simediafree

格安SIMとSIMフリースマホを全比較

最近の投稿

More

Y!mobile(ワイモバイル)を再レビュー&私がワイモバイルを解約した理由…。<2017年7月、追記あり>

Y!mobile(ワイモバイル)を再レビュー&私がワイモバイルを解約した理由…。

今までこのサイトでも、度々話題に挙げてきたY!mobile(ワイモバイル)

▶︎▶︎参考記事:Y!mobileのAndroid One端末である507SHを徹底解説してみた

▶︎▶︎参考記事:最強の格安SIM?Y!mobile(ワイモバイル)を契約してみた!

 

このワイモバイルを、今回は再レビューしたいと思います。

 

通信速度が速く、回線が非常に安定しているワイモバイル。

格安SIMの中でもトップクラスに店舗数が多くて、ドンドン契約者数を増やしているあのワイモバイル。

 

でもね、レビューの前に言ってしまいますが実はもう解約しちゃいました…!

正確にはMNPですね。電話番号を何度も変更するのは大変ですので。

 

ちなみに以前投稿したワイモバイルレビューは、公開が遅れてしまったものの2016年9月の話でした。

半年ほど使ったことになりますね。

 

今回はワイモバイルを長い間使ってみて感じたメリットとデメリットを、詳しく解説します。

またMNP予約番号発行の流れについてもちょっと紹介するので、ご覧ください。

 

(2017年7月追記)

いや~、参りました。今回紹介したデメリット、一つ解消されたんです。

iPhone 7でのテザリングができなかったんですが、できるようになっちゃいました。

 

こうなってくると、乗り換えない方が良かったかも…!

実際にテザリングをしてみたので、追記部分もご覧ください。

ワイモバイルを半年間使って感じたメリット

まずはメリットから、解説していきましょう!

 

結局解約はしましたが、ワイモバイルにはメリットも非常に多いんですよ。

あくまでも私の用途に合わなかっただけで、基本的には多くの人にお勧めできる格安SIMだと思っています。

 

通信速度は本当に速い!速度重視なら、断然ワイモバイル

通信速度の速さは、文句なしですね。

ワイモバイル以前に契約していたドコモと、全然体感速度や計測した速度は変わりません。

 

 

例えばこちらが平日のお昼に計測したスピードテストの結果です。

爆速とはこのことですよね…!

 

速度については、本当に最高。一日中、いつでも高速通信できますよ。

速度重視なら、ワイモバイルを選ぶべきです。

 

キャリアメールが無料なのは最高!

キャリアメールが無料なのは嬉しいですよね。

銀行など、一部のサイトではキャリアメール必須な場合もまだあります。

 

またガラケーの知人とも連絡しやすくて、キャリアメールが無料で使えるのはやはり便利でした。

 

かけ放題が10分で、回数制限もないのが嬉しい!

かけ放題が標準で搭載されているワイモバイル。10分間、回数制限なしで使えるんですよね。

 

10分は長く、いつでもほぼ自由に通話できて、回数制限はとくになし。これは便利でした。

通話をする機会が多いなら、ワイモバイルを契約した方が良いでしょう。

 

SIMフリースマホなら大体使える

ワイモバイルスマホでなく、SIMフリースマホも大体はワイモバイルで普通に使えました。

SIMフリースマホを使う機会が多い人は、ワイモバイルを契約しても大丈夫でしょう。

 

ただし、組み合わせて使うのにお勧めできない機種があります…。

 

ワイモバイルのここがダメ!デメリット

続いて、ワイモバイルの残念ポイントを紹介します。

 

ワイモバイルにはメリットも多いんですが…。

残念ポイントもかなりあるんですよね…。

 

月額料金は、妥当だけどやっぱりちょっと高い

ワイモバイルは、月額料金が高いです。

 

  1GB 3GB 7GB
1年目 1980円 2980円 4980円
2年目以降 2980円 3980円 5980円

こんな感じで、2段階に変わるのもちょっと嫌ですね。

最初だけ安くするうえに、最初だけの料金「1980円」をやたらに強調しているテレビCMもちょっとイマイチです。

 

