 2

低価格で満足なプラン

スクリーンショット 2016-07-05 16.27.58

NifMoは、豊富な複数のプランから契約することができます。

大きく分けて、「音声通話機能付きプラン」と「データ通信専用プラン」があり、それぞれデータ容量が1.1GB,3GB,5GB,10GBと用意されています。

これらを自分のスマホの使い方に合わせて組み合わせ、プランを構成するのです。最大で10GBまで用意されているので通信をメインにがっつり使いたい人でも大丈夫ですね。

 

またライトユーザー(ネットをあまり使わない人)であっても最小の1.1GBが用意されているので無駄な費用を払う必要がありません

この1.1GBプランは、たった月額640円で使用することが可能で、MVNO会社の中でも低価格の部類に入るプランとなります。(ちなみに最安値はDMM mobile)

 

また3GBや5GBのように、ある程度通信を行う人向けのデータ容量も用意されているので選択肢の幅が広いです。

その上、どのプランでも繋がりやすく高速通信が快適に楽しめるので自分の用途にあったプランを選ぶといいでしょう。(LTE通信=下り最大速度262.5Mbps・上り最大速度50Mbps)

 

しかし、一点注意!!

これだけ豊富な選択肢を用意し、色々な用途に対応した格安SIMなのですが、直近3日間でのデータ通信量から『通信速度制限』を行う可能性がある、と発表されています。

その基準は3GBプラン=650MB、5GBプラン=1,100MB、10GBプラン=2,200MBです。これがどれだけのデータ通信量かわからない場合は下記の記事で判断してください。

参考記事:データ通信量の基準!どれほどあれば足りるの!?

 

さらに、この制限はなかなか厳しいもので、通信速度を200Kbpsにまで制限するのだとか。これには正直、厳しい制限だなぁという印象です。

3GBプランで契約して、月間3GBを超えた際に通信速度を200Kbpsにまで制限するのなら分かるのですが、直近3日間の通信量から制限する際にここまでやるのは納得いきませんね。

 

通話派の人も「NifMoでんわ」で満足

格安スマホをこれから利用する人やガラケーから乗り換える人の中には「通話料」が気になるという人が多いです。

格安SIMは、通話よりも通信の方が注目されやすく、通話派の人にとってはかえって料金が高くなることがあります。しかしそういった部分にも対応しているのがNifMoです。

通話を思う存分楽しんで格安スマホを使いたいという人にもNifMoをおすすめできます

 

NifMoには、かけ放題で通話ができる「NifMoでんわ」というサービスがあり、これは月額1,300円(税抜)を払うことで、何時間通話しても何度通話しても料金が1300円の一定になるという破格のサービスです。

何故こんなサービスを打ち出せるのかというと「電話回線」にあります。

 

NifMoでは通話料のコストを抑えるためにIP電話を使用していますが、このIP電話というのはインターネット回線を利用した通話方法で、こちらを利用することで電話回線に比べて通話料を安くすることができるのです。

IP電話といっても電話帳の移行はできる上に、通常の電話とほぼほぼ変わりがありません。ただしインターネット回線を利用した通話なので、使用中は通信量が発生しますよ。

 

こういった定額通話サービスはMVNO(格安SIM)サービスには少なく、通話機能を多く利用する人にとっては大手キャリアからの乗り換え歯止めとなっていました。

例えば大人気格安SIMであるmineoや楽天モバイルでも、ずっと『かけ放題』という定額通話サービスはありません。

  • mineo 30分定額通話サービス(最大30分間:定額840円)/60分定額通話サービス(最大60分間:定額1680円)
  • 楽天モバイル 5分かけ放題サービス(楽天モバイルのアプリからの通話で5分以内であれば何度でも無料)

上記、2つの定額通話サービスであっても他の格安SIMに比べれば大変魅力的です。ただ、通話をよく利用するユーザーから見れば納得できないでしょう。

その点、NifMoは1300円で通話し放題です。これがどれだけお得か理解できましたか?

 

お得なスマホセットですぐ使える

格安SIMを初めて使用する方にとってハードルが高いのがスマホ選びです。ただでさえ、格安SIMのプランやオプションなどを自分で選ぶ必要があるのに、スマホまで選ぶ余裕がないという人は多いでしょう。

その点、NifMo(ニフモ)では、初心者の方や2台目として使用する方のためにSIMとのスマホセットを用意しています

 

スマホセットとは、格安SIMのプランやオプションを選んだ後に、NifMo指定のスマホ端末を選ぶというものです。つまりスマホを別途購入する必要がありません。

また、機器セット割が用意されており最大24ヶ月間毎月200円割引が適用されます機器セット割はNifMOのスマホセットを購入した方が対象で、プランの上限額から毎月200円が割引されます。

 

そしてNifMoでは格安スマホを5機種用意されています。この数は決して多くないですがHUWEIなどの最近人気が出出した機種を揃えているので満足できるはずです。

また分割払いと一括払いの選択も可能なので経済状況に合わせ、スマホを購入することができます。初めて購入する方や欲しい端末がある方はスマホセットで購入し、月額費用を抑えてみましょう。

 

NifMoのプランを徹底紹介!

若い新米男子 のコピー 2

スクリーンショット 2016-07-05 16.27.58

続いては、NifMoのプランを徹底紹介していきます。冒頭で述べた通り、NifMoには音声通話機能付きプランとデータ通信専用プランがあり、データ容量によって料金が変わります。

なので選ぶ際は『通話は必要なのか』『何データ量が必要なのか』を基準にしてくださいでは、もっと細かくプランの中身を見て行きましょう。

そして最後に、NifMoのおすすめプランも紹介するので、格安SIMをNifMOで考えている方は要チェックですよ!

 

豊富なプランの種類と優れた機能面

NifMoのプランを見ていくと、多くの用途に合わせたプランが用意されていることが分かります。

SIMカードのサイズはmicroSIM,nanoSIM,標準SIMがあり、そしてどのプランも低価格で利用できるので、コスパに優れています。また先ほど紹介した機器セット割を使えばさらに割安で使用することも可能です。

 

そして料金が安いだけではなく、どのプランも最大受信速度が262.5Mbpsと機能面でも優れています

これは最安の1.1GBプランでも通信速度が変わらないので、まずNifMOを楽しみたいという人は最安のプランを契約してみることをおすすめします。

 

そしてプランを契約する際は登録手数料として3,000円かかります。(どこのMVNOも同じ)またデータ通信専用プランでSMS機能を付ける場合は月額基本料として150円が発生するので注意!

他のMVNO会社では、SMS付きのプランというのが存在することが多いですが、NifMo(ニフモ)の場合はオプションとしてSMSを付けるので忘れないようにしましょうね。

 

余った通信量は持ち越し可能

毎月使用する通信量に波があるという人はプランが選びにくいと思いますが、NifMoでは、余った通信量を翌月に持ち込むことができますこれによって、通信量を無駄にすることなく利用することが可能です。

持ち越しは翌月までとなっており、2ヶ月後からは繰り越したデータ通信量が無くなってしまうので注意しましょう。

 

また、通信量が少ないプランを契約していて通信量が足りなくなったらチャージすることが可能です。チャージは、500MBごとに900円でチャージすることができます。

これなら、万が一足りなくなっても安心して使用できますが、毎回チャージを使用するくらいなら上位プランに変更してデータ量を持ち越した方が安く使用できます

 

そして冒頭「注意」として書きましたが、大事なことなのでもう一度書いておきます。

NifMoでは直近3日間の通信利用量が決められた数値を超えた場合、通信制限がかかります。この通信制限は3GB以上のプランに適用されて、それぞれのプランで数値が異なります

 

その規定数値とは3GBで650MB、5GBで1,100MB、10GBで2,200MBです。3日間でこれだけでの量を使用した場合に通信制限がかかるということです。

この点については、やはり厳し過ぎるしあまり評価できませんね。しかし言ってても仕方ないので、通信量の多いやりとりをする場合はできるだけWi-Fiなどを利用して通信制限を回避してください。

 

最低利用期間と解約手数料

NifMoでは、プランによって最低利用期間と解約手数料が発生します

契約する際はこちらも確認してから契約するようにしましょう。データ通信専用プランでは、契約後の当月末日まで最低利用期間がありますが、解約手数料はかかりません。

 

音声通話対応プランでは、利用開始の翌月から6ヶ月間が最低利用期間として定められています。そ

のため、最低利用期間内に解約した場合は解約手数料として8,000円が発生します音声通話対応プランを契約する際はよくプランや用途などを確認してから契約しなければなりません。

この他にも契約しているオプションによっては手数料が発生する可能性もあるので、契約前に手数料等も確認することをおすすめします。

 

NifMoのおすすめプランとは?

最後にNifMOのおすすめプラン(私の主観ですが・・)をご紹介しますね。まず、NifMoを契約するならコスパの良いデータ通信量1.1GBプラン、3GBプラン、5GBプランから選んでください。

そして1.1GBプランはMVNO会社の中でも最安クラスのため、とにかく安くスマホを使いたい方におすすめです。また3GBプランや5GBプランも人気MVNO(格安SIM)と同等の安さで使えます。

さらに定額通話(月額1300円)が使えることを考えると、それら人気どころ以上に価値があるのではないでしょうか。

 

[例] 音声通話機能付きSIMの場合

  • NifMO(3GB)1600円
  • mineo(3GB)1600円
  • 楽天モバイル(3.1GB) 1600円

ただ、データ通信量はその人にとって使用量が違うので、単に私がおすすめしているから!と1GBや3GBに申込むのはNG!契約前に必ず自分のデータ量の使用度を確かめましょう。

 

NifMo独自のサービスとオプション

若い新米男子 のコピー 2

NifMoでは、低価格のプランやスマホセットなどの他に魅力的なサービスやオプションが用意されています。

そのどれもが他のMVNO会社にはないNifMo独自のサービスで役に立つものが多いですNifMoを契約する方の中にはこういった付加価値を求めて契約する方も多いでしょう。

 

「NifMoプリント」で簡単印刷

「NifMoプリント」は、NifMoが独自に出しているサービスです。このサービスではスマホで撮影した写真を現像することができます。その上、プリントし放題というお得なサービスです

出力される写真はL版サイズに固定されており、月額は380円と安く、写真を良く撮る人におすすめです。

 

一応、使い方も説明しておきますが、非常に簡単です。まず「NifMoプリント」のアプリをダウンロードしてインストールします。

その後、アプリで撮影した1ヶ月分の写真が1週間程度で郵送されてきます。毎月13日が締め切りになっており、注文を行った後に撮影した写真が、締め切りまでにカウントされて郵送されるのです。

1パックを100枚分となっており、送料が120円発生。100枚以上の注文の場合は送料240円が発生します。

 

そして注意として、プリントし放題は1枚目のプリントのみに適用されます。

同じ写真を焼き増しする場合は1枚につき10円発生し、別のアプリで撮影された写真を現像する場合も同じく1枚につき10円かかります。

最近は高性能カメラを搭載したスマホが増えてきたので、スマホカメラを使う人が多いです。こういったサービス上手に利用してください。

 

「NifMo バリュープログラム」でお得に

NifMo バリュープログラムとは、スマホの利用料金を安くできるサービスですNifMoの専用アプリを経由して提携ショップでの買い物や、指定アプリのダウンロードなどを行うと0.9%から最大10%まで割引還元されます。

大手通販サイトを始めとして150店舗以上のネットストアが提携しているので、これまでパソコンやスマホで行っていた買い物をこちらのアプリですることで、スマホ代を安くすることができます。

 

現在、Android端末では専用アプリが用意されていますが、iOSではアプリがなく専用サイトから購入やダウンロードとなるので注意してください。

NifMoに用意されているスマホセットならAndroid端末の専用アプリを使えるので、スマホセットを購入して「NifMo バリュープログラム」を利用するのが無難ですね。

 

 万が一のためのオプションも用意

スマホセットを購入した人の中にはスマホが故障したりしないか心配な方も多いと思います。そういう人のためにNifMoでは「NifMoあんしん保証」というオプションが用意されています。

これは月額380円で最大3年間保証してくれるサービスです。そして保証対象は、水没、故障、破損、落下などですが、盗難や紛失などは保証範囲外となるので気をつけてください。

 

オプション加入中の故障でスマホを交換する場合は、1回目が5,000円、2回目が10,000円、3回目は定価での交換となります。あれ?そう考えるとそこまで良いオプションではないように感じますね。

まぁ1回目の5000円と2回目の10000円での交換は明らかに「お得」です。これは月額380円を払う価値はあるでしょう。しかし3回目はもはやオプションの意味がない!笑

正直なところ私だったら加入しませんね・・。

 

一応、交換方法も説明しておきましょう。

まず故障してから1ヶ月以内にクロネコあんしん保証ニフティ事務局へ連絡してください。本人確認や詳細を電話で伝えた後に交換機が自宅へ届けられ、この際に交換代金の支払いとなります。

そして、故障機をセールスドライバーに渡すことで完了。

 

万が一、セールスドライバーに故障機が渡せない場合は、別途郵送する必要がありますよ。また交換機到着後10日以内に返却できない場合は、違約金として30,000円が発生するので注意!

やっぱいらないオプションだな・・。笑

 

NifMoの契約の手順とは?

若い新米男子 のコピー 2

NifMoの申し込みの流れとは?

まずNifMOの公式サイトにてSIMまたはSIM+スマホの申込みをします。

そして申し込みから約1週間程度でSIMカードやスマホセットが自宅に届くのでスマホにセット。(NifMoで申し込みをする際はパソコンやスマホからの申し込みが基本)

 

申し込みの際(ネット)、内容によってはクレジットカード、本人確認書類等が必要になるので事前に用意しておきましょう。

そして音声通話機能付きSIMを申し込む場合には、電話番号を前のスマホから引き継ぐためにMNP予約番号というものが必要になります。(電話番号を引き継がない場合はいらない)

 

これは前の回線会社にて予約番号を発行してもらわないといけないので、ネットで申込みをする前に必ず発行してもらいに言ってください。

『乗り換えのための予約番号を発行してください』と言えば発行してくれます。

 

そして申込んでからの話ですが、ネットでの申込みが済むとだいたい早くて3日、遅くても1週間程度で設定した住所に届くはずです。

もしもそれ以上かかっている場合は何かトラブルがあったかもしれないのでMVNO(格安SIM会社)に問い合わせた方がいいですね。

 

ちなみにネット以外でも契約できる?

NifMoはネット以外でも契約することができ、大手家電量販店のヨドバシカメラならMNPの転入(音声通話機能付きSIM)もその場で行うことができるのでおすすめです。

ただし全ての格安SIMがネット以外にて契約できるわけではないので気をつけてください。

参考記事:NifMO以外にネット以外で契約できる格安SIM

 

またネット以外での契約は格安SIM初心者やスマホ初心者の方くらいにしておきましょう

そういった方の場合は直接説明を聞けるのでメリットがありますが、ある程度知っている人からすると逆にデメリットの方が大きいです。

 

そこまで行く時間がもったいないですし、何と言っても『キャッシュバック(お金の還元)』の適用はネットのみです。なるべく安くでお得に契約したい方はネット契約ということですね。

ちなみに、ただいまNifMoではスマホセットを契約した方限定(ネットでね)で、8000円のキャッシュバックを行っています。このチャンスを逃さないように!(7/31まで)

8000円のキャッシュバックはコチラから

 

カウンター設置店舗

  • マルチメディアAkiba
  • マルチメディア梅田
  • マルチメディア横浜
  • マルチメディアさいたま新都心駅前店
  • 新宿西口本店
  • マルチメディア博多
  • マルチメディア名古屋松坂屋店

カウンターでの契約の場合は、ご本人様名義のクレジットカード、本人確認書類、ご連絡用メールアドレス、MNP予約番号(MNPをご利用の場合)が必要になるので、必ず契約する際に持っていきましょう。

上記の店舗で契約できるので最寄りに店舗がある方は足を運んでみてください。

 

まとめ:NifMoはサービスに優れた格安SIMだと思うが・・

若い新米男子 のコピー 2

今回、NifMo(ニフモ)のおすすめポイントから契約方法までをご紹介しました。NifMoは大手プロバイダが提供しているMVNO(格安SIM)ということもあってプランの内容やサービスなどが安定しています

さらに『通話』に特化しており、初心者から上級者までが満足できるMVNO会社(格安SIM)と言えます。またNifMo独自のサービスは便利なものが多く、最後の比較対象にしてみてはいかがでしょうか。

 

私、格安SIMアドバイザーとしてはNifMoは大変おすすめできます。ドコモ回線ということで対応端末が多いですし、プラン内容も豊富で機能面も充実。

正直言って申し分ない出来でしょう。ただ、一つ引っかかる点を挙げるなら『直近3日間の通信量に対する通信速度制限』です。これはちょっと厳しい。

もしもこれが無ければ全面的に押していたのですが・・。

 

まぁ、でも通話をする人からするとNifMo一択でいいと思いますよ。それ以外の格安SIMは正直、大手キャリアよりも割高なので。(通話に関して)

また契約するなら7月31日までにしてしまいましょう。スマホセットでの契約で8000円のキャッシュバックです!ぜひ、契約してみてください。

今すぐNifMoに契約!

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

最近ちらほらとCMが放送されるようになり、知名度がドンドン上がってきているMVNO(格安SIM)。今回はそんな中で際立って目立つY!mobileについて紹介します。

そして始めに注意として言っておきますが、Y!mobileは正確に言うとMVNO(他社の回線を利用)ではなく、自社の回線を利用するMNOと呼ばれるものです。

しかし大手キャリアと違い格段に安い料金で回線が使える以上、お客様からすると「格安のSIM(回線)」であることには違いありませんよね。

 

またY!mobileは合併によってSoftBankの傘下にあり、確かにSoftBank系の会社ではあるものの完全にSoftBank回線を利用というわけではなく(ここら辺はややこしい!)

