simediafree

格安SIMとSIMフリースマホを全比較

最近の投稿

More

SoftbankのMVNO(格安SIM)が少ない理由とこれからを考察してみようと思う。

SoftbankのMVNO(格安SIM)が少ない理由とこれからを考察してみようと思う。
 
今日はけっこう真面目な話ですよ。
MVNO(格安SIM)は、基本的に回線をキャリアから提供してもらい通信を利用できるようにしています。
 
MVNO(格安SIM)に回線を提供しているキャリアは主にドコモとau。
 
ドコモの回線はMVNO(格安SIM)の中でも最も回線を提供していますが、auの回線は特定のMVNO(格安SIM)のみに回線を提供しています。
 
ここで気になるのがSoftbankですよね。
 
ドコモとauが回線を提供しているのに色々なサービスやキャンペーンを提供しているSoftbankがなぜMVNO(格安SIM)に全然回線を提供していないのか?
 
今回は、
 
・SoftbankがMVNO(格安SIM)に回線をこれまで全然提供していなかった理由の考察
・実は提供が始まっているSoftbank回線のMVNO(格安SIM)
 
この二つについて徹底紹介します。
 
それでは、SoftbankとMVNO(格安SIM)の関係性について知っていきましょう!
 

SoftbankがMVNO(格安SIM)に参戦してこなかった理由とは?

色々な説があったんですよね。
 
・Y!mobileの存在説
・回線接続料が高い説
・MVNO(格安SIM)に興味ない説
 
SoftbankがMVNO(格安SIM)に参戦してこなかった理由はたくさん考えられますが、上記の3つに絞って考えてみましょう。
それでは、それぞれの説をみていきましょう! 
 

Y!mobileの存在説

皆さんはY!mobileというブランドをご存知ですか?
 
Y!mobileはウィルコムとイー・アクセスが合併して誕生しました!現在はSoftbankの傘下企業になっています。
 
豊富なスマホのラインアップとガラケーも用意されており、キャリアと似たようなプランやサービスが多いです。
あと、実店舗もあるので本当にキャリアみたいに利用できます。
 
これだけ便利なY!mobile、実はMVNOではありません!
 
意外と勘違いしている人は多いですが、Y!mobileはMVNO(格安SIM)ではなくMNOです。
MNOとは回線を借りることな自社回線で通信を提供している通信会社のことを指します。
 
Y!mobileでは、合併前のイー・モバイルとウィルコム、そしてSoftbankの回線も借りて提供されています。
なので、他のMVNO(格安SIM)とは違ってキャリアよりのプランやサービスが多いのです。
 
まあ、ここまでで何が言いたいかというと…
Y!mobileがある程度ニーズがあるのであえてSoftbankがMVNO(格安SIM)に参戦しなくて良いわけです!
 
Y!mobileはSoftbankの傘下企業なので、わざわざMVNO(格安SIM)に参加しなくても、それなりの収益を上げていることが考えられます。バカ売れしてるのは誰が見ても明らか。
 
つまり、Y!mobileがあるからMVNOに参加してこなかったのではないかという説ですね。。
 
確かにY!mobileはMVNO(格安SIM)に比べてキャリアから乗り換える人にとって乗り換えやすいです。
この点はニーズがあるのではないでしょうか?
 
ただ、解約金関係や縛りがキャリア並みにあるのでここは考えどころですね。。
 

回線接続料が高かった説 

これはユーザーにはそんなに関係のない話なのですが、MVNO(格安SIM)会社がキャリアから回線を借りる時に回線接続料が発生します。
 
これにはさまざまな決まりがあり回線接続料が定められています。
この回線接続料なんですがこれまでSoftbankはずば抜けて高い料金でした。
 
ドコモ:94万5059円
au:116万6191円
Softbank:351万7286円
 
上記は2015年4月時点での料金です。
 
ドコモは最安でなぜMVNO(格安SIM)会社がドコモ回線なのか良くわかりますよね。
次点でauになっています。そしてSoftbankを見てもらうと分かる通りこれではどの企業も利用し無いですよね。。
 
やはりMVNO(格安SIM)業界に参加する企業としては回線接続料はある程度安く済ませたいのは当たり前です。
 
この価格によってユーザーも安さの恩恵を受けることができるからです。
そうなってくると自然にドコモかauになってしまいます。
 
ドコモ:78万509円
au:96万7983円
Softbank:116万6697円
 
そんな中、2016年4月に回線接続料の改定が行われました。
 
この数字を見ると分かる通りSoftbankのみ大幅な値下げを実施しました。
他のキャリアも2015年時点に比べるといくらか安くなっていますがSoftbankの下がり幅には追いつきません。
 
という感じで回線接続料が高かったこれまで参戦してこなかった、つまり回線を借りて提供する企業がいなかったということが考えられます。
 
これが回線接続料高かった説です。
 

MVNO(格安SIM)に興味無い説

最後に紹介する説はそもそもMVNO(格安SIM)に興味無い説です。
 
これはY!mobileの説に通ずるのですが、傘下に人気のあるY!mobileがあったのでわざわざ参戦する必要がないと考えているのではないか、ということです。
 
現状ではドコモの回線が一強なのでここを崩して参戦しても意味がないという考えもあります。
 
Softbank自体、キャリアでは価格破壊を多く行ってきた企業なので確実に需要がないと参戦し無いのかもしれません。そんなSoftbankですがついにMVNO(格安SIM)業界に参戦することが決まりました!
 

ついに登場SoftbankのMVNO(格安SIM)その名も”HITスマホ”

[プラン]
3GB:月額1980円
5GB:月額2380円
10GB:月額3380円
 
[プラン(加入者)]
3GB:月額1580円
5GB:月額1980円
10GB:月額2980円
 
飛騨高山ケーブルネットワーク株式会社が2016年8月22日から提供を開始したのが”Hitスマホ”です。
運営しているHitnetTV!に加入すると上記のように割引を受けることができます。
 
まあ、他の格安SIMに比べると割高感は否めません。加入者の方でも割高なので選択肢としてはなしですよね。。
 
取り扱っている端末は現在3種類と少なく、唯一の利点であるSoftbankのスマホの継続利用もSIMロック解除が必須ということで残念な結果になっています。
 
ソフトバンクの子会社であるSBパートナーズがMVNEとして支援する第一弾のサービスとして選ばれました。
 
HitスマホにはSoftbankの魅力は感じませんよね。せめてiPhoneがあれば強かったんですが。。
 

U-mobileでついに登場!

この記事、2016年の半ばごろに書いて放置されてしまっていたんですよ。

その間に、U-mobileや日本通信で色々出ました。

>>参考記事:ソフトバンクの格安SIMが登場!開幕SIMを契約し、通信速度を調べてみた

 

データSIMのみの提供で微妙ですが、これを機に増えていってほしいところですね。

 

まとめ:今後に期待したい

この記事を書いたのは2016年の10月なんですが、4月の今になっても結局まだまだ本格参入しているとは言い難いソフトバンクの格安SIM。

 

とりあえず今後に期待したいところですね。

やっぱり全ての回線のスマホが使えた方が便利ですし。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
Return Top