ただ2年目以降の月額料金も、妥当といえば妥当なんですよ。

かけ放題は10分で、キャリアメールも使えて、さらにいつでも高速通信可能。

 

これなら月額2980〜5980円でも、それほどおかしくはありません。

でもまあ、高いですよね…。

 

キャリアメールを使う機会が意外となかった

キャリアメールは当初頻繁に使っていたんですが、いつの間にか使う機会はなくなってしまいました。

周りは既に、みんなスマホです。

 

というわけで、キャリアメールを使える意味は私にはほぼないわけですよ。

つまり「キャリアメールにかかっている料金が無駄」になってしまったんです。

 

これも乗換えを決意した理由の一つですね。

 

キャリアメール自体は無料ですが、これも込みでワイモバイルの月額料金は設定されているわけで。

どうせならキャリアメールがなくていいので、もっと安い格安SIMを使いたいな…と思いました。

 

iPhoneなど、テザリングができない端末があるのも不便

iPhoneでテザリングできないのも不便ですね。

▶︎▶︎参考記事:SIMフリーのiPhone7を、Y!mobileのSIMカードで使ってみたのでレビュー

 

私はメインスマホをiPhone7にしていますが、iPhoneとワイモバイルの組み合わせではテザリングできないので、わざわざサブスマホも持ち歩いています。

 

ノマドワーカーの私には、テザリングが必須です!なのでiPhoneでテザリングできないのには、半年間とても困っていました。

 

ワイモバイルではテザリング可能な5sが販売されているので、おそらく今後もSIMフリーiPhoneのテザリング不可状態は続くでしょう。

iPhoneユーザーのノマドワーカーである私がテザリングできないワイモバイルをメイン回線にし続けるのは、もはや足枷でしかありません。

 

(2017年7月追記)

まさかのテザリング対応。ビックリです。

こうなってくるとノマドワーカー的に、ワイモバイルはかなりアリですね。

 

ちょうどAndroid OneのX1をレビューするためにワイモバイルを再契約していたので、実際に試してみました。

 

 

まずはプロファイルをインストールです。

 

 

 

続いて設定アプリを確認すると…インターネット共有ができるようになっている?

 

 

以前はできなかったテザリング設定が、可能になっています!

これはまさか本当にできちゃうの?

 

 

iPhone 7+ワイモバイルでテザリング、できちゃいました!

iPhone 7ユーザーの方、ワイモバイル契約してOKです!

 

…メイン回線、ワイモバイルのままで良かったかな…。

(追記終わり)

 

地方だと繋がりづらい

仙台市に住んでいますが、地方だとけっこう電波が不安定ですね。

ドコモ回線の格安SIMに比べて、圏外になったり3Gになったりすることが多いです。

 

これもまた、乗換えを決めた理由の一つですね。

 

2年縛りが手間、もっと最低利用期間が短い格安SIMの方が良い

 

やっぱり2年縛りって、長いですよ。2年後なんて遠い未来です。

2年以内に解約すると、1万円近い違約金が発生します。

 

しかも自動更新なので、契約更新月に解約し忘れたらまた1万円の違約金が発生です。

こういう長い縛りのシステムがない格安SIMの方が、やっぱり良いですよ。

 

ちなみにもちろん、今回の解約ではバッチリ違約金が発生しています。

 

ワイモバイルからMNPをした手順と、思ったことを紹介!

というわけで不満が募ってきたワイモバイル。

善は急げということで、もうMNP予約番号を発行しちゃいました!

 

ワイモバイルからのMNP、けっこう面倒です…。

既に契約中で乗り換えを検討している方のために、少し解説していきますね。

 

ワイモバイルからのMNPは、基本的に電話で手続きをすることになる

ワイモバイルからMNPする場合、電話かショップでの手続きです。

 

まずここが不満なんですが、実はウェブサイトからMNP予約番号を発行できる人もいるんですよ!