例えば中古のSoftBankのSIMロックが掛かったスマホをY!mobileで利用するようなこともできません。ここら辺は要注意なので事前にチェックお願いします。

 

話はガラッと変わりますが

桐谷美玲さんの『ワンキュッパ!!』と言って、ボディコン姿で踊るCM、あれがY!mobileのCMです。見たことありますよね?可愛いですね〜笑

 

ということで、さっそく紹介していきましょう。

Y!mobileのプランや特徴、端末ラインナップ、おすすめ度まで多岐に渡って紹介するので、気になってたという方はこの機会に一度ご覧下さい。

 

Y! mobileのプラン

仕事できない男子 のコピー 2

音声通話機能付きプラン

スクリーンショット 2016-07-01 15.39.44

  • DMM mobile(3GB) 1500円
  • mineo(3GB) 1600円
  • 楽天モバイル(3.1GB) 1600円

下記に業界最安値クラスのDMM mobileと人気どころのMVNO(格安SIM)であるmineoと楽天モバイルの月額料金(音声通話機能付きSIMの3GB)を載せていますが、まあ高いことがわかりますね。

コスパや料金重視で見るなら、まずY!mobileは考えられません。

 

データ通信専用プラン

スクリーンショット 2016-07-01 15.39.58

データ通信専用プランも他と比べて高いですし、なぜ1GBか7GBしかないのか全くもって意味不明ですね・・。

たぶんモバイルルーターの基準(7GB)に合わせたんでしょうが、3GBまたは5GBくらいは欲しいと思いますけど。どういう人に向けてのプランかよく分かりません。

 

ガラケープラン

スクリーンショット 2016-07-01 15.40.08

上記は基本使用料となっており、本来の使い方をした場合の料金設定はなかなか複雑なものとなっています。まずケータイプランSSは月額基本料金は934円で、それにプラスで通話料とパケット代金が上乗せされる形です。

そしてパケット(ネット)を使う場合には4500円を上限となるようにベーシックパックとパケット定額と呼ばれるものに入ることが強制されます。

 

ベーシックパックはパケットを使うためのものであり、月々300円がかかります。そしてパケット定額は月々の料金が高くなり過ぎないよう上限を4500円と決め、使った(ネット)分だけ支払うようにするものです。

このパケット定額によりパケット代は最大でも4500円までとなりますが、その分、月々に使えるデータ通信量は2.5GBと定められ、それを超えると低速制限を受ける仕組みとなっています。

 

次にケータイプランです。ケータイプランは月額1381円の基本料金でY!mobile携帯への通話が無料となります。これは時間帯を問いません。(しかし1回で2時間45分を超えると30秒に付き20円発生します)

そしてEメールに関しても0円で使い放題となり、パケット(ネット)に関しては月々2667円を上限とし、定額で利用することができます。

 

ワンキュッパキャンペーン

ワンキュッパキャンペーンは2016年の6月からなので、最近行われ始めたキャンペーンとなります。内容はスマホプランのS/M/Lのどれかで契約した場合に1000円割引となるといったものです。

対象者は新規または乗り換えでの契約の方で、通常、月額2980円(スマホプランS)のものが1000円台の1980円で使えるよ〜っというお得キャンペーンですね。

元々、Y!mobile一択で考えていた人からすると、とっておきの契約時期と言えます。それ以外の方からするともっと安いMVNO(格安SIM)の方が・・・。です。

 

データ容量2倍キャンペーン

このキャンペーンは2015年の9月から継続して行われているものです。(予告なく終わる可能性があります)

通常、Y!mobileは上記の通り1GB/3GB/7GBの3つのデータ容量を用意しています(音声通話機能付きSIMの場合)が、このキャンペーンの適用によって2GB/6GB/14GBと2倍となります

ただ、対象者はこれまた新規での契約または他の回線からの乗り換えでの利用者と限られ、自分で申込んだ場合にのみ適用されるようになっています。

また端末によってもキャンペーンが適用できない場合があり、私としては正直全く魅力的ではないキャンペーンです。

 

Y!mobileのメリット・デメリット

仕事できない男子 のコピー 2

Y!mobileのメリット

  • 音声通話が無料
  • Yahoo!Japanとの連携サービス
  • ガラケーが使える

音声通話が無料

Y!mobileの1番のメリットがこの「音声通話が無料」という点(スマホプランの場合)です。このサービスは「月300回まで、1回10分以内の国内通話が全て無料になる」という内容です。

大手キャリア等や一部のMVNOではかけ放題サービスが広がってきていますが、月300回までなどという大きなサービスを打ち出している格安SIMはY!mobileの他にありません

 

なので頻繁に通話をする方には非常に嬉しいサービスではないでしょうか。さらに、オプションである「スーパーだれとでも定額」をつけると通話時間も通話回数も無制限となります。

ちなみに「スーパーだれとでも定額」の月額料金は1000円です。月々1000円で無制限になるのなら、ヘビーユーザーの場合は付けた方がいいですね。

 

Yahoo! Japanとの連携サービス

Y!mobileではYahoo japanにアクセスする等をしてY!mobileの「マイル」を貯めることにより、無料で高速通信のデータ容量を増やすことができる「パケットマイレージ」というサービスがあります。

さらに、「Yahoo!プレミアム」や毎月500円分のパケット料金がセットになった「Enjoyパック」というものも用意されています。こちらは月額500円です。

これら以外にも様々なキャンペーンが行われており、このキャンペーンの多さもメリットの1つですね。

 

ガラケーが使える

Y!mobileではガラパゴスケータイを取り扱っているのでガラケーを使うことができます。この点、スマホを使いたくないという方に便利です。

そして先ほど述べた通り、「ケータイプラン」は通話料がY!mobile同士でかけると何回でも何分でも0円といった特徴があり、一見非の打ち所が無さそうです。

しかし一点、ケータイプランには「3年縛り」が存在するので事前にその点の確認だけお願いいたします。

 

Y!mobileのデメリット

料金が割高

Y!mbileの全てのプランに言えることですが、割引を適用しないと結構高くつきます。

「スマホプラン S」は25ヵ月間の基本料金を1000円割引する「スマホプラン割引」を適用している場合のみ「月額基本料2980円~」となっています。

もしこの割引を適用しない場合、「スマホプラン S」で契約したとしても月額料金は「3980円」なのです。

さらにこれらの料金プランは「2年縛り」がついていて、契約期間を無しにした場合は「スマホプラン S」であっても「月額基本料5480円」・・、と大分割高になります。

 

SoftBankユーザーはMNPを使うと割高になる

また、これらの割引は「ソフトバンクモバイル」、「ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク」からのMNPで契約した場合は適用されません

え?なにそれ??って思いますよね。Y!mobileは冒頭で述べた通り、SoftBank系の会社なのでその他の回線を使っている人を呼び込むために作ったサービスなんだと思いますがあまりにもお粗末。

正直、SoftBank回線出身の方がY!mobileに乗り換えるメリットは”ない”し、他のMVNO(格安SIM)に乗り換えた方が絶対にお得でしょうね。

 

2年契約や自動更新

大手キャリアによくある「2年縛り」と「自動更新」がY!mobileにも付いているので、更新月に解約やMNPをしなければ違約金として9500円を取られてしまいます。

こういった点が嫌で大手キャリアを離れようとしている人が続出しているはずなのに・・。本当、消費者の気持ちが分かってないなぁと思いますね。

 

端末代が高い

Y!mobileではセットで端末を販売していますが、なぜか少しばかり割高となっています。例えば人気端末のiPhone 5sは54540円(16GB)です。これだと最新iPhoneシリーズであるiPhone SEを買った方が絶対お得ですよね。

だってAppleストアでiPhone SEは47800円(16GB)で売られているんですよ。しかもSIMフリー端末なので、各MVNOで契約することがもちろん可能です。

 

通信速度制限後の速度が遅い

ヘビーユーザーにとって速度制限ほど辛いことはないと思います。

速度制限時、一般的なMVNOの場合は通信速度が200Kbpsに制限されるのですが、Y!mobileはそれが128Kbpsとなります。この速度は大手キャリアの速度制限(127Kbps)とほぼ同じなので、それをイメージしてください。

まぁ使えたもんではありませんね、ただ200Kbpsであっても同じように使えたもんではなく、ドングリの背比べ程度なので、そこの差で判断するのは間違いです。

つまり、そこまで気にしなくて大丈夫です。

 

端末ラインナップ

仕事できない男子 のコピー 2

iPhone 5s

スクリーンショット 2016-07-05 13.26.14

お馴染みのiPhoneですが、各MVNOでは扱っている所が少ないです。(何度も言いますが、Y!mobileはMVNOに当たりません)

何故か型落ちの5sしか扱っていないので、絶対にiPhone5sしかダメ!という人以外は契約しなくていいと思います。先ほど言ったiPhone SEの方が絶対に性能いいですよ。

 

DIGNO E

スクリーンショット 2016-07-05 13.28.40

コチラは防水防塵耐衝撃のスマートフォンです。OSにAndroid 6.0を搭載し、CPUはSnapdragon 410となります。RAMは2GBで、ストレージは8GB、MicroSDXCで最大200GBまで拡張可能です。

ディスプレイは5インチのHDで、バッテリーは2300mAhです。

 

DIGNO C

スクリーンショット 2016-07-05 13.30.11

こちらの機種もDIGNO E同様、防水防塵耐衝撃仕様となっています。OSも同じAndroidであり、4.4を搭載しています。そしてCPUはSnapdragon 410 1.2GHz クアッドコアです。

RAMは1GBでストレージは8GB、MicroSD等で最大32GBまで拡張可能となります。またディスプレイは5インチのクォーターHD(540×960ドット)で、バッテリーは2300mAhです。

 

DIGNO T

スクリーンショット 2016-07-05 13.45.07

防水防塵耐衝撃仕様のスマートフォンです。OSはAndroid4.4で、CPUはSnapdragon 400となります。そしてRAMは1.5GBでストレージは8GB、こちらもMicroSD等で最大32GBまで拡張が可能です。

またディスプレイは4.5インチのクォーターHDで、バッテリーは2000mAhです。

正直DIGNOシリーズは全体的に見てスペックが他のスマートフォンと比べると劣ってしまうので、素直に他のスマートフォンを選んだほうが良いでしょう。

 

AQUOS CRYSTAL Y2

スクリーンショット 2016-07-05 13.34.00

Android 5.0を搭載し、CPUはSnapdragon 400です。RAMは2GBでストレージは16GB、MicroSD等で最大128GBまで拡張可能となります。

ディスプレイは5.2インチHDでフレームレスになっているため、大画面でもコンパクトな作りです。

 

AQUOS Xx-Y

スクリーンショット 2016-07-05 13.35.03

Android 5.0を搭載、CPUはSnapdragon 810です。そしてRAMが3GBと大容量、ストレージは32GBでこちらもMicroSDで最大128GBまで拡張が可能です。

ディスプレイは5.7インチのフルHDで、バッテリーは3000mAhです。結構なハイスペックに仕上がっていると思いますが、何とただいま入荷未定状態(7/5)です。つまり人気!

 

AQUOS CRYSTAL Y

スクリーンショット 2016-07-05 13.46.55

CRYSTAL Y2の旧世代型ですね。Android 4.4で、CPUはSnapdragon 801 2.3GHzとなります。そしてRAMが2GB、ストレージは16GBのMicroSDで最大128GBまで拡張可能です。

ディスプレイは5.5インチのフルHDで、こちらもCRYSTAL Y2と同様にフレームレスになっています。バッテリーは2610mAhです。

 

Nexus 6

スクリーンショット 2016-07-05 13.48.22

Androidの定番機種ですね。OSはもちろんAndroidで 6.0です。そしてCPUがAPQ8084 2.7GHzのクアッドコアとなります。またRAMは3GBで、ストレージは32GBモデルと64GBモデルを選択することができます。

しかしMicroSD等によるストレージ拡張はできません。ディスプレイは有機EL6インチのクアッドHDで、バッテリーは3220mAhです。

 

Nexus 5X

スクリーンショット 2016-07-05 13.40.08

Nexusシリーズの最新機種です。OSはAndroid 6.0でCPUはSnapdragon 808 ヘキサコア。

RAMは2GBで、こちらもNexus6同様、MicroSDでのストレージ拡張はできません。容量が16GBと32GBのモデルが用意されています。ディスプレイは5.2インチのフルHDで、バッテリーは2700mAhです。

 

Nexus 5

スクリーンショット 2016-07-05 13.49.24

Y!mobileで取り扱っている1番古いNexusシリーズです。

やはりNexusシリーズの強みは最新バージョンのAndroidを使えることですよね。もちろん、こちらも古い機種ですがOSはAndroid 6.0を搭載しています。CPUはSnapdragon 800 2.26GHz クアッドコアです。

RAMは2GBで5Xと同様、MicroSDは使用できなく、16GBと32GBのモデルがラインナップされています。ディスプレイは5インチのフルHDで、バッテリーは2300mAhです。

 

Spray

スクリーンショット 2016-07-05 13.50.07

2100mAhのバッテリーが本体装着済みの1つと予備の1つ、計2つ付いてくる変わったスマートフォンです。Android 4.4を搭載し、CPUはSnapdragon400です。

RAMは1.5GBで、ストレージは8GB、MicroSD等で最大32GBまで拡張可能です。ディスプレイは4.5インチのHDです。

 

LUMIERE

スクリーンショット 2016-07-05 13.43.08

HUAWEI社のスマートフォンです。OSはAndroid 5.0を搭載し、CPUはHUAWEI社製のKirin 620 1.2GHz オクタコア を搭載しています。

RAMは2GB、ストレージは16GBでMicroSD等を使用し拡張可能です。またディスプレイは5インチのHDで、バッテリーは2200mAhとなっています。

 

また、この他にガラケーやタブレットも扱っていますが今回は省略。

 

まとめ:とてもじゃないがオススメできない

仕事できない男子 のコピー 2

結論から言うと、おすすめはできません。またガラケーが使いたいといった方であっても、大手キャリアの方が簡単に運用でき価格も安くつくはずです。

料金プランは柔軟性が無く、また割引制度などが複雑で詳しくない人には一般的な大手キャリアと同等または高くなる可能性があります。そして大手キャリアと同じ「2年縛り」が存在し、端末代も高い。

 

唯一の使い道を上げるとすると『通話』でしょう。Y!mobileは通話料金が実質無料の様なものなので、よく通話をする人にとっては使い勝手はいいかもしれません。

しかしゲームや動画を毎日見るといったネットヘビーユーザーの方にはもちろんおすすめできないし、そこまで使用しないよ!という方にも他の格安SIM以上におすすめする点がありません・・。

 

もしもY!mobileを考えていた方は、この機会にもう一度なぜ自分がY!mobileにしようとしているのか?使い道は一体何なのかを整理しましょう。

桐谷美玲さんがCMしているというだけで契約してしまっては痛い目に合いますよ。では。

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

なんかDTIが弾けてますね。いや、というのも4月4日から今日の6月30日までのキャンペーン内容が業界で類を見ないヤバ過ぎる内容なんですよ。すごいよ、これ。

紹介が遅れて申し訳ないんだけど、DTIを狙ってた人は今日申込んだ方がいいかもしれませんね。お得過ぎる!(ただ音声通話機能付きSIMの場合はちょっと待った!)

参考記事:DTI SIMのお得過ぎるキャンペーンをチェック!

 

では、さっそくそのキャンペーン内容を見て行きましょう!!

・・っとその前に、簡単にDTI SIMの料金をみておきましょう。

 

DTI SIMとは?料金はめっちゃ安い!

仕事できない男子 のコピー 2

では簡単にDTI SIMの月額料金を見ておきます。ちなみにですが、今まで格安SIM業界で最も安いとされてきたDMM mobileの料金より10円だけ少なっています。(3GBの場合)

つまりこれによってDTI SIMが格安SIM業界で最も安い月々料金を設定している会社となります。なんか10円だけ安くしているところが狙ってる感満々だよね。笑

スクリーンショット 2016-06-30 14.08.40

ガッツリ調査してみるとこうなりました。DMM mobileと抜きつ抜かれつという感じですね。ただ、一番人気のあるデータ通信容量である3GBの部分で10円勝っているDTI SIMに軍配が上がりそうです。

しかしこの価格はキャンペーン中に限ってかもしれないので、そこら辺注意してくださいね。

 

そして私がもっとも気になったのはDTI SIMの『データ通信容量無制限』というプラン。DMM mobileでは無制限プランがないので最大の20GBと比較させていただきましたが、あまりにも”差”がありますよね。

これって一体どういうことよ?って思いませんかぁ。

 

だって20GBよりも多い『無制限』で業界最安値クラスのDMM mobileさんより半額近く安いんですからね。マジでどういうこと?ってなります。

ただね、無制限プランが珍しいってわけではありません。例えばwimaxで有名なUQ moeileにも無制限プランってのが存在します。

 

ちなみにこのUQ mobileの無制限プランの月額料金は1980円(データ通信専用SIM)と、なんとDTI SIMよりも安いです。笑 じゃあ単にDMM mobileが割高なだけ?って思われますよね。

・・しかし、そういうことでもないのです。(すみません、わかりにくくて)

 

このUQ mobileの無制限プランってのにはきちんとしたカラクリがあって、データ通信容量は無制限であるものの、通信速度がたった500Kbpsに抑えられる、というものです。(通信速度の目安が分からない方←)

こういったカラクリがあってこそ「無制限」で、なおかつ「月額料金を安く」できるわけ。

 

なのでDTI SIMも恐らく(恐らくですよ!みなさん、私はまだ試してないからね!!)、そういった低速などのカラクリがあっての無制限であの料金なんだと・・。

DTI SIMに問い合わせたところ、無制限プランのリリース時期に帯域をたくさん買い込んだことで、データ通信容量の無制限が実現できており「制限」がかかることはまずないのだとか。

ただ一部ユーザーから繋がりが悪くなる時間帯がある!との指摘も。

 

まあ、ここら辺は格安SIMアドバイザーとして曖昧なことは言えないので後日契約してスピードテストを行うので乞うご期待!

 

お得な電話(通話)使い放題というプラン・・

そしてDTIの料金についての紹介は『まだ』です。というのもDTIには使い放題プランというものが存在します。

先ほど説明した無制限プラン(データ通信容量)がまさにその使い放題プランなのですが、もう一つ、格安SIMには大変珍しい「電話かけ放題のプラン」があるのです。

 

ただこれに関してはそこまで使えるものではないかなぁと個人的に思っています。まっとりあえず内容を先に説明しますね。その内容とは・・。

  • 780円(月々)
  • 5分以内ならかけ放題
  • 専用アプリがいらない

こういったものです。つまりオプションで月々780円をプラスで支払うことで、5分以内の通話がかけ放題となるサービスです。

 

なんかSoftBankのホワイトプラン(過去にあったプラン)と非常に似たプランですが、電話をよくする人なら便利なの・・?かな・・?

っていうのも5分以内なら正直LINEなどのアプリ通話で十分だと思うし、ヘビー通話ユーザーの願いを叶えたというほどではないのかなぁって思うんよね。

 

あとは皆さんがどう判断するかなので安い!便利!と思う方はオプションを追加すればいいし、そうじゃない人はいらないんじゃない?って感じです。

というか使い放題プラン!かけ放題プラン!っていうのには少し語弊があるように思えますが・・。

 

6月30日までのお得過ぎるキャンペーン内容

仕事できない男子 のコピー 2

マジで申し訳ないんだけど、今日までのキャンペーンなんだよね。なんで今日終わりのキャンペーンを今日紹介すんだよ!って気持ちは十分わかります。笑 ごめん。

でもDTI SIMには”通信速度”など、まだ分からない部分がたくさんあるので、キャンペーンだから!と、勢いで契約してしまうのは良くないと思いますよ!

 

特に音声通話機能付きSIMに契約する場合ね!理由は音声通話機能付きSIMの場合には最低利用期間というものが設けられていて、例えばDTI SIMでは12ヵ月間です!

この期間を過ぎないうちに契約を解除した場合は9800円の解約料を取られます。つまり、お得だ!って調子乗って契約をしたものの全く使えなかった場合にも解約できずに月々の料金を払わなくてはならないのです。

 

こんなの嫌だよね?だから音声通話機能付きSIMを選ぼうと思っていた方はとりあえず今日のキャンペーンは見逃した方が賢明です。

どうせ7月になってもキャンペーンを打つと思う(今回のようなヤバ過ぎるキャンペーンはないと思うが・・)ので、その時に契約しましょう。

 

っで、データ通信専用SIMを考えていた方は、もうこの期間に契約しちゃってください。これはマジで急いで今日中に契約するようにしましょう。

なぜそんなに焦らすのかというと・・以下で説明しよう。

 

仕事できない男子 のコピー 2

  • 3GB(データ)840円→半年間無料
  • 3GB(音声) 1490円→半年間無料
  • 無制限(データ)2200円→1220円
  • 無制限(音声) 2900円→1920円

今回のキャンペーンはこういったものです。わ、わかりますか?このお得具合。笑

正直、笑ってしまうほどお得ですし、各MVNO(格安SIM)の動向を長らく観測していますが、こんなキャンペーンを打ち出したのはDTI SIMくらいです。

 

だって半年間無料とか、たぶん潰れる勢いじゃないですか?まあ、DTIって光回線などの固定回線などにも手を伸ばしているので資金が豊富にあるんだと思いますが、それでも半年無料はスゴ過ぎる。

ただ何回も言いますが、この機会だ!と狙って音声通話機能付きSIMに契約するのは少し軽卒だと思いますよ。まだ浸透していない格安SIMですからね、通信速度などが全く表に出ていません。

 

ただデータ通信専用SIMで考えている場合は、最低利用期間などが一切設けられていないので、この期間に申込まないと本当に”損”をしますよ。これは絶対!

