simediafree

格安SIMとSIMフリースマホを全比較

最近の投稿

More

最近の投稿

IIJmioを実際に契約してみたので通信速度や使い勝手についてレビューします

IIJmioを実際に契約してみたので通信速度や使い勝手についてレビューします

IIJmioは、MVNOの中でも最大手として数えられる存在です。そのため、契約を検討しているという方もたくさん...

格安SIM乗り換えで浮いたお金(月12000円)を有効活用するべく、グルメの旅をしてきた

格安SIM乗り換えで浮いたお金(月12000円)を有効活用するべく、グルメの旅をしてきた

食事。

それは、私たちの体すべてを形づくるもの。

食事。

それは、それはコミュニケーションのきっかけ。

食事。

それは、命のやりとり。

こんにちは。

タロウです。

 

「カレーは飲み物」とホンジャマカの石塚さんが発言されてから10数年、今年ついに落合陽一さんがガチでカレーを飲んでいる映像が放送され「ここでつながったか…」とひとり感慨にふけっていました。

落合さんは効率化のためにカレーを飲んでいるのですが、私は決して効率化のためにカレーを飲んでいるわけではりません。

 

理由はカンタン。

そう、圧倒的節約

安いものだと1食100円でおさまるレトルトカレーは、最近アレがアレな私には欠かせないアイテムなのです。

 

が、しかし!

最近格安SIMに乗り換えたことにより、月1万2,000円のお金が浮くこととなりました。

1日に換算すると400円。

この400円でレトルトカレーを4つ買うことは簡単です。

 

ただ、私はそこまでバカではありません。

「1食400円あればもうちょっと美味しいものが食べられるのでは?」

こう考えるのが、人間としてのプライド。

 

ということで、今回は「格安SIMによって浮いた1日400円のお金があればどんなものが食べられるのか?」を検証していきます。

 

さあいきましょう。

レトルトカレーの向こう側へ。

 

圧倒的悦楽「松屋のプレミアム牛めし」

まずやってきたのは、「松屋」

「牛丼業界の万年3位チェーン」という不名誉な称号得ている松屋ですが、個人的にはチェーンの中で一番好きです。

ここに来たからには何を頼むか、もうおわかりですよね?

そう、「プレミアム牛めし(380円)」

本体の牛めしはもちろん、他のチェーンにはない味噌汁。

そして、オリジナルの黒胡麻焙煎七味が私の心を踊らせます。

ゆっくりと持ち上げ…

ぱくり。

どえりゃあうめぇが。

おっと失礼。

あまりの美味しさに地元の言葉が出てしまいましたね。

ここからは、一気にかっ喰らっていきましょう。

もちろん、途中で紅ショウガと七味による味変も忘れずに。

ご馳走様。

格安SIMに乗り換えることによって手に入る400円。この400円さえあれば、こんな貴族の食事がいただける世の中なのです…。

人類の飽くなき探究心はとどまることを知りませんね。

さて、次の場所に向かいましょう。

 

横綱クラスのボリューム「くら寿司のかけうどん」

お次は大手回転寿しチェーンの「くら寿司」にやってまいりました。

狙うは平日限定1杯130円の「かけうどん」です。

 

おや?

そうこうしているうちに、レールに乗って運ばれてきたようです。

もちろん3杯、ね。

どうですか?この神々しい3トップは。

これで合計390円ですからね。

いやはや恐れいります…。

金色に輝くスープは、すべての食欲を優しく包み込んでくれる母。

130円とは思えぬ力強いコシの麺は、いざというときに頼りになる父。

私にはそう見えます。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたね、

それでは、一口…

あ〜ん。

バカうめえクソワロタ。

おっと失礼。

最近流行りの若者言葉が出てしまいましたね。

 

いやぁ〜、本当に美味しい。

このクオリティで1杯130円とは、うどん屋さんにとっては脅威でしかないでしょう…。

ただ、私はこのときある重大な事実に気づいてしまったんです。

3杯はキツイ。

当然ですよね、さっきプレミアム牛めしを食べたばかりなのですから。

しかし、1食400円の旅はまだ途中。こんなところで諦めるわけにはいきません。

残る食欲を振り絞って完食。

ふぅ。

お腹いっぱいでございました。

 

しかし、みなさん。

何か重要なことを忘れてはいませんか?

