simediafree

格安SIMとSIMフリースマホを全比較

最近の投稿

More

3GBじゃ足りない!5~6GBの料金プランがある格安SIMを比較してみた

3GBじゃ足りない!5~6GBの料金プランがある格安SIMを比較してみた

今回は月に5~6GB程度データ通信(パケット)を消費する!って人のために、それぞれ5~6GBの料金プランを持つ格安SIMを徹底比較しました!

やはり料金プラン(データ通信量とそれに伴う料金)を選ぶのは重要ですから、この機会にぜひぜひ見てってください。

 

これはちなみにですが、一般的には3GBのデータ通信量くらいあれば、普段の生活をする上で問題はないとされています。

なので自分は一般よりもちょい多くスマホを使っているなぁと心当たりのある方は有無を言わずチェックしてくださいね。

>>参考記事:自分がどれくらいデータ通信を消費してるか分からない人はチェック

 

5GB~6GBプランが展開されている格安SIM

5GB~6GBプランが存在する主なMVNO(格安SIM)は以下の通りです。

私たち格安SIMアドバイザーは全てを試しているので、個別に気になる格安SIMがある場合はクリックしてチェックしていきましょう。

*上記はレビュー記事になっています*

 

5GBのデータ通信量があれば何が出来る?

さて、さっそく各MVNO(格安SIM)の特徴を見ていきたいところですが、その前にまずは5GBあればどんなことが出来るのかをお伝えしたいと思います。

データ通信量のこととか、よく分からん!って方は必須ですよ。

 

動画視聴

最近ではたくさんの動画サイトがありますが、ここでは有名動画サイトのYou Tubeでどのくらい動画が見られるかを検証していきます。

  • 低画質(360p)で見る場合▶︎約1250分
  • 中画質(480p)で見る場合▶︎約720分
  • 高画質(720p)で見る場合▶︎約240分

低画質であれば1250分ほど動画を見れる分、かなり画像が荒く個人的にはダメ。

なので私個人的には中画質または高画質になるのですが、500分も変わるとなると中画質でいいんじゃない?と思いますね。

 

ただし動画の内容などによっても、その消費データ通信量が変わってくるので、あくまで目安として参考にしてください。

 

ゲームアプリ

ゲームアプリは基本的にゲームをするだけであれば、それほどデータ通信量を消費する事はありません。

データ通信量を消費するのは、アプリのインストール時とアップデート時です。多いもので1回1GB程度消費してしまうものもあります。

なのでゲームアプリのインストールやアップデートをする際は、Wi-Fi環境下にて行う方が良いですね。

 

Webサイト閲覧

こちらも実はそれほどデータ通信量を消費しません。

動画や画像がたくさん埋め込まれているサイトは少し多く消費してしまいますが、そうでなければ約3400回の表示が可能と言われています。

 

LINE送受信

最近ではメッセージアプリのLINEを利用する人が増えてきました。

このLINEですが、5GBのデータ通信量を消費しようとすると約260万回の送受信が可能です。こちらもあまり通信量を気にする心配はなさそうですね。

 

結論:5GBでできることは多い

以上が一般的に使われる機能のデータ通信消費量です。5GBあればかなりの事が出来ますよね。

ゲームのインストールやアップデート、そして動画の視聴さえ気を付けておけば、十分満足できるデータ通信量だと言えるでしょう。

 

3GBだと何だか足りないなぁ・・。通信速度制限にかかるのは嫌だ!と思っている方は5~6GBを契約するようにしましょう。

では、そのまま読み進めてください。やっとこさ比較していきますよ。

 

5~6GBの料金プランがある格安SIMを比較しよう

さてここからが当記事の本題です。

5GBの料金プランがある格安SIMの中から、いくつかの格安SIMの特徴を見ていき、徹底比較していきましょう。

 

DMMモバイルの5GBプラン

  • データ通信専用SIM 1210円
  • 音声通話機能付きSIM 1910円

DMMモバイルの最大の特徴は、その「料金プランの安さ」でしょう。

業界最安値水準というだけあって、どのプランも安く料金プランを変更したい時でも、安心して申し込むことができます。

DMMさんは格安SIMが広まる去年あたりからずっと“最安値クラス”を掲げていますからね。料金重視の方にガチおすすめです。

 

またシェアコースや端末交換オプションなどのサービスも充実しています。

SMSも音声通話機能付きSIMなら無料でついてきますし、データ通信専用SIMの場合は月額150円で利用することが可能。

そしてMVNEがIIJなので安かろう悪かろうってことでもないんですよね。通信の安定性もトップクラスなんですよ。(MVNEが分からない方はコチラの記事

 

つまり悪いとこがない!

>>参考記事:DMMモバイルのレビュー記事はこちら!(通信速度)

 

OCNモバイルONEの5GBプラン

  • データ通信専用SIM 1450円
  • 音声機能通話付きSIM 2150円
  • SMS機能付きSIM 1570円
  • 050通話付きSIM 1600円

OCNモバイルONEには「OCNでんわ」というオプションがあるのですが、こちら月額850円にて1回の通話(5分以内)が何度でもかけ放題というものになっています。魅力的!