参考記事:今すぐDTI SIMの公式サイトをチェック!

 

だってもしダメだったとしても半年以内に解約すればいいだけなので、その際にかかるお金が0円だということを考えればやるしかないでしょ。リスクなし。

実質かかってくるお金は最初の事務手数料3000円だけなので、月々3000÷6の500円でDTI SIMを使うことができると思うとね、ね?わかるでしょ。

 

蛇足!MVNO(格安SIM会社)が潰れたらどうなる!?

仕事できない男子 のコピー 2

そしてめちゃくちゃ蛇足ですが、もしもMVNO(格安SIMの会社)が潰れた場合はどうなるのかを説明しておきましょう。(DTIが潰れるとか言ってるわけではありません)

普通、会社が潰れると事業などが一切停止になるので、それを利用している人たちもサービスを受けられなくなります。もしその場合に預けているお金などがあればそれは返ってきません。

だから銀行などが潰れた場合はヤバいってよく言うよね。

 

ただ格安SIMの場合は月々使う分だけ事前に支払うという形になるので、潰れたからって損という損はないでしょう。また違うMVNOに乗り換えればいいだけの話です。

そして仮に潰れたといっても他の資金力のあるMVNOが吸収し、事業が続くという形になると思われます。なのであまり聞いたことのない会社だから・・と心配する必要は本当はありません。

 

ちなみにですが、各MVNOの中で資金力のある会社は楽天やDMMやmineo(ケイ・オプティコム)などになります。中でも楽天が格安SIMサービスを出している会社では最も大きいですね。

まっ蛇足ですが念のために!笑

 

まとめ:検証の必要があるが、データ通信専用は契約を急げ!

仕事できない男子 のコピー 2

キャンペーン内容は類を見ないほどの『お得』です。これは事実なので、ほとんどリスクのないデータ通信専用SIMを考えている方は今すぐの契約を急いでください

参考記事:DTI SIMで半年間無料契約をする方はコチラ

 

そして一定のリスク(解約料)を持つ、音声通話機能付きSIMをお考えの方は私たちの通信速度レビューが発表されてからで遅くないと思います。

なのでここで慌てて契約するのは正しい判断ではありません。7月・8月ともに目新しいお得なキャンペーンを打ち出してくれるはずなのでしばしお待ちを。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

『格安SIM』という言葉を最近よく聞くようになりましたが、格安って言うけれど一体どれくらいなのか。本当に安いのか等の疑問を持つ方は多いでしょう。

今日はその格安SIMの一般的な基礎知識に加え、その格安SIM(MVNO)の中の一つ。ぷららモバイルLTEについてご紹介させていただきます。

 

ではまず格安SIMの特徴ですが・・。

格安SIMは大手携帯キャリアの料金体系に比べ、非常に安い(約8000円程変わる)のが特徴であり、そうであって品質に問題があるわけではありません。

 

大手キャリアの回線をそのまま借りているところがほとんどなので通信安定性が悪いといったことはないのです。詳しくは下記記事にて格安SIMの詳細をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMって何?大手キャリア(au/softbank/docomo)は古いのか

 

ちなみに格安SIMは『MNP(乗り換え)』にも対応していますので、現在お使いの電話番号をそのまま利用できます。電話(通話)が使えるということですね。

※MNP・・・モバイル・ナンバー・ポータビリティの略。携帯電話番号を変えずに、他キャリアへ乗り換える事

 

しかし格安SIMの弱点として、広く一般的に通話料金が高いです。

今回お話する『ぷららモバイルLTE』も例外ではなく通話定額プランがありません。なので通話料金が通常通り30秒20円かかり、通話が多い人には向いていないことが分かります。

 

しかし格安SIMの全てが通話に適していないワケではなく、例えば、『BIGLOBE SIM』なんかは通話料を抑えることができる工夫がなされているので、ぜひとも参考にしてください。

▶︎▶︎参考記事:通話が多い人に適した格安SIM『BIGLOBE SIM』をチェック

 

また、その他の格安SIMにおいても通話対策がどのように行われているのかを比較した記事がありますので、よく通話をするという方は下記をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMでも通話がお得?各格安SIMの通話系オプションを比較してみた

 

ぷららモバイルLTEについて

ギャル女子 のコピー 2

ぷららモバイルLTEは、NTTぷららが提供している格安SIMサービスです。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、NTTぷららはインターネットサービスプロバイダーになります。

このNTTぷららが格安SIMのサービスとして、ぷららモバイルLTEを提供しています。NTTコミュニケーションのグループ会社と言う事で、信頼性も高いです。

 

ぷららモバイルLTEの料金体系

では料金が安いと言われますが、どのくらい安いのか料金体系を見てみます。格安SIMのSIMカードは2種類あり、一つはデータ通信のみのSIMカード、もう一つは音声通話とデータ通信が出来るSIMカード。

 データ通信量最大通信速度月額利用料金
定額無制限プラン(データ)制限なし3Mbps2980円
定額無制限プラン(音声)制限なし3Mbps3760円
定額7GBプラン(データ)7GB150Mbps2036円
定額7GBプラン(音声)7GB150Mbps 2792円
定額ライトプラン(データ)110MB(一日あたり)150Mbps972円
定額ライトプラン(音声)110MB(一日あたり)150Mbps1728円
二段階定額プラン110MB(一日あたり)150Mbps390~2250円
30.5MBまで390円
30.5MB以上2250円

 

基本料金以外に掛かる費用

  • SMS機能 162円/月
  • 手数料一般
    • 開通手数料:3,240円(SIMカード発行費用を含みます)
    • SIMカード再発行費用:3,240円
  • 最低利用期間(データ通信専用SIM) 解約手数料は設定なし(解約月は日割り適用なし)
  • 最低利用料金(音声通話機能付きSIM) 6ヵ月以内に解約で8000円

 

上記の通り、データ通信専用SIMの場合は解約料を取られませんが、音声通話機能付きSIMの場合には8000円の手数料が取られるのでご注意ください。

またご利用開始月の翌月を1ヶ月目とし、解約月は、月額利用料全額が掛かります。

 

料金プランに特典が!

各料金プランには特典が付いてきます。例えば、ひかりTV エントリープランやネットバリアベーシックが無料で利用できちゃいます。(どういったものか?それは下記でご確認ください)

 

料金体系を見る限り、通話以外に関してはかなり安いプランになっています。大手キャリアの利用料金と比べるとその差は歴然としていますよね。

但し、定額無制限のプラン(3Mbps)は、通信速度が大きく抑えられてしまっているので、動画や音楽の視聴をしたりする方にはオススメ出来ません。

▶︎▶︎参考記事:快適にスマホが使える通信速度ってどれくらい?

 

現在ご利用中の端末の毎月の通信量や普段どのような事を端末を使ってやっているのかを確認し、料金プランに照らし合わせて、最適なプランを選ぶ事をおすすめします。

ぷららモバイルLTEは通話を多くする方にはおすすめできませんが、インターネット通信がメインの方には大手キャリアよりはおすすめできますよ

 

また最低利用期間の縛りが、大手携帯キャリアよりかなり緩くなっているものいいですね。データ通信のみのSIMカードは縛りがありません。

通話機能付きでも6ヶ月となっています。

 

ぷららモバイルLTEを利用する上での注意点

ギャル女子 のコピー 2

端末がぷららモバイルLTEに対応しているか?

ぷららモバイルLTEのプランを契約しようとした時に自分が持っている端末が利用出来るのかを確認する必要があります。全ての端末が対応している訳ではありませんので注意して下さい。

対応端末に関しては、ぷららモバイルLTEのホームページで確認出来ます。

 

携帯キャリアメールは使えなくなる

格安SIMに変更すると、携帯キャリアのメールアドレス、メールソフトは使えなくなります。(xxxxx@docomo.ne.jp等)この為、GmailやHotmail等のフリーメールを別途取得する必要があるのです。

*SMS(電話番号を利用したメッセージ)は使える*

 

なので携帯キャリアメールをどうしても使いたいという方は、残念ながら、格安SIMへの切り替えには向いていません。(各MVNOでキャリアアドレスが用意されていることはある)

私的にはLINEなどのアプリでのメッセージに加えて、フリーメール(Gmailなど)の使用で十分、いやキャリアメール以上の便利さだと思いますよ。


11/21追記:半年くらい前の記事で情報が古くなってしまっているので追記です。どうも、明美っす♡

さて、携帯キャリアメールが使えなくなる・・と書かれています(というか、私が書いた)が、そもそもコチラはぷららモバイルだから!ということではなく格安SIM全般に言えることです。

なんか誤解させるような表現をしてごめんなさいね。

 

んで、そんなキャリアメールを使いたい人にはおすすめできない格安SIMですが、2016年11月21日現在においては少しばかり状況が変わってきました。

というのも、キャリアメールに対応した格安SIMが登場したのです。

上記の2つです。両方とも良い点・悪い点があるのですが、キャリアメールを使いたいし、料金も今より下げたいんだ!という方にはぜひとも検討してみてほしいです。

私的にはUQmobileがおすすめです!プラン数が少ないという弱点があるものの、SIMの生命線である”通信”は最強クラス。また、料金も最安クラスですよ。


各MVNO(格安SIM)と比べて

ギャル女子 のコピー 2

ここまでは大まかに格安SIMとしてのメリット・デメリットをぷららモバイルLTEに照らし合わせて紹介してきました。ここからは人気格安SIM(mineoなど)と具体的に比べてみます

まず料金体系やプランですが、ハッキリ言っておすすめできません。理由は複数あるプランにどれも需要がない点です。

 

まずデータ通信専用・音声機能付きともに無制限または7GBと、そんなにデータ容量要らないでしょ!と思えるような数値です。(一般的に個人でスマホを使う場合)

そして1日110MBの定額ライトプラン(1728円)や二段階定額プラン(390〜2250円)は、月換算で約3.3GBとだいたい小ヘビーユーザー並のデータ容量ですが、これも分かりにくい・・。

 

なぜ1日で何GB!と決めてしまうのかという点が納得いきません。笑

これだったら1ヵ月で3.3GBと決めてほしいですね。そうじゃないと、特別今日だけ動画を見よう!といった数日だけの贅沢ができないですし、その月でデータ使い切るといったことが不可能です。

 

これだったらmineo(3GB=1600円)や楽天モバイル(3.1GB=1600円)の方が圧倒的に得と言えます。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルの詳細をチェック!

 

次に通信速度ですが、とりあえず最大3Mbpsの定額無制限プランは比較対象がいないのでやめておきましょう。(口コミをそのまま信じるのはどうかと思いますが”悪い”です)

そして、その他プランの最大通信速度は150Mbpsです。これは決して遅いとは言いませんが、他のMVNO(格安SIM)と比べると若干遅いでしょう。

 

楽天モバイルは最大225Mbpsですし、顧客満足度NO.1のmineoは公式発表こそされていないものの、体感速度が相当速いです。(私がmienoを使っています)

▶︎▶︎参考記事:今だけ限定!3ヵ月割引のmineoの詳細チェック

 

それに比べてぷららモバイルLTEの体感速度の悪評は有名です。そういった悪評をそのまま信じるつもりはないですが、少しばかり気になるものですよ・・。

今度、実際に契約するので体感速度に関してはお待ちください。

 

まとめ:大手キャリアよりは”マシ”ですが・・

ギャル女子 のコピー 2

ぷららモバイルLTEは大手携帯キャリアの利用料金に比べ、低価格で提供されていることが分かりました。また通話料金は掛かるものの音声機能付きSIMがあるので通話は可能です。

通信速度はプランによって違いはありますが、極端に遅いということはありません。(体感速度を後日紹介します)

しかし各MVNO(格安SIM)と比べると、そこまで魅力的なサービスに思えないのも事実です。最後、どのMVNO(格安SIM)に決めるのは皆様なのでじっくり吟味して決めましょう。

 

11/21追記:ぷららモバイルのレビューがまだでした。すまぬ

ギャル女子 のコピー 2

記事の公開から既に半年近く経過しているので、いい加減レビュー記事を書けよ!という話です。すんません。

来月の12月の後半までには何とか。つまり、今年中には何とか。レビュー記事を完成させますので、今しばらくお待ちください。ただ、これはあくまで噂ですが・・期待しないでね?♡

 

I97wJMg9HakqsYc1460884875_1460884917

「TONE」というMVNO会社を知っていますか?近年多くのMVNO会社が誕生しており、さまざまなスマホやサービスが登場しています。そんな中、「TONE」は他のMVNO会社にはない多くの魅力を持っています。

そこで今回は、独自路線をひた走る格安スマホ「TONE」の魅力に迫っていきたいと思います。


12/6追記:お久しぶりです。勇太です。ずっと前からTONEモバイルのレビュー記事を書くと言って、書けないでいました。理由は値段が高いから。笑

TONEモバイルの場合、格安SIMと端末が絶対にセットなため、最低でも3万円はいく計算になります。がーん・・。

ただ、だからと言って試さないのは格安SIMアドバイザーとしてどうなの?っと思った次第です。といことで、買いました!良太くんが。笑

彼が僕の代わりに購入して試してくれたので、TONEモバイルのレビュー記事が見たい!という方は下記の記事をどうぞ。(念のため、基本情報はレビュー記事に書かれていませんので)

>>参考記事:TONEモバイルを自腹で買いました!レビューします


格安スマホの原点とも言える安くて、分かりやすくて、使いやすいの3つが揃った「TONE」はどのようなMVNO会社なのでしょうか?早速見ていきましょう。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMが何か分からない場合はコチラの記事←

▶︎▶︎参考記事:公式サイトでTONEの詳細をチェック

 

トーンモバイルが運営しているTONE(トーン)は、元々2013年に前身となるfreebit mobileという名称でスマートフォンキャリアとして始まりました。

当時から端末やサービス、サポートを含めたすべての仕事を自社で企画し行うという日本でも珍しいスマートフォンキャリアでした。

 

そんな、freebit mobileが2015年にTSUTAYAと業務・資本提携を行い、TONEが誕生しました。

全てを自社で行っているため、ユーザーの意見を取り入れた機能やサービスが用意されています。あらゆるニーズに対応しているTONEの魅力を紹介していきます。

TONEの公式サイト をチェック

 

TONEのおすすめポイント

仕事ができる男子 のコピー 2

格安で分かりやすいプラン

格安SIMの魅力と言えば、用途によって選べる豊富なプラン数です。

しかし、TONEに関してはプラン数が1つしかありません。

 

この点、一見マイナスに思いがちですが、プラン選びに迷う必要がないと考えれば、格安SIM初心者にとって大きなメリットになることが分かりますよね。

(私にとっては正直言ってマイナスですが・・笑)

 

そして、このTONEの唯一プランは月額1,000円と格安SIM業界の中でも最安の部類に入ります。

パケット通信料が使い放題で、この価格帯を維持しているのはなかなか珍しいでしょう。(ただし、安いからには秘密があります。その点も後半に書いているのでチェック!)

 

TONEの主な詳細!料金など
  • 月額 1,000円(税抜)
  • 通信速度 500kbps-600kbps
  • データ量 使い放題
  • SMS機能 有
  • 契約事務手数料 3,000円(税抜)

 

「格安」で「使い放題」となると通信速度があまりにも遅く、サイトを開くのにも一苦労と思われるでしょうが、TONEの通信速度は、500kbpsから最大で600kbpsであり、そこまで遅いというワケではありません。

これだけあれば、ネット閲覧やSNS、低画質の動画視聴なども難なく行うことが可能です。また、長時間通信を利用しても使い放題なのでデータ量を気にする必要はありません。

 

ただ注意してほしいのはスマホをよく利用する人からすると、この500Kbps〜600Kbpsは決して使いやすい通信速度ではない!ということです。

特にYouTubeなどの動画をよく視聴する人からすると、物足りなさを感じることは多いでしょう。その点をキッチリ把握した上で契約しましょうね。

▶︎▶︎参考記事:ストレスなくスマホが使える通信速度ってどれくらいなの?

 

家族で安心して使える機能

TONEには、「TONEファミリー」という家族で安心して使えるオプション機能が付いています。こちらのオプションは無料で加入することが可能です。

さて、どういったものなのかというと・・。まず子供向けの機能として以下のものが用意されています。

  • 子供の居場所を把握できる「居場所確認(ジオディフェンス)」
  • アプリの利用を制限できる「アプリ制限」
  • 特定の時間帯の使用を制限できる「時間制限」

どの機能もお子さまがいる家庭にとっては重要な機能ばかりではないでしょうか。

 

何よりも、子供のことを考えられた機能が多いので安全にスマホを使わせることができます。また、子供用の機能の他にも高齢者向けの機能も豊富に付いています

  • 遠隔操作でスマホの使い方を教えられる「家族サポート」
  • 日々の健康管理に利用できる「ライフログ」
  • 確実に通知を送ることができる「エアノック」

高齢者向けの機能として、スマホの使い方を遠隔で教えられるものや日々の健康管理ができるものなど、他のMVNO会社には少ない機能を利用することが可能です。

「TONEファミリー」を使うことで、ご家族で安心してスマホを利用することができますよね。

 

TONE独自のサービス

TONEでは、TSUTAYAと提携した独自のサービスを用意されています。

例えば、Tポイントです。TSUTAYAやファミリーマートで有名なTポイントがTONEでも有効なために、スマホ代を支払うたびTポイントが貯まります

また、よそで貯まったTポイントをスマホ代として使用することもでき、普段貯めているTポイントを有効に利用することが可能なのです。

 

そしてTONEの店舗はTSUTAYAに併設されており、全国の一部店舗に入っている状態なので、最寄りにTSUTAYAがある方はキャリアショップと同じ感覚で利用できちゃいます

通常、格安SIM/スマホというのは玄人向けなために、キャリアショップのような故障した時に直してもらえる場所、分からない点を質問できる場所がありません。

 

そのため格安SIMに乗り換えることに億劫となる方が多いのですが。

TONEはそこに特化して、初心者に使いやすい格安SIM/スマホを目指しています。TSUTAYAなんて全国どこにでもありますからね、スマホ初心者の方からすると大きなメリットでしょう。

 

またTSUTAYAでは、TONE利用者限定のキャンペーン、レンタル割引、スマホで撮った写真をプリントできるTONEフォトプリントなども用意されており、TSUTAYA利用者にとって嬉しい特典だらけ!