イーモバイル時代のユーザーならいけるみたいです。

 

できるのなら、スマホユーザーもウェブサイト上でMNP可能にしてくれればいいのに!

こういう姿勢はよろしくないですね。

 

電話がオペレーターに繋がるまで、5分以上かかった!

ショップに行くのは手間なので、もちろん電話でMNP予約番号を発行しました。

 

楽天モバイルやイオンモバイルなど、電話での解約はオペレーターに繋がるまで長いものが多いですが…。

もちろん、ワイモバイルも長いです!

 

ガイダンスに従ってオペレーターへの接続を開始するまでに2分程度、オペレーターに繋がるまで6分くらいかかりました。

朝9時に電話をかけたため、混雑していたのももちろん理由に含まれます。

 

しかし長いですね…。

 

とくに引き留めはなく、比較的に手短に対応してくれたのはよかった

MNP予約番号の発行手続きは、サクサク進みます。

唯一聞かれるのは、乗り換え先への乗換えを決めた理由ですね。

 

理由を全部説明すると時間がかかるので、私は「ワイモバイルだと電波がつながりづらいので、ドコモ回線にしたかった」と答えました。

引き留めは特に行われず、すぐにMNP予約番号を発行してくれましたよ。

 

また解約金や手数料についても、説明されました。丁寧で良かったですね。

 

MNP予約番号は、SMSで届く

MNP予約番号は、SMSで届きました。

こんな感じですね。

 

口頭だと記入ミスしてしまうかもしれませんし、データとして送られてくるのはありがたいです。

 

確認してびっくりしたこと:6ヶ月以内にMNPすると、MNP手数料はなんと6000円に!

MNPを決めた前日に、恐ろしいことに気づきました。

 

なんとワイモバイルを新規契約してから6ヶ月以内にMNPする場合、MNP手数料は通常の3000円ではなく6000円なんです!

私、9月に契約していたんですよ。3月だとちょうど6ヶ月経ったところだったので、本当にギリギリでした。

 

ワイモバイルから乗り換えるなら、少なくとも半年経ってからにしましょう。

 

まとめ

さらばワイモバイル!ということで、無事手続きを終えました。既に乗換え先への手続きも済ませています。

そちらをメイン回線として使ってみたレビューも、今後掲載予定ですよ。

 

ワイモバイル、非常に良い格安SIMではあるんですが…やはりこれはキャリアの延長でしょう。

 

キャリア並みのサービスが必要なら、ワイモバイルがおすすめです。

しかし、料金の節約をもっと積極的に行い、格安SIMを楽しみたいなら他の格安SIMを選んだ方が良いですね。

 

またワイモバイル以外で販売されているiPhoneのユーザーでテザリングをよくするなら、絶対ワイモバイルはダメです!

iPhoneでテザリングするなら、ワイモバイルで5sを買うしかないですね。

 

(追記)

はい、ワイモバイルでSIMフリーiPhoneを使ってのテザリングはできるようになりました。

ワイモバイル以外で買ったiPhoneでテザリングしたい場合も、ワイモバイルでOKです。

(追記終わり)

 

というわけで、ワイモバイルとはお別れです。

しかしもしかしたら、今後調査のためにデータSIMで契約することもあるかもしれません。

コメント2件

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

No commented yet.

  1. BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションを使ってみたのでレビュー! | 格安SIMとSIMフリースマホを全比較 -simediafree-

    […] >>参考記事:料金が高めのワイモバイルは速度・サービス面でピカイチだった件 […]

  2. 【2017年7月】Y!mobile(ワイモバイル)を再び契約して、速度をUQ mobileと比較してみた【レビュー】 | 格安SIMとSIMフリースマホを全比較 -simediafree-

    […] >>参考記事:Y!mobile(ワイモバイル)を再レビュー&私がワイモバイルを解約した理由…。 […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
Return Top