また通話対策として有名な「050plus」アプリをOCNモバイルONEの格安SIMを使うことによって、さらにお得に使うことが可能です。(他の格安SIMでも使うことはできる)

 

つまり、OCNモバイルONEは通話を多くする人にいいですよね。

料金的には、やはりDMMモバイルよりかは高くなっていすが、まだ許容範囲ではないでしょうか。通話代を考えて大手キャリアから乗り換えしてない方はぜひ御一考ください。

>>参考記事:OCNモバイルONEのレビューもあるのでどうぞ!

 

楽天モバイルの5GBプラン

  • データ通信専用SIM 1450円
  • 音声通話機能付きSIM 2150円
  • SMS機能付きSIM 1570円

続いてCM等でめちゃくちゃ有名な楽天モバイルです。こちらも月額850円で1回5分以内の通話であればかけ放題というオプションがありますね。いい!

そして何よりの特徴が、毎回の使用料金100円毎に1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるのでポイント好きの方におすすめです。

 

意外と知られていないんですが、音声通話機能付きSIMを契約した場合、契約中はずっとポイント2倍でショッピングが出来るんですよね。

なので楽天市場とかでよく買い物をする人には超絶おすすめしたいです。

 

ただ欠点として、通信速度の遅さがあります。

スピードテストの結果は良いのですが、実際使ったところそこまで早くありませんでした。そのことは下記に書き殴っているので契約する前にご覧ください。

>>参考記事:楽天モバイルに契約してみたけど遅すぎて使えない話

 

mineoの5GBプラン

  • Dプラン
    • データ通信専用SIM(シングルタイプ) 1580円
    • 音声通話機能付きSIM(デュアルタイプ) 2280円
  • Aプラン
    • データ通信専用SIM(シングルタイプ) 1580円
    • 音声通話機能付きSIM(デュアルタイプ) 2190円

料金はこんな感じ。まぁ普通ですね。

mineoには、DプランとAプランの2つの料金プランがありますが、これはドコモとauのことを指してますよ。(基本はDプランでオッケー!)

 

Dプランはドコモの回線を、Aプランはauの回線を使っているのですが、ドコモやauの端末を使っている人は、SIMロックを解除しなくても使えるので便利!(ソフトバンクの場合は無理)

あとSMS機能はAプランのみ無料なのでDプランをお考えの方は注意してくださいね。

 

mineoの特徴は、何と言っても「パケットシェア」ですよね。

これはオプションなんですが、これに登録しておくことで、一緒に登録している人たちによってデータ通信量を分け合うことができるのです。

 

もし自分のデータ通信量を使い切れなくても、登録している人が使い過ぎていたら分けてあげることが出来ますし、その反対にデータ通信量をもらうことも可能。

もちろん自分たちで何かするわけではなく、自動的に割り振られるので簡単に分け合えることが出来ますよ。

 

毎月のデータ通信量にバラつきがあってもパケットシェアをする人がいれば、シェア&繰り越しも出来るので安心ですよね。

>>参考記事:長期レビューしました!mineoに契約したので速度とかを解説

 

U-mobileの5GBプラン

  • データ通信専用SIM 1480円
  • 音声通話機能付きSIM 1980円

U-mobileは良くも悪くもオプションの数が多い。笑

月額無料で国内の通話料金が半額になる「U-CALL」や、月額800円で最大60分の無料通話が付いてくる「でんわパック60」などの通話オプションがあります。

 

さらに「スマホでUSEN」が一緒に使える「USEN MUSIC SIM」、LTE使い放題の「U-mobile PREMIUM」など一風変わったものもありますね。

料金的にはDMMとほぼ変わらないので安いと思います。ちなみにU-mobile PREMIUMには以前契約していたので下記のレビューをご覧ください。

>>参考記事:U-mobile PREMIUMに契約したのでレビューです

 

NifMoの5GBプラン

  • データ通信専用SIM 1600円
  • 音声通話機能付きSIM 2300円
  • SMS機能付きSIM 1750円

NifMoの特徴は「NifMoバリュープログラム」というシステムです。

これは専用のアプリを使ってショッピングしたりアプリをダウンロードすることで、毎月のスマホ料金が安くなるというもの。

 

ショッピングの金額に応じて割引額も変わってくるので、買い物すればするほどお得にスマホが使えるんですね。まぁポイントみたいなものでしょう。

ただ「画期的なシステム!」ってことはないので、無いよりはあった方がいいって感じに思っていただければと。基本料金的には普通です。

>>参考記事:同じようなシステムが「ロケットモバイル」にもあります

 

そして「NifMoあんしん保証」というオプションがあるのですが、月額380円で水濡れや破損、故障などのトラブルに対応してくれるので便利です。

NifMoで購入した端末以外にも、別でSIMフリーの端末を購入した場合にも有効なので結構おすすめですよ。

>>参考記事:NifMoのレビュー記事もあります!速度とか知りたい方はどうぞ

 

まとめ:5GBあれば十分!DMMモバイルがおすすめ

5GBあれば、十分動画やインターネットを楽しめます。

今使っているスマホのデータ通信量が3GBではちょっと少ないなぁ、と感じている方は今すぐ5GBのプランに変更を考えましょう。

 

また私個人的には5GBで比較した場合、もっとも良いと思うのが『DMMモバイル』です。

オプション数が少なく通話をよくする人には不向きなんですが、料金が最安クラスであるにも関わらず質(通信の安定性や速度)が良いのでおすすめなのです。

っと、今日はこんな感じで。ではでは。

 

コメント0件

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
Return Top