今後もTONEでは、順次サービスを拡大していくので期待が持てますね。

 

充実したオプションとアフターケア

TONEでは、シンプルなプランを支える多くのオプションや格安スマホ初心者でも安心のアフターケアが用意されています

こういったオプションを上手く利用することで、より快適にTONEを使用することができるんですね。

 

では、TONEで利用できる魅力的なオプションを見ていきましょう。

 

SMSオプション

  • 月額料金 100円(税抜)
  • 契約事務手数料 無料
  • 内容 電話番号でメッセージのやり取りが可能

SMSとは電話番号で行うメッセージのやり取りです。通常格安SIMではデータ通信専用SIMが基本になるので、電話番号がそもそもないんですね。

なのでメッセージを使う場合はオプションで付ける必要があります。

▶︎▶︎参考記事:SMSとは?格安SIM(mineo版)でSMSを使う方法

 

090音声オプション

  • 月額料金 953円(税抜)
  • 契約事務手数料 1,500円(税抜)
  • 内容 現在使っている携帯番号を引き継ぐことができる(MNP)

 

高速チケットオプション

  • 月額料金 1GBあたり300円(税抜)
  • 契約事務手数料 無料
  • 内容 スマホを高速通信に切り替えることが可能

先ほど言いましたが、TONEはデータを無制限に!それもスマホ初心者のライトユーザーを想定してサービスを展開されているので通信速度は正直速くありません

なので普段は遅くてもいいけど、時々、高速通信で使いたい時がある!といったユーザーにも使ってもらえるよう、高速通信に切り替えるオプションがあります。

 

フラットパックオプション

  • 月額料金 500円(税抜)
  • 契約事務手数料 無料
  • 内容 IP電話1,260円分通話と高速チケットオプション300円分が500円で利用可能

 

安心オプション

  • 月額料金 500円(税抜)
  • 契約事務手数料 無料
  • 内容 万が一の商品破損・盗難時に修理費・買替え費用を負担及び、外出先でWi-Fi接続のサービスが利用可能

 

これらのオプションをシンプルなプランとともに使用することができます。

基本的なオプションの他に、フラットパックのようなお得に利用できるオプションや、安心オプションのように万が一に備えて入っておけるオプションまで揃えています。

上手に組み合わせて最大限お得に利用してください。何か質問があれば「お問い合わせ」で私たち格安SIMアドバイザーに聞いてくださいね。

 

対面でさらに無料のアフターケア

さらに、TONEではアフターケアも充実しています。MVNO会社では、キャリアとは違って身近に店舗が少ないため、サポート体制はとても重要になります。

TONEでは、初めて利用する方の心強い味方になってくれるサポートが揃っています。これらのサポートは全て無料で受けることができるため、初めて格安スマホを利用する方も安心して契約することができます。

  • コールセンターによる電話サポート
  • 画面共有による遠隔サポート
  • Webマニュアルによる充実のサポート
  • 講習会による対面サポート
  • TSUTAYA店舗での対面サポート

このように、電話や遠隔操作などによるサポートから講習会や店舗による対面サポートまで幅広くサポート体制が用意されています。また、Webマニュアルが充実しているので時間がない方もサポートを受けることが可能です。

▶︎▶︎参考記事:スマホ初心者こそTONEへ!公式サイトを見てみる

 

オリジナルのハイスペックスマホ

仕事ができる男子 のコピー 2

TONEでは、他のMVNO会社と違ってSIMカードのみの扱いはしていません。

端末は、TONEオリジナルの端末が用意されています。そのため、SIMカードの設定をしなくていいので初めて格安スマホを利用する方でも安心して使用することが可能です。

 

そして自社スマホなので、プランやオプションとの相性もいい理想的なスマホに仕上がっています。

また初めての方以外でも充実して使えるスペックを誇っており、誰もが満足するハイスペックなスマホになっています。今回はTONEの最新端末であるTONE(m15)についてご紹介します。

 

スクリーンショット 2016-06-24 13.42.43

  • 名称:TONE(m15)
  • 寸法:高さ:147.9mm 幅:74.5mm 厚さ:8.6mm
  • 重さ:165g
  • ディスプレイ:1280×720ピクセル 5.5インチ液晶
  • カメラ:背面1300万画素 前面500万画素 1080p動画撮影対応
  • OS:Android5.1
  • CPU:MediaTek MT6735 (64bit 1.3GHz クアッドコア)
  • メモリ:2GB
  • 記憶領域:内蔵 16GB 外部(microSDカード)最大32
  • バッテリー:3000mAh
  • SIM:nanoSIM

 

用途によって選べるホーム画面

TONEは用途によって選べる4つのホーム画面を採用しています。これは自社スマホだからこそできる魅力的な機能ですよね。

スクリーンショット 2016-06-24 13.52.53

またホーム画面はそれぞれのテーマによって初心者の方でも使いやすく工夫されています。従来のスマホでは使いにくかったという方でも必要な機能を楽しむことができます。

 

Android(1番左)

こちらはAndroidのホーム画面です。

従来のスマホと同じホーム画面なので慣れている方は標準のホーム画面を使いましょう。

 

スタイル(左から2番目)

TONEオリジナルのホーム画面です。Androidのホーム画面とは違って必要な機能だけを絞ったものなります。用途が決まっている方はこちらのホーム画面を選びましょう。

 

シンプル(右から2番目)

シニア向けに作られたシンプルはユーザーの声をリアルに反映させたものになります。電化製品のリモコンのようなホーム画面になっており、使いやすくできています。

ボタンを長押しすることで反応するため、誤作動による誤った操作を防ぐことができるユーザリビティが考えられた画面です。

 

Teen(1番右)

パズルのようなホーム画面になっていて子供が喜ぶ楽しい画面になっています。親から送られたアプリを増やしていける設定になっているので成長によってふさわしいアプリをプレゼントできます。

 

独自のアプリで便利に使う

TONEには自社スマホならではの多くの独自アプリが用意されています。ご家族で使えるアプリを中心に、生活を便利にするものばかりです。

必要最低限のアプリが揃っているので、TONEを手にしてからすぐに使いこなすことができます。アプリは色々な用途に合わせて用意されています。

 

通話料金を半額にすることができる「050通話アプリ」や必要な時に高速通信を可能にする「マイプラン」

さらに写真・音楽・ファイルなど多くのコンテンツをまとめた「TONE One」など独自開発ならではの専用アプリが揃っています。

 

TONEはこんな人におすすめ!

仕事ができる男子 のコピー 2

初めて格安スマホを使う人

初めて格安スマホを使う方にとってプラン選びや端末選び、オプションなど迷うことが多いでしょう。

いざ、格安スマホを契約しようと思ってもサイトに書かれている多くのプラン、端末、オプションを見て尻込みしてしまった経験があるはずです。

 

その点、TONEでは、1つのプラン、1つの端末、分かりやすいオプションと。初めて格安スマホを使う人にとって選びやすい環境が整っています。

その上、契約後には安心のアフターケアを全て無料で受けることが可能です。

 

また先ほど言った通り、TONEにはTSUTAYAに実店舗があるので、そちらに聞きにいくのもオッケー!

今後、店舗はさらに増えていく予定です。つまり、いつでもスマホの分からない点を聞ける環境から、TONEは初めて格安スマホを使う人に特別おすすめと言えますよね

 

子供にスマホを持たせたい人

また、子どもにTONEを持たせるのも良いでしょう。

スマホには様々な危険があり、自由に使わせるのは不安だという方がおられますが、TONEにおいては、子供が使用することを想定した多くの機能が付いています。

 

例えば、子どもの居場所を把握できる機能です。

なかなか家に戻らない時や、子どもに何かあった時にすぐに居場所を特定できるのは良いですよね。

 

また、有料アプリや有害なアプリを勝手にダウンロードできないようアプリに制限をかけることも可能です。

 

一番恐い、スマホ依存ですが。

コチラも使用時間に制限をかけられる機能があるので予防可能。勉強する時間に制限をかけたり、夜更かししないよう制限をかけることができます。

 

これらの機能は、他の格安SIMにはほとんど見られません。

月額1000円と非常に安いですし、ぜひとも子どものスマホデビューに使ってみてはいかがでしょうか

 

家族でスマホを使いたい人

家族全員で格安スマホを契約したい時にも、低価格で安心利用できるTONEはおすすめですよ。

例えば、TONEには「TONEファミリー」と呼ばれる家族全員で使える無料オプションがあります。こちらは先ほど説明した子どもに向けてのオプション等も含まれるのですが。

それ以外にも、家族の健康のためにカロリーや心拍数を測る機能なども付いています。

 

まぁ、しかしですね。

家族全員で使うから=TONEにする、というのは少し違うかなとも思います。否定するわけではありませんが、mineoやIIJmioなど、もっとお得な格安SIMもあるので全てを検討してからにしましょう。

▶︎▶︎参考記事:mineoを使ってみたのでレビュー!

▶︎▶︎参考記事:複数人でお得なIIJmioを使ってみたよ

 

逆にこういう人にはTONEをおすすめできない!

仕事ができる男子 のコピー 2

スマホヘビーユーザー

TONEはおすすめできる点がたくさんありますが、完璧ではなく逆にこういう人は契約してはダメ!という点もあります。その1つがスマホヘビーユーザーです。

こういった方は絶対に契約しないでください。何度も言いますがTONEのデータ通信速度は速くありません!遅いと言っても過言でないでしょう。

 

普段からずっとスマホを使っている人、仕事などで頻繁にスマホ、特にネットを利用する人からすると所々でストレスが溜まって仕方ないはず。

なので普段からスマホを利用する、またネットを頻繁に使う!という方はやめておきましょうね。

 

自分独自のスマホを持ちたい

2つ目は自分独自のスマホを持ちたい方です。こういった方にはおすすめできません。それはTONEはSIMとスマホをセットで購入するからです。

SIM(回線)のみを購入し、自分の好きな端末(例えばiPhoneで!)でTONEの回線を使うことはできないのです。なので自分独自のスマホを使いたい場合は他の格安SIMでないといけません。

そういう人はTONEで契約するのはやめておきましょう。

 

そして余談ですがTONEは月額1000円の非常に安くシンプルな料金で注目を集めていますが、端末を同時購入しないといけないために端末代はもちろんプラスで支払わないといけませんからね?

またその端末代を分割払いにするなら月々1000円ではなく2000円〜3000円ほどの支払いになることを頭に入れておきましょう。まあ、それでも十分安いですがね。

 

TONEなら契約も簡単にできる!?

仕事ができる男子 のコピー 2

オンラインストアで契約する場合

オンラインストアで契約する場合は公式サイトから簡単に契約できます。所要時間は約10分ほどお申し込みフォームから必要事項を記入の上、本人限定受け取り便で後日にTONEが届きます。

▶︎▶︎参考記事:TONEの公式ページ!月々1000円台のスマホ申込みはコチラ

 

あとは初期設定を行い、すぐに使用することができます。ネットから簡単に契約できるので時間がない方はこちらの方法で契約してみましょう

なお申し込み時には、クレジットカード・MNP予約番号(MNPで乗り換えをする方)・Tカード・有効なメールアドレスが必要になります。

さらに、受け取り時には、本人確認書類が必要になるので事前に準備しておきましょう。

 

TSUTAYA店頭で契約する場合

TONEでは、提携しているTSUTAYA店頭でも契約することができます。事前に、クレジットカードまたはキャッシュカード、Tカード、本人確認書類、MNP予約番号などを用意してください。

全国のTONE売り場が併設されたTSUTAYAにて契約することが可能です

TSUTAYAによってはTONE売り場がない場所や、特定のサービスが受けられない場所があるので事前に公式サイトで最寄りのTSUTAYAを検索しておきましょう。

 

またネットで事前契約をしてから店頭で端末を受け取ることができる店舗があります。

こちらなら、すぐに端末を受け取ることができる上に、その場で質問などもできるので、すぐに欲しい方はこちらの方法も検討してみてはいかがでしょうか?

 

電話で契約する場合

電話で申し込む場合は、事前にクレジットカードと本人確認書類を用意しておいてください。

電話にて連絡後、確認書類が届いた後に商品が自宅に届きます。電話からの契約の場合は、MNPでの乗り換えはできないので注意してください。

 

番外編:法人契約する場合

最後に法人で契約する場合の方法をご紹介します。

TONEは法人契約する場合においては、オンラインのみで契約することができません。事前にネットで購入し、店舗で受け取ることは可能です。

 

契約には

  • 登記簿謄本(発行から3カ月以内のものに限る)
  • 申し込む方の本人確認書類
  • 会社と申し込む方の繋がりが分かる書類
  • TONE法人契約お申し込み用紙
  • TONE法人契約お申し込みサービス記入用紙
  • MNP予約番号(電話番号を引き継ぐ場合)

等々が必要になります。なので事前に用意しておきましょう。

 

また、ネットで事前に購入して受け取る場合は

  • 登記簿謄本(発行から3カ月以内のものに限る)
  • 申し込む方の本人確認書類
  • 会社と申し込む方の繋がりが分かる書類
  • クレジットカード

これらが必要になりますよ。

 

まとめ:TONEはスマホ初心者や高齢者に大変おすすめ

仕事ができる男子 のコピー 2

今回はTONEの魅力を徹底的に紹介しました。

TONEは、従来のMVNO会社(格安SIM)と違って本当にシンプルで使いやすく工夫されています。つまり、初心者や高齢者におすすめの格安SIM/スマホと言えますね。

 

ただ、間違ってはいけないのは初心者に使いやすいスマホは、逆に格安SIM/スマホをよく知っている人からすると使いにくい場合があるということです。

例えば、私なんかがそうですが。正直、TONEモバイルを契約しようとは思いません。プラン数が少なく自分に合ったプランを選べませんし、通信速度も遅いからです。

 

なので、そういったものを全て抜きにして。

  • とりあえず大手キャリアの高額請求に困っている
  • 選択の自由が少なくても良いから、シンプルに使いたい
  • 分からない時に聞ける場所がほしい

これらのように、とりあえず安く!そしてシンプルに使いたい!と思う方が契約するようにしてください。間違っても動画をガンガン見るような人は契約しないでくださいね。

 

スマホ初心者でも、操作にすぐに慣れることができるでしょうし、とにかくスマホ代を下げたい方はいち早く乗り換えてください。

サポートはコチラ『お問い合わせ』でもできますよ。何でも聞いてくださいね。

 

11/20追記:キャンペーンにて、基本プランが3ヵ月も無料に!

仕事ができる男子 のコピー 2

お久しぶりです。勇太です。

TONEモバイルが少しばかりクレイジーな、お得過ぎるキャンペーンを発表したので、それに付いて追記しに来ました。ちなみにキャンペーンは既に始まっています。

追記を遅れたことを深くお詫び申し上げます。すまぬ〜。

 

対象は11月1日〜12月31日までに、新規でTONEモバイルを契約した人です。

この期間に契約した人は、なんと3ヵ月間の月額料金が無料になっちゃいます!はい、無料です。本当の本当に無料です。これはいくら何でもやり過ぎだと思ったあなた!

大丈夫、私も思いました。いくら何でもやり過ぎだろう〜。笑

TONEの公式サイト をチェック

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

@モバイルくん。(以下@モバイルくん)とは最近噂の「格安SIM」の一種です。そして今回は数ある格安SIMの中から@モバイルくんの料金やプラン内容を紹介します。

辛口評価しちゃうかもしれませんが、そこは許してくださいね!笑

>>参考記事:@モバイルくん。の公式サイトはコチラ

 

格安SIMって?

仕事できない男子 のコピー 2

格安SIMとはMVNOと呼ばれる通信回線事業者から発行されるSIMのことを言い、従来までの大手キャリア(au/softbank/docomo)よりも大幅に安い料金で回線を利用できます

例えば、@モバイルくんであればドコモの回線を借りているように、会社が大手キャリアの通信網だけを借りて商売をしているので設備費などが多くかからずユーザーへ安くで提供することが出来るのです。

 

これによって大体大手キャリアの月々料金より3分の2は安くなります。その代わり、基本的に携帯電話本体は自分で買わなければいけません。

しかし会社ごとにSIMフリー端末を扱っている場合があり、格安SIMとセット売りをしているMVNOも多くあります。@モバイルくんも正にその類いです。

 

まぁ、詳しくは下記の記事にて格安SIMを紹介しているので、@モバイルくん。以前に格安SIMが何なのかわからない!という方はご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMのメリット・デメリット!私って乗り換えるべき!?

 

@モバイルくん。の料金全般やプランなど

仕事できない男子 のコピー 2

まず何と言っても「格安SIM」ですから値段が気になりますよね。@モバイルくんは音声通話機能付きSIMで、なんと月額800円(税別)からと業界最安値を叩き出しています。

通常の格安SIMならデータプランのみでこの値段ですが、@モバイルくんでは音声通話機能付でこの価格なので非常に安いことがわかります。

ただね、この秘密はデータ容量の少なさにあります。下記で料金とプランについて詳しく書いていくので契約する前に必ずチェックしてください。

 

音声通話機能付きSIMを選んだ場合

使ったぶ~んだけプラン500MB

上で説明した最安値プランというのがこの「使ったぶ〜んだけプラン」です。このプランでは音声通話が使えます。

キャリアでの定額サービスでは使い切れなかった際、そのデータ容量が無駄になってしまいますが、この@モバイルくんの「使ったぶ~んだけプラン」では、月500MBで800円からスタートし利用した分だけを支払います

 

なのでこのプランはライトユーザーにはおすすめと言えます。しかし、ヘビーユーザーにはとてもじゃないですがおすすめはできませんよね。

なぜなら500MBを消費した段階で自動的に500MB(500円)を追加されるからです。自分のデータ管理がキチンとしていれば大丈夫ですが、そうでない人は絶対にやめておきましょう。

 

また500MB、月800円(音声通話機能付き)が業界最安値クラスなのは確かなのですが、500MBってそもそも何もできないくらいデータ容量が小さいんですね。

これが@モバイルくんが業界最安値の秘密でしょう。もしも安さ目当てで契約しようと考えていた場合は注意が必要ですね。

 

なっ得プラン5GB

こちらは使ったぶ~んだけプランとは異なり、5GBを上限とした定額プランとなっています。もちろん、このプランでも音声通話が使えます。

また料金は一律2900円ととても安いとは言い難いですね・・。まあ、5GBなので仕方ないのですが、5GBは5GBで多すぎるんですよ。自宅に固定回線などを引いている方にはまず使い道がありません。

 

データ通信専用SIMを選んだ場合

こちらのデータ通信専用SIMプランでは音声通話が出来ません。電話が出来ないので、通信のみに使う場合や2つ持ちの場合に最適です。

 データ容量月額料金
Dプラン 3ギガ3GB934円
Dプラン 5ギガ5GB1810円
Dプラン 7ギガ7GB2667円
Dプラン 10ギガ10GB3619円
Dプラン 12ギガ12GB4743円
3G2286円
3G使い放題4000円

データ専用SIMの月額料金は上記となっています。特に安いなあと思われるものはありませんし、逆に他の格安SIMに比べて高いなあと感じます。

また珍しいことに3G使い放題プランなどがありますが、そもそも3Gなんて遅過ぎて使えないですし、そうなのにも関わらず高い!という・・。笑

 

オプション料金

そして@モバイルくんには下記のようなオプションサービスがあります

  • 留守番電話=300円
  • 割り込み機能=200円

特に必要そうなオプションは見当たらないので、絶対に必要な方のみプラスでオプション代金を支払って契約しちゃいましょう。

 

@モバイルくん。の特徴

仕事できない男子 のコピー 2

@ポイントシステム

@モバイルくんでは「@ポイントシステム」という制度を導入しています。例えば、6GBプランを6月に契約し、4GBを通信したとします。そうすると2GBは無駄になってしまいますよね。

しかしこのシステムでは、その2GBを翌月の7月に繰り越せるのです。そして、その繰り越した2GBを合わせて7月分は6GB+2GBで8GB通信できるということになります。

 

また、その繰り越した2GBを使い切れなかった場合、使用料金の割引に使用できる「@ポイント」に変換されるのです。つまり定額なのに”損”をしないスタイルを取られています。

これに関しては他にないシステムなので高評価ですね。

 

オートチャージ機能

この「オートチャージ機能」は前に書きました「使ったぶ~んだけプラン」に適用される機能です。

「使ったぶ~んだけプラン」は月500MBまでに通信できるようになっていて、月にその500MBを超えると自動的に新たに500MBが月々の通信料にプラスされていくといったものです。

 

初期設定では「使ったぶ~んだけプラン」は最大で+1GBまでチャージされると設定されており、「なっ得プラン」は最大で+5GBまでチャージされる設定になっています。

しかし、この設定はユーザー側で変更することができ、どちらのプランもチャージ量を+0GB~20GBまで設定することが出来るので「なっ得プラン」の人は低めに変更した方がいいですね。

 

また「なっ得プラン」の場合は、残りの通信データ容量が1GBを切った時にオートチャージをするかどうかの確認通知がSMSで届くようになっています。

そこで承認した場合のみオートチャージが有効になるので「なっ得プラン」では知らぬ間の多額の支払いとなるケースはありません

 

3G使い放題プラン

先ほども言いましたが、@モバイルくんには他の格安SIMにはない3G使い放題プラン」というものがあります。

3G使い放題プランは読んで字のごとく3Gを使い放題となるプランです。現在一般的に普及しているのは4Gなので、体感の通信速度はかなり落ちると考えた方がよいでしょう

(3G=最大15Mbps、現在の4G=最大300Mbps)

 

通信品質はどうなの?