そう、栄養バランスの偏りです。

 

1食400円もあればこんな豪華な食事を食べることができますが、その反面ここまでで紹介したふたつは極端な糖質食。

こればかり食べていては、いつ体を壊してもおかしくありません。

こうなると、もうあの人に頼るしかありませんね…。

 

最強の選択肢「自炊」

外食ダブルパンチで栄養バランスを崩した私は、とある方に助けを求めました。

た:マッサーさん、400円で何かご飯をつくっていただけませんか?

格安SIM乗り換え料理研究家。格安SIMに乗り換えたお金で何を作れるのか、日々試行錯誤しているプロフェッショナル。なお家系ラーメン中毒者でもある<タロペディアより引用>

何やタロちゃん?また偏食かいなぁ。しょうがないなぁ、まあワシに任せとかんかい!ほな、アレでいこか!

そう言うと、彼はキッチンを使って料理を始めました。

自炊言うても手間かかり過ぎたら長続きせえへん。そこで活躍してくれるんがインスタント味噌汁や!カットわかめをプラスして栄養満点やで!

早速自炊ではないような…

細かいことは気にせーへん!そんなことにクヨクヨしとったらあんた長生きせえへんで!

(圧がすごい…)

その後、彼は「チャチャッと」「ワー言うて」「やったらんかい!」などと言いながら冷蔵庫にある材料で食事を作ってくれました。

そして、完成したのがこちら。

はい、おまちどうさん!タロちゃん、これ食べて栄養つけとき〜!!

えっ、普通においしそう。

さっきも言うたけど、自炊で大事なんは手間がかからんこと。ほんでもうひとつは栄養バランスがとれてること。こんなんやったら5分で作れるで!

コツとかはあるんですか?

そうやなぁ〜。まあゆで卵と茹でブロッコリーは時間ができたときにある程度の量を作っとき。あとはもうほとんど既製品やから何の手間もいらへん!

なるほど。たしかに自炊ってめんどくさいイメージありますね。

あっ、そうそう。サラダはレタスとかキャベツみたいな淡色野菜だけじゃのうて、トマト、ブロッコリー、パプリカみたいな緑黄色野菜もバランス良く食べとき!最近は「レタス食べる=野菜食べてる」と勘違いしてる子が多いからな!

普通にちょっとためになる!

あと、和食は基本的にはバランスとれとるけど、塩分だけは気をつけんとアカン。せやから、「納豆もタレは半分」「味噌汁は減塩タイプを使う」とかちょっと工夫しときや!まあこんあ偉そうにいうてワイもラーメンのスープ全部飲んでしまうんやどな!

ただのいいヤツかよ。

ゆで卵+シーチキンでタンパク質もしっかり補充。

さて、それではいただきましょう。

まずは白米から…

パクッ。

正解。

「あっ、ただいま」

全身がそんな感覚につつまれました。

写真を撮るのも忘れ、一気に完食。

ありがとうございました。おかげで少し元気になりました!

そうやろそうやろ!また何かあったら呼んでや〜!!

 

1食400円もあれば相当うまい飯が食える

「ワンコインランチ」という言葉があるように、ランチは安くても500円というのが世の中の相場。

そのため格安SIMに乗り換えることによって手に入る「1食400円」には、正直あまり期待はしていませんでした。

 

それがまさか400円でここまで充実した食事ができるとは…。

世界はまだまだ広いようです。

 

結論としては、やはり栄養バランスを考えると自炊がベストかもしれません。

マッサーさんの作ってくれた定食(?)は5分もあれば作れるので、ぜひ家庭で試してみてはいかがでしょうか?

それでは、心を失っていた私が、食によって心を取り戻した写真でお別れとさせていただきます。

 

<カレーを食べていたとき>

<1日400円のプチ贅沢食が食べられるようになったあと>

食は人を豊かにする。

タロウでした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
Return Top