@モバイルくんはドコモの回線を借りているのですが、ドコモの回線は大手キャリア3つの中でも一番安定しています。なのでそれを借りている時点で「通信」こそはそこそこ安定するでしょう。

また通信最大速度は下り最大300Mbps/上り最大50Mbpsと格安SIMの一般クラスが出ます。しかし低速制限がかかっている時は200kbpsにまで下がるので注意が必要です。

そして@モバイルくんはお昼時(11~13時辺り)の回線利用者が多い時体感速度が急激に下がるという噂をよく聞きます。実際に私が試していないので何とも言えませんがコチラも事前に調べる必要がありますね。


11/17追記:翔太です。どうも。

この記事を書いてから既に半年くらい経っていますが、まだレビュー記事を書けていません。本当に申し訳ありません。ただ、格安SIM業界も着々と変化を遂げており、良い格安SIMがハッキリわかるようになりました。

そして、残念ながら@モバイルくん。は、その使える良い格安SIMとは到底言い難いこともわかっています。(あくまで噂ですが・・。)

 

まぁ、この点に関しては今月中に格安SIMを試してレビューするので、その時にご自身の目で判断してもらえればいいのですが、私としては@モバイルくん。よりも以下の2つをおすすめしておきます。

正直、上記2つが格安SIM業界で頭一つ抜けているのは目に見えています。もしも、格安SIMで悩んでいるなら、上記2つをお考えください。またはお問い合わせくださいな。

(*近日中に@モバイルくん。のレビューをします!!)


@モバイルくんの取り扱い端末

仕事できない男子 のコピー 2

ZenFone 2 Laser 6インチモデル、5インチモデル

Asus社が提供するSIMフリースマートフォンです。6インチモデルではAndroid5.0.2 Lolipopを搭載し、CPUにはSnapdragon S616 オクタコアを搭載しています。

ディスプレイは6インチのフルHD、Gorilla Glassで、メモリを3GB、ストレージは32GBですがmicroSDカードで128GBまで拡張可能となっています。

またレーザーの名の通りカメラにレーザーオートフォーカスが搭載されており、一瞬でピントが合うようになっています。

 

Huawei P8lite

最近、日本で頭角を表してきたHuawei社が提供するSIMフリースマートフォンです。OSニAndroid5.0 Lolipopを搭載しており、CPUはHuawei社製のオクタコアKirin620を搭載しています。

ディスプレイは5インチのHD、メモリは2GBでストレージが16GBとなっています。そしてmicroSDを使っての拡張が可能です。

バッテリーは2200mAhでCPUの省電力効果により一般的な2000mAhバッテリーよりも長く使用できますよ。

 

Zenfone Go

 コチラも世界のASUS社のSIMフリースマートフォンです。OSにはAndoroid5.1 Lolipopを搭載しており、CPUはSnapdragon 400を搭載。

ディスプレイは5.5インチのHD、メモリは2GBでストレージは16GBです。こちらもmicroSDカードを使い拡張が可能です。またバッテリーは3010mAhとなっています。

▶︎▶︎参考記事:Zenfone Goのレビューを先日行いました!ご覧あれ

 

ZenFone 5

またまたASUS社のSIMフリースマートフォンですね。Android4.4 kitkatを搭載し、CPUはSnapdragon400が搭載されています。

そしてディスプレイは5インチのHD、メモリは2GBでストレージが16GBと32GBのモデルがラインナップされています。ストレージに関してはmicroSDで拡張可能です。

 

Priori3 LTE

最後は格安SIMも出しているFREETEL社のSIMフリースマートフォンです。Android5.1 LolipopにCPUはMediaTek社製のMT6735 クアッドコア1GHzを搭載しています。

ディスプレイは4.5インチのFWVGA、メモリは1GBでストレージが8GBです。そしてこちらもmicroSDで拡張可能で、バッテリーは2100mAhとなっています。

しかし、こちらのスマートフォンはかなり性能が低くなっているので個人的におすすめはできません。安いんですけどね。

 

@モバイルくん。のメリット・デメリット

仕事できない男子 のコピー 2

ここでは、@モバイルくんを選ぶメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

 

@モバイルくんのメリット

  • 月額800円から音声機能通話付きのSIMが使える
  • 3G使い放題プランが使える
  • ライトユーザー比較的安く契約ができる

@モバイルくんのメリットは上記の3点になるでしょうが、正直料金的に他の格安SIMより優れていると思えませんので、そこはキチンと判断してからにしてください。

 

例えば・・、人気の高いmineoと比べてみましょう!

また比べる条件として、一般ユーザーのほとんどが契約するデータ容量3GB音声機能付きと設定します。

 

『使ったぶ〜んだけプラン』の場合

→800円(500MB分)+500円×5(500MB×5回)=3200円(3GB)

 

『mineo』の場合

→ドコモ回線を使ったDプラン=1600円(3GB)

→au回線を使ったAプラン=1510円(3GB)

 

ね?@モバイルくんの料金が比較的高いことがわかったでしょ?

メリットを伝えるつもりが何故かデメリットになってしまいましたが、残念ながら@モバイルくんにメリットらしいメリットはありません。(←これが真実)

>>参考記事:@モバイルくん。の公式サイトはコチラ

 

@モバイルくんのデメリット

  • 基本的に料金が高い
  • オートチャージ機能が厄介
  • 定額プラン(音声通話機能付き)に種類が少ない

料金が高い!に尽きるのかもしれません。またデータ通信専用SIMは選べるデータ容量の種類がそれなりにあるのにも関わらず、音声通話機能付きには5GBしかありません・・。

これは明らかにデメリットで「使ったぶ〜んだけプラン」に誘い込みたい下心が露になっています。笑

 

そしてその「使ったぶ〜んだけプラン」にはオートチャージがあるので、自分が気にしていない間にスッゲー量のデータ容量を使ってしまい、多額の請求がされる可能性があります

これもまあまあのデメリットになり得ると考えます。

 

まとめ:結局「@モバイルくん。」はおすすめなのか

仕事できない男子 のコピー 2

「@モバイルくん」は今のところかなりマイナーなMVNOです。

「使ったぶ~んだけプラン」や「なっ得プラン」など、そしてこの会社が持っている特有のシステム「@ポイントシステム」などが存在し面白いMVNOだとは思います。

しかし、基本的な料金は高めに設定されており、「3G使い放題プラン」も最近になってから速度が落ちてきた等の情報が出てきているので何とも言えない・・。って感じです。

 

つまり、とてもじゃないけどおすすめできないよ!って話です。

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

また新たなMVNO(格安SIM)が出てきましたね。

既にモバイルルーター(BB.exciteモバイルWimax)や固定回線(エキサイト光)などの回線サービスを出されているエキサイト株式会社が『エキサイトモバイル』という格安SIMサービスを始めました。

サービスの提供開始時期は2016年の7月1日からですが、乗り換え(MNP)などの申込みに関しては6月27日からとなっています。


11/26追記:うっす!翔太です。もうすぐ年明けますねー。

っで!なんと僕がエキサイトモバイルのレビューをする前に優子さんがエキサイトモバイルのレビューをしてくれて、それも記事にしてくれたので、気になる方はご覧下さい。

割と好評価みたいなんで、通信速度の恩恵(ユーザーが少ない程、通信速度は速くなりがち)を受けたい方は早めにGO!ですよー。

▶︎▶︎参考記事:エキサイトモバイルのレビュー記事です♡by優子


月額500円からという格安SIMの中でも比較的安い料金で回線を使えるために、MVNO(格安SIM)を選ぶ際の一番の基準に料金を持ってくる方にはおすすめ・・かもしれません。

まあ、今回はそこら辺を深く探って行きましょう。なお今回の記事を書いている6月22日には、まだサービスが開始されておりませんのでレビュー記事ではありません。ご注意ください!

エキサイトモバイル公式サイト をチェック

 

エキサイトモバイルの料金全般

仕事できない男子 のコピー 2

エキサイトモバイルの月額基本料金やプラン

エキサイトモバイルには2つのプランがあり、1つ目は最適料金プランで2つ目が定額プランです。ちなみにデフォルトのプランでは、全てがデータ通信専用SIMとなっているので注意してください。

ただ音声通話が一切ないのではなく、音声通話機能付きSIMを使いたい場合は上記の料金にプラス700円を払ってオプションを付ける必要があります。

 

そしてエキサイトモバイルではSIMカードを1枚または3枚を選べ、最高3人でエキサイトモバイルのデータを使用することができるのです。(さらに追加も可能)

家族みんなで格安SIMを使うシーンが予想されるのであればエキサイトモバイルで一本化するのがいいですよね。

 

最適料金プラン

スクリーンショット 2016-07-01 12.27.52

スクリーンショット 2016-07-01 12.28.37

最適料金プランの内容は、その該当月に使ったデータ量分だけ料金を支払うというものです。SIMカード1枚のコースなら、その1枚のSIMで消費したデータ量を。

そしてSIMカード3枚のコースなら3枚合わせたSIMのデータ使用量分が料金となります。

 

[例] 最適プラン SIMカード3枚

  • 1枚目=1.3GB
  • 2枚目=2GB
  • 3枚目=0.3GB

合計=3.6GB

 

この場合、SIMカード1枚目から3枚目までの合計データ使用量が3.6GBとなるので、~4GBの1780円(税抜)が適用されます。3人で使って1780円なら大分安いですよね。

現実問題、3人のデータ使用量が4GBまでに収まるかは自宅にWi-Fiがあるのか、スマホの使い道がLINEやメールくらいで動画などは一切見ないのか?などが関わってきます。

それを考慮しても安いなあ〜って思いますけどね。

 

そして最適プランのメリットはスマホをあまり使わない人からするとトコトン安く利用できる!という点でしょう。極端な話をすると月500MB以下であれば630円で使うことができます。

つまり『私、全然スマホを使わないのに月々高い料金を払ってるわ〜』という方におすすめです。

 

しかし、逆にヘビーユーザーには最適プランのような使った分だけ支払うというプランがデメリットになり得ることがあるので気をつけてください。

定額だからと今まで何も考えずにネットを利用していたと人が、使った分だけ支払うシステムになれば、大手キャリアと何も変わらないくらいの料金が発生することだってあり得るからです。

なので契約前に必ずここら辺を考慮し、事前に自分でデータ量を管理できているのか、だいたいいつもはどれくらいのデータ容量を使っているのかを調べておきましょう。

 

定額プラン

スクリーンショット 2016-07-01 12.28.54

定額プランは最適プランと違い、始めからデータ量に上限が決まっているものとなります。例えば3GB使えるプランを契約した場合は言葉の通り3GBまで使え、それ以降は低速制限を受けます。

その場合の通信速度は200Kbpsで、それはもう使い物にならない速度です。笑

 

なので定額プランで契約する場合は自分が普段から使っているデータ量の少し上目を契約してください。目安が全くわからない・・という方は下記の記事でチェックしてみましょう。

▶︎▶︎参考記事:通信データ量ってどういった時に消費するの?メールやLINEは?

 

ちなみに定額プランを契約しておきながら、その設定データ量を超えてしまった方には『追加容量チャージ』として1GB/580円(税抜)でデータ量を購入することが可能です。

しかしこの場合のデータ量は月末までの使用であり、翌月に繰り越しができません。なのでデータ量が更新される月末3日前とかにデータ量が無くなった場合は低速を我慢した方がいいでしょうね。

 

あっ!繰り越しで思い出しましたが、定額プランを契約した場合、その月に消費し切れなかったデータ容量は翌月に繰り越すことができます。なので無駄なくデータを消費できるんですね。

ただ繰り越されたデータ容量は翌月末までが有効となるので、ずっと貯まり続けるわけではありません。注意しましょう!

 

オプション料金

  • 音声通話機能付きSIMへ
  • SMSを使用する
  • 容量追加(定額プラン)
  • SIMカードの追加

エキサイトモバイルには基本料金以外にオプション料金あります。オプションなので付けなければ一切お金がかかりませんが、音声通話機能(電話)などは必須でしょう?

この音声通話機能もオプションであり、つまりプラスでお金がかかってくるんですよ!

 

電話(音声通話)はできるのか

先ほどから何回も言っていますがエキサイトモバイルでは通話をすることが可能です。(ほとんどの格安SIMが通話可能)LINE電話などが復旧している現在でもやっぱ電話番号は必須ですよね。

そういった方はエキサイトモバイルの音声通話機能付きSIMにすればいいのですが、この音声通話機能、実はデフォルトプランでは一切なくオプションとして付ける形になります。

 

それもプラスで700円かかります。ただね、私がいつも推しているmineoの音声通話機能付きSIMの3GBは1510円(Aプラン)なので実はそこまで他と大差はありません。

  • 1600円(エキサイトモバイルの3GB音声付き)
  • 1510円(mieno[au回線]の3GB音声付き)
  • 1600円(楽天モバイルの3.1GB音声付き)

こんな感じでどこのMVNOも3GBの音声通話機能付きSIMは1600円くらいです。mineoのDプラン(ドコモ回線)を選んだ場合はエキサイトモバイルと全く同じ1600円なので本当互角。

 

SMSは使えるのか

そしてエキサイトモバイルではもちろんSMSも使えます。通話が出来る時点でSMSも使えるということなのですが、一応説明をしておきましょう。

一つ上のオプションで音声通話機能付きSIMにグレードアップした場合はそのままSMS機能もついてくるので特別に何か行う必要はありません。そのまま使えます。

 

ただデフォルト機能ではSMSは付いておらず、やっぱりオプションでSMSを付ける必要があるのです。この場合の料金は月々+140円です。まあ、ここら辺の料金もどこのMVNOと比べても同じでしょう。

データ通信専用SIMのままでSMSを使いたい場合はオプション付与を忘れずにね!

 

定額プランでは容量を追加可能

先ほど軽く述べましたが最適プランと違い定額プランでは最初に使えるデータ容量の上限を決めてしまいます。それ故にどれくらいデータ容量を消費するか分からないユーザーからすると困惑する可能性が高いですよね。

また最適プランのように選べるデータ容量も多くなく、選ぶとすれば1GB,2GB,3GBのどれかに限られるでしょう。

 

この場合、少し多めのデータ容量を頼むのがベターですが、それはそれで”損”するかもしれないので嫌ですよね。こういった場合にエキサイトモバイルでは『追加容量チャージ』というオプションを用意しているのです。

先ほど言った通り注意点も多いですが、ユーザーからすると思い切って少なめデータ容量プランを定めることができるので助かりますね。

 

SIMカードを追加できる

デフォルト機能上、SIMカードは1枚または3枚ですが、追加でSIMカードを購入できるオプションがあります。つまり4枚目からのSIMカードというわけです。

その場合、1枚に付き月額390円(税抜)かかりますが、大家族で利用するなり会社従業員たちで利用するなり複数人での利用シーンが増えるので大変便利でしょう。

しかし定額プランの場合、9GB以上でしかSIMカードを追加できず、また新規申込みの時以外にSIMカードを申込む場合は3000円の手数料がかかるので注意してください。

 

その他、手数料など

  • MNP転出手数料
  • SIM再発行
  • 解約金など

その他にも上記のような場合に手数料が別途でかかってきます。例えばSIMを無くした・・破損した・・なんて時は再発行手数料として3000円がかかります。

ちなみにですが、こういった手数料はだいたいが3000円となっていますよ。

 

そして契約してから12ヵ月間内に解約した場合は解約金9500円がかかります。これはデータ通信専用SIMでは料金が掛からず音声通話機能付きSIMの場合のみです。

なのでエキサイトモバイルの音声通話機能付きSIMを契約しようと考えている方は本当にこのSIMでいいのかをよくよく考えてからにしてください。

 

実際使えるのだろうか?おすすめ具合

仕事できない男子 のコピー 2

さあ、そしてこのエキサイトモバイル。実際に使える格安SIMなのでしょうか。まだサービスの開始(7/1〜)すらできていないので、体感などを伝えることはできませんがある程度予想はできます。

まず料金プランからですが、最適プランのような使った分だけ支払うというスタイルをとっているMVNOはあまりないので使った分だけ支払いたい!という方には非常におすすめできます。

 

またそういった中で定額プランも用意しているのは非常に好印象です。各MVNOの中で非常に人気が高いmineoや楽天モバイルと比べても「安さ」で負けてませんからね。

 

NTT回線なので安定+速度は普通

問題は料金が安くても通信速度が必要程度出ているのか、ですよね。まず通信の安定性ですがNTT回線を利用しているので不安定ということは考えにくいです。

また公式サイトにて、高速データ通信の下りが最大300Mbpsで上りが50Mbpsと記載されていますが、これが体感でそうならば、なかなかの速さでしょう。

 

まあ、また実際にスピードテストをしてから追記しますが、今のところ非の打ち所はないように思えます。もしも契約するならサービス開始直後の利用者が少ない時期を狙い目です。

回線の空きがいっぱいあるでしょうし、ストレスなく使えるからです。

最大25000円キャッシュバックを確認!

 

まとめ:エキサイトモバイルは今のところアリ!

仕事できない男子 のコピー 2

MVNO(格安SIM)はこれからもドンドン増えるでしょうし、月々の料金も増々安くなることが予想されますが、それ故に潰れる・・といったMVNOも必ず出てきます。

そういった場合に”損”をするのはユーザー!あなたですから、より良い目利きが必要ですよ。今回、紹介したエキサイトモバイルは今の所”アリ”ですが、サービスが開始されないと正直わからない点も多いです。

 

先ほど言った通りサービス開始直後を狙って契約するのが一番いいですが、実際に使った人のレビューを聞いてから決めるのも悪くありません。

というか長期で使うことを考えているならそっち方がいいですね。

 

そして最後になって申し訳ないのですが、最小料金として月額500円のプランを設けられていますが、これは絶対にダメ!普通にスマホを使いたいならやめてください。

これはロケットモバイルと同じ手法だと思いますが、単なるパフォーマンスです。低速(200Kbps)のみでスマホを使えるわけがないですからね。気をつけましょう!


11/14追記:当記事は既に半年前にアップされたものです。なので翔太が追記として過去の情報を修正していきますね。まず月額500円が最安値どうこうというもの。

コレに関しては「0sim」という最低月額0円で使える格安SIMが登場したために、今は最安値ではありません。っていうか0円って何だよ!ってなりますよね。笑

 

またロケットモバイルを使えないSIMとして登場させていますが、これは私の確認不足でした。

既に「ロケットモバイルは本当に使えないのか検証してみた」の記事で撤回していますが、ロケットモバイルの神プランは使い方によっては素晴らしいものです。すみません、早とちっちゃいました。

 

あとは、もう少ししたらエキサイトモバイルのレビュー記事をアップする予定ですので、今しばらくお待ちください。アップ次第、この記事で再びお知らせします。

ではでは!


追記:今なら高額キャッシュバックだ!急げ!!

仕事できない男子 のコピー 2

6/25に追記をいたします。エキサイトモバイルが7月1日からの開通に向けて高額のキャッシュバックを発表されました。それも最大25000円のキャッシュバックです!

ただこれには条件があるので損をしないように契約前しっかり確認しておきましょう。

 

[キャッシュバックの条件]

  • 30GBの定額プランを申込み 6000円
  • 40GBの定額プランを申込み 12000円
  • 50GBの定額プランを申込み 25000円

個人(1人のみ)での契約で上記のキャッシュバックに該当するのはちょっと厳しそうですね・・笑 30GBとか10人で使うレベルなので。

ただ家族で統一する場合や会社組織で一本化する場合に適用できると思うので一度検討してみましょう。

 

また個人でも使えるようなキャッシュバック条件もあるのでそちらも確認しておきましょう。

  • 上記以外の定額プランを申込み 2000円
  • 最適料金プランを申込み 1500円

っとなっています。格安SIMでのキャッシュバックってなかなかないですからね。たぶんエキサイトモバイルも7月限りといった期間限定になると思われます。

格安SIMに乗り換えようと考えていた人はこの機会にエキサイトモバイルはいかがでしょうか。

エキサイトモバイルでキャッシュバック!

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

IIJmioは株式会社インターネットイニシアティブジャパン(略称IIJ)によるMVNO(格安SIM)事業となります。

 

格安SIMによって個人の方にも一躍有名になりましたが、IIJmioは元々インターネットサービスプロバイダの会社として広く知られていました。

コチラは古くから運営されており、官公庁や法人を顧客に圧倒的なシェアを誇ります

 

また日本初の商用インターネットサービスプロバイダ(ISP)を開始したISP事業者でもあるんですよ。

 

おすすめポイント

  • 長年の実績と高い信頼性
  • 申し込み不要の通話割引サービス
  • 最安値ではないが低価格な料金
  • 最大10枚のSIMで共有できるファミリーシェアプラン 

 

注意点

  • 解約手数料が高い
  • 選べる容量(プラン)が少ない 

IIJimio をチェック


11/14追記:こんにちは。良介です。

情報が大分古くなってきたので追記を行いにきました。どうぞ、よろしくです。まず、この記事を書いた当初はまだIIJmioを検証し切れておらず、レビュー記事が完成しておりませんでした。

しかし、11/14現在には「IIJmioを使ってみたので、通信速度などを徹底レビュー!」という記事があがっています。コチラは料金などの基本情報を詳しく載せていないので、使い心地等を知りたい方がご覧下さい。

また、もっと基本的なことを知りたい場合はこのまま読み進めましょう。では。


IIJmioの主な料金

若い新米男子 のコピー 2

月額基本料金

プラン名容量月額料金
データ通信専用SIM(ミニマムスタートプラン)3GB900円
音声通話付きSIM(ミニマムスタートプラン)3GB1,600円
データ通信専用SIM(ライトスタートプラン)5GB1,520円
音声通話付きSIM(ライトスタートプラン)5GB2,220円
データ通信専用SIM(ファミリーシェアプラン)10GB2,560円
音声通話付きSIM(ファミリーシェアプラン)10GB3,260円

IIJmioのプランは全て定額プランとなり、3GBのミニマムスタートプラン、5GBのライトスタートプラン、10GBのファミリーシェアプランの3種類のみです。

そして、ファミリーシェアプランは新規契約時に最大で3枚のSIMカードを発行でき、プランの容量を共有することができます

 

新規契約時以外も、後から最大で合計10枚までSIMカードを追加できますが、その場合は1枚につき2,000円の手数料と、4枚目以降のSIMカードは1枚につき月額400円の利用料が発生するため注意が必要です。

また、SIMカードを追加しても合計容量が増えないので、SIMカードが増えれば増えるほど個々に使用できる容量は当然少なくなりますよ。

 

ファミリーシェアプランは2,560円の月額料金に、SMS機能付きSIM1枚につき140円、音声通話機能付きSIM1枚につき700円となります。

そして各機能は1枚ごとに追加料金が掛かり、その合計が月々のお支払い料金です。

  

若い新米男子 のコピー 2

例えばね・・。

ファミリーシェアプランで新規契約時にSIMカードを3枚、後からSIMカードを3枚追加した場合で考えよう!

 

構成:データ専用SIMを2枚、SMS機能付きSIMを1枚音声通話機能付きSIMを3枚

  • 2,560円(ファミリーシェアプラン月額料金)
  • SMS機能付きSIM1枚:140円
  • 音声通話機能付きSIM3枚:700円×3
  • 4枚目以降の追加SIMカード利用料:400円×3

この場合の月々の料金は6,000円となります。 

▶︎▶︎参考記事:IIJmio高速モバイル/D 音声通話機能付きSIM ファミリーシェアプラン

 

通話料金

通常通話料

プラン名通話料
全プラン共通20円/30秒
ファミリー通話割引適用時16円/30秒

 

みおふぉんダイアル

サービス名月額料金通話料
みおふぉんダイアル0円10円/30秒
みおふぉんダイアル+ファミリー通話割引0円8円/30秒

通話料は他の格安SIMと変わらない料金ですが、「みおふぉんダイアル」というアプリを利用して通話した際に料金が割引されるというサービスがあります

またファミリー通話割引というものもあり、同一名義で複数契約しているSIMがある場合に、そのSIM同士での通話が20%引きとなります。

 

「みおふぉんダイアル」は音声通話付きSIMを契約しているユーザーであれば、別途申し込みの必要なく利用可能できる割引です。

コチラは月額料金が一切かからず、「みおふぉんダイアルアプリ」経由で通話を開始するだけで通話料が半額となるので、上手く利用したいところです。

 

さらに、これらのファミリー通話割引と「みおふぉんダイアル」の併用も可能で、その場合は30秒で8円と非常に安い価格で通話が可能となります。

 

最低利用期間(←注意が必要)

最低利用期間・解約手数料

プラン名最低利用期間解約手数料
全プラン共通(データ専用SIM)なし0円
全プラン共通(音声通話付きSIM)あり(12ヶ月)
12,000円~0円
利用1ヶ月ごとに-1,000円

データ専用SIMは解約手数料はかかりませんが、音声通話付きSIMの場合は解約手数料が12,000円かかり、1ヶ月利用するごとに1,000円安くなっていきます。実質的に12ヶ月の最低利用期間がある状態です。

解約手数料が非常に高額なため、音声通話付きSIMを利用する場合は最低でも半年程度の継続利用が目安となるでしょう。

 

まとめ:複数人での使用・大容量を求める方に!

若い新米男子 のコピー 2

IIJmioは今までの経営実績、サービス提供のノウハウから信頼できるMVNO事業者の一つです。速度は決して他社に比べて優れているわけではありませんが、安定した通信速度で提供されています。

しかし、IIJmioは人気の格安SIMなため、朝や昼夜の混雑時には他の格安SIMと同じく速度の大幅な低下が見られます

IIJmioの場合は設備増強を繰り返し行っていますが、さらなるユーザーの増加もあるため、速度が回復しては落ちてという状況が繰り返されています。

 

とはいえ、一部の格安SIMのように一切通信ができなくなるほど速度が落ちることはありませんので、その面では混雑時も安定したサービス提供がされている格安SIMの一つです。

また、業界内でまだまだ数の少ない、複数のSIMで容量を分け合える機能の付いたファミリーシェアプランも魅力の一つです。

 

通話も専用のアプリこそ必要ですが、わざわざ申し込みをしなくても、月額料金なしでいつでも使用可能な通話割引サービスがありますので、他の格安SIMに比べてお得に利用することができます。

料金は業界最安値とまではいきませんが、比較的低価格の料金設定となっています。安定した通信品質と低価格の両方の条件を満たしたバランスのよい格安SIMです。

 

デメリットもあるから申込みに見てね

選択できるプランが3GB、5GB、10GBの3プランしかないため、選択肢が少なく、月に1GB程度しか利用しないユーザーには価格的にはあまり魅力がありません

解約手数料も非常に高いため、音声通話付きSIMを契約する場合は気軽にMNP転出や解約できないことを念頭に置いておく必要があります。

IIJmioが登場した当初はあまり格安SIMも多くなく、その中でも非常に低価格で魅力的な格安SIMでした。最近ではIIJmioよりも安い格安SIMは珍しくなく、プランの容量が細かく設定されている場合も多いです。

最安値を求める方にはあまりおすすめできませんが、価格と品質のバランスを求める方にはおすすめの格安SIMです。

 

スマホを使っていない方はサプライサービスもあり?

格安SIMは今現在、スマホを普段使わない人にも広がりつつあります。というか本来であればそういった人にこそおすすめなのが格安SIMです。

あまり使用していないのに大手キャリアから多大な金額を取られ続けるのはどうかと思うでしょう。つまりそういった人にこそ上手に利用して節約してほしいのです。

 

ただそういった人の場合、あまりIT関連に詳しくなくガラケーからいきなりスマホ。それも格安SIMに乗り換える!という人も多くいるでしょう。

若干ハードルが高いようですが、その数はどんどん増えるでしょうし、実はそこまで難しいことではないということも認識されていくはずです。

 

そしてそんな人におすすめなのがIIJmioのサプライサービスです。『サプライズサービス』ではなく『サプライサービス』ですからね!笑

このサプライサービスは格安SIMやスマホ初心者の方のために作られたサービスで格安スマホと格安SIM(IIJmio)を同時に契約できちゃう!といったものです。

 

格安SIMって大手キャリアと違って基本的にネットワーク設定などを自分でしないといけないですし、simフリー端末だとなおさら設定が面倒くさいです。

そういった点から格安SIMに乗り換えることをためらっていた・・という方はぜひともIIJmioのサプライサービスを活用してみてください。

 

スマホの種類も豊富で、最近人気の格安SIM『ハーウェイ』を揃えているなど初心者向けのサービスといっても一切の妥協を許していません。

▶︎▶︎参考記事:格安スマホ『ハーウェイ』ってどういうの?優子のおすすめを紹介

料金もスマホ端末とセットで月額2980円〜と、大手キャリア(だいたい月8000円くらい)と比べると大幅に安くなりますよ。この機会にどうぞ!

 

迷っている方はプリペイドSIMからでもOK

最後に、これでもまだまだ信用ならん!と思っている方はプリペイドSIMからご利用してみてはいかがでしょうか。プリペイドSIMとはある期間をお試し感覚でSIMを使えるというものです。

ちなみにmineoなどの他のSIMにもあるもの(全部の格安SIMにあるわけではない)なので、比較してみたい!実際にネットに繋がるのかやってみたいという方におすすめです。

料金は3ヵ月丸々使えて3791円となります。ただ使えるデータ通信容量は2GBなので、実際にコレを使い続けることは普通に考えて厳しいです。なのでお試しでね、やってみてください。

▶︎▶︎参考記事:2GBってどれくらい?一体何に何GB使っているの?

▶︎▶︎参考記事:IIJmio データ通信専用SIM 3GB 900円

 

11/14追記:DMM mobileとも比べてみました

冒頭で登場した11/14の良介です。どうも。

もう少しだけ追記させてください。先ほどIIJmioのレビュー記事を追加で紹介させていただきましたが、同系列で業界最安値クラスであるDMM mobileとの比較レビュー記事も、そう言えば先日アップしていましたww

スッカリ忘れていたのですが、割りかしこの2つの格安SIMを比較する方が多かったことから、実際に通信速度や料金を試してみたのです。なので良かったらご覧下さい!どうぞ。

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

格安スマホや格安SIMの普及により、たくさんの会社がMVNO事業を始めました。今回紹介する『BIGLOBE』もそのうちの1つです。

BIGLOBEはNTTドコモの回線をレンタルして格安スマホ、格安SIMを提供しています。大手企業という事もあり安心して使えると人気のBIGLOBE

たくさんの会社が行っている格安SIMのサービスですが、BIGLOBEの格安SIMは一体どのようなものなのでしょうか。特徴を見て行きましょう!

BIGLOBE をチェック

 

BIGLOBEの格安SIM・格安スマホの特徴は?

ギャル女子 のコピー 2

BIGLOBEはNTTドコモから回線をレンタルしています。そのためドコモのスマホならSIMロックの解除をせずに、そのまま格安SIMを使うことが出来るのです。

わざわざ格安スマホを買い替えたり、SIMロックを解除したりする手間が無く格安SIMを使えるのは嬉しいですよね。

▶︎▶︎参考記事:SIMロックについてよく分からないという方はコチラの記事へ

 

またドコモ以外のスマホや携帯を使っている方や新しく格安スマホを持ちたい方に向けて、格安SIMと格安スマホをセットにした「BIGLOBEスマホ」というものも提供しています。

このBIGLOBEスマホは種類が豊富にあるため自分の好きな端末を選ぶことが可能です。

 

そして端末代を24か月の分割で払う事が出来る「アシストパック」というサービスがあるので、金銭的な不安も払拭。もちろん一括での支払いも可能ですが、高い機種代を一括で払うのは厳しいという方におすすめです。

ただし24か月以内に解約した場合は、残りの機種代を一括で支払わなければいけませんので注意してください。

 

高速通信時の最高速度

  • 下り(ダウンロード)・・・150Mbps
  • 上り(アップロード)・・・50Mbps

ちなみにこの数値は大手キャリアに比べて普通に遅く(大手キャリアに通信速度で勝つのは無理ゲー)、格安SIMの中でも遅めとなっています。

ただ、これはあくまで表面上の数値であり、適当なことを書いているMVNOは多いです。(言っちゃった♡)なので実際に使ってみての「体感速度」を確かめる必要がありますね。

▶︎▶︎参考記事:Wi-FiルーターにBIGLOBE SIMを挿して通信速度を測ってみた件

 

低速通信時の最高速度

  • 最大200Kbps

低速時の速度はだいたいどこの格安SIMでも200kbpsとなります。なのでそこまで気にしなくてもいいでしょう。

ちなみに200kbpsではLINEで文字を送るくらいのことしかできないので注意してください。動画を見ることはもちろん、Twitterで画像を開くのも一苦労します。

▶︎▶︎参考記事:快適な通信速度ってどれくらい?ストレスなくスマホを使いたい!

 

BIGLOBEの料金プランとその他の手数料について

ギャル女子 のコピー 2

次は気になるBIGLOBEの料金プランを見ていきましょう。

格安SIMはその料金プランが安いのが特徴ですが、BIGLOBEの料金プランは2015年10月にさらに安く価格変更されました。注目ですよ!

 データ通信量データ通信専用SIM
(SMSなし)
データ通信専用SIM
(SMSあり)
音声通話付きSIM
音声スタートプラン1GB××1400円
エントリープラン3GB900円1020円1600円
ライトSプラン6GB1450円1570円2150円
12ギガプラン12GB2700円2820円3400円

BIGLOBE をチェック

上記が料金内容ですが、BIGLOBEの会員になっていると、さらにこちらの料金から毎月200円割引されます。大分お得で、なんと言っても安い!!

 

そしてプランの変更は無料で行う事が出来ますし、『あっ!私ってこんなにデータ容量使わないわ!!』と思ってもすぐに変更できます。

しかし、変更が反映されるのは手続きをした次の月からなるので、気を付けて下さいね。

*BIGLOBEは余ったデータ通信量は翌月に繰り越せるので、変更が遅れても大丈夫*

 

ちなみに初期費用は他社の格安SIMと変わりなく3000円となっています。

 

解約手数料

他社と同じように最低利用期間を設けられています。データ通信専用SIMは、最低利用期間はありませんが、音声対応SIMは、12か月目までに解約した場合8000円の解約手数料が発生します。

*利用開始月を1か月目として計算します*

 

MNP転出手数料

BIGLOBEはMNPでの転入と転出が可能となっています。MNPとはナンバーポータビリティのことで、電話番号を変更することなく他社の携帯に変更できるというシステムです。

携帯電話を取り扱っている多くの会社がこのシステムを取り入れており、格安スマホでもMNPが出来るようになりました。ただし、メールアドレス(キャリアメール)は引き継げませんので、注意が必要です。

 

そしてBIGLOBEから他社に乗り換える時にもMNPが可能なのですが、転出手数料が発生します。手数料は1~3か月目まで6000円、4か月目以降は3000円となります。

1~3か月目までにMNP転出を利用すると手数料が高くなるので、万一乗り換える場合は気を付けて下さいね。

 

BIGLOBEのオプションサービス

ギャル女子 のコピー 2

BIGLOBEでんわ(月額無料)

BIGLOBEには通話料が通常の半額になるアプリがあります。その名も「BIGLOBEでんわ」。このアプリを利用して電話を掛ければ、通常30秒20円の通話料が30秒10円でかけることが出来るのです。

LINEなどの通話無料のSNSアプリもありますが、LINEを使っていない相手に掛ける場合や仕事などでLINEなどを使いにくい場合はこちらのアプリを使うことをおすすめします。

このアプリは相手には通常の着信画面でしか表示されないので相手がアプリを持っている必要はありません。月額無料で特に面倒な手続きも不要ですので、少しでも通話料を抑えたい方はぜひダウンロードしてみてください。

 

通話パック60(月額650円)

こちらは月額650円で1200円分の無料通話が付いているというお得なパックです。先ほどのBIGLOBEでんわを併用するとさらにお得になります。

電話を毎月650円分(16分以上、BIGLOBEでんわ併用の場合は32分以上)かけるという方は、こちらのパックに入っておくとお得ですよ。

 

シェアSIM

BIGLOBEには複数のSIMでデータ容量を分け合えるプランがあります。全ての料金プランで利用できるわけではなく、「ライトSプラン」と「12ギガプラン」のみで利用することが可能です。

SIMカードの追加枚数はライトSプランで最大3枚、12ギガプランで最大5枚までとなっています。

SIMカード追加手数料は1枚につき3000円、さらに音声通話対応SIMは1枚につき月額900円、データ専用SIM(SMSなし)は1枚につき月額200円、データ専用SIM(SMSあり)は1枚につき月額320円の利用料が発生します。

 

らくらく乗り換えSIM

通常郵送で行うMNPの場合、申し込みから新しいSIMカードが届くまでの期間、スマホを使う事が出来ません。

しかしこの「らくらく乗り換えSIM」だと、MNPを申し込んでからもそれまで使っていたSIMを使う事が出来るので、スマホを使えないという期間が無くなるのです。

 

「オートコネクト」アプリ

こちらはAndroid端末向けのアプリになりますが、LTEとWi-Fiの接続を自動的に切り替えてくれます。

Wi-Fiスポットに入れば自動的にWi-Fi接続に切り替えてくれるので、データ通信量の消費がされにくく節約にもなります。Android端末の方は、このアプリをダウンロードしておきましょう。

 

その他のオプションサービス

  • 留守番電話サービス・・・月額300円
  • キャッチホン・・・月額200円

その他にも初心者でも安心の「あんしん!かんたん!格安スマホ&格安SIMビギナーズガイド」や「料金シミュレーター」などもあり、初めて格安スマホを使う方にも安心です。

 

まとめ

ギャル女子 のコピー 2

BIGLOBEの格安SIMは月額使用料自体は他社とあまり変わりませんが、BIGLOBE会員になると毎月200円の割引になるので、その点を考慮すると他者よりも安くなります。

さらにオプションサービスが充実しており初心者でも安心して格安スマホを使う事が出来ます。

格安スマホは無料通話が無いのが難点でしたが、BIGLOBEなら通話パック60やBIGLOBEでんわがあるので、たくさん電話をかけるという方も安心です。

気になる方は一度公式ホームページをチェックしてみましょう。

スクリーンショット 2016-05-25 20.20.35

BIGLOBE をチェック

 

2xiwPzI5RiKOaqn1460885356_1460885384

月々の通信費を大幅に下げることができる格安SIMですが、ここに来て何と月々0円で使える格安SIM(ロケットモバイル)が出てきました。は?0円??どういう事??もちろん、そうなりますよね。

今回は皆さんの疑問に答えるべく今話題の格安SIM『ロケットモバイル』を解説します。(最後に結論を書いているので、必ず最後まで読んで、申し込んでください)


10/22追記:どうも翔太です。お久しぶりですね。

この記事を書いたのは5月18日なので、既に半年近く更新していなかったことになります。申し訳ありません。そしてそんな私がさぼっている最中、格安SIM業界は目まぐるしい変化を遂げています。

この事は皆さまもご承知の通りでしょう。

 

もちろん私が酷評したロケットモバイルさんも凄まじい変化をしており、私の同僚が一度、新作商品発表会なるものに招待されておりました。(なぜ私ではないんだwww)

▶︎▶︎参考記事:ロケットモバイルの新作発表会に行ったよ!

 

当時、私がこの記事を書いていた時はまだデータ通信専用SIMしかなく、またポイントがもらえるアプリも全く使えないものばかりだったので酷評したのですが、どうやら今は違うみたいです・・。

というか、先日ロケットモバイルさんを使う機会があり、この記事を書いた時と全く違う印象を得たので、この度、大幅な修正を施そうと思った次第です。

 

念のため、記事の中身は消さずにその下に追記という形で書いていきます。当時の私の見当違いっぷりを鼻で笑いながら見てください。

本当にロケットモバイルさん。すんません!普通に良い格安SIMでした。


ロケットモバイルの簡単な説明

仕事できない男子 のコピー 2

ロケットモバイルはNTTドコモの回線を借りて通信サービスを行う格安SIMです。月々0円!!と、2016年の5月16日に発売を開始した旬の格安SIMとなります。

このサービスの売りはやはり『月々の安さ』でしょう。格安SIM全般に、大手キャリアの通信サービスと比べて大幅に安いのにも関わらず、ロケットモバイルはそれをさらに上回る安さとなっています。

 

運営会社は株式会社エコノミカルという2015年12月17日に設立された、まだまだ新しい会社です。何もかもが新しく、勢いがありますね。

しかし、格安SIM市場は大きくなっている反面、MVNO事業者は既に乱立状態と言えるので、新しい会社(経営歴が浅い)が良いとは限りませんので注意してください。

 

話題のプラン内容と月々の料金をチェック

では、話題となっているプラン内容と、それに伴う月々の料金をチェックしましょう。

プラン名通信容量通信速度料金(税抜き)
神プラン200kbps298円
1GBプラン1GB下り225Mbps
上り50Mbps
590円
3GBプラン3GB下り225Mbps
上り50Mbps
840円
5GBプラン5GB下り225Mbps
上り50Mbps
1200円
7GBプラン7GB下り225Mbps
上り50Mbps
1850円

パッと見たところ、さすがの安さを感じますね。神プランが298円と、この料金はどこのMVNO事業者を見渡してもない数字でしょう。間違いなく業界最安値です。(2016年5月現在)

ちなみに初回の事務手数料は3000円(税抜)で、他と大体同じとなります。

 

またプラン内容を見て分かる通り、今のところデータプラン(データ専用SIM)のみであり、音声プラン(音声SIM)はありません。電話をかけることはできないという事です。

*2016年7月以降に音声プランが発売される予定です*(発表されました!コチラの記事で見れますよ

 

仕事できない男子 のコピー 2

ん?でも待てよ?確か0円がどうとか言ってなかったか?

今、皆さんそう思われましたよね。では、ここからはロケットモバイルの話題の0円の謎を解説します。確かに理論上は0円で使える内容ですよ。

 

ポイントを貯めると0円で使える

ロケットモバイルの『0円』という謳い文句のカラクリは、ポイント使用によるものです。ロケットモバイルのポイントは「ロケモバポイント」と言い、1ポイント=1円で通信料金に充当させることができます。

さらに充当の上限がないので、298ポイント(神プランをお使いの場合)を貯めることで、実質0円で通信可能になるということです。

またポイントの貯め方は、コンビニやスーパーのように商品を買うごとに何ポイント加算といったものではなく、アプリのDLや会員登録、アンケートに答えるといったことで貯まります。

暇な時にちょこっと作業するだけで、月々の料金を安く(最大0円まで)できるのは確かにお得ですよね。

 

結論、ロケットモバイルってどうなの?

仕事できない男子 のコピー 2

ここまではロケットモバイルの良い面ばかりを書いてきましたが、まだ申し込んではいけません。ここからは私、格安SIMアドバイザーの翔太が『ロケットモバイル』はおすすめできるのか?

メリットだけでなくデメリットも洗いざらい出した上で、決めさせていただきます。

 

神プランは、まず使えない

いきなりですが、まず神プランは明らかに使えません。ハッキリ言って使わない方がいいです。だって通信速度が200kbpsですよ?これは大手キャリアなどが行う通信速度制限(127kbps)の時とほぼ同等の数値です。

つまり、常に通信速度制限を受けている状態でスマホを使っていると考えて下さい。こんなの耐えれますか?普段まったくスマホを使わない方ならアリかもしれませんが、

普通にスマホを使う方、特に動画をよく見る方からすると、ストレスが溜まりまくって仕方ないはずです。

 

しかし、スマホを何に使うのかを考えた場合に下記の2つしか思いつかない人は、まだ使えるチャンスがあります。

  • LINE
  • メール

 

逆に、下記の3つをスマホで行うという方は絶対に神プランで契約してはダメです。

  • ネットサーフィン
  • アプリダウンロード
  • 動画閲覧

10/22追記:はい、再び出てきました。10月22日の翔太です。

まずこの言及は自分で考えても少し酷い・・。ほんとすみません。笑 というのも神プランってそもそも用途を絞っているんですね。何もメインで使ってもらおうとしてないんですよ。

さらそうか。127kbpsがメインで使えないのは事実ですが、ポケットwi-fi等持っていない人がサブの端末(スマホやタブレット)にSIMをセットしておけるのってめっちゃ便利ですもんね。

確かに、そういう使い方ができるってのは良いですわ。すごく良い。私が未熟でした、申し訳ない。

▶︎▶︎参考記事:ロケットモバイルの神プランは本当に使えないのか試してみた


神プラン以外は通信速度制限がある!?

まずは下のロケットモバイルの公式ホームページの一部をご覧下さい。そして一番下のピンクの下線部分に注目してください。

スクリーンショット 2016-05-18 11.53.36

参考記事:ロケットモバイル公式ホームページ

 

*直近3日間のデータ通信量が規定値データ通信量が規定値を超えた場合、ご利用の通信速度を制限させていただく可能性があります。

1GBプラン(360MB/3日間)、3GBプラン(500MB/3日間)、5GBプラン(800MB/3日間)、7GBプラン(1GB/3日間)。神プランに制限はありません。

 

上記がどういう事かと申しますと、3日間で360MBのデータ通信容量を超えてしまった場合は、合計で1GBを超えていなくても通信速度を制限するかもね・・・ってことです。(1GBプランを申し込んだ場合)

ん〜〜。こういう大事なことはもう少し大きく書いてほしいですよね。っで、大概の方は360MBがどれくらいか分かりませんよね?そういう方は下記の記事をご覧下さい。

▶︎▶︎参考記事:何にどれくらいのデータ容量が使われるの?一覧でチェック

 

ちなみに動画視聴は1時間120MB〜1300MB程のデータ容量を使用します。つまり、1時間ドラマなどをスマホで見る癖がある方(私です、笑)は、そもそもロケットモバイル自体が合わない可能性が濃厚ということです。

ただね、勘違いしてほしくないのが『3日間での通信速度制限』というのは、割とどこの通信事業者もやっています。あと、あくまで『可能性』の話です。

有名なのがWimax。Wimaxは3日間で3GBを使用した場合に制限をかける、と話題になっていましたが、今のところ何も制限がかかっておりません。(数年Wimaxを使っています)

 

そして3日間制限の解除条件ですが、直近の3日間のデータ通信容量が規定値(1GBプランなら360MB)を下回った場合となります。

そこまで厳しい制限ではありませんが、スマホヘビーユーザーからすると厄介ですよね。

 

仕事できない男子 のコピー 2

上の2つの点を考えると、ロケットモバイルには『安かろう悪かろう』の臭いがしてしまいます。(個人的に)

サービスが開始されて、まだ2日なので、この時点で白黒ハッキリ付けるべきではないと思いますが、『わー安い安い!!』と、料金だけで決めようとしている方は注意してください。

 

そして格安SIMアドバイザー翔太の結論は

神プランはそもそも使い道が限られ過ぎているのでおすすめしない。その他のプランも、普通にスマホを使っている方からするとストレスを受けるシーンがあるかもしれないから注意して!という事に。

  • 神プラン・・・×ハッキリとおすすめはできません(10/22追記:使い方によっては○)
  • 他プラン・・・△全面的にダメ!とは言えないけど、おすすめはしないです

スマホを全く使わない、ベリーライトユーザーは一度検討してみてもいいかもしれません。私も一度実際に契約をしてみて、その後の使った感想を追記しようと思います。

ロケットモバイル をチェック

 

まとめ:新星格安SIMにスゴく期待!

仕事できない男子 のコピー 2

冒頭でも述べましたが、ロケットモバイルは5月16日にサービスを開始したまだまだ新しい通信サービスです。

  • ポイント制度で料金0円を可能に
  • 格安SIM業界一の安さ

この2点に関しては非常に新しく、褒められる部分が多くあるでしょう。しかし、その反面『通信速度』という部分でユーザーを満足させられない場合が考えられます。

スマホライトユーザーが、主な集客口になるはずですが、ヘビーユーザーが間違って契約してしまわないように改善を求めたいところですね。もう少し様子を見てみましょう。

 

追記:ロケットスタートキャンペーンについて

仕事できない男子 のコピー 2

すみません、少量の追記を行います。それはロケットモバイルの『ロケットスタートキャンペーン』についてです。

記事内でロケットモバイルを若干の酷評をしましたが、スマホライトユーザー(あまり通信を行わない)からすると月々の料金を大幅に下げるチャンスであるに違いないので、そういった方にキャンペーン情報を記しておきます。

 

内容は5月末までにロケットモバイルに申し込んだ方は、毎月のご利用料金から500円を割引してもらえるというものです。(半年間)

つまり、今申し込むことで月額298円の神プランは半年間タダ(マジの0円)になります。どこまでやるんでしょうかね・・正直ビックリです。笑

 

もちろん他のプランも月々の料金から500円が引かれるので、半年間の月々の料金は下記のようになります。

  • 神プラン→ 0円
  • 1GBプラン→ 90円
  • 3GBプラン→ 340円
  • 5GBプラン→ 700円
  • 7GBプラン→ 1350円

 

大事なことなので、もう一度言いますが、このキャンペーンはこの5月の末までに申し込んでくれた人を対象とするものなので、もう申込みを決めないといけません。

今一度、自分がスマホライトユーザーなのか、ヘビーユーザーなのかを検討しましょう。

ロケットモバイル をチェック

 

再び追記:実際に試したレビュー記事を追加

仕事できない男子 のコピー 2

私がここまで酷評してなのか・・。同じ格安SIMアドバイザーの勇太さんが実際にロケットモバイルの神プランに契約してレビューをしてくれました!

私が書いたのはあくまで公式サイトや経験から導かれる推測でしかないので、実際の通信速度の数値などを見たいという方は勇太さんの記事をご覧下さい。では。

SkypePhoto_20160625_13_10_12

ロケットモバイルのレビュー記事を見る

 

3YoUK7k56IM68Ma1460875550_1460875585

楽天モバイルは、楽天グループを構成している「フュージョン・コミュニケーションズ」による格安SIM、格安スマホのサービスです。2000年に電気通信事業を開始し、その後MVNO事業者としてサービスをスタートさせました。

MVNOというのは大手携帯会社の無線通信インフラを借りてサービスを提供している事業のことですが、現在、楽天モバイルの格安SIM・スマホが絶大なる支持を得ているのです。

 

楽天モバイルをチェック

 

その理由は・・・

楽天モバイルの特徴と人気の秘密

ギャル女子 のコピー 2

ドコモのネットワークを利用している

楽天モバイルはドコモのネットワークを使用しているので、ドコモのスマホと同じ品質で通信をする事が出来ます。また通信速度の最大は下りが150Mbps、上りが50Mbpsと安定。

 

[通信速度の見方・基準]

  • 1Mbps以下・・正直重い。YouTubeがすぐ止まる
  • 2Mbps  ・・サイトを開くことはできる
  • 5Mbps  ・・遅いとは感じない
  • 8〜10Mbps・・全くストレスを感じない

上り=アップロード/下り=ダウンロード

 

上記を見れば一目瞭然ですが、下り150Mbpsで上り50Mbpsは何のストレスなく、ネットを利用できることを意味しています。YouTubeなどの動画もサクサクです。

またドコモのネットワークはauやソフトバンクに比べるとエリアが広いので、どこでも安心して使う事ができます。

 

10/9追記:楽天モバイルの速度通信において表面上の数値と体感上の数値があまりにも違い過ぎたことを後々記事にしていますので、後半部分に追記として記事も載せています

楽天モバイルはポイントが付いたり、確かにおすすめできる点は多いのですが、利用者が増え過ぎたことによる弊害が割と多いので、そこら辺も慎重に見てくださいね。

 

楽天モバイルSIMアプリで通信量が管理できる

楽天モバイルSIMアプリというアプリをダウンロードすると、現在使用しているデータ通信量を把握することが出来ます。円グラフによる表示で、どなたでも見やすい仕様になっているのが嬉しいですね。

また、そのアプリで高速通信のON/OFFの切り替えができ、必要な時だけ高速通信にすることでデータ通信量の節約ができます。

 

データ容量が追加できる&余った分を繰り越しできる

契約プランのデータ通信量を使い切ってしまった場合は、100MBあたり300円でデータ量を購入できます。

少なめのデータ通信量のプランにしておいても足りなくなれば追加できるので、契約時にデータ容量を少なく見積もっていても安心す。

▶︎▶︎参考記事:自分がいつも使っているデータ量を知る方法

 

その月のデータ容量が余った場合、翌月にその分のデータ容量を追加することができます。

つまり5GBのプランで契約したけど、その月の使用データ容量が5GBもいかない3GBだったとしますよね、その場合、残りの2GBが翌月に繰り越しされ、翌月は7GBまで使用できるようになるのです。なんてお得!!

 

また下記の記事にて自分がどれほどのデータ容量を使っていて、楽天モバイルのどのプランで契約するのが一番お得になるのかをシミュレーションできちゃいます。購入前に一度やってみてはいかがですか?

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルは超お得!楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!

 

楽天でんわアプリでさらにお得

楽天モバイルには、電話のかけ放題プランがあります。「楽天でんわ」というアプリをダウンロードして使うことが条件ですが、月額850円で5分以内の国内電話がかけ放題となります。

もし5分を超えても、通常なら30秒ごとに20円ですが、このプランなら30秒ごとに10円の料金となります。

 

[通常の通話料]

  • 30秒/20円

[楽天でんわ]

  • 月額850円/何度でも5分間無料

 

この5分というのは、トータルの通話時間ではなく、1回の通話につきです。なので極端に言えば4分59秒で電話を一旦切って、また掛け直せば無料でかけ続けることが可能となります。

またLINEとは違い、片一方のみが「楽天でんわ」アプリをダウンロードしておくだけで、電話を掛けることができるので相手が楽天でんわアプリをインストールしていなくても使えます。

*相手方には通常電話番号(090、080)が表示されます*

 

10/9追記:5分以内のかけ放題というのは格安SIMの通話料が高いという弱点を上手くカバーしているのですが、10月9日である現在は格安SIMの中でも「かけ放題」が出るなどしているので、そちらも要チェックです。

▶︎▶︎参考記事:かけ放題がある格安SIM『もしもシークス』のレビュー

 

楽天スーパーポイントが貯まる

楽天モバイルは月々の支払100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。ただし、ポイント対象は事務手数料は含まれず、通信プラン料金と通話料金が対象です。

貯めたポイントは楽天市場でのお買い物に使えますよ。節約大好きの主婦にピッタリです。

 

スマホサポートで初心者におすすめ

初めてスマホを購入した時や乗り換えた時は初期設定やデータ移行など、やらなくてはならない事がたくさんあります。

スマホに詳しい方なら問題はありませんが、必ずしも皆が詳しいわけではなく、スマホの初期設定などがハードルになって買い替えない方も多いのです。

 

楽天モバイルは、そういった方のために「スマホサポート」(月額500円)というオプションサービスを用意しています。

プラスで月額500円必要になりますが、初期設定はもちろんのこと、使っていて分からないことなど、いつでも電話で相談することができます。

 

楽天モバイルの購入前の注意点

ギャル女子 のコピー 2

お得だ〜!今すぐ乗り換えよう!!と思った方、少しお待ちください。

ここからは購入前の注意点を挙げていきます。楽天モバイル特有の注意点と格安SIM全般に言える注意点となります。

 

[楽天モバイル特有の注意点]

  • 口座引き落としが出来ないので、クレジットカードかデビットカードが必要。(楽天カードがおすすめ)
  • 音声通話SIMは最低利用期間12か月が条件。(サービス開始月の翌月を1か月目とする)この期間に解約または音声通話SIMのサービスをやめると9800円の解約金(契約解除料)が必要となる。(データSIMのみの契約の場合、最低利用期間は無し)

[格安SIM全般の注意点]

  • ネットワークの混み合う場所、混み合う時間帯は通信速度が落ちてしまう。
  • キャリアメール(@docomo.ne.jp・@ezeweb.ne.jp・@i.softbank.jp・@softbank.ne.jp)を使う事が出来ない。Gmailやyahoo!メールなどのフリーメールアドレスを取得して使わなければいけない。

 

楽天モバイルだけではなく、格安SIMに乗り換えるとどこでもそうですが、キャリアメールは使えなくなります。つまり、キャリアメールを主にしている方には格安SIMへの乗り換えをおすすめできません。

 

10/9追記:またまた追記になります。まず格安SIMが一般的にキャリアメールが使えない分、LINEや楽天銀行の認証に手間を取るのは今でも変わっていません。

しかし、CMで有名になりつつあるY!mobileがキャリアメールに対応しました。Y!mobileは厳密にいうとMVNOではありませんが、キャリアよりも半額近い料金であることから格安SIMとしています。

なので格安SIMを使いたい!プラスでキャリアメールも使いたいという方は一度Y!mobileを検討してみてはいかがでしょうか?

▶︎▶︎参考記事:Y!mobileを使ってみたのでレビュー体験談を書こう

 

しかし最近ではLINEなどの通話・メッセージアプリを通じてメールをやり取りする方が増えており、今後を考えるなら今のうちに対応しておくべきだと考えます。

また、ここらへん詳しいことは下記の格安SIMのメリット・デメリットにて十分に説明しているので悩んでいる方は参考にしてください。

▶︎▶︎参考記事:格安SIMのメリット・デメリット

 

楽天モバイルのおすすめポイント

ギャル女子 のコピー 2

  • 余ったデータは翌日に繰り越して使う事ができる
  • 月額料金が初月無料
  • MNPで乗り換えが出来る
  • スマホセットの機種が豊富
  • 実店舗があり、購入後のサポートも安心

 

MNPで乗り換えが出来るので、今までと同じ電話番号でスマホを使えるのはありがたいです。ただし先ほども言ったように、キャリアメールは引き継ぐことができないので注意してくださいね!

*携帯番号でメールが送れるSMSは利用可能*

 

実店舗も大手キャリアに比べると少ないですが、全国各地(九州沖縄地方を除く)にあるため、電話だけでなく店舗に行ってサービスを受ける事が出来ます。

実際に店舗に行って、サービスを受けられるのは安心ですよね。また楽天モバイル以外にも実際の店舗で契約できるMVNOが存在するので、やはりネット簡潔は・・と抵抗がある方は一度見てみましょう。

▶︎▶︎参考記事:ネット以外で契約でき、実際のサポートも受けれるMVNO

 

楽天モバイルの料金プラン

ギャル女子 のコピー 2

 データSIM 音声通話SIM
SMSなしSMSあり
ベーシックプラン525円645円1250円
3.1GBプラン900円1020円1600円
5GBプラン1450円1570円2150円
10GBプラン 2260円 2380円2960円

楽天モバイルの料金プランは上記の通りです。ベーシックプランには高速通信容量がないので、通信速度がかなり遅く(200Kbps)なりますが、その分月額料金も安くなっています。

*200Kbpsは動画閲覧やネットサーフィンにストレスを感じるレベル*

 

Wi-Fiや無線LANを利用すれば問題なくインターネットに繋ぐことが出来るので、普段からそのような場所でしかインターネットを繋がないという方はベーシックプランで大丈夫だと考えます。

しかしネット環境がない場合は、いくら安いといってもおすすめできません。

200Kbpsは動画がすぐに止まり、サイトを開くのに数秒かかるレベルです。考えただけで大分不便ですよね、なのでそういった方はベーシックプランを選ばないように注意してください。

▶︎▶︎参考記事:200kbpsがどれくらい不快か分からない人はコチラの記事へ

 

楽天モバイルの様々なキャンペーン

スクリーンショット 2016-04-24 15.15.54

2016年4月1日〜5月9日(WEBからの申込みを対象)

キャンペーン内容をチェック 

 

楽天モバイルは上記のようなキャンペーンを度々行っているので、価格を抑えて契約できる時を狙うのが一つの手です。ちなみに今回は通話SIMを契約の方を対象にスマホ端末の割引をしています。

それも16000円引き5000円引きなど、正直、価格崩壊レベルです。期間が決まっているので今すぐにでも申し込みましょう。

*ほとんどが「WEB申込みの方」限定となっているので、必ずWEBから申し込むようにしてください*

 

まとめ:最後まで見て!体感速度は正直微妙

ギャル女子 のコピー 2

楽天モバイルの魅力は何といっても「料金の安さ」「使い勝手」です。

他ではあまり見かけない高速通信無しの格安プランはWi-Fiをメインに使っている方にはかなり嬉しいはず。スマホを2台持ちしたい、少しでも安く使いたい!という方におすすめですね。

 

楽天モバイル

 

さらに使用しているだけで楽天スーパーポイントが貯まる点は、ポイント好きの私のような人には非常にありがたいはず。

すでに楽天会員の方はもちろん、これを機に楽天会員になるという方も、毎月のスマホ代を支払うだけでポイントが貯まるのでとってもお得ですよ。

 

上記から見るに楽天モバイルが格安SIM初心者の方におすすめかどうかは一目瞭然です。安さ、使い勝手、どこをとってもおすすめできます。

しかし「安さ」という一点からベーシックプランで契約することは絶対にやめてください。Wi-Fi環境が整っていない場所で多用する場合は3.1GB以上のプランを選ぶようにしましょう!

楽天モバイルをチェック

 

追記1:法人には楽天モバイル for Businessも

実は楽天モバイルには個人向け以外に会社、法人に向けたプランも存在します。主に通話がメインになるので、事業を行う上で通話をよく多用する方は一度ご覧下さい。

 

スクリーンショット 2016-04-24 15.36.48

参考記事:公式ページ

 

[楽天モバイル for Business の料金]

  • 基本使用料      ・・月額2200円
  • 通話料(固定電話へ) ・・8円/3分
  • 通話料(携帯電話へ) ・・15.9円/1分
  • 国際電話(アメリカへ)・・8円/1分

 

通話料がここまで安くなるのか!と驚いてしまうほどの安さ、です。特に固定電話への通話料は他者を圧倒しています。

格安SIMは通話をする人には少し不向きな部分があるので、法人でありながら格安SIMを検討している方は同時に上記の楽天モバイル for Businessを活用してみてはいかがでしょうか。

 

追記2:楽天モバイルにするなら楽天カードも

最後に楽天モバイルをもっともっとお得に利用する方法をお教えします。それが下記の楽天カードを利用することです。 

 

楽天カード

公式ページ:楽天カード

 

CMでおなじみの楽天カードはポイントの還元率が高くて有名です。具体的に書くと、通常の買い物だと1%の還元率。つまり100円の買い物をすると1ポイント貯まります。

また入会&利用で5000ポイントの付与や下記のような毎日ポイント7倍のポイント付与のキャンペーンを定期的行っています。1ポイント=1円なので楽天モバイルと合わせて利用するだけで大分お得なりますよね。

楽天モバイルを使うなら楽天カードは必須ということです。ぜひ参考にしてみてください。

 

スクリーンショット 2016-04-24 15.57.46

楽天カードをチェック

追記10/9:楽天モバイルの体感速度は確実に遅い!

さて、10月9日からの追記はこれで最後としましょう。まず当記事は楽天モバイルがリリースされてすぐに契約した際に感じたことを「主」に書いています。

なのでポイントが付き安くて通信速度も安定しているという神的な格安SIMであってことは間違いありません。

 

しかーし!時は2016年の10月です。

格安SIMが大々的に世に知られるようになってから、もう数ヶ月も経っています。その間に、この神がかっている楽天モバイルのユーザーは急激に増えました。これはコレで良かったのですが・・。

ただ格安SIMというのはユーザーが増え過ぎると回線がパンクしてしまい、急に通信速度が遅く、不安定になってしまうんですね。

 

まぁ、ここで回線の補強などを行う格安SIM(例:mineo)もあるのですが、残念ながら楽天モバイルではそのような事は行われていないクサいのです。

っというのも下記記事の通り、最近楽天モバイルを使用した時の体感速度はあまりにもお粗末でした・・。これは残念ながら事実です。

格安SIMアドバイザーとして嘘は付けないので、どうぞ下記のレビュー記事をご覧下さい。では。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルを使ってみたけど遅くて使えねぇぞ?これ。

 

2je5Grz3xhd4CPp1460885146_1460885174

FREETEL(フリーテル)SIMはプラスワン・マーケティングという日本の企業が運営するMVNO事業です。もともとは自社開発の携帯電話のブランドとして「freetel」という全て小文字のブランド名が使用されていました。

2014年11月に「freetel mobile(フリモバ)」という名前でMVNO事業に参入し、自社開発の格安スマホと格安料金のSIMというコンセプトのもとサービスを開始しましたが、他社の最安値の格安SIMに劣り、通信速度も遅く評判はあまりよくありませんでした

 

FREETEL SIMの公式サイトをチェック!

 

FREETEL SIMの評判とおすすめポイント・注意点

若い新米男子 のコピー 2

2015年6月に「freetel」から今の「FREETEL」へと変更し、同年7月15日からフリモバに代わる新しい格安SIMとして「FREETEL SIM」のサービスを開始。

フリモバの時代から大きく変わり、料金プランは段階制定額に変更されると、月額料金が非常に安く、通信速度も大きく改善され安定するようになり一躍人気の格安SIMとなりました

従来は段階制定額プランである「使った分だけ安心プラン」のみでしたが、2016年5月に自社端末とセットの「プレミアムバリュープラン」と、フリモバにあった「定額プラン」も加わり、自分にあったプランを選べるようになりました。

 

0610-5

 

FREETEL SIMのおすすめポイント

  • 段階制定額で定額プラン並の低価格
  • App Storeの通信無料
  • 一部メッセンジャーアプリの通信無料
  • 音声通話機能付SIMでも最低利用期間・解約手数料がない

 

FREETEL SIMの注意点

  • MNP転出手数料が高い
  • 段階制定額プランは10GB以上の高速通信が使用できず、容量追加オプションもない
  • 使いすぎる可能性がある

 

iPhone専用SIMカード

FREETEL SIMにはiPhone専用のSIMカードが存在します。

なかなか聞き慣れない言葉なので一体なんなのか、と思われると思いますが、特に変わったものではなく、iPhoneユーザーにとってちょっぴりお得なものとなっています。

 

そのお得内容は『AppleStoreでのアプリダウンロード時のパケット料が無料になる』といったものです。アプリダウンロードにかかる通信量はバカにならないので助かりますよね。

またiPhone専用SIMだからといって他のFREETEL SIMと比べて高くなるなどは一切ありません。なのでiPhoneを使ってFREETELに乗り換えを考えている方は、ぜひ使ってみてください。

 

10/9追記:今ではLINEやTwitter、またポケモンGOなどのゲームアプリなど。様々な通信を無料とする動きがあります。中でも最近、格安SIM市場に入ったLINEは有名なので気になる方は下記をチェックしてください。

▶︎▶︎参考記事:LINEモバイルが有名なので使ってみた!要チェックです

 

 FREETEL SIMの料金

若い新米男子 のコピー 2

月額料金を紹介

では、次にFREETEL SIMの月額料金を見ていきましょう。FREETELの料金プランは「使った分だけ安心(段階制定額)プラン」と「定額プラン」の2つのプランがあります。

どちらのプランも他の格安SIMに比べ比較的安くなっているので値段重視の方は注目ですよ!

 

使った分だけ安心プラン

通信量データ専用SIMデータ専用+SMS音声通話付きSIM
0~100MB299円439円999円
~1GB499円639円1,199円
~3GB900円1,040円1,600円
~5GB1,520円1,660円2,200円
~8GB2,140円2,280円2,840円
~10GB2,470円2,610円3,170円

月額料金(税抜価格)

 

段階制定額プランは、使用しなかった月はもちろん使用した月であっても安く、すべての容量において業界内で低価格な料金設定となっています。

例えばデータ専用SIMで、一切使用しない場合は299円、10GBまで使用しても2,470円と、他社の定額プランと比較しても断然安いです。

一定の金額と容量が決められている他社の定額プランに比べ、あまり使わなかった月は料金が節約できる場合があるので、日常的に使用している端末におすすめですね。

 

ただし定額プランと比較して安いとはいえ、特に設定の必要がなく10GBまで高速通信が可能になっているため、意図せず使いすぎてしまい、予想よりも多くの金額を支払う可能性がありますよ!

なので月々の通信料金を一定額に留めたい場合は、こまめに通信量をチェックするか、「定額プラン」を選択することをおすすめします。

また10GB使いきってしまった場合、容量追加のオプションがないため当月中は高速通信ができません。

 

定額プラン

通信量データ専用データ専用+SMS音声通話機能付
1GB499円639円1,199円
3GB900円1,040円1,600円
5GB1,520円1,660円2,200円
8GB2,140円2,280円2,840円
10GB2,470円2,610円3,170円
20GB4,870円5,010円5,570円

月額料金(税抜価格)

 

FREETELの「定額プラン」は2016年5月27日から追加され、容量ごとの料金は使った分だけ安心プランと同額となっています。また新たに20GBの容量が追加されました。

メリットとしては、定額のため使いすぎる心配がなく、月々の料金管理が簡単な点です。

「使った分だけ安心プラン」とは違い、使わなかった月であっても499円はかかり、契約している容量によってはさらに高くなります。

なので月ごとにあまり通信量の変動のない方や、10GB以上の通信量が必要な方におすすめですね。

 

通話料金

通常通話料

プラン名通話料
全プラン共通20円/30秒

 

FREETELでんわ 

サービス名月額料金通話料
1分間かけ放題399円1分間0円 以降10円/30秒
5分間かけ放題840円5分間0円 以降10円/30秒
たっぷり半額通話0円10円/30秒

 

通話料金は特に目立った要素のない一般的な20円/30秒で、割引プランもありません。

「FREETEL でんわ」というアプリを経由して通話した場合に限り、5分以内のかけ放題や通話料金が半額になるプランが適用されます。

 

「FREETEL でんわ」を使用し割引を適用するには、別途パッケージを購入する必要があります。iPhone、Androidともにパッケージ料金は910円で、FREETEL eSHOPや家電量販店などで購入できます。

 

そして一番のおすすめは「5分間かけ放題」です。5分間あれば大半の内容を相手に伝えることができますよね。

ただし合計で通話時間が42分以下になる場合には、「たっぷり半額通話」、超過分が22分以下の場合は「1分間かけ放題」の方が安いのでよく考えて契約してくださいね。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルにも同じような5分かけ放題オプションがあるのでチェック

 

最低利用期間・解約手数料

プラン名最低利用期間解約手数料
使った分だけ安心プランなし0円
使った分だけ安心プラン for iPhoneなし0円

 

MVNO事業者はデータ専用SIMプランに最低利用期間を設けていないところは多いですが、音声通話機能付きSIMプランの場合は、大手キャリアと同じく最低利用期間を設けており、その期間内に解約した場合には、解約手数料が請求されます

大手キャリアほどの解約手数料を請求するMVNO事業者は少ないですが、それでも約3,000円から8,000円ほどの解約手数料を請求されるのです。

 

格安SIMの場合は、一時的なキャンペーンや、急激な契約者の増加により、回線が混雑すれば通信速度が大幅に遅くなります。

つまり、大手キャリアよりも、通信速度の変化が多く、いつまでも快適な速度のまま利用できるとは限りません

 

このような通信速度の低下や他社のキャンペーンなどを期に変更したいと思っても、最低利用期間が残っている場合は解約手数料を払う必要があり、気軽に格安SIMを変更することができませんよね・・。

 

でも大丈夫!FREETELにはデータ専用SIMプランだけでなく、音声通話機能付きSIMプランでも最低利用期間がないため解約手数料がかかりません

音声通話機能付きSIMプランであっても、いつでも気軽に契約でき、解約のタイミングを計算する必要がないので、非常に自由度の高いMVNO事業者です。

 

ただし、解約手数料がない代わりにFREETELはMNP転出手数料が高めに設定されています

契約した当月である1ヶ月目は15,000円、2ヶ月目は14,000円、3ヶ月目は13,000円と毎月1,000円ごと安くなっていき、12ヶ月目には4,000円となり、13ヶ月目以降は2,000円になります。

契約して間もない場合はMNP転出手数料が非常に高額になるため、MNP転出を利用する場合には、他の解約手数料がかかるMVNO事業者と同等の費用がかかる点は注意が必要ですね。

 

FREETEL SIMの通信速度をチェック

若い新米男子 のコピー 2

冒頭で述べた通り、FREETEL SIMはドコモの回線を借りて通信サービス事業を行っているために『繋がりやすさ』と、その『エリアの広さ』は文句なしです。

また通信速度も公式発表で下り最大225Mbpsとある程度早いことがわかりますし、口コミでも速度に関して悪い噂はなく、自社調べでも常時10Mbpsの速度(非常に安定)が出ていました。

 

10Mbpsという早さは動画視聴を行ってもストレスなく見続けることができるレベルであり、もちろんネットサーフォンやメール、LINEなども余裕の早さです。

▶︎▶︎参考記事:何Mbps出ていれば快適にスマホを使えるの?

 

このことからFREETEL SIMの速度は今のところ(6/2)全く問題がない!と言い切れますね。

 

*はい、ここからは10/9の追記となります。通信速度に関して一言。やはりFREETELは人気になり過ぎて、通信速度が少し遅くなったという声をよく聞きます。

スマホに関しては相変わらず人気ですが、格安SIMに関しては今一度考え直した方がいいかもしれません。現場からは以上です。

 

まとめ:FREETEL SIMは使えるが今後の速度が恐い

若い新米男子 のコピー 2

FREETELの一番のポイントは「使った分だけ安心プラン」です。段階制定額プランながら、容量ごとの月額料金は他社の定額プラン並に安く設定されています。

段階制定額プランでありがちな、一定量使った場合に定額プランよりも高額になる、ということもありません。

 

もう一つのポイントは、App Storeの通信量が無料、つまり月々の通信量に加算されない点です。

iPhoneやiPadなどのiOS端末を使用している場合は、App Storeから容量を気にすることなくアプリのダウンロードやアップデートをすることができ、わざわざ外出先でWi-Fiスポットなどを探して通信量を節約する必要がありません。

 

また、LINEトーク、WhatsApp、WeChatなどのメッセンジャーアプリのテキストメッセージ、画像、スタンプ、絵文字などが通信量無料で使用することができます。

日常的に使用シーンの多い、App Storeやメッセンジャーアプリの通信量を気にすることなく便利に使用できるので利便性のよいサービスです。

 

定額プランの場合は、価格だけを見た場合には他に安い格安SIMも選択肢に入ってきますが、これらのサービスにより、他社より全体の通信量を減らすことができます

月額料金だけで判断せず、利便性なども考慮に入れた場合には非常に魅力的なプランではないでしょうか。音声通話機能付きSIMプランでもいつでも解約手数料なしに解約できる点も嬉しいですね。

 

さらに2016年5月から、自社開発の端末とセットのプランである「FREETELプレミアムバリュープラン」が追加されました

低価格ながらハイスペックで人気のKIWAMIや MIYAVI、二つ折りスマートフォンのMUSASHI、薄型軽量のREIから選ぶことができ、購入時の支払いは0円と負担が少なく、スマホデビューの方にもおすすめのプランです。

▶︎▶︎参考記事:10/7にFREETEL World 2016が開催されましたよ!新スマホが見たい人はコチラ

 

FREETEL SIMのデメリットも忘れずに!

ユーザーにとって嬉しいサービスや低価格の料金体系で魅力的なFREETELですが、デメリットもあります。

音声通話機能付きSIMプランでも解約手数料がないとはいえ、高額のMNP転出手数料を考慮した場合には、電話番号を契約する都度変更しても問題ない方以外は実質的に解約手数料があるのと変わりません

また、使った分だけ安心プランで最大10GBまで、定額プランで最大20GBまでとなっており、容量追加オプションがないので、使いきってしまった場合は翌月まで通信制限がかかったままになってしまいます。

 

これらのデメリットを考えたとしても、「使った分だけ安心プラン」の細かい段階制定額料金と、一部のアプリなどの通信量が無料という独自のサービスは多くのユーザーにとって非常に魅力的です。

iPhoneやiPadなどのiOS端末を使用している方には特におすすめですが、Android端末を使用されている方はもちろん、初めて格安SIMを契約される方にも、二枚目の格安SIMとしてもおすすめの格安SIMですよ。では。

 

10/9追記:先ほども書きましたが、人気の格安SIMは利用者が増え過ぎて回線がパンクし、一気に通信速度が遅く・不安定になることがあります。

例を出すと10/9現在の楽天モバイルとかがそうでしょう。

▶︎▶︎参考記事:楽天モバイルは使えない格安SIMになりつつある!?

 

それに似た動きがFREETEL SIMです。まだ楽天モバイル程の不満は出ていませんが、もしかすると、このまま使えない格安SIMになるかもしれないので要注意でお願いします。では。

 

FREETEL SIMの公式サイトをチェック!